Page semi-protected

古代ローマ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

古代ローマ

ローマ
紀元前753年〜西暦476年
Roman Republic Empire map.gif
ローマ文明の領土:
資本ローマ(および帝国後期のその他、特にコンスタンティノープルラヴェンナ
共通言語ラテン語
政府王国(紀元前753年から509年)
共和国(紀元前509年から27年
帝国(紀元前27年から紀元前476年)
歴史的時代古代史
紀元前753年
紀元前509年
•オクタヴィアンはアウグストゥスを宣言しました
紀元前27年
西暦476年

歴史学古代ローマではあるローマのイタリアの都市の創立から、文明、ローマの崩壊に紀元前8世紀における西ローマ帝国を包含する5世紀のADで、ローマの王国(753 BC-509 BC)、ローマ共和国は、(紀元前509年から紀元前27年)とローマ帝国(紀元前27年から紀元前476年)は西ローマ帝国の崩壊まで。[1]文明は、として始まった斜体で決済イタリア半島、伝統的に紀元前753年にさかのぼり、ローマの街に成長し、その後、それが支配していた帝国と帝国が発展させた広範な文明にその名前を付けました。文明はローマ人によって主導され統治され、民族グループまたは国籍と交互に見なされていました。ローマ帝国は次のいずれかになるように拡張最大の帝国、古代世界推定5000万90人の住民(一度に世界の人口の約20%)で、まだ街から支配し、そして500万平方キロメートルをカバーする(1.9西暦117年の高さで100万平方マイル)。[2] [3]

その何世紀にもわたる存在の中で、ローマ国家は選挙君主制から民主 的な古典共和主義へ、そして帝国時代のますます独裁的な 半選択 的な軍事独裁政権へと進化しました征服文化言語の 同化を通じて、その高さで北アフリカの海岸、エジプト南ヨーロッパ、そして西ヨーロッパのほとんどバルカン半島クリミア、そしてアナトリアを含む中東の多くを支配しました。レバントメソポタミアアラビアの一部。それはしばしば古代ギリシャ一緒古典古代に分類され、それらの同様の文化と社会はギリシャローマ世界として知られています

古代ローマ文明は、現代語、宗教、社会、技術、法律、政治、政府、戦争、芸術、文学、建築、工学に貢献してきました。ローマは軍隊を専門化して拡大し、レス・プブリカと呼ばれる政府のシステムを作成しました。これは、米国やフランスなどの近代共和国のインスピレーションです。[4] [5] [6]水道道路の大規模なシステムの建設、大きな記念碑、宮殿、公共施設の建設など、印象的な技術的および建築的偉業を達成しました

カルタゴポエニ戦争はローマを世界大国として確立する上で決定的なものでした。この一連の戦争で、ローマはコルシカ島、サルデーニャ島、シチリア島の戦略的な島々の支配権を獲得しました。ヒスパニア(現代のスペインとポルトガル)を取りました。そして、カルタゴの街を破壊し、地中海にローマの覇権を与え、146紀元前に。共和国の終わり(紀元前27年)までに、ローマは地中海周辺とそれ以降の土地を征服しました。その領域は大西洋からアラビアへ、そしてライン川の河口から北アフリカへ広がりました。ローマ帝国は共和国の終焉とアウグストゥスの独裁によって出現しました。七百二十一年ローマ・ペルシア戦争は紀元前92年に始まり、パルティアとの最初の戦いが始まりまし。それは人類の歴史の中で最も長い紛争となり、両帝国に大きな永続的な影響と結果をもたらします。

トラヤヌスので、帝国はその領土のピークに達しました。これは、全体から伸び地中海沿岸のビーチに北海の海岸に、北のカスピ東部の海。共和党の慣習や伝統は帝国時代に衰退し始め、内戦は新しい皇帝の台頭に共通する前奏曲になりました。[7] [8] [9]のようなスプリンター状態、パルミラ王国、一時中帝国を分割することになる3世紀の危機一部安定性に復元された前テトラルキア 帝国支配の段階。

内部の不安定さに悩まされ、さまざまな移住する人々に襲われた帝国の西部は、5世紀に独立した野蛮な王国分裂しました[a]帝国東部は、西暦1453年に崩壊するまで、中世を通して権力を維持していました[b]

創立神話

よると、創業神話、ローマの街が設立された川のほとりに4月21日紀元前753年にテヴェレ双子の兄弟で、中央イタリアのロムルスとレムスの子孫、トロイの王子アエネアス[11]と誰でしたラテン王の孫ヌミトルアルバ・ロンガ。ヌミトル王は兄のアムリウスに追放され、ヌミトルの娘レア・シルウィアは双子を出産しました。[12] [13]レア・シルウィアが火星にレイプされ、含浸されたので、ローマの戦争の神、双子は半神と見なされました

伝説によると、ローマは紀元前753年に、雌狼によって育てられたロムルスとレムスによって設立されました。

新しい王アムリウスは、ロムルスとレムスが王位を取り戻すことを恐れたので、彼らに溺れるように命じました。[13] A彼女-狼(一部のアカウントや羊飼いの妻)が保存され、それらを上げ、彼らは古い十分だったとき、彼らはヌミトルへアルバ・ロンガの王位を返されました。[14] [13]

その後、双子は自分たちの街を設立しましたが、ロムルスはローマ王国の場所をめぐる喧嘩でレムスを殺しました[15]ロムルスは都市の名前の由来となった。[13]人々を都市に引き付けるために、ローマは貧しい人々、追放された人々、そして望まれない人々の聖域になりました。これは問題を引き起こしました。ローマは男性の人口が多いようになりましたが、女性を失っていました。ロムルスは近隣の町や部族を訪れ、結婚の権利を確保しようとしましたが、ローマは望ましくないものでいっぱいだったので拒否されました。伝説によると、ラテン人はサビニ人を祭りに招待し、未婚の乙女盗んだとのことです。、ラテン人とサビニ人の統合につながります。[16]

ギリシャの歴史家ハリカルナッソスのディオニュシウスによって記録された別の伝説によると、トロイア戦争の終わりに元のトロイの木馬が破壊されたため、アイネイアース王子は海の航海でトロイの木馬のグループを率いて新しいトロイを見つけました。荒れた海で長い間過ごした後、彼らはテヴェレ川のほとりに上陸しました。彼らが上陸して間もなく、男性は再び海に連れて行きたいと思ったが、彼らと一緒に旅行していた女性は去りたくなかった。ローマという名前の一人の女性は、女性たちが彼らの去ることを防ぐために海で船を燃やし尽くすことを提案しました。最初、男性はローマに腹を立てていましたが、すぐに彼らは落ち着くのに理想的な場所にいることに気づきました。彼らは船を燃やした女性にちなんで集落に名前を付けました。[17]

ローマの詩人ウェルギリウスは、彼の古典叙事詩で、この伝説を振り返ったアエネイストロイの王子、アエネアスは新しいトロイを発見するために神によって運命づけられています。叙事詩では、女性も海に戻ることを拒否しましたが、テヴェレ川に残されていませんでした。イタリアに到着した後、ラビニアと結婚したかったアイネイアースは、彼女の元求婚者であるトゥルヌスとの戦争を余儀なくされました詩によると、アルバ王はアイネイアースの子孫であり、したがってローマの創設者であるロムルスが彼の子孫でした。

Byzantine EmpireWestern Roman EmpireRoman EmpireRoman RepublicRoman Kingdom

王国

エトルリア 絵画; イタリア、タルクイーニアのダンサー兼ミュージシャン、豹の墓

ローマの街は、交通と貿易の交差点であるテヴェレ川のフォード周辺の集落から成長しました[14]考古学的証拠によると、ローマの村はおそらく紀元前8世紀に設立されましたが、紀元前10世紀までさかのぼると、イタリアラテン部族のメンバーによってパラティーノの丘[18] [19]

エトルリア以前で北に定住していた、エトルリアは、貴族や君主のエリートを形成し、7世紀後半のBCによって、地域の政治的支配を確立しているように見えます。エトルリア人は紀元前6世紀後半までに権力を失ったようであり、この時点で、元のラテン族とサビニ族は共和国を創設することによって政府を再発明しました。[20]

ローマの伝統と考古学的証拠は、フォロロマーノ内の複合施設が王の権力の座であり、そこの宗教センターの始まりでもあることを示しています。ローマの2番目の王であるヌマポンピリウスロムルスに続いて、彼の王宮であるレギア巫女たちの複合体でローマの建築プロジェクトを開始しました

共和国

カピトリーノ美術館のこの胸像は、紀元前4世紀から3世紀後半にかけてローマのブロンズ彫刻であるルキウスジュニウスブルータスの肖像画として伝統的に識別されています。

伝統とリヴィなどの後の作家によるとローマ共和国は紀元前509年頃に設立され[21]、ローマの7人の王の最後のタルクィニウスプラウドルキウスジュニウスブルータスと毎年選出された治安判事に基づく制度によって解任されました。そして、さまざまな代表的な議会が設立されました。[22]構成は、一連の設定と均衡、及びパワーの分離。最も重要な治安判事は2人の執政官であり、彼らは一緒に帝国などの行政権を行使しました。、または軍事コマンド。[23]執政官は、当初は貴族の諮問委員会であっ上院、または貴族と協力しなければならなかったが、規模と権力が拡大した。[24]

共和国の他の判事は、トリビューンquaestorsaedilespraetors検閲を[25]魔術はもともと貴族限定されていたが、後に一般の人々、またはプレブスに開かれ[26]共和党の投票アセンブリは含まcomitiaのcenturiata戦争や平和の問題で最も重要なオフィス、およびに選出された男性に投票(centuriateアセンブリ)、comitiaのtributaそれほど重要な拠点を選出(部族のアセンブリ)を、。[27]

紀元前400年のイタリア(今日の国境で定義されている)。

紀元前4世紀、ローマはガリア人の攻撃にさらされていました。ガリア人は現在、イタリア半島でポー平原を越えてエトルリアを経由して権力を拡大しました。 16日7月390 BC、部族長のリーダーシップの下で、没食子軍Brennusはローマ人に会った10マイル北ローマのAllia川のほとりに。ブレンヌスはローマ人を打ち負かし、ガリア人はローマに向かって行進しました。ほとんどのローマ人は街から逃げていましたが、最後の抵抗のためにカピトリーノの丘に身を寄せた人もいました。ガリア人は街を略奪して燃やし、カピトリーノの丘を包囲しました。包囲は7ヶ月続きました。その後、ガリア人は、1,000ポンド(450 kg)の金と引き換えにローマ人に平和を与えることに同意しました。[28]後の伝説によると、計量を監督しているローマ人は、ガリア人が偽の目盛りを使用していることに気づきました。その後、ローマ人は武器を取り、ガリア人を打ち負かしました。彼らの勝利した将軍カミルスは、「金ではなく鉄で、ローマは彼女の自由を買う」と述べた。[29]

ローマ人エトルリア人を含むイタリア半島の他の人々を徐々に鎮圧しまし[30]ローマへの最後の脅威覇権ときイタリアでは来たタレントゥム、主要なギリシャの植民地は、の助け入隊ピュロスを281紀元前に、しかし、この努力は同様に失敗しました。[31] [30]ローマ人は戦略的地域にローマの植民地設立することで征服を確保し、それによって征服したイタリアの地域に対する安定した支配を確立した。[30]

ポエニ戦争

ポエニ戦争中のローマとカルタゴの所有権の変化
  カルタゴの所有物
  ローマの所有物
最も有名なローマの包囲戦の1つは、紀元前133年にスキピオエミリアヌスによって現在のスペイン中北部にあるケルティベリアヌマンティア要塞の包囲戦でした[32]。
ローマのブロンズ胸像スキピオ・アフリカヌスエルダーからナポリ国立考古学博物館(INV。番号5634)、
日付半ば紀元前1世紀[33]が
出土パピルスのヴィラヘルクラネウムカール・ジェイコブ・ウェバー、1750年から1765年[34]

紀元前3世紀、ローマは新しく手ごわい敵、カルタゴに直面しました。カルタゴは、地中海地域を支配することを目的とした、豊かで繁栄したフェニキアの 都市国家でした。 2つの都市は、両方の脅威だったピュロスの時代に同盟国であったが、ローマのイタリア本土での覇権とカルタゴとthalassocracy、これらの都市は、西地中海で2つの大国になったと地中海の上に彼らの競合が競合につながりました。

一次ポエニ戦争は紀元前264年に始まり、メッサナがシラキュースのヒエロン2世との紛争でカーセージの助けを求めました。カルタゴの執り成しの後、メッサナはローマにカルタゴを追放するように頼みました。シラキュースとメッサーナが新しく征服された南イタリアのギリシャの都市に近すぎたため、ローマはこの戦争に参加し、カルタゴはローマの領土を攻撃することができました。これに伴い、ローマはその領域をシチリア島に拡張することができます[35]

ローマ人は陸戦の経験がありましたが、この新しい敵を倒すには海戦が必要でした。カルタゴは海の力であり、ローマの船の欠如と海軍の経験は、勝利への道をローマ共和国にとって長く困難なものにしました。それにもかかわらず、20年以上の戦争の後、ローマはカルタゴを破り、平和条約が調印されました。第二次ポエニ戦争[36]の理由の中には、第一次ポエニ戦争の終わりにカルタゴが黙認したその後の戦争賠償がありました。[37]

第二次ポエニ戦争は、その華麗な将軍で有名ですポエニ側では、ハンニバルハスドルバル。ローマ人、マーカス・クラウディウス・マルセルスクィントゥス・ファビウス・マキシムス・ヴェルコサスパブリウス・コルネリウス・スキピオについて。ローマは第一次マケドニア戦争と同時にこの戦争を戦いました。戦争は、第一次ポエニ戦争の終わりに向けてシチリア島での作戦を主導したカルタゴの将軍、ハミルカル・バルカの息子であるハンニバルによるヒスパニアへの大胆な侵略から始まりました。ハンニバルは急速にヒスパニア通ってイタリアアルプスに行進しました、ローマのイタリアの同盟国の間でパニックを引き起こします。最良の方法は、ローマを放棄するイタリアを引き起こすハンニバルの目的を倒すために見つけたとカルタゴ遅らせるようにしたゲリラ愛称で呼ばれることになる消耗戦、クィントゥスファビウスマクシムスによって提唱戦略、Cunctator(ラテン語で「遅延」)、および戦略は、ファビアンとして知られている後は永遠に続くでしょう。このため、ハンニバルの目標は達成されませんでした。ローマに反乱を起こし、減少する軍隊を補充するのに十分なイタリアの都市をもたらすことができなかったため、ローマを包囲するための機械と人員が不足していました。

それでも、ハンニバルの侵略は16年以上続き、イタリアを荒廃させました。最後に、ローマ人はハンニバルの物資の枯渇に気づいたとき、現代のスペインでハンニバルの兄弟ハスドルバルを打ち負かしたスキピオを、保護されていないカルタゴの後背地に侵入し、ハンニバルにカルタゴ自体を守るために戻るように強制しました。その結果、紀元前202年10月に決定的なザマの戦いで第二次ポエニ戦争が終結し、スキピオに彼のアグノーメンである アフリカヌスが与えられました。ローマは多大な犠牲を払って大きな利益を上げました。スキピオによるヒスパニアの征服と、マルセルスによるシチリアで最後のギリシャの領土であるシラキュースの征服です。

これらの出来事から半世紀以上後、カルタゴは屈辱を与えられ、ローマはもはやアフリカの脅威について心配していませんでした。共和国の焦点は現在、ギリシャヘレニズム王国とヒスパニアの反乱にのみ向けられていました。しかし、カルタゴは戦争補償を支払った後、ローマへの公約と服従が終わったと感じました。これローマ上院では共有されていないビジョンです。紀元前151年にヌミディアがカルタゴに侵入したとき、カルタゴはローマの執り成しを求めました。大使はカルタゴに派遣されました。その中には、カルタゴがカムバックしてその重要性を取り戻すことができることを知ったマーカス・ポルシウス・カトが、主題が何であれ、次のように言ってすべてのスピーチを終了しました。Ceterum censeo Carthaginem esse delendam "("さらに、カルタゴは破壊されなければならないと思います ")。

カルタゴがローマの同意なしにヌミディアと戦ったとき、ローマが紀元前149年にカルタゴとの宣戦布告をしたときに第三次ポエニ戦争が始まりました。カルタゴは最初のストライキでよく抵抗し、市内のすべての住民が参加しました。しかし、カルタゴは、都市とその壁を完全に破壊し、すべての市民を奴隷にして売却し、アフリカの州となったその地域の支配権を獲得したスキピオ・アエミリアヌスの攻撃に耐えることができませんでしたこのようにして、ポエニ戦争の期間は終わりました。これらすべての戦争は、ローマの最初の海外征服(シチリア、ヒスパニア、アフリカ)と重要な帝国としてのローマの台頭をもたらし、民主主義の終焉を始めました。[38] [39]

後期共和国

紀元前2世紀にマケドニア帝国セレウコス朝を破った後ローマ人は地中海の支配的な人々になりました[40] [41]ヘレニズム王国の征服により、ローマとギリシャの文化がより密接に接触し、かつては田舎だったローマのエリートは、豪華で国際的な文化になりました。当時、ローマは軍事的には統合された帝国であり、大きな敵はいませんでした。

ローマ軍を劇的に改革したローマの将軍兼政治家、ガイウス・マリウス

外国の支配は内戦につながった。上院議員はの費用で金持ちになった。ほとんどが小規模農家であった兵士は、家を離れる時間が長くなり、土地を維持することができませんでした。そして、外国人奴隷への依存の高まりラティフンディウムの成長は、有給の仕事の利用可能性を減少させました。[42] [43]

戦利品、新しい州での重商主義、および税務農業からの収入は、裕福な人々に新しい経済的機会を生み出し馬術と呼ばれる新しいクラスの商人を形成しました[44]のlexクラウディアは乗馬が理論的に上院に参加することができながら、そう、彼らは深刻な政治力に制限された、商業に従事する上院のメンバーを禁じ。[44] [45]上院は絶え間なく争い、重要な農地改革繰り返し阻止し、馬術階級に政府でより大きな発言権を与えることを拒否した。

ライバルの上院議員によって支配されている都市部の失業者の暴力的なギャングは、暴力によって有権者を脅迫しました。状況は下の後半紀元前2世紀に頭に来たグラックス兄弟の、兄弟のペアトリビューンplebeiansの中で主要な貴族の土地所有を再配布するだろう土地改革法案を渡そうとしました。両方の兄弟が殺され、上院はグラックス兄弟の行動を逆転させる改革を可決した。[46]これは、プレブスのグループ(ポプラレス)と馬術のクラス(オプティマテス)の分裂の拡大につながりました

マリウスとスラ

ガイウス・マリウスノーバスホモ強力なの助けを借りて、彼の政治キャリアをスタートさせ、Metelliの家族はすぐに彼の元パトロンと主張により107紀元前に彼の7 consulships(前例のない数)の最初の保持、共和国のリーダーになるクィントゥスCaecilius Metellus Numidicusは、ヌミディアの王ユグルタを倒して捕まえることができませんでした。マリウスはそれから彼の軍事改革を始めました:ユグルタと戦うための彼の募集で、彼は非常に貧しい人々(革新)を徴収しました、そして多くの土地のない男性が軍隊に入りました。これは、指揮下の将軍に対する軍の忠誠を確保するための種でした。

Lucius Cornelius Sullaは、かつて貴族の家族であった貧しい家族に生まれました。彼は良い教育を受けましたが、父親が亡くなり、意志を失ったときに貧しくなりました。ユグルタ戦争で将軍になる前に、スラは劇場に加わり、そこで多くの友人を見つけまし[47]

