This is a good article. Click here for more information.
Page semi-protected

イングランド

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

イングランド

Location of England (dark green) – in Europe (green & dark grey) – in the United Kingdom (green)
イギリスの場所(濃い緑色)

ヨーロッパ (緑と濃い灰色)
イギリス (緑)

状態
資本
そして最大の都市
ロンドン
北緯51度30 分西経0度7分 / 51.500°N 0.117°W / 51.500; -0.117
国語英語
地域の言語コーニッシュ
民族グループ
2011
宗教
イングランド国教会
住民の呼称英語
  • 主権国家
  • 法域
  • イギリス
  • イングランドおよびウェールズ
政府立憲君主制の一部であり、英国政府によって行使される直接政府[a]
• モナーク
エリザベス2世
イギリスの議会
• 庶民院533 MP(650の)
立法府英国議会[a]
確立
• アングル、サクソン人、デンマーク人の統一
927年7月12日
• スコットランドとの連合
1707年5月1日
範囲
• 土地
130,279 km 2(50,301平方マイル)[2]
人口
•2019年の見積もり
Increase56,286,961 [3]
•2011年の国勢調査
53,012,500 [4]
•密度
432 / km 2(1,118.9 /平方マイル)[5]
GVA2018年の見積もり
 •合計1.8兆ポンド
(2.4ドル)[6]
 • 一人あたり£33,000
($ 44025)
通貨英ポンドGBP£
タイムゾーンUTC グリニッジ標準時
•夏(DST
UTC +1英国夏時間
日付形式dd / mm / yyyy(AD
運転側
市外局番+44
ISO3166コードGB-ENG
  1. ^ イングランドには独自の立法議会がありませんが、英国の構成員を代表する533人の議員のみで構成される立法大委員会は、英国にのみ影響する議会を通過する法案を精査し、投票することができます。

イングランドがあるの一部であるイギリス[7] [8] [9]西ウェールズ、北はスコットランド国境を接しているアイリッシュ海は、イングランドとの北西部に位置ケルト海を南西へ。イギリスは、東は北海、南イギリス海峡によってヨーロッパ大陸から隔てられています。この国は北大西洋にあるイギリスの島の8分の5をカバーし、100を超える小さな島が含まれています。シリー諸島ワイト島など

現在イングランドと呼ばれている地域は、後期旧石器時代に現代人が最初に住んでいましたが、その名前は、5世紀から6世紀に定住したアングリア半島に由来するゲルマンであるAngles由来しています。イギリスは10世紀に統一された国となり、15世紀に始まった大航海時代以来、より広い世界に文化的および法的影響を及ぼしてきました[10]英語聖公会、および英国法のための基礎-theコモンローイギリスで開発された世界中の他の多くの国の法制度、および国の議会制は他の国々によって広く採用されています。[11]ザ・産業革命は、世界初の先進国にその社会を変革、18世紀のイギリスで始まりました。[12]

イングランドの地形は、特にイングランド中部と南部では、主に低い丘と平野です。ただし、北(たとえば、湖水地方ペナイン)と西(たとえば、ダートムーアシュロップシャーヒルズには高地と山岳地帯があります。首都はロンドンで、英国と、ブレグジット以前欧州連合の両方で最大の大都市圏があります。[nb 1]イングランドの人口5,630万人は、英国の人口の84%を占めており、[5]主に南東部のロンドンに集中しています。、およびミッドランズ北西部北東部ヨークシャーの大都市圏は、それぞれ19世紀に主要な工業地域として発展しました。[13]

イングランド王国1535年後にウェールズを含む- -分離されて停止した主権国家1707年5月1日、上の組合の行為が発効で合意した条件に置く連合の条約との政治同盟が得られ、前年を王国グレートブリテン王国を創設するためのスコットランドの[14] [15] 1801年、イギリスはアイルランド王国と(別の合同を通じて統合され、イギリスとアイルランドのイギリスになりました。 1922年にアイルランド自由国イギリスから離脱し、イギリスはイギリスと北アイルランド改名れました。[16]

地名

「イングランド」という名前は、アングルの土地」を意味する古英語名のエングラランド由来しています。[17]アングルは中世初期にイギリスに定住しゲルマン族の1つでした。アングルは、バルト海のキール湾地域(現在のドイツのシュレスヴィヒホルシュタイン)のアンゲルン半島から来ました[18]「Englaのロンド」という用語の最古の記録の使用は、遅くまで九世紀の翻訳である古英語ビードさん英国人の教会史。その後、この用語は「イギリス人が住む土地」を意味する現代の用語とは異なる意味で使用され、現在はスコットランド南東部にあるが、当時はイギリスのノーサンブリア王国の一部であったイギリス人が含まれていましたアングロサクソンクロニクルという記録ドゥームズデイ・ブック1086のは、英語の王国を意味し、イングランドの全体カバーされますが、数年後クロニクルは王と述べたマルコムIIIは「にScotlandeから出たジアンためにそれを使用して、Englalandで」より古代の感覚。 [19]

角度に最古の証言の参照がすることによって第一世紀の作業で発生タキトゥスゲルマニアれ、ラテンAngliiが使用されています。[20]部族名自体の語源は、学者によって論争されています。それはアンゲルン半島の角のあるに由来することが示唆されています[21]サクソン人のように他の部族よりも重要性の低い部族の名前に由来する用語が全国で使用されるようになり、その人々は知られていないが、これは英国のゲルマン人をアングリサクソン人と呼ぶ習慣または英語のサクソン人は、北ドイツのヴェーザー川とアイダー川の間のオールドサクソニアの大陸サクソン人(Eald-Seaxe)と区別します。[22]ではスコットランド・ゲール語、グレートブリテン島に開発された別の言語では、サクソンの部族は、イングランド(のための言葉に自分の名前を与えたSasunn)。[23]同様に、英語のウェールズ語の名前は「Saesneg」です。イングランドのロマンチックな名前はLoegriaで、ウェールズ語でイングランドを表すLloegr関連しており、アーサーニュの伝説で使用されることで人気がありますアルビオンはまた、より詩的な能力でイギリスに適用されています[24]。 本来の意味はイギリスの島全体ですが。

歴史

先史時代と古代

ストーンヘンジ新石器時代の記念碑
ドーセット州メイデンキャッスルの開発されたヒルフォートの城壁を今日見たところ

現在イングランドとして知られている地域での人間の存在の最も初期の既知の証拠は、約78万年前にさかのぼるホモ・アンテセッサーの証拠でした。イギリスで発見された最古の原始人骨は50万年前にさかのぼります。[25]現代人は後期旧石器時代にこの地域に住んでいたことが知られていますが、恒久的な居住地は過去6、000年以内にのみ確立されました。[26] [27]最後の氷河期の後、マンモスバイソンケブカサイなどの大型哺乳類だけが残った。およそ11、000年前、氷床が後退し始め、人間はその地域に再び住み着きました。遺伝学的研究は、それらがイベリア半島の北部から来たことを示唆しています。[28]海面は現在より低く、イギリスは陸橋でアイルランドとユーラシアに接続されていた[29]海が上昇するにつれて、それは1万年前にアイルランドから、そして2千年後にユーラシアから分離された。

ビーカー文化は飲酒や食品粘土から構築船だけでなく、ワカサギの銅鉱石の減少ポットとして使用する船舶を導入、周りに2,500 BCに到着しました。[30]ストーンヘンジエイヴベリーなどの主要な新石器時代の記念碑が建設されたのは、この時期でした。ビーカー文化の人々は、この地域に豊富にあったスズと銅を一緒に加熱することで青銅を作り、後に鉄鉱石から鉄を作りました製錬の開発により、より良いの建設、農業の進歩(たとえば、ケルトの畑)、およびより効果的な武器の生産が可能になりました。[31]

中に鉄器時代ケルト文化、由来ハルシュタットラTène文化、中央ヨーロッパから到着しました。この間、ブリソン諸語が話されていました。社会は部族でした。プトレマイオス地理学よると、この地域には約20の部族がいました。英国人は読み書きができなかったため、初期の部門は不明です。帝国の端にある他の地域と同様に、英国は長い間ローマ人との貿易関係を楽しんでいました。共和政ローマのジュリアスシーザーは紀元前55年に2度侵略を試みました。ほとんど成功したが、彼が設定するために管理し、クライアントの王からトリノヴァンテス

ブーディカローマ帝国に対する反乱を主導しました

ローマ人はクラウディウス皇帝の治世中に西暦43年にイギ​​リスに侵攻し、その後イギリスの大部分を征服し、この地域はブリタンニア州としてローマ帝国に編入されました[32]抵抗しようとした先住民族の中で最も有名なのは、カラタクスが率いるカトゥヴェッラウニ族でしたその後、イケニ族の女王であるブーディカが率いる蜂起は、ワトリング街道の戦いで敗北した後、ブーディカが自殺したことで終わりました[33]ローマのブリタンニアに関するある研究の著者は、西暦43年から84年にかけて、ローマの侵略者がおそらく2,000,000人の人口から10万人から25万人を殺害したことを示唆しました。[34]この時代には、ローマ法ローマ建築水道橋下水道、多くの農産物、絹の導入によりギリシャローマ文化が普及しました[35] [36] [37] 3世紀、セプティミウスセウェルス皇帝エボラクム(現在のヨーク)で亡くなりコンスタンティンはその後皇帝と宣言された。[38]

キリスト教が最初に導入されたのはいつかについては議論があります。それは4世紀以降、おそらくはるかに早い時期でした。ベーダよれば、宣教師は、教会を混乱させていた東西の儀式の違いを解決するために、紀元180年に英国の首長ルシウスの要請でエレウテルスによってローマから派遣されました。グラストンベリーに関連する伝統があり、アリマタヤのヨセフを通して紹介を主張している一方で、英国のルシウスを通して主張している伝統もあります[39] 410までに、ローマ帝国衰退の間に、イギリスはイギリスのローマ支配の終わりによって露出されたままにされた大陸ヨーロッパのフロンティアを守り、内戦に参加するためのローマ軍部隊の撤退。[40]ケルト系キリスト教の僧侶と宣教師の運動が栄えた:パトリック(5世紀のアイルランド)と6世紀にはブレンダン(クロンファート)、コムガル(バンゴール)、デビッド(ウェールズ)、エイデン(リンディスファーン)、コルンバ(イオナ)。キリスト教のこの時代は、その感性、政体、慣習、神学において古代ケルト文化の影響を受けていました。地元の「会衆」は出家コミュニティに集中しており、出家指導者は、ローマが支配する教会のより階層的なシステムではなく、仲間としての首長のようでした。[41]

中世

第七世紀の儀式のレプリカサットン・フーのヘルメットからのイーストアングリアの王国

ローマ軍の撤退により、イギリスは、ローマ州の海岸を長い間襲撃してきたサクソン人、アングルジュートフリース人を中心に、ヨーロッパ北西部からの異教徒、船乗りの戦士による侵略さらされましたその後、これらのグループは、最初は国の東部で、5世紀から6世紀の間にますます多くの人々に定住し始めました。[40]彼らの進歩がで英国人勝利の後、いくつかの数十年のために含まれていたマウントベイドン山の戦いが、その後再開され、イギリスの肥沃な低地をオーバーランし、下の面積を縮小Brittonic6世紀の終わりまでに、西側のより険しい国にある一連の別々の飛び地を支配します。この時代を説明する現代のテキストは非常に少なく、暗黒時代としての説明を生み出しています。その結果、英国のアングロサクソン人の入植地の性質と進展は、かなりの意見の不一致の影響を受けます。新たなコンセンサスは、それが南と東で大規模に発生したが、北と西ではそれほど重要ではなく、アングロサクソンの支配下にある地域でもケルト語が話され続けたというものです。[42] [43] [44] [45] [46] [47]ローマが支配するキリスト教は、一般に、征服された領土から姿を消しましたが、597年以降アウグスティヌスが率いるローマからの宣教師によって再導入されました。[48]ローマとケルトが支配するキリスト教の形態の間の論争は、表面上はトンスラ(聖職者の散髪)とイースターの日付についてであったウィットビー教会会議(664)でのローマの伝統の勝利に終わったが、もっと重要なことに、ローマとケルトの権威、神学、実践の違いについて。[41]

和解期間中、収入者によって支配された土地は多くの部族の領土に細分化されたようですが、状況の実質的な証拠が再び利用可能になる7世紀までに、これらはノーサンブリアマーシアウェセックスを含むおよそ12の王国に合体しましたイーストアングリアエセックスケントサセックス。その後の数世紀にわたって、この政治的統合のプロセスは続いた。[49] 7世紀には、ノーサンブリアとマーシアの間の覇権争いが見られ、8世紀にはマーシアの卓越性に取って代わった。[50]9世紀初頭、マーシアはウェセックスによって最前線の王国として追放されました。その世紀の後半、デンマーク人による攻撃の激化は、イングランドの北と東の征服に至り、ノーサンブリア、マーシア、イーストアングリアの王国を打倒しました。アルフレッド大王の下でのウェセックスは、生き残った唯一のイギリス王国として残され、彼の後継者の下で、デーンロウの王国を犠牲にして着実に拡大しました。これはイングランドの政治的統一をもたらし、927年にアゼルスタンの下で最初に達成され、エドレッドによるさらなる紛争の後に決定的に確立されました。953で後半10世紀のことで、このイギリスの征服で終わったからスカンジナビアの攻撃の新鮮な波スヴェン1世の息子で再び1013でCnut短命の中心にそれを回す、1016年に北海帝国というデンマークノルウェーも含まれています。しかし、1042年エドワード懺悔王加入したことで、王朝は復活しました

アジャンクール戦いでヘンリー5世は、サンクリスピンデーに戦い百年戦争でより大きなフランス軍に対して英国の勝利を収めました。

エドワードの継承をめぐる論争は、1066年にノルマン人の征服につながり、ノルマンディーのウィリアム公爵が率いる軍隊によって達成されました[51]ノルマン人自身が由来スカンジナビアと後半9日と早い10世紀にノルマンディーに定住していました。[52]この征服は、英語のエリートのほぼ完全な処分と、そのスピーチが英語に深遠で永続的な影響を及ぼした新しいフランス語を話す貴族への置き換えにつながった。[53]

その後、アンジューのプランタジネットヘンリー2世の下でイギリスの王位を継承し、アキテーヌを含む家族がフランスで継承した領地の新進のアンジュー帝国イギリスを追加しました[54]彼らは3世紀にわたって君臨し、リチャード1世エドワード1世エドワード3世ヘンリー5世などの有名な君主がいた[54]この時期には、法律によって主権の権限を制限し、自由人の特権を保護するために使用された英国の法的憲章であるマグナ・カルタの署名を含む、貿易と法律の変化が見られた。カトリックの出家生活哲学者を提供して繁栄し、オックスフォード大学とケンブリッジ大学は王室の支援を受けて設立されました。ウェールズの公国は13世紀中にAプランタ領地になった[55]アイルランド卿は、教皇によって英語の君主国に与えられました。

14世紀の間、プランタジネット朝とヴァロワ家はどちらも、カペー家とそれとともにフランスの正当な主張者であると主張しました。百年戦争で2つの勢力が衝突した[56]黒死病の流行は、イングランドを打ちます。 1348年以降、最終的にはイングランドの住民の最大半数が死亡しました[57] [58] 1453年から1487年にかけて、薔薇戦争として知られるヨークランカスター朝の王室の2つの支部の間で内戦が発生した[59]結局、それはYorkistsはウェールズの貴族に完全に王位を失うことにつながったチューダーズを、ランカスターの枝が率いるヘンリー・チューダーで勝利を獲得し、ウェールズ語やブルトン傭兵と侵略ボズワースの戦いYorkist王リチャードIIIがいました殺された。[60]

近世

ヘンリー8世(1491–1547)
エリザベス1世(1558–1603)

中にチューダー期間ルネサンスは古典古代から、芸術的、教育や学術論争を再導入イタリアの廷臣、経由イングランドに達しました。[61]イングランドは海軍の技術を開発し始め、西側への探検は激化した。[62] [63] ヘンリー8世、イングランド国教会の君主長を宣言した1534年の国王至上法の下で、離婚に関連する問題をめぐってカトリック教会との交わりを断ち切っ。ヨーロッパのプロテスタント主義の多くとは対照的に、分裂ルーツは神学的よりも政治的でした。[nb 2]彼はまた、1535年から1542年の法律で、祖先の土地であるウェールズをイングランド王国に合法的に法人化しました。ヘンリーの娘、メアリー1世エリザベス1の治世中に、内部の宗教紛争がありました。前者は国をカトリックに戻し、後者は再び国を破り、聖公会の覇権を力強く主張したエリザベス朝時代は中エポックあるチューダー時代の治世の女王エリザベスI (「聖母の女王」)。歴史家はしばしばそれを英国の歴史の黄金時代として描写します。エリザベス朝イングランドは、英国ルネサンス期の遠地点を代表しました芸術、詩、音楽、文学の開花を見ました。[65] この時代は、そのドラマ、演劇、劇作家で最も有名です。この時期のイギリスは、チューダーの大規模な改革の結果として、中央集権化され、組織化された、効果的な政府を持っていました。[66]

競合スペイン、アメリカで最初の英語の植民地は、探検家によって1585年に設立されたウォルター・ローリーバージニアと名付けロアノーク。ロアノーク植民地は失敗し、遅れて到着した補給船の帰還で放棄されたことが判明した後、失われた植民地として知られています。[67]イギリス東インド会社とともに、東インドでオランダ人フランスとも競争した。中にエリザベス朝期間、イングランドがスペインとの戦争にありました。艦隊イギリスを侵略し、カトリック君主制を再建するためのより広範な計画の一環として、1588年にスペインから出航しました。計画は、悪い調整、荒天、そしてエフィンガムのハワード卿の下でのイギリス艦隊による成功したハリー攻撃によって妨害されました。この失敗は脅威を終わらせませんでした:スペインは1596年1597年さらに2つの艦隊を立ち上げましたが、両方とも嵐によって追い返されました。 1603年、変更島の政治構造スコットランドの王ジェームズVI、英語の利益に長時間ライバルだった王国は、としてイングランドの王位を継承したジェームズIそれによって作成、個人的な労働組合を[68] [69]彼は自分自身をイギリスの王と称しましたが、これは英国法に根拠がありませんでした。[70]キングジェームズ1世認定の後援の下で欽定現代のリビジョンがで生産されるまで、聖書のは、1611年に出版された聖書の標準バージョンは、400年の間、ほとんどのプロテスタントのキリスト教徒によって読み取られました20世紀。

英語の復元は、王の下で君主制復元チャールズ2世の後、平和をイングランド内戦

、政治的、宗教的、社会的位置を矛盾に基づき、イングランド内戦はのサポーターの間で戦われた議会と国王のものとチャールズ1世として口語知られ、円頂党キャバリアーズはそれぞれ。これは、より広い多面の織りなす一部であった清教徒革命含む、スコットランドアイルランドを。国会議員は勝利し、チャールズ1世は処刑され、王国は連邦に取って代わられました。議会軍のリーダーであるオリバー・クロムウェルは、自分自身を護国卿と宣言しました1653年;個人支配の期間が続きました。[71]クロムウェルの死と彼の息子リチャードの主保護者としての辞任の後チャールズ2世は1660年に王政復古と呼ばれる動きで君主として戻るよう招待された。劇場の再開に伴い、「メリーモナーク」チャールズ2世修復を通じて、美術、文学、舞台芸術が栄えました[72] 1688年の名誉革命後、議会は真の権力を持っているが、国王と議会が一緒に統治することが憲法上確立された。これは権利章典で制定されました制定された制定法の中には、法律は議会によってのみ制定され、国王によって停止されることはできず、国王は議会の事前の承認なしに税金を課したり軍隊を編成したりすることはできないというものがありました。[73]また、その時以来、英国の君主は座っているときに庶民院に入っていません。これは、英国の君主が議会の開会で毎年、庶民院のドアが閉められたときに記念されています。君主のメッセンジャー。議会の権利と君主からの独立を象徴しています。[74] [75] 1660年王立学会の設立により、科学は大いに奨励された。

1666年、ロンドン大火はロンドン市を全焼させましたが、その後まもなく再建され[76]クリストファー・レン卿によって設計された多くの重要な建物がありました。議会では、トーリーホイッグ党の2つの派閥が出現しました。トーリーは当初カトリック王ジェームズ2世を支持していましたが、ホイッグ党とともに1688年革命中に、オランダのオレンジ王子ウィリアムをジェームズ2世に敗北させ、最終的にはイギリスのウィリアム3世に招待しまし。特に北部の一部のイギリス人はジャコバイトであり、ジェームズと彼の息子たちを支援し続けました。スチュアート朝の下でイギリスは貿易、金融、繁栄において拡大しました。英国はヨーロッパ最大の商船隊を開発しました。[77]イングランドとスコットランドの議会が合意した後、[78]両国は政治連合参加し、1707年にグレートブリテン王国を創設した。[68]連合に対応するために、法律や国立教会などの機関はそれぞれが別々のままでした。[79]

近代と現代

テムズ川の間にグルジア期間セントポール、c.1750方に見ているサマセットハウスのテラスから

新しく形成されたグレートブリテン王国の下で、王立学会や他の英国のイニシアチブからの成果スコットランド啓蒙主義組み合わされて科学と工学の革新を生み出し英国海軍によって保護された英国の海外貿易の巨大な成長が設立への道を開いた大英帝国。国内では、それは産業革命を推進しました。これは、イングランドの社会経済的および文化的条件の大きな変化の時期であり、工業化された農業、製造、エンジニアリング、鉱業、ならびにそれらの拡大と発展を促進するための新しい先駆的な道路、鉄道、水ネットワークをもたらしました。 。[80] 1761年にイングランド北西部のブリッジウォーター運河開通したことで、イギリスの運河時代が幕を開け[81] [82] 1825年、世界初の恒久的な蒸気機関車運搬旅客鉄道であるストックトンアンドダーリントン鉄道が一般公開されました。[81]

