フルコー法

フルコー法は、板ガラスの製造方法です1900 年代初頭にベルギーÉmile Fourcault  [ fr ] (1862–1919) によって最初に開発されたプロセスは、世界中で使用されました。フルコールは、ガラスが重力に逆らって上向きに描かれる「垂直ドロー」プロセスの一例です。[1]重力はプロセスの一部に影響を与えます。

フルコール プロセスでは、「ピット」またはドローイング エリアと、望ましい品質とプロセス歩留まりを確保するアクションを実行しながらガラスのリボンをドローイングする機械のアセンブリが必要です。今日、ほとんどのガラス製造には、製品が製造される「ホット エンド」があります。フルコーも例外ではありません。

フルコーでのアクションは、「ドロー」、またはガラスが液体状態から平らなガラスにするために必要なプロセスの開始に取り込まれる領域で発生します。

ドローの下部には、溶融ガラスが十分に冷却されて成形温度に近づく「ピット」または場所があります。冷却プロセスは、「運河」と呼ばれる装置を使用します。キャナルとはその名の通り、ガラスを精製エリアからピットまで運ぶ箱型の構造物です。

運河はピットを「精製」エリア、気泡やその他の欠陥の原因を取り除くガラス炉のセクションと結びつけます。精製には、ガラスの形成に必要な温度よりもはるかに高い温度で気泡を放出する必要があるため、精製領域から直接引き出すことができないため、運河が必要です。

フルコール プロセスでは、セラミック ダイを使用して、溶融 (または溶融) ガラスを長方形断面のリボンに成形します。デビテウスと呼ばれる金型は、ピット内の溶融ガラスに所定の深さまで浮遊し、溶融ガラスの一部を金型の上面よりわずかに押し上げます。デビテウスの中央にスロットが切られており、最高品質のガラスを生産するように形作られています。


Debiteuse (赤) の詳細とフルコー描画線
TOP