エチオピア

座標 N38°E / 北緯8度東経38度 / 8; 38

エチオピア/ I θ I P iのə / ;アムハラ語ኢትዮጵያ'Ītyōṗṗyā 聞くこの音についてアファールItiyoophiyaaGe'ezኢትዮጵያオロモItoophiyaaソマリアItoobiyaティグリニア語ኢትዮጵያ)、正式に連邦民主共和国エチオピアのアフリカ角の内陸国ですこれは、との国境共有エリトリアを、北にジブチソマリランド、北東にソマリア東へ、ケニア、南へ南スーダン、西に及びスーダン北西エチオピアは110万平方キロメートル(42万平方マイル)の総面積を持っており、百万109以上の住民[13] [14]とである12日、最も人口の多い世界では国やアフリカで2番目-最も人口の多いです[15] [13] [14]首都であり最大の都市であるアディスアベバは、東アフリカ大地溝帯の西数キロに位置し、国をアフリカソマリアのプレートテクトニクスに分割しています[5]

エチオピア連邦民主共和国

国語での名前
  • アムハラ語የኢትዮጵያፌዴራላዊዴሞክራሲያዊሪፐብሊክ
    ye'ĪtiyoṗṗiyaFēdēralawīDēmokirasīyawīRīpebilīk
    オロモ語:Rippabliikii Federaalawaa Dimokraatawaa Itiyoophiyaa
    ソマリアJamhuuriyadda Dimuqraadiga Federaalka Itoobiya
    遠くItyoppiah Federalih Demokrasih Ummuno
    ティグリニャ語:ናይኢትዮጵ가ፌዴራላዊዴሞክራሲ
    가ዊ
国歌: 
ወደፊት숵アプリሺ、ውorderእናትኢትዮጵ가
(英語: マーチフォワード、親愛なるエチオピア
エチオピアの場所
資本
そして最大の都市
アディスアベバ9°1'N38 °45'E
 / 9.017°N38.750°E / 9.017; 38.750
公用語遠く
アムハラ語
オロモ
ソマリア
ティグリニャ[1] [2] [3]
民族グループ
(2016 [a] [5]
宗教
62.8%キリスト教
—43.5%エチオピア正教会
—18.6%ペンタイ
—0.7%カトリック
33.9%イスラム教
2.6%伝統的信仰
0.7%その他/なし[5]
住民の呼称エチオピア
政府民族フェデラリスト[6]連邦議会 制共和国
•  大統領
サーレワークゼウデ
•  首相
アビィ・アハメド
•  副首相
デメケメコンネン
タゲッセチャフォ
連邦院議長
アデムファラー
Meaza Ashenafi
立法府連邦議会議会
連邦院
•  衆議院
人民代表院
形成
1270
1855年
•  集中化
1904年
1936年
1941年
1974
1991
1995年
範囲
•合計
1,104,300 [7]  km 2(426,400平方マイル)(26日
• 水 (%)
0.7
人口
•2021年の見積もり
117,876,227 [8]12日
•2007年の国勢調査
73,750,932 [9]
•密度
92.7 / km 2(240.1 / sq mi)(123rd
GDP  PPP2020年の見積もり
•合計
2720億ドル[10]58
• 一人あたり
2,772ドル[10]
GDP  (名目)2021年の見積もり
•合計
915.1億ドル[10]65位
• 一人あたり
974ドル[10]
ジニ (2011)マイナスの増加 33.6 [11]
HDI  (2019)増加する 0.485 [12]
 ・ 173位
通貨ブルETB
タイムゾーンUTC +3 EAT
運転側正しい
市外局番+251
ISO3166コードET
インターネットTLD.et

エチオピアの国民的アイデンティティは、キリスト教とイスラム教の歴史的および現代的な役割と、古代エチオピアのさまざまな古代王国に由来する外国の支配からのエチオピアの独立に基づいています。[16]解剖学的に現代の人間の最も古い骨格の証拠のいくつかは、エチオピアで発見されました。[17]それは、現代人が最初中東その先に出発した地域と広く考えられています。[18] [19] [20]言語学者によると、最初のアフロアジア語族は、その後の新石器時代にホーン地域に定住した[21]そのルーツを紀元前2千年紀にさかのぼると、エチオピアの政府システムはその歴史のほとんどの君主制でしたオーラル文献は君主制がによって設立されたことを告げるソロモン王朝シバの女王の最初の王、下、メネリク1世[22]最初の数世紀の間、アクスム王国はこの地域で統一された文明を維持していた。[23] [24] [25]

19世紀後半のアフリカ分割では、エチオピアとリベリアだけが、ヨーロッパの植民地勢力による長期的な植民地化から主権を守った2つの国であり、大陸の多くの新たに独立した国は、その旗の色である緑、金を採用しました。と赤。この期間中、エチオピアは東、西、南の領土を広範囲に征服することで近代的な国境を確立しました。[26]エチオピアは最初の独立したアフリカのメンバーであった国際連盟国際連合[27]この国は1936年にイタリア占領されイタリア領東アフリカの一部としてイタリア領エチオピアになり5年後の1941年第二次世界大戦中に解放された。イタリア統治時代、政府は何世紀にもわたる奴隷制の慣行を廃止した。[28]そして都市化は着実に増加した。[29] 1974年、ハイレ・セラシエ政権下の長年のエチオピア君主制は、ソビエト連邦に支援された共産主義の軍政であるデルグによって打倒された[30] 1987年に、デルグはエチオピア人民民主共和国を設立しました。これは、1991年にエチオピア人民革命民主戦線によって打倒されました。エチオピア人民革命民主戦線は2019年まで政党連合であり、アビィ・アハメドの党繁栄党に引き継がれました

エチオピアは多言語国家であり、約80の民族言語グループがあり、そのうち4つはオロモアムハラソマリティグリニャ人です。国のほとんどの人々は、クシ語派またはセム語派のアフロアジア語話します。さらに、オモティック言語は南部地域に住む少数民族グループによって話されています。ニロサハラ語は、国のナイロート少数民族によっても話されています。オロモネイティブスピーカーが最も人口の多い言語ですが、アムハラ語はスピーカーの総数で最も人口が多い言語です。ゲエズは、エチオピア正教会のテワヘド教会エリトリア正教会のテワヘド教会の両方、およびベタイスラエルの典礼言語として引き続き重要です。人口の大部分はキリスト教(主にエチオピア正教会のテワヘド教会ペンタイ)に固執しており、歴史的なアクスム王国はこの宗教を公式に採用した最初の州の1つでした。3番目はイスラム教、主にスンニ派に続くこの国は、アビシニアへのイスラム移民の場所であり、アフリカで最も古いイスラム教徒の入植地であるネガシュにあります。ベタイスラエルとして知られるエチオピアのユダヤ人のかなりの人口も、1980年代までエチオピアに住んでいました。[31] [32]この国は地理的に対照的な土地であり、森林と多数の川がある広大な肥沃な西部から、にある世界で最も暑いダロールの集落にまで及びます。エチオピア高原は、アフリカ最大の連続山脈であり、ソフオマル洞窟は、大陸で最大の洞窟が含まれています。エチオピアには、アフリカで2番目に多いユネスコ世界遺産もあります[33]主権国家は、国連の創立メンバーである24のグループ(G-24)、非同盟G77及びアフリカ統一機構アディスアベバでの本部として機能アフリカ連合商工の汎アフリカ会議所アフリカ経済委員会アフリカ待機軍と地球のNGOの多くはアフリカに焦点を当てました。

1970年代と1980年代に、エチオピアは内戦共産主義の粛清を経験し、それが経済を妨げましたその後、国は回復し、2010年の時点東アフリカ最大の経済(GDP)を持っています[34] [35] [36]、依然として世界で最も貧しい国の1つであり、[37]貧困、飢餓、腐敗、弱さに直面しています。インフラストラクチャー、人権への配慮の欠如、健康と教育へのアクセスの制限、識字率はわずか49%であり、[38]人間開発指数で最悪の四分位ランクされています

ギリシャ語の名前Αιθιοπία(からΑιθίοψAithiops、「エチオピア」)は、2つのギリシャ語の単語から誘導される化合物の単語、であるから、αἴθω + ὤψaitho +「私は焼く」OPS「顔」)。Liddell-Scott Jonesギリシャ語-英語レキシコンよると、この指定は、名詞の形では焦げた顔、形容詞の形では赤茶色として適切に解釈されます[39]歴史家のヘロドトスは、このアペラシオンを使用して、当時エクメーネ(居住可能な世界)内で知られていサハラ南部のアフリカの地域を示しました[40]しかしながら、ギリシャ語の形成は、「心の強盗」を意味する古代エジプトの用語athtiu-abuの民間語源である可能性があります[41]このギリシャ語の名前は、アムハラ語にኢትዮጵ가、ʾĪtyōṗṗyāとして借用されました

ではグレコ-ローマの碑文、Aethiopiaは古代のための特定の地名だったヌビア[42]少なくとも早くもc。850、[43]アイティオピアという名前は、ヌビアをほのめかして旧約聖書の多くの翻訳にも登場します古代ヘブライ語のテキストは、代わりにクシュとしてヌビアを識別します。[44]しかし、新約聖書では、ギリシャ語のアイティオピアが登場し、クシュの女王であるカンダケの僕を指しています[45]

ギリシャと聖書の伝統に従い、アクスム帝国に属する3世紀の碑文であるモニュメンタムアドゥリタナムは、アクスムの当時の統治者がエチオピアとサスの領土によって西に隣接した地域を統治していたことを示しています。アクスム人のエザナ王は最終的に次の世紀にヌビアを征服し、その後アクスム人は自分たちの王国に「エチオピア人」という呼称を割り当てました。Ge'ezのEzana刻印のバージョン、Aἰθιόποιはunvocalizedと同一視されHBSTHBST(Ḥabashat)、そして初めてアクスムの高地住民を意味します。この新しい住民の呼称は、その後サバ語では' ḥbs('Aḥbāsh)アラビア語ではḤabashaとしてレンダリングされました[42]

15世紀のゲエズのアクスムの本では、その名前はItyopp'isと呼ばれる伝説的な人物に由来しています。彼は、ハムの息子であるクッシュの聖書外の息子であり、アクスムの街を設立したと言われています。[46]

英語で、そして一般的にエチオピアの外で、国はかつてアビシニアとして歴史的に知られていました。この地名は、古代のハバシュのラテン語化された形式から派生しました[47]

先史時代

いくつかの重要な発見により、エチオピアとその周辺地域は古生物学の最前線に 躍り出ましたエチオピアでこれまでに発見された最古の類人猿は、1994年にティムD.ホワイトによって発見された420万年前のアルディピテクスラミダスアルディです。[48]最もよく知られている類人猿の発見はアウストラロピテクスアファレンシスルーシー)です。地元ではディンキネッシュとして知られているこの標本は、1974年にドナルドヨハンソンによってエチオピアのアファール地域のアワッシュバレー発見され、これまでに発見された中で最も完全で最も保存状態の良い成人のアウストラロピテクス化石の1つですルーシーの分類名は、発見が行われた地域を指します。類人猿は320万年前に住んでいたと推定されています。[49] [50] [51]

エチオピアはまた、解剖学的に現代の人間ホモサピエンスの出現の最も初期の場所の1つと考えられていますこれらの地元の化石発見物の中で最も古いものであるオモ遺跡はオモキビッシュ地域南西部で発掘され、約20万年前の中期旧石器時代にさかのぼります。[52]さらに、ホモ・サピエンス・イダルトゥの骨格がミドル・アワシュ渓谷のある場所で発見された約16万年前にさかのぼり、それらはホモサピエンスの絶滅した亜種、または解剖学的に現代の人間の直接の祖先を表す可能性があります。[53]モロッコのジェベルイルード遺跡で発掘された人類のホモ・サピエンスの化石は、それ以来、約30万年前の初期の時代にさかのぼります[54]。一方、エチオピア南部のオモキビッシュI(オモI)は、解剖学的に最も古いホモです。現在知られているサピエンスの骨格(196±5ka)。[55]

言語学者によれば、第一Afroasiatic -speaking集団が続く間領域に到着した新石器時代の家族の提案から時代原郷で(「元の故郷」)ナイルバレー[21]又は近東[56]他の学者は、アフロアジア語族がホーンでその場で発達し、その後その話者がそこから分散したと提案している。[57]

2019年、考古学者は、海抜3,469メートルのエチオピアベール山脈にあるフィンチャハベラ遺跡で、3万年前の中期石器時代の岩陰遺跡を発見しましたこの高地では、人間は低酸素症と異常気象の両方の影響を受けやすくなっています。科学誌に掲載された研究によると、この住居は、これまでに発見された高地での最も初期の恒久的な人間の職業の証拠です。何千もの動物の骨、何百もの石器、古代の暖炉が発見され、巨大なほくろラットを特徴とする食事が明らかになりました[58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]

2013年にエチオピアのガデモッタ遺跡で発見された、最も初期に知られている石の先端の発射体兵器(ホモサピエンスの特徴的な道具)、槍の石の先端、または槍の投げ方の証拠は約279、000年前さかのぼります。[65] 2019年、中期石器時代の複雑な発射体兵器のさらなる証拠が、同じくエチオピアのAdumaで、槍投げによって配達されたダーツに属すると思われる点の形で、10万年から8万年前の日付で発見されました。[66]

古代

紀元前8世紀頃、王国として知られているD'mtが設立されましたティグライエチオピア北部、とで、エリトリアこの政体の首都は、エチオピア北部のイェハにありました。以前の時代に多くの人が、それは示唆したものの、最近のほとんどの歴史家は、この文明はネイティブエチオピアの一つであると考えSabaeanがあるため紅海のの後者の覇権の-influenced。[24]

他の学者は、Dʿmtをクシ語派とセム語派のアフロアジア語族の文化の結合の結果と見なしています。つまり、地元のアガウ族南アラビアのサバアですしかし、エチオピアの古代セム語であるゲエズは、南セム語の1つであるサバア語とは独立して発展したと考えられています紀元前2000年には、ゲエズ語が発展したエチオピアとエリトリアに他のセム語派の話者が住んでいました。[67] [68]サバア人の影響は今では軽微であり、少数の地域に限定されており、数十年または1世紀後に消滅したと考えられている。それは、エチオピアのDʿmt文明または他のプロトアクスム人国家と提携した貿易または軍事植民地であった可能性があります。[24]

紀元前4世紀にD'mtが崩壊した後、エチオピア高原はより小さな後継王国によって支配されるようになりました。西暦1世紀に、アクスム王国は現在のティグライとエリトリアに出現しました中世のアクスムの書によると、王国の最初の首都であるマザベールは、クッシュの息子であるイティヨピスによって建てられました。[46]アクスムは後に、その支配を紅海の反対側のイエメンにまで拡大することもあった。[69]ペルシャの預言者マニは、3世紀の彼の時代の4つの大国の1つとして、ローマ、ペルシャ、中国とともにアクスムを挙げました。[70]

西暦316年頃、フルメンティウスタイヤの弟エデシウスは、エチオピアへの航海で叔父に同行しました。船が紅海の港に停泊したとき、先住民は奴隷として法廷に連れて行かれた2人の兄弟を除いてすべての旅行者を殺しまし彼らは君主から信頼の地位を与えられ、宮廷のメンバーをキリスト教に改宗させました。フルメンティウスはアクスムの最初の司教になりました。[71] 324年硬貨は、エチオピアが公式にキリスト教を採用した2番目の国であることを示している(アルメニアが301年に採用した後)が、宗教は最初は法廷に限定されていた可能性がある。それはそうする最初の主要な力でした。

Aksumite通貨Axumite王の エンドゥビスで、227から35、 大英博物館中碑文 古代ギリシャは「ΑΧΩΜΙΤΩΒΑΣΙΛΕΥΣ」(「アクスムOF KING」)と「ΕΝΔΥΒΙΣΒΑΣΙΛΕΥΣ」(「KINGエンドゥビス」)を読んで、ギリシャ語だった リンガフランカので、その時点で Axumite王が外国簡素化するためにコインでそれを使用しましたトレード。

弱体化したアクスム王朝は、ヨディットが王朝の最後の王を破った9世紀に終わりを告げました40年間続いたヨディット皇后の治世は、教会を焼き払い、当時は正統派のテワヘド教会に忠実であった人々を十字架につけることによって、キリスト教(アクスムのエザナ王によって最初に受け入れられた宗教)を廃止することを目的としていました。国教。皇后両陛下は多くの人々に彼らの宗教を変えさせようとし、アクスム王国の多くの歴史的遺産を破壊し、彼女にヨディット・グディトの形容詞を与えましたアムハラ語で:ዮዲትጉዲት悪人ジュディスに近い言葉遊び)。彼女の治世は、ザグウェ朝の最初の指導者による彼女の敗北に続いて、最終的に912年に終わりました。[72]ザグウェ朝の治世は、イクノ・アムラクの台頭によって終わりを告げた[73]

ムハンマドの時代

イスラム教の預言者 ムハンマドがエチオピアと最初に交流したのは、当時アクスムの皇帝であり、西暦614年にアクスム王国の数人のイスラム教徒に避難したAṣḥamaibnAbjarの治世中です。[74]他の著者によると、アシャマはアルマ、または彼の父または息子と同じ人物であった可能性があります[75]タデス・タムラトは、統治者がアシャマト・アル・ネガシとして知られているウィクロの住民が、彼の墓は彼らの村にあると主張していると記録している。[76] [77]

ムハンマドとエチオピアとの2回目の交流は、ザイド・イブン・ハリタの遠征中に、アムル・ビン・ウマヤ・アル・ダムリをエチオピアの王(当時はアビシニア)に送ったときでした。[78]

中世

ダウィト2世(デビッド2世)、 エチオピアのnəgusänägäst(皇帝)(r。1507–1540)、ソロモン朝のメンバー

ザグウェ朝は早い12日と後半13世紀の間、現代エチオピアとエリトリアの多くの部分を支配しました。王朝の名前は、エチオピア北部のクシ語派のアガウ族に由来しています。西暦1270年から士師の時代(王子の時代)まで、ソロモン朝エチオピア帝国を統治していました[79]

15世紀初頭、エチオピアはアクスム王国以来初めてヨーロッパの王国と外交的接触を図りました。イギリスのヘンリー4世からアビシニア皇帝への手紙は残っています。[80] 1428年、イシャク1世は2人の使者をアラゴンのアルフォンソ5世に送りました。アルフォンソ5世は、アラゴンへの帰路を完了できなかった自分の使者を送りました。[81]

ヨーロッパの国との最初の継続的な関係は、1508年に、父親から王位を継承したばかりのダウィト2世(レブナデンゲル)の下でポルトガルと始まりました[82] 1487年、ポルトガルのジョアン2世は、2人の使者、ペロダコビリャとアフォンソデパイバをオリエントに派遣しました。アフォンソはこの任務で死ぬでしょう。[83]

オーッサスルタン国

オーッサスルタン国または「遠いスルタン国」は、以前のオーッサのイマメイトの後を継いだ後者の国体はムハンマドジャサから彼の首都を移し1577年に存在に入って来たハラールAussa(にAsaitaのスプリットで)アダル・スルタン国Aussaのスルタンとにハラールのスルタン1672年以降のある時点で、オーッサスルタン国は辞退し、イマームウマルディンビンアダムの記録された王位への昇格に伴って一時的に終了しました。[84]

