リヨン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

リヨン
Top: Basilica of Notre-Dame de Fourvière, Place des Terreaux with the Fontaine Bartholdi and Lyon City Hall at night. Centre: Parc de la Tête d'or, Confluence district and Vieux Lyon. Bottom: Pont Lafayette, La Part-Dieu Central Business District with Place Bellecour in foreground during the Festival of Lights.
トップ:ノートルダム・ド・フルヴィエール大聖堂テロー広場バルトルディの噴水リヨン市役所夜に。センター:パルクデラテットドール、コンフルエンス地区、ヴューリヨン下:祭典の期間中、ベルクール広場が前景にあるラパートデュー中央ビジネス地区のポンラファイエット
モットー: 
Avant、avant、Lion le melhor
OldFranco -Provençalfor "Forward、forward、Lyon the best")[a]美徳
、comite fortuna
(「美徳をガイドとして、幸運を仲間として」)[b]
リヨンの場所
Lyon is located in France
Lyon
リヨン
Lyon is located in Auvergne-Rhône-Alpes
Lyon
リヨン
座標:45°46'N4 °50'E / 45.76°N 4.84°E / 45.76; 4.84座標45°46'N4 °50'E  / 45.76°N 4.84°E / 45.76; 4.84
フランス
領域オーヴェルニュ=ローヌ=アルプス
大都市リヨンのメトロポリス
行政区リヨン
細分化9つの行政区
政府
 •市長(2020–2026)グレゴリー・ドゥセットEELV
範囲
1
47.87 km 2(18.48平方マイル)
 • 都市
 (2017)
1,171.1 km 2(452.2平方マイル)
 • メトロ
 (2017)
6,011.9 km 2(2,321.2平方マイル)
人口
 (2018年1月)[2]
518,635
 •ランクフランスで3位
 •密度11,000 / km 2(28,000 /平方マイル)
 • アーバン
 (2017 [3]
1,659,001
 •都市密度1,400 / km 2(3,700 /平方マイル)
 • メトロ
 (2017 [4]
2,323,221
 •メトロ密度390 / km 2(1,000 /平方マイル)
タイムゾーンUTC + 01:00CET
 •夏(DSTUTC + 02:00CEST
INSEE /郵便番号
69123 / 69001-69009
標高162〜349 m(531〜1,145フィート)
ウェブサイトwww .lyon-france .com
1つのフランスの土地登記データ、除外の湖、池、氷河> 1キロ2(0.386平方マイルまたは247エーカー)および川河口。

リヨン又はライオンズUK/ L I ɒ /[5] [6] US/ L I oʊ N /[7] [8] [C] フランス語:  [ljɔ] 聞く ; ArpitanLiyon顕著 [ʎjɔ] ;イタリア語lione顕著 [lioneは])である第三の都市フランスで2番目に大きい都市部ローヌソーヌ川の合流点に位置し、パリの南東約470 km(292マイル)、マルセイユの北320 km(199マイル)、サンテティエンヌの北東56 km(35マイル)にあります。街の住民はリヨネ(男性)とリヨネーズ(女性)呼ばれています。

リヨン市の人口は、2017年に48 km 2(19平方マイル)の小さな市区町村内で516,092人でしたが[10]、その郊外および準郊外と合わせて、リヨン大都市圏の人口は同じ年に2,323,221人でした。[4]フランスで2番目に人口が多い。リヨン市と58の郊外自治体は、2015年以来、リヨンメトロポリスを形成しました。これは、現在ほとんどの都市問題を担当する直接選出された大都市圏であり、2017年の人口は1,385,927人です。[11]リヨンはオーヴェルニュ地方です。-Rhôneアルプなどの座席ローヌ部門協議会 (ただし、その管轄は2015年以降、リヨンのメトロポリスにまたがっていません)。

旧首都ガウル時のローマ帝国は、リヨンの席です大司教ホルダーガウルの霊長類のタイトルを負いません。リヨンはルネサンス期に主要な経済ハブになりましたこの街は、料理美食、そして歴史的および建築的なランドマークで知られています。などの地区、リヨン旧市街フルヴィエールの丘プレスクイルとの斜面クロワ・ルースが刻まれ、ユネスコ の世界遺産リスト。リヨンは歴史的に絹の生産と織りにとって重要な地域でした。リヨンは映画歴史において重要な役割を果たしました。それは、オーギュストとルイスリュミエールシネマトグラフを発明した場所です。また、12月8日から4日間続く光の祭典、FêtedesLumièresでも知られており、リヨンは「光の首都」の称号を獲得しています。

経済的には、リヨンは銀行業だけでなく、化学、製薬、バイオテクノロジー産業の主要な中心地でもあります。この都市には、ビデオゲームに特に重点を置いた重要なソフトウェア産業があります。近年、それは成長する地元の新興セクターを育成してきました。[12]リヨンホストの国際本部インターポール国際がん研究機関ユーロニュースグローバリゼーションおよび世界ランキング研究所によると、リヨンは2018年の時点でベータ都市と見なされています。[13]マーサーの2019年の生存率ランキングでは、フランスで2位、世界で40位にランクされました[14]

歴史[編集]

古代リヨン[編集]

歴史家のディオカッシウスによると、紀元前43年に、ローマ元老院は、アッロプロゲスとの戦争のローマ難民のための和解の作成を命じました。これらの難民はヴィエンヌから追放され、現在はソーヌローヌ川の合流点に宿営していました。財団はフルヴィエールの丘の上に建てられ、正式にはコロニアコピアフェリックスムナティアと呼ばれ、繁栄と神々の祝福を呼び起こす名前です。この都市はますますルグドゥヌム(そして時にはルグドゥヌム[15]と呼ばれるようになりました[16] The earliest translation of this Gaulish place-name as "Desired Mountain" is offered by the 9th-century Endlicher Glossary.[17] In contrast, some modern scholars have proposed a Gaulish hill-fort named Lug[o]dunon, after the Celtic god Lugus ('Light', cognate with Old Irish Lugh, Modern Irish ), and dúnon (hill-fort).