このとき、マリウスはスッラと彼のけんかを始めた:ユグルタをキャプチャしたかったマリウスは、尋ねBocchusを、義理の息子ユグルタの、彼を引き渡します。マリウスが失敗したとき、当時のマリウスの将軍であったスラは、危険な企業でボッチュスに行き、ユグルタを彼に引き渡すようにボッチュスを説得しました。彼の敵の多くがスッラにマリウスに反対するように勧めていたので、これはマリウスにとって非常に挑発的でした。それにもかかわらず、ローマはローマを脅かしていキンブリテウトネス族を打ち負かすために軍事指導者を必要としていたため、マリウスは紀元前104年から100年まで5回連続の領事に選出されました。

ルキウス・コルネリウス・スラ

マリウスの退職後、ローマはイタリアその間、短時間の平和を持っていたsocii(ラテン語で「同盟国」)はローマ市民権及び議決権を要求しました。改革派のマーカス・リヴィウス・ドルサスは彼らの法的手続きを支持したが暗殺され、同盟同盟戦争でローマ人に反抗した。ある時点で、両方の執政官が殺されました。マリウスは、ルキウス・ユリウス・シーザーとスラと共に軍を指揮するように任命されました[48]

同盟戦争の終わりまでに、マリウスとスッラはローマで最高の軍人であり、彼らのパルチザンは対立し、双方は権力を争っていました。紀元前88年、スッラは最初の領事に選出され、最初の任務はローマ領の東部を征服することを目的としたポントゥスのミトリダテス6世を倒すことでした。しかし、マリウスのパルチザンは、スッラと上院に反対して、軍事司令部への彼のインスタレーションを管理し、これがスッラの怒りを引き起こしました。自分の力を強化するために、スラは驚くべき違法な行動を起こしました。彼は軍団と一緒にローマに行進し、マリウスの大義を支持したすべての人々を殺し、フォロロマーノで頭を突き刺しました。。翌年、紀元前87年、スッラの行進で逃亡したマリウスは、スッラがギリシャで選挙運動をしている間にローマに戻った。彼は執政官ルキウス・コルネリウス・シナと共に権力を掌握し、もう一人の執政グナエウス・オクタヴィウスを殺害し、7回目の執政官になりました。スーラの怒りを高めるために、マリウスとシナは虐殺を行ってパルチザンに復讐した。[48] [49]

マリウスは、権力を掌握してからわずか数か月後、年齢と健康状態の悪さのために紀元前86年に亡くなりました。シナは紀元前84年に死ぬまで絶対的な権力を行使しました。スーラは東部のキャンペーンから戻った後、自分の力を再確立するための自由な道を歩みました。紀元前83年、彼はローマで2回目の行進を行い、恐怖の時代を始めました。何千人もの貴族、騎士、上院議員が処刑されました。スーラはまた、2つの独裁政権ともう1つの領事館を持ち、それが共和政ローマの危機と衰退を引き起こしました。[48]

シーザーと最初の勝利

紀元前55年ケントでのローマ人の着陸:100隻の船と2つの軍団を擁するシーザーは、おそらくディールの近くで反対の着陸を行いました。激しい反対に少し内陸を押し、嵐で船を失った後、彼はイギリス海峡越えてガリアに戻り、偵察が行われていたところから戻ったが、翌年にはさらに深刻な侵略のために戻った

紀元前1世紀半ば、ローマの政治は落ち着きがありませんでした。ローマの政治的分裂は、ポプラレス(人々の支持を望んでいた)とオプティマテス(排他的な貴族の支配を維持したかった「最高の」)の2つのグループで識別されるようになりました。スーラはすべてのポピュリスト指導者を倒し、彼の憲法改正は、ポピュリストのアプローチを支持していた権力(護民官の権力など)を取り除いた。その間、社会的および経済的ストレスは高まり続けました。ローマは、非常に裕福な貴族、借金に苦しむ志願者、そしてしばしば貧しい農民の大規模なプロレタリアートを持つ大都市になりました。後者のグループは、執政官以来、カティリナの陰謀を支持しました。マーカス・トゥリウス・シセロは、陰謀の主要な指導者をすぐに逮捕し、処刑しました。

この激動のシーンに、限られた富の貴族の家族から、ガイウス・ユリウス・シーザーが現れました彼の叔母のジュリアはマリウスの妻であり[50]、シーザーはポプラレスと同一視されていた。権力を獲得するために、シーザーはローマで最も強力な2人の男性を和解させました。彼の初期のキャリアの多くに資金を提供したマーカスリキニウスクラサスと、クラサスのライバルであるグナエウスポンペイウスマグナス(ポンペイとして英語化)は、娘と結婚しました彼は彼らを彼自身を含む新しい非公式の同盟、最初の勝利者に結成しました(「3人の男」)。これは3つすべての利益を満たしました。ローマで最も裕福な男であるクラサスはより裕福になり、最終的に高い軍事指揮を達成しました。ポンペイは上院でより大きな影響力を発揮しました。そしてシーザーはガリアで領事と軍事指揮をとった[51]彼らが同意できる限り、3人は事実上ローマの支配者であった。

紀元前54年、シーザーの娘であるポンペイの妻が出産で亡くなり、同盟の1つのつながりが解き明かされました。紀元前53年、クラサスはパルティアに侵入し、カルラエ戦いで殺害されました。三頭政治はクラサスの死で崩壊した。クラサスはシーザーとポンペイの間の仲介役を務めていました、そして彼なしで、2人の将軍は権力のためにお互いに反対に操縦しました。シーザーはガリアを征服し、莫大な富、ローマでの尊敬、そして戦いに強い軍団の忠誠を手に入れました。彼はまた、ポンペイにとって明らかな脅威となり、多くのオプティマテスに嫌われました。シーザーが法的な手段で止められると確信して、ポンペイの党はシーザーの軍団を剥奪しようとしました。これはシーザーの裁判、貧困、そして亡命の前兆です。

この運命を回避するために、シーザー紀元前49年にルビコン川を渡り、ローマに侵入しました。ポンペイと彼の党は、シーザーに追われてイタリアから逃げました。ファルサルスの戦いは、彼がすべて破壊されたシーザーのために、これと他のキャンペーンで華麗な勝利だったオプティマテス指導者:Metellusスキピオカトー若いし、そしてポンペイの息子、Gnaeus Pompeiusポンペイは紀元前48年にエジプトで殺害されました。シーザーは今やローマで卓越しており、多くの貴族の激しい敵意を引き付けていました。彼は多くの役職と名誉を与えられました。わずか5年間で、彼は4つの領事、2つの通常の独裁、および2つの特別な独裁を開催しました。1つは10年間、もう1つは永続的です。彼は紀元前44年、3月イデスでリベラトーレスによって殺害されました[52]

オクタヴィアンと第二の勝利

アクティウムの海戦によって、ローレイズ・ア・カストロは、1672年、国立海洋博物館、ロンドンを描い

シーザーの暗殺はローマに政治的および社会的混乱を引き起こした。独裁者のリーダーシップがなければ、街は彼の友人であり同僚であるマーカス・アントニウスによって支配されていました。その後まもなく、シーザーが意志で養子縁組したオクタヴィウスがローマに到着した。オクタヴィアン(歴史家は、ローマの命名規則によりオクタヴィウスをオクタヴィアンと見なしています)は、帝王切開の派閥と一致しようとしました。紀元前43年、カエサルの親友であるアントニーとマーカスアエミリウスレピドゥスとともに[53]、彼は合法的に第2の勝利を確立しました。この同盟は5年間続くでしょう。その結成時に、130〜300人の上院議員が処刑され、彼らの財産は、リベラトーレス [54]

42紀元前に、上院は神格化としてシーザーDivus Iulius。オクタヴィアンは、このようになったディビのfilius[55]神格化の息子。同じ年では、オクタヴィアンとアントニーはカエサルの暗殺者と指導者の両方敗北LiberatoresマーカスJUNIUSブルータスガイウス・カッシウス・ロンギヌスの中で、フィリッピの戦い。第二の勝利は多くの上院議員とエクイテスの禁止によって特徴づけられました:アントニーの兄弟ルキウス・アントニウスによって率いられた反乱の後、300人以上の上院議員とエクィテスがその記念日に処刑されましたルシウスは免れたが、3月のイデス[56]三頭政治は、アントニーが嫌っていたシセロを含むいくつかの重要な男性を禁止した[57] 雄弁家の弟、クィントゥス・トゥリウス・シセロ。そして、評価の高い将軍のいとこであり友人であるルキウス・ユリウス・シーザーは、シセロを支援してくれました。しかし、ルシウスは、おそらく彼の妹ジュリアが彼のために介入したために、許されました。[58]

三頭政治は帝国を勝利者の間で分割しました。レピドゥスはアフリカ、アントニー、東部の州を担当し、オクタヴィアンはイタリアに留まり、ヒスパニアガリアを支配しました。 2番目の勝利は紀元前38年に失効しましたが、さらに5年間更新されました。しかし、オクタヴィアンとアントニーの関係は悪化し、レピドゥスはシチリア島でオクタヴィアンを裏切った後、紀元前36年に引退を余儀なくされまし。三頭政治の終わりまでに、アントニーはプトレマイオス朝のエジプトに住んでいました。プトレマイオス朝は、アントニーの恋人であるクレオパトラ7世によって統治された独立した豊かな王国です。。アントニーのクレオパトラとの関係は、彼女が他の国の女王だったので、反逆行為と見なされていました。さらに、アントニーはローマの政治家にとって贅沢でヘレニズム的すぎると考えられるライフスタイルを採用しました[59]アントニーの後アレクサンドリアの寄付クレオパトラに与えた「のタイトル王の女王を新しく征服東部地域に堂々とタイトルを」、およびアントニーとクレオパトラのの子供たちに、オクタヴィアンとアントニーとの間に戦争が勃発しました。オクタヴィアンは紀元前31年のアクティウム海戦でエジプト軍を全滅させましたアントニーとクレオパトラが自殺した今、エジプトはローマ帝国に征服され、ローマ人にとっては新しい時代が始まりました。

帝国–プリンキパトゥス

紀元前27年と36歳で、オクタヴィアンは唯一のローマの指導者でした。その年、彼はアウグストゥスという名前を取りましたこの出来事は通常、歴史家によってローマ帝国の始まりと見なされます。ただし、紀元前146年、カルタゴがスキピオアエミリアヌスに破壊され、ギリシャがルキウスムンミウスに征服されて以来、ローマは「帝国」国家でした。公式には、政府は共和党でしたが、アウグストゥスは絶対的な権力を引き受けました。[60] [61]の政府改革は、ローマ人によって口語的にパックス・ロマーナと呼ばれる2世紀の期間をもたらした

ユリウスクラウディウス王朝

フリオ・クラウディウス王朝はアウグストゥスによって設立されました。この王朝の皇帝は、アウグストゥスティベリウスカリグラクラウディウスネロでした。王朝は、のために、いわゆるれ氏族ジュリア、アウグストゥスの家族、氏族クラウディア、ティベリウスの家族。ユリウス・クラウディウスは共和党の価値観の破壊を開始しましたが、一方で、彼らは世界の中央同盟国としてのローマの地位を高めました。[62]カリグラとネロは通常、大衆文化では機能不全の皇帝として記憶されていますが、アウグストゥスとクラウディウスは政治と軍事で成功した皇帝として記憶されています。この王朝はローマに帝国の伝統を確立し[63]、共和国を再建しようとする試みを挫折させました。[64]

アウグストゥス

プリマポルタのアウグストゥス描いた、紀元1世紀、アウグストゥス、最初のローマ皇帝を

アウグストゥスは、彼の公式タイトルの下に、ほぼすべての共和党の力を集めプリンセプを:彼は、領事の権限持っていたプリンセプセナトゥスは造営官検閲トリビューンはtribunician sacrosanctity -includingを。[65]これは皇帝の力の基盤でした。アウグストゥスはまた、皇帝ガイウス・ユリウス・シーザー・ディヴィ・フィリウス、「神格化された者の息子、ガイウス・ユリウス・シーザー司令官」としてのスタイルを確立しました。この称号で、彼は神格化されたジュリアスシーザーとの家族的なつながりを誇っただけでなく、インペラトルの使用はローマの勝利の伝統との永続的なつながりを意味しました。

彼はまた馬術階級を後押しすることにより、政治における上院階級の影響力を弱めた。上院議員は、エジプトなどの特定の州を統治する権利を失いました。その州の知事は皇帝によって直接指名されたので。プラエトリアニの創設と軍隊における彼の改革は、28軍団の固定サイズの常備軍創設し、軍隊に対する彼の完全な支配を確実にしました。[66]第二の三頭政治の時代と比較すると、としてアウグストゥスの治世プリンセプは非常に平和でした。この平和と豊かさ(それはエジプトの農地によって与えられた)[67]ローマの人々と貴族を率いてアウグストゥスを支持し、政治問題における彼の力を高めました。[68]軍事活動では、アウグストゥスは戦闘に欠席した。彼の将軍は野戦指揮を担当した。マーカス・ヴィプサニウス・アグリッパネロ・クラウディウス・ドルススゲルマニクスなどの指揮官を大衆や軍団から尊敬するようになりました。アウグストゥスはローマ帝国を既知の世界全体に拡大することを意図しており、彼の治世において、ローマはカンタブリアアキタニアラエティアダルマチアイリュリクムパンノニアを征服しました[69]

アウグストゥスの治世下で、ローマ文学はラテン文学の黄金時代として知られる時代に着実に成長しましたウェルギリウスホラティウスオウィディウスルーファスなどの詩人は豊富な文学を発展させ、アウグストゥスの親友でした。マエケナスとともに、彼はウェルギリウスの叙事詩アエネーイスリヴィのような歴史的作品として愛国的な詩を刺激しました。この文学時代の作品はローマ時代まで続き、古典です。アウグストゥスはまた、シーザーによって促進されたカレンダーのシフトを続け、8月は彼にちなんで名付けられました。[70]アウグストゥスは、パックスオーガスタまたはパックスロマーナとして知られる、平和で繁栄した時代をローマにもたらしましたアウグストゥスは西暦14年に亡くなりましたが、帝国の栄光は彼の時代の後も続きました。

ティベリウスからネロへ

アウグストゥス下のローマ帝国の範囲。黄色の凡例は紀元前31年の共和国の範囲を表し、緑の色合いはアウグストゥスの治世下で徐々に征服された領土を表し、地図上のピンクの領域は従属国を表しますここに示されているローマの支配下にある地域は、特にゲルマニアにおいて、アウグストゥスの治世中であっても変更される可能性がありました

ユリウスクラウディウスはアウグストゥスの死後もローマを支配し続け、西暦68年にネロが死ぬまで権力を維持しました。[71]彼の甥:彼を続くためアウグストゥスのお気に入りは、彼の老化にすでに死んでいたマーセラスは、23紀元前に死亡した彼の友人や軍司令アグリッパ12紀元前に、彼の孫ガイウス・カエサル4 ADに。妻のリヴィア・ドルシリャの影響を受けて、アウグストゥスは別の結婚からの息子、ティベリウスを彼の相続人として任命しました[72]

上院は後継者に同意し、かつてアウグストゥスに与えられたのと同じ称号と名誉をティベリウスに与えました:プリンケプス祖国の父の称号、そして市民冠。しかし、ティベリウスは、政治の愛好家ではなかった:上院と合意した後、彼は引退にカプリ、26 ADに[73]の手の中にローマの街を制御し、左近衛知事 ルキウス・アエリウス・セイヤヌスを(31 ADまで)とマクロ(西暦31年から37年)。ティベリウスは邪悪で憂鬱な男と見なされていた。彼は彼の親戚、西暦19年に人気のあるゲルマニクス将軍[74]と彼の息子の殺害を命じた可能性がある。西暦23年のドルススジュリアスシーザー[74]

ティベリウスは西暦37年に死んだ(または殺された)[74]。ユリウス・クラウディウスの男性系は、ティベリウスの甥のクラウディウス、孫のティベリウス・ゲメルス、そして甥のカリグラに限定されていました。ゲメルスはまだ子供だったので、カリグラは帝国を統治するために選ばれました。彼は彼の治世の前半で人気のある指導者でしたが、政府を支配していた彼の年の間に粗野で狂った暴君になりました。[75] [76] スエトニウスは、彼が姉妹と近親相姦を犯し、娯楽のためだけに何人かの男性を殺し、領事に指名し述べている[77]プラエトリアニは、ティベリウスの死から4年後にカリグラを殺害した。[78]そして、上院議員からの遅れた支援を受けて、彼の叔父クラウディウスを新しい皇帝として宣言した [79]クラウディウスは、ティベリウスやカリグラほど権威主義的ではなかった。クラウディウスはリュキアトラキアを征服しまし。彼の最も重要な行為は、ブリタニア征服の始まりでした [80]クラウディウスは、西暦54年に妻の小アグリッピナに毒殺された [81]彼の相続人がいたネロクラウディウスの息子以来、アグリッピナの息子と彼女の元夫ブリタンニクスは、彼の父の死により男らしさに達していませんでした。

ネロは彼の将軍、スエトニウス・パウリヌスを現代のウェールズに侵入するために送りました、そこで彼は厳しい抵抗に遭遇しました。現代のウェールズケルト人は独立していて、徴税人に対してタフで抵抗力があり、パウリヌスが東から西へと向かい合って戦ったときに戦いました。彼は北西海岸に到着するのに長い時間がかかり、西暦60年にようやくメナイ海峡渡ってドルイドの最後の拠点である神聖な島モナ(現代のアングルシー島に到着しました[82]彼の兵士は島攻撃し、ドルイド僧、男性、女性、子供たちを虐殺し[83]、神社と神聖な森を破壊した。そして多くの神聖な立っている石を海に投げ入れました。パウリヌスと彼の軍隊がモナでドルイドを虐殺している間、現代のイーストアングリアの部族はイケニ族の女王ブーディカ率いる反乱を起こした[84]反乱軍は、パウリヌス押しつぶされる前にカムロドゥムナムロンディニウムヴェルーラミウム(それぞれ現代のコルチェスターロンドンセントオールバンズ)を略奪して燃やした[85]ブーディカは、彼女の前のクレオパトラのように、ローマでの勝利でパレードされるという恥辱を避けるために自殺した。[86]この反乱におけるネロの過ちは議論の余地があるが、彼の政権の威信には確かに(プラスとマイナスの両方の)影響があった。 [要出典]

ネロはキリスト教徒の最初の迫害者として広く知られており、ローマの大火のために、皇帝自身によって始められたと噂されています。[87] [88]西暦59年に彼は母親を殺害し、西暦62年に妻のクラウディアオクタウィアを殺害した。決して非常に安定することはなく、彼は彼が堕落、過剰、そして狂気に陥っている間、彼の顧問が政府を運営することを許可しました。彼は3回結婚し、男性と女性の両方、そしていくつかの噂によると、彼の母親とさえ多くの関係を持っていました。カルプルニウスピソの下で西暦65年にネロに対する陰謀は失敗しましたが、西暦68年に、ガリアとセルビウススルピシウスガルバのジュリアスヴインデックスの下で軍隊が現代のスペインでは反乱を起こしました。プラエトリアニの警備員に捨てられ、上院で死刑を宣告されたネロは自殺した。[89]

フラウィウス朝

フラウィウス朝の創設者ウェスパシアヌスの胸像

フラウィウス朝はローマを統治した2番目の王朝でした。[90]ネロの死の年である西暦68年までに、古くて伝統的な共和政ローマに戻る機会はなかったので、新しい皇帝が立ち上がらなければならなかった。四皇帝の年の混乱の後ティトゥス・フラビウス・ウェスパシアヌス(ウェスパシアヌスとして英語化された)が帝国を支配し、新しい王朝を樹立しました。フラウィウス朝の下で、ローマはその拡大を続け、国家は安全なままでした。[91] [92]

