凝固

凝固とも呼ばれる凝固は、血液が液体からゲルに変化し、血栓を形成するプロセスです。それは潜在的に止血、損傷した血管からの失血の停止、その後の修復をもたらす可能性があります。凝固のメカニズムには、血小板の活性化接着、凝集、およびフィブリンの沈着と成熟が含まれます。

凝固は、血管の内側を覆う内皮が損傷した直後に始まります内皮下腔への血液の曝露は、血小板の変化と、最終的に架橋フィブリン形成につながる血漿因子VIIへの内皮下組織因子の曝露という2つのプロセスを開始します。血小板は、損傷部位ですぐにプラグを形成します。これは一次止血と呼ばれます。二次止血は同時に起こります:第VII因子(以下に記載)を超える追加の凝固(凝固)因子がカスケードで反応して血小板血栓を強化するフィブリン鎖を形成します。[1]

凝固障害は、出血あざ、または血栓症の問題を引き起こす可能性のある病状です。[2]

凝固は生物学を通して高度に保存されています。すべての哺乳動物において、凝固には細胞成分(血小板)とタンパク質性成分(ここでは凝固因子)の両方が関与します。[3]人間の経路は最も広く研究されており、最もよく理解されています。[4]

内皮が損傷すると、通常は分離されている下層のコラーゲンが循環血小板にさらされ、コラーゲン特異的糖タンパク質Ia/IIa表面受容体でコラーゲンに直接結合します。この接着は、内皮および血小板から放出されるフォンウィルブランド因子(vWF)によってさらに強化されます。vWFは、血小板の糖タンパク質Ib / IX/VとA1ドメインの間に追加のリンクを形成します。血小板の細胞外マトリックスへのこの局在化は、コラーゲンと血小板糖タンパク質VIとの相互作用を促進します。コラーゲンの糖タンパク質VIへの結合血小板インテグリンの活性化をもたらすシグナル伝達カスケードを誘発します。活性化されたインテグリンは、血小板の細胞外マトリックスへの緊密な結合を仲介します。このプロセスは、血小板を損傷部位に付着させます。[5]

活性化された血小板は、貯蔵された顆粒の内容物を血漿に放出します。顆粒には、ADPセロトニン血小板活性化因子(PAF)、vWF血小板第4因子、およびトロンボキサンA 2(TXA 2)が含まれ、これらはさらに血小板を活性化します。顆粒の内容物はGq結合タンパク質受容体カスケードを活性化し、血小板の細胞質ゾル中のカルシウム濃度を増加させます。カルシウムはプロテインキナーゼCを活性化し、それが次にホスホリパーゼA 2(PLA 2)を活性化します。PLA 2次に、インテグリン糖タンパク質IIb / IIIaを修飾し、フィブリノーゲンに結合する親和性を高めます。活性化された血小板は球形から星状に形を変え、フィブリノーゲンは糖タンパク質IIb / IIIaと架橋し、隣接する血小板の凝集を助けます(一次止血を完了します)。[6]


vWFとGP1bアルファの相互作用。血小板の表面にあるGP1b受容体は、血小板がvWFに結合することを可能にし、vWFは血管系への損傷時に露出します。vWF A1ドメイン(黄色)はGP1ba(青色)の細胞外ドメインと相互作用します。
古典的な血液凝固経路[7]
現代の凝固経路。2014年10月14日と21日のUCSD臨床化学会議でDzungLe、MD、PhD教授によって提示された同様の図面からの手描きの合成物。SamuelI。RapaportによるIntroductiontoHematologyの元のスキーマ。第2版​​;リッペンコット:1987。Le博士は、2000年頃の論文に基づいて第XI因子の部分を追加しました。Le博士の同様の図は、コミックのように、このカスケードの6フレームにわたる展開を示しています。
負および正のフィードバックのための矢印による凝固。
GP1b-IX受容体複合体。このタンパク質受容体複合体は血小板の表面に見られ、GPVと組み合わせることで血小板が損傷部位に付着することを可能にします。糖タンパク質Ib-IX-V複合体に関連する遺伝子の変異は、ベルナール・スリエ症候群の特徴です
凝固因子Xaに結合したリバロキサバン薬は、その酵素活性を阻害することにより、このタンパク質が凝固経路を活性化するのを防ぎます。
TOP