協同組合連合会

協同組合連合または次協同組合は、すべてのメンバーが協同組合である協同組合です。[1]歴史的に、協同組合連合は、主に協同組合卸売協会協同組合の形をとってきました。[2]協同組合連合会は、協同組合が協同組合の第 6原則である協同組合間の協力を実現するための手段です。国際協同組合同盟は次のように述べています。「協同組合は、地域、国、地域、および国際的な組織を通じて協力することにより、組合員に最も効果的にサービスを提供し、協同組合運動を強化します。」[3]

協同組合経済学者のチャールズ・ジッドによると、小売消費者協同組合が所有する協同組合卸売協会の目的は、「大量購入を手配し、可能であれば生産を組織すること」です。[2]これの最も良い歴史的な例は、現代の協同組合グループの前身である英国とスコットランドの協同組合ホールセール協会でした。

協同組合連合の第 2 の一般的な形態は協同組合であり、その目的は (ジッドによれば)、「社会間の連帯の精神を発展させ、...一言で言えば、その権限を持つ政府の機能を行使すること」です。言うまでもなく、純粋に道徳的なものです。」[2] Cooperatives UKおよびInternational Cooperative Allianceは、そのような取り決めの例です。

Land O'Lakesや旧Farmland Industriesなどの地域農業協同組合は、地元の農民協同組合が所有する協同組合連合です。協同組合グループ (上記) のように、Land O'Lakes は実際には、一次協同組合と二次協同組合のハイブリッドです。[4]

英国のように強力な協同組合セクターを持つ一部の国では、協同組合は、その利益を代表する議会政党を組織しています。英国協同組合はそのような取り決めの一例です。

小売協同組合などの企業が組合員の所有者である協同組合は、組合員自体が協同組合ではない場合でも、二次協同組合と呼ばれることがあります。[5]


TOP