クラウンガラス(窓)

クラウンガラスは初期のタイプの窓ガラスでした。このプロセスでは、ガラスが「クラウン」または中空のグローブに吹き込まれました。次に、これをブローパイプからパンティに移し、再加熱して平らにし、ボウル型のガラス片(地金)を遠心力で直径5または6フィート(1.5〜1.8メートル)まで平らなディスクに回転させました。 次に、ガラスを必要なサイズにカットしました。[1]

最も薄いガラスはディスクの端にある帯状になっており、ガラスは中央に向かって厚く不透明になっています。ブルズアイとして知られている、ポンティルマークの周りのより厚い中央領域は、より安価な窓に使用されました。大きな窓のスペースを最高のガラスで埋めるために、ディスクの端から多くの小さなダイヤモンドの形を切り取り、次にいくつかを三角形に半分にしたものもあります。これらは鉛格子で取り付けられ、窓枠に取り付けられました。

クラウンガラスは、19世紀まで窓ガラスを製造するための2つの最も一般的なプロセスの1つでした。もう1つはブロープレートでした。セラミックフレームを備えたクラウンガラスの窓ガラスは、アルワ王国の中世の首都であるそば東で発見されました。それらは直径がわずか110〜115ミリメートル(4.3〜4.5インチ)であり、おそらく物置に光を提供するために使用されました。[2]クラウンガラスの窓ガラスを作るプロセスは、1320年代にフランスのガラス職人によって、特にルーアン周辺で完成され、企業秘密でした。したがって、クラウンガラスは1678年までロンドンで製造されませんでした。

クラウンガラスは、手吹きガラスの多くの種類の1つです。他の方法には、ブロードシートブロープレートポリッシュプレートシリンダーブローシートが含まれます。これらの製造方法は、少なくとも19世紀の終わりまで続きました。20世紀初頭は、手吹きから、圧延板機械製シリンダーシート型線紙、シングルおよびツイン研磨研磨板フロートガラスなどの機械製造ガラスへの移行を示しています。[3]


クラウンガラス
TOP