血液ドーピング

血液ドーピングは、運動能力を高めるために血流中の赤血球の数を増やすドーピングの一形態です。このような血球から筋肉に酸素を運ぶため、血液中の濃度が高くなると、アスリートの有酸素能力(VO 2 max)と持久力が向上します。[1]血液ドーピングは、薬物を使用して体自体により多くの赤血球を生成させるか、別の人からまたは同じ個人に輸血を行うか、代替血液を使用することによって達成できます。

血液ドーピングの多くの方法は違法であり、特に競技者に人為的な利点を与えると考えられているプロスポーツでは違法です。ドーピング防止機関は、テストを使用して、多くの方法を使用して、通常は競合他社からの血液サンプルを分析することにより、血液ドーピングを行っている個人を特定しようとします。

血液ドーピングは、違法な製品(例:エリスロポエチン(EPO)、ダルベポエチン-アルファ、低酸素誘導因子(HIF)安定剤)および方法(例:O 2の取り込みを最大化することにより有酸素能力を高める)を使用して、体の筋肉へのO2輸送。[2]

運動中の骨格筋にO2を十分に供給するために、体は好気性呼吸を受けます。主な決定要因を図1に示します。最大O 2取り込み速度(O 2 max)は、心臓出力、 O2抽出に依存します。とヘモグロビンの質量。アスリートの心拍出量は競技中に操作するのが難しく、心拍出量の分布は競技中に最大レート(つまり80%)になります。さらに、O 2抽出は、最大運動時で約90%です。したがって、残っている物理的性能を向上させる唯一の方法は、O2を増やすことですヘモグロビン量を高めることによる動脈の内容。言い換えれば、ヘモグロビン濃度と血液量はヘモグロビン量に寄与します。[2]

血液ドーピングの多くの形態は、医薬品の誤用に起因します。これらの薬物治療は、人体が自然に酸素供給を行うことができない場合に酸素供給を増加させるための臨床使用のために作成されました。

エリスロポエチン(EPO)は、腎臓の間質性線維芽細胞によって産生される糖タンパク質ホルモンであり、骨髄の赤血球形成のシグナルを発します。造血幹細胞(RBC幹細胞)の活性の増加により、血液は酸素のより大きな環境収容力を持つことができます。EPOは、癌患者に対する化学療法と放射線療法の効果を打ち消すために最初に開発されました。[3] EPOは創傷治癒の増加も刺激します。[4]その生理学的副作用、特にヘマトクリット値の増加のために、EPOはプロおよびアマチュアのサイクリストによる乱用の可能性のある薬物になりました。


図1最大有酸素能力の達成
1980年の夏季オリンピックの5,000mレースで、最初に知られている血液ドーピング事件の主題であるカーロ・マーニンカ(208)。
TOP