古代オリンピック五種競技

古代オリンピック五種競技(ギリシャ語πένταθλον)は、古代オリンピックやその他古代ギリシャ四大大会での運動競技でした名前はギリシャ語に由来し、ペンテ(5)とアスロン(競争)という言葉を組み合わせています。スタジアム(ショートフットレース)から始まり、やり投げ円盤投げ走り幅跳び(これら3つのイベントの順序はまだ不明)、そしてレスリングで終わる5つのイベントが1日で争われました。ペンタスリートは、特定のイベントでは専門のアスリートより劣っていると見なされていましたが、全体的な発達において優れており、すべてのアスリートの中で最もバランスの取れた選手の1人でした。[1]彼らの訓練はしばしば兵役の一部でした—5つのイベントのそれぞれは戦闘に役立つと考えられていました。

このイベントは、紀元前708年頃に第18回古代オリンピックで最初に開催され[2]、何度も形式が変更されました。第77回古代オリンピックまでに、五種競技は一般に3つのセクションに分けられました。走り幅跳びやり投げ円盤投げトライアグモスタジアムのフットレース、そして最後のイベントとしてのレスリングです。最初の3つのイベントは、通常、個別のイベントとしてではなく、五種競技の一部としてのみ開催されました。[3]

競争に必要な多種多様なスキルは、五輪選手が物理的な標本として高く評価されていることを意味しました。弁論術で、アリストテレスは「競馬場または体力のいずれかですべての努力に耐えることができる体...これがアスリートの理由です。ペンタスロンで最も美しい」。[4]

オリンピックが行われる4年ごとに、「オリンピック休戦」がありました。これは、すべての都市国家が合意した合意でした。このとき、ゲームに関係するすべての都市の間で組織化された休戦がありました。これは、家族や人々にゲームまで長距離を移動するために必要な安全性を提供するために行われました。この休戦は「エケチェイリア」として知られていました。[5]

走り幅跳びは、現代の陸上競技バージョンと比較して、おそらく最も珍しいものです。走り幅跳選手は、ハルテレスと呼ばれるウェイトを使用して、立っている状態からさらに離れていきました。彼のジャンプは、おそらく、現代の三段跳びのように、5つの別々の跳躍で構成されていました。そうでなければ、既知のジャンプの距離(多くの場合50フィートまで)は不可能に見えるでしょう。

円盤投げのようにやり投げは長さのために投げられました、しかしさらに彼らが正確さのために投げたところにそれの2番目のセクションがありました。やり投げは、より軽く、より長いバージョンの戦争槍でした。「エケボロン」は距離で勝ったイベントでした。「stochastikon」は正確さに基づいたイベントでした。[6]


第255回オリンピックで五種競技の優勝者であるコリントスのアスクレピアデスがゼウスに奉納品として刻んだブロンズの円盤投げの博物館のレプリカ(グリプトテークミュンヘン、オリンピア考古学博物館のオリジナル)
体育館のシーン:やり投げをしているアスリート。彼の隣には、ジャンプピットの土を柔らかくするためのマットックがあります。ジャンプウェイトとスポンジバッグが壁に掛かっています。屋根裏の赤い図のカップ、c。紀元前490年
TOP