The Roman-era Theatre on the Fourvière Hill

ローマ人は、2つの航行可能な川の合流点にあるルグドゥヌムの戦略的な場所が、ルグドゥヌムを自然なコミュニケーションのハブにしていることを認識していました。この都市はこの地域の主要なローマ街道の出発点となり、すぐに州都ガリア・ルグドゥネンシスになりました。この都市で2人の皇帝が生まれました。クラウディウスのスピーチはリヨンタブレット保存されており、ガリック上院議員の指名を正当化しています。カラカラ

リヨンの初期のキリスト教徒は、さまざまなローマ皇帝、特にマルクスアウレリウスセプティミウスセウェルスの治世下で彼らの信念のために殉教しました[18]この期間からローカル聖人は、ブランディーナポシナス、及びEpipodiusをとりわけ。ギリシャのエイレナイオスは、2世紀後半のリヨンの2番目の司教でした。[19]今日でも、リヨン大司教はプリマ・デ・ゴールと呼ばれています。[20]

437年にフン族によるワームの破壊から逃れたブルグント人はルグドゥヌムに再定住しました。443年にローマ人はブルグント王国を設立し、461年にルグドゥヌムがその首都になりました。843年、ヴェルダン条約の下で、リヨンは神聖ローマ皇帝ロタール1世に行きましたそれは後にアルル王国の一部になりましたリヨンは14世紀までフランスの支配下に置かれませんでした。

モダンリヨン[編集]

フェルナン・ブローデルは、「リヨンの歴史家は、パリとリヨンの間の双極性を十分に認識していません。これは、フランスの発展における一定の構造です...中世後期から産業革命まで」。[21] 15世紀後半、イタリアの商人によって紹介され見本市は、リヨンをフランスの経済的なカウントハウスにしました。1749年に建てられBourse(財務省)でさえ、口座が野外で決済される公共のバザールに似ていました。国際銀行がジェノヴァ、次にアムステルダムに移転したとき、リヨンはフランスの銀行の中心地であり続けました。

During the Renaissance, the city's development was driven by the silk trade, which strengthened its ties to Italy. Italian influence on Lyon's architecture is still visible among historic buildings.[22] In the late 1400s and 1500s Lyon was also a key centre of literary activity and book publishing, both of French writers (such as Maurice Scève, Antoine Heroet, and Louise Labé) and of Italians in exile (such as Luigi Alamanni and Gian Giorgio Trissino).

Lyon under siege in 1793

1572で、リヨンはプロテスタント、カトリック教徒に対する暴力による質量のシーンだったユグノーサン・バルテルミの虐殺。二世紀後、リヨンは再び中に暴力で身もだえたフランス革命市民が反対立ち上がったとき、全国大会やサポートジロンダンを。街は1793年10月に降伏する前に、2か月以上にわたって革命軍に包囲されました。特にベルクール広場ジャンマリーコローデルボワジョセフフーシェ周辺では、多くの建物が破壊されました。2,000人以上の死刑執行を管理しました。条約はその名前を「解放された都市」に変更するよう命じ、「ライオンズは自由と戦争をした。ライオンズはもう存在しない」と宣言する飾り板が建てられた。10年後、ナポレオンはその期間中に取り壊されたすべての建物の再建を命じました。

フランス革命中のリヨン内の標的は、条約だけではありませんでした。条約は歴史に色あせた後、フランスのディレクトリが登場し、日1797年9月4日後に18 Fructidorのクーデター、ディレクトリのコミッショナーはリヨンに暗殺されました。

この都市は19世紀に重要な工業都市になりました。 1831年と1834年に、リヨンのカヌー(絹の労働者)は、より良い労働条件と賃金のために2つの大きな反乱起こしました。 1862年、最初のリヨンの広範なネットワークケーブルカー鉄道が運転を開始しました。

中に第二次世界大戦、リヨンは占有の中心地だったナチスを含め、力クラウスバービー、悪名高い「リヨンのブッチャー」。しかし、この都市はフランスレジスタンス運動の拠点でもあり、トラブールとして知られる多くの秘密の通路により、人々はゲシュタポの襲撃から逃れることができました。1944年9月3日、リヨンはで解放された第一自由フランス部門軍フランセーズドゥIntérieur現在、この街にはレジスタンス博物館があります。[23] [24]

地理[編集]

リヨンのソーヌ川

ローヌ川とソーヌ川は歴史的な市内中心部の南に合流し、西と北に2つの大きな丘と東に大きな平原に囲まれた半島、「プレスクイル」を形成します。ベルクール広場は、2つの川の間のプレスクイルにあり、フランスで3番目に大きな公共広場です。広い歩行者専用のレピュブリック通りは、ベルクール広場から北に向かっています。

北の丘はラ・クロワ・ルースで、「働く丘」として知られています。これは、この街が長い間有名な産業である小さな絹の工房が伝統的にたくさんあることからです。[25]

西側の丘はフルヴィエールでノートルダム大聖堂、いくつかの修道院、大司教の住居があることから「祈る丘」として知られています。地区、リヨンは、また、ホストツアーmétallique(非常に目に見えるテレビ塔、の最後の段階で複製エッフェル塔)、市内の鉄道の一つ。[26]フルヴィエールは、プレスクイルの一部とクロワ・ルースの大部分とともに、ユネスコの世界遺産に指定されています[27]

East of the Rhône from the Presqu'île is a large flat area upon which sits much of modern Lyon and contains most of the city's population. Situated in this area is La Part-Dieu urban centre, which clusters the landmark structures Tour Incity, Tour Part-Dieu, Tour Oxygène, and Tour Swiss Life, as well as the city's primary railway station, Gare de Lyon-Part-Dieu.

North of this district lays the sixth arrondissement, which is home to one of Europe's largest urban parks, the Parc de la Tête d'or, as well as Lycée du Parc and Interpol's world headquarters.

