ダイヤモンドリーグ

ダイヤモンドリーグは、 14の最高の招待陸上競技大会で構成される、毎年恒例のエリート陸上競技大会ですこのシリーズは、ワールドアスレティックス(旧称IAAF)の1日大会 のトップティアに位置しています。

開幕シーズンは2010年でした。[1] 1998年から毎年開催されているIAAFゴールデンリーグに代わるものとして設計されました。 [2]正式なスポンサー名は、2019年12月に発表されたワンダグループとの合意の結果であるワンダダイヤモンドリーグです。 [ 3]

ゴールデンリーグは、ヨーロッパを代表する陸上競技大会の知名度を高めるために結成されましたが、ダイヤモンドリーグの目的は、「初めてヨーロッパを離れることで、世界的な陸上競技の魅力を高めること」です。[1]元のゴールデンリーグメンバー(ベルリンを除く)およびその他の伝統的なヨーロッパの大会に加えて、シリーズには現在、中国カタールモロッコ、および米国でのイベントが含まれています。

2022年3月以降、2022年のロシアによるウクライナ侵攻後、ダイヤモンドリーグは、ロシアとベラルーシの選手をすべての陸上競技から除外しました。[4]

2019年3月、IAAFの会長であるSebastian Coeは、2020シリーズのダイヤモンドリーグの形式の変更を発表しました。ダイヤモンド分野の数が32から24に減り、2回目の中国大会がカレンダーに追加されました。デュアルファイナルフォーマットはシングルファイナルに置き換えられました。[5] [6]しかし、COVID-19のパンデミックのため、当初予定されていた15回の大会のうち7回がキャンセルされ、シーズンは6月10日に延期され、4回または大会のみが完全な競争プログラムを持ち、決勝はキャンセルされました。[7] 2020年12月、2021年のダイヤモンドリーグは32の分野と2時間の放送時間枠で復帰すると発表されました。[8]

2010年から2015年に使用されたオリジナルのダイヤモンドリーグスコアリングシステムは、各ミーティングで上位3人のアスリートにポイントを与えました(1位は4ポイント、2位は2ポイント、3位は1ポイント)。32の分野(男性と女性のアスリートにそれぞれ16)のそれぞれが、シーズン中に合計7回上演されました。その分野(チューリッヒまたはブリュッセル)の最終会議で獲得したポイントは2倍になりました。自分の分野で最も多くのポイントを獲得してシーズンを終えたアスリートは、「ダイヤモンドレース」で優勝しました。ポイントの同点の場合、勝利数が最初のタイブレーカーとして使用され、その後に決勝の結果が続きました。自分の分野の最終会議に出場したアスリートだけが、ダイヤモンドレースに勝つ資格がありました。2016スコアは上位6つ(10–6–4–3–2–1)に拡大されました。イベントファイナルでは、ダブルポイント(20–12–8–6–4–2)が引き続き付与されました。[9]


TOP