その後、1734年頃にケダフによってスルタン朝が再建されましたその後、彼のムダイト王朝によって統治されまし[85]スルタンの主要なシンボルは、魔法の特性を持っていると考えられていた銀のバトンでした[86]

士師の時代

1769年と1855年の間に、エチオピアはと呼ばれる隔離の期間を経験したZemene Mesafintまたは「王子の時代」。皇帝のような地方領主や貴族によって制御船首となったラス ミカエル・セフルティグライラス Woldeセラシエティグライの、そしてによってYejjuオロモ王朝ワラShehなど、ラス ガグサ・オブ・イェヒュ士師の時代の前に、イヨアス王はアムハラ語の代わりにオロモ語アファーンオロモ)を法廷で紹介していました[87] [88]

エチオピアの孤立主義は、両国の同盟を締結した英国の使命に続いて終了しましたが、エチオピア北部のアムハラ王国(ゴンダール、ゴジャム、ショア)が、皇帝の権力が回復した後、一時的に統一されたのは1855年でした。テオドロス2世の治世Tewodrosはで生まれていたBegemderの貴族からQwaraQwara方言Agaw言語のが話されています。

彼が登ったとき、彼はエチオピアを近代化し、皇帝に権力を再集中させ始めましたエチオピアは再び世界情勢に参加し始めました。[89]テオドロス2世は、後継の天皇によって継続される統合、中央集権化、および国家建設のプロセスを開始しました。このプロセスは、地域の支配者の力を減らし、帝国の政権を再構築し、専門の軍隊を作りました。これらの変化は、エチオピア国家の効果的な主権と領土保全を確立するための基礎を作りました。[90]

しかし、テウォドロスは彼の帝国内でいくつかの反乱に苦しんだ。北オロモ民兵、ティグリニャ人の反乱、そしてオスマン帝国とエジプト軍の紅海近くへの絶え間ない侵入は、テオドロス2世の弱体化と最終的な崩壊をもたらしました。はマグダラ戦いでのアビシニアへイギリス遠征との最後の戦いの間に1868年に自殺した

Tewodrosの死後、Tekle Giyorgis IIは皇帝と宣言されましたが、Zulawu(1871年6月21日)とAdwa(1871年7月11日)の戦いで敗北しました。

勝利したメルチャカッサイはその後1872年1月21日にヨハンネス4世と宣言されました。1875年と1876年に、トルコ/エジプト軍は多くのヨーロッパとアメリカの「顧問」を伴って2回アビシニアに侵入しましたが、最初は敗北しました。1875年3月7日のグラ戦いでヨハンネス4世皇帝に決定的に敗北し、2回目の侵攻 で、侵略軍は少なくとも3000人の兵士を死または捕獲で失いました。[91]の協議会でBoruメダ1878年、Yohannesはエチオピアのイスラム教徒がキリスト教を受け入れなければならないか、禁止されていることが法令で出てきました。拒否したものはその場で処刑された。数万人が殺され、さらに多くが彼らの土地と所持品を残して、ハラール、ベール、アルシ、ジンマ、さらにはスーダンに逃げました。[92] 1885年から1889年にかけて、エチオピアは、スーダンのマフディスト国家に対してイギリス、トルコ、エジプトと同盟を結んだマフディー戦争に加わった1887年、シェワのメネリク王はチェレンコ戦いで勝利した後、ハラール首長国に侵攻しました[93] 1889年3月10日、ヨハンネス4世は、ガラバット戦い(メテンマ戦いとも呼ばれる)で彼の軍隊を率いていたときに、スーダンのハリファアブドラの軍隊によって殺害された[94]

メネリク2世からアドワへ(1889–1913)

皇帝の征服 ヨハンズ・アイブ、NEGUS Menelik及び一般 ラス・アルラ1879-1889で

ほぼ現在の形のエチオピアは、1889年から1913年に亡くなるまで皇帝であったメネリク2世の治世下で始まりました。メネリクは、中央州のシェワにある彼の基地から、南、東、西の領土を併合するために出発しました。 26]オロモ、シダマグラゲウェライタ、その他の人々が住む地域。[95]彼は、アフマド・イブン・イブラヒム・アル・ガジの戦争以来所有されていなかった土地や、エチオピアの主権下にあったことのない他の地域を占領したラス・ ゴバナ・ダッチのシェワン・オロモ民兵の助けを借りてこれを行った[96]オロモ人の征服中、エチオピア軍は、大量殺戮、大量殺戮、大規模な奴隷制など、オロモ人に対する大規模な残虐行為を行った。[97] [98]征服の結果として殺された人々の数のいくつかの推定値は、数百万に達する。[99] [97] [100]大規模な残虐行為もディジの人々とカフィチョ王国の人々に対して行われた。[100] [101]彼の軍隊の外でのオロモ人に対するメネリクのキャンペーンは、オロモの膨張主義とゼメネ・メサフィントの何世紀にもわたる報復であり、その間、オロモの封建支配者の継承が高地人を支配した。[102]これらの中で最も重要なのはイェジュ王朝であり、イェジュのアリガズと彼の兄弟であるイェジュのアリIが含まれていたアリ私は町に設立のDebreターボルアムハラ州王朝の首都となりました。[103]

メネリクは、シェワのハイレメレコット王と、王室の使用人であった母親のエジェガエフ・レマ・アデヤモから生まれました。[104]彼はオロモ地域のアンゴララで生まれ、最初の12年間はシェワン・オロモと暮らしていたため、多くの共通点があった。[105]彼の治世中、メネリク2世は道路建設、電気、教育を進歩させた。中央税制の開発と、1881年にシェワ州の州都となったアディスアベバ市の設立と建設。1889年に王位に就いた後、アビシニアの新しい首都であるアディスアベバに改名されました。

彼のリーダーシップのために、社会のより伝統的な要素からの反対にもかかわらず、メネリク2世は国民的英雄として予告されています。メネリクは1889年5月にイタリアとウッチャリ条約に署名しました。この条約では、イタリアがエチオピアの北の地域(現在は現代エリトリアの一部)を支配できる限り、イタリアはエチオピアの主権を認めます。その見返りに、イタリアはメネリクに武器を提供し、皇帝として彼を支援することになっていました。イタリア人は、条約の署名からイタリア政府による批准までの時間を利用して、領土問題を拡大しました。この紛争は、1896年3月1日のアドワ戦いで勃発しました。アドワ戦いでは、 イタリアの植民地軍がエチオピア人に敗北しました。[95] [106]

人口の約3分の1がエチオピアの大飢饉(1888年から1892年)で亡くなりました[107] [108]

ハイレセラシエ1世(1916–1974)とイタリア領エチオピア

宮殿での勉強中の ハイレ・セラシエ

20世紀初頭は、ハイレセラシエ皇帝 (ラスタファリ)の治世によって特徴づけられました:ハイレ・セラシエ私はエチオピアのAfroasiatic圏の人口の3民族のリンクを持つ親に生まれたオロモアムハラ、同国の2つの大民族だけでなく、Gurage彼は後に権力を握ったリジ・イヤスが退陣し、引き受け全国の近代化キャンペーンを1916年から、彼が行われたときのRasとリージェント(Inderase用)皇后Regnantザウディトゥ、となった事実上のエチオピア帝国の支配者。ザウディトゥの死後、 1930年11月2日、彼は皇帝として彼女の後を継いだ。[109] 1931年、ハイレ・セラシエはエチオピアに、大日本帝国の1890年憲法を模倣した初の憲法授与しました。これにより、中央ヨーロッパの単一で均質な民族言語国家のモデルがエチオピア帝国に採用されました。[110]

エチオピアの独立は1935年10月初旬にファシストイタリア侵略されたときから始まる第二次エチオピア戦争とイタリアによる国の占領(1936〜 1941年)によって中断されました[111]この間、ハイレ・セラシエは1935年に国際連盟に上訴し、彼を世界的な人物にした演説と1935年のタイムマンオブザイヤーを発表した[112]エチオピアの人口の大部分が地方の町に住んでいたので、イタリアはその占領の間ずっと都市の中心で継続的な抵抗と待ち伏せに直面した。ハイレセラシエはイギリスのバースにあるフェアフィールドハウスに亡命しました。ムッソリーニはイタリア領エチオピアとイタリア王ヴィットリオエマヌエーレ3世による帝国の称号の引き受けを宣言することができました[113]

1937年、イタリアのイェカティット12の虐殺が行われ、3万人もの民間人が殺害され、他の多くの人々が投獄されました。[114] [115] [116]この虐殺は、イタリア領東アフリカの副王であるロドルフォ・グラツィアーニの暗殺未遂に対する報復であった[117]イタリア人は、エチオピアの侵略に窒息化学兵器の使用を採用した。イタリア人は定期的にマスタードガスを運ぶ爆弾をエチオピア中に投下し、エチオピア軍を衰弱させました。全体として、イタリア人は約300トンのマスタードガスと他の何千もの大砲を投下しました。この化学兵器の使用は、ひどい戦争犯罪に相当しました。[118]

1937年2月6 日、イタリアによるエチオピア占領後、 ベニート・ムッソリーニとのラス・ セヨム・メンゲシャ、ラス・ゲタチュー・アバテ、ラス・ケベデ・グブレット  

イタリア人は占領中にエチオピアのインフラ開発に投資しました。彼らは、アディスアベバとマッサワの間にいわゆる「帝国の道」を作りました。[119] 900 km以上の鉄道が再建され、ダムと水力発電所が建設され、多くの公的および民間企業が設立された。イタリア政府は奴隷制を廃止しました。これは何世紀にもわたって国に存在していた慣習です。[29]

イタリアが第二次世界大戦に突入した後、大英帝国軍はアルベニョーチ(文字通り「愛国者」、武装抵抗兵士を指す)とともに、1941年の東アフリカ戦線の過程でエチオピアの主権を回復しました。イタリアのゲリラ戦争キャンペーンは1943年まで続いた。これに続いて1944年12月に英エチオピア協定が調印されたとき、特別な英国の特権なしに、エチオピアの完全な主権が英国に認められた[120] 1947年の平和条約の下で、イタリアは主権を認め、エチオピアの独立。

1942年8月26日、ハイレセラシエは、エチオピアの奴隷制の法的根拠を削除する宣言を発表しました。[121]エチオピアには、約1,100万人の総人口のうち、20世紀初頭に200万から400万人の奴隷がいた。[122]

1952年、ハイレセラシエはエリトリアとの連合を組織しました彼はこれを1962年に解散し、エリトリア併合し、エリトリア独立戦争を引き起こしましたハイレセラシエはの形成に主要な役割を果たしアフリカ統一機構1963年(OAU)[123]

エチオピア内の意見は、1973年の世界的な石油危機のためにハイレセラシエ1世に反対しましたこの石油危機は1974年2月13日からガソリン価格の急激な上昇を引き起こしました。食糧不足; 継承に関する不確実性; 国境戦争; 近代化によって生み出された中産階級の不満。[124]高ガソリン価格1974年2月18日にストライキをするタクシー運転手や教師やる気、そしてアディスアベバの学生と労働者は2月20日、1974年に政府に対して実証し始めた[125] Akilou Habte Woldeの封建oligarchical内閣でした倒れ、エンデルカチュー・マコネンが首相を務める新政府が結成された[126]

共産主義時代(1974–1991)

エチオピア人民革命党(EPRP)はと衝突 Derg中に Qey Shibir

ハイレ・セラシエの統治は1974年9月12日に終了しメンギスツ・ハイレ・マリアムが率いるソビエトが支援するマルクス・レーニン主義の指導であるデルグに追放された[127]新しい暫定軍事行政評議会は、1975年3月に一党共産主義国家設立した[128]政権は、ハイレ・セラシエの統一的かつ民族言語的政策からの逆転において、エチオピアの多数の民族グループに自治と国家の自己決定を約束した。アムハラアムハラ語を中心に展開する同質の国家この目的のために、1987年に、デルグは、1977年のソビエト連邦憲法をモデルにした1987年のエチオピア憲法を公布しました[129]

その後の政府は、いくつかのクーデター、暴動、大規模な干ばつ、そして巨大な難民問題に苦しんだ。1977年、以前はソ連から支援と武器を受け取っていたソマリアが、オガデン戦争エチオピアに侵攻し、オガデン地域の一部を占領しました。エチオピアは、ソビエト連邦、キューバ、南イエメン、東ドイツ[130]、北朝鮮のソビエトブロック諸国から大規模な軍事援助を受け始めた後、それを回収しましたこれには約15,000人のキューバの戦闘部隊が含まれていました。[131] [132]

1977年から1978年には、50万をの結果として殺された赤色テロ[133] 強制送還からかMengistuのルールの下で武器として飢餓の使用から。[124]赤色テロは、ダーグが「白色テロ」と呼んだもの、1974年の逆転を望んでいたささいなブルジョア反動」と呼ばれるものによって実行された一連の暴力事件、暗殺、殺害に応えて実行された。革命。[134] [135]

エチオピアの指導者 メンギスツハイレマリアム(1977年から1991年の事務所)は、彼の政府の間に犯された犯罪のためにエチオピアで死刑を宣告さ れました。2018年現在 、彼はジンバブエに亡命していた [136]

エチオピアで1983〜85年の飢饉は、約800万人に影響を及ぼし、100万人が死亡しました。共産主義の支配に対する反乱は、特にエリトリアとティグライの北部地域で発生しました。ティグレ人民解放戦線(TPLF)は、として知られている連立政権を形成するために、1989年に他の民族に基づく反対の動きと合併エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)を。[137]

同時に、下のミハイル・ゴルバチョフ、ソ連はに向けて、世界の共産主義の構築から撤退を始めたグラスノスチペレストロイカ社会主義圏の国からエチオピアへの援助の劇的な減少をマーク、ポリシー。これは、北部のゲリラ軍による断固とした猛攻撃に直面して、より多くの経済的困難と軍隊の崩壊をもたらしました。マルクス・レーニン主義一般の崩壊、そして1989年革命中の東ヨーロッパでは、1990年にソビエト連邦がエチオピアへの援助を完全に停止したのと同時に起こった。メンギストゥの戦略的見通しは急速に悪化した。[138] [139]

EPRDF軍は1991年5月にアディスアベバで前進し、ソビエト連邦は政府側を救うために介入しなかった。メンギスツは国を逃れ、彼がまだ住んでいるジンバブエで亡命を許可されました。[140] [141]

2006年、12年間続いた裁判の後、アディスアベバにあるエチオピアの連邦高等裁判所は、メンギスツが不在ジェノサイド 有罪となったことを認めました[142]彼の政府の他の多くのトップリーダーも戦争犯罪で有罪とされ国を逃れたメンギスツと他の人々は欠席裁判で裁判かけられ、刑を宣告された多くの元公務員が死刑判決を受け、他の数十人が終身刑を免除される前に次の20年間刑務所で過ごしました。[143] [144] [145] [146]

1991年7月、EPRDFは全国会議を招集し、87名の代表評議会で構成され、暫定憲法として機能する全国憲章に導かれて、エチオピア暫定政府を設立しました[147] 1992年6月、オロモ解放戦線は政府から撤退した。1993年3月、南エチオピア人民民主連合のメンバーも政府を去った。[148] [149] 1994年に、二院制の立法府と司法制度を備えた議会制共和国を設立する新しい憲法が制定された。[150]

連邦民主共和国(1991年–現在)

2012年世界経済フォーラム年次総会 での メレスゼナウィ前首相

最初のマルチパーティの選挙は、 EPRDFが優勝した1995年5月に開催されました。[151]暫定政府の大統領、EPRDFリーダーのメレス・ゼナウィがエチオピア連邦民主共和国の初代首相になり、ネガソ・ギダダがその大統領に選出された。[152]デルグ後のエチオピア憲法(1995年に公布)では、EPRDFは、国の80を超える民族グループに対する文化的および行政的自治のデルグのソビエトに触発された約束を引き継いだだけでなく、独立(分離)の権利も借りた。ソビエト憲法からこのようにしてethnoterritorial連邦(元々の中央ヨーロッパ帝国に開発されたとして、国家としての地位のモデルは、エチオピアのために採用されたオーストリア・ハンガリーとにソ連戦)。[153]

1998年5月、エリトリアとの国境紛争によりエチオピア・エリトリア戦争が発生しました。この戦争は2000年6月まで続き、両国は1日あたり推定100万ドルの費用がかかりました。[154]これはエチオピアの経済に悪影響を及ぼした[155]、与党連立を強化した。[要出典]

2005年5月15日のエチオピアの3回目の複数政党制選挙は、一部の野党グループが詐欺を主張して、非常に論争の的となった。けれどもカーター・センターは、選挙前の条件を承認し、それが選挙後のイベントとの不満を表明しました。欧州連合の選挙監視団は、EPRDFキャンペーンに対する州の支持、および投票用紙のカウントと結果の公開の不規則性を引用しました。[156]野党は、2000年の選挙でわずか12議席であったのに対し、200議席以上を獲得した野党代表のほとんどが議会に参加したが、議会の議席を占めることを拒否しCUD党の一部の指導者は、選挙後の暴力を扇動したとして非難され、投獄された。アムネスティは彼らを「良心の囚人」と見なし、その後釈放された。[157]

2010年の立法選挙でEPRDFの政府を追放するために、野党と一部の個人の連立が2009年に設立されました1991年から政権を握っているメレス党は2009年10月10日にアディスアベバで65ページのマニフェストを発表した。反対派はアディスアベバでほとんどの票を獲得したが、EPRDFは数日間開票を停止した。それが続いた後、それは詐欺と脅迫の容疑の中で選挙を主張した。[158]

メドレック(民主対話フォーラム)の8つのメンバー党のいくつかには、オロモ連邦主義会議(オロモ連邦主義民主運動オロモ人民会議が主催)、アリーナティグレ(与党TPLFの元メンバーが組織)が含まれます。民主主義と正義のため統一(UDJ、その指導者は投獄されている)、およびソマリア民主軍連合[要出典]

2011年半ば、2回連続して雨季を逃したことで、東アフリカで60年間で最悪の干ばつが発生しました干ばつの影響からの完全な回復は2012年まで起こらず、中央政府と開発機関が最も持続可能な結果を​​もたらすと信じられている長期戦略がありました。[159]

エチオピアのハイレマリアム・デサレン元首相 がアディスアベバでアシュ・カーター元米国国防副長官と会談

メレスは2012年8月20日にブリュッセルで亡くなり、そこで彼は不特定の病気の治療を受けていました。[160]副首相ハイレマリアム・デサレンはまで新首相に任命された2015年の選挙[161] すべての議会の座席のコントロールで彼の相手とそうその後残りました。[162]

2016年8月5日に全国で抗議行動が発生し、その後数十人の抗議者が警察に射殺されました。抗議者たちは、人権侵害の終結、政治犯の釈放、10年以上の経済成長によって生み出された富のより公正な再分配、そしてウォルカイト地区アムハラ地域への返還を要求した[163] [164] [165] 2015年11月と12月のオロミア地域での抗議行動中にエチオピア政府が少なくとも75人を殺害して以来、この事件はサハラ以南のアフリカの抗議者に対する最も激しい弾圧であった[166] [167]これらの抗議に続いて、エチオピアは201610月6日に緊急事態宣言した[168]緊急事態は2017年8月に解除された。[169] 

2018年2月16日、エチオピア政府は、ハイレマリアムデサレン首相の辞任後、6か月間の全国的な非常事態を宣言しました[170]ハイレマリアムは、現代のエチオピアの歴史の中で最初に辞任した統治者です。以前の指導者は在任中に死亡したか、転覆した。[171]彼は改革への道を切り開きたいと言った。

