フランシスオリンピックフィールド

フランシスオリンピックフィールドは、セントルイスのワシントン大学にあるスタジアムで、 1904年の夏季オリンピックのメイン会場として使用されました現在、大学の陸上競技クロスカントリーサッカーサッカーの各チームで使用されています。ミズーリ州セントルイス郡の大学のダンフォースキャンパスの最西端にあります。ルイジアナ万国博覧会(1904年セントルイス万国博覧会)に間に合うように建てられたこのスタジアムには、かつて19,000人の座席がありました。、しかし1984年のスタジアムの改修により、収容人数は3,300人に減少しました。ミシシッピ川の西側で現在も使用されている最も古いスポーツ会場の1つです。フランシスオリンピックフィールドは現在、サッカーとサッカーの両方に構成できる人工芝を使用しています。

フランシスオリンピックフィールドは、1907年に、元ミズーリ州知事でルイジアナ万国博覧会の会長であるデビッドR.フランシスにちなんで名付けられました。[1]「オリンピック」という言葉は、1904年の夏季オリンピックでの役割を反映して2019年に追加されました。[2] [3]

1904年の夏季オリンピック(西半球で最初に開催された)は、スタジアムとそれに付随する体育館の名前が付けられたデヴィッド・ローランド・フランシスの努力の結果として、ミズーリ州セントルイスに与えられました。1902年に建てられたフランシスオリンピックフィールドの常設スタンドは、鉄筋コンクリート技術の最初の用途の1つです。[4]スタジアムとその体育館はどちらも、米国国定歴史建造物です。1904年の大会中、スタジアムはアーチェリー陸上競技サイクリングサッカー体操を主催しました。ラクロスロケ綱引き重量挙げレスリングのイベント。テニスイベントは、スタジアムの外にあるいくつかのダートコートで行われました[5]

1904年のオリンピックの後、スタジアムは、以前はパイカーとして知られていたワシントン大学ベアーズの恒久的な家になりました。1920年代から1950年代にかけて、ベアーズは19,000人もの観客の前でプレーし、ノートルダム大聖堂ネブラスカ大学、ボストン大学などの大学と競い合い、観客の半数は一時的な木製のスタンドに座りました。ベアーズは現在、NCAAディビジョンIIIチームとしてプレーしています。

2004年の夏、フランシスオリンピックフィールドでは、天然芝が人工のフィールドターフに置き換えられました。[6]

隣接するフランシス体育館は、1992年、2000年、2004年2016年の4回の米国大統領選挙討論会と、2008年の副大統領選挙討論会を主催しました。 [8]


1904年の夏季オリンピック中のフランシスフィールド
2009年1月のフランシスフィールド。
TOP