フラウィウス朝の間に行われた最も重要な軍事作戦は、70年のティトゥスによるエルサレムの包囲と破壊でし。街の破壊は、ローマでのキャンペーンの集大成だったユダヤタイタスの兵士たちは彼を宣言した後、完全に破壊された66ザ・セカンド寺院のユダヤ人の暴動以下、大将軍の勝利に敬意を表して。エルサレムは略奪され、人口の多くが殺されたり、解散したりしました。ヨセフスは、包囲中に110万人が殺され、その大多数がユダヤ人であった主張しています。[93] 97,000人が捕らえられ、奴隷にされたシモン・バル・ギオラギスカラのヨハネ多くの人が地中海周辺に逃げました。伝えられるところによると、タイタス​​は「自分の神に見捨てられた人々を打ち負かすことにはメリットがない」ため、勝利の花輪を受け入れることを拒否しました。

ウェスパシアヌス

ウェスパシアヌスはクラウディウスネロの下の将軍でした。彼は彼の息子タイタスと一緒に第一次ユダヤ・ローマ戦争で指揮官として戦った。混乱以下のローマ内戦、69 ADに、4人の皇帝が即位された:ガルバオトアウルス・ウィテッリウスアウルス・ウィテッリウス軍を粉砕し、皇帝になった、と、最後に、ウェスパシアヌスが、。[94]彼は、アポロのディバス・クラウディウスの神殿(「神聖なクラウディウス」)のように、両方ともネロによって始められた、未完成の多くの建物を再建した。かつてローマ大火によって破壊された建物再建され、彼は国会議事堂を活性化させましたウェスパシアヌスはまた、より一般的にはコロッセオとして知られているフラビアン円形劇場の建設を開始しました[95]歴史家のヨセフスプリニー・ザ・エルダーは、ウェスパシアヌスの治世中に彼らの作品を書いた。ウェスパシアヌスはヨセフスのスポンサーであり、プリニウスは彼のナチュラリスヒストリアをウェスパシアヌスの息子であるティトゥスに捧げましたウェスパシアヌスはカッパドキアの東の辺境を守るために軍団を派遣し、ブリタニア(現代のイングランド、ウェールズ、スコットランド南部)での占領を拡大し、税制を改革しました。彼は西暦79年に亡くなりました。

タイタスとドミティアヌス

タイタスには短命のルールがありました。彼は西暦79年から81年まで皇帝でした。彼は、第一次ユダヤ・ローマ戦争の戦利品で建設されたフラビアン円形劇場を完成させ、100日間続いたユダヤ人に対する勝利を祝うゲームを宣伝しました。これらのゲームには、剣闘士の戦闘戦車レース、コロッセオの浸水した敷地でのセンセーショナルな模擬海戦が含まれていました。[96] [97]ティトゥスは西暦81年に熱で亡くなり、弟のドミティアヌスに引き継がれた。皇帝として、ドミティアヌスは全体主義の特徴を引き受け[98]彼は新しいアウグストゥスである可能性があると考えた、そして彼自身の個人的なカルトを作ろうとしました。ドミティアヌスは15年間統治し、彼の治世は彼自身を神々と比較しようとする彼の試み​​によって特徴づけられました。彼は、ローマの宗教における最高の神である木星に敬意を表して、少なくとも2つの寺院を建設しました彼はまた、「ドミナス・エ・デウス」(「マスターと神」)と呼ばれるのが好きでした[99]

ネルウァアントニン王朝

ローマ帝国は、下で最大限に達したトラヤヌスAD 117に

西暦96年から192年までのネルウァ・アントニン王朝は、皇帝ネルウァ、トラヤヌス、ハドリアヌス、アントニヌスピウス、マルクスアウレリウス、ルキウスウェルス、コモドゥスの支配下にありました。彼らの支配の間に、ローマはその領土的で経済的な黙示録に到達しました。[100]これはローマにとって平和の時でした。皇帝を選ぶための基準は、候補者の資質であり、もはや親族関係ではありませんでした。さらに、この期間には内戦や軍事的敗北はありませんでした。ドミティアヌスの殺害に続いて、上院は急速にネルウァを帝国の尊厳を保持するように任命しました。オクタヴィアンがプリンケプスアウグストゥスの称号を授与されて以来、上院議員が皇帝を選んだのはこれが初めてでした。ネルウァには高貴な祖先があり、彼はネロとフラウィウス朝。彼の支配はかつてドミティアヌスによって引き受けられた自由の多くを回復し[101]、ローマの最後の黄金時代を開始しました。

トラヤヌス

ウジェーヌ・ドラクロワによるトラヤヌスの正義(断片)

ネルウァは西暦98年に亡くなり、彼の後継者と相続人は一般的なトラヤヌスでした。トラヤヌスはヒスパニアバエティカ(現代のアンダルシアから非貴族の家族で生まれ、彼の卓越性はドミティアヌスの下で軍隊に現れました。彼は五大皇帝の二番目であり、最初はネルウァです。トラヤヌスは熱意を持ってローマの人々に迎えられました。彼はそれを、ドミティアヌスの治世を特徴付ける血まみれなしに、よく統治することによって正当化しました。彼はドミティアヌスによって不当に投獄されていた多くの人々を解放し、ドミティアヌスが没収した私有財産を返還した。ネルバが死ぬ前に始めたプロセス。[102]

トラヤヌスはダチア(ほぼ現代のルーマニアモルドバ)を征服しドミティアヌスの軍隊を打ち負かしたデケバルス王を打ち負かしました。ではまずダキア戦争(101-102)、敗北ダチアは、クライアントの王国となりました。第二ダキア戦争(105-106)、トラヤヌスは完全に敵の抵抗が荒廃し、帝国にダチアを併合しました。トラヤヌスはまた、クライアントのナバテア州を併合して、シリア南部とアラビア北西部の土地を含むアラビアペトラエア州を形成しました[103]彼は、今日まで生き残っている多くの建物を建てました。トラヤヌスのフォーラムトラヤヌスの市場トラヤヌスの柱。彼の主な建築家はダマスカスのアポロドルスでした。 Apollodorusはフォーラムとコラムのプロジェクトを作成し、パンテオンも改革しましたアンコーナベネヴェントゥムにあるトラヤヌスの凱旋門は、彼が投影した他の建造物です。第二次ダキア戦争では、アポロドルスはトラヤヌスのためにドナウ川架かる大きな橋を架けました[104]

トラヤヌスの最後の戦争パルティアに対するものでし。パルティアがローマに受け入れられないアルメニアの王を任命したとき(パルティアとローマはアルメニアに対する支配を共有した)、彼は戦争を宣言した。彼はおそらく、パルティアを征服した最初のローマの指導者になり、アジアの征服者であるアレキサンダー大王の栄光を繰り返したいと思っていました[105] 113年に彼はアルメニアに行進し、地元の王を証言した。 115年、トラヤヌスは南にパルティアの覇権の中核なりメソポタミア北部の都市であるニシビスバトネを占領しメソポタミアの州を組織しました。(116)、そしてアルメニアとメソポタミアがローマ人の権威の下にあったことを発表するコインを発行しました。[106]その同じ年に、彼はセレウキアとパルティアの首都クテシフォン(現代のバグダッドの近くを占領した[107]パルティアの反乱とユダヤ人の反乱を打ち負かした後、彼は健康上の問題のために撤退した。117年に彼の病気は成長し、彼は浮腫で亡くなりました彼はハドリアヌスを相続人として指名した。トラヤヌスのリーダーシップの下で、ローマ帝国はその領土拡大のピークに達しました。[108]ローマの領土は現在、500万平方キロメートル(190万平方マイル)に及んでいた。[3]

ハドリアヌスからコモドゥスへ

スコットランドとイングランド北部ハドリアヌスの城壁アントニヌスの城壁の位置を示す地図

多くのローマ人がヒスパニア(現代のスペインポルトガル)に移住し、何世代にもわたって滞在し、場合によってはイベリア人と交際しました。これらの家族の1人が皇帝ハドリアヌスを生み出しました[109]ハドリアヌスは、パルティア、アルメニア、メソポタミア(現代のイラク)に駐留していたすべての軍隊を撤退させ、トラヤヌスの征服を放棄した。ハドリアヌスの軍隊はモーリタニア反乱を鎮圧し、バルコクバはユダヤで反乱を起こした。これはローマ人に対する最後の大規模なユダヤ人の反乱であり、ユダヤでの大規模な影響によって抑制されました。数十万人のユダヤ人が殺されました。ハドリアヌスはユダヤ州の名前を変更しました」ユダヤで最も嫌われている敵の1人の後、「パレスティナ州シリア[110]彼は、ローマのブリタンニアと現代のスコットランドの部族を隔てる有名なハドリアヌスの城壁のように、要塞と壁を建設しました。ハドリアヌスは文化、特にギリシャを促進しました。彼はまた、禁じ拷問は法律をヒト化し、彼の多くの建築プロジェクトは、水路、風呂、図書館や劇場を含め、。さらに、彼は軍やインフラ状況をチェックするために帝国にほぼすべての地域を旅した。[111] 138 ADでハドリアヌスの死後、彼の後継者をアントニヌス・ピウス寺院、劇場、霊廟を建設し、芸術と科学を促進し、修辞学と哲学の教師に名誉と金銭的報酬を授けました皇帝になると、アントニヌスは最初の変更をほとんど行わず、前任者によって確立された取り決めを可能な限りそのまま残しました。アントニヌスは、現在のスコットランド南部に侵入し、アントニヌスの城壁を建設することで、ローマのブリタンニアを拡大しました[112]彼はまた、法律を人間化するというハドリアヌスの政策を続けた。彼は西暦161年に亡くなりました。

ハドリアヌスの治世中に建てられたローマパンテオンには、世界最大の非鉄筋コンクリートのドームが今も残っています。

哲学者として知られるマーカスアウレリウスは、5人の善皇帝の最後でした。彼はストイックな哲学者であり、瞑想を書いた。彼はマルコマンニ戦争パルティア帝国で野蛮な部族を打ち負かしました[113]彼の共同皇帝、ルキウス・ウェルスは西暦169年に亡くなり、おそらくアントニヌスの疫病の犠牲者であり、西暦165年から180年に帝国を通じて500万人近くが死亡した。[114]

ネルウァからマルクスアウレリウスまで、帝国は前例のない地位を獲得しました。法律とマナーの強力な影響力は、徐々に州の連合を固めました。すべての市民は富の利点を享受し、悪用しました。自由な憲法のイメージはまともな敬意を持って保存されました。ローマの元老院は主権を持っているように見え、皇帝に政府のすべての行政権を委譲しました。[明確化が必要]ザ・ファイブグッド皇帝"ルールは帝国の黄金時代と考えられています。[115]

マルクスアウレリウスの息子であるコモドゥスは、父親の死後、皇帝になりました。彼は5人の善皇帝の1人として数えられていません第一に、これは後者の皇帝との直接の親族関係によるものでした。さらに、彼は、頻繁に直接軍隊を率いていた前任者と比較して、軍事的に消極的でした。コモドゥスは通常、しばしば残忍で荒々しい剣闘士の戦闘に参加しました。彼は多くの市民を殺し、カッシウス・ディオは彼の治世をローマの退廃の始まりとして特定しました:「(ローマは)金の王国から鉄と錆の王国へと変貌した」。[116]

セウェルス朝

コモドゥスは、西暦192年後半に、Quintus AemiliusLaetusと彼の妻Marciaが関与した陰謀によって殺害されました。翌年は5皇帝の年として知られており、その間、ヘルヴィウスペルティナクスディディウスユリアヌスペスケンニウスニジェールクロディウスアルビヌスセプティミウスセウェルスが皇帝の尊厳を保持していました。マルクス・アウレリウスの右腕の一人であった上院議員のペルティナクスがレトゥスの選択であり、彼は精力的かつ賢明に統治した。 Laetusはすぐに嫉妬し、Praetorian GuardによるPertinaxの殺害を扇動しました。その後、Praetorian Guardは、帝国を最高入札者であるDidiusJulianusに1人あたり25,000セステルティウスで競売にかけました。[117]ローマの人々は愕然とし、彼らを救うためにフロンティア軍団に訴えました。ブリタニアパノニアスーペリアシリアの3つのフロンティア州の軍団は、「寄付」から除外されることに憤慨し、個々の将軍を皇帝と宣言することで返答しました。パンノニアの司令官であるルシウスセプティミウスセウェルス下駄は、敵軍に賄賂を贈り、プラエトリアニの警備員を赦免し、皇帝としての地位を確立しました。彼と彼の後継者は軍団の支援を受けて統治しました。硬貨と軍事費の変化は、3世紀の危機を特徴付ける金融危機の根源でした

セプティミウスセウェルス

Severanのトンド、C。199、セブルス、ユリア・ドムナ、カラカラ、ゲタ、顔が消された

セブルスはローマに侵入し、ディディウス・ユリアヌスを殺害した後、即位しました彼の他の2人のライバル、ペスケンニウスニガークロディウスアルビヌスは、どちらも他の派閥から大将軍として歓迎されましたセブルスはすぐにビザンチウムニジェールを鎮圧し、アルビヌスにシーザーの称号を約束した(つまり彼は共同皇帝になるだろう)。[118]しかし、セブルスはアルビヌスを彼の人生に対する陰謀のせいにして裏切った。セブルスはガリアに行進し、アルビヌスを破った。これらの行為について、マキャヴェッリはセブルスは「凶暴なライオンと賢いキツネ」であると述べた[119]。

セブルスは全体主義を復活させようとし、ローマ人と上院に宛てて、上院議員を心配していたマリウスとスラの厳しさと残酷さを称賛した。[120]パルティアがローマの領土に侵入したとき、セブルスはその国に対して戦争を行い、ニシビスバビロンセレウキアの都市を占領したパルティアの首都クテシフォン到着すると、彼は略奪を命じ、彼の軍隊は殺害し、多くの人々を捕らえました。この軍事的成功にもかかわらず、セブルスは豊かなアラビアの都市ハトラへの侵入に失敗しました。セブルスは軍団から尊敬を得ていた彼の合衆国を殺しました。そして彼の兵士たちは飢饉の犠牲になりました。この悲惨なキャンペーンの後、彼は撤退した。[121]セブルスはまた、ブリタニア全体を打ち負かすことを意図していた。これを達成するために、彼カレドニア人に対して戦争をしました地形と野蛮人の待ち伏せのために軍隊で多くの犠牲者を出した後、セブルス自身が野原に行きました。しかし、彼は病気になり、西暦211年に65歳で亡くなりました。

カラカラからアレクサンデルセウェルスまで

ベルリンのペルガモン博物館からカラカラの胸像

セブルスの死後、息子のカラカラゲタは皇帝になりました。彼らの若い頃、彼らの争いはローマを分裂させていました。その同じ年に、カラカラは彼の兄弟、若者を母親の腕の中で暗殺させ、ゲタの信者の2万人を殺害した可能性があります。彼の父のように、カラカラは好戦的でした。彼はセブルスの政策を継続し、軍団から尊敬を得ました。残酷な男、カラカラは彼の兄弟の殺害の罪悪感によって追跡されました。彼は彼の家庭教師のCiloや彼の父の友人であるPapinianのような彼自身のサークルの人々の死を命じました

アレクサンドリアの市民が彼を嫌い、彼の性格を軽蔑していることを知ったカラカラは、著名な市民のために宴会を開き、その後、兵士がすべての客を殺しました。サラピスの神殿の安全から、彼はアレクサンドリアの人々の無差別な虐殺を指揮しました。[122] [123] 212年、彼はカラカラ勅令を発行し、戦争で降伏してローマの支配下に置かれ、解放された人々を除いて、帝国に住むすべての自由な男性に完全なローマ市民権を与えた。奴隷。[124]同時に、ローマ市民にのみ課される相続税を10パーセントに引き上げた。占い師が次のように予測したという報告プラエトリアニの知事 マクリヌスと彼の息子は帝国を統治することになっていたが、カラカラに忠実に送られた。しかし、報告はマクリヌスの手に渡り、マクリヌスは行動するか死ぬ必要があると感じました。マクリヌスは、西暦217年に、カラカラをカレの月の神殿への巡礼中に兵士の1人に暗殺させることを共謀しました。

無能なマクリヌスが権力を握ったが、すぐにローマから東とアンティオキアに移った。彼の短い統治は218年に終わり、エメサの太陽神殿の大祭司であり、カラカラの非嫡出子と思われる若者のバシアヌスが、不満を抱いたマクリヌスの兵士によって皇帝と宣言されました。賄賂は軍団からバシアヌスの支持を得て、マクリヌスと彼のプラエトリアニの警備員と戦った。彼はアントニヌスの名前を採用しましたが、歴史は彼の太陽神エラガバルスちなんで名付けられました。これは地球上で大きな黒い石の形で表されています。無能でスケベな支配者である[38]エラガバルスは、彼のお気に入り以外のすべてを怒らせた。カッシウス・ディオヘロディアヌスヒストリアオーガスタ彼の悪名高い贅沢について多くの説明をしてください。エラガバルスはいとこのアレクサンデルセウェルスをシーザーとして採用しましたが、その後嫉妬し、暗殺を試みました。しかし、プラエトリアニの警備員はアレクサンダーを好み、エラガバルスを殺害し、彼の切断された死体をローマの通りに引きずり込み、テヴェレ川に投げ入れました。その後、アレクサンデルセウェルスが彼の後を継いだ。アレクサンダーは、活性化したペルシャガリアに侵攻しゲルマン人を含む多くの敵と戦争をしました。彼の喪失は彼の兵士たちの間に不満を生み出し、彼らの何人かは西暦235年の彼のゲルマンキャンペーン中に彼を殺害しました。[125]

3世紀の危機

ローマ帝国は内部分裂に苦しみ、パルミラ帝国ガリア帝国を形成しました

アレクサンデルセウェルスの死後、悲惨なシナリオが浮上しました。ローマ国家は、内戦、外部からの侵略、政治的混乱、パンデミック経済不況に悩まされていました[126] [38]古いローマの価値観は衰退し、ミトラ教とキリスト教は大衆全体に広がり始めた。皇帝はもはや貴族と結びついた男性ではありませんでした。彼らは通常、帝国の遠い地域の下層階級で生まれました。これらの男性は軍の階級を通じて目立つようになり、内戦を通じて皇帝になりました。

49年間で26人の皇帝がいたが、これは政情不安の兆候である。マクシミヌス・スラックスは当時の最初の統治者であり、わずか3年間統治していました。ゴルディアヌス1世ゴルディアヌス2世バルビヌスホスティリアヌスのように、ほんの数か月間支配した人もいます。皇帝は主にライバルを打ち負かし、彼らの力を確立することに関心を持っていたので、人口とフロンティアは放棄されました。その時代には経済も苦しんだ。セヴェリからの巨額の軍事費は、ローマの硬貨の切り下げを引き起こしました。この時期にもハイパーインフレーションが発生しました。キプリアヌス疫病250年に発生し、人口の大部分を殺しました。[127] 260 ADでは、地方のシリアPalaestina小アジアエジプトが形成するローマ状態の残りの部分から分離されたパルミラ王国を、女王によって支配ゼノビアとを中心パルミラ。その同じ年に、ガリア帝国、ブリタニアとガリアを保持してポストムスによって作成されました[128]これらの国々は、ペルシャサーサーン朝によってバレリアヌス皇帝が捕らえられた後、ローマから分離した。、彼の敵によって捕らえられた最初のローマの支配者; それはローマ人にとって屈辱的な事実でした。[127]危機はゴシックの侵略者打ち負かしクラウディウス・ゴシック(268–270)と、ガリア帝国とパルミラ帝国の両方を征服したアウレリアン(271–275)の治世中に後退し始めた[129] [130]危機はディオクレティアヌスの治世中に克服された