トラファルガー戦いはナポレオン戦争中のイギリス海軍とフランス海軍とスペイン海軍の合同艦隊との間の海軍の交戦でした[83]

産業革命の間、多くの労働者がイギリスの田舎から新しく拡大する都市の工業地帯に移動し、それぞれ「世界のワークショップ」と「倉庫都市」と呼ばれるバーミンガムマンチェスターなどの工場で働きました。[84] [85]マンチェスターは世界初の工業都市でした。[86]イングランドは、フランス革命を通じて比較的安定していたウィリアム・ピット・ザ・ヤンガーは、ジョージ3世の治世の英国首相でしたジョージ4世のリージェンシーは、美術と建築におけるその優雅さと業績で知られています。[87]ナポレオン戦争ナポレオンは南東から侵入することを計画しましたしかし、これは明らかにならず、ナポレオン軍はイギリス軍に敗北しました。海上ではネルソン卿が、陸上ではウェリントン公爵が敗北しましたトラファルガー戦いでの大勝利は、18世紀の間にイギリスが確立した海軍の覇権を裏付けました。[88]ナポレオン戦争は、の概念育んBritishnessと団結国家の英国人英語、スコットランドとウェールズと共有し、。[89]

ビクトリア朝時代は、しばしば引用される黄金時代

ロンドンはビクトリア朝時代に世界で最大かつ最も人口の多い大都市圏になり、大英帝国内での貿易、そしてイギリス軍と海軍の地位は権威がありました。[90]技術的には、この時代にはイギリスの力と繁栄の鍵となる多くの革新が見られました。[91]チャーティストサフラジェットなどの急進派からの家庭での政治的動揺は、立法改革と普通選挙を可能にした[92] サミュエル・ハインズは、エドワード時代を「女性が絵の帽子をかぶったのんびりとした時代」と表現した。金持ちが目立つように生きることを恥じず、太陽がイギリスの旗に沈むことは決してなかったとき、投票しなかった。」[93]

東中央ヨーロッパの権力シフトは第一次世界大戦につながりました。連合国の一部としてイギリスのために戦って数十万人のイギリス兵が亡くなりました[nb 3] 20年後、第二次世界大戦では、イギリスは再び連合国の1つになりましたまやかし戦争の終わりにウィンストンチャーチルは戦時中の首相になりました。戦争技術の発展により、電撃戦中空襲によって多くの都市が被害を受けました。戦争後、大英帝国は急速な脱植民地化を経験し、技術革新のスピードアップがありました。自動車が主要な輸送手段となり、フランク・ホイットルジェットエンジンの開発は、より広い空の旅につながりました[95]英国では、民間の自動車運転と1948年の国民保健サービス(NHS)の創設により、居住パターンが変化した。英国のNHSは、公的資金による医療を必要なときに無料ですべての英国の永住者に提供し、支払いを受けた。一般課税から。これらを組み合わせることで、20世紀半ばにイギリス地方自治体の改革が促されました[96] [97]

20世紀以来、主にイギリス諸島の他の地域からだけでなく、連邦、特にインド亜大陸からもイギリスへの人口移動が顕著になっています[98] 1970年代以降、製造業から大きく離れ、サービス産業にますます重点が置かれてきました[99]イギリスの一部として、この地域は欧州共同体と呼ばれる共通の市場イニシアチブに参加し欧州連合になりました。後半20世紀以来イギリスの投与が向かって移動していますスコットランド、ウェールズ、北アイルランドでのガバナンスの委譲[100] イングランドとウェールズは、英国内の管轄区域として存在し続けています。[101]権限委譲は、より英語特有のアイデンティティと愛国心へのより大きな重点を刺激しました。[102] [103]権限委譲された英国政府はありませんが、サブリージョンベースで同様のシステムを作成する試みは国民投票によって拒否されました。[104]

ガバナンス

政治

ウェストミンスター宮殿の座席イギリスの議会

イングランドは議会制の立憲君主制である英国の一部です[105]連合条約の条項を施行する1707年の合同法がイギリスとスコットランドに加わってグレートブリテン王国を形成した1707年以来、イギリス政府は存在しなかっ[78]連合の前に、イングランドはその君主イングランド議会によって統治されていた。今日、イギリスはイギリス議会によって直接統治されていますが、イギリスの他の国で権限委譲された政府。[106]下院下院に基づいて、英国議会のウェストミンスター宮殿、650の合計のうち、英国の選挙のための議会の532人(議員)が、あります。[107] の通り2019年イギリス総選挙、イングランドがから345人の議員で表され、保守党から、179労働党から7自由民主党から1緑の党、および下院議長リンゼイ・ホイル

英国の他の国々(スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)がそれぞれ独自の地方議会または地方問題のための議会を持っている権限委譲以来、英国でこれをどのように相殺するかについて議論がありました。当初、イングランドのさまざまな地域が委譲されることが計画されていましたが2004年の国民投票北東部提案を拒否したため、これは実行されませんでした。[104]

主要な問題の1つは西ロージアン問題であり、スコットランドとウェールズの議員はイングランドにのみ影響する立法に投票できますが、英国の国会議員には、逸脱した問題について立法する同等の権利がありません。[108]このイングランドは無料がん治療、処方箋、高齢者や住宅用のケア持っていないイギリスの唯一の国であることの文脈に配置された無料のトップアップ大学の手数料を[109]は着実な上昇につながっていますで英語のナショナリズム[110]いくつかの創造を示唆している委譲英語の議会を[111]一方、他の人々は、英国にのみ影響を与える法案への投票を英国国会議員に限定することを提案しました。[112]

法律

王立裁判所

英国の法律何世紀にもわたって開発された法制度は、の基礎となる一般的な法則[113]ほとんどで使用法制連邦の[114] 除く米国ルイジアナ州)。現在は英国の一部であるにもかかわらず、イングランドおよびウェールズの裁判所の法制度は、連合条約の下で、スコットランドで使用されているものとは別の法制度として継続されました。英国法の一般的な本質は、それが彼らの常識や知識かけ、裁判所に座っ裁判官によって作られていることである判例-見詰めるdecisisを彼らの前に事実に- 。[115]

裁判制度は、からなる、イングランドとウェールズのシニア裁判所によって率いられ控訴裁判所司法の高等裁判所民事訴訟について、およびクラウン裁判所刑事事件のために。[116]英国最高裁判所は、イングランドおよびウェールズの刑事および民事訴訟最高裁判所です。貴族院の司法機能を引き継いで、憲法改正後の2009年に作成されました[117]最高裁判所の決定は、その指示に従わなければならない階層内の他のすべての裁判所を拘束する。[118]

正義のための国務長官は、のために議会に責任を負う大臣である司法、イギリスの裁判制度と刑務所や保護観察。[119]犯罪は1981年から1995年の間に増加したが、1995年から2006年の期間に42%減少した。[120]刑務所の人口は同期間に倍増し、西ヨーロッパで最も高い投獄率の1つである10万人あたり147人となった。[121] 法務省に報告している彼女の陛下の刑務所サービスは85,000人以上の囚人を収容するほとんどの刑務所を管理している[122]

地域、郡、および地区

イギリスの儀式用の郡

イングランドの行政区画は、4つのレベルまでで構成する地方部門の目的のために作成した行政事業体のさまざまな種類のを介して制御地方自治体。地方自治体の最上位層は、イングランドの9つの地域でした北東北西ヨークシャーアンドザハンバーイーストミッドランズウェストミッドランズイーストサウスイーストサウスウェスト、ロンドンです。これらは1994年に政府機関として作成されました、英国政府が地域で幅広い政策やプログラムを提供するために使用しましたが、ロンドンを除いてこのレベルで選出された機関はなく、2011年に地方政府の事務所は廃止されました。[123]

英国の他の地域で権限委譲が行われ始めた、イングランドの地域の国民投票が、カウンターウェイトとして彼ら自身が選んだ地域議会のために行われることが計画されました。ロンドンは1998年に承認されました。ロンドン議会は2年後に作成されました。しかし、提案が北東部で2004年の北東イングランドの権限委譲国民投票によって拒否されたとき、それ以上の国民投票は取り消された。[104]ロンドン以外の地域議会は2010年に廃止され、その機能はそれぞれの地域開発公社地方自治体の指導者委員会の新しいシステムに移された[124]

地域レベルより下では、イングランド全体が48の儀式用の郡に分割されています[125]これらは主に地理的な基準として使用され、中世から徐々に発展し、1974年に設立されたものもあります。[126]それぞれに統監ハイシェリフがいます。これらの投稿は、英国の君主を地元で表すために使用されます。[125]グレーター・ロンドンシリー諸島の外では、イングランドも83の大都市と非大都市の郡に分かれています。これらは地方自治体の目的で使用される領域に対応します[127]単一の地区で構成されている場合もあれば、複数の地区に分割されている場合もあります。

最も都市化が進んだ地域に基づいて6つの大都市圏があり、郡議会はありません。[127]これらの地域では、主要な当局は小区分の評議会、首都バラです。他の所で、27非首都圏の「シャイア」の郡は、持っている郡議会をと地区、地区協議会とのそれぞれに分割されています。それらは通常、常にではありませんが、より多くの農村地域で見られます。残りの非首都圏の郡は単一の地区であり、通常、大きな町または人口の少ない郡に対応します。それらは単一自治体として知られています。 Greater Londonには、地方自治体向けの異なるシステムがあり、32ロンドン自治区、プラスロンドン市はによって支配コアで、小さな面積カバーするロンドン・コーポレーションの市[128]ほとんどのローカライズされたレベルでは、イングランドの多くが分割され、市民の教区協議会グレーターロンドンでは、1965年廃止された後、法律で2007年にレクリエーション許可されるまで、2014年の時点でクイーンズパークが1つだけ存在します。

地理

風景と川

スキッドーから見山塊、ワラ岩山湖水地方

地理的にイギリスには、イギリス島の中央部と南部の3分の2に加えて、ワイト島シリー諸島などの沖合の島々が含まれます。はスコットランド、西はウェールズの2か国と国境を接しています。イギリスはイギリス本土の他のどの地域よりもヨーロッパ大陸に近いです。それから分離されているフランスオー・ド・フランスの21マイル(34キロ)によって)[129]両国がで接続されているが、海のギャップチャネルトンネル近くストン[130]イギリスはアイリッシュ海にも海岸がある北海と大西洋。

ロンドンのポートリバプールニューカッスル潮河川の嘘テムズ川マージータインそれぞれ。220マイル(350 km)のセバーン川は、イギリスを流れる最長の川です。[131]ブリストル海峡に流れ込み、高さ2メートル(6.6フィート)に達する可能性のあるセバーンボア海嘯)で有名です[132]しかしながら、完全にイギリスで最も長い川はテムズ川であり、長さは215マイル(346 km)である。[133]

マルバーンヒルズの英語郡に位置ウースターシャーヘレフォードシャー。丘は、特別自然美観地域として田舎庁によって指定されています。

イギリスにはたくさんの湖があります。最大のものは、適切な名前の湖水地方内にあるウィンダミアです。[134]イングランドの風景の大部分は低い丘と平野で構成されており、国の北部と西部には高地と山岳地帯があります。北部の高地には、ペナイン山脈、東除高地と西のチェーン、カンブリア州湖水地方の山々 、そしてシェビオットヒルズイングランドとスコットランドの国境にまたがります、。イギリスで最も高い地点である978メートル(3,209フィート)は、湖水地方のスカフェルパイクです。[134]シュロップシャーヒルズながら、ウェールズの近くにあるダートムーアそして、エクスムーアは、国の南西に2つの高地です。地形タイプ間のおおよその分割線は、多くの場合、ティーズエグゼ線で示されます。[135]

地質学的には、「イングランドのバックボーン」として知られるペナイン山脈は、約3億年前の古生代の終わりに由来する、国内で最も古い山脈です。[136]それらの地質構成には、とりわけ、砂岩石灰岩、そして石炭も含まれます。ヨークシャーダービーシャーの一部などの方解石地域にカルスト地形があります。ペナインの風景は、この地域の川の肥沃な谷によってインデントされた、高地の高い荒れ地です。彼らは2含んでの国立公園ヨークシャーデイルズピーク・ディストリクトを。で西の国南西半島の、ダートムーアとエクスムーア花崗岩でサポートされている高地湿原が含まれ、そして楽しむ穏やかな気候を。どちらも国立公園です。[137]

英語の低地には含めて緑の丘陵、からなる、国の中央部と南部地域にあるコッツウォルズヒルズチルターン丘陵南ダウンズ彼らが海と出会う場所で、ドーバー崖のような白い岩の露出を形成します。これには、ソールズベリー平野サマセットレベルサウスコースト平野フェンズなどの比較的平坦な平野も含まれます。

気候

イングランドはあり温帯 海洋性気候を:それはずっと32°C(90°F)夏に比べてあまり高く冬に0℃(32°F)よりも低くはない温度で穏やかです。[138]天候は比較的頻繁に湿気があり、変わりやすい。最も寒い月は1月と2月で、後者は特にイギリスの海岸で、7月は通常最も暖かい月です。穏やかな天候から暖かい天候の月は、5月、6月、9月、10月です。[138]降雨量は、年間を通じてかなり均等に広がっています。

イングランドの気候に重要な影響はへの近されている大西洋、その北の緯度とによって、海の温暖化湾流[138]降雨量は西部でより高く、湖水地方の一部は国内の他のどこよりも多くの雨を受け取ります。[138]気象記録が始まって以来、記録された最高温度は38.7℃(101.7°F)で2019年7月25日に植物園ケンブリッジ[139]最低であった-26.1℃(-15.0°F)に1982年1月10日、シュロップシャー州エジモンドで。[140]

自然と野生生物

セントジェームズパークのウッドダック
リッチモンド公園の鹿この公園は、17世紀にチャールズ1世によって鹿の公園として作られました[141]

イギリスの動物相はイギリス諸島の他の地域の動物相と似ており、さまざまな生息地でさまざまな脊椎動物や無脊椎動物が生息しています。[142]

イングランドの国立自然保護区はナチュラルイングランドによって、イングランドの野生生物と自然の特徴の重要な場所として指定されています。それらは、生息地と地層の最も重要な領域を保護するために設立されました。 NNRは国を代表して管理されており、その多くはナチュラルイングランド自身によって管理されていますが、ワイルドライフトラストパートナーシップ、ナショナルトラスト英国王立鳥類保護協会のメンバーなどの非政府組織によっても管理されています。イギリスには、939平方キロメートル(363平方マイル)をカバーする229のNNRがあります。多くの場合、それらには希少種または全国的に重要な植物や動物の種が含まれています。[143]

環境庁がある非部署公共団体、1995年に設立され、主催の環境・食糧・農村地域省省イングランドの環境の保護と改善に関する責任を。[144]環境のための国務長官は、食糧・農村地域省は、環境保護、農業、漁業、イギリスの農村地域を担当する大臣です。[145]

イングランドはほとんどの地域で温暖な海洋性気候であり、極端な寒さや暑さはありません、南西部には亜寒帯と温暖な地域の小さな地域がいくつかあります。イングランド北部に向かって、気候はより寒くなり、イングランドの山々と高い丘のほとんどがここにあり、気候、ひいては地域の地元の動物相に大きな影響を与えます。落葉樹林はイングランド全土に共通しており、イングランドの野生生物の多くに素晴らしい生息地を提供していますが、これらはイングランドの北部および高地地域では針葉樹に取って代わられています。特定の形態の野生生物にも利益をもたらす森林(主にプランテーション)。いくつかの種は拡大し、都市環境、特にに適応してきた赤キツネ最も成功している、都市部の哺乳後の茶色のラット、およびなど他の動物モリバト都市部と郊外地域で繁栄どちらも、。[146]

灰色リス東部アメリカから導入が原因競争にネイティブ赤リスの衰退を余儀なくされています。キタリスは現在、主に北、南西、ワイト島のイングランドの高地と針葉樹林に限定されています。イギリスの気候はウサギ目に非常に適しており、ローマ時代に導入されたウサギと茶色のノウサギがいます。[147] [148]先住民族のユキウサギが、ダービーシャーに再導入されました。イングランドの動物相は、極端ではありませんが、さまざまな温度と条件に対処する必要がありますが、潜在的な課題と適応策をもたらします。しかし、英国の動物相は工業化に対処しなければならず、人口密度はヨーロッパで最も高いものの1つです。そして、集約農業イングランドは先進国であるとして、しかし、野生動物や田舎では入力した英語より多くの考え方を、国は、その野生生物、環境、田舎の保全について非常に良心的です。[149]

主要な大都市圏

グレーターロンドン既成市街地では、これまでで最大の都市イングランドの地域である[150]は、世界で最も忙しい都市の一つ。世界的な都市見なされており、イギリス以外のイギリスの他の国よりも人口が多いです。[150]かなりの規模と影響力を持つ他の都市部は、イングランド北部またはイングランドのミッドランドにある傾向があります。[150]イングランド50の集落があり都市のステータスに指定されていますが、より広いイギリスには66の集落があります

バーミンガムシェフィールドマンチェスターリバプールリーズニューカッスルブラッドフォードノッティンガムなど、イギリスの多くの都市は非常に大きいですが、人口規模は都市のステータスの前提条件ではありません。[151]伝統的に、その地位は教区大聖堂のある町に与えられていたのでウェルズエリーリポントルロチチェスターのような小さな都市があります

経済

ロンドン市は財政イギリスの首都であり、世界最大の金融センターの一つです。[152] [153]
ベントレーミュルザンヌベントレーは有名な英国の自動車会社です。

イングランドの経済は世界で最大かつ最もダイナミックなものの1つであり、1人あたりの平均GDPは28,100ポンドまたは36,000ドルです。大蔵大臣が率いる大蔵省は、政府の財政政策と経済政策の策定と実行に責任を負っています。[154]通常は混合市場経済と見なされており、多くの自由市場原理を採用しているが、高度な社会福祉インフラストラクチャを維持している。[155]イギリスの公式通貨は英ポンドでISO4217コードはGBPです。英国の課税は、ヨーロッパの他の多くの地域と比較すると非常に競争力があります。2014年時点で、個人税の基本税率は、個人の免税手当(通常は10,000ポンド)を最大31,865ポンド上回り、課税所得に対して20%です。その金額を超える追加収入の%。[156]

イングランドの経済は最大の一部であり、英国の経済[157]がある18日の最高GDP PPP世界で一人当たりを。イングランドは、化学[158]および製薬セクター、および主要な技術産業、特に航空宇宙武器産業、およびソフトウェア産業の製造業のリーダーです。ロンドンに家ロンドン証券取引所、イギリスの主要証券取引所とヨーロッパ最大のは、そこに基づいているヨーロッパの500社の大企業の100で、イギリスの金融センターです。[159]ロンドンはヨーロッパ最大の金融センターであり、2014年の時点で世界で2番目に大きい金融センターです。[160] マンチェスターはロンドン以外で最大の金融および専門サービス部門であり、ヨーロッパの中間層のプライベートエクイティの首都であり、ヨーロッパで成長しているテクノロジーハブの1つでもあります。[161]

イングランド銀行スコットランドの銀行家によって1694年に設立され、ウィリアム・パターソンは、イギリスのある中央銀行。もともとはイギリス政府のプライベートバンカーとして設立され、1946年以来国営機関となっています。[162]英国の他の地域ではないが、銀行はイングランドとウェールズで紙幣の発行を独占している。政府は、国の金融政策を管理し、金利を設定する責任を銀行の金融政策委員会委譲しました[163]

イギリスは高度に工業化されていますが、1970年代以降、伝統的な重工業や製造業は衰退し、よりサービス産業志向の経済にますます重点が置かれています[99]観光業は重要な産業になり、毎年何百万人もの観光客がイギリスを訪れています。経済の輸出部分は、医薬品、自動車(ランドローバーロータスジャガーベントレーなど、多くの英国の市場は現在外資系企業ですが)、北海油田の英国部分からの原油と石油ウィッチによって支配されています。ファーム航空機エンジンとアルコール飲料。[164]クリエイティブ産業が2005年にセントGVA当たり7を占め、1997年から2005年の間に年率パーセント6の平均で成長した[165]

英国の300億ポンド[166]の 航空宇宙産業のほとんどは、主に英国に拠点を置いています。今後20年間の英国の航空宇宙メーカーの世界市場機会は3.5兆ポンドと推定されています。[167] GKN Aerospace –金属および複合航空構造の専門家は、レディッチを拠点とする生産中のほぼすべての民間および軍用の固定および回転翼航空機に関与しています。[168]

BAE SystemsSalmesburyのサブアセンブリ工場でTyphoon Eurofighterの大部分を製造し、プレストン近くのWarton工場でRAF用の航空機を組み立てます。また、世界最大の単一防衛プロジェクトであるF35ジョイントストライクファイターの主要な下請け業者でもあり、後部胴体、垂直および水平の尾翼と翼端、燃料システムなどのさまざまなコンポーネントを設計および製造しています。また、世界で最も成功したジェット練習機であるホークも製造しています。[168]

ロールスロイスPLCは、世界で2番目に大きな航空エンジンメーカーです。そのエンジンは30種類以上の商用航空機に動力を供給し、現在、民間部門と防衛部門の両方で30,000以上のエンジンが使用されています。 12,000人を超える従業員を抱えるダービーは、英国でロールスロイスの従業員が最も集中しています。ロールスロイスは、船舶用の低排出電力システムも製造しています。原子力産業向けの重要な機器と安全システムを製造し、石油およびガス産業向けのオフショアプラットフォームと主要パイプラインに電力を供給しています。[168] [169]製薬業界は、経済において重要な役割を果たしている、と英国は、世界的な製薬R&D支出の3番目に高いシェアを持っています。[170] [171]