アビィ・アハメドと繁栄党(2018–現在)

新首相は、2018年エリトリア歴史的に訪問、両国間の紛争状態を終わらせたアビィ・アハメドでした[172]エチオピアとエリトリアの間の20年間にわたる戦争を終わらせるための彼の努力により、アビィ・アハメドは2019年にノーベル平和賞を受賞した。[173] 2018年4月に就任した後、44歳のアビィは政治犯を釈放し、2019年の公正な選挙を約束し、抜本的な経済改革を発表しました。[174] 2019年6月6日の時点で、以前に検閲されたすべてのウェブサイトが再びアクセス可能になり、13,000人を超える政治犯が釈放され、改革の一環として数百人の管理スタッフが解雇されました。[175] [176] [177] [178]

エチオピア首相 Abiyアーメドは受信 ノーベル平和賞を2019年にオスロで

人種的暴力は政情不安とともに高まりました。国内最大の民族グループを構成するオロモ人とソマリ族の間でオロモ人とソマリ人の衝突があり、2017年には最大40万人が避難した。[179] オロモ人とゲデオ人の間のゲデオオロモ人の衝突国の南部の人々は、2018年に世界で最も多くの人々が家を追われ、140万人が新たに避難したエチオピアにつながりました。[180]で、2019年以降Metekel紛争で戦って、Metekelゾーンベニシャングル・グムズ州からエチオピアでは伝え関与している民兵GumuzのAmharasとAgawsに対する人々 。[181]しかし、2020年3月には、グループの一つのリーダーと呼ばれるファノをソロモンAtanawと述べ、ファノはまで武装解除ではないでしょうベニシャングル・グムズ州のMetekelゾーンとティグレ州のの地区Welkaitラヤがに返されますアムハラ地域の管理[182] 2018年9月、エチオピアの首都アディスアベバ近くのオロミアの特別ゾーンで行われた少数派の抗議で、23人が殺された。[183]当局は、アディスアベバとオロミア特別区で35人が殺害され、そのうちの何人かは警察によって殺害されたと述べている。[184]

2019年6月22日、この地域の治安部隊の派閥が地方政府に対してクーデターを試み、その間にアムハラ地域の大統領アンバチェウメコンネンが暗殺されました。[185]一般的な暗殺国家主義の派閥とのボディーガードサイディングSe'are Mekonnen -一般参謀長エチオピア国防軍-だけでなく、彼の補佐官、少将Gizae Aberraを。[185]総理府が准将非難Asaminew Tsigeプロットをリードするの、アムハラ領域治安部隊の頭を、[186]とTsigeは、6月24日にBahirダルの近くに警察によって射殺されました。[187]

ファノ(民兵)エチオピアのアムハラ人の若者グループであり、抗議グループまたは武装民兵のいずれかとして認識されています。[188]ファノユニットは58のことを含めて、民族虐殺に参加して非難されているケマント族Metemma 10-11 2019年1月、中に[189]とで武装アクションのHUMERA中の2020年11月におけるティグライの競合[190] 2020年6月29日オロモ人ミュージシャンのハチャル・フンデッサ[191]が暗殺された後、エチオピア全土で抗議行動が起こり、少なくとも239人が死亡した。[192]

大エチオピアルネッサンスダムをめぐるエジプトとエチオピアの間の論争は2020年に激化した。[193] [194]エジプトは、ナイル川から受け取る水の量を減らすことを恐れて、ダムに反対した[195]エチオピアのアビィ・アハメド首相は、「エチオピアがダムを建設するのを止める力はない。戦争に行く必要があれば、何百万人もの人々の準備を整えることができる」と警告した。[196]

連邦政府は、繁栄党の下で、COVID-19に関する健康と安全上の懸念から、エチオピアの全国選挙委員会が2020年の選挙を取り消すことを要求しました当時、次の選挙の正式な日付は設定されていませんでしたが、政府は、COVID-19のワクチンが開発されたら、選挙を進めることを約束しました。[197] Tigrayan与党、ティグライ人民解放戦線やTPLFは、選挙をキャンセル反対し、ホールド選挙への連邦政府への要求が拒否されたとき、TPLFは9月9日彼らは、地域で働いていた2020年に、とにかくホールド選挙に進ん野党と選挙プロセスに含まれる国際オブザーバー。[198] 270万人が選挙に参加したと推定された。[199]

選挙後、連邦政府とティグライ地方政府の関係は悪化し[200]、2020年11月4日、アビィはそこに駐留する軍隊への攻撃に応じてティグライ地域で軍事攻撃を開始し、数千人の難民が隣接するスーダンとティグライ戦争の引き金[201] [202]地元メディアによると、2020年11月9日のマイカドラの町での虐殺で最大500人の民間人が殺害された可能性がある。[203] [204]

エチオピアの政治は首相が政府長である連邦 議会制共和国の枠組みの中で行われます。

社長は、ある状態の頭部が、大部分は儀式力を持ちます。行政権は政府によって行使されます。連邦立法権は、政府と2つの議会の両方に付与されています。1994年のエチオピア憲法第78条に基づき、司法府は行政および立法府から完全に独立しています。[205] 2015年、この規定の現実は、フリーダムハウスが作成した報告書で疑問視された[206]

2005年のエチオピア総選挙10席以上のパーティーのみ表示されます。
赤: EPRDF
緑: CUD
紫: UEDF
ダークブルー: SPDP
オレンジ: OFDM
ライトブルー:その他

2010年後半に英国に本拠を置くエコノミストインテリジェンスユニット発表した民主主義指数によると、エチオピアは「権威主義体制」であり、167か国中118番目に民主的な国としてランク付けされています。[207]エチオピアは2006年以来リストの12の場所を落とし、2010年の報告書は、2010年の議会選挙前の野党活動、メディア、市民社会に対する政府の取り締まりに起因し、報告書はエチオピアを事実上の1つにしたと主張した。-党の状態

しかし、2018年アビィ・アハメドが首相に任命されて以来、状況は急速に進展しました。[説明が必要]

2015年7月、当時の米国大統領バラク・オバマがエチオピアに行った旅行中に、彼はイスラムテロとの戦いにおける国の役割を強調しました。[208]オバマは、エチオピアを訪問した最初の現職のアメリカ合衆国大統領であった。[209]

ガバナンス

エチオピアの547人の制憲議会の最初の選挙は1994年6月に開催されました。この議会は1994年12月にエチオピア連邦民主共和国の憲法を採択しましたエチオピアで最初に広く選ばれた国会と地方議会の選挙は5月と6月に行われました。 1995年。ほとんどの野党はこれらの選挙をボイコットすることを選んだ。エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)は圧勝しました国際的および非政府のオブザーバーは、野党が参加することを選択した場合、参加することができたであろうと結論付けた。[要出典]新憲法の下でのエチオピアの最初の政府は、ネガソ・ギダダを大統領として1995年8月に設置されました首相のEPRDF主導の政府メレス・ゼナウィは政策推進民族連邦主義を地域、民族に基づく当局に大きな権限を委譲します、。今日のエチオピアには、独自の収入を上げて使う力を持つ10の半自治行政区があります。過去の政府の下では、報道の自由を含むいくつかの基本的な自由が制限されていました。[210]

市民は国営のネットワーク以外のメディアにほとんどアクセスできず、ほとんどの民間新聞はオープンを維持するのに苦労し、政府からの定期的な嫌がらせを受けました。[210] 2005年の選挙以来、政府に批判的な記事を書いた少なくとも18人のジャーナリストがジェノサイドと反逆罪で逮捕された。政府は、名誉毀損を規定する新聞法を使用して、その政策に批判的なジャーナリストを脅迫し​​た。[211]

メレス政権は2000年にエチオピア初の複数政党制選挙で選出されました。しかし、結果は国際的なオブザーバーによって強く批判され、反対派によって詐欺的であると非難されました。EPRDFはまた、メレスを政権に復帰させる2005年の選挙で勝利しました。選挙では反対票が増えたものの、欧州連合や他の場所の反対派とオブザーバーの両方が、投票は公正で自由な選挙の国際基準を満たしていないと述べた。[210]エチオピア警察は、2005年5月のエチオピア警察虐殺後の暴力で、主に首都アディスアベバで193人の抗議者を虐殺したと言われている[212]

元エチオピア ・テドロス・アダノム外相と元米国務長官 ジョン・ケリー

政府は州でも取り締まりを開始しました。オロミア州では、当局は反乱とテロに対する懸念を利用して、選挙後の批評家、特に野党登録党オロモ国民会議(ONC)に同情する人々を沈黙させるために、拷問、投獄、その他の抑圧的な方法を使用した[211]政府は、2007年以来オガデン地域の反政府勢力との紛争に関与している。2005年の最大の野党は、統一民主連合(CUD)であった。さまざまな内部分裂の後、ほとんどのCUD党首は、BirtukanMideksa裁判官が率いる新しい民主主義と正義のための統一党を設立しました国のオロモ民族グループのメンバーであるビルトゥカンミデクサさんは、エチオピアで政党を率いる最初の女性です。

2008年には、上位5つの野党は、民主主義と正義のためのUnityは裁判官バートゥカン・ミデックザによって導かれた、米国エチオピア民主部隊は、博士が率いるベイエン・ペトロスオロモ連邦民主運動は、博士が率いるBulcha Demeksaオロモ人民代表大会は、博士が率いますMereraア・グディーニャ、および米国エチオピア民主党- Medhinパーティー率いるリデトゥ・アヤルー2015年の選挙後、エチオピアは残りの1人の野党議員を失いました。[213]現在、エチオピア議会には野党議員はいない。[214]

ミリタリー

1996年以来、内陸国のエチオピアには海軍がなく、軍隊は比較的小さく、約17万人のボランティアが現役で働いています。2018年、アビィ・アハメド首相は国営テレビで次のように述べて います。「アフリカで最も強力な地上空軍の1つを建設しました。将来、海軍の能力を構築する必要があります。」[215]

人権

最近の人権侵害は100人の平和の殺害などが抗議2016年におけるオロモとアムハラ地域における政府の直接砲撃によって[216]国連はこの事件を調査するためにエチオピアで地面に国連のオブザーバーを呼びかけている、[217]しかし、EPRDFを-支配的なエチオピア政府はこの呼びかけを拒否しました。[218]抗議者たちは、土地の奪取と、代表者を選出する自由などの基本的人権の欠如に抗議している。TPLFが支配するEPRDFは、詐欺を特徴とする選挙で100%勝利し、その結果、エチオピアの民間人は、以前の選挙後の抗議では見られなかった規模で抗議しました。[219]

オロモ人民会議のリーダーであるメレラ・グディナ氏は、東アフリカの国は「岐路に立っている」と述べた。「人々は彼らの権利を要求している」と彼は言った。「人々は、政権が四半世紀にわたって行ってきたことにうんざりしている。彼らは、土地の奪取、賠償、選挙の盗難、生活費の上昇など、多くのことに抗議している。人々は、(内戦)がありそうなシナリオの一つであることを何百万人がその権利を要求している」Mereraはロイターとのインタビューで語った。[219]

エチオピアの伝統的慣習に関する全国委員会による2003年の調査によると、誘拐による結婚は国の結婚の69%を占め、最大の地域であるオロミアで約80%、南部諸民族州で92%にも上る。、および人民地域[220] [221] エチオピアでは同性愛行為は違法です。[222]ジャーナリストと活動家は、エチオピアでのCOVID-19パンデミックの報道で脅迫または逮捕された[223]

Omoticの中でカロ圏ハマー人々エチオピア南部で、物理的な異常を持つ大人と子供があると考えられているmingi「儀式不純」、。後者は他人に悪影響を及ぼすと信じられています。障害児は伝統的に適切な埋葬なしに殺害されてきました。[224]カロは2012年7月にその慣行を公式に禁止した。[225]

2013年、オークランド研究所は、エチオピア政府がガンベラ地域の「数十万人の先住民」の移住を強制したと非難する報告を発表した[226]。組織によるいくつかの報告によると、拒否した人々が対象であった。時には死に至る身体的および性的虐待を含むさまざまな脅迫技術の [227] [228] [229]ヒューマン・ライツ・ウォッチによる同様の2012年の報告書は、ガンベラでのエチオピア政府の2010〜2011年の村落化プログラムについても説明しており、他の地域でも同様の再定住を実施する計画がある。[230]エチオピア政府は土地取得の告発を否定し、代わりに開発プログラムの利益の証拠として国の経済の前向きな軌道を指摘した。[229]オロミア地域に集中した全国的な一連の暴力的な抗議が治安部隊が彼を拘留しようとしたという活動家でメディア所有者のジャワル・モハメッドの主張にを発して、2019年10月23日から勃発した。公式報告によると、86人が死亡した。[231] 2020年5月29日、アムネスティインターナショナルは、エチオピア治安部隊大量拘留超法規的殺害を行っ非難する報告を発表した報告書は、2019年に、オロモ解放戦線を支援している疑いのある少なくとも25人が、オロミア地域の一部の軍隊によって殺害されたと述べたさらに、2019年1月から9月の間に、少なくとも10,000人が容疑で拘留され、そのほとんどが「残忍な殴打を受けた」。[232]

行政区画

エチオピアの地域ゾーンの地図

1996年以前、エチオピアは13のに分割され、その多くは歴史的地域に由来していました。国民は今から成る階層の政府システムがある連邦政府地域諸国、ゾーン、監督woreda)、およびkebeles(「地域」)を。

エチオピアは、民族ベース10と政治的、自律的に分割されている地域の状態kililoch、単数kilil  )と2つのチャーター都市(astedader akababiwoch、特異astedader akababi  )、後者アジスアベバディレダワkililochは六十から八に細分化されたゾーン、その後、さらに550にworedasと、いくつかの特別なworedas

憲法は、連邦政府の憲法に沿っている限り、自国の政府と民主主義を確立することができる地方の州に広範な権力を割り当てています。各地域には、その頂点に地域評議会があり、メンバーは地区を代表するために直接選出され、評議会は地域の内政を指揮する立法および行政権を持っています。

エチオピア憲法第39条はさらに、すべての地域の州にエチオピアから脱退する権利を与えています。しかし、憲法で保証されている権力のどれだけが実際に州に与えられているかについては議論があります。評議会は、執行委員会と地域の部門局を通じてその任務を遂行します。評議会、行政、部門の公的機関のこのような精巧な構造は、次のレベルに複製されます(woreda)。

地域または都市 資本 面積(km 2 人口[233]
1994年10月国勢調査2007年5月の国勢調査2012年7月の見積もり 2017年の見積もり[234]
アディスアベバastedader アディスアベバ 526.992,100,0312,738,2483,041,002 3,433,999
遠くキリル セメラ 72,052.781,051,6411,411,0921,602,995 1,812,002
アムハラキリル バハルダール 154,708.9613,270,89817,214,05618,866,002 21,134,988
ベニシャングルグムズキリル アソサ 50,698.68460,325670,847982,004 1,066,001
ディレ・ダワastedader ディレ・ダワ 1,558.61248,549342,827387,000 466,000
ガンベラキリル ガンベラ 29,782.82162,271306,916385,997 435,999
ハラリキリル ハラール 333.94130,691183,344210,000 246,000
オロミアキリル アディスアベバ 284,538.0018,465,44927,158,47131,294,992 35,467,001
シダマキリル アワッサ (〜12,000)
ソマリアキリル ジジガ 279,252.003,144,9634,439,1475,148,989 5,748,998
南部諸民族、民族、および人々キリル アワッサ * 105,887.1810,377,02815,042,53117,359,008 19,170,007
ティグライキリル メケレ 41,4103,134,4704,314,4564,929,999 5,247,005
特別に列挙されたゾーン 96,570112,999 123,001
合計 1,127,127.0051,766,23973,918,50584,320,987 94,351,001
*シダマ地域の分離前のSNNPの地域

ウォンチ湖

1,104,300平方キロメートル(426,372.61平方マイル)の[7]エチオピアは、ボリビアに匹敵する大きさで、世界で28番目に大きい国です。これは、間にある北緯3度線北緯15度線と経度33経線東及び東経48度線

エチオピアの大部分は、アフリカの陸地の最東端にあるアフリカ角にありますエチオピアと国境を接している地域は、北にエリトリア、次に時計回りに移動するジブチ、ソマリランド、ソマリア、ケニア、南スーダン、スーダンです。エチオピア内には、大地溝帯によって分割された山々と解剖された高原の広大な高地複合体があります。大地溝帯は、一般に南西から北東に走り、低地、草原、または半砂漠に囲まれています。気候、土壌、自然植生、定住パターンにはさまざまなバリエーションがあり、地形は非常に多様です。

エチオピアは、東の国境に沿った砂漠から南の熱帯林、そして北部と南西部の広大なアフロモンタン至るまで、生態学的に多様な国です。北のタナ湖ブルーナイルの源ですまたゲラダヒヒワリアアイベックスエチオピアオオカミ(「シミエンフォックス」)など、多くの固有種が生息しています。標高の広さにより、国は生態学的に異なるさまざまな地域になり、これは生態学的に孤立した固有種の進化を促進するのに役立っています。

気候

エチオピアの ケッペンの気候区分

主な気候タイプは熱帯モンスーンであり、地形によって引き起こされる変動が大きい。エチオピア高原は、国のほとんどをカバーし、赤道に似近くで、一般的に、他の地域よりもかなり冷たい気候を持っています。国の主要都市のほとんどは、ゴンダールやアクスムなどの歴史的な首都を含め、海抜約2,000〜2,500 m(6,562〜8,202フィート)の標高にあります。

現代の首都アディスアベバは、エントト山の麓の標高約2,400メートル(7,900フィート)にあります。それは一年中温暖な気候を経験します。アディスアベバの季節は一年中かなり均一な気温で、主に降雨量によって定義されます。10月から2月の乾季、3月から5月の小雨季、6月から9月の大雨季です。平均年間降水量は約1,200ミリメートル(47インチ)です。

1日平均7時間の日照があります。乾季は一年で最も日当たりの良い時期ですが、7月と8月の雨季の最盛期でも、通常は1日あたり数時間の明るい日差しがあります。アディスアベバの年間平均気温は16°C(60.8°F)で、1日の最高気温は年間を通じて平均20–25°C(68.0–77.0°F)、夜間の最低気温は平均5–10°C(41.0– 50.0°F)。

エチオピアのほとんどの主要都市と観光地は、アディスアベバと同様の標高にあり、同等の気候を持っています。標高の低い地域、特に国の東部にあるエチオピアの低木草原や低木地では、気候は著しく暑く乾燥している可能性があります。Dallol、中Danakil恐慌この東部ゾーンでは、34°C(93.2°F)の世界最高の年間平均温度を有します。

エチオピアは、気候変動の影響の多くに対して脆弱です。これらには、気温の上昇と降水量の変化が含まれます。これらの形態の気候変動は、食料安全保障と農業を基盤とする経済を脅かしています。[235]多くのエチオピア人は家を出て、湾岸、アフリカ南部、ヨーロッパまで旅行することを余儀なくされている。[236]

2019年4月以降、エチオピアの首相であるアビィアハメドは、首都アディスアベバで気候変動の悪影響を軽減することを目的とした開発プロジェクトであるBeautifyingShegerを推進しています。[237]次の5月、政府は「Dine for Sheger」を開催しました。これは、国民を通じて必要とされる10億ドルの一部を賄うための募金イベントです。[238]参加費と寄付金の両方を通じて、高額なイベントを通じて2,500万ドルが集められました。[239]中国とエチオピアの間の一帯一路イニシアチブの下にある2つの中国の鉄道会社は、合計56キロメートルのうち12を開発するための資金を供給した。[240]