ノートルダム・ド・フルヴィエールの屋根の大聖堂から撮影した、リヨンの都心部のパノラマ

気候[編集]

リヨンは湿潤亜熱帯気候ケッペンCfa)で、平均気温が22°C前後であるため海洋性気候Cfbに隣接しています。[28]しかし、トレワルタのような修正された分類ではフランスで3番目に大きい都市海洋性気候ですDo)。最も寒い月のリヨンの平均気温は1月に3.2°C(37.8°F)であり、7月の最も暖かい月の平均気温は22°C(71.6°F)です。降水量は一年中十分で、平均830 mm(32.7インチ)ですが、冬の月が最も乾燥しています。2003年8月13日の最高記録温度は40.5°C(104.9°F)でしたが、1938年12月22日の最低記録温度は-24.6°C(-12.3°F)でした。[29]

リヨン(LYN)の気候データ、標高:197 m(646フィート)、1981〜2010年の法線、極端な1920〜現在
1月2月3月4月五月6月7月8月9月10月11月12月
記録的な高°C(°F)19.1
(66.4)
21.9
(71.4)
25.7
(78.3)
30.1
(86.2)
34.2
(93.6)
38.4
(101.1)
40.4
(104.7)
40.5
(104.9)
35.8
(96.4)
28.4
(83.1)
23.0
(73.4)
20.2
(68.4)
40.5
(104.9)
平均最高°C(°F)6.4
(43.5)
8.4
(47.1)
13.0
(55.4)
16.3
(61.3)
20.8
(69.4)
24.6
(76.3)
27.7
(81.9)
27.2
(81.0)
22.7
(72.9)
17.4
(63.3)
10.8
(51.4)
7.1
(44.8)
16.9
(62.4)
日平均°C(°F)3.4
(38.1)
4.8
(40.6)
8.4
(47.1)
11.4
(52.5)
15.8
(60.4)
19.4
(66.9)
22.1
(71.8)
21.6
(70.9)
17.6
(63.7)
13.4
(56.1)
7.5
(45.5)
4.3
(39.7)
12.5
(54.5)
平均最低°C(°F)0.3
(32.5)
1.1
(34.0)
3.8
(38.8)
6.5
(43.7)
10.7
(51.3)
14.1
(57.4)
16.6
(61.9)
16.0
(60.8)
12.5
(54.5)
9.3
(48.7)
4.3
(39.7)
1.6
(34.9)
8.1
(46.6)
記録的な低°C(°F)−23.0
(−9.4)
−22.5
(−8.5)
-10.5
(13.1)
−4.4
(24.1)
−3.8
(25.2)
2.3
(36.1)
6.1
(43.0)
4.6
(40.3)
0.2
(32.4)
−4.5
(23.9)
−9.4
(15.1)
−24.6
(−12.3)
−24.6
(−12.3)
平均降水量mm(インチ)47.2
(1.86)
44.1
(1.74)
50.4
(1.98)
74.9
(2.95)
90.8
(3.57)
75.6
(2.98)
63.7
(2.51)
62.0
(2.44)
87.5
(3.44)
98.6
(3.88)
81.9
(3.22)
55.2
(2.17)
831.9
(32.75)
平均降水日数(≥1.0mm)9.07.88.49.311.38.46.97.17.610.29.09.1104.1
月間平均日照時間73.9101.2170.2190.5221.4254.3283.0252.7194.8129.675.954.52,001.9
出典:Meteo France[30] [31]
リヨン(LYN)の気候データ、標高:201 m、1961-1990年の法線と極値
1月2月3月4月五月6月7月8月9月10月11月12月
記録的な高°C(°F)16.3
(61.3)
21.4
(70.5)
25.7
(78.3)
28.0
(82.4)
29.4
(84.9)
34.4
(93.9)
39.8
(103.6)
37.1
(98.8)
33.8
(92.8)
28.4
(83.1)
22.6
(72.7)
20.2
(68.4)
39.8
(103.6)
平均最大°C(°F)10.2
(50.4)
14.4
(57.9)
15.9
(60.6)
18.6
(65.5)
23.1
(73.6)
28.8
(83.8)
32.8
(91.0)
28.1
(82.6)
27.3
(81.1)
19.7
(67.5)
14.1
(57.4)
9.5
(49.1)
32.8
(91.0)
平均最高°C(°F)6.1
(43.0)
8.2
(46.8)
11.6
(52.9)
15.2
(59.4)
19.1
(66.4)
22.9
(73.2)
26.1
(79.0)
26.0
(78.8)
22.4
(72.3)
17.1
(62.8)
10.0
(50.0)
6.4
(43.5)
15.9
(60.7)
日平均°C(°F)3.0
(37.4)
4.9
(40.8)
7.4
(45.3)
10.2
(50.4)
14.0
(57.2)
17.6
(63.7)
20.6
(69.1)
20.0
(68.0)
17.1
(62.8)
12.7
(54.9)
6.7
(44.1)
3.9
(39.0)
11.5
(52.7)
平均最低°C(°F)0.2
(32.4)
1.4
(34.5)
2.9
(37.2)
5.2
(41.4)
9.1
(48.4)
12.5
(54.5)
14.8
(58.6)
14.4
(57.9)
11.7
(53.1)
8.3
(46.9)
3.5
(38.3)
0.7
(33.3)
7.1
(44.7)
平均最小°C(°F)−7.0
(19.4)
−4.7
(23.5)
−1.4
(29.5)
3.2
(37.8)
7.6
(45.7)
10.9
(51.6)
13.1
(55.6)
12.9
(55.2)
8.1
(46.6)
4.5
(40.1)
1.0
(33.8)
−4.7
(23.5)
−7.0
(19.4)
記録的な低°C(°F)−23.0
(−9.4)
-19.3
(-2.7)
-10.5
(13.1)
−3.2
(26.2)
−0.3
(31.5)
3.6
(38.5)
6.1
(43.0)
5.2
(41.4)
1.9
(35.4)
−3.2
(26.2)
−7.1
(19.2)
-16.0
(3.2)
−23.0
(−9.4)
平均降水量mm(インチ)54.0
(2.13)
53.8
(2.12)
72.2
(2.84)
56.1
(2.21)
72.6
(2.86)
73.2
(2.88)
54.5
(2.15)
71.6
(2.82)
53.2
(2.09)
56.2
(2.21)
68.0
(2.68)
55.8
(2.20)
741.2
(29.19)
平均降水日数(≥1.0mm)10.49.39.79.610.98.26.88.27.38.58.99.8107.6
平均雪日5.53.92.51.10.00.00.00.00.00.02.04.619.6
平均相対湿度(%)84807471727065707682848676
月間平均日照時間62.689.8147.5184.2215.9250.9292.6259.0208.1134.375.355.41,975.6
可能な日照23314146475462605640272142
出典1:NOAA [32]
出典2:Infoclimat.fr(湿度)[33]