英国の宇宙産業の多くは、スティーブニッジポーツマスに拠点を置くEADSアストリアムを中心としています。同社は、欧州宇宙機関ほとんどの宇宙船と商用衛星用に、ペイロードと推進システムが構築される基礎となる構造であるバスを構築しています。コンパクト衛星システムの世界的リーダーであるSurreySatellite Technologyも、Astriumの一部です。[168]リアクションエンジンズリミテッドは、SABREロケットエンジンを使用して単段式宇宙輸送機であるスカイロンの建設を計画している会社です。 、複合サイクルの空気呼吸ロケット推進システムは、Culhamに基づいています。英国の宇宙産業は2011年に91億ポンドの価値があり、29,000人を雇用しました。その傘下の組織である英国宇宙局によると、それは毎年7.5パーセントの割合で成長しています。 2013年、英国政府はスカイロンプロジェクトに6,000万ポンドを約束しました。この投資は、SABREエンジンの本格的なプロトタイプを構築できるようにするための「重要な段階」でのサポートを提供します。

農業は集中的で、高度に機械化されており、ヨーロッパの基準では効率的であり、労働力のわずか2%で食料需要の60%を生み出しています。[172]生産の3分の2は家畜に向けられ、残りは耕作可能な作物に向けられている。[173]栽培される主な作物は、小麦大麦オート麦ジャガイモテンサイです。イングランドは重要な地位を維持していますが、漁業は大幅に減少しています。その艦隊は、唯一からニシンに至るまで、あらゆる種類の魚を家に持ち帰ります。また、石炭石油天然ガスなどの天然資源も豊富ですスズ石灰石鉄鉱石粘土チョーク石膏、シリカ。[174]

科学技術

アイザックニュートン、科学史上最も影響力のある人物の1人です

科学と数学の分野で著名な英語の人物には、アイザックニュートンマイケルファラデーチャールズダーウィンロバートフックジェームズプレスコットジュールジョンダルトンレイリー卿JJトムソンジェームズチャドウィックチャールズバベッジジョージブールアランチューリングティムが含まれます。 Berners-LeePaul DiracStephen HawkingPeter HiggsRoger PenroseJohn Horton Conwayトーマス・ベイズアーサー・ケイリーGHハーディオリバー・ヘヴィサイドアンドリュー・ワイルズエドワード・ジェンナーフランシス・クリックジョセフ・リスタージョセフ・プリーストリートーマス・ヤングクリストファー・レンリチャード・ドーキンス。一部の専門家は、メートル法の最も初期の概念は、1668年に王立学会の初代書記であるジョンウィルキンスによって発明されたと主張している。[175]

イギリスは17世紀から科学革命の主要な中心地でした[176]産業革命の発祥の地として、イギリスは18世紀後半から19世紀初頭にかけて多くの重要な発明家の故郷でした。有名な英国のエンジニアにはグレートウエスタン鉄道の創設で最もよく知られているイザムバードキングダムブルネル一連の有名な蒸気船、そして数多くの重要な橋が含まれ、公共交通機関と現代のエンジニアリングに革命をもたらしました。[177]トーマス・ニューコメン蒸気機関は産業革命を生み出すのを助けた。[178]

鉄道の父であるジョージ・スチーブンソンは1830年に開通した、世界初の都市間公共鉄道であるリバプール・アンド・マンチェスター鉄道を建設しました。蒸気機関のマーケティングと製造、および近代的な貨幣の発明における彼の役割を担っています。 、Matthew BoultonJames Wattのビジネスパートナー)は、歴史上最も影響力のある起業家の1人と見なされています。[179]医師のエドワード・ジェンナー天然痘ワクチンは、「記録された歴史の始まり以来、人類のすべての戦争で失われたよりも多くの命を救った」と言われています。[180] [181] [182]

芸術と科学のパトロンであるチャールズ2世は、初期のメンバーにロバートフックロバートボイルアイザックニュートンが含まれていた科学グループである王立学会を支援しました[183]

英語の発明と発見には、ジェットエンジン、最初の産業用紡績機最初のコンピューターと最初の最新のコンピューターHTML付きのワールドワイドウェブ、最初の成功した人間の血液輸血、電動真空クリーナーが含まれます[184]。芝刈り機シートベルトホバークラフト電気モータ蒸気エンジン、及びそのようなのダーウィン理論として理論進化原子論。ニュートンはのアイデアを開発し万有引力ニュートン力学、および微積分を、そしてロバート・フック彼のeponymouslyという名前の弾力性の法則を。他の発明には、鉄板鉄道、熱サイフォン駐機場輪ゴムマウストラップ「キャッツアイ」 ロードマーカー電球の共同開発、蒸気機関車、最新のシードドリル、および精密に使用される多くの最新の技術と技術が含まれます。エンジニアリング[185]

王立協会正式に、ロンドンの王立協会自然の知識を向上させるために[186]学んだ社会イギリスの国家科学アカデミー。 1660年11月28日に設立され、それが許可された勅許によってチャールズ2世を「王立協会」として。[186]それは世界で最も古い国立科学機関です。[187]社会は多くの役割を果たします:科学とその利益の促進、科学の卓越性の認識、卓越した科学の支援、政策のための科学的アドバイスの提供、国際的および世界的な協力の促進、教育および公的関与。[188]

王立学会は、医師と自然哲学者のグループから始まり、ロンドンのグレシャム大学を含むさまざまな場所で会合を開きました。彼らは、1645年頃から、フランシス・ベーコンニューアトランティス推進した「新しい科学」の影響を受けました[189]「オックスフォード哲学協会」として知られるグループは、ボドリアン図書館によってまだ保持されている一連の規則の下で運営されていた[190]の後、英語の復旧、グレシャム・カレッジでの定例会議がありました。[191]これらのグループが王立学会の設立のインスピレーションとなったと広く考えられています。[190]

英国大学では、科学の研究開発が依然として重要であり、生産と産業界との協力を促進するために多くのサイエンスパーク設立されています。[192] 2004年から2008年の間に、英国は世界の科学研究論文の7%を作成し、科学的引用の8%を占め、世界で3番目と2番目に高かった(それぞれ米国と中国に次ぐ)。 。[193]英国で作成された科学雑誌には、NatureBritish Medical JournalTheLancetなどがあります。[194]

輸送

セントパンクラス駅、ビクトリア朝の鉄道工学の良い例
クラス390EMUは、リバプールからロンドンまで高速でミルトンキーンズセントラルに接近します。

運輸省は、イギリスでの輸送を監督する責任政府機関です。この部門は、運輸省長官によって運営されています。イギリスには、密集した近代的な交通インフラがあります。イングランドには多くの高速道路があり、ロンドンからニューカッスル[195](このセクションの多くは高速道路)そしてスコットランド国境までイングランド東部を通るA1グレートノースロードなど、他の多くの幹線道路があります。イングランドで最も長い高速道路はM6で、ラグビーから北西を通り、アングロスコティッシュボーダーまで232マイル(373 km)の距離にあります。[195]その他の主要ルートには、ロンドンからリーズへM1、ロンドンを取り囲むM25マンチェスターを取り囲むM60、ロンドンからサウスウェールズへM4、リバプールからマンチェスターを経由してイーストヨークシャーへのM62、バーミンガムからM5が含まれます。ブリストルと南西へ。[195]

全国のバス輸送は普及しています。主要企業には、ArrivaFirstGroupGo-Ahead GroupNational ExpressRotalaStagecoachGroupなどがあります。ロンドンの赤い2階建てバスは、イギリスのシンボルになっています。

National Cycle Routeは、全国的にサイクリングルートを提供しています。イギリスの2つの都市に高速輸送ネットワークがあります。ロンドン地下鉄。そしてタインアンドウィアメトロニューカッスル・アポン・タインゲーツヘッドサンダーランド[196]ブラックプールトラムマンチェスターメトロリンクシェフィールドスーパートラムウェストミッドランズメトロサウスロンドンのクロイドンを中心としたトラムリンクシステムなど、いくつかのトラムネットワークがあります[196]

イギリスの鉄道輸送は世界で最も古いものです。旅客鉄道は1825年にイギリスで始まりました。[197]イギリスの10,000マイル(16,000 km)の鉄道網の多くはイギリスにあり、鉄道の割合は高いものの、かなり広範囲に渡っています。 20世紀後半に路線が閉鎖された。オックスフォードとケンブリッジの間バーシティー線などの路線を再開する計画があります。これらの線は、いくつかの狭いゲージ線もありますがほとんどが標準ゲージ(シングルダブル、またはクアッドトラック)です。海底鉄道リンクである英仏海峡トンネルを経由して、フランスとベルギーへの鉄道輸送アクセスがあります。、1994年に完成しました。ロンドンで建設中のCrossrailは、ヨーロッパ最大の建設プロジェクトであり、150億ポンドの予想コストがあります。[198] [199] 高速2、新しい高速南北鉄道線は、£560億の費用がかかるために、2015年に予測が、ほぼ倍増その数字であることを2020年に推定、2020年に建設されて起動することです[ 200]

イングランドには、国内および国際的な航空の広範なリンクがあります。最大の空港はヒースロー空港で、国際線旅客の数によって測定され、世界で最も忙しい空港[201]他の大規模な空港は、ガトウィックマンチェスタースタンステッドルートンバーミンガム[202]

海上では、リバプールからアイルランドとマン島、ハルからオランダとベルギーへのフェリー輸送があります。[203]によって所有されて半分はイギリスの航行水路の周りに4400マイル(7100キロ)があり運河&川トラストは[203]しかし、水の輸送は非常に限られています。テムズ川は、輸入と輸出がに焦点を合わせて、イギリスの主要な水路であるティルバリー港テムズ川河口、イギリスの三の大港の一つ。[203]

エネルギー

デボン州デンブルックの風力タービン。英国はヨーロッパで風力エネルギーにとって最高の場所の1つであり、風力発電は最も急速に成長している供給源です。[204] [205]

英国のエネルギー使用量は、2014年には2,249 TWh石油換算1億9,340万トン)でした。[206]これは、2010年の世界平均21.54 MWhと比較して、1人当たりエネルギー消費量 34.82 MWh(石油換算3.00トン)に相当します。石油換算1.85トン)。[207] 2014年電力需要は34.42であったGW平均[208] 335.0の総発電から来る(年間301.7TWh)億kWh[209]

歴代の英国政府は、二酸化炭素排出量を削減するための数多くの取り組みを概説しています。特に、英国はヨーロッパで風力エネルギーにとって最高の場所の1つであり、風力発電は最も急速に成長している供給源です。[205] [210]風力発電は2017年に英国の発電量の15%を占めました。[211] [212]

気候変動法2008年に渡された議会、政党間で圧倒的多数で。英国が法的に遵守しなければならない排出削減目標を定めています。これは、国が設定した最初の世界的な法的拘束力のある気候変動緩和目標を表しています。[213] 英国政府のエネルギー政策、エネルギー需要を満たしながら、温室効果ガスの排出を制限する上で重要な役割を果たすことを目的としています。資源の利用可能性の変化と技術の開発もまた、コストの変化を通じて国のエネルギーミックスを変化させます。[214]

現在のエネルギー政策は、責任のある部門のビジネスのために、エネルギー産業戦略事業、エネルギー・産業戦略のための国務長官[215]ビジネスのための国家の大臣、エネルギーとクリーン成長は緑の金融、気候科学と技術革新、および低炭素世代に責任があります。[216] 英国は、環境パフォーマンス指数で180か国中4位にランクされています[217]英国の温室効果ガス排出量2050年までに正味ゼロになるという法律が可決された。[218]

観光

左から右へ:ヨークのシャンブルズ、ケンブリッジ大学のキングスカレッジダーラムの ウェア川を見下ろすダーラム大聖堂デボンのダートマス

イングリッシュヘリテッジは、イングランドの史跡、遺物、環境を管理する幅広い権限を持つ政府機関です。現在、デジタル・文化・メディア・スポーツ省が後援しています。[219]

ナショナル・トラストはまた、複数のサイトを維持慈善です。イギリスのユネスコ世界遺産25か所のうち、17か所がイギリスにあります。[220]

これらの中で最もよく知られているものには、ストーンヘンジ、エイブベリーおよび関連サイトロンドン塔ジュラシックコーストウェストミンスター宮殿ローマンバスバース市サルタイラーアイロンブリッジ渓谷スタッドリー王立公園、そして最近では英国湖水地方があります。ローマ帝国の最北端であるハドリアヌスの城壁は、どこでも最大のローマの遺物です。イングランド北部を合計73マイル走っています。[221]

デジタル、文化、メディア、スポーツ国務長官は、観光、芸術と文化、文化財、遺産と歴史的環境、図書館、美術館とギャラリーに対して全体的な責任を負っています。[222]芸術のための国家の政務次官、遺産と観光はイングランドでの観光を超える責任を持つ大臣です。[223]

ブループラークは、最古の歴史的マーカーの世界でスキームは、その場所、有名な人やイベントの間のリンクを記念してイギリスの公共の場所に設置永久サインです。この計画は、1863年に政治家ウィリアムエワートの発案によるもので、1866年に開始されました。1867年に王立芸術協会によって正式に設立され、1986年以来イングリッシュヘリテッジによって運営されています。 2011年には、イギリスに約1,600の美術館がありました。[224]他の国とは異なり、ほとんどの州が支援する美術館やギャラリーへの入場は無料です。[225]

ロンドンは世界で最も訪問された都市の1つであり、ヨーロッパで最も訪問された都市のトップ5を定期的に取ってます。[226] [227]それは主に金融、芸術、文化の世界的な中心地と考えられています。[228]

健康管理

ウィリアム・ベヴァリッジの1942年の報告書、社会保険および関連サービスベヴァリッジ報告書として知られる)は、第二次世界大戦後の 福祉国家の基礎としての役割を果たしました。

National Health England(NHS England)は、国の医療の大部分を提供する責任を負う公的資金による医療システムです。NHSは1948年7月5日に始まり、1946年の国民保健サービス法の規定が施行されましたこれは、経済学者で社会改革者のウィリアム・ベヴァリッジが作成しベヴァリッジ報告書の調査結果に基づいています。[229] NHSは主に国民保険の支払いを含む一般課税から資金提供されており[230]、視力検査、歯科治療、処方箋、および側面について一部の人々に料金がかかるものの、使用時にほとんどのサービスを無料で提供します。パーソナルケアの。[231]

NHSを担当する政府部門がある保健省が率いる、健康のための国務長官に座っている、英国の内閣。保健省の支出の大部分はNHSに費やされており、2008年から2009年に986億ポンドが費やされました。[232]近年、医師や労働組合の反対にもかかわらず、民間部門はより多くのNHSサービスを提供するためにますます使用されている。[233]

医薬品を購入する場合、NHSには大きな市場支配力があり、医薬品の公正価値の独自の評価に基づいて、世界の価格に影響を与え、通常は価格を低く抑えます。[234]他のいくつかの国は、英国のモデルをコピーするか、国の資金による薬物償還に関する独自の決定を英国の評価に直接依存しています。[235]一般医療評議会看護助産評議会などの規制機関は、ロイヤルカレッジなどの非政府機関と同様に、英国全体で組織されています。

イギリスの人々の平均寿命は、男性で77.5歳、女性で81.7歳であり、イギリスの4か国の中で最も長いです。[236]イングランド南部は北部よりも平均余命が長いが、地域差はゆっくりと狭まっているように見える。1991年から1993年と2012年から2014年の間に、北東部と北部の平均余命は6。0年増加した。西に5。8年、ロンドン以外のどの地域でも最も速く増加し、北東部と南東部の平均余命の差は1993年の2.9から2。5年になりました。[236]

人口統計

人口

首都圏非首都圏郡は、人口を示すために、色分けされました
行政区域によるイングランドとウェールズの人口。それらのサイズは、いくつかの概算で、それらの人口を示しています。マップキーの正方形の各グループは、地区の総数の20%です。

5300万人以上の住民を抱えるイングランドは、英国で群を抜いて最も人口の多い国であり、合計の84%を占めています。[13]12 [237]単位として、国際国家に対して測定されたイングランドは、欧州連合で4番目に人口が多く、世界の人口25番目に大きいになります。[238] 1平方キロメートルあたり424人の密度で、2009年には、マルタに次ぐ欧州連合で2番目に人口密度の高い国でした。[239] [240]

英語の人々は、ある英国人[241]いくつかの遺伝的証拠は、75〜95%がイベリア半島から来た先史時代の入植者から父系に降り、アングルサクソン人から5%の貢献があり、重要なスカンジナビア(バイキング)の要素があることを示唆している[242] [243] [244]しかしながら、他の遺伝学者はゲルマン人の推定値を半分までとしています。[245] [246]時が経つにつれて、さまざまな文化が影響を及ぼしてきました。先史時代ブリソン諸語[247] ローマ語アングロサクソン人[248] バイキング(北ゲルマン語)、[249] ゲール文化、およびノルマン人からの大きな影響。大英帝国の旧市街には英国のディアスポラがあります。特に米国カナダオーストラリア南アフリカニュージーランド[nb 4] 1990年代後半以降、多くのイギリス人スペインに移住てきました。[254] [255]

1086年にドームズデイブックが編集されたとき、イギリスの人口は200万人でした。約10%が都市部に住んでいました。[256] 1801年までに人口は830万人になり、1901年までに30.5百万人になった。[257]特に南東イングランドの経済的繁栄のために、それはイギリスの他の地域から多くの経済移民を受け入れてきた。[241]がなされてきた重要なアイルランドの移行[258]民族的にヨーロッパの居住者の割合は、ドイツ人[259]ポーランド人を含めて合計87.50%です。[241]

1950年代以降、かつての英国植民地のはるか遠くから他の人々が到着しました。特に、英国に住む人々の6%は、インド亜大陸、主にインドパキスタンバングラデシュに家族がいます[241] [259]約0.7%の人が中国人です。[241] [259] 人口の2.90%は黒人で、アフリカとカリブ海、特に元イギリスの植民地出身です。[241] [259] 2007年には、イギリスの小学生の22%が少数民族の家族であり[260]、2011年にはその数字は26.5%でした。[261]1991年から2001年の間に増加した人口の約半分は移民によるものでした。[262]移民をめぐる議論は政治的に顕著である。[263] 2009年の内務省世論調査の回答者の80%は、それを制限したいと考えていました。[264] ONSは人口が2014と2039の間で900万で成長すると予測している[265]

イングランドには、2014年に少数民族保護のための枠組み条約の下で英国政府によって承認された1つの先住民族の少数民族であるコーンウォール人が含まれています[266]

言語

言語ネイティブスピーカー

(数千) [267]

英語46,937
研磨529
パンジャブ語272
ウルドゥー語266
ベンガル語216
グジャラート語212
アラビア語152
フランス語145
ポルトガル語131
ウェールズ8
コーニッシュ0.6 0.6
その他2,267
人口51,006

その名前が示すように、今日世界中の何億人もの人々によって話されている英語は、人口の98%によって話されている主要な言語であり続けるイギリスの言語として始まりました。[268]これはゲルマン語族のアングロフリジア語族のインドヨーロッパ語族です。[269]ノルマン征服古英語でイギリスに持ち込ま言語、アングロサクソンの入植者は、に限定された下位社会階級としてノーマンフランス語ラテン語貴族によって使用されました。

15世紀までに、英語はすべてのクラスで流行に戻りましたが、大きく変化しました。中世英語の形式は、語彙やスペルの両方で、フランスの影響の多くの兆候を示しました。中は英語ルネッサンス、多くの言葉はラテン語やギリシャ語の起源から造語されました。[270] 現代英語は、異なる言語の単語を組み込むことになると、この柔軟性の習慣を拡張しました。大部分が大英帝国のおかげで、英語は世界の非公式の共通語です。[271]

英語の学習と教育は重要な経済活動であり、語学教育、観光支出、出版が含まれます。イギリスの公用語義務付ける法律はありません[272]公用語として使用される言語は英語だけです。国の規模は比較的小さいものの、地域のアクセントが多く、特にアクセントの強い人は、全国どこでも簡単に理解できない場合があります。

イギリスには英語だけでなくコーンウォール語ウェールズ語の2つの先住民言語あります。コーニッシュは18世紀にコミュニティ言語として消滅しましたが、復活し[273] [274]、現在はヨーロッパ地域言語またはマイノリティ言語憲章の下で保護されています。[275]コーンウォールの人々の0.1%によって話されており[276]、いくつかの小中学校である程度教えられています。[277] [278]

ウェールズとイングランドの間の現代の国境がウェールズ法1535年と1542年の法律によって確立されたとき、多くのウェールズ語を話すコミュニティは国境の英語側にいることに気づきました。ウェールズ語はヘレフォードシャーのアーチェンフィールドで19世紀に話され[279]シュロップシャー西部の一部の原住民によって20世紀半ばまで話されました[280]

公立学校は、7歳からの二言語または第三言語、通常はフランス語、ドイツ語、スペイン語、ラテン語、ギリシャ語を生徒に教えています。[281]移民のため、2007年には、約80万人の学校の生徒が自宅で外国語話し[260]最も一般的なのはパンジャブ語ウルドゥー語である報告されたしかし、英国国家統計局が発表した2011年の国勢調査データに続いて、数字は現在、ポーランド語が英語に続いてイギリスで話されている主要言語であることを示しています。[282]

宗教

カンタベリー大主教の座、カンタベリー大聖堂

2011年の国勢調査では、イングランドの人口の59.4%が自分たちの宗教をキリスト教徒として指定し、24.7%が自分たちには宗教がないと回答し、5%がイスラム教徒であると回答し、人口の3.7%が他の宗教に属し、7.2%がそうではなかった答えてください。[283]キリスト教は、ゲール語とローマ時代に最初に導入されたものの、中世初期から続いているように、イギリスで最も広く実践されている宗教です。このケルト教会聖アウグスティヌスが率いるケントへの6世紀のグレゴリアンの使命続いて、徐々にカトリックの階層に加わりました設立教会のイングランドは、イングランドの教会[284]との交わり左ローマの際に1530年代にヘンリーVIIIは、彼の結婚を取り消すことができなかった叔母スペインの王教会はそれ自体をカトリックとプロテスタントの両方と見なしています[285]

