ハイド パーク コーナー駅

ハイド パーク コーナーは、ハイド パークのハイド パーク コーナー近くにあるロンドン地下鉄ですピカデリー線ナイツブリッジグリーン パークの間のトラベルカード ゾーン 1にあります

この駅は1906 年 12 月 15 日にグレート ノーザン ピカデリー アンド ブロンプトン鉄道によって開通した。 Hammersmith から Finsbury Park までの路線は 1 つのスキームとして建設する必要があります。[7]

レスリー・グリーンが設計したオリジナルの駅舎は、道路ジャンクションの南に今も残っており、雄牛の血色のタイルが目立ちます。2010 年 6 月まではピザ レストランとして使用され、 2012 年 12 月 14 日以降は Wellesley Hotel となっています。駅にエレベーターの代わりにエスカレーターが設置され、1932 年 5 月 23 日に使用される新しい地下チケット ホールが設置されたとき、建物は使用されなくなりました[8]。非常階段がプラットフォームへの接続を提供しますが。リフトシャフトは現在、換気を提供するために使用されています。1932 年の駅の壁にはめ込まれたショーケースがあり、ロンドン バスの開発を描いた一連のジオラマが展示されていました。[8]

駅がエスカレーターで再建されたとき、東のダウンストリート(グリーンパークに向かう) に隣接するほとんど使用されていなかった駅は使用されなくなりました。[9]

地上に関連する建物がなく、完全に地下にある数少ない駅の 1 つです。駅への現在の入り口は、ハイド パーク コーナー ジャンクション周辺の歩行者用地下道システム内からアクセスできます。

ピカデリー線の中央区間が閉鎖されると、駅の東側に交差トンネルがあるため、駅は西部区間の終点となります。


TOP