管理[編集]

コミューン[編集]

9つの地区に分割されたリヨン市の地図

Like Paris and Marseille, the commune (municipality) of Lyon is divided into a number of municipal arrondissements, each of which is identified by a number and has its own council and town hall. Five arrondissements were originally created in 1852, when three neighbouring communes (La Croix-Rousse, La Guillotière, and Vaise) were annexed by Lyon. Between 1867 and 1959, the third arrondissement (which originally covered the whole of the Left Bank of the Rhône)は3回分割され、それぞれの場合に新しい行政区が作成されました。その後、1963年に、サンランベールリルバルベのコミューンがリヨンの5区に併合されました。1年後の1964年に、5番目が分割されてリヨンの9番目、そして現在までのところ最終的な行政区が作成されました。各地区内で、認識可能な四分の一または近隣は次のとおりです。

  • 1区La Croix-RousseTerreaux、Martinière/ St-Vincentの斜面
  • 2区CordeliersBellecourAinayPerrache、Confluence、Sainte-Blandine
  • 3rd arrondissement: Guillotière (north), Préfecture, Part-Dieu, Villette, Dauphiné/Sans Souci, Montchat, Grange Blanche (north), Monplaisir (north)
  • 4th arrondissement: Plateau de la Croix-Rousse, Serin
  • 5th arrondissement: Vieux Lyon (Saint-Paul, Saint-Jean, Saint-Georges), Saint-Just, Saint-Irénée,[34] Fourvière, Point du Jour, Ménival, Battières, Champvert (south)
  • 6th arrondissement: Brotteaux, Bellecombe, Parc de la Tête d'or, Cité Internationale
  • 7th arrondissement: Guillotière (south), Jean Macé, Gerland
  • 8区:Monplaisir(南)、Bachut、ETATS-Unisに、ベントàグランドトゥル/ムーラン、グランジブランシュ(南)、ラエンネック、メルモー、Monplaisirラプレーヌ
  • 9区ヴァイズ、Duchère、Rochecardon、サンランベール・l'Îleの-バーベ、渓谷・デ・ルー、遵守、Champvert(北)

地理的には、リヨンの2つの主要な川、ソーヌ川とローヌ川は、行政区を3つのグループに分けています。

  • ソーヌ川の西側にある5区は、ヴューリヨンの旧市街、フルヴィエールの丘、そしてその向こうの高原を覆っています。9つ目はすぐ北にあり、ゴルジュドループからヴェーズを通り、隣接するエキュリ郊外のエキュリ、シャンパーニュオーモンドール、サンディディエオーモンドール、サンシルまで伸びています。 au-Mont-d'OrとCollonges-au-Mont-d'Or。
  • Presqu'îleの2つの川の間には、2番目、1番目、4番目の行政区があります。2つ目は、市内中心部のほとんど、ベルクール駅とペラッシュ駅を含み、2つの川の合流点まで到達します。1つ目は、2つ目のすぐ北にあり、市内中心部の一部(オテルドヴィルを含む)とクロワルースの斜面をカバーしています。大通りの北には、カリュイールエキュワールのコミューンとの境界まで、クロワルース高原を覆う4区があります。
  • ローヌ川の東には、3番目、6番目、7番目、8番目の行政区があります。

市長[編集]

これは19世紀の終わり以来のリヨンのコミューンの市長のリストです。

ライオンメゾン・デavocatsでディスプレイ上の、街のシンボル、
市長タームスタート期末 パーティー
アントワーヌ・ゲイルトン1881年1900年
ジャン=ヴィクトル1900年1905年10月30日PRS
エドゥアール・エリオット1905年10月30日1940年9月20日ラジカル
ジョルジュ・コヘンディ1940年9月20日1941年ヴィシーによって指名され、却下された
ジョージズ・ヴィラーズ1941年1942年ヴィシーによって指名され、却下された
ピエール・ルイ・アンドレ・ベルトラン1942年1944年ヴィシーにノミネート
ジュスタン・ゴダート1944年1945年5月18日ラジカル
エドゥアール・エリオット1945年5月18日1957年3月26日ラジカル
ピエール・モンテル、暫定1957年3月26日1957年4月14日ラジカル
ルイ・プラデル1957年4月14日1976年11月27日DVD
Armand Tapernoux、暫定1976年11月27日1976年12月5日DVD
フランシスク・コロンブ1976年12月5日1989年3月24日DVD
ミシェル・ノワール1989年3月24日1995年6月25日RPR
レイモン・バール1995年6月25日2001年3月25日DVD
ジェラール・コロン2001年3月25日2017年7月17日PS
GeorgesKépénékian2017年7月17日2018年11月5日LREM
ジェラール・コロン2018年11月5日2020年7月4日LREM
グレゴリー・ドゥセット2020年7月4日現職EELV

メトロポリス[編集]

リヨンメトロポリスとその59のコミューンの地図(リヨンのコミューンは赤で表示されています)
リヨンのメトロポリスの14の選挙区を示す地図

2015年以降、リヨンのコミューン(陸域で48 km 2(19平方マイル))と58の郊外コミューンがリヨンメトロポリス陸域で534 km 2(206平方マイル))を形成しました。ほとんどの都市問題を担当しています。リヨンのメトロポリスは、フランスで唯一、首都圏の権威である領土の集合体のフランス並みに、コミューンおよび部門そのメトロポリタン評議会は、フランスで唯一の直接選出されたメトロポリタン評議会である14の選挙区内で2020年に普通選挙によって初めて直接選出されました。

14の選挙区は次のとおりです(場所については地図を参照してください)。

  Lônesetcoteaux
  リヨンセンター(リヨンセンター)
  リヨン-エスト(リヨン-イースト)
  リヨン-ノール(リヨン-北)
  リヨン-ウエスト
  リヨン-サッド
  リヨン-サッド-エスト
  ウエスト
  高原ノール-カリュイール
  ポルトデザルプ
  Portes du Sud
  ローヌ・アモント
  ヴァル・ド・サン
  ビルールバンヌ