セントジョージ(ここではイギリスのソブリンに描かれています)はイギリス守護聖人です。
ロンドンのスワミナラヤンマンディール

あり、高教会低教会の伝統は、いくつかアングリカンは、として自分自身を考えてアングロ・カトリック教徒以下、Tractarian動き。英国の君主はイングランド国教会の最高知事であり、約2,600万人の洗礼を受けたメンバーがいます(その大多数は通常の教会に通う人ではありません)。それはの一部を形成聖公会の聖餐をしてカンタベリー大主教は、そのシンボリック世界中のヘッドとして機能します。[286]多くの大聖堂や教区教会は、ウェストミンスター寺院など、建築的に非常に重要な歴史的建造物ですヨークミンスターダラム大聖堂ソールズベリー大聖堂

ウェストミンスター寺院は、英国ゴシック建築の注目すべき例ですイギリスの君主戴冠式は伝統的に修道院で行われます。

2番目に大きいキリスト教の慣習はカトリック教会のラテン語の儀式です。カトリック解放後の再導入以来、教会はイングランドとウェールズに基づいて教会を組織し、450万人の会員(ほとんどが英語)がいます。[287]これまでにイギリスから1人の教皇、エイドリアン4世がいた。一方、聖人のベーダアンセルムス教会博士と見なされています。

メソジストとして知られるプロテスタントの一形態は、キリスト教の3番目に大きな慣習であり、ジョン・ウェスレーを通じて英国国教会から発展しました[288]それランカシャーヨークシャーの工場町、そしてコーンウォールのスズ鉱山労働者の間で人気を得た[289]バプテストクエーカー教徒会衆派教会ユニテリアン主義者救世軍など、他の非国教徒の少数派がいます。[290]

イギリスの守護聖人は聖ジョージです。彼の象徴的な十字架は、イングランドの旗と、組み合わせの一部としてユニオンの旗に含まれています。[291]他にも多くの英語と関連する聖人がいます。最もよく知られているのはカスバートエドマンドアルバンウィルフリッドエイダンエドワード懺悔ジョンフィッシャートーマスモアペトロックピランマーガレットクライズロウトーマスベケットです。実践されている非キリスト教の宗教があります。ユダヤ人は1070年以来、島に少数派の歴史があります。[292]追放の命令に続いて、1290年にイギリスから追放されましたが、1656年にのみ許可されました。[292]

特に1950年代以降、移民によりかつての英国植民地からの宗教が増えてきました。イスラム教はこれらの中で最も一般的であり、現在イギリスの人口の約5%を占めています。[293] ヒンドゥー教シーク教仏教が次に数であり、合計で最大2.8%であり、[293]インドと東南アジアから導入された[293]

人口のごく少数が古代異教の宗教を実践しています。イギリスのNeopaganismは、主に表されウィッカ魔術の宗教Druidry、およびHeathenry。よると、2011年、英国の国勢調査、およそ53172イングランドでパガンとして特定の人々がある[5 NB]とで3448ウェールズ[NB 5] 11026の含めWiccansイギリスのウェールズで740。[nb 6]

イングランドの人々の24.7%は、2001年の14.6%と比較して、2011年に無宗教宣言しました。ウェールズはイングランドよりも無宗教のレベルが高いため、これらの数値はイングランドとウェールズを合わせた数値よりもわずかに低くなっています。[294] ノリッジは42.5%でそのような割合が最も高く、次にブライトンとホーブが42.4%で続いた

教育

オックスフォード大学クライストチャーチホール
ため息の橋セント・ジョンズ・カレッジ、ケンブリッジ大学

教育省は、教育を含む19歳、までイングランドの人々に影響を与える問題を担当する政府部門です。[295]国営および国営の学校には、英語の学童の約93%が通っています。[296]教育は、教育担当国務長官の責任です[297]

3歳から5歳までの子供は、小学校内の保育園またはアーリーイヤーズファンデーションステージのレセプションユニットに通います。 5歳から11歳までの子供は小学校に通い、中等学校には11歳から16歳までの子供が通います。国営の学校は法律により国のカリキュラムを教える義務があります。学習の基本的な分野には、英文学、英語、数学、科学、アートとデザイン、市民権、歴史、地理、宗教教育、デザインとテクノロジー、コンピューティング、古代と現代の言語、音楽、物理教育が含まれます。[298]

英語学校の90%以上は、学生に制服の着用を義務付けています。[299]学校の制服は、性別、人種、障害、性的指向、性別の再割り当て、宗教または信念を理由に制服の規制が差別してはならないという制約の範囲内で、個々の学校によって定義されます。学校は、女の子用のズボンまたは宗教的な服装を許可することを選択できます。[300]

留学生アセスメントのためのプログラムによって調整OECDは現在、OECDの平均と比較して、平均的な英国の学生の得点503.7とリテラシー、数学、科学を読んで、世界で13番目として、英国の15歳の全体的な知識とスキルをランク付け493の、米国ヨーロッパのほとんどに先んじて[301]

ほとんどの英語中等学校は包括的ですが入学が11以上の試験に合格することを条件とする選択的な摂取文法学校があります。英語の学童の約7.2%が私立学校通っています。私立学校は私立の資金で運営されています。[302]公立学校の基準は教育基準局によって監視されており、私立学校の基準は私立学校監査局によって監視されています。[303]

義務教育を終えた後、学生はGCSE試験を受けます。その後、学生は2年間さらなる教育を継続することを選択できますさらなる教育大学(特にシックスフォームカレッジ)は、しばしば中等学校の敷地の一部を形成します。Aレベルの試験は、多くの高等教育の学生によって行われ、多くの場合、大学への出願の基礎を形成します。さらなる教育(FE)は、TレベルBTECNVQなどを含む幅広い学習カリキュラムと見習いをカバーしています。高等専門学校は、アカデミックコースと職業コースの両方を提供しています。[304]

高等教育の学生は通常、18歳から大学に通い、そこで学位を取得します。イギリスには90以上の大学があり、そのうちの1つを除いてすべてが公立大学ですビジネス・イノベーション・技能省は、イングランドの高等教育を担当する政府部門です。[305]学生は一般的に授業料と生活費の費用をカバーするために学生ローン受ける権利があります。[nb 7]学部生に提供される最初の学位は、学士号です。、通常、完了するまでに3年かかります。その後、学生は通常1年かかる大学院の学位、または3年以上かかる博士号に向けて取り組むことができます。[306]

イギリスの大学には、世界で最もランクの高い大学がいくつか含まれています。ケンブリッジ大学オックスフォード大学インペリアルカレッジロンドンユニバーシティカレッジロンドンキングスカレッジロンドンはすべて、2018QS世界大学ランキングで世界のトップ30にランクされています。[307]ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスは、教育と研究の両方のための世界有数の社会科学機関として記載されています。[308]ロンドンビジネススクールは世界をリードするビジネススクールの1つと見なされており、2010年にそのMBAプログラムはフィナンシャルタイムズによって世界で最高にランク付けされました[309] イギリスの学位は通常、クラスに分けられます:ファーストクラス(1位)、アッパーセカンドクラス(2:1)、ロワーセカンドクラス(2:2)、サード(3位)、および未分類。[306]

王の学校、カンタベリー王の学校、ロチェスターは、英語圏の世界最古の学校です。[310]ウィンチェスターカレッジイートンセントポールズスクールハロースクールラグビースクールなど、イングランドで最も有名な学校の多くは有料の教育機関です。[311]

文化

建築

赤い電話ボックスの前にあるセント・ポール大聖堂、の最も重要な建物の一つ英語バロック

多くの古代の立っている石碑が先史時代に建てられました。最もよく知られているのは、ストーンヘンジデビルズアローズラッドストンモノリスキャッスルリッグです。[312]古代ローマ建築の導入に伴い、大聖堂浴場円形闘技場凱旋門別荘ローマ寺院ローマ街道ローマ砦水道橋が開発されました[313]ロンドン、バース、ヨーク、チェスター、セントオールバンズなどの最初の都市や町を設立したのはローマ人でした。おそらく最もよく知られている例は、イングランド北部に広がるハドリアヌスの城壁です。[313]別のよく保存例は、ローマンバース、サマセット[313]

初期の中世建築の世俗的な建物は、主に屋根に茅葺きの木材を使用した単純な構造でした。教会アーキテクチャは合成の範囲であったHiberno -サクソン 修道院[314] [315]初期キリスト教の 大聖堂付柱ストリップ、ブランクarcading、手すり軸と三角頭開口部を特徴としアーキテクチャ。 1066年にノルマンが征服した後、イギリスのさまざまなが作られました。これにより、法王は彼らの権威を守り、北部では侵略から身を守ることができました。最も有名な中世の城のいくつかはロンドン塔ウォーリック城ですダラム城ウィンザー城[316]

ボディアム城は、イーストサセックスのロバーツブリッジ近くにある 14世紀の堀のある城です。

プランタジネット朝の時代を通して、英国のゴシック建築が栄え、カンタベリー大聖堂ウェストミンスター寺院ヨークミンスターなど中世の大聖堂がその代表的な例でした。[316]に拡大ノーマンベースは、もあった宮殿素晴らしい家、大学や教区の教会。中世の建築は16世紀のチューダー様式で完成しました。現在チューダーアーチとして知られている4中心のアーチは、小舞壁と同様に決定的な特徴でした。国内の住宅。ルネッサンスの余波で、キリスト教と統合された古典古代を反映した建築の形態が現れ、建築家クリストファー・レンの英国バロック様式が特に支持されました。[317]

ジョージ王朝時代の建築は、より洗練されたスタイルで続き、シンプルなパラディオ様式を想起させました。バースロイヤルクレセントは、この最も良い例の1つです。ビクトリア朝時代ロマン主義の出現により、ゴシックリバイバルが始まりました。これに加えて、ほぼ同時に産業革命は水晶宮のような建物への道を開いた1930年代以降、さまざまなモダニズムの形態が出現し、その受容はしばしば物議を醸していますが、伝統主義のレジスタンス運動は影響力のある場所での支援を続けています。[nb 8]

庭園

ストウヘッドのランドスケープガーデン。17世紀の偉大な風景画家触発されたランドスケープガーデンは、1750年代に最初にオープンしたとき、「生きた芸術作品」と呼ばれていました。[319]

Capability Brownによって開発されたランドスケープガーデニングは、英国式庭園の国際的なトレンドを打ち立てましたガーデニング、そして庭を訪れることは、典型的には英国の追求と見なされています。イングリッシュガーデンは、理想的な自然の眺めを提供しました。大規模なカントリーハウスでは、英国式庭園には通常、湖、木立に囲まれた緩やかに転がる芝生のスイープ、牧歌的な牧歌的な風景を再現するように設計された古典的な寺院、ゴシック遺跡、橋、その他の美しい建築物の再現が含まれていました。[320]

18世紀の終わりまでに、英国式庭園はフランスの風景庭園によって模倣され、遠く離れたロシアのサンクトペテルブルクまで、将来の皇帝ポールの庭園であるパブロフスクにありました。また、19世紀に世界中に出現した公園や庭園の形態にも大きな影響を与えました[321]英国式庭園は、英国のカントリーハウスとマナーハウスを中心としていた[320]

イングリッシュヘリテッジナショナルトラストは、全国の素晴らしい庭園と景観公園を保護しています。[322] RHSチェルシーフラワーショーはで毎年開催される英国王立園芸協会と世界最大のガーデニングショーと言われています。[323]

フォークロア

ロビンフッドメイドマリアン

英語の民間伝承は何世紀にもわたって発展してきました。一部の登場人物や物語はイギリス全土に存在しますが、ほとんどは特定の地域に属しています。一般的な民俗生物には、ピクシー巨人エルフブギーマントロールゴブリンドワーフが含まれます。多くの伝説や民俗風習は、このような特徴の物語として、古代であると考えられている一方で天使のOFFAウェイランド・スミス[324]ノーマン侵攻後から他の日を。ロビンフッドシャーウッドの彼の陽気な男性フィーチャーした伝説, and their battles with the Sheriff of Nottingham, are among the best-known of these.[325]

During the High Middle Ages tales originating from Brythonic traditions entered English folklore and developed into the Arthurian myth.[326][327][328] These were derived from Anglo-Norman, Welsh and French sources,[327] featuring King Arthur, Camelot, Excalibur, Merlin and the Knights of the Round Table such as Lancelot. These stories are most centrally brought together within Geoffrey of Monmouth's Historia Regum Britanniae (History of the Kings of Britain).[nb 9] Another early figure from British tradition, King Cole, may have been based on a real figure from Sub-Roman Britain. Many of the tales and pseudo-histories make up part of the wider Matter of Britain, a collection of shared British folklore.

Some folk figures are based on semi or actual historical people whose story has been passed down centuries; Lady Godiva for instance was said to have ridden naked on horseback through Coventry, Hereward the Wake was a heroic English figure resisting the Norman invasion, Herne the Hunter is an equestrian ghost associated with Windsor Forest and Great Park and Mother Shipton is the archetypal witch.[330] On 5 November people make bonfires, set off fireworks and eat toffee apples in commemoration of the foiling of the Gunpowder Plot centred on Guy Fawkes. The chivalrous bandit, such as Dick Turpin, is a recurring character, while Blackbeard is the archetypal pirate. There are various national and regional folk activities, participated in to this day, such as Morris dancing, Maypole dancing, Rapper sword in the North East, Long Sword dance in Yorkshire, Mummers Plays, bottle-kicking in Leicestershire, and cheese-rolling at Cooper's Hill.[331] There is no official national costume, but a few are well established such as the Pearly Kings and Queens associated with cockneys, the Royal Guard, the Morris costume and Beefeaters.[332]

Cuisine

Fish and chips is a very popular dish in England.
Apple pie has been consumed in England since the Middle Ages.
In the 1850s, Englishman Joseph Fry invented the world's first solid chocolate.[333]
Chicken tikka masala, 1971, adapted from Indian chicken tikka and called "a true British national dish."[334]

Since the early modern period the food of England has historically been characterised by its simplicity of approach and a reliance on the high quality of natural produce.[335] During the Middle Ages and through the Renaissance period, English cuisine enjoyed an excellent reputation, though a decline began during the Industrial Revolution with the move away from the land and increasing urbanisation of the populace. The cuisine of England has, however, recently undergone a revival, which has been recognised by food critics with some good ratings in Restaurant's best restaurant in the world charts.[336] An early book of English recipes is the Forme of Cury from the royal court of Richard II.[337]

Traditional examples of English food include the Sunday roast, featuring a roasted joint (usually beef, lamb, chicken or pork) served with assorted vegetables, Yorkshire pudding and gravy.[338] Other prominent meals include fish and chips and the full English breakfast (generally consisting of bacon, sausages, grilled tomatoes, fried bread, black pudding, baked beans, mushrooms and eggs).[339] Various meat pies are consumed, such as steak and kidney pie, steak and ale pie, cottage pie, pork pie (usually eaten cold)[338] and the Cornish pasty.

Sausages are commonly eaten, either as bangers and mash or toad in the hole. Lancashire hotpot is a well-known stew originating in the northwest. Some of the more popular cheeses are Cheddar, Red Leicester, Wensleydale, Double Gloucester and Blue Stilton. Many Anglo-Indian hybrid dishes, curries, have been created, such as chicken tikka masala and balti. Traditional English dessert dishes include apple pie or other fruit pies; spotted dick – all generally served with custard; and, more recently, sticky toffee pudding. Sweet pastries include scones (either plain or containing dried fruit) served with jam or cream, dried fruit loaves, Eccles cakes and mince pies as well as a wide range of sweet or spiced biscuits.

Common non-alcoholic drinks include tea, the popularity of which was increased by Catherine of Braganza,[340] and coffee; frequently consumed alcoholic drinks include wine, ciders and English beers, such as bitter, mild, stout and brown ale.[341]

Visual arts

The Hay Wain by John Constable, 1821, is an archetypal English painting.
The Lady of Shalott by John William Waterhouse, 1888, in the Pre-Raphaelite style

The earliest known examples are the prehistoric rock and cave art pieces, most prominent in North Yorkshire, Northumberland and Cumbria, but also feature further south, for example at Creswell Crags.[342] With the arrival of Roman culture in the 1st century, various forms of art such as statues, busts, glasswork and mosaics were the norm. There are numerous surviving artefacts, such as those at Lullingstone and Aldborough.[343] During the Early Middle Ages the style favoured sculpted crosses and ivories, manuscript painting, gold and enamel jewellery, demonstrating a love of intricate, interwoven designs such as in the Staffordshire Hoard discovered in 2009. Some of these blended Gaelic and Anglian styles, such as the Lindisfarne Gospels and Vespasian Psalter.[344] Later Gothic art was popular at Winchester and Canterbury, examples survive such as Benedictional of St. Æthelwold and Luttrell Psalter.[345]

The Tudor era saw prominent artists as part of their court, portrait painting which would remain an enduring part of English art, was boosted by German Hans Holbein, natives such as Nicholas Hilliard built on this.[345] Under the Stuarts, Continental artists were influential especially the Flemish, examples from the period include Anthony van Dyck, Peter Lely, Godfrey Kneller and William Dobson.[345] The 18th century was a time of significance with the founding of the Royal Academy, a classicism based on the High Renaissance prevailed, with Thomas Gainsborough and Joshua Reynolds becoming two of England's most treasured artists.[345]

In the 19th century, Constable and Turner were major landscape artists. The Norwich School continued the landscape tradition, while the Pre-Raphaelite Brotherhood, led by artists such as Holman Hunt, Dante Gabriel Rossetti and John Everett Millais, revived the Early Renaissance style with their vivid and detailed style.[345] Prominent amongst 20th-century artists was Henry Moore, regarded as the voice of British sculpture, and of British modernism in general.[346] More recent painters include Lucian Freud, whose work Benefits Supervisor Sleeping in 2008 set a world record for sale value of a painting by a then-living artist.[347] The Royal Society of Arts is an organisation committed to the arts and culture.[348]

Literature, poetry, and philosophy

Geoffrey Chaucer was an English author, poet and philosopher, best remembered for his unfinished frame narrative The Canterbury Tales.

Early authors such as Bede and Alcuin wrote in Latin.[349] The period of Old English literature provided the epic poem Beowulf and the secular prose of the Anglo-Saxon Chronicle,[350] along with Christian writings such as Judith, Cædmon's Hymn and hagiographies.[349] Following the Norman conquest Latin continued amongst the educated classes, as well as an Anglo-Norman literature.

Middle English literature emerged with Geoffrey Chaucer, author of The Canterbury Tales, along with Gower, the Pearl Poet and Langland. William of Ockham and Roger Bacon, who were Franciscans, were major philosophers of the Middle Ages. Julian of Norwich, who wrote Revelations of Divine Love, was a prominent Christian mystic. With the English Renaissance literature in the Early Modern English style appeared. William Shakespeare, whose works include Hamlet, Romeo and Juliet, Macbeth, and A Midsummer Night's Dream, remains one of the most championed authors in English literature.[351]

Christopher Marlowe, Edmund Spenser, Philip Sydney, Thomas Kyd, John Donne, and Ben Jonson are other established authors of the Elizabethan age.[352] Francis Bacon and Thomas Hobbes wrote on empiricism and materialism, including scientific method and social contract.[352] Filmer wrote on the Divine Right of Kings. Marvell was the best-known poet of the Commonwealth,[353] while John Milton authored Paradise Lost during the Restoration.

This royal throne of kings, this sceptred isle, this earth of majesty, this seat of Mars, this other Eden, demi-paradise; this fortress, built by nature for herself. This blessed plot, this earth, this realm, this England.

William Shakespeare.[354]

Some of the most prominent philosophers of the Enlightenment were John Locke, Thomas Paine, Samuel Johnson and Jeremy Bentham. More radical elements were later countered by Edmund Burke who is regarded as the founder of conservatism.[355] The poet Alexander Pope with his satirical verse became well regarded. The English played a significant role in romanticism: Samuel Taylor Coleridge, Lord Byron, John Keats, Mary Shelley, Percy Bysshe Shelley, William Blake and William Wordsworth were major figures.[356]

In response to the Industrial Revolution, agrarian writers sought a way between liberty and tradition; William Cobbett, G. K. Chesterton and Hilaire Belloc were main exponents, while the founder of guild socialism, Arthur Penty, and cooperative movement advocate G. D. H. Cole are somewhat related.[357] Empiricism continued through John Stuart Mill and Bertrand Russell, while Bernard Williams was involved in analytics. Authors from around the Victorian era include Charles Dickens, the Brontë sisters, Jane Austen, George Eliot, Rudyard Kipling, Thomas Hardy, H. G. Wells and Lewis Carroll.[358] Since then England has continued to produce novelists such as George Orwell, D. H. Lawrence, Virginia Woolf, C. S. Lewis, Enid Blyton, Aldous Huxley, Agatha Christie, Terry Pratchett, J. R. R. Tolkien, and J. K. Rowling.[359]

Performing arts

The traditional folk music of England is centuries old and has contributed to several genres prominently; mostly sea shanties, jigs, hornpipes and dance music. It has its own distinct variations and regional peculiarities. Ballads featuring Robin Hood, printed by Wynkyn de Worde in the 16th century, are an important artefact, as are John Playford's The Dancing Master and Robert Harley's Roxburghe Ballads collections.[360] Some of the best-known songs are Greensleeves, Pastime with Good Company, Maggie May and Spanish Ladies amongst others. Many nursery rhymes are of English origin such as Mary, Mary, Quite Contrary, Roses are red, Jack and Jill, London Bridge Is Falling Down, The Grand Old Duke of York, Hey Diddle Diddle and Humpty Dumpty.[361] Traditional English Christmas carols include "We Wish You a Merry Christmas", "The First Noel", “I Saw Three Ships” and "God Rest You Merry, Gentlemen".[362]

Early English composers in classical music include Renaissance artists Thomas Tallis and William Byrd, followed up by Henry Purcell from the Baroque period. German-born George Frideric Handel spent most of his composing life in London and became a national icon in Britain, creating some of the most well-known works of classical music, especially his English oratorios, The Messiah, Solomon, Water Music, and Music for the Royal Fireworks.[363] One of his four Coronation Anthems, Zadok the Priest, composed for the coronation of George II, has been performed at every subsequent British coronation, traditionally during the sovereign's anointing.