帝国–テトラルキア

ディオクレティアヌス

ディオクレティアヌスのプロフィールを描いたローマのフォリス

西暦284年、ディオクレティアヌスは東軍から大将軍として歓迎されました。ディオクレティアヌスは、政治的および経済的変化によって、危機から帝国を癒しました。新しい形の政府が設立されました:テトラルキア。帝国は4人の皇帝に分けられました。2人は西に、2人は東にいます。最初のテトラルキアは、ディオクレティアヌス(東)、マクシミアヌス(西)、そして2人のジュニア皇帝、ガレリウス(東)とフラビウスコンスタンティウス(西)でした。経済を調整するために、ディオクレティアヌスはいくつかの税制改革を行いました。[131]

ディオクレティアヌスはシリアを略奪し、マクシミアヌスと共にいくつかの野蛮な部族を征服したペルシャ人を追放した。彼は真珠や金色のサンダルやローブを身に着けているなど、東部の君主の多くの行動を採用しました。皇帝の前にいる誰もが今や自分自身をひれ伏す必要がありました。これは東部では一般的な行為ですが、これまでローマで行われたことはありませんでした。[132]ディオクレティアヌスは、アウグストゥス以来の他の皇帝が行っていたように、偽装した形の共和国を使用しなかった。[133] 290年から330年の間に、テトラルキアのメンバーによって、公式かどうかにかかわらず、半ダースの新しい首都が設立されました。アンティオキア、ニコメディア、テッサロニカ、シルミウム、ミラノ、トリーアです。[134]ディオクレティアヌスはまた、重大なキリスト教迫害の責任を負っていた。 303年に彼とガレリウス迫害を開始し、すべてのキリスト教の教会と台本の破壊を命じ、キリスト教の崇拝を禁じました。[135]ディオクレティアヌスは、マクシミアヌスと共に西暦305年に退位したため、ローマ皇帝として初めて辞任した。彼の治世は、伝統的な形式の帝国支配であるプリンキパトゥスプリンケプスから)を終わらせテトラルキアを始めました

アウラパラティーナトリアー、ドイツ(の後、一部属州ガリア・ベルギカ)、キリスト教の 聖堂の治世に建てられコンスタンティンI(R。306から337 AD)

コンスタンティンとキリスト教

コンスタンティンは306年に帝国をテトラルキアと見なしました。彼は他のテトラルキアに対して多くの戦争を行いました。最初に彼は312年にマクセンティウスを破った。313年に彼はミラノ勅令を発行し、それはキリスト教徒が彼らの宗教を公言する自由を与えた。[136]コンスタンティンはキリスト教に改宗し、キリスト教の信仰を強要した。彼は帝国とヨーロッパのキリスト教化を始めました—中世のカトリック教会によって終結したプロセス。彼はで敗北したフランクアルマーニ306から308の間。 324年、彼は別のテトラルキアであるリキニウスを打ち負かし、ディオクレティアヌス以前と同じようにすべての帝国を支配しました。。彼の勝利とキリスト教の関連性を祝うために、彼はビザンチウムを再建し、それをノヴァローマ(「ニューローマ」)と改名しました。しかし、市はすぐにコンスタンティノープル(「コンスタンティノープル市」)の非公式な名前を取得しました[137] [138]

彼の顧問マルドニオスの影響下で古典的なローマヘレニズムの宗教を回復しようとしたジュリアンの治世は、キリスト教皇帝の継承を一時的に中断しただけでした。コンスタンティノープルは帝国の新しい首都としての役割を果たしました。実際には、ローマは第三Century-の危機以来、その中心的な重要性を失ったメディオラナムの治世まで、286から330に西部の首都だったホノリウスラヴェンナは、 5世紀には、資本行われました。[139] 1人の皇帝の下で帝国を再統一し、ビザンチウムの都市を再建したコンスタンティヌスの行政および金融改革は、古代の世界

西ローマ帝国の崩壊

4世紀後半から5世紀にかけて、西ローマ帝国は危機的な段階に入り、西ローマ帝国の崩壊で終わりました[140]コンスタンティヌス朝バレンティニアヌス朝の最後の皇帝の下で、ローマはサーサーン朝ゲルマンの 野蛮人との決定的な戦いに敗れた。363年、サーマッラー戦い、ペルシャ人との戦いで使徒ジュリアンが殺された。アドリアーノプルは皇帝ヴァレンス(364–378)の命を奪った。勝利したゴート族は帝国から追放されることも同化されることもありませんでした。[141]次の皇帝テオドシウス1世(379–395)はキリスト教の信仰にさらに力を与え、彼の死後、帝国はアルカディウス西ローマ帝国によって統治された東ローマ帝国に分割されました。ホノリウス、どちらもテオドシウスの息子でした。[要出典]

西暦100年から500年の間にローマ帝国への侵略終わらせるアテネに入る西ゴート族ジョセフ・ノエル・シルベストルによる410年の野蛮人によるローマ略奪

5世紀初頭に帝国を再会させて野蛮人の侵略を撃退しようとした将軍スティリコの死後、408年に状況はさらに深刻になりました。プロの野戦軍が崩壊した。 410年、テオドシウス朝西ゴート族がローマを略奪するのを見ました[142] 5世紀の間に、西ローマ帝国はその領土の大幅な縮小を経験した。ヴァンダル征服北アフリカ西ゴート族は南部主張ガリアをGallaeciaはによって撮影されたスエビ族ブリタニア中央政府によって放棄され、帝国はフン族の首長であるアッティラの侵略にさらに苦しんだ[143] [144] [145] [146] [147] [148]オレステス将軍は、現在軍隊を結成している野蛮人の「同盟国」の要求を満たすことを拒否し、彼らをイタリアから追放しようとした。これに不満、彼らの族長オドアケルは敗北し、オレステスを殺し、侵略ラヴェンナをして廃位ロムルスアウグストゥス、オレステスの息子を。 476のこのイベントは、通常、古典古代の終わりと中世の始まりを示します。[149][150]ローマの貴族で元皇帝のユリウス・ネポスロムルス・アウグストゥスの寄託後も480年に亡くなるまで、ダルマチアから皇帝として統治し続けた。一部の歴史家は、彼をロムルス・アウグストゥスではなく西帝国の最後の皇帝と見なしている。 [151]

約1200年の独立と700年近くの列強の後、西側のローマの支配は終わりました。[152]それ以来、共和主義の喪失、道徳的衰退、軍事専制政治、階級闘争、奴隷制、経済停滞、環境変化、病気、ローマ人種の衰退、そして避けられないものなど、ローマの崩壊のさまざまな理由が提案されてきた。すべての文明が経験する衰退と流れ。当時、多くの異教徒は、キリスト教と伝統的なローマの宗教の衰退が原因であると主張しました。現代の一部の合理主義思想家は、この堕落は、武道からより平和主義的な宗教への変化に起因し、利用可能な兵士の数が減少したと考えています。一方、アウグスティヌスのようなキリスト教徒ローマ社会自体の罪深い性質が原因であると主張した。[153]

東ローマ帝国は別の運命をたどりました。それはその西洋の対応物の崩壊後ほぼ1000年間生き残り​​、中世の間に最も安定したキリスト教の領域なりました。 6世紀、ユスティニアヌスは東ゴート族からイタリア半島を、ヴァンダル人から北アフリカ、そして西ゴート族からヒスパニア南部を征服しました。しかし、ユスティニアヌス帝の死後数年以内に、イタリアのビザンチンの所有物は、半島に定住したロンバードによって大幅に減少しました。[154]東部では、部分的にはユスティニアヌス疫病の弱体化効果によるもの、ビザンチンはイスラム教の台頭によって脅かされました。その信奉者たちは、アラブ・ビザンチン戦争中にレバント征服、アルメニア征服、エジプト征服を急速にもたらし、すぐにコンスタンティノープルに直接の脅威をもたらしました[155] [156]次の世紀には、アラブ人は南イタリアとシチリア島占領した[157]西部では、スラブ人の人口もバルカン半島の奥深くに侵入することができた。

しかし、ビザンチン人は8世紀にイスラムの土地へのさらなる拡大を阻止し、9世紀以降、征服された土地の一部を開拓しました。[155] [158]西暦1000年、東ローマ帝国は最高潮に達した。バシレイオス2世がブルガリアとアルメニアを征服し、文化と貿易が栄えた。[159]しかしながら、その直後、この拡大は、マラズギルト戦いでのビザンチンの敗北により、1071年に突然停止された。この戦いの余波により、帝国は長引く衰退期に陥りました。 20年間の内戦とトルコ人の侵略により、最終的にはアレクシオス1世コムネノス皇帝が誕生しました。1095年に西ヨーロッパの王国に助けを求める呼びかけを送る。[155]西側は十字軍応答し、最終的には第4回十字軍の参加者によるコンスタンティノープル略奪をもたらした1204年のコンスタンティノープル陥落は、帝国に残っていたものを継承国に断片化しました。最終的な勝利者はニカイア帝国でした[160]帝国軍によるコンスタンティノープルの奪還後、帝国はエーゲ海沿岸に閉じ込められたギリシャの国家に過ぎなかったビザンチン帝国は、1453年5月29日に征服者メフメトがコンスタンティノープル征服したときに崩壊した。[161]

社会

フォロ・ロマーノ、中都市の政治、経済、文化、そして宗教の中心地共和国と後で帝国

ローマの帝国都市は帝国で最大の都市の中心地であり、人口は45万人から100万人近くまでさまざまに推定されていました。[162] [163] [164]ローマの公共スペースは、ひづめの音と鉄の戦車の車輪のガタガタで響き渡り、ジュリアスシーザーはかつて日中の戦車の通行禁止を提案した。歴史的な推定によると、古代ローマの管轄下にある人口の約20パーセント(イタリア本土では、使用される基準に応じて25〜40%)[165]は、人口10,000人以上の無数の都市中心部に住んでおり、いくつかの軍事集落があります。、産業革命以前の基準による非常に高い都市化率。それらのセンターのほとんどには、フォーラム、寺院、およびローマと同様の他の建物がありました。平均余命は約28歳でした。[166] [時間枠?]

法律

法的原則と慣行のルーツ、古代ローマ人がにトレースすることができる十二表の法則449紀元前に皇帝の順序によって発行された法の成文化に公布ユスティニアヌスI(参照530 ADの周りにローマ法大全を)。ユスティニアヌスの法典に保存されているローマ法はビザンチン帝国にも引き継がれ、西ヨーロッパ大陸における同様の成文化の基礎を形成しました。ローマ法は、より広い意味で、17世紀の終わりまでヨーロッパのほとんどに適用され続けました。

ユスティニアヌス法典とセオドス法典に含まれる古代ローマ法の主要な区分は、Ius CivileIus Gentium、およびIusNaturaleで構成されていましたIUS Civile(「市民法」)は、ローマの市民に適用される一般的な法律の体でした。[167] PraetoresウルバーニSG。執政アーバーナスは)市民を含む場合の管轄権を持っていた人たちでした。IUS Gentium(「国の法律」)は、共通の外国人に適用される法律、ローマ市民との取引の体でした。[168] Praetores PeregriniSG。執政Peregrinus)市民や外国人が関与する事件を管轄する人々でした。Ius Naturaleは、すべての存在に共通であると考えられていた一連の法則である自然法を包含していました。

クラス構造

貴族トルローニアのの胸像カトーエルダー、紀元前1世紀
雄弁家、c。紀元前100年、修辞学に従事しているときにローマのトーガ身に着けているエトルリア人の男性、Aule Metele(ラテン語:Aulus Metellus)を描いたエトルリア-ローマのブロンズ像像にはエトルリア語の碑文があります

ローマ社会は主に階層的であると見なされており、下部に奴隷servi)、上部に解放奴隷liberti、上部に自由生まれの市民(cives)がいます。無料の市民も階級ごとに分けられました。最も広く、最も初期の分裂は、都市の創設時に100人の総主教の1人に祖先をたどることができ貴族とプレブスのでした。、できなかった人。一部のプレブスの家族が裕福になり、政治に参入し、一部の貴族の家族が経済的に衰退したため、これは後の共和国ではそれほど重要ではなくなりました。執政官を彼の祖先として数えることができた人、貴族またはプレブス人は誰でも貴族nobilis)でした。マリウスシセロなど、家族で最初に領事を務めた男性は、ノウスホモ(「新人」)として知られており、彼の子孫を崇拝していました。しかし、貴族の祖先は依然としてかなりの名声を授けており、多くの宗教事務所は依然として貴族に限定されていました。

もともと兵役に基づい階級区分がより重要になった。これらのクラスのメンバーシップは、プロパティに応じて検閲によって定期的に決定されました。最も裕福だったのは、政治と軍の指揮を支配した上院階級でした。次に、元々は軍馬を買う余裕があり、強力な商人階級を形成した馬術家エクィテス、時には「騎士」と訳される)がやってきた。もともとはメンバーが購入できる軍事装備に基づいたいくつかのクラスが続き、プロレタリアートが続きました、一番下に、まったく財産を持っていなかった市民。マリウスの改革以前は、兵役に不適格であり、富と名声において解放された奴隷のすぐ上にいるとよく言われます。

共和国の投票権は階級に依存していました。市民は投票「部族」に登録されていましたが、裕福なクラスの部族は貧しいクラスよりもメンバーが少なく、すべてのプロレタリアートが単一の部族に登録されていました。投票はクラス順に上から下に行われ、ほとんどの部族に到達するとすぐに停止したため、貧しいクラスはしばしば投票できませんでした。

女性は男性と基本的権利を共有していましたが、市民として完全に見なされていなかったため、投票したり、政治に参加したりすることはできませんでした。同時に、女性の制限された権利は(解放のために徐々に拡大され、女性はパトレスファミリアスからの自由に達し、財産権を獲得し、夫よりも多くの司法権を持っていたが、それでも選挙権はなく、政治を欠いていた。[169]

連合国の外国の都市はしばしばラテン権を与えられました。これは完全な市民と外国人(ペレグリーニ)の中間レベルであり、ローマ法の下で市民に権利を与え、主要な治安判事が完全なローマ市民になることを可能にしました。ラテンの権利にはさまざまな程度がありましたが、主な区分は、それらの兼参政権(「投票あり」;ローマの部族に在籍し、コミティア・トリブタに参加できる)と正弦選挙(「投票なし」;取ることができなかった)の間でした。ローマの政治の一部)。ローマのイタリアの同盟国のほとんどは、紀元前91〜88年の同盟戦争後に完全な市民権を与えられ、完全なローマ市民権を与えられました。カラカラによって212年に帝国のすべての自由に生まれた男性に拡大されました。ただし、dediticii、戦争で降伏してローマの支配下に置かれた人々、解放された奴隷は例外です[124]

教育

初期の共和国には公立学校がなかったので、男の子は両親から、または通常ギリシャ出身のパエダゴギと呼ばれる教育を受けた奴隷から読み書きを教えられまし[170] [171] [172]この時期の教育の主な目的は、農業、戦争、ローマの伝統、および公務について若い男性を訓練することでした[170]少年たちは、貴族の息子のための上院を含む宗教的および政治的機能に父親を同行させることにより、市民生活について多くを学んだ。[171]貴族の息子は著名な政治家に弟子入りした16歳で、17歳から軍と共にキャンペーンを行いました(このシステムは、一部の貴族の間で帝国時代までまだ使用されていました)。[171]ローマの教育慣行はまだギリシャのものとはかなり異なっていたが、教育慣行は紀元前3世紀のヘレニズム王国の征服とその結果としてのギリシャの影響の後に修正された。[171] [173]両親がそれを買う余裕があれば、7歳の少年と何人かの少女は家の外にあるludusと呼ばれる私立学校に送られ、そこで教師(litteratorまたはmagister ludiと呼ばれ、しばしばギリシャ語の起源)は、11歳まで、基本的な読み、書き、算数、そして時にはギリシャ語を教えました。[171] [172] [174]

12歳から、生徒は中等学校に通い、そこで教師(現在は文法と呼ばれています)がギリシャ文学ローマ文学について教えました[171] [174] 16歳の時、一部の学生はへ行ってきましたレトリック(通常はギリシャ語の教師は、呼ばれた学校弁士を)。[171] [174]このレベルの教育は、学生に法的なキャリアの準備をさせ、学生にローマ法を暗記することを要求した。[171]生徒は、宗教祭や市場の日を除いて、毎日学校に通っていた。夏休みもありました。

政府

Initially, Rome was ruled by kings, who were elected from each of Rome's major tribes in turn.[175] The exact nature of the king's power is uncertain. He may have held near-absolute power, or may also have merely been the chief executive of the Senate and the people. At least in military matters, the king's authority (Imperium) was likely absolute. He was also the head of the state religion. In addition to the authority of the King, there were three administrative assemblies: the Senate, which acted as an advisory body for the King; the Comitia Curiata, which could endorse and ratify laws suggested by the King; and the Comitia Calata, which was an assembly of the priestly college that could assemble the people to bear witness to certain acts, hear proclamations, and declare the feast and holiday schedule for the next month.

Representation of a sitting of the Roman Senate: Cicero attacks Catilina, from a 19th-century fresco

The class struggles of the Roman Republic resulted in an unusual mixture of democracy and oligarchy. The word republic comes from the Latin res publica, which literally translates to "public business". Roman laws traditionally could only be passed by a vote of the Popular assembly (Comitia Tributa). Likewise, candidates for public positions had to run for election by the people. However, the Roman Senate represented an oligarchic institution, which acted as an advisory body.

In the Republic, the Senate held actual authority (auctoritas), but no real legislative power; it was technically only an advisory council. However, as the Senators were individually very influential, it was difficult to accomplish anything against the collective will of the Senate. New Senators were chosen from among the most accomplished patricians by Censors (Censura), who could also remove a Senator from his office if he was found "morally corrupt"; a charge that could include bribery or, as under Cato the Elder, embracing one's wife in public. Later, under the reforms of the dictator Sulla, Quaestors were made automatic members of the Senate, though most of his reforms did not survive.

The Republic had no fixed bureaucracy, and collected taxes through the practice of tax farming. Government positions such as quaestor, aedile, or praefect were funded by the office-holder. To prevent any citizen from gaining too much power, new magistrates were elected annually and had to share power with a colleague. For example, under normal conditions, the highest authority was held by two consuls. In an emergency, a temporary dictator could be appointed. Throughout the Republic, the administrative system was revised several times to comply with new demands. In the end, it proved inefficient for controlling the ever-expanding dominion of Rome, contributing to the establishment of the Roman Empire.

In the early Empire, the pretense of a republican form of government was maintained. The Roman Emperor was portrayed as only a princeps, or "first citizen", and the Senate gained legislative power and all legal authority previously held by the popular assemblies. However, the rule of the Emperors became increasingly autocratic, and the Senate was reduced to an advisory body appointed by the Emperor. The Empire did not inherit a set bureaucracy from the Republic, since the Republic did not have any permanent governmental structures apart from the Senate. The Emperor appointed assistants and advisers, but the state lacked many institutions, such as a centrally planned budget. Some historians have cited this as a significant reason for the decline of the Roman Empire.