「リヨン」で始まる名前の6つの病棟はすべてリヨンのコミューン内にあります。ヴィルールバンヌの病棟は、同名のコミューンと境を接するあります。他のすべての7区は、各グループにさまざまな郊外のコミューンがあります。

多くの場合、さまざまなコミューンをグループ化し、リヨンのコミューンを6つの区に分割する大規模な選挙区でのリヨンのメトロポリスの分割は、「1つのコミューン、1つのメトロポリタン評議員」の規則を終了したため、郊外の市長から批判されました。メトロポリスのこの選挙区の目標は、より均一な人口規模の選挙区を作成することにより、メトロポリスの選挙を、地方の共同体の問題よりもメトロポリスの問題に集中させ、「一人一票」のルールが尊重されるようにすることでした。反対派は、それが現在大きな選挙区の一部であり、もはやそれぞれが首都圏評議会の代表を持っていない小さな郊外のコミューンの声を薄めたと言った。

メトロポリタンカウンシルの大統領[編集]

リヨンのメトロポリスのメトロポリタン評議会の2人の初代大統領は、間接的に選出されたメトロポリタン評議員によって選ばれました。2020年7月以降の現大統領は、2020年3月(第1ラウンド)と6月(第2ラウンド)の普通選挙による選挙に続いて、新しい大都市評議員によって選出されました。これは、フランスの大都市評議会の最初の直接選挙です。

メトロポリタンカウンシルの会長タームスタート期末 パーティー
ジェラール・コロン2015年1月1日2017年7月10日PS
デビッドキメルフェルド2017年7月10日2020年7月2日LREM
ブルーノ・バーナード2020年7月2日現職EELV

主な見どころ[編集]

古代[編集]

  • フルヴィエール大聖堂近くの丘の中腹にあるローマ時代の遺跡。フルヴィエールの古代劇場、リヨンオデオン、それに付随するガロロマン美術館があります。
  • 3つのゴールの円形劇場–ローマの円形劇場の遺跡。

中世とルネッサンス[編集]

  • 聖ヨハネ大聖堂、13世紀、14世紀、15世紀の建築要素を備えた中世の教会であり、市内の主要な宗教的建造物であり、リヨン大司教の座でもあります。
  • リヨンで現存する珍しいロマネスク様式のバシリカ様式の教会の1つであるサンマルタンダイナイ大聖堂
  • ÉgliseSaint-Paul、ロマネスク(12世紀と13世紀)、ゴシック(15〜16世紀)の教会。
  • ÉgliseSaint-Bonaventure、14世紀と15世紀のゴシック様式の教会。
  • ÉgliseSaint-Nizier、15世紀のゴシック様式の教会、16世紀にフィリベールデロルメによって彫られた出入り口があります。
  • ヴューリヨン(英語:オールドリヨン)エリア、町の中世とルネッサンス地区。ショップ、レストラン、石畳の通りがあります。
  • オテル・ド・ブリウドなど、オールドリヨン地区の多くのルネッサンスホテルの参加者もフィリベールデロームによって建てられました。

17世紀と18世紀[編集]

  • 市役所テロー広場の建築家によって建てられ、ジュール・アルドゥアン=マンサールロバート・デ・コット
  • リヨン美術館、バロック様式のシャペルサンピエールを含む17世紀の旧修道院にある美術館
  • Hôtel-DieudeLyon(17世紀と18世紀)、バロック様式の礼拝堂がある歴史的な病院。
  • テンプルデュチェンジ(17世紀と18世紀)、リヨンの旧証券取引所、18世紀以来のプロテスタント寺院。
  • ヨーロッパ最大の町の広場の1つであるベルクール広場
  • リヨンで最初に建てられたバロック様式の礼拝堂であり、かつてのエコール・デ・ラ・トリニテの一部であり、現在はコレージュ・リセ・アンペールであるシャペル・ド・ラ・トリニテ(1622)
  • ÉgliseSaint-Polycarpe(1665–1670)、古典教会;
  • ÉgliseSaint-Just(16世紀から18世紀)、クラシック教会。
  • サンブルーノデシャルトリュー(17世紀と18世紀)、教会、バロック建築の傑作。
  • Égliseノートルダムサンヴァンサン(18世紀)、新古典派教会。

19世紀と近代都市[編集]

  • OpéraNouvel(1831)、1993年にJeanNouvelによって改装されました
  • ガスパール・アンドレが設計したテアトル・デ・セレスタン(1877)
  • ノートルダム・ド・フルヴィエール大聖堂、フルヴィエールの丘の頂上にある19世紀の大聖堂。
  • TourmétalliquedeFourvière(1894);
  • トニー・ガルニエによって設計されたラムーシュ牛市場と食肉処理場(1914年、1928年)
  • ル・コルビュジエによって設計されたサントマリードゥラトゥーレット修道院(1960年)
  • ギヨーム・ギルバートによって設計されたサンテグジュペリ国際空港(旧サトラス空港)
  • サンティアゴカラトラバによるGaredeLyonSaint-Exupéry(1994);
  • レンゾ・ピアノとさまざまな機能のための建物のグループによって設計されたパレ・デ・コングレ・ド・リヨン(1998)
  • TourduCréditLyonnais ;
  • ツアーオキシジェン;
  • ツアーインシティ

美術館[編集]