生物多様性

エチオピアのいくつかの野生生物保護区の1つ である バレ山脈国立公園のマウンテンニアラ

エチオピアには31の固有種の哺乳類がいます。[241]リカオンはprehistorically領土で広く分布していました。しかし、フィニチャアでの最後の目撃で、このイヌ科動物は潜在的に局所的に絶滅したと考えられていますエチオピアのオオカミは、おそらくエチオピア内のすべての絶滅危惧種の中で最も研究されています。

エチオピアは鳥類の多様性の世界的中心地です。現在までに856種以上の鳥がエチオピアで記録されており、そのうち20種がエチオピア固有のものです。[242] 16種が絶滅危惧種または絶滅危惧種です。これらの鳥の多くは、Bicyclusanynanaのように蝶を食べます。[243] [完全な引用が必要]

歴史的に、アフリカ大陸全体で、野生生物の個体数は、伐採、内戦、汚染、密猟、およびその他の人的要因により急速に減少しています。[244] 17年間にわたる内戦は、深刻な干ばつとともにエチオピアの環境条件に悪影響を及ぼし、生息地の劣化をさらに悪化させた。[245]生息地の破壊は、危険につながる要因です。生息地の変化が急速に起こるとき、動物は調整する時間がありません。人間の影響は多くの種を脅かし、温室効果ガスによって引き起こされる気候変動の結果としてより大きな脅威が予想されます[246] 2010年の二酸化炭素排出量は6,494,000トンであり、エチオピアは人為的な温室効果ガスの年間排出量にわずか0.02%しか貢献していません。[247]

エチオピアには、絶滅の危機に瀕している、絶滅の危機に瀕している、そして世界的な絶滅の危機に瀕していると記載されている多くの種がいます。エチオピアでの絶滅危惧種が(に基づいて三つのカテゴリーに分けることができIUCNの評価):絶滅危惧絶滅の危機に瀕、および脆弱[241]

エチオピアは、世界の栽培植物の8つの基本的かつ独立した原産地の1つです。[248]しかしながら、森林の喪失は土壌侵食、土壌中の栄養素の喪失、動物の生息地の喪失、および生物多様性の減少に寄与することが研究によって示唆されているため、森林破壊はエチオピアにとって主要な懸念事項です。20世紀初頭、エチオピアの土地の約420,000 km 2(35%)が樹木で覆われていましたが、最近の調査によると、現在、森林被覆は面積の約11.9%になっています。[249]この国の2018年の森林景観保全性指数の平均スコアは7.16 / 10であり、172か国中50位にランクされています。[250]

エチオピアは、推定1410キロを失う2天然林の毎年。1990年から2005年の間に国が約21000キロ失われた2森林のを。[251]森林破壊を管理するための現在の政府プログラムは、教育、森林再生プログラムの促進、および木材の代替となる原材料の提供で構成されています。農村地域では、政府はまた、森林生息地を破壊することなく農業を促進するために、非木材燃料源と非森林地へのアクセスを提供しています。[要出典] [252]

SOSやFarmAfricaなどの組織は、連邦政府や地方自治体と協力して、森林管理のシステムを構築しています。[253]約230万ユーロの助成金を受けて、エチオピア政府は最近、侵食を減らし、森林破壊に寄与しない適切な灌漑技術を使用することについて人々を訓練し始めました。このプロジェクトは80以上のコミュニティを支援しています。[要出典]

世界のGDPのシェア(PPP)[254]
シェア
1980年0.08%
1990年0.07%
2000 0.07%
2010年 0.10%
2017年0.16%

IMFよると、エチオピアは世界で最も急速に成長している経済の1つであり、2004年から2009年にかけて10%以上の経済成長を記録しました。[255] 2007年と2008年に最も急速に成長した非石油依存のアフリカ経済でした。 。[256] 2015年、世界銀行は、エチオピアが2004年から2014年の間に平均10.9%の実質国内製品(GDP)の成長を遂げ、急速な経済成長を遂げたことを強調した。[257]

2008年と2011年に、エチオピアの成長パフォーマンスとかなりの開発利益は、高インフレ国際収支の困難な状況によって挑戦されました金融政策の緩み2011年初頭の公務員賃金の大幅な上昇、食料価格の高騰により2011年8月のインフレ率は40%に急上昇しました[258] 2011/12年には、年末のインフレ率は約22%と予測され、2012/13年には、金融引き締めと財政政策の実施により1桁のインフレ率が予測されています。[259]

エチオピアの 人間開発指数の評価1970〜 2010年

近年の急速な成長にもかかわらず、一人当たりのGDPは世界で最も低いものの1つであり、経済は多くの深刻な構造的問題に直面しています。しかし、公共インフラと工業団地への集中的な投資により、エチオピアの経済は、アフリカの軽工業のハブになるためにその構造的問題に取り組んでいます。[260] 2019年に、駐在員のエチオピア人がエチオピアの金融サービス産業に投資することを許可する法律が可決されました。[261]

エチオピア憲法は、土地を所有する権利を「国家と国民」のみに属するものとして定義していますが、市民は土地をリースすることができ(最大99年)、住宅ローンや売却はできません。最大20年間の土地の賃貸が許可されており、これにより、土地が最も生産的なユーザーに確実に渡されることが期待されます。土地の分配と管理は汚職が制度化されている分野と見なされており、土地関連の問題に対処する際には、賄賂だけでなく円滑化の支払いもしばしば要求されます。[262]土地の所有権がないため、インフラプロジェクトはほとんどの場合、土地利用者に尋ねることなく単純に行われ、土地利用者は家や土地を持たずに避難してしまいます。多くの怒りと不信が公の抗議を引き起こすことがあります。さらに、農業生産性は依然として低く、頻繁な干ばつが依然として国を悩ませており、国内避難民にもつながっています。[263]

エネルギーと水力

エチオピアには、ナイル川を含む高地から流れる14の主要な川があります。アフリカで最大の貯水量があります。2012年現在、水力発電所は、総発電容量の約88.2%を占めています。

残りの電力は、化石燃料(8.3%)と再生可能エネルギー源(3.6%)から生成されました。

2016年の総人口の電化率は42%で、都市部が85%、農村部が26%でした。2016年現在、総発電量は11.15TW⋅h、消費量は9.062TW⋅hでした。輸出された電力は0.166TW⋅h、輸入された電力は0kW⋅h、設置された発電容量は2.784GWでした。[5]

エチオピアは、ブルーナイル川ソバト川アトバラ川の流域を経由して、水量の約81%をナイル川に供給しています。1959年、エジプトとスーダンは二国間条約である1959年のナイル川協定署名しました。これにより両国はナイル川に対する独占的な海事権を与えられました。それ以来、エジプトは、地元のナイル川支流を利用しようとするエチオピアのほとんどすべてのプロジェクトを思いとどまらせてきました。これは、エチオピア西部の水力発電と灌漑プロジェクトへの外部資金調達を思いとどまらせる効果があり、それによって水資源ベースの経済開発プロジェクトを妨げました。しかし、エチオピアはブルーナイル川に6,450MWの大規模な水力発電ダムを建設中です。完成すると、この大エチオピアルネッサンスダムはアフリカ最大の水力発電所になる予定です。[264]

あざけるIII水力発電プロジェクトは、これまでに1870メガワットの設備容量を持つ国で最大です。2017 – 18年(2010 EC)、この水力発電ダムは4,900GW⋅hを生成しました。[265]

農業

モジョ近くのテフフィールド

農業は労働力の約85%を占めています。ただし、サービス部門はGDPの最大の部分を占めています。[5]他の多くの経済活動は、農産物のマーケティング、加工、輸出など、農業に依存しています。生産は圧倒的に小規模農家や企業によって行われており、商品輸出の大部分は小規模な農作物部門によって提供されています。主な作物には、コーヒーマメ科植物油糧種子穀物、ジャガイモ、サトウキビ、野菜などがあります。エチオピアでもあるVavilovを含む家畜作物、ダイバーシティの中心enset[266] コーヒーテフ

輸出はほぼ完全に農産物であり(金の輸出を除く)、コーヒーは最大の外貨獲得者です。エチオピアはアフリカで2番目に大きなトウモロコシ生産国です。[267]国連の推定によると、エチオピアの一人当たりGDPは2011年の時点で357ドルに達しています。[268]

輸出

アメリカのエチオピアの BlessedCoffeeブランドのバッグ。コーヒーはエチオピアの主要な輸出品の1つです。

2009/2010会計年度のエチオピアからの輸出は合計14億米ドルでした。[269]エチオピアは、大陸の他のどの国よりも多くのコーヒーを生産しています。[270]「コーヒーは、人口の16%にあたる1500万人近くのエチオピア人に生計を提供している。温暖化がすでに生産に影響を与えている国の東部の農民は、近年苦労しており、現在多くの人が報告している長期にわたる干ばつの結果、収穫が大幅に失敗した」と語った。[271]

MITからのエチオピア輸出ツリーマップ ハーバード経済複雑性観測所(2014)

エチオピアはまた、牛の在庫が5番目に多い[272]その他の主な輸出商品は、カート、金、皮革製品、油糧種子です。花卉園芸部門の最近の発展は、エチオピアが世界でトップの花と植物の輸出国の1つになる準備ができていることを意味します。[273]

牧畜民による国境を越えた貿易は、しばしば非公式であり、州の管理や規制を超えています。、東アフリカ、クロスボーダー貿易の95%以上は、非公式チャンネルを通じてです。ソマリアジブチケニアに販売されたエチオピアからの生牛、ラクダ、羊、山羊の非公式取引は、年間2億5000万ドルから3億米ドルの推定総額を生み出します(公式の数字の100倍)。[274]

この貿易は、食料価格の低下、食料安全保障の向上、国境の緊張の緩和、地域統合の促進に役立ちます。[274]しかしながら、この貿易の規制されておらず、文書化されていない性質は、病気が国境を越えてより容易に広がることを可能にするなどのリスクを伴う。さらに、エチオピア政府は、税収と外国為替収入の損失に不満を持っていると言われています。[274]最近のイニシアチブは、この取引を文書化して規制しようとしています。[274]

民間セ​​クターの成長が鈍化する中、バッグなどのデザイナーレザー製品は大きな輸出ビジネスになりつつあり、Taytuは国内初の高級デザイナーブランドになりました。[275]追加の小規模輸出製品には、シリアル、豆類、綿花、サトウキビ、ジャガイモ、皮革が含まれます。エチオピアでは、さまざまな新しいダムの建設と全国での水力発電プロジェクトの拡大に​​伴い、近隣諸国への電力の輸出も計画しています。[276] [277]

ほとんどの人は、エチオピアの大きな水資源と可能性を「ホワイトオイル」と見なし、コーヒー資源を「ブラックゴールド」と見なしています。[278] [279]

エチオピアはまた、人が住んでいない地域のいくつかで大きな鉱物資源と石油の可能性を持っています。しかし、これらの地域の政情不安は開発を阻害しました。エチオピアの地質学者は、2008年に大規模な金の詐欺に関与しました。南アフリカのバイヤーからの苦情を受けて、エチオピア地質調査の4人の化学者と地質学者が偽の金スキャンダルに関連して逮捕されました。科学開発ネットワークのウェブサイトによると、エチオピア国立銀行の金の棒は、警察によって金色の金属であることが判明し、州の費用は約1,700万米ドルでした。[280]

2011年に、グランドエチオピアルネッサンスダムプロジェクトが開始されました。完成すると、エチオピアに余剰エネルギーを供給し、近隣諸国への輸出に利用できるようになります。

輸送

エチオピアには、926kmの電化された1,435mm4 ft  8+1 / 2 で標準ゲージ鉄道用656キロアジスアベバ、ジブチ鉄道アジスアベバとの間のジブチのポートを介して(溢れ [281]とのために270キロ溢れ-原Gebeya鉄道アジスアベバとの間のツインシティーズDessie/Kombolcha [282] また、溢れを介して)。両鉄道は、2017年8月現在、試運転中または建設中です。2018/2019年に就役して完全に稼働すると、両方の鉄道で、指定速度120 km /時の旅客輸送と、最大80 km /時の貨物輸送が可能になります。アディスアベバからジブチ市までの乗客の予想移動時間は12時間未満であり、アディスアベバからデセ/コムボルチャまでの移動時間は約6時間です。

アワシュ・ハラゲベヤ鉄道の最初の270 kmを超えて、120 kmを超える第2の建設段階では、この鉄道がデセ/コムボルチャからハラゲベヤ/ウォルディヤに延長されると予測されています。このセクションがいつ構築され、開かれるかは明確ではありません。[283]メケレとウォルディヤの間に3番目の北216kmの長さの鉄道も建設中であるが、この鉄道がいつ開通するかは明らかではない。[284]すべての鉄道は、5,000 kmを超える鉄道の将来の鉄道ネットワークであるエチオピアの全国鉄道ネットワークの一部です。

10年間の道路セクター開発プログラムの最初の部分として、1997年から2002年の間に、エチオピア政府は道路のインフラを改善するための持続的な取り組みを開始しました。その結果、2015年現在エチオピアには、舗装道路と砂利道路の両方で、合計100,000 kmの道路(連邦および地域)があります。[285]

エチオピアには2012年の時点で58の空港がありました[5]および61(2016年現在)[286]これらの中で、アディスアベバのボレ国際空港ディレダワのアバテナデジャズマッハイルマ国際空港は国際線に対応している。

スターアライアンスのメンバーであるエチオピア航空は、国のフラッグキャリアであり、エチオピア政府によって完全に所有されています。[287]ボレ国際空港のハブから、航空会社は102の国際旅客、20の国内旅客、および44の貨物目的地のネットワークにサービスを提供しています。[288] [289]また、業界および大陸で最も急成長している運送業者の1つでもあります。[290]

エチオピアの民族グループ
民族グループ人口
オロモ語
25.4(34.4%)
アムハラ
19.9(27.0%)
ソマリア
4.59(6.2%)
ティグリニャ人
4.49(6.1%)
シダマ
2.95(4.0%)
グラゲ
1.86(2.5%)
オメト
1.68(2.3%)
遠く
1.28(1.7%)
ハディヤ
1.27(1.7%)
ガモ
1.10(1.5%)
その他
9.30(12.6%)
2007年の国勢調査によると数百万の人口[9]

エチオピアの総人口は1983年の3,810万人から2018年には1億950万人に増加しました。[291] 19世紀の人口はわずか約900万人でした。[292] 2007年の国勢調査の結果によると、エチオピアの人口は1994年から2007年の間に平均年率2.6%で増加し、1983年から1994年の期間の2.8%から減少した。現在、人口増加率は世界の上位10か国に含まれています。人口は2060年までに2億1000万人を超えると予測されており、これは2011年の推定値から約2.5倍に増加するでしょう。[293]国連の推定によれば、平均余命は近年大幅に改善されており、男性の平均余命は56歳、女性の平均余命は60歳と報告されている。[268]

エチオピアの人口[294]
百万
1950年18.4
1960年22.54.1
1970年29.06.5
1980年35.46.4
1990年48.312.9
200065.617.3
2010年82.917.3
2013年93.810.9
2018年107.513.7

国の人口は非常に多様で、80以上の異なる民族グループが含まれています。2007年のエチオピア国勢調査によると、オロモ人はエチオピアで最大の民族グループであり、国の人口の34.4%を占めています。アムハラは一方で、国の住民の27.0パーセントを表しソマリア人Tigrayansはそれぞれ、6.2%および人口の6.1%を表します。その他の著名な民族グループは次の通りです:Sidama 4.0%、Gurage 2.5%、Welayta 2.3%、アファール1.7%、Hadiya 1.7%、蒲生1.5%およびその他12.6%。[9]

アフロアジア語族のコミュニティが人口の大部分を占めています。これらの中で、セム語の話者はしばしば集合的に自分たちをハベシャの人々と呼んでいます。この用語アラビア語形式(al-Ḥabasha)は、英語およびその他のヨーロッパ言語でのエチオピアの以前の名前である「Abyssinia」の語源です。[295]さらに、ナイル・サハラ語を話す少数民族は、国の南部地域、特に南スーダンと国境を接するガンベラ地域の地域に住んでいるこれらの中で最大の民族グループには、ヌエル族アヌアク族が含まれます。

さらに、エチオピアは、イタリアが国を占領している間、75,000以上のイタリア人入植者がいました。[296]独立後、多くのイタリア人は、セラシエ皇帝から完全な恩赦を受けた後、近代化の努力を続ける機会を見たため、何十年も残った。[297]しかしながら、1974年のエチオピア内戦により、22,000人近くのイタロ-エチオピア人が国を去った。[297] 2000年代に、一部のイタリア企業がエチオピアで事業を再開し、多くのイタリアの技術者と管理者が、主に首都の大都市圏に住む家族と一緒に到着した。[298]

2009年、エチオピアは約135,200人の難民と亡命希望者の人口を受け入れました。この人口の大部分は、ソマリア(約64,300人)、エリトリア(41,700人)、スーダン(25,900人)から来ました。エチオピア政府は、ほぼすべての難民に難民キャンプに住むことを要求しました。[299]

言語

2007年現在のエチオピアの言語国勢調査[9]

   オロモ語(33.8%)
   アムハラ語(29.3%)
   ソマリア(6.3%)
   ティグリニャ語(5.9%)
   シダモ(4.0%)
   ウォライタ語(2.2%)
   グラゲ(2.0%)
   遠く(1.7%)
   ハディヤ語(1.7%)
   その他(11.6%)

エスノローグよると、エチオピアでは90の個別の言語が話されています。[300]国内のほとんどの人々は、クシ語派またはセム語派のアフロアジア語話します。前者は、オロモ語によって話さ、オロモ、及びソマリアによって話され、ソマリアを後者は、アムハラによって話さ、アムハラ、及びティグリニアによって話さ、Tigrayansをこれら4つのグループを合わせると、エチオピアの人口の約4分の3を占めています。スピーカーのかなりの数クシ含めると他のアフロ・アジア語族SidamoアファールHadiyyaAgaw言語だけでなく、ユダヤGurage言語ハラリSilt'e、およびArgobbaの言語。[9]アフロアジア語族にも属するアラビア語も、一部の地域で同様に話されています。[301]

さらに、オモティック言語は、南部地域に住むオモティック少数民族グループによって話されています。これらの慣用句の中にはAARIベンチダイムDizin蒲生GOFA-DawroMaaleハマー、およびWolayttaを[9]

ニロサハラ族の言語は、国の南西部に集中している少数民族によっても話されています。これらの言語には、ヌエルAnuakNyangatomMajangスリMe'en、およびMursiを[9]

英語は最も広く話されている外国語であり、中等学校での教授言語です。アムハラ語は小学校教育の言語でしたが、多くの地域でオロモ語、ソマリ語、ティグリニャ語などの地域の言語に置き換えられました。[302] 1995年のエチオピア憲法では、すべての言語が平等な国家認識を享受しており、オロモ語はネイティブスピーカーによる最も人口の多い言語ですが、アムハラ語は総スピーカー数で最も人口が多い言語です。[150]