Military

Modern replica of lorica segmentata type armor, used in conjunction with the popular chainmail after the 1st century AD
Roman tower (reconstruction) at Limes – Taunus / Germany

The early Roman army (c. 500 BC) was, like those of other contemporary city-states influenced by Greek civilization, a citizen militia that practiced hoplite tactics. It was small (the population of free men of military age was then about 9,000) and organized in five classes (in parallel to the comitia centuriata, the body of citizens organized politically), with three providing hoplites and two providing light infantry. The early Roman army was tactically limited and its stance during this period was essentially defensive.[176][177][178]

By the 3rd century BC, the Romans abandoned the hoplite formation in favor of a more flexible system in which smaller groups of 120 (or sometimes 60) men called maniples could maneuver more independently on the battlefield. Thirty maniples arranged in three lines with supporting troops constituted a legion, totalling between 4,000 and 5,000 men.[176][177]

The early Republican legion consisted of five sections, each of which was equipped differently and had different places in formation: the three lines of manipular heavy infantry (hastati, principes and triarii), a force of light infantry (velites), and the cavalry (equites). With the new organization came a new orientation toward the offensive and a much more aggressive posture toward adjoining city-states.[176][177]

At nominal full strength, an early Republican legion included 4,000 to 5,000 men: 3,600 to 4,800 heavy infantry, several hundred light infantry, and several hundred cavalrymen.[176][179][180] Legions were often significantly understrength from recruitment failures or following periods of active service due to accidents, battle casualties, disease and desertion. During the Civil War, Pompey's legions in the east were at full strength because they were recently recruited, while Caesar's legions were often well below nominal strength after long active service in Gaul. This pattern also held true for auxiliary forces.[181][182]

Until the late Republican period, the typical legionary was a property-owning citizen farmer from a rural area (an adsiduus) who served for particular (often annual) campaigns,[183] and who supplied his own equipment and, in the case of equites, his own mount. Harris suggests that down to 200 BC, the average rural farmer (who survived) might participate in six or seven campaigns. Freedmen and slaves (wherever resident) and urban citizens did not serve except in rare emergencies.[184]

After 200 BC, economic conditions in rural areas deteriorated as manpower needs increased, so that the property qualifications for service were gradually reduced. Beginning with Gaius Marius in 107 BC, citizens without property and some urban-dwelling citizens (proletarii) were enlisted and provided with equipment, although most legionaries continued to come from rural areas. Terms of service became continuous and long—up to twenty years if emergencies required although six- or seven-year terms were more typical.[185]

Beginning in the 3rd century BC, legionaries were paid stipendium (amounts are disputed but Caesar famously "doubled" payments to his troops to 225 denarii a year), could anticipate booty and donatives (distributions of plunder by commanders) from successful campaigns and, beginning at the time of Marius, often were granted allotments of land upon retirement.[176][186] Cavalry and light infantry attached to a legion (the auxilia) were often recruited in the areas where the legion served. Caesar formed a legion, the Fifth Alaudae, from non-citizens in Transalpine Gaul to serve in his campaigns in Gaul.[187] By the time of Caesar Augustus, the ideal of the citizen-soldier had been abandoned and the legions had become fully professional. Legionaries received 900 sesterces a year and could expect 12,000 sesterces on retirement.[188]

At the end of the Civil War, Augustus reorganized Roman military forces, discharging soldiers and disbanding legions. He retained 28 legions, distributed through the provinces of the Empire.[189] During the Principate, the tactical organization of the Army continued to evolve. The auxilia remained independent cohorts, and legionary troops often operated as groups of cohorts rather than as full legions. A new versatile type of unit—the cohortes equitatae—combined cavalry and legionaries in a single formation. They could be stationed at garrisons or outposts and could fight on their own as balanced small forces or combine with other similar units as a larger legion-sized force. This increase in organizational flexibility helped ensure the long-term success of Roman military forces.[190]

The Emperor Gallienus (253–268 AD) began a reorganization that created the last military structure of the late Empire. Withdrawing some legionaries from the fixed bases on the border, Gallienus created mobile forces (the Comitatenses or field armies) and stationed them behind and at some distance from the borders as a strategic reserve. The border troops (limitanei) stationed at fixed bases continued to be the first line of defense. The basic unit of the field army was the "regiment", legiones or auxilia for infantry and vexellationes for cavalry. Evidence suggests that nominal strengths may have been 1,200 men for infantry regiments and 600 for cavalry, although many records show lower actual troop levels (800 and 400).[191]

Many infantry and cavalry regiments operated in pairs under the command of a comes. In addition to Roman troops, the field armies included regiments of "barbarians" recruited from allied tribes and known as foederati. By 400 AD, foederati regiments had become permanently established units of the Roman army, paid and equipped by the Empire, led by a Roman tribune and used just as Roman units were used. In addition to the foederati, the Empire also used groups of barbarians to fight along with the legions as "allies" without integration into the field armies. Under the command of the senior Roman general present, they were led at lower levels by their own officers.[191]

Military leadership evolved over the course of the history of Rome. Under the monarchy, the hoplite armies were led by the kings of Rome. During the early and middle Roman Republic, military forces were under the command of one of the two elected consuls for the year. During the later Republic, members of the Roman Senatorial elite, as part of the normal sequence of elected public offices known as the cursus honorum, would have served first as quaestor (often posted as deputies to field commanders), then as praetor.[192][193] Julius Caesar's most talented, effective and reliable subordinate in Gaul, Titus Labienus, was recommended to him by Pompey.[194]

Altar of Domitius Ahenobarbus, c. 122 BC; the altar shows two Roman infantrymen equipped with long scuta and a cavalryman with his horse. All are shown wearing chain mail armour.

Following the end of a term as praetor or consul, a Senator might be appointed by the Senate as a propraetor or proconsul (depending on the highest office held before) to govern a foreign province. More junior officers (down to but not including the level of centurion) were selected by their commanders from their own clientelae or those recommended by political allies among the Senatorial elite.[192]

Under Augustus, whose most important political priority was to place the military under a permanent and unitary command, the Emperor was the legal commander of each legion but exercised that command through a legatus (legate) he appointed from the Senatorial elite. In a province with a single legion, the legate commanded the legion (legatus legionis) and also served as provincial governor, while in a province with more than one legion, each legion was commanded by a legate and the legates were commanded by the provincial governor (also a legate but of higher rank).[195]

During the later stages of the Imperial period (beginning perhaps with Diocletian), the Augustan model was abandoned. Provincial governors were stripped of military authority, and command of the armies in a group of provinces was given to generals (duces) appointed by the Emperor. These were no longer members of the Roman elite but men who came up through the ranks and had seen much practical soldiering. With increasing frequency, these men attempted (sometimes successfully) to usurp the positions of the Emperors who had appointed them. Decreased resources, increasing political chaos and civil war eventually left the Western Empire vulnerable to attack and takeover by neighboring barbarian peoples.[196]

Less is known about the Roman navy than the Roman army. Prior to the middle of the 3rd century BC, officials known as duumviri navales commanded a fleet of twenty ships used mainly to control piracy. This fleet was given up in 278 AD and replaced by allied forces. The First Punic War required that Rome build large fleets, and it did so largely with the assistance of and financing from allies. This reliance on allies continued to the end of the Roman Republic. The quinquereme was the main warship on both sides of the Punic Wars and remained the mainstay of Roman naval forces until replaced by the time of Caesar Augustus by lighter and more maneuverable vessels.[197]

As compared with a trireme, the quinquereme permitted the use of a mix of experienced and inexperienced crewmen (an advantage for a primarily land-based power), and its lesser maneuverability permitted the Romans to adopt and perfect boarding tactics using a troop of about 40 marines in lieu of the ram. Ships were commanded by a navarch, a rank equal to a centurion, who was usually not a citizen. Potter suggests that because the fleet was dominated by non-Romans, the navy was considered non-Roman and allowed to atrophy in times of peace.[197]

Information suggests that by the time of the late Empire (350 AD), the Roman navy comprised several fleets including warships and merchant vessels for transportation and supply. Warships were oared sailing galleys with three to five banks of oarsmen. Fleet bases included such ports as Ravenna, Arles, Aquilea, Misenum and the mouth of the Somme River in the West and Alexandria and Rhodes in the East. Flotillas of small river craft (classes) were part of the limitanei (border troops) during this period, based at fortified river harbors along the Rhine and the Danube. That prominent generals commanded both armies and fleets suggests that naval forces were treated as auxiliaries to the army and not as an independent service. The details of command structure and fleet strengths during this period are not well known, although fleets were commanded by prefects.[198]

Economy

Night view of Trajan's Market, built by Apollodorus of Damascus

Ancient Rome commanded a vast area of land, with tremendous natural and human resources. As such, Rome's economy remained focused on farming and trade. Agricultural free trade changed the Italian landscape, and by the 1st century BC, vast grape and olive estates had supplanted the yeoman farmers, who were unable to match the imported grain price. The annexation of Egypt, Sicily and Tunisia in North Africa provided a continuous supply of grains. In turn, olive oil and wine were Italy's main exports. Two-tier crop rotation was practiced, but farm productivity was low, around 1 ton per hectare.

Industrial and manufacturing activities were smaller. The largest such activities were the mining and quarrying of stones, which provided basic construction materials for the buildings of that period. In manufacturing, production was on a relatively small scale, and generally consisted of workshops and small factories that employed at most dozens of workers. However, some brick factories employed hundreds of workers.

The economy of the early Republic was largely based on smallholding and paid labor. However, foreign wars and conquests made slaves increasingly cheap and plentiful, and by the late Republic, the economy was largely dependent on slave labor for both skilled and unskilled work. Slaves are estimated to have constituted around 20% of the Roman Empire's population at this time and 40% in the city of Rome. Only in the Roman Empire, when the conquests stopped and the prices of slaves increased, did hired labor become more economical than slave ownership.

Although barter was used in ancient Rome, and often used in tax collection, Rome had a very developed coinage system, with brass, bronze, and precious metal coins in circulation throughout the Empire and beyond—some have even been discovered in India. Before the 3rd century BC, copper was traded by weight, measured in unmarked lumps, across central Italy. The original copper coins (as) had a face value of one Roman pound of copper, but weighed less. Thus, Roman money's utility as a unit of exchange consistently exceeded its intrinsic value as metal. After Nero began debasing the silver denarius, its legal value was an estimated one-third greater than its intrinsic value.

Horses were expensive and other pack animals were slower. Mass trade on the Roman roads connected military posts, where Roman markets were centered.[199] These roads were designed for wheels.[200] As a result, there was transport of commodities between Roman regions, but increased with the rise of Roman maritime trade in the 2nd century BC. During that period, a trading vessel took less than a month to complete a trip from Gades to Alexandria via Ostia, spanning the entire length of the Mediterranean.[108] Transport by sea was around 60 times cheaper than by land, so the volume for such trips was much larger.

Some economists consider the Roman Empire a market economy, similar in its degree of capitalistic practices to 17th century Netherlands and 18th century England.[201]

Family

A gold glass portrait of a family from Roman Egypt. The Greek inscription on the medallion may indicate either the name of the artist or the pater familias who is absent in the portrait.[202]

The basic units of Roman society were households and families.[168] Households included the head (usually the father) of the household, pater familias (father of the family), his wife, children, and other relatives. In the upper classes, slaves and servants were also part of the household.[168] The power of the head of the household was supreme (patria potestas, "father's power") over those living with him: He could force marriage (usually for money) and divorce, sell his children into slavery, claim his dependents' property as his own, and even had the right to punish or kill family members (though this last right apparently ceased to be exercised after the 1st century BC).[203]

Patria potestas even extended over adult sons with their own households: A man was not considered a paterfamilias, nor could he truly hold property, while his own father lived.[203][204] During the early period of Rome's history, a daughter, when she married, fell under the control (manus) of the paterfamilias of her husband's household, although by the late Republic this fell out of fashion, as a woman could choose to continue recognizing her father's family as her true family.[205] However, as Romans reckoned descent through the male line, any children she had belonged to her husband's family.[206]

Little affection was shown for the children of Rome. The mother or an elderly relative often raised both boys and girls. Unwanted children were often sold as slaves.[207] Children might have waited on tables for the family, but they could not have participated in the conversation.

In noble families a Greek nurse usually taught the children Latin and Greek. Their father taught the boys how to swim and ride, although he sometimes hired a slave to teach them instead. At seven, a boy began his education. Having no school building, classes were held on a rooftop (if dark, the boy had to carry a lantern to school). Wax-covered boards were used as paper, papyrus, and parchment were too expensive—or he could just write in the sand. A loaf of bread to be eaten was also carried.[208]

Groups of related households formed a family (gens). Families were based on blood ties or adoption, but were also political and economic alliances. Especially during the Roman Republic, some powerful families, or Gentes Maiores, came to dominate political life.

In ancient Rome, marriage was often regarded more as a financial and political alliance than as a romantic association, especially in the upper classes (see marriage in ancient Rome). Fathers usually began seeking husbands for their daughters when these reached an age between twelve and fourteen. The husband was usually older than the bride. While upper-class girls married very young, there is evidence that lower-class women often married in their late teens or early 20s.

Culture

The seven hills of Rome

Life in ancient Rome revolved around the city of Rome, located on seven hills. The city had a vast number of monumental structures like the Colosseum, the Forum of Trajan and the Pantheon. It had theatres, gymnasiums, marketplaces, functional sewers, bath complexes complete with libraries and shops, and fountains with fresh drinking water supplied by hundreds of miles of aqueducts. Throughout the territory under the control of ancient Rome, residential architecture ranged from modest houses to country villas.

In the capital city of Rome, there were imperial residences on the elegant Palatine Hill, from which the word palace derives. The low Plebeian and middle Equestrian classes lived in the city center, packed into apartments, or Insulae, which were almost like modern ghettos. These areas, often built by upper class property owners to rent, were often centred upon collegia or taberna. These people, provided with a free supply of grain, and entertained by gladiatorial games, were enrolled as clients of patrons among the upper class Patricians, whose assistance they sought and whose interests they upheld.

Language

Roman fresco of a blond maiden reading a text, Pompeian Fourth Style (60–79 AD), Pompeii, Italy

The native language of the Romans was Latin, an Italic language the grammar of which relies little on word order, conveying meaning through a system of affixes attached to word stems.[209] Its alphabet was based on the Etruscan alphabet, which was in turn based on the Greek alphabet.[210] Although surviving Latin literature consists almost entirely of Classical Latin, an artificial and highly stylized and polished literary language from the 1st century BC, the spoken language of the Roman Empire was Vulgar Latin, which significantly differed from Classical Latin in grammar and vocabulary, and eventually in pronunciation.[211] Speakers of Latin could understand both until the 7th century when spoken Latin began to diverge so much that 'Classical' or 'Good Latin' had to be learned as a second language[212]

While Latin remained the main written language of the Roman Empire, Greek came to be the language spoken by the well-educated elite, as most of the literature studied by Romans was written in Greek. In the eastern half of the Roman Empire, which later became the Byzantine Empire, Latin was never able to replace Greek, and after the death of Justinian, Greek became the official language of the Byzantine government.[213] The expansion of the Roman Empire spread Latin throughout Europe, and Vulgar Latin evolved into dialects in different locations, gradually shifting into many distinct Romance languages.

Religion

Punishment of Ixion: in the center is Mercury holding the caduceus and on the right Juno sits on her throne. Behind her Iris stands and gestures. On the left is Vulcan (blond figure) standing behind the wheel, manning it, with Ixion already tied to it. Nephele sits at Mercury's feet; a Roman fresco from the eastern wall of the triclinium in the House of the Vettii, Pompeii, Fourth Style (60–79 AD).

Archaic Roman religion, at least concerning the gods, was made up not of written narratives, but rather of complex interrelations between gods and humans.[214] Unlike in Greek mythology, the gods were not personified, but were vaguely defined sacred spirits called numina. Romans also believed that every person, place or thing had its own genius, or divine soul. During the Roman Republic, Roman religion was organized under a strict system of priestly offices, which were held by men of senatorial rank. The College of Pontifices was uppermost body in this hierarchy, and its chief priest, the Pontifex Maximus, was the head of the state religion. Flamens took care of the cults of various gods, while augurs were trusted with taking the auspices. The sacred king took on the religious responsibilities of the deposed kings. In the Roman Empire, emperors were deified,[215][216] and the formalized imperial cult became increasingly prominent.

As contact with the Greeks increased, the old Roman gods became increasingly associated with Greek gods.[217] Thus, Jupiter was perceived to be the same deity as Zeus, Mars became associated with Ares, and Neptune with Poseidon. The Roman gods also assumed the attributes and mythologies of these Greek gods. Under the Empire, the Romans absorbed the mythologies of their conquered subjects, often leading to situations in which the temples and priests of traditional Italian deities existed side by side with those of foreign gods.[218]

Beginning with Emperor Nero in the 1st century AD, Roman official policy towards Christianity was negative, and at some points, simply being a Christian could be punishable by death. Under Emperor Diocletian, the persecution of Christians reached its peak. However, it became an officially supported religion in the Roman state under Diocletian's successor, Constantine I, with the signing of the Edict of Milan in 313, and quickly became dominant. All religions except Christianity were prohibited in 391 AD by an edict of Emperor Theodosius I.[219]

Ethics and morality

Like many ancient cultures, concepts of ethics and morality, while sharing some commonalities with modern society, differed greatly in several important ways. Because ancient civilizations like Rome were under constant threat of attack from marauding tribes, their culture was necessarily militaristic with martial skills being a prized attribute.[220] Whereas modern societies consider compassion a virtue, Roman society considered compassion a vice, a moral defect. Indeed, one of the primary purposes of the gladiatorial games was to inoculate Roman citizens from this weakness.[221][220][222] Romans instead prized virtues such as courage and conviction (virtus), a sense of duty to one's people, moderation and avoiding excess (moderatio), forgiveness and understanding (clementia), fairness (severitas), and loyalty (pietas).[223]

Contrary to popular descriptions, Roman society had well-established and restrictive norms related to sexuality, though as with many societies, the lion's share of the responsibilities fell on women. Women were generally expected to be monogamous having only a single husband during their life (univira), though this was much less regarded by the elite, especially under the empire. Women were expected to be modest in public avoiding any provocative appearance and to demonstrate absolute fidelity to their husbands (pudicitia). Indeed, wearing a veil was a common expectation to preserve modesty. Sex outside of marriage was generally frowned upon for men and women and indeed was made illegal during the imperial period.[224] Nevertheless, prostitution was seen entirely differently and indeed was an accepted and regulated practice.[225]

Art, music and literature

Woman playing a kithara, from the Villa Boscoreale, 40–30 BC
Frescoes from the Villa of the Mysteries in Pompeii, Italy, Roman artwork dated to the mid-1st century BC

Roman painting styles show Greek influences, and surviving examples are primarily frescoes used to adorn the walls and ceilings of country villas, though Roman literature includes mentions of paintings on wood, ivory, and other materials.[226][227] Several examples of Roman painting have been found at Pompeii, and from these art historians divide the history of Roman painting into four periods. The first style of Roman painting was practiced from the early 2nd century BC to the early- or mid-1st century BC. It was mainly composed of imitations of marble and masonry, though sometimes including depictions of mythological characters.

The second style of Roman painting began during the early 1st century BC, and attempted to depict realistically three-dimensional architectural features and landscapes. The third style occurred during the reign of Augustus (27 BC – 14 AD), and rejected the realism of the second style in favor of simple ornamentation. A small architectural scene, landscape, or abstract design was placed in the center with a monochrome background. The fourth style, which began in the 1st century AD, depicted scenes from mythology, while retaining architectural details and abstract patterns.

Portrait sculpture during the period[which?] utilized youthful and classical proportions, evolving later into a mixture of realism and idealism. During the Antonine and Severan periods, ornate hair and bearding, with deep cutting and drilling, became popular. Advancements were also made in relief sculptures, usually depicting Roman victories.

Latin literature was, from its start, influenced heavily by Greek authors. Some of the earliest extant works are of historical epics telling the early military history of Rome. As the Republic expanded, authors began to produce poetry, comedy, history, and tragedy.