合流博物館
  • リヨン美術館美術館)は、市内の主要な美術館であり、フランスで最大のアートギャラリーの1つです。 「パレサンピエール」、かつて17世紀の修道院に収容され、それが含むアーティスト(によって絵画の主要なコレクションを表示するティントレットパオロ・ヴェロネーゼニコラ・プッサンルーベンスレンブラントスルバランカナレットドラクロワモネゴーギャンヴァンゴッホ;セザンヌ;マティス;ピカソ;フランシスベーコン...); 彫刻、素描、版画、装飾芸術、ローマとギリシャの古物のコレクション。ルーヴル美術館に次ぐ、フランスで2番目に大きなエジプト古物コレクションそして50.000個のメダルとコインのメダルキャビネット。
  • ガロローマン博物館などのローマリヨン(Lugdunum)のサイトで見つけた多くの貴重なオブジェクトやアートワークの表示サーカスゲームモザイクコリニーカレンダーTaurobolic祭壇を
  • Centre d'histoiredelarésistanceetdeladéportation ;
  • 2014年12月20日に開館した新しい科学人類学博物館、MuséedesConfluences
  • ラ・シュクリエール、現代アートセンター。
  • Hôtel- DieudeLyonには、中世から現代までの医学の歴史と実践をたどる常設展示である「MuséedesHospicesCivils」があります。
  • リヨン織物装飾芸術博物館、装飾芸術、織物博物館。2,500,000点の作品を持つ世界最大のテキスタイルコレクションの1つを保持しています。
  • リヨン現代美術館、現代美術館。
  • MuséedeL'imprimerie、印刷博物館;
  • ヴューリヨンの歴史的建造物にあるリヨン史博物館、ガダーニュ美術館。マリオネットの大規模なコレクションも含まれています。
  • ヴューリヨンにある自動人形博物館のMuséedesAutomatesは、1991年に開館しました。
  • MuséeMiniature&Cinéma、ミニチュア映画セット、映画の小道具、特殊効果を備えた博物館。[35]

公園と庭園[編集]

テットドール公園の湖
  • リヨン中心部にあるテットドール公園、別名ゴールデンヘッドパークは、117ヘクタールのフランス最大の都市公園です。6区に位置し、夏の間ボート遊びが行われる大きな湖が特徴です。
  • テットドール公園に含まれるリヨン植物園(8ヘクタール)は、市立植物園で、平日は無料で開園しています。この庭園は、1796年にさかのぼる初期の植物園の後継として、1857年に設立され、現在はフランス最大の市立植物園と呼ばれています。
  • 市の南にあるParcde Gerland(80ヘクタール)。
  • フルヴィエールのオタール公園;
  • Parc de Miribel-ジョナージュ(2200ヘクタール);
  • Parc de Lacroix-Laval(115ヘクタール);
  • パリイ公園(178ヘクタール)。

経済[編集]

市内の中央ビジネス地区、ラパートデュー

2012年のリヨンのGDPは740億ユーロであり[36]、パリに次ぐフランスで2番目に裕福な都市となっています。リヨンとその地域ローヌアルプは、ヨーロッパで最も重要な経済の1つであり、ラフバラ大学によると、その国際的な位置に関して、フィラデルフィア、ムンバイ、またはアテネと比較することができます。リヨン市は、地域内に新しい本社をより簡単に設立できるようにするために協力して取り組んでいます(ADERLY、Chambre du commerce et d'industrieGrand Lyon ...)。バイオテクノロジー、ソフトウェア開発、ビデオゲームなどのハイテク産業(Arkane StudiosIvory TowerEden GamesEA France、バンダイナムコエンターテインメントヨーロッパ)、インターネットサービスも成長しています。その他の重要なセクターには、医学研究と技術、非営利団体、大学が含まれます。リヨンには、トップレベルのワクチン研究を行うP4-Inserm-eanMerieuxLaboratoryがあります。[37]

The city is home to the headquarters of many large companies such as Groupe SEB, Sanofi Pasteur, Renault Trucks, Norbert Dentressangle, LCL S.A., Descours & Cabaud, Merial, Point S, BioMérieux, Iveco Bus, Compagnie Nationale du Rhône, GL Events, April Group, Boiron, Feu Vert, Panzani, Babolat, Euronews, Lyon Airports, LVL Medical, and inter-governmental agencies IARCインターポール。活動のいくつかのセクターの専門化は、多くの主要なビジネスセンターの作成につながりました: 3区にあるラ・パール・デュは、パリのラ・デファンス次ぐ2番目に大きなビジネス地区であり、1,600,000 m 2(17,222,256.67平方フィート)を超えています。オフィススペースとサービスおよび55,000以上の仕事。[38] 建築家レンゾ・ピアノによって作成されたシテ・インターナショナルは、6区のテットドール公園の境界に位置しています。インターポールの世界本部はそこにあります。合流点の地区歴史的中心部の南にあるは、経済的および文化的発展の新しい極です。

観光はリヨン経済の重要な部分であり、2007年には10億ユーロ、2006年には350万泊のホテルが非居住者によって提供されています。観光客の約60%がビジネスで訪れ、残りはレジャーで訪れます。2009年1月、リヨンはホステル事業でフランスで第1位にランクされました。観光客を誘致するための最も重要な祭りがあるフェット・デ・リュミエールニュイ・ド・フルヴィエール毎年夏、ビエンナーレドールの現代美術ニュイSonores

文化[編集]

リヨン史跡
ユネスコ世界遺産
ノートルダム大聖堂-フルヴィエール大聖堂
基準文化的:(ii)(iv)
参照872
碑文1998年(第22
範囲427ヘクタール(1,060エーカー)
緩衝地帯323ヘクタール(800エーカー)

中世以来、地域の住民はフランコプロヴァンス語のいくつかの方言を話してきましたリヨンの都市の重要性が増加したとして方言をフランス語に置き換えられました。しかし、いくつかの「フランス語化された」フランコプロヴァンス語は、たとえば、小さな男の子と女の子を「ゴン」や「フェノット」と呼ぶリヨンのフランス語でも聞くことができます。[39]