エチオピアのさまざまな地域憲章都市は、独自の使用言語を自由に決定できます。[302]アムハラ語は、アムハラ地域ベニシャングルグムズ南部諸民族州ガンベラ地域アディスアベバディレダワの公式作業言語として認識されています[303] オロモ語は、公式作業言語とオロミアにおける教育の第一言語として機能します[5] ハラールディレダワとのオロミアゾーンアムハラ州ソマリ語はソマリディレダワの公式作業言語であり、アファール[304]ハラリ[305]とティグリニャ[306]はそれぞれの地域で公式作業言語として認識されています。最近、エチオピア政府は、アファールアムハラ語オロモソマリ、およびティグリニャ語がエチオピアの公式の連邦作業言語として採用されることを発表しました[307] [308]イタリア語はまだ人口の一部、主に高齢者の間で話されており、多くの学校で教えられています(特にIstituto Statale Italiano Omnicomprensivo di Addis Abeba)。また、アムハラ語とティグリニャ語はイタリア語からいくつかの単語を借りています。[309] [310]

脚本

エチオピアの主要な正書法はゲエズ文字です。国のいくつかの言語のアブギダとして採用され、紀元前6世紀と5世紀に、セム語ゲエズ語を転写するためのアブジャドとして最初に使用されました[311]ゲエズ語は現在、エチオピア正教会のテワヘド教会エリトリア正教会のテワヘド教会の両方の典礼言語として機能しています。1980年代に、エチオピアの文字セットがコンピューター化されました。これは現在、Ethiopic、Ethiopic ExtendedEthiopic SupplementEthiopicExtended-AとしてUnicode標準の一部です

他の書記体系も、さまざまなエチオピアのコミュニティによって長年にわたって使用されてきました。後者にはオロモ語用のBakriSapaloのスクリプトが含まれています。[312]

宗教

エチオピアの宗教(2007)

   エチオピア正教会(43.5%)
   イスラム教(33.9%)
   伝統的な信仰(2.6%)
   カトリック(0.7%)
   ユダヤ教(0.7%)

エチオピアは、世界の3つの主要なアブラハムの宗教すべてと歴史的に密接な関係があります。4世紀、エチオピア帝国は世界で最初にキリスト教を国教として正式に採用した国の1つでした。カルケドン公会議の決議の結果、451年にエジプトとエチオピアのキリスト教徒の大多数を含む合性論[313]単性説告発され、コプト正教会の通称で異端者として指定されましたオリエンタルを参照)。正教会)。もはや国教として区別されていませんが、エチオピア正教会のテワヘド教会は依然としてキリスト教の大多数の宗派です。人口の約3分の1を占める、かなりのイスラム教徒の人口統計もあります。エチオピアには、イスラムの歴史における主要な移民である最初のヘギラの目的地がありますティグライ地方の町、ネガシュはアフリカで最も古いイスラム教徒の集落です。

2007年の国勢調査によると、キリスト教徒は国の人口の62.8%(43.5%エチオピア正教会、19.3%その他の宗派)、イスラム教徒33.9%、伝統的な信仰の実践者2.6%、その他の宗教0.6%を占めています。[9]これは、キリスト教がエチオピアで最も広く実践されている宗教であると述べているCIA WorldFactbookと一致しています。[5]キリスト教徒とイスラム教徒の人口の比率は、数十年前に実施された以前の国勢調査と比較した場合、ほぼ安定しています。[314]スンニ派はイスラム教徒の大多数を形成し、非宗派のイスラム教徒はイスラム教徒の2番目に大きなグループであり、シーア派アフマディー教徒は少数派である。スンニ派は主にシャーフィイー学派またはサラフィーであり、そこには多くのスーフィー教徒もいます。[315]アファール北部地域のイスラム教徒の人口が多いため、「イスラム国家アファリア」と呼ばれるイスラム教徒の分離運動がシャリーアに準拠した憲法を求めている[316]

一部の批評家は、ハイレ・セラシエ政権がエチオピアをキリスト教国として外界に提示するために国勢調査を作成していたと主張し、デルグ政権によって委託された1984年の国勢調査に基づいて、イスラム教は1991年に総人口の50%を占めたと述べた[317]何人かのイスラム教徒のオブザーバーとブロガーは、彼らの主張を裏付ける事実データを提供することなく、イスラム教徒が過半数であり、上記の国勢調査の数に同意しないと主張している。[318]

アクスム王国は正式にキリスト教を採用した最初の政治組織の一つであったエチオピアのフルメンティタイヤエチオピアでFremnatosやアバSelama(「平和の父」)と呼ばれるが、天皇変換Ezanaを四世紀の間に。[71] [319]新約聖書によると、キリスト教は、エチオピア王室の大蔵の役人がフィリポ福音伝道者によって洗礼を受けたとき、さらに早くエチオピアに入っていた[320]

ティムカットのお祝いの間に踊る正教会の司祭

エチオピア正教会はの一部である東洋の正統最近、多くのペンタイプロテスタント)教会が定着しましたが、これは圧倒的に最大のキリスト教宗派です。1930年以来、比較的小さなエチオピアのカトリック教会ローマと完全に交わり、総人口の1%未満を支持者が占めています。[314] [321]

バハルダールのモスク

エチオピアのイスラム教は、イスラム教徒のグループがメッカでの迫害から逃れるためにムハンマドによってカウンセリングされた622年の宗教の創設にまでさかのぼります弟子たちはその後、敬虔なキリスト教皇帝であるアシャマ・イブン・アブジャールによって統治されていた現代のエリトリアを経由してアビシニアに移住しました[319]また、非アラブのサハーバの最大の単一民族グループはエチオピア人のそれであった。[要出典]

2007年の国勢調査によると、エチオピアの約1,957,944人が伝統的な宗教を支持しています。追加の471,861人の住民が他の信条を実践しています。[9]すべての宗教の信者は各地域で見つけることができますが、彼らは国の特定の地域に集中する傾向があります。キリスト教徒は主にアムハラ北部とティグライ地域に住んでおり、主に非カルケドン派エチオピア正教会のテワヘド教会の会員です。P'ent'ayに属する人々は、オロミアとSNNPの地域(南部諸民族、南部諸民族、および人民地域)で優勢です。エチオピアのイスラム教徒は主にスンニ派イスラム教に固執し、一般的に東部と北東部に住んでいます。特にソマリア、アファール、ディレダワ、ハラリ地域。伝統的な宗教の実践者は、主に南部諸民族州、ベニシャングルグムズ州、ガンベラ州の南西部と西部の農村国境地帯に住んでいます。[9] [319]

1980年代まで、ベタイスラエル/ቤAppእስራኤል/ביתאישראל(エチオピアのユダヤ人)のかなりの人口がエチオピアに住んでいました。[319] [322]イスラエル失われた部族の1つであると主張する約4,000人のユダヤ人が、2つの関連する民族宗教グループ、ファラッシュムラベータアブラハムのさらに多くのメンバーとともに、エチオピアにまだ住んでいると推定されているファラッシュ・ムラは、ユダヤ人として識別されている間、宣教師の努力のためにキリスト教の要素を採用し、現在、キリスト教と混合されたエチオピアのユダヤ教のシンクレティズム形式を実践しているベータイスラエルです。彼らの数は約15万人です。ベータアブラハムは、伝統的なアフリカの宗教の要素を取り入れた、ベータイスラエルの中世の分派と見なされており、その数は約8,000です。どちらもまだベータイスラエルとして識別されていますが、メインコミュニティの外に存在しています。公式のベータイスラエルコミュニティリーダーは、ファラッシュムラを暫定的に受け入れ、イスラエルへの移住を許可するよう要求しました。ベータアブラハムは歴史的に他のほとんどのコミュニティから敬遠されており、「魔術師」であるという評判がありました。エチオピアの都市ゴンダールに近いウォレカなどの特定のエチオピアの町や村では、エチオピアのユダヤ人の集中は依然として重要ですが、米国には現在、エチオピアよりもはるかに多くのエチオピアのユダヤ人がいます。

人権団体は、活動家、ジャーナリスト、ブロガーを逮捕し、一部の宗教団体の間で異議を唱えたとして政府を定期的に非難している。 2015年8月3日に、7年から22年の長い刑期が17人のイスラム教徒活動家に渡された彼らは、大多数のキリスト教国でイスラム国を創設しようとした罪で起訴されました。すべての被告は告発を否定し、彼らは自分たちの権利を擁護するために単に抗議しているだけだと主張した。[323] [324] [325]

都市化

アディスアベバの通り

人口増加、移住、都市化はすべて、人々に基本的なサービスを提供する政府と生態系の両方の能力に負担をかけています。[326]エチオピアでは都市化が着実に進んでおり、2つの時期が著しく急速に成長している。まず、1936年から1941年にムッソリーニのファシスト政権下でイタリアが占領したとき、そして1967年から1975年にかけて、都市部の人口が3倍になりました。[327]

1936年、イタリアはエチオピアを併合し、主要都市を接続するインフラストラクチャを構築し、電力と水を供給するダムを建設しました。[29]これは、イタリア人と労働者の流入とともに、この期間中の急速な成長の主な原因でした。成長の第2期は、1967年から1975年にかけて、農村部の人口が仕事とより良い生活条件を求めて町に移住したときでした。[327]

このパターンは、政府によって制定された1975年の農地改革プログラムにより、人々が地方にとどまるインセンティブを提供したために減速しました。人々が地方から都市に移動するにつれて、人口のために食糧を育てる人々は少なくなりました。農地改革法は、1970年から1983年にかけての食糧生産が人口増加に追いついていないため、農業を増やすことを目的としていました。このプログラムは、農民組合、農業に基づく大きな村の形成を奨励しました。原因については議論がありますが、法律は食糧生産の増加につながりました。それは改革よりも気象条件に関係しているのかもしれません。[328]都市人口は、1975年から2000年にかけて8.1%増加し続けています。[329]

田舎と都会の生活

ゴンダールのスカイライン

都市部への移住は通常、より良い生活への希望によって動機付けられています。農民組合では、日常生活は生き残るための闘いです。エチオピアの人口の約16%が1日1ドル未満で生活しています(2008年)。エチオピアの農村世帯の65%のみが、世界保健機関の1日あたりの最低基準の食品(2,200キロカロリー)を消費しており、5歳未満の子供の42%は低体重です。[330]

ほとんどの貧しい家族(75%)は家畜と彼らの寝室を共有し、子供たちの40%は床で寝ています。そこでは、寒い季節の夜間の気温は平均5℃です。[330]家族の平均人数は6〜7人で、30平方メートルの泥と茅葺き小屋に住んでおり、耕作する土地は2ヘクタール未満です。[330]

農民組合は貧困の悪循環に直面しています。土地所有が非常に小さいため、農民は土地を休耕させることができず、土壌の肥沃度が低下します。[330]この土地の劣化により、家畜用の飼料の生産が減少し、乳量が低下します。[330]コミュニティは、栄養分を土地に戻すのではなく、家畜糞尿を燃料として燃やすため、作物の生産量が減少します。[330]農業の低い生産性は、農民の不十分な収入、飢餓、栄養失調および病気につながります。これらの不健康な農民は土地で働くことが困難であり、生産性はさらに低下します。[330]

都市の状況は劇的に改善されていますが、エチオピアはすべて貧困と衛生状態の悪さに苦しんでいます。しかし、世界銀行によると、エチオピアの貧困は2000年から2011年の間に44%から29.6%に減少しました。[331]首都アディスアベバでは、人口の55%がスラム街に住んでいました。[29]しかしながら、現在、民間部門と公共部門の両方での建設ブームは、主要都市、特にアディスアベバの生活水準の劇的な改善をもたらしました。特に、政府が建てたマンションの集合住宅が街中に出現し、60万人近くの人々に恩恵をもたらしています。[332]衛生設備は市内で最も差し迫ったニーズであり、人口のほとんどが廃棄物処理施設へのアクセスを欠いています。これは、不健康な水を介して病気の蔓延に貢献しています。[29]

アディグラトのストリートシーン

都市の生活条件にもかかわらず、アディスアベバの人々は彼らの教育の機会のために農民組合に住む人々よりはるかに良いです。地方の子供たちとは異なり、都市部の子供たちの69%は小学校に在籍しており、それらの35%は中等学校に通う資格があります。[説明が必要] [29]アディスアベバには、独自の大学と他の多くの中等学校があります。識字率は82%です。[29]

多くのNGO(非政府組織)がこの問題の解決に取り組んでいます。ただし、ほとんどは離れており、調整されておらず、孤立して機能しています。[329]サハラ以南のアフリカNGOコンソーシアムは努力を調整しようとしています。[329]

健康

1950年以降のサハラ以南のアフリカとエチオピアでの乳幼児死亡率の低下

世界保健機関(WHO)の2006年世界保健報告書は、1936人の医師(2003年)、の姿与え[333] 10万人約2.6になります。グローバリゼーションに関連する頭脳流出は国に影響を与えると言われており、多くの教育を受けた専門家が西側のより良い経済的機会のためにエチオピアを離れています。

エチオピアの主な健康問題は、衛生状態の悪さと栄養失調によって悪化した伝染病であると言われています4,400万人以上(人口のほぼ半分)がきれいな水を利用できません。[334]これらの問題は、訓練を受けた医師、看護師、および医療施設の不足によって悪化している。[335]

公衆衛生の状態は都市でかなり良くなっています。出生率乳児死亡率、および死亡率が伴う教育、薬、病院へのアクセス改善に農村部よりも都市で低くなっています。[29] UNDPの報告によると、都市部の平均余命は農村部に比べて優れていますが、近年、全国で大幅な改善が見られ、平均的なエ​​チオピア人の生活は62.2歳です。[336]衛生状態が問題であるにもかかわらず、改善された水源の使用も増加しています。都市では81%、地方では11%。[329]アフリカの他の地域と同様に、より良い生活条件を期待して、都市に向かって人々が着実に移住している。

エチオピアには119の病院(アディスアベバに12)と412の保健センターがあります。[337] 乳児死亡率は比較的高く、1,000人の出生あたり41人の乳児が死亡している。[338]エチオピアは、1990年以来5歳未満児の死亡率を3分の2(ミレニアム開発目標の1つ)削減することができました[337]これは劇的な減少ですが、産科瘻などの出産関連の合併症は多くの国の女性。

エチオピアのHIV / AIDSは2014年に1.1%で、15年前の4.5%から劇的に減少しました。[要出典]最も影響を受けているのは、健康教育、エンパワーメント、意識の欠如、社会福祉の欠如のために、貧しいコミュニティと女性です。エチオピア政府と世界保健機関(WHO)のような多くの国際機関、そして国連はキャンペーンを開始し、エチオピアの健康状態を改善し、エイズやその他の伝染病に関する健康意識を促進するために積極的に取り組んでいます。[339]

はしかワクチンを接種 しようとしているエチオピアの少女

エチオピアは、乳児と妊産婦の死亡率が比較的高いです。エチオピアは、2015年に妊産婦死亡率を3分の2削減するというMDG目標を達成しませんでしたが、それでも改善は見られます。たとえば、避妊の有病率は2000年の8.1%から2014年には41.8%に増加し、出産前ケアサービスの適用範囲は同期間に29%から驚異的な98.1%に増加しました。[要出典]現在、妊産婦死亡率は出生10万人あたり420人です。[要出典]病院で生まれるエチオピア人はごく少数であり、ほとんどが地方の家庭で生まれています。自宅で出産が見込まれる人には、助産師を務める年配の女性が出産を手伝ってくれます。[340]「WHOは、適切な訓練を受けたスタッフがいる設備の整った保健センターで出産が行われた場合、母親の死亡および障害の大部分を防ぐことができると推定している」。[341]

地域医療従事者

現代の医療訓練を受けた医療専門家の利用可能性が低いことと、医療サービスのための資金が不足していることは、一般的な病気を治療するために在宅療法を使用する信頼性の低い伝統的な治療者の優勢につながります。

宗教や経済状況に関係なく、一般的な文化的慣習の1つは、女性性器切除(FGC)としても知られる女性性器切除(FGM)です。これは、女性の外性器の部分的または完全な除去、またはその他の女性への傷害を伴う手順です。医学的理由以外の理由による生殖器。[342]この慣行は2004年にエチオピアで違法とされた。[343] FGMは主に北東アフリカと古代エジプトにその究極の起源を持つ近東の一部に固有の結婚前の習慣である[344] [345]コミュニティの女性に奨励されており、主に乱交を阻止し、暴行からの保護を提供することを目的としています。[346]

エチオピアはFGMの有病率が高いですが、若い女の子の間で有病率は低くなっています。エチオピアの2005年の人口統計および健康調査(EDHS)は、15〜49歳の女性の全国有病率は74%であると述べています。[347]この慣習はディレダワソマリアアファルの地域ではほぼ普遍的です。オロモハラリ地域、少女や女性の80%以上は、処置を受けます。FGCは、ティグライとガンベラの地域で最も蔓延しておらず、少女と女性のそれぞれ29%と27%が影響を受けています。[348]人口調査局が実施した2010年の調査によると、エチオピアの有病率は35〜39歳の女性で81%、15〜19歳の女性で62%です。[349] 2014年のユニセフの報告によると、14歳未満の少女の24%だけがFGMを受けていた。[350]

この国では男性の割礼も行われており、エチオピアの男性人口の約76%が割礼を受けていると報告されています。[351]

エチオピア連邦共和国政府は、女性と子どもの権利を保護するさまざまな国際条約や条約に署名しています。その憲法は、女性の基本的権利と自由を規定しています。女性の社会への平等な参加を妨げ、女性の社会的地位を損なうすべての法的および慣習的な慣行を排除することにより、女性の社会的および経済的地位を高める試みがなされている。

2012年に発表された国家メンタルヘルス戦略は、エチオピアのメンタルヘルスケアを改善するために設計された政策の開発を紹介しました。この戦略は、メンタルヘルスを一次医療システムに統合することを義務付けました。[352]しかしながら、国家メンタルヘルス戦略の成功は限られている。たとえば、うつ病の負担は2007年から2017年にかけて34.2%増加したと推定されています。[353]さらに、汚名を着せる態度の蔓延、不十分なリーダーシップと努力の調整、および一般の人々は、メンタルヘルスケアを成功させる上での障害として残っています。[354]

エチオピアの教育は、1900年代初頭に世俗教育が採用されるまで、何世紀にもわたってテワヘド教会によって支配されていました。現在のシステムは、1980年代の農村地域のシステムと非常によく似た学校拡張スキームに従っており、より深い地域化が追加され、小学校レベルから学生の母国語で農村教育が提供され、より多くの予算が割り当てられています教育セクター。エチオピアの一般教育の順序は、小学校6年、中学校4年、高等学校2年です。[355]

エチオピアの教育へのアクセスは大幅に改善されました。1994/95年には約300万人が小学校に通っていましたが、2008/09年までに、小学校の入学者数は500%以上増加して1550万人に増加しました。[356] 2013/14年に、国はすべての地域で総就学率の大幅な増加を目撃しました。[357]全国のGERは男児で104.8%、女児で97.8%、男女ともに101.3%であった。[358]

近年、識字率は上昇しており、1994年の国勢調査によると、エチオピアの識字率は23.4%でした。[300] 2007年には39%と推定された(男性49.1%および女性28.9%)。[359] 2011年のUNDPの報告によると、エチオピアの識字率は46.7%でした。同じ報告によると、女性の識字率は2004年から2011年にかけて27%から39%に上昇し、男性の識字率は10歳以上の同じ期間に49%から59%に上昇しました。[360] 2015年までに、識字率はさらに上昇し、49.1%(男性57.2%、女性41.1%)になりました。[361]