Roman music was largely based on Greek music, and played an important part in many aspects of Roman life.[228] In the Roman military, musical instruments such as the tuba (a long trumpet) or the cornu (similar to a French horn) were used to give various commands, while the bucina (possibly a trumpet or horn) and the lituus (probably an elongated J-shaped instrument), were used in ceremonial capacities.[229] Music was used in the amphitheaters between fights and in the odea, and in these settings is known to have featured the cornu and the hydraulis (a type of water organ).[230]

Most religious rituals featured musical performances, with tibiae (double pipes) at sacrifices, cymbals and Tambourines at orgiastic cults, and rattles and hymns across the spectrum.[231] Some music historians believe that music was used at almost all public ceremonies.[228] Music historians are not certain if Roman musicians made a significant contribution to the theory or practice of music.[228]

The graffiti, brothels, paintings, and sculptures found in Pompeii and Herculaneum suggest that the Romans had a sex-saturated culture.[232]

Cuisine

Ancient Roman cuisine changed over the long duration of this ancient civilization. Dietary habits were affected by the influence of Greek culture, the political changes from kingdom to republic to empire, and empire's enormous expansion, which exposed Romans to many new, provincial culinary habits and cooking techniques. In the beginning the differences between social classes were relatively small, but disparities evolved with the empire's growth. Men and women drank wine with their meals, a tradition that has been carried through to the present day.[233]

Games and recreation

Choregos and theater actors, from the House of the Tragic Poet, Pompeii, Italy. Naples National Archeological Museum
The "bikini girls" mosaic, showing women playing sports, from the Villa Romana del Casale, Roman province of Sicilia (Sicily), 4th century AD

The youth of Rome had several forms of athletic play and exercise, such as jumping, wrestling, boxing, and racing.[234] In the countryside, pastimes for the wealthy also included fishing and hunting.[235] The Romans also had several forms of ball playing, including one resembling handball.[234] Dice games, board games, and gamble games were popular pastimes.[234] Women did not take part in these activities. For the wealthy, dinner parties presented an opportunity for entertainment, sometimes featuring music, dancing, and poetry readings.[226] Plebeians sometimes enjoyed similar parties through clubs or associations, but for most Romans, recreational dining usually meant patronizing taverns.[226] Children entertained themselves with toys and such games as leapfrog.[235][226]

Public games were sponsored by leading Romans who wished to advertise their generosity and court popular approval; in the Imperial era, this usually meant the emperor. Several venues were developed specifically for public games. The Colisseum was built in the Imperial era to host, among other events, gladiatorial combats. These combats had begun as funeral games around the 4th century BC, and became popular spectator events in the late Republic and Empire. Gladiators had an exotic and inventive variety of arms and armour. They sometimes fought to the death, but more often to an adjudicated victory, dependent on a referee's decision. The outcome was usually in keeping with the mood of the watching crowd. Shows of exotic animals were popular in their own right; but sometimes animals were pitted against human beings, either armed professionals or unarmed criminals who had been condemned to a spectacular and theatrical public death in the arena. Some of these encounters were based on episodes from Roman or Greek mythology.

Chariot racing was extremely popular among all classes. In Rome, these races were usually held at the Circus Maximus, which had been purpose-built for chariot and horse-racing and, as Rome's largest public place, was also used for festivals and animal shows.[236] It could seat around 150,000 people;[237] The charioteers raced in teams, identified by their colours. The track was divided lengthwise by a barrier that contained obelisks, temples, statues and lap-counters. The best seats were at the track-side, close to the action; they were reserved for Senators. Behind them sat the equites (knights), and behind the knights were the plebs (commoners) and non-citizens. The donor of the games sat on a high platform in the stands alongside images of the gods, visible to all. Large sums were bet on the outcomes of races. Some Romans offered prayers and sacrifices on behalf of their favourites, or laid curses on the opposing teams, and some aficionados were members of extremely, even violently partisan circus factions.

Technology

Pont du Gard in France is a Roman aqueduct built in c. 19 BC. It is a World Heritage Site.

Ancient Rome boasted impressive technological feats, using many advancements that were lost in the Middle Ages and not rivaled again until the 19th and 20th centuries. An example of this is insulated glazing, which was not invented again until the 1930s. Many practical Roman innovations were adopted from earlier Greek designs. Advancements were often divided and based on craft. Artisans guarded technologies as trade secrets.[238]

Roman civil engineering and military engineering constituted a large part of Rome's technological superiority and legacy, and contributed to the construction of hundreds of roads, bridges, aqueducts, baths, theaters and arenas. Many monuments, such as the Colosseum, Pont du Gard, and Pantheon, remain as testaments to Roman engineering and culture.

The Romans were renowned for their architecture, which is grouped with Greek traditions into "Classical architecture". Although there were many differences from Greek architecture, Rome borrowed heavily from Greece in adhering to strict, formulaic building designs and proportions. Aside from two new orders of columns, composite and Tuscan, and from the dome, which was derived from the Etruscan arch, Rome had relatively few architectural innovations until the end of the Republic.

The Appian Way (Via Appia), a road connecting the city of Rome to the southern parts of Italy, remains usable even today

In the 1st century BC, Romans started to use concrete widely. Concrete was invented in the late 3rd century BC. It was a powerful cement derived from pozzolana, and soon supplanted marble as the chief Roman building material and allowed many daring architectural forms.[239] Also in the 1st century BC, Vitruvius wrote De architectura, possibly the first complete treatise on architecture in history. In the late 1st century BC, Rome also began to use glassblowing soon after its invention in Syria about 50 BC. Mosaics took the Empire by storm after samples were retrieved during Lucius Cornelius Sulla's campaigns in Greece.

The Romans also largely built using timber, causing a rapid decline of the woodlands surrounding Rome and in much of the Apennine Mountains due to the demand for wood for construction, shipbuilding and fire. The first evidence of long-distance wood trading come from the discovery of wood planks, felled between A.D. 40 and 60, coming from the Jura mountains in northeastern France and ending up more than 1,055 miles away, in the foundations of a lavish portico that was part of a vast wealthy patrician villa, in Central Rome. It is suggested that timber, around 4 meters long, came up to Rome via the Tiber River via ships traveling across the Mediterranean Sea from the confluence of the Saône and Rhône rivers in what is now the city of Lyon in present-day France.[240]

With solid foundations and good drainage,[241] Roman roads were known for their durability and many segments of the Roman road system were still in use a thousand years after the fall of Rome. The construction of a vast and efficient travel network throughout the Empire dramatically increased Rome's power and influence. They allowed Roman legions to be deployed rapidly, with predictable marching times between key points of the empire, no matter the season.[242] These highways also had enormous economic significance, solidifying Rome's role as a trading crossroads—the origin of the saying "all roads lead to Rome". The Roman government maintained a system of way stations, known as the cursus publicus, that provided refreshments to couriers at regular intervals along the roads and established a system of horse relays allowing a dispatch to travel up to 80 km (50 mi) a day.

The Romans constructed numerous aqueducts to supply water to cities and industrial sites and to aid in their agriculture. By the third century, the city of Rome was supplied by 11 aqueducts with a combined length of 450 km (280 mi). Most aqueducts were constructed below the surface, with only small portions above ground supported by arches.[243][244] Sometimes, where valleys deeper than 500 m (1,640 ft) had to be crossed, inverted siphons were used to convey water across a valley.[48]

The Romans also made major advancements in sanitation. Romans were particularly famous for their public baths, called thermae, which were used for both hygienic and social purposes. Many Roman houses came to have flush toilets and indoor plumbing, and a complex sewer system, the Cloaca Maxima, was used to drain the local marshes and carry waste into the Tiber river.

Some historians have speculated that lead pipes in the sewer and plumbing systems led to widespread lead poisoning, which contributed to the decline in birth rate and general decay of Roman society leading up to the fall of Rome. However, lead content would have been minimized because the flow of water from aqueducts could not be shut off; it ran continuously through public and private outlets into the drains, and only a few taps were in use.[245] Other authors have raised similar objections to this theory, also pointing out that Roman water pipes were thickly coated with deposits that would have prevented lead from leaching into the water.[246]

Legacy

External video
video icon Ancient Rome[247] (13:47), Smarthistory at Khan Academy

Ancient Rome is the progenitor of Western civilization.[248][249][250] The customs, religion, law, technology, architecture, political system, military, literature, languages, alphabet, government and many factors and aspects of western civilization are all inherited from Roman advancements. The rediscovery of Roman culture revitalized Western civilization, playing a role in the Renaissance and the Age of Enlightenment.[251][252]

Genetics

A genetic study published in Science in November 2019 examined the genetic history of Rome from the Mesolithic up to modern times.[253] The Mesolithic inhabitants of Rome were determined to be Western Hunter Gatherers (WHGs), who were almost entirely replaced by Early European Farmers (EEFs) around 6,000 BC coming from Anatolia and the Fertile Crescent.[254] However, the authors observe that the EEF farmers studied carry a small amount of another component that is found at high levels in Neolithic Iranian farmers and Caucasus hunter-gatherers (CHG),[255] suggesting different or additional population contributions from Near Eastern farmers during the Neolithic transition, according to the authors.

Between 2,900 BC and 900 BC, the EEF/WHG descended population of Rome was overwhelmed by peoples with steppe ancestry largely tracing their origin to the Pontic-Caspian steppe.[254] The Iron Age Latin founding population of Rome which subsequently emerged overwhelmingly carried the paternal haplogroup R-M269,[256] and were of about 35% steppe ancestry.[254] However, two out of six individuals from Latin burials were found to be a mixture of local Iron Age ancestry and a Near Eastern population. In addition, one out of four individuals from Etruscan burials, a female, was found to be a mixture of local Iron Age ancestry and a North African population. Overall, the genetic differentiation between the Latins, Etruscans and the preceding proto-villanovan population of Italy was found to be insignificant.[255]

Examined individuals from Rome during the time of the Roman Empire (27 BCE – 300 CE) bore almost no genetic resemblance to Rome's founding populations, and were instead shifted towards the Eastern Mediterranean and Middle East.[257] The Imperial population of Rome was found to have been extremely diverse, with barely any of the examined individuals being of primarily European ancestry.[258] It was suggested that the large population size and the presence of megacities in the east, such as Athens, Antioch, and Alexandria, may have driven a net flow of people from east to west during antiquity; in addition, eastern ancestry could have reached Rome also through Greek, Phoenician, and Punic diasporas that were established through colonies across the Mediterranean prior to Roman Imperial expansion.[259] During late antiquity, Rome's population was drastically reduced as a result of political instability, epidemics and economic changes. Repeated invasions of barbarians brought European ancestry back into Rome, resulting in the loss of genetic link to the Eastern Mediterranean and Middle East.[258] By the Middle Ages, the people of Rome again genetically resembled European populations.[258]

Historiography

Although there has been a diversity of works on ancient Roman history, many of them are lost. As a result of this loss, there are gaps in Roman history, which are filled by unreliable works, such as the Historia Augusta and other books from obscure authors. However, there remains a number of reliable accounts of Roman history.

In Roman times

The first historians used their works for the lauding of Roman culture and customs. By the end of Republic, some historians distorted their histories to flatter their patrons—especially at the time of Marius's and Sulla's clash.[260] Caesar wrote his own histories to make a complete account of his military campaigns in Gaul and during the Civil War.

In the Empire, the biographies of famous men and early emperors flourished, examples being The Twelve Caesars of Suetonius, and Plutarch's Parallel Lives. Other major works of Imperial times were that of Livy and Tacitus.

  • Polybius – The Histories
  • Sallust – Bellum Catilinae and Bellum Jugurthinum
  • Julius Caesar – De Bello Gallico and De Bello Civili
  • Livy – Ab urbe condita
  • Dionysius of Halicarnassus – Roman Antiquities
  • Pliny the Elder – Naturalis Historia
  • Josephus – The Jewish War
  • Suetonius – The Twelve Caesars (De Vita Caesarum)
  • Tacitus – Annales and Histories
  • Plutarch – Parallel Lives (a series of biographies of famous Roman and Greek men)
  • Cassius Dio – Historia Romana
  • Herodian – History of the Roman Empire since Marcus Aurelius
  • Ammianus Marcellinus – Res Gestae

In modern times

Interest in studying, and even idealizing, ancient Rome became prevalent during the Italian Renaissance, and continues until the present day. Charles Montesquieu wrote a work Reflections on the Causes of the Grandeur and Declension of the Romans. The first major work was The History of the Decline and Fall of the Roman Empire by Edward Gibbon, which encompassed the Roman civilization from the end of the 2nd century to the fall of the Byzantine Empire in 1453.[261] Like Montesquieu, Gibbon paid tribute to the virtue of Roman citizens. Barthold Georg Niebuhr was a founder of the examination of ancient Roman history and wrote The Roman History, tracing the period until the First Punic war. Niebuhr tried to determine the way the Roman tradition evolved. According to him, Romans, like other people, had an historical ethos preserved mainly in the noble families.

During the Napoleonic period a work titled The History of Romans by Victor Duruy appeared. It highlighted the Caesarean period popular at the time. History of Rome, Roman constitutional law and Corpus Inscriptionum Latinarum, all by Theodor Mommsen,[262] became very important milestones. Later the work Greatness and Decline of Rome by Guglielmo Ferrero was published. The Russian work Очерки по истории римского землевладения, преимущественно в эпоху Империи (The Outlines on Roman Landownership History, Mainly During the Empire) by Ivan Grevs contained information on the economy of Pomponius Atticus, one of the largest landowners at the end of the Republic.

  • Edward Gibbon (1737–1794) – The History of the Decline and Fall of the Roman Empire
  • John Bagnall Bury (1861–1927) – History of the Later Roman Empire
  • Michael Grant (1914–2004) – The Roman World[263]
  • Barbara Levick (born 1932) – Claudius[264]
  • Barthold Georg Niebuhr (1776–1831)
  • Michael Rostovtzeff (1870–1952)
  • Howard Hayes Scullard (1903–1983) – The History of the Roman World[265]
  • Ronald Syme (1903–1989) – The Roman Revolution[266]
  • Adrian Goldsworthy (born 1969) – Caesar: The Life of a Colossus and How Rome fell[267]

See also

  • Ancient Roman architecture
  • Daqin, the Chinese name for the Roman Empire
  • Outline of classical studies
    • Outline of ancient Rome
      • Constitution of the Roman Republic
      • History of Rome
      • Timeline of Roman history
      • Legacy of the Roman Empire
      • Regions in Greco-Roman antiquity
      • Roman agriculture
      • List of ancient Romans
      • List of Roman Emperors
      • Roman culture
  • List of Roman civil wars and revolts

References

Footnotes

  1. ^ This splintering is a landmark historians use to divide the ancient period of universal history from the pre-medieval "Dark Ages" of Europe.
  2. ^ Although the citizens of the empire made no distinction, the empire is most commonly referred to as the "Byzantine Empire" by modern historians to differentiate between the state in antiquity and the state during the Middle Ages.[10]