  • リュミエール兄弟は、1895年に町で映画の先駆者となりましたリュミエール兄弟の家として建てられたリュミエール研究所は、それ自体が魅力的な建築物であり、最初の発明やその他の初期の映画や写真の工芸品の多くを保持しています。
  • 毎年12月8日には、中世の致命的な疫病から街を救ったとされる聖母マリアへの感謝祭典である光祭典(laFêtedeslumières)が開催されます。イベント期間中、地元の人々は窓にキャンドル(ルミニョン)を置き、リヨン市は中世のリヨンサンジャン大聖堂などの重要なリヨンのモニュメントの側面に印象的な大規模なライトショーを開催します。
  • 販売の聖フランシス教会はその大と変更されていないために有名であるCavaillé-コルの世界中から観客を集め、パイプオルガン。
  • オペラヌーヴェル(新オペラハウス)の本拠地であるリヨン国立オペラ元のオペラハウスは、1985年から1993年の間にフランスの著名な建築家ジャンヌーヴェルによって再設計され、彼にちなんで名付けられました。
  • リヨンは、非常に古い伝統である「トロンプ・ルイユ」の壁のフランスの首都でもあります。多くは街の周りで見られることになっています。この古い伝統は、現在、ギヨム・ボッタッツィの芸術などで現代的な表現を見つけています。[40] [41]
  • ヨーロッパと北アメリカで学校を運営しているローマカトリックの会衆である聖心兄弟は、 1821年にリヨンで設立されました。
  • リヨンのアフリカ博物館はリヨンに位置する最古の博物館の一つです。[42]
  • レジスタンスと国外追放の博物館は、第二次世界大戦のレジスタンス運動で著名なさまざまな個人を調べています。建物はクラウス・バルビーと強く結びついています。リヨンはそれ自体をフランスのレジスタンス運動の中心と見なしており、町の中心部にあるベルクール広場で多くのメンバーが射殺されました。展覧会は主に関係者の一連のミニ伝記です。
  • ドバイのリヨンのいくつかの地区の複製である珍しいプロジェクトリヨンドバイシティは、リヨンの観光の主要なポイントです。
  • リヨンは欧州評議会および欧州委員会の 異文化間都市プログラムのパイロット都市です

ユネスコ世界遺産[編集]

ジャロジーとマントリングはリヨンの建築の一部です。

リヨンの史跡は1998年にユネスコの世界遺産に指定されました。その指定の中で、ユネスコは「商業的および戦略的に非常に重要な場所での2千年以上にわたる都市居住の継続性に対する例外的な証言」を引用しました。[27]史跡を構成する特定の地域には、ローマ地区とフルヴィエール、ルネッサンス地区(ヴュー・リヨン)、シルク地区(クロワ・ルースの斜面)、12世紀から現代。[43]ヴュー・リヨンとクロワ・ルースの斜面はどちらも、狭い通路(トラブールと呼ばれる)で知られています。)建物を通り抜け、両側の通りをつなぐ。トラブールの最初の例は、4世紀にリヨンで建てられたと考えられています。[44]トラブールは、住民が自宅からソーヌ川に素早く到着することを可能にし、クロワ・ルースの丘のカヌーが彼らの工房から丘のふもとの繊維商人に到達することを可能にした。

美食[編集]

リヨネーズポテト

リヨンには、長く記録された料理芸術の伝統があります。著名な料理評論家のカーノンスキーは、この都市を「世界の美食の首都」と呼んでおり[45]ビル・ビュフォードなどの後の作家によって繰り返された主張です。[46]マリーブルジョア[47]ウジェニーブレイジャー[48] などの有名な3つ星ミシュランシェフは、リヨネーズ料理をフランスのエリートが好む全国的な現象に発展させました。ポール・ボキューズが後に世界的な成功に変えた伝統[49]

Bouchonのは、地元のワインと共に、そのようなソーセージ、アヒルパテまたはローストポークとしてローカル料理を提供しています伝統的なリヨンのレストランです。フランスで最も有名な2つのワイン生産地域が街の近くにあります。ボジョレー地域、南コートデュローヌ地域です。リヨンのもう1つの伝統は、地元の豚肉で作られた「マチョン」と呼ばれるブランチフードの一種で、通常はボジョレー赤ワインが添えられています。マコンは、工場でのシフトを終えた後、深夜の食事を食べた、市内の絹労働者であるカヌーの慣習的な食事でした[50]

他の伝統的な郷土料理には、coq auvinが含まれます。クネル; グラスダブル; saladeリヨネーズ(ベーコン、クルトンとポーチドエッグとレタス); ソーセージベースのロゼットリヨネーズアンドゥイユ人気の地元のお菓子には、マロングラッセクッサンドリヨンなどがあります。Cervelle de canut(文字通り「シルクワーカーの頭脳」)は、フロマージュブランをベースに、刻んだハーブ、エシャロット、塩、コショウ、オリーブオイル、酢で味付けしたチーズスプレッド/ディップです。

最近では、フランスのタコスは2000年代初頭にリヨン郊外で発明され、現在では世界的に有名です。

スポーツ[編集]

パルクオリンピックリヨネ

リヨンには、サッカークラブのオリンピックリヨン(OL)があり、その男子チームはフランスリーグ1でプレーし、2002年から2008年まで連続して7回優勝しています。[51] OLは、1998年のFIFAワールドカップの試合も開催した43,000席のStade deGerland2015年12月までプレーしました。 2016年以来、チームはデシーヌシャルピューの東部郊外にある59,000席のスタジアムであるパルクオリンピックリヨネプレーしてきました[52] OLは、ディヴィジオン1フェミニンに出場し、支配する女性チーム、オリンピックリヨンフェミニンを運営しています。彼らは14回のトップフライトチャンピオンシップ(2007年から現在)に続いており、2004年にOLに統合された女子サッカークラブであるFCリヨンの元の化身が獲得した4つのタイトルをさらに主張しています(現在のFCリヨンは2009)。OLの女性は、2016年から2020年までの最新の5つのエディションを含めUEFA女子チャンピオンズリーグで7回優勝しています。リヨンは2019FIFA女子ワールドカップ準決勝と7月7日決勝戦スタッドデリヨンで開催しました

Stade de Gerland

リヨンにはラグビーユニオンチームのリヨンOUトップ14にあり、2017〜18年にフルタイムでスタッドデガーランドに移籍しました。また、リヨンはありラグビーリーグと呼ばれる側リヨンヴィルールバンヌに果たしているフランスのラグビーリーグ優勝を。クラブの家は、ヴィルールバンヌのスタッドジョルジュリベットです。

リヨンには、フランスの全国アイスホッケーリーグに出場するアイスホッケーチームであるリヨンホッケークラブもあります。Patinoireシャルルマーニュは、クラブデスポーツ・デ・グレース・ド・リヨン、オリンピックのクラブの席でアイスダンスのチャンピオンマリナ・アニシナグウェンダル・ペーゼラ、そして世界チャンピオンイザベル・ドロベルオリヴィエShoenfelder[53]リヨン・ビルールバンヌには、アストロバレアリーナでプレーするバスケットボールチームASVELもいる