Classical music attracted much attention from 1784 with the formation of the Birmingham Triennial Music Festival, which was the longest running classical music festival of its kind until the final concerts in 1912. The English Musical Renaissance was a hypothetical development in the late 19th and early 20th century, when English composers, often those lecturing or trained at the Royal College of Music, were said to have freed themselves from foreign musical influences. There was a revival in the profile of composers from England in the 20th century led by Edward Elgar, Benjamin Britten, Frederick Delius, Gustav Holst, Ralph Vaughan Williams and others.[364] Present-day composers from England include Michael Nyman, best known for The Piano, and Andrew Lloyd Webber, whose musicals have achieved enormous success in the West End and worldwide.[365]

The Royal Albert Hall is a concert hall on the northern edge of South Kensington, London. Since the hall's opening by Queen Victoria in 1871, the world's leading artists from many performance genres have appeared on its stage.
The Beatles are the most commercially successful and critically acclaimed band in popular music.[366]

In popular music, many English bands and solo artists have been cited as the most influential and best-selling musicians of all time. Acts such as The Beatles, Led Zeppelin, Pink Floyd, Elton John, Queen, Rod Stewart, David Bowie, The Rolling Stones and Def Leppard are among the highest-selling recording artists in the world.[367] Many musical genres have origins in (or strong associations with) England, such as British invasion, progressive rock, hard rock, Mod, glam rock, heavy metal, Britpop, indie rock, gothic rock, shoegazing, acid house, garage, trip hop, drum and bass and dubstep.[368]

Large outdoor music festivals in the summer and autumn are popular, such as Glastonbury, V Festival, and the Reading and Leeds Festivals. England was at the forefront of the illegal, free rave movement from the late 1980s, which led to pan-European culture of teknivals mirrored on the UK free festival movement and associated travelling lifestyle.[369] The Boishakhi Mela is a Bengali New Year festival celebrated by the British Bangladeshi community. It is the largest open-air Asian festival in Europe. After the Notting Hill Carnival, it is the second-largest street festival in the United Kingdom attracting over 80,000 visitors from across the country.[370]

The most prominent opera house in England is the Royal Opera House at Covent Garden.[371] The Proms – a season of orchestral classical concerts held primarily at the Royal Albert Hall in London – is a major cultural event in the English calendar, and takes place yearly.[371] The Royal Ballet is one of the world's foremost classical ballet companies, its reputation built on two prominent figures of 20th-century dance, prima ballerina Margot Fonteyn and choreographer Frederick Ashton. The Royal Academy of Music is the oldest conservatoire in England, founded in 1822. It received its royal charter in 1830 from King George IV.[372] England is home to numerous major orchestras such as the BBC Symphony Orchestra, the Royal Philharmonic Orchestra, the Philharmonia Orchestra, and the London Symphony Orchestra.[373]

The circus is a traditional form of entertainment in England. Chipperfield's Circus dates back more than 300 years, making it one of the oldest family circus dynasties.[374] Philip Astley is regarded as the father of the modern circus.[375] Following his invention of the circus ring in 1768, Astley's Amphitheatre opened in London in 1773.[375][376] As an equestrian master Astley had a skill for trick horse-riding, and when he added tumblers, tightrope-walkers, jugglers, performing dogs, and a clown to fill time between his own demonstrations – the modern circus was born.[377][378]

Pantomime is a British musical comedy stage production, designed for family entertainment. It is performed in theatres throughout the England during the Christmas and New Year season. The art originated in the 18th century with John Weaver, a dance master and choreographer.[379] In 19th century England it acquired its present form, which includes songs, slapstick comedy and dancing, employing gender-crossing actors, combining topical humour with a story loosely based on a well-known fairy tale.[379]

Cinema

Ridley Scott was among a group of English filmmakers, including Tony Scott, Alan Parker, Hugh Hudson and Adrian Lyne, who emerged from making 1970s UK television commercials.[380]

England (and the UK as a whole) has had a considerable influence on the history of the cinema, producing some of the greatest actors, directors and motion pictures of all time, including Alfred Hitchcock, Charlie Chaplin, David Lean, Laurence Olivier, Vivien Leigh, John Gielgud, Peter Sellers, Julie Andrews, Michael Caine, Gary Oldman, Helen Mirren, Kate Winslet and Daniel Day-Lewis. Hitchcock and Lean are among the most critically acclaimed filmmakers.[381] Hitchcock's first thriller, The Lodger: A Story of the London Fog (1926), helped shape the thriller genre in film, while his 1929 film, Blackmail, is often regarded as the first British sound feature film.[382]

Major film studios in England include Pinewood, Elstree and Shepperton. Some of the most commercially successful films of all time have been produced in England, including two of the highest-grossing film franchises (Harry Potter and James Bond).[383] Ealing Studios in London has a claim to being the oldest continuously working film studio in the world.[384] Famous for recording many motion picture film scores, the London Symphony Orchestra first performed film music in 1935.[385] The Hammer Horror films starring Christopher Lee saw the production of the first gory horror films showing blood and guts in colour.[386]

The BFI Top 100 British films includes Monty Python's Life of Brian (1979), a film regularly voted the funniest of all time by the UK public.[387] English producers are also active in international co-productions and English actors, directors and crew feature regularly in American films. The UK film council ranked David Yates, Christopher Nolan, Mike Newell, Ridley Scott and Paul Greengrass the five most commercially successful English directors since 2001.[388] Other contemporary English directors include Sam Mendes, Guy Ritchie and Richard Curtis. Current actors include Tom Hardy, Daniel Craig, Benedict Cumberbatch, Lena Headey, Felicity Jones, Emilia Clarke, Lashana Lynch, and Emma Watson. Acclaimed for his motion capture work, Andy Serkis opened The Imaginarium Studios in London in 2011.[389] The visual effects company Framestore in London has produced some of the most critically acclaimed special effects in modern film.[390] Many successful Hollywood films have been based on English people, stories or events. The 'English Cycle' of Disney animated films include Alice in Wonderland, The Jungle Book and Winnie the Pooh.[391]

Museums, libraries, and galleries

The Natural History Museum in London

English Heritage is a governmental body with a broad remit of managing the historic sites, artefacts and environments of England. It is currently sponsored by the Department for Digital, Culture, Media and Sport. The charity National Trust for Places of Historic Interest or Natural Beauty holds a contrasting role. 17 of the 25 United Kingdom UNESCO World Heritage Sites fall within England.[392] Some of the best-known of these are: Hadrian's Wall, Stonehenge, Avebury and Associated Sites, Tower of London, Jurassic Coast, Saltaire, Ironbridge Gorge, Studley Royal Park and various others.[393]

There are many museums in England, but perhaps the most notable is London's British Museum. Its collection of more than seven million objects[394] is one of the largest and most comprehensive in the world,[395] sourced from every continent, illustrating and documenting the story of human culture from its beginning to the present. The British Library in London is the national library and is one of the world's largest research libraries, holding over 150 million items in almost all known languages and formats; including around 25 million books.[396][397] The most senior art gallery is the National Gallery in Trafalgar Square, which houses a collection of over 2,300 paintings dating from the mid-13th century to 1900.[398] The Tate galleries house the national collections of British and international modern art; they also host the famously controversial Turner Prize.[399]

Media

The BBC, founded in 1922, is the UK's publicly funded radio, television and Internet broadcasting corporation, and is the oldest and largest broadcaster in the world.[400][401] It operates numerous television and radio stations in the UK and abroad and its domestic services are funded by the television licence.[402][403] The BBC World Service is an international broadcaster owned and operated by the BBC. It is the world's largest of any kind.[404] It broadcasts radio news, speech and discussions in more than 40 languages.[405][406]

London dominates the media sector in England: national newspapers and television and radio are largely based there, although Manchester is also a significant national media centre. The UK publishing sector, including books, directories and databases, journals, magazines and business media, newspapers and news agencies, has a combined turnover of around £20 billion and employs around 167,000 people.[407] National newspapers produced in England include The Times, The Guardian and the Financial Times.[408]

Magazines and journals published in England that have achieved worldwide circulation include Nature, New Scientist, The Spectator, Prospect, NME and The Economist. The Secretary of State for Digital, Culture, Media and Sport has overall responsibility over media and broadcasting in England.[409]

Sport

Queen Elizabeth II presenting the World Cup trophy to 1966 World Cup winning England captain Bobby Moore

England has a strong sporting heritage, and during the 19th century codified many sports that are now played around the world. Sports originating in England include association football,[410] cricket, rugby union, rugby league, tennis, boxing, badminton, squash,[411] rounders,[412] hockey, snooker, billiards, darts, table tennis, bowls, netball, thoroughbred horseracing, greyhound racing and fox hunting. It has helped the development of golf, sailing and Formula One.

Football is the most popular of these sports. The England national football team, whose home venue is Wembley Stadium, played Scotland in the first ever international football match in 1872.[413] Referred to as the "home of football" by FIFA, England hosted the 1966 FIFA World Cup, and won the tournament by defeating West Germany 4–2 in the final, with Geoff Hurst scoring a hat-trick.[414] With a British television audience peak of 32.30 million viewers, the final is the most watched television event ever in the UK.[415]

Wembley Stadium, home of the England football team, has a 90,000 capacity. It is the biggest stadium in the UK.

At club level, England is recognised by FIFA as the birthplace of club football, due to Sheffield F.C. founded in 1857 being the world's oldest club.[410] The Football Association is the oldest governing body in the sport, with the rules of football first drafted in 1863 by Ebenezer Cobb Morley.[416] The FA Cup and The Football League were the first cup and league competitions respectively. In the modern day, the Premier League is the world's most-watched football league,[417] most lucrative,[418] and amongst the elite.[419]

As is the case throughout the UK, football in England is notable for the rivalries between clubs and the passion of the supporters, which includes a tradition of football chants.[420] The most successful English football team in the European Cup/UEFA Champions League is Liverpool F.C. who have won the competition on six occasions.[421] Other English success has come from Manchester United F.C., winning the competition on 3 occasions; Nottingham Forest F.C. on 2 occasions, Aston Villa F.C. and Chelsea F.C. have both won the trophy once.[422]

England playing Australia at Lord's Cricket Ground in the 2009 Ashes series. After winning the 2019 Cricket World Cup, England became the first country to win the World Cups in football, rugby union and cricket.[423]

Cricket is generally thought to have been developed in the early medieval period among the farming and metalworking communities of the Weald.[424] The England cricket team is a composite England and Wales, team. One of the game's top rivalries is The Ashes series between England and Australia, contested since 1882. The climax of the 2005 Ashes was viewed by 7.4 million as it was available on terrestrial television.[425] England has hosted five Cricket World Cups (1975, 1979, 1983, 1999 and 2019), winning the 2019 edition in a final regarded as one of the greatest one day internationals ever played.[426] They hosted the ICC World Twenty20 in 2009, winning this format in 2010 beating rivals Australia in the final. In the domestic competition, the County Championship, Yorkshire are by far the most successful club having won the competition 32 times outright and sharing it on 1 other occasion.[427] Lord's Cricket Ground situated in London is sometimes referred to as the "Mecca of Cricket".[428]

William Penny Brookes was prominent in organising the format for the modern Olympic Games. In 1994, then President of the IOC, Juan Antonio Samaranch, laid a wreath on Brooke's grave, and said, "I came to pay homage and tribute to Dr Brookes, who really was the founder of the modern Olympic Games".[429] London has hosted the Summer Olympic Games three times, in 1908, 1948, and 2012. England competes in the Commonwealth Games, held every four years. Sport England is the governing body responsible for distributing funds and providing strategic guidance for sporting activity in England. The Minister for Sport and Civil Society has responsibility for sport in England.[430]

The England rugby union team during their victory parade after winning the 2003 Rugby World Cup

Rugby union originated in Rugby School, Warwickshire in the early 19th century.[431] The England rugby union team won the 2003 Rugby World Cup, with Jonny Wilkinson scoring the winning drop goal in the last minute of extra time against Australia. England was one of the host nations of the competition in the 1991 Rugby World Cup and also hosted the 2015 Rugby World Cup.[432] The top level of club participation is the English Premiership. Leicester Tigers, London Wasps, Bath Rugby and Northampton Saints have had success in the Europe-wide Heineken Cup.

Rugby league was born in Huddersfield in 1895. Since 2008, the England national rugby league team has been a full test nation in lieu of the Great Britain national rugby league team, which won three World Cups but is now retired. Club sides play in Super League, the present-day embodiment of the Rugby Football League Championship. Rugby League is most popular among towns in the northern English counties of Lancashire, Yorkshire and Cumbria.[433] The vast majority of English clubs in Super League are based in the north of England. Some of the most successful clubs include Wigan Warriors, Hull F.C. St. Helens, Leeds Rhinos and Huddersfield Giants; the former three have all won the World Club Challenge previously.

Golf has been prominent in England; due in part to its cultural and geographical ties to Scotland, the home of Golf.[434] There are both professional tours for men and women, in two main tours: the PGA and the European Tour. England has produced grand slam winners: Cyril Walker, Tony Jacklin, Nick Faldo, and Justin Rose in the men's and Laura Davies, Alison Nicholas, and Karen Stupples in the women's. The world's oldest golf tournament, and golf's first major is The Open Championship, played both in England and Scotland. The biennial golf competition, the Ryder Cup, is named after English businessman Samuel Ryder who sponsored the event and donated the trophy.[435] Nick Faldo is the most successful Ryder Cup player ever, having won the most points (25) of any player on either the European or US teams.[436]

Centre Court at Wimbledon. First played in 1877, the Wimbledon Championships is the oldest tennis tournament in the world.[437]

Tennis was created in Birmingham in the late 19th century, and the Wimbledon Championships is the oldest tennis tournament in the world, and widely considered the most prestigious.[438][439] Wimbledon is a tournament that has a major place in the British cultural calendar. Fred Perry was the last Englishman to win Wimbledon in 1936. He was the first player to win all four Grand Slam singles titles[440] and helped lead the Great Britain team to four Davis Cup wins. English women who have won Wimbledon include: Ann Haydon Jones in 1969 and Virginia Wade in 1977.

In boxing, under the Marquess of Queensberry Rules, England has produced many world champions across the weight divisions internationally recognised by the governing bodies. World champions include Bob Fitzsimmons, Ted "Kid" Lewis, Randolph Turpin, Nigel Benn, Chris Eubank, Frank Bruno, Lennox Lewis, Ricky Hatton, Naseem Hamed, Amir Khan, Carl Froch, and David Haye.[441] In women's boxing, Nicola Adams became the world's first woman to win an Olympic boxing gold medal at the 2012 Summer Olympics.

Originating in 17th and 18th-century England, the thoroughbred is a horse breed best known for its use in horse racing. The National Hunt horse race the Grand National, is held annually at Aintree Racecourse in early April. It is the most watched horse race in the UK, attracting casual observers, and three-time winner Red Rum is the most successful racehorse in the event's history.[442] Red Rum is also the best-known racehorse in the country.[443]

Former Formula One world champion Nigel Mansell driving at Silverstone in 1990. The circuit hosted the first ever Formula One race in 1950.

The 1950 British Grand Prix at Silverstone was the first race in the newly created Formula One World Championship.[444] Since then, England has produced some of the greatest drivers in the sport, including; John Surtees, Stirling Moss, Graham Hill (only driver to have won the Triple Crown), Nigel Mansell (only man to hold F1 and IndyCar titles at the same time), Damon Hill, Lewis Hamilton and Jenson Button.[445] It has manufactured some of the most technically advanced racing cars, and many of today's racing companies choose England as their base of operations for its engineering knowledge and organisation. McLaren Automotive, Williams F1, Team Lotus, Honda, Brawn GP, Benetton, Renault, and Red Bull Racing are all, or have been, located in the south of England. England also has a rich heritage in Grand Prix motorcycle racing, the premier championship of motorcycle road racing, and produced several World Champions across all the various class of motorcycle: Mike Hailwood, John Surtees, Phil Read, Geoff Duke, and Barry Sheene.

Mo Farah is the most successful British track athlete in modern Olympic Games history, winning the 5000 m and 10,000 m events at two Olympic Games.

Darts is a widely popular sport in England; a professional competitive sport, darts is a traditional pub game. The sport is governed by the World Darts Federation, one of its member organisations is the British Darts Organisation (BDO), which annually stages the BDO World Darts Championship, the other being the Professional Darts Corporation (PDC), which runs its own world championship at Alexandra Palace in London. Phil Taylor is widely regarded as the best darts player of all time, having won 187 professional tournaments, and a record 16 World Championships.[446][447] Trina Gulliver is the ten-time Women's World Professional Darts Champion of the British Darts Organisation. Another popular sport commonly associated with pub games is Snooker, and England has produced several world champions, including Steve Davis and Ronnie O'Sullivan.

The English are keen sailors and enjoy competitive sailing; founding and winning some of the world's most famous and respected international competitive tournaments across the various race formats, including the match race, a regatta, and the America's Cup. England has produced some of the world's greatest sailors, including Francis Chichester, Herbert Hasler, John Ridgway, Robin Knox-Johnston, Ellen MacArthur, Mike Golding, Paul Goodison, and the most successful Olympic sailor ever Ben Ainslie.[448]

National symbols

The Royal Arms of England

The St George's Cross has been the national flag of England since the 13th century. Originally the flag was used by the maritime Republic of Genoa. The English monarch paid a tribute to the Doge of Genoa from 1190 onwards so that English ships could fly the flag as a means of protection when entering the Mediterranean. A red cross was a symbol for many Crusaders in the 12th and 13th centuries. It became associated with Saint George, along with countries and cities, which claimed him as their patron saint and used his cross as a banner.[449] Since 1606 the St George's Cross has formed part of the design of the Union Flag, a Pan-British flag designed by King James I.[291] During the English Civil War and Interregnum, the New Model Army's standards and the Commonwealth's Great Seal both incorporated the flag of Saint George.[450][451]

The Tudor rose, England's national floral emblem

There are numerous other symbols and symbolic artefacts, both official and unofficial, including the Tudor rose, the nation's floral emblem, and the Three Lions featured on the Royal Arms of England. The Tudor rose was adopted as a national emblem of England around the time of the Wars of the Roses as a symbol of peace.[452] It is a syncretic symbol in that it merged the white rose of the Yorkists and the red rose of the Lancastrians—cadet branches of the Plantagenets who went to war over control of the nation. It is also known as the Rose of England.[453] The oak tree is a symbol of England, representing strength and endurance. The Royal Oak symbol and Oak Apple Day commemorate the escape of King Charles II from the grasp of the parliamentarians after his father's execution: he hid in an oak tree to avoid detection before safely reaching exile.