Citations

  1. ^ "ancient Rome | Facts, Maps, & History". Encyclopædia Britannica. Retrieved 5 September 2017.
  2. ^ There are several different estimates for the population of the Roman Empire.
    • Scheidel (2006, p. 2) estimates 60.
    • Goldsmith (1984, p. 263) estimates 55.
    • Beloch (1886, p. 507) estimates 54.
    • Maddison (2006, pp. 51, 120) estimates 48.
    • Roman Empire Population estimates 65 (while mentioning several other estimates between 55 and 120).
    • McLynn, Frank (2011). Marcus Aurelius: Warrior, Philosopher, Emperor. Random House. p. 3. ISBN 9781446449332. [T]he most likely estimate for the reign of Marcus Aurelius is somewhere between seventy and eighty million.
    • McEvedy and Jones (1978).
    • an average of figures from different sources as listed at the US Census Bureau's Historical Estimates of World Population Archived 13 October 2013 at the Wayback Machine
    • Kremer, Michael (1993). "Population Growth and Technological Change: One Million B.C. to 1990" in The Quarterly Journal of Economics 108(3): 681–716.
  3. ^ a b * Taagepera, Rein (1979). "Size and Duration of Empires: Growth-Decline Curves, 600 B.C. to 600 A.D.". Social Science History. 3 (3/4): 125. doi:10.2307/1170959. JSTOR 1170959.
    • Turchin, Peter; Adams, Jonathan M.; Hall, Thomas D (December 2006). "East-West Orientation of Historical Empires". Journal of World-Systems Research. 12 (2): 222. doi:10.5195/JWSR.2006.369. ISSN 1076-156X.
  4. ^ Furet, François; Ozouf, Mona, eds. (1989). A Critical Dictionary of the French Revolution. Harvard University Press. p. 793. ISBN 978-0674177284.
  5. ^ Luckham, Robin; White, Gordon (1996). Democratization in the South: The Jagged Wave. Manchester University Press. p. 11. ISBN 978-0719049422.
  6. ^ Sellers, Mortimer N. (1994). American Republicanism: Roman Ideology in the United States Constitution. NYU Press. p. 90. ISBN 978-0814780053.
  7. ^ Ferrero, Guglielmo (1909). The Greatness and Decline of Rome, Volume 2. Translated by Zimmern, Sir Alfred Eckhard; Chaytor, Henry John. G.P. Putnam's Sons. p. 215.
  8. ^ Hadfield, Andrew Hadfield (2005). Shakespeare and Republicanism. Cambridge University Press. p. 68. ISBN 978-0521816076.
  9. ^ Gray, Christopher B (1999). The Philosophy of Law: An Encyclopedia, Volume 1. Taylor & Francis. p. 741. ISBN 978-0815313441.
  10. ^ Cartwright, Mark (19 September 2018). "Byzantine Empire". World History Encyclopedia.
  11. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 3. ISBN 978-0-19-512332-6.
  12. ^ Cavazzi, F. "The Founding of Rome". Illustrated History of the Roman Empire. Retrieved 8 March 2007.
  13. ^ a b c d Livius, Titus (Livy) (1998). The Rise of Rome, Books 1–5. Translated by Luce, T.J. Oxford: Oxford World's Classics. pp. 8–11. ISBN 978-0-19-282296-3.
  14. ^ a b Durant, Will; Durant, Ariel (1944). The Story of Civilization – Volume III: Caesar and Christ. Simon and Schuster, Inc. pp. 12–14. ISBN 978-1567310238.
  15. ^ Roggen, Hesse, Haastrup, Omnibus I, H. Aschehoug & Co 1996
  16. ^ Myths and Legends- Rome, the Wolf, and Mars. Retrieved 8 March 2007.
  17. ^ Mellor, Ronald and McGee Marni, The Ancient Roman World p. 15 (Cited 15 March 2009)
  18. ^ Matyszak, Philip (2003). Chronicle of the Roman Republic. London: Thames & Hudson. p. 19. ISBN 978-0-500-05121-4.
  19. ^ Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. p. 129. ISBN 978-0-534-57168-9.
  20. ^ Ancient Rome and the Roman Empire by Michael Kerrigan. Dorling Kindersley, London: 2001. ISBN 0-7894-8153-7. p. 12.
  21. ^ Langley, Andrew and Souza, de Philip, "The Roman Times", Candle Wick Press, Massachusetts
  22. ^ Matyszak, Philip (2003). Chronicle of the Roman Republic. London: Thames & Hudson. pp. 43–44. ISBN 978-0-500-05121-4.
  23. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. pp. 41–42. ISBN 978-0-19-512332-6.
  24. ^ Hooker, Richard (6 June 1999). "Rome: The Roman Republic". Washington State University. Archived from the original on 14 May 2011.
  25. ^ Magistratus by George Long, M.A. Appearing on pp. 723–724 of A Dictionary of Greek and Roman Antiquities by William Smith, D.C.L., LL.D. Published by John Murray, London, 1875. Website, 8 December 2006. Retrieved 24 March 2007.
  26. ^ Livius, Titus (Livy) (1998). "Book II". The Rise of Rome, Books 1–5. Translated by Luce, T.J. Oxford: Oxford World's Classics. ISBN 978-0-19-282296-3.
  27. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 39. ISBN 978-0-19-512332-6.
  28. ^ These are literally Roman "libra," from which the pound is derived.
  29. ^ [1] Plutarch, Parallel Lives, Life of Camillus, XXIX, 2.
  30. ^ a b c Haywood, Richard (1971). The Ancient World. United States: David McKay Company, Inc. pp. 350–358.
  31. ^ Pyrrhus of Epirus (2) and Pyrrhus of Epirus (3) by Jona Lendering. Livius.org. Retrieved 21 March 2007.
  32. ^ Bennett, Matthew; Dawson, Doyne; Field, Ron; Hawthornwaite, Philip; Loades, Mike (2016). The History of Warfare: The Ultimate Visual Guide to the History of Warfare from the Ancient World to the American Civil War. p. 61.
  33. ^ AncientRome.ru. "The Database of Ancient Art." Retrieved 25 August 2016.
  34. ^ AncientRome.ru. "Publius Cornelius Scipio Africanus." Retrieved 25 August 2016.
  35. ^ [2] Cassius Dio, Roman History, XI, XLIII.
  36. ^ New historical atlas and general history By Robert Henlopen Labberton. p. 35.
  37. ^ ‹See Tfd›Caspari, Maximilian Otto Bismarck (1911). "Punic Wars § The Interval between the First and Second Wars" . In Chisholm, Hugh (ed.). Encyclopædia Britannica. 26 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 850.
  38. ^ a b c Haywood, Richard (1971). The Ancient World. United States: David McKay Company, Inc. pp. 376–393.
  39. ^ Rome: The Punic Wars by Richard Hooker. Washington State University. 6 June 1999. Retrieved 22 March 2007.
  40. ^ Bury, John Bagnell (1889). History of the Later Roman Empire. London, New York: MacMillan and Co.
  41. ^ Rome: The Conquest of the Hellenistic Empires Archived 1 May 2011 at the Wayback Machine by Richard Hooker. Washington State University. 6 June 1999. Retrieved 22 March 2007.
  42. ^ Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. pp. 136–137. ISBN 978-0-534-57168-9.
  43. ^ Fall of the Roman Republic, 133–27 BC. Purdue University. Retrieved 24 March 2007.
  44. ^ a b Eques (Knight) by Jona Lendering. Livius.org. Retrieved 24 March 2007.
  45. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 38. ISBN 978-0-19-512332-6.
  46. ^ Tuma, Elias H. (1965). Twenty-six Centuries of Agrarian Reform: A Comparative Analysis. University of California Press. p. 34.
  47. ^ Plutarch. Life of Sulla.
  48. ^ a b c William Harrison De Puy (1893). The Encyclopædia britannica: a dictionary of arts, sciences, and general literature; the R.S. Peale reprint, with new maps and original American articles. Werner Co. p. 760.
  49. ^ Henry George Liddell (1855). A history of Rome, to the establishment of the empire. p. 305.
  50. ^ Plutarch Parallel Lives, Life of Caesar, I,2
  51. ^ Scullard, Howard Hayes (1982). From the Gracchi to Nero (5th ed.). Routledge. ISBN 978-0-415-02527-0. Chapters VI–VIII.
  52. ^ Julius Caesar (100–44 BC). BBC. Retrieved 21 March 2007.
  53. ^ [3] Plutarch, Life of Caesar. Retrieved 1 October 2011
  54. ^ Augustus (31 BC – 14 AD) by Garrett G. Fagan. De Imperatoribus Romanis. 5 July 2004. Retrieved 21 March 2007.
  55. ^ Coins of the Emperor Augustus Archived 25 May 2009 at the Wayback Machine; examples are a coin of 38 BC inscribed "Divi Iuli filius", and another of 31 BC bearing the inscription "Divi filius" (Auguste vu par lui-même et par les autres by Juliette Reid Archived 19 March 2009 at the Wayback Machine).
  56. ^ [4] Suetonius, The Twelve Caesars, Augustus, XV.
  57. ^ [5] Plutarch, Parallel Lives, Life of Antony, II, 1.
  58. ^ Ancient Library Archived 5 June 2011 at the Wayback Machine. Retrieved 9 September 2011
  59. ^ [6] Plutarch, Parallel Lives, Life of Antony, LXXI, 3–5.
  60. ^ Augustus (63 BC – AD 14) from bbc.co.uk. Retrieved 12 March 2007.
  61. ^ Langley, Andrew and Souza, de Philip: "The Roman Times" p.14, Candle Wick Press, 1996
  62. ^ The Julio-Claudian Dynasty (27 BC – 68 AD). by the Department of Greek and Roman Art, The Metropolitan Museum of Art. October 2000. Retrieved 18 March 2007.
  63. ^ James Orr (1915). The International Standard Bible Encyclopaedia. Howard-Severance Company. p. 2598.
  64. ^ Charles Phineas Sherman (1917). Roman law in the modern world. The Boston book company. p. 50.
  65. ^ [7] Suetonius, The Twelve Caesars, Augustus, XXVII, 3.
  66. ^ Werner Eck, The Age of Augustus
  67. ^ [8] Suetonius, The Twelve Caesars, Augustus, XVIII, 2.
  68. ^ Hugh Chisholm (1910). Encyclopædia Britannica: A Dictionary of Arts, Sciences, Literature and General Information. Encyclopædia Britannica Company. p. 912.
  69. ^ [9] Suetonius, The Twelve Caesars, Augustus, XXI, 1.
  70. ^ [10] Suetonius, The Twelve Caesars, Augustus, XXI.
  71. ^ Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. p. 140. ISBN 978-0-534-57168-9.
  72. ^ [11] Suetonius, The Twelve Caesars, Augustus, LXIII.
  73. ^ [12] Cassius Dio, Roman History, LVII, 12.
  74. ^ a b c John Charles Tarver (1902). Tiberius, the tyrant. A. Constable. pp. 342–428. Retrieved 31 May 2012.
  75. ^ Johann Jakob Herzog; John Henry Augustus Bomberger (1858). The Protestant Theological and Ecclesiastical Encyclopedia: Being a Condensed Translation of Herzog's Real Encyclopedia. Lindsay & Blakiston. p. 99.
  76. ^ The Chautauquan. M. Bailey. 1881. p. 445.
  77. ^ [13] Suetonius, The Twelve Caesars, Caligula, LV, 3.
  78. ^ Compendium (1858). A compendium of universal history. Ancient and modern, by the author of 'Two thousand questions on the Old and New Testaments'. p. 109.
  79. ^ Sir William Smith (1890). Abaeus-Dysponteus. J. Murray. p. 776.
  80. ^ [14] Suetonius, The Twelve Caesars, Claudius, XVII.
  81. ^ Claudius By Barbara Levick. p. 77.
  82. ^ Brief History: Brief History of Great Britain. Infobase Publishing. 2009. p. 34.
  83. ^ England Invaded. Amberley Publishing Limited. 2014. p. 27.
  84. ^ In the Name of Rome: The Men Who Won the Roman Empire. Hachette UK. 2010. p. 30.
  85. ^ "Gaius Suetonius Paulinus". 27 September 2016.
  86. ^ Making Europe: The Story of the West, Volume I to 1790. 2013. p. 162.
  87. ^ [15] Suetonius, The Twelve Caesars, Nero, XVI.
  88. ^ [16] Tacitus, Annales, XXXVIII.
  89. ^ Nero (54–68 AD) by Herbert W. Benario. De Imperatoribus Romanis. 10 November 2006. Retrieved 18 March 2007.
  90. ^ Suetonius
  91. ^ O'Connell, Robert (1989). Of Arms and Men: A History of War, Weapons, and Aggression. Oxford: Oxford University Press. p. 81. ISBN 978-0-19-505359-3.
  92. ^ Kreis, Stephen. "Augustus Caesar and the Pax Romana". The History Guide. Retrieved 21 March 2007.
  93. ^ Josephus, The Wars of the Jews VI.9.3
  94. ^ [17] Suetonius, The Twelve Caesars, Vespasian, I.
  95. ^ [18] Suetonius, The Twelve Caesars, Vespasian, IX.
  96. ^ [19] Cassius Dio, Roman History, LXVI.
  97. ^ [20] Suetonius, The Twelve Caesars, Titus, VII, 3.
  98. ^ [21] Suetonius, The Twelve Caesars, Domitian, X.
  99. ^ Titus Flavius Domitianus. Retrieved 29 October 2011.
  100. ^ Five Good Emperors from UNRV History. Retrieved 12 March 2007.
  101. ^ [22] Cassius Dio, Roman History, LXVIII, 1.
  102. ^ [23] Cassius Dio, Roman History, LXVIII, 6.
  103. ^ [24] Cassius Dio, Roman History, LXVIII, 14.
  104. ^ [25] Cassius Dio, Roman History, LXVIII, 13.
  105. ^ Ferdinand Gregorovius (1898). The Emperor Hadrian: A Picture of the Graeco-Roman World in His Time. Macmillan. p. 16. ISBN 9780790552286.
  106. ^ [26] Cassius Dio, Roman History, LXVIII, 17–30.
  107. ^ Emperors of Rome: The Story of Imperial Rome from Julius Caesar to the Last Emperor. Hachette UK. 2014. p. 64.
  108. ^ a b Scarre, Chris (1995). The Penguin Historical Atlas of Ancient Rome. Penguin Books. ISBN 978-0-14-051329-5.
  109. ^ Encyclopedia of European Peoples. Infobase Publishing. 2006. p. 406.
  110. ^ The Encyclopedia of Christianity, Volume 4. Wm. B. Eerdmans Publishing. 2005. p. 15. ISBN 9780802824165.
  111. ^ [27] Historia Augusta, Life of Hadrian.
  112. ^ [28] Historia Augusta, Life of Antoninus Pius, V, 4.
  113. ^ [29] Cassius Dio, Roman History, LXXVII.
  114. ^ Past pandemics that ravaged Europe by Verity Murphy. BBC News. 7 November 2005.
  115. ^ Gibbon, Edward (1906). "Chapter I". In Bury, J.B. (ed.). The History of the Decline and Fall of the Roman Empire. Fred de Fau and Co.
  116. ^ [30] Cassius Dio, Roman History, LXXII, 36, 4.
  117. ^ Cary, Max (1967). A History of Rome Down to the Reign of Constantine (Second ed.). New York: St. Martin's Press. p. 704.
  118. ^ [31] Cassius Dio, Roman History, LXXV, 13.
  119. ^ [32] Machiavelli, Il Principe, XIX (in Italian).
  120. ^ [33] Cassius Dio, Roman History, LXXVI, 7.
  121. ^ [34] Cassius Dio, Roman History, LXXVI, 9–12.
  122. ^ [35] Cassius Dio, Roman History, LXXVIII, 22–23.
  123. ^ [36] Historia Augusta, The Life of Caracalla, VI.
  124. ^ a b Giessen Papyrus, 40,7-9 "I grant to all the inhabitants of the Empire the Roman citizenship and no one remains outside a civitas, with the exception of the dediticii"
  125. ^ [37] Historia Augusta, The Life of Alexander Severus, LIX.
  126. ^ Skip Knox, E.L. "Crisis of the Third Century (235–285)". History of Western Civilization. Boise State University. Archived from the original on 3 May 2007.
  127. ^ a b Gibbon, Edward (1906). "Chapter X" (Online version). In Bury, J.B. (ed.). The History of the Decline and Fall of the Roman Empire. Fred de Fau and Co.
  128. ^ [38] Historia Augusta, The Lives of the Thirty Pretenders, III et XXX.
  129. ^ [39] Historia Augusta, The Life of Aurelian, XXXII.
  130. ^ [40] Historia Augusta, The Life of Claudius, I.
  131. ^ [41] Lactantius, De Mortibus Persecutorum, VII.
  132. ^ Joannes Zonaras, Epitome: From Diocletian to the death of Galerius
  133. ^ Diocletian (284–305 AD) by Ralph W. Mathisen. De Imperatoribus Romanis. 17 March 1997. Retrieved 20 March 2007.
  134. ^ Ward-Perkins, John Bryan (1994). Roman Imperial Architecture. New Haven, CT: Yale University Press. ISBN 978-0-300-05292-3.
  135. ^ [42] Lactantius, De Mortibus Persecutorum, X–XVI.
  136. ^ Gibbon, Edward (1906). "Chapter XX". In Bury, J.B. (ed.). The History of the Decline and Fall of the Roman Empire. Fred de Fau and Co.
  137. ^ Gibbon, Edward (1906). "Chapter XVII" (Online version). In Bury, J.B. (ed.). The History of the Decline and Fall of the Roman Empire. Fred de Fau and Co.
  138. ^ Constantine I (306–337 AD) by Hans A. Pohlsander. De Imperatoribus Romanis. 8 January 2004. Retrieved 20 March 2007.
  139. ^ Honorius (395–423 AD) by Ralph W. Mathisen. De Imperatoribus Romanis. 2 June 1999. Retrieved 21 March 2007.
  140. ^ Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. p. 155. ISBN 978-0-534-57168-9.
  141. ^ Gibbon, Edward (1906). "Chapter XXVI" (Online version). In Bury, J.B. (ed.). The History of the Decline and Fall of the Roman Empire. Fred de Fau and Co.
  142. ^ Lapham, Lewis (1997). The End of the World. New York: Thomas Dunne Books. ISBN 0-312-25264-1. pp. 47–50.
  143. ^ [43] Bury, J.B.: History of the Later Roman Empire, 8, §2.
  144. ^ [44] Bury, J.B.: History of the Later Roman Empire, 6, §4.
  145. ^ [45] Bury, J.B.: History of the Later Roman Empire, 6, §3.
  146. ^ [46] Bury, J.B.: History of the Later Roman Empire, 9.
  147. ^ "The Germanic Invasions of Western Europe". University of Calgary. August 1996. Archived from the original on 12 August 2013. Retrieved 22 March 2007.
  148. ^ Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. p. 157. ISBN 978-0-534-57168-9.
  149. ^ "Roman Emperors – DIR Romulus Augustulus". www.roman-emperors.org.
  150. ^ Romulus Augustulus (475–476 AD) – Two Views by Ralph W. Mathisen and Geoffrey S. Nathan. De Imperatoribus Romanis. 26 August 1997. Retrieved 22 March 2007.
  151. ^ Mathisen, Ralph A. (8 February 1998). "Roman Emperors – DIR Nepos".
  152. ^ Durant, Will; Durant, Ariel (1944). The Story of Civilization – Volume III: Caesar and Christ. United States: Simon and Schuster, Inc. p. 670. ISBN 978-1567310238.
  153. ^ Morris Bishop, The Middle Ages, 1996. p. 8
  154. ^ Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. p. 347. ISBN 978-0-534-57168-9.
  155. ^ a b c Hooker, Richard (6 June 1999). "The Byzantine Empire". Washington State University. Archived from the original on 24 February 1999.
  156. ^ Bray, R.S. (2004). Armies of Pestilence. Cambridge: James Clarke & Co. p. 26. ISBN 978-0-227-17240-7.
  157. ^ Kreutz, Barbara M. (1996). Before the Normans: Southern Italy in the Ninth and Tenth Centuries. Philadelphia: University of Pennsylvania Press. ISBN 978-0-8122-1587-8.
  158. ^ Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. p. 349. ISBN 978-0-534-57168-9.
  159. ^ Basil II (AD 976–1025) by Catherine Holmes. De Imperatoribus Romanis. 1 April 2003. Retrieved 22 March 2007.
  160. ^ Gibbon, Edward (1906). "Chapter LXI" (Online version). In Bury, J.B. (ed.). The History of the Decline and Fall of the Roman Empire. Fred de Fau and Co.
  161. ^ Mehmet II by Korkut Ozgen. Theottomans.org. Retrieved 3 April 2007.
  162. ^ Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. p. 149. ISBN 978-0-534-57168-9.
  163. ^ Abstract of The population of ancient Rome. by Glenn R. Storey. HighBeam Research. 1 December 1997. Retrieved 22 April 2007.
  164. ^ The Population of Rome by Whitney J. Oates. Originally published in Classical Philology. Vol. 29, No. 2 (April 1934), pp. 101–116. Retrieved 22 April 2007.
  165. ^ N.Morley, Metropolis and Hinterland (Cambridge, 1996) 174–83
  166. ^ Gawande, Atul (2014). Being Mortal. London: Profile Books. p. 32. ISBN 9781846685828.
  167. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 46. ISBN 978-0-19-512332-6.
  168. ^ a b c Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. p. 146. ISBN 978-0-534-57168-9.
  169. ^ Frank Frost Abbott, Society and Politics in Ancient Rome, BiblioBazaar, LLC, 2009, p. 41
  170. ^ a b Lecture 13: A Brief Social History of the Roman Empire by Steven Kreis. 11 October 2006. Retrieved 2 April 2007.
  171. ^ a b c d e f g h Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 211. ISBN 978-0-19-512332-6.
  172. ^ a b Werner, Paul (1978). Life in Rome in Ancient Times. Geneva: Editions Minerva S.A. p. 31.
  173. ^ Duiker, William; Spielvogel, Jackson (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. p. 143. ISBN 978-0-534-57168-9.
  174. ^ a b c Roman Education. Latin ExCET Preparation. Texas Classical Association, by Ginny Lindzey, September 1998. Retrieved 27 March 2007.
  175. ^ Matyszak, Philip (2003). Chronicle of the Roman Republic. London: Thames & Hudson. pp. 16–42. ISBN 978-0-500-05121-4.
  176. ^ a b c d e Keegan, John (1993). A History of Warfare. New York: Alfred A. Knopf. pp. 263–264. ISBN 978-0-394-58801-8.
  177. ^ a b c Potter, David (2004). "The Roman Army and Navy". In Flower, Harriet I. (ed.). The Cambridge Companion to the Roman Republic. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 67–70. ISBN 978-0-521-00390-2.
  178. ^ For a discussion of hoplite tactics and their sociocultural setting, see Victor Davis Hanson, The Western Way of War: Infantry Battle in Classical Greece, Alfred A. Knopf (New York 1989) ISBN 0-394-57188-6.
  179. ^ Goldsworthy, Adrian (1996). The Roman Army at War 100 BC–AD 00. Oxford: Oxford University Press. p. 33. ISBN 978-0-19-815057-2.
  180. ^ Jo-Ann Shelton, ed., As the Romans Did: A Sourcebook in Roman Social History, Oxford University Press (New York 1998)ISBN 0-19-508974-X, pp. 245–249.
  181. ^ Goldsworthy, Adrian (2003). The Complete Roman Army. London: Thames and Hudson, Ltd. pp. 22–24, 37–38. ISBN 978-0-500-05124-5.
  182. ^ Goldsworthy, Adrian (2008). Caesar: Life of a Colossus. Yale University Press. pp. 384, 410–411, 425–427. ISBN 978-0300126891. Another important factor discussed by Goldsworthy was absence of legionaries on detached duty.
  183. ^ Between 343 BC and 241 BC, the Roman army fought every year except for five. Oakley, Stephen P. (2004). "The Early Republic". In Flower, Harriet I. (ed.). The Cambridge Companion to the Roman Republic. Cambridge: Cambridge University Press. p. 27. ISBN 978-0-521-00390-2.
  184. ^ P.A. Brunt, "Army and Land in the Roman Republic," in The Fall of the Roman Republic and Related Essays, Oxford University Press (Oxford 1988) ISBN 0-19-814849-6, p. 253; William V. Harris, War and Imperialism in Republican Rome 327–70 BC, Oxford University Press (Oxford 1979) ISBN 0-19-814866-6, p. 44.
  185. ^ Keegan, John (1993). A History of Warfare. New York: Alfred A. Knopf. pp. 273–274. ISBN 978-0-394-58801-8.
  186. ^ Brunt, pp. 259–265; Potter, pp. 80–83.
  187. ^ Goldsworthy, Adrian (2008). Caesar: Life of a Colossus. Yale University Press. p. 391. ISBN 978-0300126891.
  188. ^ Karl Christ, The Romans, University of California Press (Berkeley, 1984)ISBN 0-520-04566-1, pp. 74–76.
  189. ^ Mackay, Christopher S. (2004). Ancient Rome: A Military and Political History. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 249–250. ISBN 978-0-521-80918-4. Mackay points out that the number of legions (not necessarily the number of legionaries) grew to 30 by 125 AD and 33 during the Severan period (200–235 AD).
  190. ^ Goldsworthy, Adrian (1996). The Roman Army at War 100 BC – AD 200. Oxford: Oxford University Press. pp. 36–37. ISBN 978-0-19-815057-2.
  191. ^ a b Elton, Hugh (1996). Warfare in Roman Europe AD 350–425. Oxford: Oxford University Press. pp. 89–96. ISBN 978-0-19-815241-5.
  192. ^ a b Brennan, Correy T. (2004). "Power and Process Under the Republican 'Constitution'". In Flower, Harriet I. (ed.). The Cambridge Companion to the Roman Republic. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 66–68. ISBN 978-0-521-00390-2.
  193. ^ Goldsworthy, Adrian (1996). The Roman Army at War 100 BC – AD 200. Oxford: Oxford University Press. pp. 121–125. ISBN 978-0-19-815057-2.
  194. ^ Goldsworthy, Adrian (1996). The Roman Army at War 100 BC – AD 200. Oxford: Oxford University Press. p. 124. ISBN 978-0-19-815057-2.
  195. ^ Mackay, Christopher S. (2004). Ancient Rome: A Military and Political History. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 245–252. ISBN 978-0-521-80918-4.
  196. ^ Mackay, Christopher S. (2004). Ancient Rome: A Military and Political History. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 295–296. ISBN 978-0-521-80918-4.. Also chapters 23–24.
  197. ^ a b This paragraph is based upon Potter, pp. 76–78.
  198. ^ Elton, Hugh (1996). Warfare in Roman Europe AD 350–425. Oxford: Oxford University Press. pp. 99–101. ISBN 978-0-19-815241-5.
  199. ^ Sabin, Philip; van Wees, Hans; Whitby, Michael, eds. (2007). The Cambridge History of Greek and Roman Warfare. Cambridge University Press. p. 231. ISBN 978-0521782746.
  200. ^ Heseltine, John (2005). Roads to Rome. J. Paul Getty Museum. p. 11. ISBN 978-0711225527.
  201. ^ Temin, Peter (2001). "A Market Economy in the Early Roman Empire". Abstract Archives. Economy History Services. Archived from the original on 15 June 2010.
  202. ^ See "Masterpieces. Desiderius' Cross". Fondazione Brescia Musei. Retrieved 2 October 2016.. For a description of scholarly research on the Brescia Medallion, see Daniel Thomas Howells (2015). "A Catalogue of the Late Antique Gold Glass in the British Museum (PDF)." London: the British Museum (Arts and Humanities Research Council), p. 7. Accessed 2 October 2016. gold glass portrait (most likely by an Alexandrian Greek due to the Egyptian dialect of the inscription), dated 3rd century AD; Beckwith, John, Early Christian and Byzantine Art, Penguin History of Art (now Yale), 2nd edn. 1979, ISBN 0140560335, p. 25; Boardman, John ed., The Oxford History of Classical Art, 1993, OUP, ISBN 0198143869, pp. 338–340; Grig, Lucy, "Portraits, Pontiffs and the Christianization of Fourth-Century Rome", Papers of the British School at Rome, Vol. 72, (2004), pp. 203–230, ‹See Tfd›JSTOR 40311081, p. 207; Jás Elsner (2007). "The Changing Nature of Roman Art and the Art Historical Problem of Style," in Eva R. Hoffman (ed), Late Antique and Medieval Art of the Medieval World, 11–18. Oxford, Malden & Carlton: Blackwell Publishing. ISBN 978-1-4051-2071-5, p. 17, Figure 1.3 on p. 18.
  203. ^ a b Casson, Lionel (1998). Everyday Life in Ancient Rome. Baltimore: The Johns Hopkins University Press. pp. 10–11. ISBN 978-0-8018-5992-2.
  204. ^ Family Values in Ancient Rome by Richard Saller. The University of Chicago Library Digital Collections: Fathom Archive. 2001. Visited 14 April 2007.
  205. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 339. ISBN 978-0-19-512332-6.
  206. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 340. ISBN 978-0-19-512332-6.
  207. ^ Rawson, Beryl (1987). The Family in Ancient Rome: New Perspectives. Cornell University Press. p. 7. ISBN 978-0801494604.
  208. ^ Lifepac History & Geography, Grade 6 Unit 3, p. 28.z
  209. ^ Latin Online: Series Introduction by Winfred P. Lehmann and Jonathan Slocum. Linguistics Research Center. The University of Texas at Austin. 15 February 2007. Retrieved 1 April 2007.
  210. ^ Calvert, J.B. (8 August 1999). "The Latin Alphabet". University of Denver. Archived from the original on 3 April 2007.
  211. ^ Classical Latin Supplement. p. 2. Retrieved 2 April 2007.
  212. ^ József Herman, Vulgar Latin, English translation 2000, pp. 109–114 ISBN 978-0271020013
  213. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 203. ISBN 978-0-19-512332-6.
  214. ^ Matyszak, Philip (2003). Chronicle of the Roman Republic. London: Thames & Hudson. p. 24. ISBN 978-0-500-05121-4.
  215. ^ Edward Gibbon (1787). The history of the decline and fall of the Roman Empire. printed for J.J. Tourneisen. p. 91.
  216. ^ The Encyclopedia Americana: A Library of Universal Knowledge. Encyclopedia Americana Corporation. 1919. p. 644.
  217. ^ Willis, Roy (2000). World Mythology: The Illustrated Guide. Victoria: Ken Fin Books. pp. 166–168. ISBN 978-1-86458-089-1.
  218. ^ willis
  219. ^ Theodosius I (379–395 AD) by David Woods. De Imperatoribus Romanis. 2 February 1999. Retrieved 4 April 2007.
  220. ^ a b Astore, William. "Bread and Circuses in Rome and America". Retrieved 11 August 2017.
  221. ^ Annual Editions: Western Civilization. 1 (12 ed.). McGraw-Hill/Dushkin. 2002. p. 68. ... where compassion was regarded as a moral defect ...
  222. ^ Jackson, Michael Anthony (2004). Look Back to Get Ahead: Life Lessons from History's Heroes. Arcade Publishing. p. 174. ISBN 9781559707275. Gladatorial games were popular because the Romans actually believed that compassion was a vice and a weakness
  223. ^ Harvey, Brian K., ed. (2016). Daily Life in Ancient Rome: A Sourcebook. Hackett Publishing Company. pp. 21–28. ISBN 9781585107964.
  224. ^ Langlands, Rebecca (2006). Sexual Morality in Ancient Rome. Cambridge University Press. pp. 3–20. ISBN 9780521859431.
  225. ^ Mathew Dillon and Lynda Garland (2005). Ancient Rome: From the Early Republic to the Assassination of Julius Caesar. Taylor & Francis, 2005. p. 382. ISBN 9780415224598.
  226. ^ a b c d Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. pp. 350–352. ISBN 978-0-19-512332-6.
  227. ^ Roman Painting from Timeline of Art History. Department of Greek and Roman Art, The Metropolitan Museum of Art. 2004–10. Retrieved 22 April 2007.
  228. ^ a b c Donald Jay Grout; Claude V. Palisca (June 1988). A history of western music. Norton. ISBN 9780393956276. Retrieved 31 May 2012.
  229. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 89. ISBN 978-0-19-512332-6.
  230. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. pp. 349–350. ISBN 978-0-19-512332-6.
  231. ^ Adkins, Lesley; Adkins, Roy (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. p. 300. ISBN 978-0-19-512332-6.
  232. ^ Grant, Michael (2005). Cities of Vesuvius: Pompeii and Herculaneum. London: Phoenix Press. pp. 130–134. ISBN 978-1-898800-45-3.
  233. ^ Civitello, Linda (29 March 2011). Cuisine and Culture: A History of Food and People. John Wiley & Sons. ISBN 9780470403716.
  234. ^ a b c Casson, Lionel (1998). Everyday Life in Ancient Rome. Baltimore: The Johns Hopkins University Press. pp. 98–108. ISBN 978-0-8018-5992-2.
  235. ^ a b "Daily Life: Entertainment". SPQR Online. 1998. Archived from the original on 30 April 2007.
  236. ^ Circus Maximus. Encyclopedia Romana. University of Chicago. Retrieved 19 April 2007.
  237. ^ John Humphrey, Roman circuses: arenas for chariot racing, University of California Press, 1986, p. 216.
  238. ^ Ancient Roman laws protected against a person corrupting slaves to obtain secrets about the master's arts. Zeidman, Bob (2011). The Software IP Detective's Handbook: : Measurement, Comparison, and Infringement Detection (1st ed.). Prentice Hall. p. 103. ISBN 978-0137035335.
  239. ^ Nelson, Winter, Thomas (1 January 1979). "Roman Concrete: The Ascent, Summit, and Decline of an Art". Faculty Publications, Classics and Religious Studies Department.
  240. ^ Choi, Charles Q. (4 December 2019). "Muddy Find Shows How Foreign Timber Helped Build Ancient Rome." InsideScience.org. Retrieved 22 May 2020.
  241. ^ "Roman road system". Encyclopaedia Britannica. Encyclopaedia Britannica, Inc. Retrieved 19 August 2017.
  242. ^ Keegan, John (1993). A History of Warfare. New York: Alfred A. Knopf. p. 303. ISBN 978-0-394-58801-8.
  243. ^ Peck, Harry Thurston, ed. (1963). "Aquae Ductus". Harper's Dictionary of Classical Literature and Antiquities. New York: Cooper Square Publishers. pp. 104–106.
  244. ^ ‹See Tfd›Murray, Alexander Stuart; Mitchell, John Malcolm (1911). "Aqueduct" . In Chisholm, Hugh (ed.). Encyclopædia Britannica. 2 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 240–244.
  245. ^ Roman Aqueducts and Water Supply by A.T. Hodge (1992)
  246. ^ Grout, James. "Lead Poisoning and Rome". University of Chicago. Archived from the original on 22 July 2011. Retrieved 22 July 2011.
  247. ^ "Ancient Rome". Smarthistory at Khan Academy. Retrieved 16 April 2013.
  248. ^ Jacob Dorsey Forrest (1906). The development of western civilization: a study in ethical, economic and political evolution. The University of Chicago Press.
  249. ^ William Cunningham (1900). An Essay on Western Civilization in Its Economic Aspects: Mediaeval and modern times. University Press. Retrieved 31 May 2012.
  250. ^ Andrew Fleming West, Value of the classics. 1917. p. 185
  251. ^ Kuno Fischer (1887). History of modern philosophy. C. Scribner's Sons. p. 85.
  252. ^ Michael Burger (2008). The Shaping of Western Civilization: From Antiquity To the Enlightenment. University of Toronto Press. p. 203. ISBN 978-1-55111-432-3.
  253. ^ Antonio et al. 2019, p. 1.
  254. ^ a b c Antonio et al. 2019, pp. 1-2.
  255. ^ a b Antonio, Margaret L.; Gao, Ziyue; Moots, Hannah M.; Lucci, Michaela; Candilio, Francesca; et al. (2019). "Ancient Rome: A genetic crossroads of Europe and the Mediterranean". National Center for Biotechnology Information. 366 (6466): 708–714. doi:10.1126/science.aay6826. PMC 7093155. PMID 31699931.
  256. ^ Antonio et al. 2019, Table 2 Sample Information.
  257. ^ Antonio et al. 2019, p. 4. "[C]ompared to Iron Age individuals, the Imperial population shares more alleles with early Bronze Age Jordanians... Notably, only 2 out of 48 Imperial-era individuals fall in the European cluster (C7) to which 8 out of 11 Iron Age individuals belong... [F]ew Imperial individuals (n = 2) have strong genetic affinities to western Mediterranean populations."
  258. ^ a b c Wade 2019, p. 673. "People from the city's earliest eras and from after the Western empire's decline in the fourth century C.E. genetically resembled other Western Europeans. But during the imperial period most sampled residents had Eastern Mediterranean or Middle Eastern ancestry... The study suggests the vast majority of immigrants to Rome came from the East. Of 48 individuals sampled from this period, only two showed strong genetic ties to Europe... Invading barbarians brought in more European ancestry. Rome gradually lost its strong genetic link to the Eastern Mediterranean and Middle East. By medieval times, city residents again genetically resembled European populations."
  259. ^ Antonio et al. 2019, pp. 3-6.
  260. ^ [47] Plutarch, Parallel Lives, Life of Marius, XI, 5–7.
  261. ^ The History of the Decline and Fall of the Roman Empire, 12 vols.
  262. ^ Liukkonen, Petri. "Theodor Mommsen". Books and Writers (kirjasto.sci.fi). Finland: Kuusankoski Public Library. Archived from the original on 24 August 2014.
  263. ^ see excerpt and text search
  264. ^ Levick, Barbara (1993). Claudius. Yale University Press. ISBN 978-0300058314.
  265. ^ see online edition
  266. ^ Syme, Ronald (2002). The Roman Revolution. Oxford University Press. ISBN 978-0192803207.
  267. ^ "Dr Adrian Goldsworthy, the historian and author". Adriangoldsworthy.com. Retrieved 12 March 2013.