ネーミング

エチオピア人は、家系の名前に基づく西洋のシステムとは異なる命名システムを持っています。子どもたちは、自分のに父親と父方の祖父のを続けて付け加えます。互換性のために、などの祖父の指定された名前は、家族として採用され、パスポートに行われている、そして人の与えられた名前とその父親の与えられた名前は、最初の名前を形成します。

誰もが自分の名で呼びかけられます。公式の状況では、接頭辞Atoአቶ)が男性に使用されます。既婚女性のためのWeyzeroወይedሮ)。そしてWeyzerītወይዘሪት未婚女性用)。

カレンダー

アクスムオベリスクがイタリアからエチオピアに戻ったことを記念するモデルで エチオピア暦に従って出発日と帰国日を示しています

エチオピアにはいくつかのローカルカレンダーがあります。

最も広く知られているのはエチオピア暦で、ゲエズ暦とも呼ばれ、世界で現在も使用されている最も古いアルファベットの1つである古代ゲエズ文字書かれています。[362]これは、古いアレクサンドリアまたはコプト暦基づいておりエジプト暦から派生していますコプト暦と同様に、エチオピア暦には、それぞれ正確に30日の12か月と、13か月を構成する5または6日のナシエがあります。エチオピアの月はコプト暦と同じ日に始まりますが、その名前はゲエズ語です。

ユリウス暦と同様に、6番目の閏日(本質的にうるう日)は、ユリウス暦の8月29日、つまりユリウス暦の6か月前に、例外なく4年ごとに追加されます。したがって、エチオピアの年の最初の日である1 メスケレムは、1901年から2099年までの年は通常9月11日(グレゴリオ暦)ですが、グレゴリオ暦のうるう年の数年前の9月12日になります。イエス受胎告知日付を決定する際の別の計算のために、それはグレゴリオ暦から約7年3か月遅れています。

別の暦体系は、紀元前300年頃にオロモ人によって開発されました月の恒星カレンダーであるこのオロモカレンダーは、7つの特定の星または星座と組み合わせた月の天文観測に依存しています。オロモ月(星/月の満ち欠け)は、ビットトッテッサ(イアングラム)、カムサ(プレイアデス)、ブファ(アルデバラン)、ワクサバジイ(ベルトリックス)、オボラグッダ(中央オリオン-サイフ)、オボラディッカ(シリウス)、ビラ(満月)、Cikawa(gibbous月)、Sadasaa(四半期月)、Abrasa(大三日月)、Ammaji(媒体三日月)、及びGurrandala(小さい三日月)。[363]

時間

エチオピアでの時間は、ほとんどの国とは異なる方法でカウントされます。エチオピアの日は、1年を通して日の出と一致する00:00ではなく06:00に始まると見なされます。エチオピアの時計と西洋の時計を変換するには、西洋の時刻に6時間を加算(または減算)する必要があります。たとえば、エチオピアでは、現地のアディスアベバ時間の02:00は「夜8」と呼ばれ、20:00は「夕方2」と呼ばれます。[要出典]

料理

典型的なエチオピア料理: インジェラ(パンケーキのようなパン)と数種類の ワット(シチュー)

最も有名なエチオピア料理、エチオピア文化ではワットとして知られているさまざまな種類の濃厚な肉のシチューとテフ粉で作られた大きなサワー種のフラットブレッドであるインジェラの上で提供される野菜のおかずで構成されています。これは道具と一緒に食べられるのではなく、代わりにインジェラが前菜とおかずをすくうために使用されます。エチオピアではほぼ普遍的に、テーブルの真ん中で同じ料理をグループで食べるのが一般的です。また、グループ内の他の人に自分の手で餌を与えることも一般的な習慣です。これは「グルシャと呼ばれる伝統です。[364]伝統的なエチオピア料理はエチオピア正教会のキリスト教、イスラム教、ユダヤ教の信仰で禁じられているため、いかなる種類の豚肉や甲殻類使用していません

Chechebsa、Marqa、Chukko、Michirra、Dhangaは、オロモで最も人気のある料理です。Kitfoの中で生まれ、Gurageは、国の最も人気のある料理の一つです。さらに、ドロウォットアムハラ語ዶሮወጥ)とツェベヒデルホティグリニャጽብሒ注文ርሆ)は、エチオピア北西部を起源とする他の人気のある料理です。[要出典] 餃子の一種であるティロ(ጥሕሎ)は、ローストした大麦粉から作られ、ティグライ地方で生まれましたTihloは現在アムハラで非常に人気があり、さらに南に広がっています。[365]

メディア

アディスアベバにあるエチオピア放送公社の本社

以前はETVとして知られていたエチオピア放送公社(EBC)は、政府所有の全国チャンネルです。

Kana TVは、エチオピアで最も人気のあるTVチャンネルです。[366]それは主のために知られているダビングに外来コンテンツをアムハラ語

エチオピアで最も広く発行されている新聞は、アディスフォーチュンキャピタルエチオピアエチオピアレポーター、アディスゼメン[要出典]アムハラ語)、エチオピアヘラルド[要出典]です。

唯一のインターネットサービスプロバイダーは、国営の電気通信会社Ethiotelecomです。国内のユーザーの大部分は、モバイルデバイスを介してインターネットにアクセスしています。[367] 2016年7月現在、その10年前の25万人のユーザーと比較して、自宅でインターネットにアクセスできる人は約429万人です。[368]エチオピア政府は、政情不安の時期に、国内のインターネットサービスを意図的に閉鎖したり、特定のソーシャルメディアサイトへのアクセスを制限したりすることがある。2016年8月、オロミア地域での抗議とデモの後、インターネットへのすべてのアクセスが2日間停止されました。[369] 2017年6月、政府は、エチオピアの大学入試の実施と同時期に、モバイルユーザーのインターネットへのアクセスを停止しました。制限の理由は政府によって確認されていませんが[367]、この動きは、テストの質問が漏れた後、2016年の同時期に講じられた措置と同様でした。[370] [371]

音楽

グラゲ族のエチオピアの歌手、 マフムード・アーメド(2005)

エチオピア音楽は非常に多様であり、国の80の民族グループのそれぞれが独特の音に関連付けられています。エチオピア音楽は、ペンタトニックある独特のモーダルシステム使用しており、いくつかの音符の間隔が特徴的に長くなっています。エチオピアの文化や伝統の他の多くの側面と同様に、音楽や歌詞の好みは、隣接するエリトリア、ソマリア、ジブチ、スーダンの好みと強く結びついています。[372] [373]エチオピアの伝統的な歌唱は、多様なスタイルのポリフォニーヘテロフォニードローン、模倣、対位法)を提示します伝統的に、エチオピアの歌の執筆における叙情性は、愛国心や国民の誇り、ロマンス、友情、そして「ティジータ」として知られる独特のタイプの記憶の見方と強く関連しています。

スポーツ

1940年にイタリア人入植者によって建てられた アディスアベバスタジアム

エチオピアの主なスポーツは、陸上競技(特に長距離走)とサッカーです。エチオピアのアスリートは、陸上競技で多くのオリンピックの金メダルを獲得しており、そのほとんどが長距離走です。[374] アベベ・ビキラは、1960年のローマオリンピックで世界記録の2:15:16にマラソンで優勝したとき、サハラ以南の国からオリンピックの金メダルを獲得した最初のアスリートになりました[375] [376] ハイレ・ゲブレセラシェケネニサ・ベケレティルネシュ・ディババはすべて世界的に有名な長距離ランナーであり、それぞれが複数のオリンピックと世界選手権の金メダルを獲得しています。Letesenbet Gideyアルマズ・アヤナはそれぞれ、女性の5000メートルと万メートルランで世界記録を保持します。他の注目すべきエチオピアのランナーは、マモ・ウォルデミルツ・イフターデラルツ・ツルメセレト・デファービルハネ・アデレティキ・ゲラナゲンゼベ・ディババタリク・ベケレゲレテ・ブルカユーミフ・ケジェルチャです。

2012年現在そして2013年に入ると、現在のエチオピア代表サッカーチーム(ワライアアンテロープと呼ばれる)は、2012年アフリカネイションズカップに出場することで歴史を築き、2014FIFAワールドカップの出場資格の最終段階で最後の10アフリカサッカーチームに到達しました有名な選手には、キャプテンのアダン・ギルマと最高得点者のサラディン・サイードが含まれます。