The Royal Arms of England, a national coat of arms featuring three lions, originated with its adoption by Richard the Lionheart in 1198. It is blazoned as gules, three lions passant guardant or and it provides one of the most prominent symbols of England; it is similar to the traditional arms of Normandy. England does not have an official designated national anthem, as the United Kingdom as a whole has God Save the Queen. However, the following are often considered unofficial English national anthems:Jerusalem, Land of Hope and Glory (used for England during the 2002 Commonwealth Games),[454] and I Vow to Thee, My Country. England's National Day is 23 April which is Saint George's Day: Saint George is the patron saint of England.[455]

See also

  • Outline of England
    • Outline of the United Kingdom

Notes

  1. ^ According to the European Statistical Agency, London was the largest Larger urban zone in the EU, a measure of metropolitan area which comprises a city's urban core as well as its surrounding commuting zone. London's municipal population was also the largest in the EU.
  2. ^ As Roger Scruton explains, "The Reformation must not be confused with the changes introduced into the Church of England during the 'Reformation Parliament' of 1529–36, which were of a political rather than a religious nature, designed to unite the secular and religious sources of authority within a single sovereign power: the Anglican Church did not make substantial change in doctrine until later."[64]
  3. ^ Figure of 550,000 military deaths is for England and Wales[94]
  4. ^ For instance, in 1980 around 50 million Americans claimed English ancestry.[250] In Canada there are around 6.5 million Canadians who claim English ancestry.[251] Around 70% of Australians in 1999 denoted their origins as Anglo-Celtic, a category which includes all peoples from Great Britain and Ireland.[252] Chileans of English descent are somewhat of an anomaly in that Chile itself was never part of the British Empire, but today there are around 420,000 people of English origins living there.[253]
  5. ^ a b People who strictly identified as "Pagan". Other Pagan paths, such as Wicca or Druidism, have not been included in this number.[294]
  6. ^ People who strictly identified as "Wiccan". Other Pagan paths, such as Druidism, and general "Pagan" have not been included in this number.[294]
  7. ^ Students attending English universities now have to pay tuition fees towards the cost of their education, as do English students who choose to attend university in Scotland. Scottish students attending Scottish universities have their fees paid by the devolved Scottish Parliament.[109]
  8. ^ While people such as Norman Foster and Richard Rogers represent the modernist movement, Prince Charles since the 1980s has voiced strong views against it in favour of traditional architecture and put his ideas into practice at his Poundbury development in Dorset.[318] Architects like Raymond Erith, Francis Johnson and Quinlan Terry continued to practise in the classical style.
  9. ^ These tales may have come to prominence, at least in part, as an attempt by the Norman ruling elite to legitimise their rule of the British Isles, finding Anglo-Saxon history ill-suited to the task during an era when members of the deposed House of Wessex, especially Edgar the Ætheling and his nephews of the Scottish House of Dunkeld, were still active in the isles.[327][329] Also Michael Wood explains; "Over the centuries the figure of Arthur became a symbol of British history – a way of explaining the matter of Britain, the relationship between the Saxons and the Celts, and a way of exorcising ghosts and healing the wounds of the past."[326]