Sources

  • Adkins, Lesley; Roy Adkins (1998). Handbook to Life in Ancient Rome. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-512332-6.
  • Antonio, Margaret L.; et al. (8 November 2019). "Ancient Rome: A genetic crossroads of Europe and the Mediterranean". Science. American Association for the Advancement of Science. 366 (6466): 708–714. doi:10.1126/science.aay6826. PMC 7093155. PMID 31699931.
  • Cary, M. (1967). A History of Rome Down to the Reign of Constantine (2nd ed.). New York: St. Martin's Press.
  • Casson, Lionel (1998). Everyday Life in Ancient Rome. Baltimore: The Johns Hopkins University Press. ISBN 978-0-8018-5992-2.
  • Dio, Cassius (January 2004). Dio's Rome, Volume V., Books 61–76 (AD 54–211). Retrieved 17 December 2006.
  • Duiker, William; Jackson Spielvogel (2001). World History (Third ed.). Wadsworth. ISBN 978-0-534-57168-9.
  • Durant, Will (1944). The Story of Civilization, Volume III: Caesar and Christ. Simon and Schuster, Inc.
  • Elton, Hugh (1996). Warfare in Roman Europe AD 350–425. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-815241-5.
  • Flower (editor), Harriet I. (2004). The Cambridge Companion to the Roman Republic. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-00390-2.CS1 maint: extra text: authors list (link)
  • Edward Gibbon, The History of the Decline and Fall of the Roman Empire
  • Goldsworthy, Adrian Keith (2008). Caesar: Life of a Colossus. Yale University Press
  • Goldsworthy, Adrian Keith (1996). The Roman Army at War 100 BC – AD 200. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-815057-2.
  • Goldsworthy, Adrian Keith (2003). The Complete Roman Army. London: Thames and Hudson, Ltd. ISBN 978-0-500-05124-5.
  • Grant, Michael (2005). Cities of Vesuvius: Pompeii and Herculaneum. London: Phoenix Press. ISBN 978-1-898800-45-3.
  • Haywood, Richard (1971). The Ancient World. David McKay Company, Inc.
  • Keegan, John (1993). A History of Warfare. New York: Alfred A. Knopf. ISBN 978-0-394-58801-8.
  • Livy. The Rise of Rome, Books 1–5, translated from Latin by T.J. Luce, 1998. Oxford World's Classics. Oxford: Oxford University Press. ISBN 0-19-282296-9.
  • Mackay, Christopher S. (2004). Ancient Rome: A Military and Political History. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-80918-4.
  • Matyszak, Philip (2003). Chronicle of the Roman Republic. London: Thames & Hudson, Ltd. ISBN 978-0-500-05121-4.
  • O'Connell, Robert (1989). Of Arms and Men: A History of War, Weapons, and Aggression. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-505359-3.
  • Scarre, Chris (September 1995). The Penguin Historical Atlas of Ancient Rome. Penguin Books. ISBN 978-0-14-051329-5.
  • Scullard, H.H. (1982). From the Gracchi to Nero. (5th edition). Routledge. ISBN 978-0-415-02527-0.
  • Ward-Perkins, John Bryan (1994). Roman Imperial Architecture. Yale University Press. ISBN 978-0-300-05292-3.
  • Wade, Lizzie (8 November 2019). "Immigrants from the Middle East shaped Rome". Science. American Association for the Advancement of Science. 366 (6466): 673. doi:10.1126/science.366.6466.673. PMID 31699914.
  • Werner, Paul (1978). Life in Rome in Ancient Times. translated by David Macrae. Geneva: Editions Minerva S.A.
  • Willis, Roy (2000). World Mythology: The Illustrated Guide. Collingwood, Victoria: Ken Fin Books. ISBN 978-1-86458-089-1.

Further reading

  • Coarelli, Filippo. Rome and environs: An archaeological guide. Berkeley: Univ. of California Press, 2007.
  • Cornell, Tim J. The beginnings of Rome: Italy and Rome from the Bronze Age to the Punic Wars (c. 1000–264 BC). London: Routledge, 1995.
  • Coulston, J. C, and Hazel Dodge, editors. Ancient Rome: The archaeology of the eternal city. Oxford: Oxford University School of Archaeology, 2000.
  • Forsythe, Gary. A critical history of early Rome. Berkeley: University of California Press, 2005.
  • Fox, Matthew. Roman historical myths: The regal period in Augustan literature. Oxford: Oxford University Press, 1996.
  • Gabba, Emilio. Dionysius and the history of Archaic Rome. Berkeley: University of California Press, 1991.
  • Holloway, R. Ross. The archaeology of early Rome and Latium. London: Routledge, 1994.
  • Keaveney, Arthur. Rome and the unification of Italy. 2nd edition. Bristol: Bristol Phoenix, 2005.
  • Kraus, Christina Shuttleworth, and A.J. Woodman. Latin historians. Oxford: Oxford University Press, 1997.
  • Mitchell, Richard E. Patricians and plebeians: The origin of the Roman state. Ithaca: Cornell University Press, 1990.
  • Potter, T.W. Roman Italy. Berkeley: University of California Press, 1987.
  • Raaflaub, Kurt A., editors. Social struggles in Archaic Rome: New perspectives on the conflict of the orders. 2nd edition. Oxford: Blackwell, 2004.
  • Rosenstein, Nathan S., and Robert Morstein-Marx, editors. A companion to the Roman Republic. Oxford: Blackwell, 2006.
  • Scheidel, Walter, Richard P Saller, and Ian Morris. The Cambridge Economic History of the Greco-Roman World. Cambridge: Cambridge University Press, 2007.
  • Smith, Christopher J. Early Rome and Latium: Economy and society c. 1000–500 BC. Oxford: Oxford University Press, 1996.
  • Stewart, Roberta. Public office in early Rome: Ritual procedure and political practice. Ann Arbor: University of Michigan Press, 1998.
  • Woolf, Greg. Rome: An Empire's Story. Oxford: Oxford University Press, 2012.
  • Wyke, Maria. Projecting the Past: Ancient Rome, Cinema, and History. New York: Routledge, 1997.

External links

  • Ancient Rome resources for students from the Courtenay Middle School Library.
  • History of ancient Rome OpenCourseWare from the University of Notre Dame providing free resources including lectures, discussion questions, assignments, and exams.
  • Gallery of the Ancient Art: Ancient Rome
  • Lacus Curtius
  • Livius.Org
  • United Nations of Roma Victrix (UNRV) History
  • Water and Wastewater Systems in Imperial Rome
  • Roman DNA project