エチオピアは、1949年にナショナルバスケットボールチームを設立して以来、サハラ以南のアフリカで最も長いバスケットボールの伝統を持っています。

  1. ^ 与えられたパーセンテージは、 CIA World Factbookからのものですが、合計で98.1%にすぎません。

引用

  1. ^ 「エチオピアは統一を促進するためにさらに4つの公用語を追加する」ベンチャーズアフリカベンチャー2021年2月2日取得
  2. ^ 「エチオピアは、政情不安が高まる中、アムハラ語にさらに4つの公用語を追加しています」ナズレットナズレット2021年2月2日取得
  3. ^ シャバン、アブドゥラマン。「1から5:エチオピアは4つの新しい連邦作業言語を取得します」アフリカニュース。
  4. ^ 「エチオピア憲法」
  5. ^ a b c d e f g h 「エチオピア」ワールドファクトブックCIA 2021年4月5日取得
  6. ^ 「民族連邦主義としてのゼナウィズム」 (PDF)
  7. ^ a b 「CIAワールドファクトブック–ランク順–エリア」2008年2月2日取得
  8. ^ https://worldpopulationreview.com/en/countries/ethiopia-population
  9. ^ a b c d e f g h i j 「国レベル」2007年エチオピアの人口と住宅の国勢調査CSA2010年7月13日。2019年2月8日のオリジナルからアーカイブ取り出さ年1月18 2013
  10. ^ a b c d 「世界経済見通しデータベース、2020年10月」IMF.org国際通貨基金2020年12月1日取得
  11. ^ セリマ、ジャハナ(2015)人間開発のための仕事 (PDF)人間開発報告書。国連開発計画。p。232. ISBN 978-92-1-126398-5OCLC  936070939
  12. ^ 人間開発報告書2020次のフロンティア:人間開発と人新世 (PDF)国連開発計画。2020年12月15日。pp。343–346。ISBN 978-92-1-126442-52020年12月16日取得
  13. ^ a b " "世界人口の見通し–人口区分" "Population.un.org国連経済社会局、人口課2019年11月9日取得
  14. ^ a b 全体の総人口」–世界人口の見通し:2019年改訂」 (xslx)Population.un.org(Webサイトから取得したカスタムデータ)。国連経済社会局、人口課2019年11月9日取得
  15. ^ 「エチオピアの人口予測2007–2037」www.csa.gov.et2020年8月3日にオリジナルからアーカイブされました2020年9月25日取得
  16. ^ ケスラー、デビッドF.(2012)。ファラシャス:エチオピアのユダヤ人の短い歴史ラウトレッジ。ISBN 978-1-283-70872-2OCLC  819506475
  17. ^ ホプキン、マイケル(2005年2月16日)。「エチオピアはホモサピエンスの発祥地のトップチョイスです」。ネイチャー土井10.1038 / news050214-10
  18. ^ Li、JZ; Absher、DM; 唐、H。; サウスウィック、AM; カスト、AM; ラマチャンドラン、S。; カン、HM; バーシュ、GS; フェルドマン、M。; カヴァッリスフォルツァ、LL; マイヤーズ、RM(2008)。「ゲノムワイドな変異パターンから推測される世界的な人間関係」。科学319(5866):1100–04。Bibcode2008Sci ... 319.1100L土井10.1126 /science.11​​53717PMID  18292342S2CID  53541133
  19. ^ 「人間はアフリカから地球を越えて移動した、DNA研究は言う」ブルームバーグニュース2008年2月21日。2011年6月29日のオリジナルからアーカイブ取得した3月16日に2009
  20. ^ カプラン、カレン(2008年2月21日)。「アディスアベバから世界中へ」ロサンゼルスタイムズ2013年6月3日にオリジナルからアーカイブされまし取得した3月16日に2009
  21. ^ a b Zarins、Juris(1990)。「初期の牧畜遊牧とメソポタミア下部の定住」。オリエンタルリサーチのアメリカの学校の会報280(280):31–65。土井10.2307 / 1357309JSTOR  1357309S2CID  163491760
  22. ^ "In search of the real Queen of Sheba". 3 December 2018.
  23. ^ Ancient India, A History Textbook for Class XI, Ram Sharan Sharma, National Council of Educational Research and Training, India
  24. ^ a b c Munro-Hay, p. 57
  25. ^ Henze, Paul B. (2005) Layers of Time: A History of Ethiopia, ISBN 1-85065-522-7.
  26. ^ a b Young, J. (1998). "Regionalism and democracy in Ethiopia". Third World Quarterly. 19 (2): 191–204. doi:10.1080/01436599814415. JSTOR 3993156.
  27. ^ "The Reporter – English Edition" Archived 29 October 2013 at the Wayback Machine. thereporterethiopia.com.
  28. ^ Goitom, Hanibal. "Abolition of Slavery in Ethiopia". Library of Congress.
  29. ^ a b c d e f g h Shivley, K. "Addis Ababa, Ethiopia" Macalester.edu. Retrieved 15 May 2008.
  30. ^ "Ethiopia". Ethiopia | Communist Crimes. Retrieved 23 October 2020.
  31. ^ Weil, Shalva (2008) "Jews in Ethiopia", pp. 467–75 in Encyclopaedia of the Jewish Diaspora, Vol. 2. M.A. Erlich (ed.). Santa Barbara, USA: ABC CLIO.
  32. ^ Weil, Shalva (2011) "Ethiopian Jews", pp. 165–66 in Cambridge Dictionary of Judaism and Jewish Culture. Judith Baskin (ed.). New York: Cambridge University Press.
  33. ^ Centre, UNESCO World Heritage. "UNESCO World Heritage Centre – World Heritage List". UNESCO World Heritage Centre.
  34. ^ "Ethiopia surpasses Kenya to become East Africa's Biggest Economy". Nazret.com. 6 February 2010. Archived from the original on 22 December 2010. Retrieved 2 June 2010.
  35. ^ Ethiopia GDP purchasing power 2010: 86 billion. International Monetary Fund (14 September 2006). Retrieved on 3 March 2012.
  36. ^ Kenya GDP purchasing power 2010: 66 Billion. International Monetary Fund (14 September 2006). Retrieved on 3 March 2012.
  37. ^ "Ethiopia Poverty Assessment". World Bank. Retrieved 17 December 2018.
  38. ^ "Major problems facing Ethiopia today". Africaw.
  39. ^ Liddell, Henry George; Scott, Robert. "Aithiops". A Greek-English Lexicon. Perseus. Retrieved 16 March 2009.
  40. ^ For all references to Ethiopia in Herodotus, see: this list at the Perseus Project.
  41. ^ Partridge, Eric. Origins: A Short Etymological Dictionary of the English Language, 4th ed. 1966, p. 188.
  42. ^ a b Hatke, George (2013). Aksum and Nubia: Warfare, Commerce, and Political Fictions in Ancient Northeast Africa. NYU Press. pp. 52–53. ISBN 978-0-8147-6066-6.
  43. ^ Etymologicum Genuinum s.v. Αἰθιοπία; see also Aethiopia
  44. ^ Cp. Ezekiel 29:10
  45. ^ Acts 8:27
  46. ^ a b Africa Geoscience Review, Volume 10. Rock View International. 2003. p. 366. Retrieved 9 August 2014.
  47. ^ Schoff, Wilfred Harvey (1912). The Periplus of the Erythraean Sea: travel and trade in the Indian Ocean. Longmans, Green, and Co. p. 62. Retrieved 28 September 2016.
  48. ^ Ansari, Azadeh (7 October 2009). "Oldest human skeleton offers new clues to evolution". CNN.com/technology. Retrieved 2 March 2011.
  49. ^ "Mother of man – 3.2 million years ago". Bbc.co.uk. Retrieved 16 March 2009.
  50. ^ Johanson, Donald C.; Wong, Kate (2010). Lucy's Legacy: The Quest for Human Origins. Crown Publishing Group. pp. 8–9. ISBN 978-0-307-39640-2.
  51. ^ "Institute of Human Origins: Lucy's Story". 15 June 2016. Retrieved 23 March 2017.
  52. ^ Mcdougall, I.; Brown, H.; Fleagle, G. (February 2005). "Stratigraphic placement and age of modern humans from Kibish, Ethiopia". Nature. 433 (7027): 733–36. Bibcode:2005Natur.433..733M. doi:10.1038/nature03258. PMID 15716951. S2CID 1454595.
  53. ^ White, T.D.; Asfaw, B.; Degusta, D.; Gilbert, H.; Richards, G.D.; Suwa, G.; Clark Howell, F. (2003). "Pleistocene Homo sapiens from Middle Awash, Ethiopia". Nature. 423 (6941): 742–47. Bibcode:2003Natur.423..742W. doi:10.1038/nature01669. PMID 12802332. S2CID 4432091.
  54. ^ Callaway, Ewan (7 June 2017). "Oldest Homo sapiens fossil claim rewrites our species' history". Nature. doi:10.1038/nature.2017.22114. Retrieved 5 July 2017.
  55. ^ Hammond, Ashley S.; Royer, Danielle F.; Fleagle, John G. (July 2017). "The Omo-Kibish I pelvis". Journal of Human Evolution. 108: 199–219. doi:10.1016/j.jhevol.2017.04.004. ISSN 1095-8606. PMID 28552208.
  56. ^ Diamond, J.; Bellwood, P. (2003). "Farmers and Their Languages: The First Expansions" (PDF). Science (Submitted manuscript). 300 (5619): 597–603. Bibcode:2003Sci...300..597D. CiteSeerX 10.1.1.1013.4523. doi:10.1126/science.1078208. JSTOR 3834351. PMID 12714734. S2CID 13350469.
  57. ^ Blench, R. (2006). Archaeology, Language, and the African Past. Rowman Altamira. pp. 143–44. ISBN 978-0-7591-0466-2.
  58. ^ Zimmer, Carl (8 August 2019). "In the Ethiopian Mountains, Ancient Humans Were Living the High Life". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 16 August 2019.
  59. ^ Katz, Brigit. "Archaeologists Uncover Evidence of an Ancient High-Altitude Human Dwelling". Smithsonian. Retrieved 16 August 2019.
  60. ^ Smith, Kiona N. (9 August 2019). "The first people to live at high elevations snacked on giant mole rats". Ars Technica. Retrieved 16 August 2019.
  61. ^ History, Charles Q. Choi 2019-08-09T12:59:10Z. "Earliest Evidence of Human Mountaineers Found in Ethiopia". livescience.com. Retrieved 16 August 2019.
  62. ^ Dvorsky, George. "This Rock Shelter in Ethiopia May Be the Earliest Evidence of Humans Living in the Mountains". Gizmodo. Retrieved 16 August 2019.
  63. ^ "Earliest evidence of high-altitude living found in Ethiopia". UPI. Retrieved 16 August 2019.
  64. ^ Miehe, Georg; Opgenoorth, Lars; Zech, Wolfgang; Woldu, Zerihun; Vogelsang, Ralf; Veit, Heinz; Nemomissa, Sileshi; Negash, Agazi; Nauss, Thomas (9 August 2019). "Middle Stone Age foragers resided in high elevations of the glaciated Bale Mountains, Ethiopia". Science. 365 (6453): 583–587. Bibcode:2019Sci...365..583O. doi:10.1126/science.aaw8942. ISSN 0036-8075. PMID 31395781. S2CID 199505803.
  65. ^ Sahle, Y.; Hutchings, W. K.; Braun, D. R.; Sealy, J. C.; Morgan, L. E.; Negash, A.; Atnafu, B. (2013). Petraglia, Michael D (ed.). "Earliest Stone-Tipped Projectiles from the Ethiopian Rift Date to >279,000 Years Ago". PLOS ONE. 8 (11): e78092. Bibcode:2013PLoSO...878092S. doi:10.1371/journal.pone.0078092. PMC 3827237. PMID 24236011.
  66. ^ Sahle Y, Brooks AS (2018). "Assessment of complex projectiles in the early Late Pleistocene at Aduma, Ethiopia". PLOS ONE. 14 (5): e0216716. doi:10.1371/journal.pone.0216716. PMC 6508696. PMID 31071181.
  67. ^ Tamrat, Taddesse (1972) Church and State in Ethiopia: 1270–1527. London: Oxford University Press, pp. 5–13.
  68. ^ Uhlig, Siegbert (ed.) (2005) Encyclopaedia Aethiopica, "Ge'ez". Wiesbaden: Harrassowitz Verlag, p. 732.
  69. ^ Phillipson, David W. (1998). Ancient Ethiopia. Aksum: Its Antecedents and Successors. The British Museum Press. pp. 7, 48–50. ISBN 978-0-7141-2763-7.
  70. ^ Munro-Hay, p. 13
  71. ^ a b Adejumobi, Saheed A. (2007). The history of Ethiopia. Westport, CN: Greenwood Press. p. 171. ISBN 978-0-313-32273-0.
  72. ^ Haile Mariam, Mengistu (2004). Tegelachen. Ethiopia: corneal Mengistu Haile Mariam. pp. 16–21.
  73. ^ Greville Stewart Parker Freeman-Grenville; Stuart Christopher Munro-Hay (2006). Islam: An Illustrated History. Bloomsbury Publishing. pp. 177–78. ISBN 978-1-4411-6533-6.
  74. ^ Fiaccadori, Gianfranco (2005) "Ellä Säham" in Encyclopaedia Aethiopica, vol. 2, Wiesbaden
  75. ^ Hable Sellassie, Sergew (1972). Ancient and Medieval Ethiopian History to 1270. Addis Ababa: United Printers, p. 185.
  76. ^ Tamrat, Taddesse (1972) Church and State in Ethiopia (1270–1527). Oxford: Clarendon Press, p. 34.
  77. ^ Zakaria, Rafiq (1991) Muhammad and The Quran, New Delhi: Penguin Books, pp. 403–04. ISBN 0-14-014423-4
  78. ^ Al-Mubarakpuri, Safiur-Rahman (2002). الرحيق المختوم: بحث في السيرة النبوية على صاحبها افضل الصلاة و السلام. ideas4islam. p. 221. ISBN 9798694145923.
  79. ^ A.K. Irvine, "Review: The Different Collections of Nägś Hymns in Ethiopic Literature and Their Contributions." Bulletin of the School of Oriental and African Studies, University of London. School of Oriental and African Studies, 1985.
  80. ^ Mortimer, Ian (2007) The Fears of Henry IV, p. 111. ISBN 1-84413-529-2
  81. ^ Beshah, pp. 13–14.
  82. ^ Beshah, p. 25.
  83. ^ Newitt, Malyn (5 November 2004). A History of Portuguese Overseas Expansion 1400–1668. ISBN 9781134553044.
  84. ^ Abir, p. 23 n.1.
  85. ^ Abir, pp. 23–26.
  86. ^ Trimingham, J. Spencer (1952) Islam in Ethiopia. Oxford: Geoffrey Cumberlege for the University Press. p. 262.
  87. ^ Pankhurst, Richard (1967). The Ethiopian Royal Chronicles. London: Oxford University Press. pp. 139–143.
  88. ^ "Political Program of the Oromo People's Congress (OPC)". Gargaaraoromopc.org. 23 April 1996. Archived from the original on 7 March 2009. Retrieved 16 March 2009.
  89. ^ Tibebu, Teshale (June 2018). "Ethiopia in the Nineteenth Century". Oxford Research Encyclopedia of African History. doi:10.1093/acrefore/9780190277734.013.279. ISBN 9780190277734.
  90. ^ Keller, Edmond J. (2005). "Making and Remaking State and Nation in Ethiopia". In Laremont, Ricardo René (ed.). Borders, Nationalism, and the African State (PDF). Lynne Rienner Publishers. pp. 89–92. ISBN 9781588263407.
  91. ^ The Egyptians in Abyssinia Archived 26 December 2011 at the Wayback Machine. Vislardica.com. Retrieved on 3 March 2012.
  92. ^ Falola, Toyin, et al. The Palgrave Handbook of Islam in Africa. Germany, Springer International Publishing, 2020.
  93. ^ CAULK, RICHARD (1971). "The Occupation of Harar: January 1887". Journal of Ethiopian Studies. 9 (2): 1–20. JSTOR 41967469.
  94. ^ Lipschutz, Mark (1986). Dictionary of African historical biography. Rasmussen, R. Kent (2nd ed., expanded and updated ed.). Berkeley: University of California Press. p. 1. ISBN 978-0-520-06611-3. OCLC 14069361.
  95. ^ a b International Crisis Group, "Ethnic Federalism and its Discontents". Issue 153 of ICG Africa report (4 September 2009) p. 2; Italy lost over 4,600 nationals in this battle.
  96. ^ Keefer, Edward C. (1973). "Great Britain and Ethiopia 1897–1910: Competition for Empire". International Journal of African Studies. 6 (3): 468–74. doi:10.2307/216612. JSTOR 216612.
  97. ^ a b Conquest, Tyranny, and Ethnocide against the Oromo: A Historical Assessment of Human Rights Conditions in Ethiopia, ca. 1880s–2002 by Mohammed Hassen, Northeast African Studies Volume 9, Number 3, 2002 (New Series)
  98. ^ Genocidal violence in the making of nation and state in Ethiopia by Mekuria Bulcha, African Sociological Review
  99. ^ A. K. Bulatovich Ethiopia Through Russian Eyes: Country in Transition, 1896–1898, translated by Richard Seltzer, 2000
  100. ^ a b Power and Powerlessness in Contemporary Ethiopia by Alemayehu Kumsa, Charles University in Prague
  101. ^ Haberland, "Amharic Manuscript", pp. 241f
  102. ^ Martial (de Salviac, père.), Ayalew Kanno (2005). An Ancient People in the State of Menelik: The Oromo (said to be of Gallic Origin) Great African Nation. Ayalew Kanno. p. 8. ISBN 978-1-59975-189-4.
  103. ^ Abir, p. 30
  104. ^ "Ethiopia's Personalities Of The Millennium – Emperor Menelik II.", highbeam.com Published on 21 September 1999 Retrieved 10 April 2015
  105. ^ Greenfield, Richard (1965). Ethiopia: A New Political History. Praeger. ISBN 9780269163333., p. 97.
  106. ^ Negash, Tekeste. Eritrea and Ethiopia : The Federal Experience. Uppsala, Sweden: Nordiska Afrikainstitutet (2005) ISBN 1-56000-992-6 pp. 13–14
  107. ^ Famine Hunger stalks Ethiopia once again – and aid groups fear the worst. Time. 21 December 1987
  108. ^ Pankhurst, R. (1966). "The Great Ethiopian Famine of 1888–1892: A New Assessment". Journal of the History of Medicine and Allied Sciences. 21 (2): 95–124. doi:10.1093/jhmas/XXI.2.95. PMID 5326887.
  109. ^ Broich, Tobias (2017). "U.S. and Soviet Foreign Aid during the Cold War – A Case Study of Ethiopia". The United Nations University – Maastricht Economic and Social Research Institute on Innovation and Technology (UNU-MERIT).
  110. ^ Asnake Kefale, Tomasz Kamusella and Christopher Van der Beken. 2021. Eurasian Empires as Blueprints for Ethiopia: From Ethnolinguistic Nation-State to Multiethnic Federation. London: Routledge, pp 23-34.
  111. ^ Clapham, Christopher (2005) "Ḫaylä Śəllase" in Siegbert von Uhlig, ed., Encyclopaedia Aethiopica: D-Ha. Wiesbaden:Harrassowitz Verlag. pp. 1062–63.
  112. ^ "Man of the Year". TIME. 6 January 1936. Retrieved 16 March 2009.
  113. ^ Leggere la storia, Dai Nazionalismi alla Seconda Guerra Mondiale. Editore: Einaudi Scuola; Autori: Manzoni Occhipinti Cereda Innocenti; pp. 302–03 La politica coloniale : La proclamazione dell'impero.
  114. ^ Campbell, Ian (2017). The Addis Ababa Massacre: Italy's National Shame. London. ISBN 978-1-84904-692-3. OCLC 999629248.
  115. ^ Barker, A. J. (1968). The Civilising Mission: The Italo-Ethiopian War 1935–6. London: Cassell. pp. 292–293. ISBN 978-0-304-93201-6.
  116. ^ Martel, Gordon (1999). The origins of the Second World War reconsidered : A.J.P. Taylor and the Historians (2nd ed.). London: Routledge. p. 188. ISBN 0-203-01024-8. OCLC 252806536.
  117. ^ David, Forgacs (September 2016). "Italian Massacres in Occupied Ethiopia". Revue Africaine des Livres – Centre de Recherche en Antropologie Sociale et Culturelle. Archived from the original on 2 December 2017.
  118. ^ Sbacchi A. (2005) Poison Gas and Atrocities in the Italo-Ethiopian War (1935–1936). In: Ben-Ghiat R., Fuller M. (eds) Italian Colonialism. Italian and Italian American Studies. Palgrave Macmillan, New York. https://doi.org/10.1007/978-1-4039-8158-5_5
  119. ^ "1940 Article on the special road Addis Ababa-Assab and map (in Italian)" (PDF). Archived from the original (PDF) on 2 April 2012. Retrieved 14 October 2019.
  120. ^ Clapham, "Ḫaylä Śəllase", Encyclopaedia Aethiopica, p. 1063.
  121. ^ Hinks, Peter P.; McKivigan, John R. and Williams, R. Owen (2007). Encyclopedia of Antislavery and Abolition, Greenwood Publishing Group, p. 248. ISBN 0-313-33143-X.
  122. ^ Campbell, Miers & Miller 2007, p. 219.
  123. ^ "(1963) Haile Selassie, "Towards African Unity"". BlackPast.org. 7 August 2009.
  124. ^ a b The Black Book of Communism, pp. 687–95
  125. ^ Valdes Vivo, p. 115.
  126. ^ Valdes Vivo, p. 21.
  127. ^ Valdes Vivo, p. 25.
  128. ^ Eur (2002). Africa South of the Sahara 2003. Psychology Press. p. 383. ISBN 978-1-85743-131-5.
  129. ^ Asnake Kefale, Tomasz Kamusella and Christopher Van der Beken. 2021. Eurasian Empires as Blueprints for Ethiopia: From Ethnolinguistic Nation-State to Multiethnic Federation. London: Routledge, pp 35-43
  130. ^ Dagne, Haile Gabriel (2006). The commitment of the German Democratic Republic in Ethiopia: a study based on Ethiopian sources. London: Global Lit. ISBN 978-3-8258-9535-8.
  131. ^ "The Mengistu Regime and Its Impact". Library of Congress.
  132. ^ Oberdorfer, Don (March 1978). "The Superpowers and the Ogaden War". The Washington Post.
  133. ^ "US admits helping Mengistu escape". BBC. 22 December 1999. Retrieved 13 December 2017.
  134. ^ Ottaway, David B. (21 March 1979). "Addis Ababa Emerges From a Long, Bloody War". The Washington Post. Retrieved 13 December 2017.
  135. ^ Katz, Donald R. (21 September 1978). "Ethiopia After the Revolution: Vultures in the Land of Sheba". Rolling Stone. Retrieved 13 December 2017.
  136. ^ "Why a photo of Mengistu has proved so controversial". BBC News. BBC. 2 August 2018. Archived from the original on 29 June 2019. Retrieved 29 June 2019.
  137. ^ Stapleton, Timothy J. (2017). A History of Genocide in Africa. ABC-CLIO. p. 163. ISBN 978-1-4408-3052-5.
  138. ^ "Foreign Policy". Library of Congress – American Memory: Remaining Collections.
  139. ^ Crowell Anderson-Jaquest, Tommie (May 2002). "Restructuring the Soviet–Ethiopian Relationship: A Csse Study in Asymmetric Exchange" (PDF). London School of Economics and Political Science.
  140. ^ Tessema, Seleshi (November 2017). "ADDIS ABABA". Anadolu Agency.
  141. ^ "Why a photo of Mengistu has proved so controversial". BBC News. August 2018.
  142. ^ "Mengistu found guilty of genocide". BBC. 12 December 2006. Retrieved 21 July 2007. Ethiopia's Marxist ex-ruler, Mengistu Haile Mariam, has been found guilty of genocide after a 12-year trial.
  143. ^ "Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor 2005". U.S. Department of State. March 2006.
  144. ^ "Mengistu Haile Mariam". Trial International. June 2006. Archived from the original on 22 October 2018. Retrieved 22 October 2018.
  145. ^ "Eshetu Alemu". Trial International. January 2018.
  146. ^ Alemu Aneme, Girmachew (2001). "Apology and trials: The case of the Red Terror trials in Ethiopia". African Human Rights Law Journal.
  147. ^ Lyons 1996, pp. 121–23.
  148. ^ "Ethiopia (03/08)". U.S. Department of the State.
  149. ^ "About Ethiopia". Ethiopian Government Portal. Archived from the original on 23 October 2018.
  150. ^ a b "Article 5" (PDF). Ethiopian Constitution. WIPO. Retrieved 2 July 2015.
  151. ^ Lyons 1996, p. 142.
  152. ^ "President expelled from ruling party". IRIN. 25 June 2001. Retrieved 7 November 2017.
  153. ^ Asnake Kefale, Tomasz Kamusella and Christopher Van der Beken. 2021. Eurasian Empires as Blueprints for Ethiopia: From Ethnolinguistic Nation-State to Multiethnic Federation. London: Routledge, pp 44-45.
  154. ^ "Will arms ban slow war?". BBC News. 18 May 2000. Archived from the original on 12 January 2017. Retrieved 12 January 2017.
  155. ^ "War 'devastated' Ethiopian economy". BBC News. 7 August 2001. Archived from the original on 4 July 2016. Retrieved 12 January 2017.
  156. ^ Voice of America (16 May 2010). "2005 Ethiopian election: a look back". Retrieved 6 May 2018.
  157. ^ "Document". www.amnesty.org. Retrieved 7 November 2017.
  158. ^ "Ethiopia election marred by intimidation, say rights group". The Guardian. Associated Press. 25 May 2010. Retrieved 7 November 2017.
  159. ^ "The worst drought in 60 years in Horn Africa". Africa and Europe in Partnership. Archived from the original on 2 November 2011. Retrieved 2 August 2011.
  160. ^ "Ethiopian Prime Minister Meles has died: state television". Reuters. 21 August 2012.
  161. ^ Lough, Richard (22 August 2012). "Ethiopia acting PM to remain at helm until 2015". Reuters.
  162. ^ Malone, Barry (27 May 2015). "Profile: Ethiopia's 'placeholder' PM quietly holds on". aljazeera.com. Al Jazeera English. Retrieved 28 July 2015.
  163. ^ "'Several killed' as Ethiopia police clash with protesters". BBC. 7 August 2016. Retrieved 8 August 2016.
  164. ^ "Internet shutdown ends as protests continue in Ethiopia". BBC Monitoring. 8 August 2016. Retrieved 8 August 2016.