References

  1. ^ "2011 Census: KS201EW Ethnic group: local authorities in England and Wales". Office for National Statistics. Retrieved 18 April 2014.
  2. ^ Region and Country Profiles, Key Statistics and Profiles, October 2013, ONS. Retrieved 9 August 2015.
  3. ^ "Population estimates for the UK, England and Wales, Scotland and Northern Ireland – Office for National Statistics". www.ons.gov.uk.
  4. ^ "2011 Census: Population and Household Estimates for England and Wales, March 2011". www.ons.gov.uk.
  5. ^ a b Park, Neil (24 June 2020). "Population estimates for UK, England and Wales, Scotland and Northern Ireland". www.ons.gov.uk. Office for National Statistics (United Kingdom).
  6. ^ Office for National Statistics. "Regional gross value added (income approach), UK: 1997 to 2018, December 2015". Retrieved 24 April 2017.
  7. ^ Office for National Statistics (United Kingdom). "The Countries of the UK". statistics.gov.uk. Archived from the original on 20 December 2008. Retrieved 1 February 2009.
  8. ^ "Countries within a country". number-10.gov.uk. Archived from the original on 9 February 2008. Retrieved 1 February 2009.
  9. ^ "Changes in the list of subdivision names and code elements (Page 11)" (PDF). International Organization for Standardization. Retrieved 1 February 2009.
  10. ^ "England – Culture". britainusa.com. Archived from the original on 16 May 2008. Retrieved 1 February 2009.
  11. ^ "Country profile: United Kingdom". BBC News. news.bbc.co.uk. 26 October 2009. Retrieved 1 February 2009.
  12. ^ "Industrial Revolution". Ace.mmu.ac.uk. Archived from the original on 27 April 2008. Retrieved 1 February 2009.
  13. ^ a b 2011 Census – Population and household estimates for England and Wales, March 2011. Accessed 31 May 2013.
  14. ^ William E. Burns, A Brief History of Great Britain, p. xxi
  15. ^ Acts of Union 1707 parliament.uk. Retrieved 27 January 2011
  16. ^ Phelan, Kate. "The Partition Of Ireland: A Short History". Culture Trip. Retrieved 20 May 2019.
  17. ^ "England". Online Etymology Dictionary. Retrieved 21 July 2010.
  18. ^ Ripley 1869, p. 570.
  19. ^ Molyneaux 2015, pp. 6–7.
  20. ^ "Germania". Tacitus. Retrieved 5 September 2009.
  21. ^ "Angle". Oxford English Dictionary. Retrieved 5 September 2009.[dead link]
  22. ^ Crystal 2004, pp. 26–27
  23. ^ Forbes, John (1848). The Principles of Gaelic Grammar. Edinburgh: Oliver, Boyd and Tweeddale.
  24. ^ Foster 1988, p. 9.
  25. ^ "500,000 BC – Boxgrove". Current Archaeology. Current Publishing. 24 May 2007. Retrieved 20 December 2010.
  26. ^ "Palaeolithic Archaeology Teaching Resource Box" (PDF). Palaeolithic Rivers of South-West Britain Project(2006). Retrieved 20 December 2010.
  27. ^ "Chalk east". A Geo East Project. Archived from the original on 5 March 2011. Retrieved 20 December 2010.
  28. ^ Oppenheimer 2006, p. 173.
  29. ^ "Tertiary Rivers: Tectonic and structural background". University of Cambridge. Retrieved 9 September 2009.
  30. ^ "Function and significance of Bell Beaker pottery according to data from residue analyses". Retrieved 21 December 2010.
  31. ^ Reid, Struan (1994). Inventions and Trade. P.8. ISBN 978-0-921921-30-1. Retrieved 23 December 2010.
  32. ^ Burke, Jason (2 December 2000). "Dig uncovers Boudicca's brutal streak". The Observer. London. Archived from the original on 22 October 2003. Retrieved 5 September 2009.
  33. ^ "Cornelius Tacitus, The Annals". Alfred John Church, William Jackson Brudribh, Ed. Retrieved 22 December 2010.
  34. ^ Goldsworthy, Adrian (2016). Pax Romana: War, Peace and Conquest in the Roman World. Hachette UK. p. 276.
  35. ^ Bedoyere, Guy. "Architecture in Roman Britain". Heritage Key. Archived from the original on 3 July 2009. Retrieved 23 December 2010.
  36. ^ Philip, Robert (1860). The History of Progress in Great Britain, Volume 2. Retrieved 23 December 2010.
  37. ^ Bob Rees; Paul Shute; Nigel Kelly (9 January 2003). Medicine through time. Heinemann. ISBN 978-0-435-30841-4. Retrieved 24 December 2010.
  38. ^ Rankov 1994, p. 16.
  39. ^ Wright 2008, p. 143.
  40. ^ a b James, Edward. "Overview: Anglo-Saxons, 410 to 800". BBC. Retrieved 3 December 2010.
  41. ^ a b See Early Christian Christianity, Brendan Lehane, Constable, London: John Murray Ltd., 1968
  42. ^ Dark, Ken R. (2003). "Large-scale population movements into and from Britain south of Hadrian's Wall in the fourth to sixth centuries AD" (PDF).
  43. ^ Toby F. Martin, The Cruciform Brooch and Anglo-Saxon England, Boydell and Brewer Press (2015), pp. 174–178
  44. ^ Coates, Richard. "Celtic whispers: revisiting the problems of the relation between Brittonic and Old English".
  45. ^ Härke, Heinrich. "Anglo-Saxon Immigration and Ethnogenesis." Medieval Archaeology 55.1 (2011): 1–28.
  46. ^ Kortlandt, Frederik (2018). "Relative Chronology" (PDF).
  47. ^ Fox, Bethany. "The P-Celtic Place Names of North-East England and South-East Scotland".
  48. ^ "The Christian Tradition". PicturesofEngland.com. Retrieved 5 September 2009.
  49. ^ Kirby 2000, p. 4
  50. ^ Lyon 1960, p. 23.
  51. ^ "Overview: The Normans, 1066–1154". BBC. Retrieved 3 December 2010.
  52. ^ Crouch 2006, pp. 2–4
  53. ^ "Norman invasion word impact study". BBC News. 20 February 2008. Retrieved 3 December 2010.
  54. ^ a b Bartlett 1999, p. 124.
  55. ^ "Edward I (r. 1272–1307)". Royal.gov.uk. Archived from the original on 24 June 2008. Retrieved 21 September 2009.
  56. ^ Fowler 1967, p. 208.
  57. ^ Ziegler 2003, p. 230.
  58. ^ Goldberg 1996, p. 4.
  59. ^ Crofton 2007, p. 111.
  60. ^ "Richard III (r. 1483–1485)". Royal.gov.uk. Archived from the original on 10 July 2008. Retrieved 21 September 2009.
  61. ^ Hay, Denys (1988). Renaissance essays. p. 65. ISBN 978-0-907628-96-5. Retrieved 26 December 2010.
  62. ^ "Royal Navy History, Tudor Period and the Birth of a Regular Navy". Archived from the original on 18 January 2012. Retrieved 24 December 2010.
  63. ^ Smith, Goldwin. England Under the Tudors. p. 176. ISBN 978-1-60620-939-4. Retrieved 26 December 2010.
  64. ^ Scruton 1982, p. 470.
  65. ^ From the 1944 Clark lectures by C. S. Lewis; Lewis, English Literature in the Sixteenth Century (Oxford, 1954) p. 1, OCLC 256072
  66. ^ "Tudor Parliaments". Spartacus Educational. Retrieved 4 April 2021.
  67. ^ Ordahl, Karen (25 February 2007). Roanak:the abandoned colony. Rowman & Littlefield publishers Inc. ISBN 978-0-7425-5263-0. Retrieved 24 December 2010.
  68. ^ a b Colley 1992, p. 12.
  69. ^ "Making the Act of Union". Parliament.uk. Archived from the original on 9 June 2008. Retrieved 5 September 2009.
  70. ^ Hay, Denys. "The term "Great Britain" in the Middle Ages" (PDF). ads.ahds.ac.uk. Archived from the original (PDF) on 25 March 2009. Retrieved 19 February 2009.
  71. ^ "Oliver Cromwell (English statesman)". Encyclopædia Britannica. britannica.com. 2009. Retrieved 8 August 2009.
  72. ^ Lyndsey Bakewell, "Changing scenes and flying machines: re-examination of spectacle and the spectacular in Restoration theatre, 1660–1714" (PhD. Diss. Loughborough University, 2016) online.
  73. ^ Philip J. Adler; Randall L. Pouwels (27 November 2007). World Civilization. p. 340. ISBN 978-0-495-50262-3. Retrieved 24 December 2010.
  74. ^ "Democracy Live: Black Rod". BBC. Retrieved 6 August 2008
  75. ^ Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Black Rod" . Encyclopædia Britannica. 4 (11th ed.). Cambridge University Press.
  76. ^ "London's Burning: The Great Fire". BBC News. Retrieved 25 September 2009.
  77. ^ "The History Press | The Stuarts". www.thehistorypress.co.uk. Retrieved 11 April 2021.
  78. ^ a b "The first Parliament of Great Britain". Parliament.uk. Archived from the original on 21 June 2008. Retrieved 5 September 2009.
  79. ^ Gallagher 2006, p. 14.
  80. ^ Hudson, Pat. "The Workshop of the World". BBC. Retrieved 10 December 2010.
  81. ^ a b Office for National Statistics 2000, p. 5
  82. ^ McNeil & Nevell 2000, p. 4.
  83. ^ "Department of History - Napoleonic Wars". 28 July 2014. Archived from the original on 28 July 2014. Retrieved 8 April 2021.
  84. ^ McNeil & Nevell 2000, p. 9.
  85. ^ Birmingham City Council. "Heritage". visitbirmingham.com. Archived from the original on 26 April 2012. Retrieved 4 October 2009.
  86. ^ "Manchester – the first industrial city". Entry on Sciencemuseum website. Archived from the original on 9 March 2012. Retrieved 17 March 2012.
  87. ^ "Regency | British Architectural Dates and Styles | Property | UK | Mayfair Office". www.mayfairoffice.co.uk. Retrieved 8 April 2021.
  88. ^ Bennet, Geoffrey (2004). The Battle of Trafalgar. England: Pen & Sword Books Limited, CPI UK, South Yorkshire.
  89. ^ Colley 1992, p. 1.
  90. ^ Haggard, Robert F. (2001). The persistence of Victorian liberalism:The Politics of Social Reform in Britain, 1870–1900. p. 13. ISBN 978-0-313-31305-9. Retrieved 26 December 2010.
  91. ^ Atterbury, Paul (17 February 2011). "Victorian Technology". BBC History. Retrieved 13 October 2020.
  92. ^ Crawford, Elizabeth. "Women: From Abolition to the Vote". BBC. Retrieved 10 December 2010.
  93. ^ "Manor House. Edwardian Life | PBS". www.pbs.org.
  94. ^ Cox 1970, p. 180
  95. ^ Golley, John (10 August 1996). "Obituaries: Air Commodore Sir Frank Whittle". The Independent. London. Retrieved 2 December 2010.
  96. ^ Clark, Steed & Marshall 1973, p. 1.
  97. ^ Wilson & Game 2002, p. 55.
  98. ^ Gallagher 2006, pp. 10–11.
  99. ^ a b Reitan 2003, p. 50.
  100. ^ Keating, Michael (1 January 1998). "Reforging the Union: Devolution and Constitutional Change in the United Kingdom". Publius: The Journal of Federalism. 28 (1): 217. doi:10.1093/oxfordjournals.pubjof.a029948.
  101. ^ "The coming of the Tudors and the Act of Union". BBC Wales. BBC News. 2009. Retrieved 9 September 2009.
  102. ^ Kenny, English & Hayton 2008, p. 3.
  103. ^ Ward 2004, p. 180.
  104. ^ a b c Sherman, Jill; Andrew Norfolk (5 November 2004). "Prescott's dream in tatters as North East rejects assembly". The Times. London. Retrieved 5 September 2009.
  105. ^ "United Kingdom" CIA The World Factbook]. Retrieved 13 April 2021
  106. ^ Cabinet Office (26 March 2009). "Devolution in the United Kingdom". cabinetoffice.gov.uk. Retrieved 16 August 2009.
  107. ^ "Lists of MPs". Parliament.uk. Retrieved 21 May 2009.
  108. ^ "West Lothian question". BBC News. 31 October 2008. Retrieved 5 September 2009.
  109. ^ a b "Are Scottish people better off?". MSN Money. Archived from the original on 17 April 2008. Retrieved 5 September 2009.
  110. ^ "English nationalism 'threat to UK'". BBC News. 9 January 2000. Retrieved 5 September 2009.
  111. ^ Davidson, Lorraine (3 June 2008). "Gordon Brown pressed on English parliament". The Times. London. Retrieved 5 September 2009.
  112. ^ Grice, Andrew (1 July 2008). "English votes for English laws' plan by Tories". The Independent. London. Retrieved 5 September 2009.
  113. ^ "Common Law". The People's Law Dictionary. ALM Media Properties. Retrieved 5 October 2013.
  114. ^ "The Common Law in the British Empire". H-net.msu.edu. 19 October 2000. Retrieved 20 August 2011.
  115. ^ Fafinski 2007, p. 60.
  116. ^ Fafinski 2007, p. 127.
  117. ^ "Constitutional reform: A Supreme Court for the United Kingdom" (PDF). DCA.gov.uk. Archived from the original (PDF) on 17 January 2009. Retrieved 5 September 2009.
  118. ^ Fafinski 2007, p. 67.
  119. ^ https://www.gov.uk/government/ministers/secretary-of-state-for-justice
  120. ^ "Crime over the last 25 years" (PDF). HomeOffice.gov.uk. Archived from the original (PDF) on 24 March 2009. Retrieved 5 September 2009.
  121. ^ "New record high prison population". BBC News. 8 February 2008. Retrieved 5 September 2009.
  122. ^ "Prison population figures". Ministry Of Justice. 2012. Archived from the original on 16 November 2012. Retrieved 11 December 2012.
  123. ^ Cooper, Hilary (29 March 2011). "Tiers shed as regional government offices disappear". The Guardian. London. Retrieved 16 June 2011.
  124. ^ Department for Communities and Local Government. "Prosperous Places" (PDF). communities.gov.uk. Archived from the original (PDF) on 3 December 2009. Retrieved 5 September 2009.
  125. ^ a b Encyclopædia Britannica 2002, p. 100
  126. ^ Redcliffe-Maud & Wood 1974.
  127. ^ a b Singh 2009, p. 53.
  128. ^ Axford 2002, p. 315.
  129. ^ "English Channel". Encyclopædia Britannica. britannica.com. 2009. Retrieved 15 August 2009.
  130. ^ "History". EuroTunnel.com. Archived from the original on 16 November 2008. Retrieved 5 September 2009.
  131. ^ "The River Severn". BBC. Retrieved 5 December 2010.
  132. ^ "Severn Bore and Trent Aegir". Environment Agency. Archived from the original on 22 November 2010. Retrieved 5 December 2010.
  133. ^ "River Thames and London (England)". London Evening Standard. London. Retrieved 17 August 2009.[dead link]
  134. ^ a b "North West England & Isle of Man: climate". Met Office. Archived from the original on 5 June 2011. Retrieved 5 December 2010.
  135. ^ World Regional Geography. Joseph J. Hobbs. 13 March 2008. ISBN 978-0-495-38950-7. Retrieved 6 December 2017.
  136. ^ "Pennines". Smmit Post. Retrieved 8 September 2009.
  137. ^ "National Parks – About us". nationalparks.gov.uk. Archived from the original on 27 October 2010. Retrieved 5 December 2010.
  138. ^ a b c d "What is the Climate like in Britain?". Woodlands Kent. Archived from the original on 14 January 2010. Retrieved 5 September 2009.
  139. ^ "Met Office confirms new UK record temperature of 38.7°C". The Guardian. 29 July 2019. Retrieved 1 August 2019.
  140. ^ "English Climate". MetOffice.com. Archived from the original on 29 August 2008.
  141. ^ Historic England (2015). "Richmond Park (397979)". Research records (formerly PastScape). Retrieved 3 May 2015.
  142. ^ "Natural History Museum". Retrieved 7 July 2020.
  143. ^ "Natural England: Designated sites".
  144. ^ "Environment Agency". GOV.UK. Retrieved 3 April 2021.
  145. ^ "Secretary of State for Environment, Food and Rural Affairs - GOV.UK". www.gov.uk. Retrieved 3 April 2021.
  146. ^ https://www.theguardian.com/environment/gallery/2012/may/17/mammals-britains-cities-spotters-guide
  147. ^ "Archived copy". Archived from the original on 30 June 2012. Retrieved 18 April 2012.CS1 maint: archived copy as title (link)
  148. ^ "BBC Nature – Hare videos, news and facts". Bbc.co.uk. Retrieved 6 January 2018.
  149. ^ https://designatedsites.naturalengland.org.uk/ReportConditionSummary.aspx?SiteType=NNR
  150. ^ a b c d "2011 Census – Built-up areas". ONS. Retrieved 5 February 2014.
  151. ^ O'Brian, Harriet (24 November 2007). "The Complete Guide To: Cathedral cities in the UK". The Independent. London. Archived from the original on 12 August 2009. Retrieved 8 September 2009.
  152. ^ "London vs. New York, 2005–06". Cinco Dias. September 2008. Retrieved 5 September 2009.
  153. ^ "Global Financial Centres Index, 2009–03" (PDF). City of London Corporation. Archived from the original (PDF) on 7 October 2009. Retrieved 5 September 2009.
  154. ^ https://www.ons.gov.uk/economy/grossvalueaddedgva/bulletins/regionalgrossvalueaddedbalanceduk/1998to2017/pdf
  155. ^ "The Welfare State – Never Ending Reform". BBC News. Retrieved 17 September 2009.
  156. ^ Brignall, Miles (19 March 2014). "Personal allowance: Osborne's budget has been far from generous". The Guardian. Retrieved 22 June 2014.
  157. ^ Office for National Statistics. "Regional Accounts". statistics.gov.uk. Archived from the original on 26 August 2009. Retrieved 17 September 2009.
  158. ^ "CIA – The World Factbook". Cia.gov. Retrieved 27 April 2013.
  159. ^ "Financial Centre". London.gov.uk. Archived from the original on 13 July 2011. Retrieved 5 September 2009.
  160. ^ City of London Policy; Resources Committee. "The Global Financial Centres Index" (PDF). cityoflondon.gov.uk. Archived from the original (PDF) on 7 October 2009. Retrieved 5 September 2009.
  161. ^ Shelina Begum (2 December 2010). "A capital way to strengthen links". Manchester Evening News. Retrieved 5 March 2014.
  162. ^ "The Bank's relationship with Parliament". BankofEngland.co.uk. Archived from the original on 8 July 2009. Retrieved 5 September 2009.
  163. ^ "Monetary Policy Committee". BankofEngland.co.uk. Archived from the original on 8 July 2009. Retrieved 5 September 2009.
  164. ^ "England Exports". EconomyWatch.com. Archived from the original on 5 January 2012. Retrieved 5 September 2009.
  165. ^ "From the Margins to the Mainstream – Government unveils new action plan for the creative industries". DCMS. 9 March 2007. Archived from the original on 4 December 2008. Retrieved 9 March 2015.
  166. ^ Tovey, Alan. "New aerospace technologies to get £365 million funding". Retrieved 11 June 2017.
  167. ^ "Born to fly: the real value of UK aerospace manufacture". The Telegraph. 30 September 2016.
  168. ^ a b c d "Reasons to be cheerful about the UK aerospace sector". theengineer.co.uk. 14 October 2013.
  169. ^ "About – Rolls-Royce". Archived from the original on 7 October 2014. Retrieved 7 October 2014.
  170. ^ "The Pharmaceutical sector in the UK". Department for Business, Innovation & Skills. Archived from the original on 12 December 2012. Retrieved 9 March 2015.
  171. ^ "Ministerial Industry Strategy Group – Pharmaceutical Industry: Competitiveness and Performance Indicators" (PDF). Department of Health. Archived from the original (PDF) on 7 January 2013. Retrieved 9 March 2015.
  172. ^ "World Guide – England – Economy Overview". World Guide. Intute. Retrieved 9 September 2009.
  173. ^ "Economy of the United Kingdom" (PDF). PTeducation. Archived from the original (PDF) on 23 November 2009. Retrieved 8 October 2009.
  174. ^ Survey, British. "Coal | Mines & quarries | MineralsUK". http://www.bgs.ac.uk. Retrieved 7 July 2015.
  175. ^ "Metric system was British". BBC News. 13 July 2007. Retrieved 5 September 2009.
  176. ^ Gascoin, J. "A reappraisal of the role of the universities in the Scientific Revolution", in Lindberg, David C. and Westman, Robert S., eds (1990), Reappraisals of the Scientific Revolution. Cambridge University Press. p. 248. ISBN 0-521-34804-8.
  177. ^ Spratt, H. P. (1958). "Isambard Kingdom Brunel". Nature. 181 (4626): 1754–1755. Bibcode:1958Natur.181.1754S. doi:10.1038/1811754a0. S2CID 4255226.
  178. ^ Oakes 2002, p. 214
  179. ^ Ronald Shillingford (2010). "The History of the World's Greatest- Entrepreneurs: Biographies of Success". p. 64–69
  180. ^ Saunders 1982, p. 13
  181. ^ White 2009, p. 335
  182. ^ Levine 1960, p. 183
  183. ^ "Information on Royal Charters | Royal Society". royalsociety.org. Retrieved 9 April 2021.
  184. ^ Wohleber, Curt (Spring 2006). "The Vacuum Cleaner". Invention & Technology Magazine. American Heritage Publishing. Archived from the original on 13 March 2010. Retrieved 8 December 2010.
  185. ^ "English Inventors and Inventions". English-Crafts.co.uk. Archived from the original on 15 April 2010. Retrieved 5 September 2009.
  186. ^ a b "The formal title as adopted in the royal charter" (PDF). royalsociety.org.
  187. ^ Hunter, Michael. "Royal Society". Encyclopædia Britannica. Retrieved 24 February 2018.
  188. ^ "Welcome to the Royal Society | Royal Society". royalsociety.org. Retrieved 9 April 2021.
  189. ^ Syfret (1948) p. 75
  190. ^ a b Syfret (1948) p. 78
  191. ^ "London Royal Society". University of St Andrews. Retrieved 8 December 2009.
  192. ^ Castells, M.; Hall, P.; Hall, P.G. (2004). Technopoles of the World: the Making of Twenty-First-Century Industrial Complexes. London: Routledge. pp. 98–100. ISBN 0-415-10015-1.
  193. ^ "Knowledge, networks and nations: scientific collaborations in the twenty-first century" (PDF). Royal Society. 2011. Archived (PDF) from the original on 3 June 2011.
  194. ^ McCook, Alison (2006). "Is peer review broken?". The Scientist. 20 (2): 26. Archived from the original on 16 August 2011. Retrieved 22 June 2011.
  195. ^ a b c UK Parliament 2007, p. 175
  196. ^ a b White 2002, p. 63.
  197. ^ "27 September 1825 – Opening of the Stockton and Darlington Railway". The Stockton and Darlington Railway. Archived from the original on 7 October 2013. Retrieved 5 October 2013.
  198. ^ "Crossrail's giant tunnelling machines unveiled". BBC News. 2 January 2012.
  199. ^ Leftly, Mark (29 August 2010). "Crossrail delayed to save £1bn". The Independent on Sunday. London.
  200. ^ "HS2: When will the line open and how much will it cost?". BBC. 11 February 2020. Retrieved 5 September 2020.
  201. ^ "Delta Expects New Slots To Foster Growth At Heathrow Airport". The Wall Street Journal. 23 February 2011. Archived from the original on 13 May 2011. Retrieved 23 March 2011.
  202. ^ Misachi, John (25 April 2017). "The Busiest Airports In The United Kingdom By Passenger Traffic". WorldAtlas.
  203. ^ a b c Else 2007, p. 781.
  204. ^ "BBC – Weather Centre – Climate Change – Wind Power". bbc.co.uk. Retrieved 9 June 2015.
  205. ^ a b "UK Renewable Energy Roadmap Crown copyright, July 2011" (PDF).
  206. ^ "Energy consumption in the UK (2015);" (PDF). UK Department of Energy & Climate Change. Archived from the original (PDF) on 15 January 2016. Retrieved 26 December 2015.
  207. ^ "Energy use (kg of oil equivalent per capita) | Data | Table". Data.worldbank.org. Retrieved 5 October 2013.
  208. ^ "Gridwatch". Gridwatch. Retrieved 26 December 2015.
  209. ^ "UK Energy Statistics, 2014 & Q4 2014" (PDF).
  210. ^ "RenewableUK News website article". Archived from the original on 9 May 2015.
  211. ^ "Record year for wind energy – Government releases official figures". 29 March 2018. Archived from the original on 27 March 2019. Retrieved 18 April 2018.
  212. ^ "UK Renewables Q3 2019" (PDF).
  213. ^ "What is the 2008 Climate Change Act?". Grantham Research Institute on climate change and the environment. Retrieved 1 April 2021.
  214. ^ Proctor, Darrell (24 November 2020). "UK Undergoing 'Remarkable Shift' in Power Generation". POWER Magazine. Retrieved 11 April 2021.
  215. ^ "Secretary of State for Business, Energy and Industrial Strategy - GOV.UK". www.gov.uk. Retrieved 3 April 2021.
  216. ^ "Minister of State (Minister for Business, Energy and Clean Growth) - GOV.UK". www.gov.uk. Retrieved 24 October 2020.
  217. ^ "2020 EPI Results". Environmental Performance Index. Retrieved 20 November 2020.
  218. ^ "UK net zero target". Institute for Government. Retrieved 20 November 2020.
  219. ^ "English Heritage: About..." Retrieved 13 July 2020.
  220. ^ "UNESCO World Heritage Sites". Retrieved 13 July 2020.
  221. ^ "Hadrian's Wall: A horde of ancient treasures make for a compelling new Cumbrian exhibition". The Independent. 8 November 2016
  222. ^ https://www.gov.uk/government/ministers/secretary-of-state-for-digital-culture-media-and-sport
  223. ^ "Parliamentary Under Secretary of State for Arts, Heritage and Tourism – GOV.UK". www.gov.uk. Retrieved 29 January 2020.
  224. ^ "A review of research and literature on museums and libraries" (PDF). Arts Council. September 2011. Archived from the original (PDF) on 4 September 2012. Retrieved 24 February 2013.
  225. ^ "Ten years of free museums". 1 December 2011. Retrieved 9 July 2020.
  226. ^ "These Are the World's Most Popular City Destinations in 2019". www.bloomberg.com. Retrieved 3 December 2019.
  227. ^ "Top 100 City Destinations: 2019 Edition". Euromonitor International. Retrieved 3 December 2019.
  228. ^ "The UK is the world's global financial centre". www.theglobalcity.uk. Retrieved 10 April 2021.
  229. ^ "BBC History on William Beveridge". BBC News. Retrieved 5 September 2009.
  230. ^ "NHS Expenditure in England" (PDF). House of Commons Library. Archived from the original (PDF) on 23 April 2010. Retrieved 5 September 2009.
  231. ^ "NHS costs and exemptions". Department of Health. Retrieved 5 September 2009.[dead link]
  232. ^ "Budget 2008, Chapter C" (PDF). HM Treasury. 3 March 2008. Archived from the original (PDF) on 1 October 2008. Retrieved 5 September 2009.
  233. ^ "Private sector role in NHS". BBC News. 30 June 2006. Retrieved 5 September 2009.
  234. ^ "The UK has much to fear from a US trade agreement". www.newstatesman.com. Retrieved 5 June 2019.
  235. ^ "US takes aim at the UK's National Health Service". POLITICO. 4 June 2019. Retrieved 5 June 2019.
  236. ^ a b Office for National Statistics. "Life expectancy". statistics.gov.uk. Archived from the original on 25 May 2009. Retrieved 20 July 2009.
  237. ^ Office for National Statistics (8 August 2013). "Population estimates for UK, England and Wales, Scotland and Northern Ireland – current datasets". statistics.gov.uk. Retrieved 5 October 2013.
  238. ^ United Nations Department of Economic and Social Affairs. "World Population Prospects: Analytical Report for the 2004". United Nations. Archived from the original on 7 August 2009. Retrieved 5 September 2009.
  239. ^ Mason, Chris (16 September 2008). "Density of England rises". BBC News. Retrieved 5 September 2009.
  240. ^ Khan, Urmee (16 September 2008). "England is most crowded country in Europe". The Daily Telegraph. London. Retrieved 5 September 2009.
  241. ^ a b c d e f Office for National Statistics (2011). "Ethnicity and National Identity in England and Wales 2011". Statistics.gov.uk. Retrieved 5 October 2013.
  242. ^ Oppenheimer 2006, p. 378.
  243. ^ "British and Irish, descendant of the Basques?". Eitb24.com. Archived from the original on 16 May 2011. Retrieved 5 September 2009.
  244. ^ Oppenheimer, Stephen (10 October 2006a). "What does being British mean? Ask the Spanish". The Daily Telegraph. London. Archived from the original on 15 July 2009. Retrieved 5 September 2009.
  245. ^ Wade, Nicholas (6 March 2007). "A United Kingdom? Maybe". The New York Times. Retrieved 8 August 2009.
  246. ^ Thomas, M.G.; Stumpf, M.P.; Härke, H. (2006). "Evidence for an apartheid-like social structure in early Anglo-Saxon England". Proceedings: Biological Sciences. 273 (1601): 2651–7. doi:10.1098/rspb.2006.3627. PMC 1635457. PMID 17002951.
  247. ^ "Roman Britons after 410". Britarch.ac.uk. Archived from the original on 22 May 2009. Retrieved 5 September 2009.
  248. ^ Cameron, Keith (March 1994). Anglo-Saxon Origins: The Reality of the Myth. Malcolm Todd. ISBN 978-1-871516-85-2. Retrieved 5 September 2009.
  249. ^ "Legacy of the Vikings". BBC News. Retrieved 5 September 2009.
  250. ^ "Shifting Identities – statistical data on ethnic identities in the US". Bnet. 2001. Archived from the original on 12 January 2016. Retrieved 29 July 2009.
  251. ^ "Ethnic origins, 2006 counts, for Canada, provinces and territories". Statistics Canada. 2 April 2008. Retrieved 29 July 2009.
  252. ^ Centre for Population and Urban Research, Monash University. "Australian Population: Ethnic Origins" (PDF). Archived from the original (PDF) on 19 July 2011. Retrieved 29 July 2009.
  253. ^ "Inmigración británica en Chile". Galeon.com. Archived from the original on 22 August 2009. Retrieved 29 July 2009.
  254. ^ Burke, Jason (9 October 2005). "An Englishman's home is his casa as thousands go south". The Guardian. London. Retrieved 5 September 2009.
  255. ^ Travis, Alan; Sarah Knapton (16 November 2007). "Record numbers leave the country for life abroad". The Guardian. London. Retrieved 8 August 2009.
  256. ^ University of Wisconsin. "Medieval English society". Archived from the original on 25 October 2011. Retrieved 14 August 2014.
  257. ^ "Chapter 1 – The UK population: past, present and future" (PDF). Focus on People and Migration (PDF) (Report). Office for National Statistics. 7 December 2005. Retrieved 16 February 2017.
  258. ^ "One in four Britons claim Irish roots". BBC News. 16 March 2001. Retrieved 26 November 2010.
  259. ^ a b c d "British Immigration Map Revealed". BBC News. 7 September 2005. Retrieved 5 September 2009.
  260. ^ a b Paton, Graeme (1 October 2007). "One fifth of children from ethnic minorities". The Daily Telegraph. London. Retrieved 14 August 2014.
  261. ^ Shepherd, Jessica (22 June 2011). "Almost a quarter of state school pupils are from an ethnic minority". The Guardian. London. Retrieved 17 January 2014.
  262. ^ Leppard, David (10 April 2005). "Immigration rise increases segregation in British cities". The Times. London. Retrieved 8 August 2009.
  263. ^ "Immigration debate hots up in England". The Independent News Service. 26 November 2008. Retrieved 14 August 2014.
  264. ^ Milland, Gabriel (23 July 2009). "80% say cap immigration". Daily Express. London. Retrieved 5 September 2009.
  265. ^ National Population Projections: 2014-based Statistical Bulletin (Report). Office for National Statistics. 29 October 2015.
  266. ^ "Cornish people formally declared a national minority along with Scots, Welsh and Irish". The Independent. 23 April 2014. Retrieved 23 April 2014.
  267. ^ QS204EW – Main language, ONS 2011 Census. Retrieved 21 July 2015.
  268. ^ QS205EW – Proficiency in English, ONS 2011 census. Out of the 51,005,610 residents of England over the age of three, 50,161,765 (98%) can speak English "well" or "very well". Retrieved 20 July 2015.
  269. ^ Arlotto 1971, p. 108.
  270. ^ Green 2003, p. 13.
  271. ^ Mujica, Mauro E. (19 June 2003). "English: Not America's Language?". The Globalist. Washington DC. Archived from the original on 17 January 2008. Retrieved 1 February 2009.
  272. ^ "English language history". Yaelf. Archived from the original on 13 February 2010. Retrieved 5 September 2009.
  273. ^ Government Offices for the English Regions. "Cornish language". gos.gov.uk. Archived from the original on 12 January 2016. Retrieved 22 September 2009.
  274. ^ "The Cornish Language Development Project – Evaluation – Final Report, page 20". Hywel Evans, Aric Lacoste / ERS. Archived from the original on 7 October 2013. Retrieved 5 October 2013.
  275. ^ "South West – Cornish Language". Government Office South West. Archived from the original on 13 October 2008. Retrieved 17 September 2009.
  276. ^ "On being a Cornish "Celt": changing Celtic heritage and traditions" (PDF). University of Exeter. Archived from the original (PDF) on 20 September 2009. Retrieved 1 February 2009.
  277. ^ Dugan, Emily (6 September 2009). "The Cornish: They revolted in 1497, now they're at it again". The Independent. London. Retrieved 17 September 2009.
  278. ^ "Cornish in Schools". Cornish Language Partnership. 2009. Archived from the original on 7 October 2013. Retrieved 5 October 2013.
  279. ^ 'Woolhope Naturalists' Field Club', Transactions of the Woolhope Naturalists' Field Club, 1886–89, p. 137.
  280. ^ Mark Ellis Jones, 'Little Wales beoynd England: the struggle of Selattyn, a Welsh parish in Shropshire', Journal of the National Library of Wales,, 31.1 (1999), pp. 132–3.
  281. ^ Lipsett, Anthea (26 June 2008). "Number of primaries teaching foreign languages doubles". The Guardian. London. Retrieved 23 September 2009.
  282. ^ Booth, Robert (30 January 2013). "Polish becomes England's second language". The Guardian. London. Retrieved 30 January 2013.
  283. ^ "Table KS209EW 2011 Census: Religion, local authorities in England and Wales". Office for National Statistics. 11 December 2012. Retrieved 22 May 2017.
  284. ^ "Church of England". BBC. Retrieved 4 December 2010.
  285. ^ "In depth history of the Church of England". Church of England. Retrieved 25 January 2017. The religious settlement that eventually emerged in the reign of Elizabeth gave the Church of England the distinctive identity that it has retained to this day. It resulted in a Church that consciously retained a large amount of continuity with the Church of the Patristic and Medieval periods in terms of its use of the catholic creeds, its pattern of ministry, its buildings and aspects of its liturgy, but which also embodied Protestant insights in its theology and in the overall shape of its liturgical practice. The way that this is often expressed is by saying that the Church of England is both 'catholic and reformed.'
  286. ^ "Global Anglicanism at a Crossroads". PewResearch.org. 19 June 2008. Archived from the original on 13 August 2011. Retrieved 5 September 2009.
  287. ^ "People here 'must obey the laws of the land'". The Daily Telegraph. London. 9 February 2008. Retrieved 5 September 2009.
  288. ^ "The Methodist Church". BBC News. Retrieved 5 September 2009.
  289. ^ "AN INDEPENDENT ACADEMIC STUDY ON CORNISH" (PDF). p. 8. Retrieved 26 December 2010.
  290. ^ "Cambridge History of Christianity". Hugh McLeod. Archived from the original on 21 July 2012. Retrieved 5 September 2009.
  291. ^ a b "United Kingdom – History of the Flag". FlagSpot.net. Retrieved 5 September 2009.
  292. ^ a b "From Expulsion (1290) to Readmission (1656): Jews and England" (PDF). Goldsmiths.ac.uk. Archived from the original (PDF) on 21 July 2011. Retrieved 1 February 2009.
  293. ^ a b c Office for National Statistics. "Religion". Statistics.gov.uk. Archived from the original on 7 July 2009. Retrieved 5 September 2009.
  294. ^ a b c "2011 ONS results". Retrieved 28 October 2017.
  295. ^ Gearon 2002, p. 246.
  296. ^ West 2003, p. 28.
  297. ^ "Secretary of State for Education – GOV.UK". www.gov.uk.
  298. ^ "National Curriculum". Retrieved 8 July 2020.
  299. ^ Pike, Naomi (11 September 2018). "Don't Hate On School Uniform, It Matters So Much More Than You Think". Vogue. Condé Nast. Retrieved 11 October 2020. The SA estimates that over 90 per cent of British schools have an uniform of some entity
  300. ^ "School uniform". gov.uk. Retrieved 15 February 2020.
  301. ^ "OECD: PISA 2018" (PDF).
  302. ^ "Independent Schools in the United Kingdom". Encarta. encarta.msn.com. Archived from the original on 29 August 2009. Retrieved 17 September 2009.
  303. ^ Gearon 2002, p. 102.
  304. ^ Watson, Judith; Church, Andrew (2009). "The Social Effects of Travel to Learn Patterns - A Case Study of 16-19 Year Olds in London". Local Economy: The Journal of the Local Economy Policy Unit. 24 (5): 389–414. doi:10.1080/02690940903166971. S2CID 145187656.
  305. ^ United Kingdom Parliamen. "Innovation, Universities, Science and Skills Committee Contents". publications.parliament.uk. Retrieved 16 September 2009.
  306. ^ a b "The Frameworks for Higher Education Qualifications of UK Degree-Awarding Bodies" (PDF). November 2014. p. 17. Archived from the original (PDF) on 5 March 2016. Retrieved 4 November 2016.
  307. ^ "QS World University Rankings 2018 | Top Universities". QS Quacquarelli Symonds Limited. February 2017. Retrieved 11 June 2017.
  308. ^ Hoyle, Ben (23 September 2007). "The Sunday Times Good University Guide 2007 – Profile for London School of Economics". The Times. London. Retrieved 6 June 2008.
  309. ^ "FT Global MBA Rankings". Financial Times. Retrieved 25 January 2010.
  310. ^ Webster 1937, p. 383.
  311. ^ Lowe 1971, p. 317.
  312. ^ "The Prehistoric Sites of Great Britain". Stone-Circles.org.uk. Retrieved 5 September 2009.
  313. ^ a b c "Ancient Roman architecture in England and Wales". Castles.me.uk. Archived from the original on 12 December 2009. Retrieved 5 September 2009.
  314. ^ Colgrave 1985, p. 326.
  315. ^ Pevsner 1942, p. 14.
  316. ^ a b Atkinson 2008, p. 189.
  317. ^ Downes 2007, p. 17.
  318. ^ "Architects to hear Prince appeal". BBC News. 12 May 2009. Retrieved 20 June 2009.
  319. ^ "The history of the house at Stourhead". National Trust. Retrieved 10 April 2021.
  320. ^ a b "Gardens through time". English Heritage. Retrieved 10 April 2021.
  321. ^ Lucia Impelluso, Jardins, potagers et labyrinthes, Mondatori Electra, Milan
  322. ^ "Gardens & parks". National Trust. Retrieved 10 April 2021.
  323. ^ "RHS Chelsea Flower Show". www.rhs.org.uk.
  324. ^ Keary 1882, p. 50.
  325. ^ Pollard 2004, p. 272.
  326. ^ a b Wood, Michael. "King Arthur, 'Once and Future King'". BBC News. Retrieved 16 September 2009.
  327. ^ a b c Higham 2002, p. 25.
  328. ^ Koch 2006, p. 732.
  329. ^ Lacy 1986, p. 649.
  330. ^ Briggs 2004, p. 26.
  331. ^ Withington 2008, p. 224.
  332. ^ "What is England's national costume?". Woodlands-Junior.kent.sch.uk. Archived from the original on 5 May 2009. Retrieved 24 June 2009.
  333. ^ "Chocolate History: Who Invented Chocolate?", Facts-About-Chocolate.com
  334. ^ "Robin Cook's chicken tikka masala speech". The Guardian. London. 25 February 2002. Retrieved 19 April 2001.
  335. ^ Else 2007, p. 76.
  336. ^ "The S.Pellegrino World's 50 Best Restaurants". TheWorlds50Best.com. Archived from the original on 13 January 2010. Retrieved 5 September 2009.
  337. ^ Mart, Nicole (22 September 2008). "King Richard II's recipe book to go online". The Daily Telegraph. London. Retrieved 5 September 2009.
  338. ^ a b "Traditional English Food Specialities". TravelSignPosts.com. Retrieved 5 September 2009.
  339. ^ "How to make the perfect full English breakfast". 25 June 2015.
  340. ^ "Catherine of Braganza". Tea.co.uk. Retrieved 5 September 2009.
  341. ^ "Types of Beer". Icons of England. Archived from the original on 30 October 2009. Retrieved 5 September 2009.
  342. ^ "The Prehistoric Cave Art of England" (PDF). ArchaeologyDataService.ac.uk. Retrieved 5 September 2009.
  343. ^ English Heritage. "Aldborough Roman Site". english-heritage.org.uk. Archived from the original on 22 October 2009. Retrieved 5 September 2009.
  344. ^ "Early Middle Ages Art". Tiscali.co.uk. Archived from the original on 27 February 2009. Retrieved 5 September 2009.
  345. ^ a b c d e "English art". Tiscali.co.uk. Archived from the original on 16 February 2009. Retrieved 5 September 2009.
  346. ^ Turner, Chris. "The Bronze Age: Henry Moore and his successors". Tate Magazine (6). Archived from the original on 5 January 2012. Retrieved 9 September 2009.
  347. ^ "Freud work sets new world record". BBC News. 14 May 2008. Retrieved 14 May 2008.
  348. ^ "About the RSA - RSA". www.thersa.org. Retrieved 8 May 2021.
  349. ^ a b Warner 1902, p. 35.
  350. ^ Rogers 2001, p. 17.
  351. ^ Rogers 2001, p. 135.
  352. ^ a b Rowse 1971, p. 48.
  353. ^ Norbrook 2000, p. 6.
  354. ^ "Richard II". William Shakespeare. Retrieved 5 September 2009.
  355. ^ Heywood 2007, p. 74.
  356. ^ Watson 1985, p. 360.
  357. ^ Cole 1947, p. 268.
  358. ^ Hawkins-Dady 1996, p. 970.
  359. ^ Eccleshare 2002, p. 5.
  360. ^ Chappell 1966, p. 690.
  361. ^ Lax 1989, p. 7.
  362. ^ Richard Michael Kelly. A Christmas carol p.10. Broadview Press, 2003 ISBN 1-55111-476-3
  363. ^ "The Birth of British Music: Handel – The Conquering Hero". BBC. 15 July 2019. Archived from the original on 14 May 2017.
  364. ^ Stradling 1993, p. 166.
  365. ^ "Sondheim and Lloyd-Webber: the new musical" The New York Times.. referred to Andrew Lloyd Webber as "the most commercially successful composer in history"
  366. ^ Kynaston, Nic (1998). "The Guinness Book of Records 1999". ISBN 9780851120706.
  367. ^ Recording Industry Association of America. "Top Selling Artists". riaa.com. Archived from the original on 1 July 2007. Retrieved 5 September 2009.
  368. ^ Else 2007, p. 65.
  369. ^ Matthew Collin, John Godfrey (2010). "Altered State: The Story of Ecstasy Culture and Acid House" p.258. Retrieved 18 February 2012
  370. ^ Andreou, Roza (25 May 2018). "Celebrate the Bengali New Year this summer in Tower Hamlets". East London Lines.
  371. ^ a b Foreman 2005, p. 371.
  372. ^ "Home". Royal Academy of Music. Retrieved 8 May 2021.
  373. ^ "- PPL". www.ppluk.com. Retrieved 1 May 2021.
  374. ^ Great dynasties of the world: The Chipperfields The Guardian Retrieved 18 February 2011.
  375. ^ a b "The circus comes to the Circus". BBC News. Retrieved 13 December 2014
  376. ^ Hamilton, John (2000) Entertainment: A Pictorial History of the Past One Thousand Years p.24. Retrieved 3 February 2011.
  377. ^ Explore PA history.com – Historical Markers
  378. ^ 'Popular Entertainments through the Ages', Samuel McKechnie. London; Sampson Low, Marston & Co Ltd., 1931
  379. ^ a b David Christopher (2002). "British Culture: An Introduction". p. 74. Routledge,
  380. ^ "Jets, jeans and Hovis". The Guardian. 12 June 2015.
  381. ^ "The Directors' Top Ten Directors". British Film Institute. Archived from the original on 17 May 2012.
  382. ^ St. Pierre, Paul Matthew (1 April 2009). Music Hall Mimesis in British Film, 1895–1960: On the Halls on the Screen. New Jersey: Fairleigh Dickinson University Press. p. 79. ISBN 978-1-61147-399-5.
  383. ^ "Harry Potter becomes highest-grossing film franchise". The Guardian. London. 11 September 2007. Retrieved 2 November 2010.
  384. ^ "History of Ealing Studios". Ealing Studios. Archived from the original on 26 July 2013. Retrieved 9 March 2015.
  385. ^ London Symphony Orchestra and Film Music Archived 30 September 2011 at the Wayback Machine LSO. Retrieved 30 June 2011
  386. ^ "Frankenstein: Behind the monster smash". BBC. 1 January 2018.
  387. ^ "Life of Brian tops comedy poll". BBC News (Total Film magazine poll: 29 September 2000) Retrieved 27 June 2015
  388. ^ Statistical Yearbook 2011: 7.3 UK directors Archived 15 June 2012 at the Wayback Machine. UK Film Council.
  389. ^ "Does Andy Serkis's motion capture acting deserve an Oscar?". The Telegraph. Retrieves 11 January 2015
  390. ^ "Tim Webber: the man who put Sandra Bullock in space". Evening Standard. Retrieved 17 January 2014
  391. ^ Barry Ronge's Classic DVD : Alice in Wonderland, The Times, It was made under the personal supervision of Walt Disney, and he took special care when animating British fantasy. He called them his "English Cycle".
  392. ^ UNESCO. "United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland". World Heritage. whc.unesco.org. Retrieved 8 September 2009.
  393. ^ "English World Heritage Sites to get strongest ever protections" (PDF). Institute of Historic Building Conservation. Retrieved 5 September 2009.
  394. ^ "Museum in London". BritishMuseum.org. Retrieved 5 September 2009.
  395. ^ "250 Years of the British Museum". Time. 15 January 2009. Retrieved 17 September 2009.
  396. ^ "British Library". Encyclopædia Britannica. britannica.com. Retrieved 5 September 2009.
  397. ^ "Facts and figures of the British Library". The British Library.
  398. ^ "The National Gallery". ArtInfo.com. Retrieved 5 September 2009.
  399. ^ Youngs, Ian (31 October 2002). "The art of Turner protests". BBC News. Retrieved 10 August 2009.
  400. ^ "BBC: World's largest broadcaster & Most trusted media brand". Media Newsline. Archived from the original on 5 October 2010. Retrieved 23 September 2010.
  401. ^ "About the BBC – What is the BBC". BBC Online. Archived from the original on 16 January 2010. Retrieved 9 March 2015.
  402. ^ Newswire7 (13 August 2009). "BBC: World's largest broadcaster & Most trusted media brand". Media Newsline. Archived from the original on 10 May 2011. Retrieved 19 June 2011.
  403. ^ "TV Licence Fee: facts & figures". BBC Press Office. April 2010. Archived from the original on 27 April 2011.
  404. ^ "Microsoft Word - The Work of the BBC World Service 2008-09 HC 334 FINAL.doc" (PDF). Retrieved 16 February 2011.
  405. ^ "News in your language - BBC News". Bbc.co.uk.
  406. ^ "BBC World Service". Facebook.com.
  407. ^ "Publishing". Department of Culture, Media and Sport. Archived from the original on 5 May 2011.
  408. ^ "ABCs: National daily newspaper circulation September 2008". The Guardian. UK. 10 October 2008. Retrieved 17 October 2008.
  409. ^ "Secretary of State for Digital, Culture, Media and Sport - GOV.UK". www.gov.uk. Retrieved 21 December 2020.
  410. ^ a b "Sheffield FC: 150 years of history". FIFA. 24 October 2007. Retrieved 5 September 2009.
  411. ^ "History of squash". WorldSquash2008.com. Archived from the original on 31 August 2009. Retrieved 5 September 2009.
  412. ^ "History of the Game". NRA-Rounders.co.uk. Archived from the original on 23 February 2006.
  413. ^ Paul Mitchell. "The first international football match". BBC. Retrieved 15 January 2015.
  414. ^ "Hurst the hero for England in the home of football". FIFA.com. Retrieved 15 January 2015
  415. ^ "Tracking 30 years of TV's most watched programmes". BBC. Retrieved 25 June 2015
  416. ^ Rudd, Alyson (7 April 2008). "The father of football deserves much more". Times Online. London. Retrieved 15 January 2015.
  417. ^ "History and time are key to power of football, says Premier League chief". The Times. Retrieved 30 November 2013
  418. ^ "Premier League towers over world football, says Deloitte". sportbusiness.com. 31 May 2007. Archived from the original on 7 April 2010. Retrieved 8 January 2010.
  419. ^ "UEFA ranking of European leagues". UEFA. Retrieved 5 September 2009.
  420. ^ "A Brief History Of Football Chants In England". Goalden Times. 19 April 2015. Retrieved 20 April 2021.
  421. ^ "Liverpool beat Spurs to become champions of Europe for sixth time". BBC. Retrieved 1 June 2019.
  422. ^ “List of Champions League winners”. Sport 24. Retrieved 15 July 2019
  423. ^ "England 1st country to win Cricket World Cup, Football World Cup and Rugby World Cup". India Today. Retrieved 15 July 2019.
  424. ^ Underdown 2000, p. 6.
  425. ^ Cricinfo staff (26 August 2009). Ashes climax watched by a fraction of 2005 audience. Cricinfo. Retrieved 9 September 2009.
  426. ^ "2019 Cricket World Cup final: England beat Black Caps in greatest ODI in history". New Zealand Herald. 14 July 2019. Retrieved 14 July 2019.
  427. ^ A brief history of Yorkshire. Cricinfo. 9 October 2006. Retrieved 9 September 2009.
  428. ^ Fay, Stephen (21 June 1998). "Cricket: Flaw Lord's out of order". The Independent. London. Retrieved 9 September 2009.
  429. ^ "Father of the modern Olympics". BBC. 22 September 2017.
  430. ^ "Parliamentary Under Secretary of State for Sport and Civil Society - GOV.UK". www.gov.uk. Retrieved 10 May 2021.
  431. ^ "Origins of Rugby – Codification "The innovation of running with the ball was introduced some time between 1820 and 1830."". Rugbyfootballhistory.com. Retrieved 15 August 2011.
  432. ^ "England will host 2015 Rugby World Cup". BBC News. 28 July 2009. Retrieved 5 September 2009.
  433. ^ "Rugby League World Cup 2013 will provide the sport with a true test of its popularity". The Telegraph. Retrieved 23 September 2015
  434. ^ "Scotland is the home of golf". PGA Tour official website. Archived from the original on 28 August 2008. Retrieved 4 December 2008. Scotland is the home of golf ...
  435. ^ Fry, Peter (July 2000). Samuel Ryder: The Man Behind the Ryder Cup. Wright Press.
  436. ^ "Sir Nick Faldo drives on in business world". BBC. Retrieved 29 December 2013
  437. ^ 125 years of Wimbledon: From birth of lawn tennis to modern marvels CNN. Retrieved 28 September 2011
  438. ^ Clarey, Christopher (5 July 2008). "Traditional Final: It's Nadal and Federer". The New York Times. Retrieved 5 September 2009.
  439. ^ Kaufman & Macpherson 2005, p. 958.
  440. ^ Jackson, Peter (3 July 2009). "Who was Fred Perry?". BBC News. Retrieved 6 July 2012.
  441. ^ "Top 20 British Boxers". Retrieved 12 April 2011.
  442. ^ Red Rum: Aintree favourite BBC. Retrieved 11 October 2011
  443. ^ "Red Rum is UK's best-known horse". BBC. Retrieved 18 March 2016
  444. ^ "The History of British Motorsport and Motor Racing at Silverstone". Silverstone. Silverstone.co.uk. Retrieved 31 October 2009.
  445. ^ "F1 Champions: Dan Wheldon killed in Las Vegas". ESPN. Retrieved 15 December 2011.
  446. ^ BBC (6 January 2003). "Part relishes Taylor triumph". BBC. Retrieved 18 January 2010.
  447. ^ "Phil Taylor player profile". Dartsdatabase. Retrieved 23 July 2010.
  448. ^ Benammar, Emily (22 May 2009). "The World Oldest Trans Atlantic Race". The Daily Telegraph. London. Retrieved 22 May 2009.
  449. ^ "St. George – England's Patron Saint". Britannia.com. Archived from the original on 8 March 2017. Retrieved 1 February 2009.
  450. ^ Good, Jonathan (2009). The Cult of Saint George in Medieval England. Boydell Press. p. 149. ISBN 978-1-84383-469-4.
  451. ^ "The Great Seal of the Commonwealth of England, 1651". Getty Images. Retrieved 27 October 2018.
  452. ^ "National flowers". Number10.gov.uk. 13 January 2003. Archived from the original on 9 September 2008. Retrieved 8 August 2009.
  453. ^ Smith, Jed (3 June 2005). "England's Rose – The Official History". Museum of Rugby, Twickenham. RugbyNetwork.net. Retrieved 8 August 2009.
  454. ^ "Jason Cowley loves the Commonwealth Games". New Statesman. Archived from the original on 11 October 2013. Retrieved 5 October 2013.
  455. ^ "The Great Saint George Revival". BBC News. 23 April 1998. Retrieved 5 September 2009.

