ラゲス

ラヘスはブラジルの自治体で、ポルトガル語で「プラナルト セラーノ」として知られるサンタ カタリーナ州の中央部に位置しています。

州の山岳地帯に位置し、最大の自治体です。この地域の主要都市であり、オタチーリオ コスタサン ジョアキムコレイア ピントの町と接しています都市の水の主要な流れはCarahá 川です。

17 世紀の初めに、最初のヨーロッパ人が到着し、町が確立されました。カンポス デ ラジェンスの成長は、リオ グランデ ド スル州の野原に通じる道路が開通したためです。サンパウロミナスジェライスの人々は、ガウチョとの牧畜業のためにこの地域に惹かれました

非常に原始的な文書では、ソロカバサンパウロからラバ、馬、牛を運ぶ騎手がラジェンスに立ち寄ったと記載されています。創設者のコレイア・ピントは騎手で、ラジェンスからサンパウロまで牛の群れを経営していました。

1766 年 11 月 22 日、ラジェンスは村から州に昇進しました。1820 年にはサンパウロから分離し、サンタ カタリーナ州の一部となりました1860 年 5 月 25 日、市に昇格した。1960年、市の名前は誤って「g」が挿入されてラゲスに変更された.

ラージェスには、アントニオ コレイア ピント デ マセド空港と隣接するコレイア ピント市にあるプラナルト セラーノ地域空港があります。


TOP