  165. ^ Maasho, Aaron (8 August 2016). "At least 33 protesters killed in Ethiopia's Oromiya region: opposition". Reuters. Retrieved 8 August 2016.
  166. ^ At least 75 killed in Ethiopia protests, retrieved 13 August 2019
  167. ^ Ethiopia Protests | At Least 140 Killed in Over State Land Plan, retrieved 13 August 2019
  168. ^ AfricaNews. "Ethiopia declares 6 months state of emergency over Oromia protests | Africanews". Africanews. Retrieved 7 November 2017.
  169. ^ AfricaNews (26 October 2017). "10 killed as Ethiopia forces clash with protesters in Oromia". Africanews. Retrieved 7 November 2017.
  170. ^ "Ethiopia declares state of emergency". BBC News. 16 February 2018.
  171. ^ "Ethiopians protesting state of emergency shut down capital, Oromia region". France 24. 6 March 2018.
  172. ^ "Ethiopia and Eritrea declare end of war". BBC News. 9 July 2018.
  173. ^ "Ethiopian Prime Minister wins the 2019 Nobel Peace Prize". CNN News. 16 October 2019.
  174. ^ Kaps, Alisa. "From agrarian country to industrial hub". D+C, Development and cooperation.
  175. ^ "Abiy's Ethiopia pardons 13,000 accused of treason or terrorism". Reuters. 22 January 2019.
  176. ^ "OONI – Ethiopia: Verifying the unblocking of websites". ooni.torproject.org. Retrieved 14 January 2019.
  177. ^ "Ethiopia prison administration fires 103 individuals – New Business Ethiopia". Archived from the original on 13 January 2019. Retrieved 14 January 2019.
  178. ^ "Reflections on the Rule of Law and Ethiopia's Transition to Democratic Rule (Part I)". Cyber Ethiopia. 12 January 2019. Retrieved 14 January 2019.
  179. ^ "Ethnic violence displaces hundreds of thousands of Ethiopians". irinnews.com. 8 November 2017.
  180. ^ "Ethiopia tops global list of highest internal displacement in 2018". Relief Web. Retrieved 7 April 2019.
  181. ^ "12 killed in latest attack in western Ethiopia". News24. Retrieved 26 December 2020.
  182. ^ Fano Will Not Lay Down Arms If Demands Are Not Met: Chairman, retrieved 28 March 2020
  183. ^ "At least 23 die in weekend of Ethiopia ethnic violence". 17 September 2018.
  184. ^ "Thousands Are Arrested in Ethiopia After Ethnic Violence". 24 September 2018. Retrieved 27 April 2019.
  185. ^ a b "President of the Amhara region killed". Ethiopia Observer. 23 June 2019. Retrieved 24 June 2019.
  186. ^ Ingber, Sasha (23 June 2019). "Ethiopia Army Chief Killed In Attempted Coup, Government Says". NPR. Retrieved 24 June 2019.
  187. ^ "Alleged Ethiopian coup mastermind shot dead after 36-hour manhunt". i24 news. 24 June 2019. Retrieved 24 June 2019.
  188. ^ Lefort, René (25 February 2020). "Preaching unity but flying solo, Abiy's ambition may stall Ethiopia's transition". Ethiopian Insight. Archived from the original on 2 December 2020. Retrieved 2 December 2020.
  189. ^ "Beyond law enforcement – Human rights violations by Ethiopian security forces in Amhara and Oromia" (PDF). Amnesty International. 24 July 2020. Archived (PDF) from the original on 30 October 2020. Retrieved 2 December 2020.
  190. ^ Akinwotu, Emmanuel (2 December 2020). "'I saw people dying on the road': Tigray's traumatised war refugees". The Guardian. Archived from the original on 2 December 2020. Retrieved 2 December 2020.
  191. ^ Hundessa, Hachalu (July 2020). "Two men arrested for the murder of the singer". The Daily Horn News. Retrieved 26 August 2020.
  192. ^ "Ethiopia's week of unrest sees 239 dead, 3,500 arrested". The Washington Post. 8 July 2020.
  193. ^ Walsh, Decian (9 February 2020). "For Thousands of Years, Egypt Controlled the Nile. A New Dam Threatens That". New York Times. Archived from the original on 10 February 2020.
  194. ^ "An Egyptian cyber attack on Ethiopia by hackers is the latest strike over the Grand Dam". Quartz. 27 June 2020.
  195. ^ "Row over Africa's largest dam in danger of escalating, warn scientists". Nature. 15 July 2020.
  196. ^ "Are Egypt and Ethiopia heading for a water war?". The Week. 8 July 2020.
  197. ^ "Ethiopian parliament allows PM Abiy to stay in office beyond term". www.aljazeera.com. Retrieved 10 September 2020.
  198. ^ "Ethiopia's Tigray region defies PM Abiy with 'illegal' election". France 24. 9 September 2020. Retrieved 10 September 2020.
  199. ^ "Ethiopia's Tigray region holds vote, defying Abiy's federal gov't". www.aljazeera.com. Retrieved 10 September 2020.
  200. ^ "Ethiopia Tigray crisis: Rockets hit outskirts of Eritrea capital". BBC News. 15 November 2020.
  201. ^ "Ethiopia Tigray crisis: Rights commission to investigate 'mass killings'". BBC News. 14 November 2020.
  202. ^ "Ethiopia: Tigray leader confirms bombing Eritrean capital". Al-Jazeera. 15 November 2020.
  203. ^ "War in Ethiopia leaves a nation in trauma as atrocities, bomb attacks are reported". The Globe and Mail. 13 November 2020.
  204. ^ "Both sides in Ethiopian conflict are killing civilians, refugees say". The Guardian. 13 November 2020.
  205. ^ "Constitution of Ethiopia – 8 December 1994". Archived from the original on 9 May 2008.
  206. ^ "Ethiopia | Country report | Freedom in the World | 2015". freedomhouse.org. 21 January 2015. Archived from the original on 18 January 2017. Retrieved 8 January 2017.
  207. ^ The Economist Intelligence Unit's Index of Democracy 2010. (PDF). Retrieved on 3 March 2012.
  208. ^ Onyulo, Tonny (26 July 2015). "Obama visit highlights Ethiopia's role in fighting Islamist terrorists". USA Today.
  209. ^ Gregory, Warner. "Obama Becomes First Sitting U.S. President To Visit Ethiopia". NPR.org. National Public Radio. Retrieved 14 April 2021.
  210. ^ a b c "Map of Freedom 2007". Freedom House. 2007. Retrieved 25 December 2007.
  211. ^ a b "Essential Background: Overview of human rights issues in Ethiopia". Human Rights Watch. Archived from the original on 24 December 2007. Retrieved 25 December 2007.
  212. ^ "Ethiopian probe team criticises judge over report". Reuters. 11 September 2006. Archived from the original on 7 September 2012. Retrieved 21 July 2007.
  213. ^ "Ethiopia election: No seat in parliament for opposition". aljazeera.com. 23 June 2015. Retrieved 24 June 2015.
  214. ^ "Obama in Ethiopia for key talks with regional leaders". BBC News. 27 July 2015. Retrieved 27 July 2015.
  215. ^ Olewe, Dickens (14 June 2018). "Why landlocked Ethiopia wants to launch a navy". Retrieved 7 July 2019.
  216. ^ "Ethiopia Grapples with the Aftermath of a Deadly Weekend". Retrieved 2 May 2017.
  217. ^ "UN calls for probe into Ethiopia protesters killings". www.aljazeera.com. Retrieved 2 May 2017.
  218. ^ "Ethiopia says UN observers not needed as protests rage". www.aljazeera.com. Retrieved 2 May 2017.
  219. ^ a b "Ethiopia's battle for land reforms could lead to civil war: opposition leader". Reuters. 11 August 2016. Retrieved 8 May 2017.
  220. ^ "Youth in Crisis: Coming of age in the 21st century". Office for the Coordination of Humanitarian Affairs. 23 February 2007. Archived from the original on 5 December 2010. Retrieved 14 June 2012.
  221. ^ "UNICEF supports fight to end marriage by abduction in Ethiopia". reliefweb.int. 9 November 2004. Retrieved 29 August 2013.
  222. ^ "Here are the 10 countries where homosexuality may be punished by death". The Washington Post. 16 June 2016.
  223. ^ "Ethiopia: Free Speech at Risk Amid Covid-19". Human Rights Watch. 6 May 2020.
  224. ^ Petros, Gezahegn (2000). The Karo of the lower Omo Valley: subsistence, social organisation and relations with neighbouring groups. Dept. of Sociology, Anthropology and Social Administration, Addis Ababa University. p. 57.
  225. ^ "Lale Labuko". nationalgeographic.com. Retrieved 5 December 2013.
  226. ^ "Unheard Voices: The Human Rights Impact of Land Investments on Indigenous Communities in Gambella" (PDF). The Oakland Institute. 2013.
  227. ^ "Country: Ethiopia". The Oakland Institute. Retrieved 14 March 2017.
  228. ^ Mittal, Anuradha (25 February 2013). "Indian land grabs in Ethiopia show dark side of south-south co-operation". The Guardian. Archived from the original on 14 March 2017. Retrieved 14 March 2017.
  229. ^ a b Smith, David (14 April 2015). "Ethiopians talk of violent intimidation as their land is earmarked for foreign investors". The Guardian. Archived from the original on 14 April 2015. Retrieved 14 March 2017.
  230. ^ Horne, Felix (16 January 2012). "Waiting Here for Death". Human Rights Watch. Archived from the original on 14 March 2017. Retrieved 14 March 2017.
  231. ^ "Ethiopia PM Abiy says death toll from recent protests rises to 86". reuters.com.
  232. ^ "New report alleges killings, mass detentions in Ethiopia". Associated Press. Retrieved 29 May 2020.
  233. ^ "Statistical Agency of Ethiopia, 2005–2013". Retrieved 2 May 2017.[permanent dead link]
  234. ^ "Federal Demographic Republic of Ethiopia Central Statistical Agency – Population Projection of Ethiopia for All Regions at Wereda Level from 2014 to 2017". 2014 Population and Housing Census of Ethiopia. CSA. 2014. Archived from the original on 17 October 2015. Retrieved 1 October 2014.
  235. ^ Gezie, Melese (1 January 2019). Moral, Manuel Tejada (ed.). "Farmer's response to climate change and variability in Ethiopia: A review". Cogent Food & Agriculture. 5 (1): 1613770. doi:10.1080/23311932.2019.1613770. S2CID 155380174.
  236. ^ "Ethiopia, Climate Change and Migration: A little more knowledge and a more nuanced perspective could greatly benefit thinking on policy – Ethiopia". ReliefWeb. Retrieved 28 November 2020.
  237. ^ Dahir, Abdi Latif. "Ethiopia is launching a global crowdfunding campaign to give its capital a green facelift". Quartz Africa. Retrieved 23 May 2019.
  238. ^ "Ethiopia PM hosts 'most expensive dinner'". 20 May 2019. Retrieved 23 May 2019.
  239. ^ AfricaNews (14 May 2019). "Ethiopia PM raises over $25m for project to beautify Addis Ababa". Africanews. Retrieved 23 May 2019.
  240. ^ Addisstandard (25 April 2019). "News: China's reprieve on interest-free loan only". Addis Standard. Retrieved 23 May 2019.
  241. ^ a b Massicot, Paul (2005). Animal Info-Ethiopia.
  242. ^ Lepage, Denis. "Bird Checklists of the World". Avibase. Retrieved 6 October 2013.
  243. ^ Bicyclus, Site of Markku Savela
  244. ^ Bakerova, Katarina et al. (1991) Wildlife Parks Animals Africa. Retrieved 24 May 2008, from the African Cultural Center Archived 5 February 2011 at the Wayback Machine.
  245. ^ Encyclopedia of Nations. Ethiopia Environment.
  246. ^ Kurpis, Lauren (2002). How to Help Endangered Species Archived 4 March 2011 at the Wayback Machine. Endageredspecie.com
  247. ^ United Nations Statistics Division, Millennium Development Goals indicators: Carbon dioxide emissions (CO2), thousand tonnes of CO2 (collected by CDIAC) Human-produced, direct emissions of carbon dioxide only. Excludes other greenhouse gases; land use, land-use change, and forestry (LULUCF); and natural background flows of CO2 (See also: Carbon cycle)
  248. ^ Khoury, Colin K.; Achicanoy, Harold A.; Bjorkman, Anne D.; Navarro-Racines, Carlos; Guarino, Luigi; Flores-Palacios, Ximena; Engels, Johannes M.M.; Wiersema, John H.; Dempewolf, Hannes (15 June 2016). "Origins of food crops connect countries worldwide". Proc. R. Soc. B. 283 (1832): 20160792. doi:10.1098/rspb.2016.0792. PMC 4920324.
  249. ^ Mongabay.com Ethiopia statistics. (n.d). Retrieved 18 November 2006, from Rainforests.mongabay.com
  250. ^ Grantham, H. S.; Duncan, A.; Evans, T. D.; Jones, K. R.; Beyer, H. L.; Schuster, R.; Walston, J.; Ray, J. C.; Robinson, J. G.; Callow, M.; Clements, T.; Costa, H. M.; DeGemmis, A.; Elsen, P. R.; Ervin, J.; Franco, P.; Goldman, E.; Goetz, S.; Hansen, A.; Hofsvang, E.; Jantz, P.; Jupiter, S.; Kang, A.; Langhammer, P.; Laurance, W. F.; Lieberman, S.; Linkie, M.; Malhi, Y.; Maxwell, S.; Mendez, M.; Mittermeier, R.; Murray, N. J.; Possingham, H.; Radachowsky, J.; Saatchi, S.; Samper, C.; Silverman, J.; Shapiro, A.; Strassburg, B.; Stevens, T.; Stokes, E.; Taylor, R.; Tear, T.; Tizard, R.; Venter, O.; Visconti, P.; Wang, S.; Watson, J. E. M. (2020). "Anthropogenic modification of forests means only 40% of remaining forests have high ecosystem integrity – Supplementary Material". Nature Communications. 11 (1): 5978. doi:10.1038/s41467-020-19493-3. ISSN 2041-1723. PMC 7723057. PMID 33293507.
  251. ^ "Ethiopia: Environmental Profile". Mongabay. 4 February 2006. Retrieved 29 November 2020.
  252. ^ Chaitanya Iyyer (2009). Land Management: Challenges & Strategies. Global India Publications. p. 16. ISBN 978-93-80228-48-8.
  253. ^ Parry, J (2003). Tree choppers become tree planters. Appropriate Technology, 30(4), 38–39. Retrieved 22 November 2006, from ABI/INFORM Global database. (Document ID: 538367341).
  254. ^ "World Economic Outlook Database (customised report)". International Monetary Fund. IMF. Retrieved 17 April 2021.
  255. ^ "World Economic Outlook" (PDF). IMF. Retrieved 13 January 2013.
  256. ^ "Ethiopia: IMF Positive on Country's Growth Outlook". allAfrica. Retrieved 13 January 2013.
  257. ^ "With Continued Rapid Growth, Ethiopia is Poised to Become a Middle Income Country by 2025". Retrieved 24 June 2016.
  258. ^ "Economic Overview". World Bank. 23 September 2015. Retrieved 1 February 2016.
  259. ^ "Statement by an IMF Staff Mission on the 2012 Article IV Consultation with Ethiopia". IMF. 14 June 2012. Retrieved 13 January 2013.
  260. ^ "Ethiopia to launch four more industry parks within two years". Reuters. 9 November 2015. Retrieved 24 June 2016.
  261. ^ Sze, Mari. "Ethiopia to Open Banks for Ethiopian Investors in the Diaspora". W7 News. Retrieved 14 August 2019.
  262. ^ "Business Corruption in Ethiopia". Business Anti-Corruption Portal. Archived from the original on 6 April 2014. Retrieved 8 April 2014.
  263. ^ "Six million children threatened by Ethiopia drought: UN". Terradaily.com. Retrieved 16 March 2009.
  264. ^ Victoria Eastwood; Nima Elbagir. "Ethiopia powers on with controversial dam project". Retrieved 24 June 2016.
  265. ^ "Power generation begins at 1,870-MW Gibe III hydroelectric project in Ethiopia". www.hydroworld.com. Retrieved 24 June 2016.
  266. ^ Wilkin, Paul; Demissew, Sebsebe; Willis, Kathy; Woldeyes, Feleke; Davis, Aaron P.; Molla, Ermias L.; Janssens, Steven; Kallow, Simon; Berhanu, Admas (2019). "Enset in Ethiopia: a poorly characterized but resilient starch staple". Annals of Botany. 123 (5): 747–766. doi:10.1093/aob/mcy214. PMC 6526316. PMID 30715125.
  267. ^ "Get the gangsters out of the food chain". The Economist. 7 June 2007. Retrieved 2 February 2008.
  268. ^ a b "National Accounts Estimates of Main Aggregates". The United Nations Statistics Division. Retrieved 12 November 2013.
  269. ^ The Economist 22 May 2010, page 49
  270. ^ "Starbucks in Ethiopia coffee vow". BBC. 21 June 2007. Retrieved 21 June 2007.
  271. ^ Stylianou, Nassos. "Coffee under threat". BBC News.
  272. ^ Cook, Rob (2 September 2015). "World Cattle Inventory: Ranking of countries (FAO) | Cattle Network". www.cattlenetwork.com. Farm Journal. Archived from the original on 31 January 2017. Retrieved 8 January 2017.
  273. ^ "Ethiopia's flower trade in full bloom". Mail & Guardian. 19 February 2006. Archived from the original on 18 April 2007. Retrieved 21 June 2007. Floriculture has become a flourishing business in Ethiopia in the past five years, with the industry's exports earnings set to grow to $100-million by 2007, a five-fold increase on the $20-million earned in 2005. Ethiopian flower exports could generate an estimated $300-million within two to three years, according to the head of the government export-promotion department, Melaku Legesse.
  274. ^ a b c d Pavanello, Sara 2010. Working across borders – Harnessing the potential of cross-border activities to improve livelihood security in the Horn of Africa drylands Archived 12 November 2010 at the Wayback Machine. London: Overseas Development Institute
  275. ^ Averill, Victoria (31 May 2007). "Ethiopia's designs on leather trade". BBC. Retrieved 21 June 2007. The label inside the luxuriously soft black leather handbag reads Taytu: Made In Ethiopia. But the embroidered print on the outside, the chunky bronze rings attached to the fashionably short straps and the oversized "it" bag status all scream designer chic.
  276. ^ "Largest hydro electric power plant goes smoothly". English.people.com.cn. 12 April 2006. Retrieved 2 June 2010.
  277. ^ "Hydroelectric Power Plant built". Addistribune.com. Archived from the original on 3 January 2010. Retrieved 16 March 2009.
  278. ^ "The "white oil" of Ethiopia". Archived from the original on 28 September 2007. Retrieved 2 February 2007.. ethiopianreporter.com
  279. ^ Independent Online (18 April 2006). "Ethiopia hopes to power neighbors with dams". Int.iol.co.za. Archived from the original on 12 June 2006. Retrieved 16 March 2009.
  280. ^ "Sub-Saharan Africa news in brief: 13–25 March". SciDev.Net. 28 March 2008. Retrieved 16 March 2009.
  281. ^ "Ethiopia–Djibouti electric railway line opens". railwaygazette.com. 5 October 2016. Retrieved 5 October 2016.
  282. ^ "Project Summary". AKH Project owners. January 2017. Archived from the original on 2 August 2017. Retrieved 13 August 2017.
  283. ^ "Ceremony in Ethiopia". Yapı Merkezi. 25 February 2015. Archived from the original on 7 October 2016. Retrieved 7 October 2016.
  284. ^ "Foundation stone laid for northern Ethiopia line". railwaygazette.com. 25 February 2015. Retrieved 5 October 2016.
  285. ^ "Ethiopia's Road Sector Dev't Becoming Proportionate to Rapid Economic Growth: WB". www.ena.gov.et. Archived from the original on 24 December 2015. Retrieved 23 December 2015.
  286. ^ "List of all airports in Ethiopia". airport-authority.com. Retrieved 25 March 2016.
  287. ^ "Ethiopian Airlines: Company Profile". Ethiopian Airlines. Archived from the original on 5 October 2012. Retrieved 13 October 2012.
  288. ^ "Ethiopian-short-Factsheet". December 2017.
  289. ^ "Profile: Ethiopian Airlines". BBC News. 25 January 2010. Archived from the original on 6 April 2012. Retrieved 26 April 2012.
  290. ^ "Ethiopian Airlines – Bringing the Dreamliner to Africa". CNN. 3 September 2012. Archived from the original on 4 September 2012. Retrieved 21 September 2012.
  291. ^ "Population, total | Data". data.worldbank.org. Retrieved 23 September 2019.
  292. ^ Clarence-Smith, W.G. (1989) The Economics of the Indian Ocean slave trade in the nineteenth century. p. 100. ISBN 0-7146-3359-3
  293. ^ "IFs Forecast – Version 7.00 – Google Public Data Explorer". Retrieved 24 October 2015.
  294. ^ World Population Prospects, the 2010 Revision. UN.org
  295. ^ "Time Europe – Abyssinia: Ethiopian Protest". Archived from the original on 6 February 2004. Retrieved 5 June 2005.. 9 August 1926
  296. ^ Istat (December 2010). "I censimenti nell'Italia unita I censimenti nell'Italia unita Le fonti di stato della popolazione tra il XIX e il XXI secolo ISTITUTO NAZIONALE DI STATISTICA SOCIETÀ ITALIANA DI DEMOGRAFIA STORICA Le fonti di stato della popolazione tra il XIX e il XXI secolo" (PDF). Annali di Statistica. XII. 2: 263. Archived from the original (PDF) on 3 August 2014. Retrieved 24 December 2013.
  297. ^ a b "Fratelli d'Etiopia". 29 April 2008. Archived from the original on 11 February 2017.
  298. ^ "I servizi demografici". Dipartimento per gli affari interni e territoriali. 25 November 2016.
  299. ^ "World Refugee Survey 2008". U.S. Committee for Refugees and Immigrants. 19 June 2008. Archived from the original on 2 May 2012.
  300. ^ a b "Languages of Ethiopia". Ethnologue. SIL International. Archived from the original on 18 March 2017. Retrieved 9 February 2013.
  301. ^ Yigezu, Moges (2012). Language Ideologies and Challenges of Multilingual Education in Ethiopia. African Books Collective. p. 143. ISBN 978-99944-55-47-8.
  302. ^ a b Mpoche, Kizitus; Mbuh, Tennu, eds. (2006). Language, literature, and identity. Cuvillier. pp. 163–64. ISBN 978-3-86537-839-2.
  303. ^ Gebremichael, M. (2011). Federalism and conflict management in Ethiopia: case study of Benishangul-Gumuz Regional State. PhD Thesis. United Kingdom: University of Bradford.
  304. ^ "Afar Regional State". Government of Ethiopia. Archived from the original on 28 July 2017. Retrieved 27 July 2017.
  305. ^ "Harari Regional State". Government of Ethiopia. Archived from the original on 28 July 2017. Retrieved 27 July 2017.
  306. ^ "Tigray Regional State". Government of Ethiopia. Archived from the original on 27 July 2017. Retrieved 27 July 2017.
  307. ^