コンスティテューションヒル、ロンドン

コンスティテューションヒルは、ロンドンのウェストミンスター市にある道路です。モールの西端(バッキンガム宮殿の正面)とハイドパークコーナーを接続し、南はバッキンガム宮殿庭園、北はグリーンパークに隣接しています。[1]

名前の由来は不明です。1642年の議会の記録は、「憲法の丘にある小さな堡塁と砲台」への言及を示しています。[2] 1つの理論は、チャールズ2世が「憲法上の」散歩をする習慣があったというものです。[1] Strypeの地図、1720年には、「RoadtoKensington」と記されています。ジョン・スミスの1724年の地図では、「憲法の丘」と呼ばれています。[3]

このルートの古い車線は、1820年代のジョンナッシュによるバッキンガム宮殿の開発に関連して拡大されました。それは宮殿からハイドパークへの行列ルートを形成しました。[4]現在、日曜日と祝日は通行止めになっています。[1]たとえば、アベリストウィスには、「コンスティテューションヒル」と呼ばれる他の街路があります。[5]

あるアカウントでは、チャールズの兄弟であるヨーク公のジェームズがハウンズローヒースでの狩猟から戻ってきて、道路を横切って歩いている王にぶつからないように憲法の丘に沿ってコーチを止めました。チャールズが車の前に出て危険にさらされているのではないかと疑問に思った王は、「ジェームズ、危険は何もない。イギリスでは誰も私の命を奪ってあなたを王にすることはないと確信している」と答えた。[2]

コンスティテューションヒルは決闘の人気スポットでした1696年1月11日、第1準男爵のヘンリーコルト卿は、現在のブリッジウォーターハウスのある場所の近くで、ロバート "ボー"フィールディング(チャールズ2世の愛人バーバラパーマーの将来の夫、クリーブランドの第1公爵夫人)によって決闘に挑まれましたフィールディングは準男爵を負傷させたが、その後武装解除され、戦いは終わった。1730年、ウィリアム・パルトニー、第1バース伯爵、ジョン・ハービー、第2男爵ハービーと決闘しました。[2]

この地域は、 1840年(エドワードオックスフォード)、1842年(ジョンフランシス)、1849年(ウィリアムハミルトン)のビクトリア女王に対する3回の暗殺未遂の現場でした。1850年、元保守党首相のロバートピール卿は、憲法の丘の馬からゲートのそばでグリーンパークに投げ込まれました。彼は致命傷を負い、3日後に亡くなりました。[1]


ウェリントンアーチからの憲法の丘
TOP