Bibliography

  • Ackroyd, Peter (2000). London: the biography. Chatto & Windus. ISBN 978-1-85619-716-8.
  • Arlotto, Anthony (1971). Introduction to historical linguistics. Houghton Mifflin. ISBN 978-0-395-12615-8.
  • Atkinson, T.D. (2008). English Architecture. Read Books. ISBN 978-1-4097-2581-7.
  • Axford, Barrie (2002). Politics: an introduction. Routledge. ISBN 978-0-415-25181-5.
  • Ball, Martin (1993). The Celtic Languages. Routledge. ISBN 978-0-415-01035-1.
  • Bartlett, Robert (1999). England Under the Norman and Angevin Kings, 1075–1225. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-925101-8.
  • Bennett, James (2004). The Anglosphere Challenge. Rowman & Littlefield. ISBN 978-0-7425-3333-2.
  • Brewer, Ebenezer (2006). Wordsworth Dictionary of Phrase and Fable. Wordsworth Editions. ISBN 978-1-84022-310-1.
  • Briggs, Katharine (2004). A Dictionary of British Folk-tales in the English Language. Routledge. ISBN 978-0-203-39737-4.
  • Chappell, William (1966). The Roxburghe Ballads. New York: AMS Press. OCLC 488599560.
  • Clark, David M.; Steed, Michael; Marshall, Sally (1973). Greater Manchester Votes: A Guide to the New Metropolitan Authorities. Stockport: Redrose. ISBN 978-0-9502932-0-2.
  • Clemoes, Peter (2007). Anglo-Saxon England, Volume 12. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-03834-8.
  • Cole, George (1947). The Life of William Cobbett. Home & Van Thal. ISBN 978-0-8492-2139-2.
  • Colgrave, Bertram (1985). Two lives of Saint Cuthbert. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-31385-8.
  • Colley, Linda (1992). Britons: Forging the Nation, 1701–1837. Yale University Press. ISBN 978-0-300-05737-9.
  • Cox, Peter (1970). Demography. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-09612-6.
  • Crouch, David (2006). Normans: The History of a Dynasty. Hambledon Continuum. ISBN 978-1-85285-595-6.
  • Crofton, Ian (2007). The Kings and Queens of England. Quercus. ISBN 978-1-84724-065-1.
  • Crystal, David (2004). The Stories of English. The Overlook Press. ISBN 978-1-58567-601-9.
  • Downes, Kerry (2007). Christopher Wren. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-921524-9.
  • Eccleshare, Julia (2002). Beatrix Potter to Harry Potter. National Portrait Gallery. ISBN 978-1-85514-342-5.
  • Else, David (2007). Inghilterra. EDT srl. ISBN 978-88-6040-136-6.
  • Encyclopædia Britannica (2009). Encyclopædia Britannica. BiblioBazaar. ISBN 978-0-559-09589-4.
  • Encyclopædia Britannica (2002). The New Encyclopædia Britannica. University of Michigan. ISBN 978-0-85229-787-2.
  • Fafinski, Stefan (2007). English legal system. Pearson Education. ISBN 978-1-4058-2358-6.
  • Foreman, Susan (2005). London: a musical gazetteer. Yale University Press. ISBN 978-0-300-10402-8.
  • Foster, Damon (1988). A Blake dictionary. UPNE. ISBN 978-0-87451-436-0.
  • Fowler, Kenneth (1967). The Age of Plantagenet and Valois: The Struggle for Supremacy, 1328–1498. Putnam. ISBN 978-0-236-30832-3.
  • Gallagher, Michael (2006). The United Kingdom Today. London: Franklin Watts. ISBN 978-0-7496-6488-6.
  • Gearon, Liam (2002). Education in the United Kingdom. David Fulton. ISBN 978-1-85346-715-8.
  • Goldberg, Jeremy (1996). "Introduction". In Mark Ormrod & P.G. Lindley (ed.). The Black Death in England. Stamford: Paul Watkins. ISBN 978-1-871615-56-2.
  • Green, Tamara (2003). The Greek & Latin roots of English. Rowman & Littlefield. ISBN 978-0-7425-1466-9.
  • Hawkins-Dady, Mark (1996). Reader's guide to literature in English. Taylor & Francis. ISBN 978-1-884964-20-6.
  • Heywood, Andrew (2007). Political Ideologies: An Introduction. Palgrave Macmillan. ISBN 978-0-230-52179-7.
  • Higham, NJ (2002). King Arthur: myth-making and history. Routledge. ISBN 978-0-415-21305-9.
  • Kaufman, Will; Macpherson, Heidi (2005). Britain and the Americas: Culture, Politics, and History. ABC-CLIO. ISBN 978-1-85109-431-8.
  • Kirby, D.P. (2000). The earliest English kings. Routledge. ISBN 978-0-415-24210-3.
  • Keary, Charles Francis (1882). Outlines of primitive belief among the Indo-European races. C Scribner's Sons. ISBN 978-0-7905-4982-8.
  • Kenny, Michael; English, Richard; Hayton, Richard (2008). Beyond the Constitution? Englishness in a post-devolved Britain. Institute for Public Policy Research.
  • Koch, John (2006). Celtic Culture: A Historical Encyclopedia. ABC-CLIO. ISBN 978-1-85109-440-0.
  • Lacy, Norris (1986). The Arthurian Encyclopedia. Garland Pub. ISBN 978-0-8240-8745-6.
  • Lax, Roger (1989). The Great Song Thesaurus. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-505408-8.
  • Levine, Israel E. (1960). Conqueror of smallpox: Dr. Edward Jenner. Messner. ISBN 978-0-671-63888-7.
  • Lowe, Roy (1971). The English school. Taylor & Francis. ISBN 978-0-7100-6882-8.
  • Lyon, Bryce Dale (1960). A constitutional and legal history of medieval England. University of Michigan. ISBN 978-0-393-95132-5.
  • Major, John (2004). History in Quotations. Cassell. ISBN 978-0-304-35387-3.
  • Marden, Orison (2003). Home Lover's Library. Kessinger Publishing. ISBN 978-0-7661-5324-0.
  • Massey, Gerald (2007). A Book of the Beginnings, Vol.1. Cosimo. ISBN 978-1-60206-829-2.
  • McNeil, Robina; Nevell, Michael (2000). A Guide to the Industrial Archaeology of Greater Manchester. Association for Industrial Archaeology. ISBN 978-0-9528930-3-5.
  • Molyneaux, George (2015). The Formation of the English Kingdom in the Tenth Century. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-871791-1.
  • Norbrook, David (2000). Writing the English Republic: Poetry, Rhetoric and Politics, 1627–1660. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-78569-3.
  • O'Hanlon, Ardal (2008). Global Airlines. Elsevier. ISBN 978-0-7506-6439-4.
  • Oakes, Elizabeth H. (2002). A to Z of STS scientists. Facts on File Inc. ISBN 978-0-8160-4606-5.
  • Office for National Statistics (2000). Britain 2001: The Official Handbook of the United Kingdom. London: Stationery Office Books. ISBN 978-0-11-621278-8.
  • Oppenheimer, Stephen (2006). Origins of the British. Carroll & Graf. ISBN 978-0-7867-1890-0.
  • Pevsner, Nikolaus (1942). An outline of European architecture. University of Michigan. ISBN 978-0-14-061613-2.
  • Pollard, A.J. (2004). Imagining Robin Hood. Routledge. ISBN 978-0-415-22308-9.
  • Rankov, Boris (1994). The Praetorian Guard. Osprey Publishing. ISBN 978-1-85532-361-2.
  • Redcliffe-Maud, John; Wood, Bruce (1974). English Local Government Reformed. London: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-885091-5.
  • Reitan, Earl Aaron (2003). The Thatcher Revolution. Rowman & Littlefield. ISBN 978-0-7425-2203-9.
  • Ripley, George (1869). The New American Cyclopædia. D. Appleton.
  • Rogers, Pat (2001). The Oxford illustrated history of English literature. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-285437-7.
  • Room, Adrian (2006). Placenames of the World. McFarland. ISBN 978-0-7864-2248-7.
  • Rowse, A. L. (1971). Elizabethan Renaissance. Scribner. ISBN 978-0-684-12682-1.
  • Saunders, Paul (1982). Edward Jenner, the Cheltenham years, 1795–1823. University Press of New England. ISBN 978-0-87451-215-1.
  • Scruton, Roger (1982). A dictionary of political thought. Macmillan. ISBN 978-0-333-33439-3.
  • Singh, Udai (2009). Decentralized democratic governance in new millennium. Concept Publishing Company. ISBN 978-81-8069-540-7.
  • Stradling, R.A. (1993). The English musical Renaissance, 1860–1940. Taylor & Francis. ISBN 978-0-415-03493-7.
  • UK Parliament (2007). Department for Transport annual report 2007. Stationery Office. ISBN 978-0-10-170952-1.
  • Underdown, David (2000). Start of Play: Cricket and Culture in Eighteenth-Century England. Allen Lane. ISBN 978-0-7139-9330-1.
  • Ward, Paul (2004). Britishness Since 1870. Routledge. ISBN 978-0-203-49472-1.
  • Warner, Charles (1902). Library of the world's best literature, ancient and modern. International society. ISBN 978-1-60520-202-0.
  • Watson, John (1985). English poetry of the Romantic period, 1789–1830. Longman. ISBN 978-0-582-49259-2.
  • Webster, Frederick A.M. (1937). Our great public schools: their traditions, customs and games. London: Ward, Lock. OCLC 638146843.
  • West, Anne (2003). Underachievement in schools. Routledge. ISBN 978-0-415-24132-8.
  • White, Peter (2002). Public transport. Taylor & Francis. ISBN 978-0-415-25772-5.
  • Wilson, David; Game, Chris (2002). Local Government in the United Kingdom (3rd ed.). Basingstoke: Palgrave MacMillan. ISBN 978-0-333-94859-0.
  • Withington, Robert (2008). English Pageantry; An Historical Outline. Read Books. ISBN 978-1-4086-8062-9.
  • World Book (2007). The World Book Encyclopedia, Volume 6. University of Michigan. ISBN 978-0-7166-0102-9.
  • Wright, Kevin J (2008). The Christian Travel Planner. Thomas Nelson Inc. ISBN 978-1-4016-0374-8.
  • Young, Robert JC (2008). The Idea of English Ethnicity. Blackwell. ISBN 978-1-4051-0129-5.
  • Ziegler, Philip (2003). The Black Death (New ed.). Sutton: Sutton Publishing Ltd. ISBN 978-0-7509-3202-8.

External links

  • English Heritage – National body protecting English heritage
  • Natural England – Wildlife and the natural world of England
  • VisitEngland – English Tourist Board
  • BBC News – England – News items from BBC News relating to England
  • GOV.UK – The Official Website of the British Government
  • Geographic data related to England at OpenStreetMap

Coordinates: 53°N 1°W / 53°N 1°W / 53; -1