チャールズ・フロイド (探検家)

チャールズ フロイド(1782 年 – 1804 年 8 月 20 日) は、アメリカの探検家であり、アメリカ陸軍の下士官あり、ルイス アンド クラーク遠征隊補給官でした。ケンタッキー州出身の彼は、ジェームズ・ジョン・フロイドの甥であるロバート・クラーク・フロイドの息子であり、バージニア州知事ジョン・フロイドのいとこであり、おそらくウィリアム・クラークの親戚であった. 彼は遠征に参加した最初の男性の 1 人であり、遠征中に死んだ唯一の発見隊のメンバーでした。

ルイスとクラークと共にルイジアナ購入地を探索しているときに、1804 年 7 月末に病気になりました。しかし、この明らかな回復の直後に、深刻な悪化が続きました。ウィリアム・クラークは、フロイドの死を「非常に落ち着いた」ものであり、フロイドが亡くなる前にクラークに「私は去ります。手紙を書いてください」と言ったと説明しました。

葬儀が執り行われ、フロイドはミズーリ川を見下ろす絶壁に埋葬されました遠征隊はその場所を彼に敬意を表してフロイドズ ブラフと名付けました。彼らはその夜、フロイド川の河口で「幅約30ヤード、美しい夜だった.--」 キャンプをした。

クラークは、フロイドの死につながった状態を胆汁性疝痛と診断したが、現代の医師や歴史家は、フロイドの死は虫垂の破裂が原因である可能性が高いと考えている. フロイドが説明した短い「回復」は、致命的な腹膜炎が続いた臓器の破裂によってもたらされた一時的な救済を表している可能性があります. もしそうなら、当時虫垂炎の既知の治療法がなかったので、彼がその日の最高の医師と一緒にいたとしても、彼の状態は良くなかったでしょう.

フロイドのブラフは現在、アイオワ州スーシティの市境内にあります。フロイド軍曹記念碑は、1960 年に米国の国定歴史建造物に指定されました。現在、この記念碑は 23 エーカー (93,000 m 2 ) の公園内にあり、訪問者はミズーリ川渓谷の景色を眺めることができます。フロイドさんの永眠の地はアメリカ合衆国アイオワ州スーシティー南部の旧国道 75 号線沿いにあります。

フロイドの探検日誌[1]が 1894 年に出版された後、彼に新たな関心が向けられ、彼の墓標が泥棒に盗まれました。彼は 1895 年 8 月 20 日に記念碑とともに再び埋葬されました。幅 3 フィート、長さ 7 フィートの大理石の隅石が 1900 年に置かれました。高さ 100 フィート (30 m) の白い砂岩のオベリスクが 1901 年 5 月 30 日に完成したとき、フロイドの墓は 4 度目に近くに置かれました。1960 年 6 月 30 日に国定歴史建造物に指定されました[2] [3]。


TOP