ストリートアート[編集]

2000年以来、市内のグラフィティアーティストのグループであるBirdy Kidsは、リヨン環状道路に沿っていくつかのランダムな建物や壁を飾りました。2012年には、芸術家集団がその文化大使として街を代表するために選ばれました。[54]

人口統計[編集]

リヨン本土の都市(コミューン)の人口は、2017年1月の国勢調査で516,092人でした。[10] 2011年の時点で、人口の14%がフランスメトロポリテーヌ郊外で生まれています。[55]

リヨンの人口(コミューン)
(2020年の国境内)
ポップ。±%pa
1801101,760—    
1806年114,643+ 2.41%
1821年149,611+ 1.79%
1831年182,668+ 2.02%
1836年198,683+ 1.70%
1841年206,670+ 0.79%
1846年238,466+ 2.90%
1851年259,220+ 1.68%
1856年293,743+ 2.53%
1861年320,326+ 1.75%
1866年325,219+ 0.30%
1872年324,590−0.03%
ポップ。±%pa
1876年344,513+ 1.50%
1881年378,581+ 1.90%
1886年404,172+ 1.32%
1891年440,315+ 1.73%
1896年468,311+ 1.24%
1901461,687−0.28%
1906年474,652+ 0.56%
1911年462,248−0.53%
1921年462,446+ 0.00%
1926年463,125+ 0.03%
1931年463,647+ 0.02%
1936年463,061−0.03%
ポップ。±%pa
1946年464,104+ 0.02%
1954年475,343+ 0.30%
1962年535,746+ 1.51%
1968年527,800−0.25%
1975456,716−2.05%
1982年413,095−1.42%
1990年415,487+ 0.07%
1999年445,452+ 0.78%
2007年472,330+ 0.74%
2012年496,343+ 1.00%
2017年516,092+ 0.78%
すべての数字は人口調査から来ています。1911年から1936年までの数値(含む)は、当時の市当局によって発表されたリヨンの過大評価された人口を修正するためにINSEEによって計算された修正された数値です(人口の数値を人為的に膨らませるために、数万人の偽の居住者が市当局によって追加されましたマルセイユに次ぐフランスで2番目に大きな都市であり続けます)。[56] 1906年の数字は市当局によって発表されたものであり、おそらくすでに膨らんでいるが、過大評価が10,000未満であったため、INSEEによって修正されていない。
出典:EHESS [57]およびINSEE [58]
出身国別のリヨン市の人口(2015年)[59]
国/地域人口
フランス366.647(71.4%)
アルジェリア33,463(6.5%)
ポルトガル15,467(3.0%)
チュニジア13,568(2.6%)
モロッコ8,585(1.6%)
イタリア7,823(1.5%)
七面鳥7,462(1.4%)
スペイン5,099(1.0%)
その他55,161(10.7%)

リヨン市と58の郊外自治体は、2015年以来、リヨンメトロポリスを形成しました。これは、現在ほとんどの都市問題を担当する直接選出された大都市圏であり、2017年の人口は1,385,927人です。[11]

リヨン(メトロポリス)の人口
(59のコミューン、2020年の国境内)
ポップ。±%pa
1861年418,515—    
1866年427,522+ 0.43%
1872年426,552−0.04%
1876年453,540+ 1.55%
1881年493,778+ 1.71%
1886年527,621+ 1.33%
1891年566,115+ 1.42%
1896年600,881+ 1.20%
1901608,856+ 0.26%
ポップ。±%pa
1906年627,073+ 0.59%
1911年629,931+ 0.09%
1921年659,007+ 0.45%
1926年691,446+ 0.97%
1931年743,297+ 1.46%
1936年738,220−0.14%
1946年746,062+ 0.11%
1954年790,662+ 0.73%
1962年947,569+ 2.29%
ポップ。±%pa
1968年1,077,794+ 2.17%
19751,153,402+ 0.97%
19821,138,718−0.18%
19901,166,797+0.30%
19991,199,589+0.31%
20071,263,247+0.65%
20121,324,637+0.95%
20171,385,927+0.91%
All figures come from population censuses. Figures from 1911 to 1936 (incl.) are computed using the redressed figures for the commune of Lyon calculated by INSEE to correct the overestimated population of Lyon published by the municipal authorities at the time (10,000s of false residents had been added by the municipal authorities to artificially inflate the population figures and remain the 2nd largest city of France ahead of Marseille).[56] The 1906 figure is computed using the figure for the commune of Lyon published by the municipal authorities, probably already inflated, but not corrected by INSEE because the overestimate was smaller than 10,000.

Education[edit]

Universities and tertiary education[edit]

Lumière University
Jean Moulin University
  • École Centrale de Lyon;
  • École Normale Supérieure de Lyon
  • EM Lyon (École de Management de Lyon);
  • ECE Lyon (École de Commerce Européenne de Lyon);
  • Institut d'études politiques de Lyon (Sciences Po Lyon);
  • CPE Lyon;
  • CNSMD (Conservatoire national supérieur de musique et de danse de Lyon)
  • ECAM Lyon (École Catholique d'Arts et Métiers de Lyon);
  • EPITECH;
  • EPITA;
  • ENTPE (École Nationale des Travaux Publiques de l'État);
  • ESME-Sudria;
  • École des Beaux-Arts;
  • E-Artsup;
  • INSA Lyon (Institut National des Sciences Appliquées de Lyon);
  • Polytech Lyon;
  • Institut supérieur européen de gestion group;
  • ISARA (Institut Supérieur d'Agriculture Rhône Alpes);
  • Institution des Chartreux;
  • Institut polytechnique des sciences avancées;
  • Université Claude Bernard (Lyon 1);
  • Université Lumière (Lyon 2);
  • Université Jean Moulin (Lyon 3);
  • IAE (Institut d'Administration des Entreprises de Lyon);
  • Institut Sup'Biotech de Paris;
  • Catholic University of Lyon;
  • ESDES Business School;
  • IDRAC (International School of Management);
  • Wesford Graduate Business School;
  • IFAG (Business Management School);
  • Institut supérieur européen de formation par l'action;
  • Le Lycée du Parc;
  • La Martiniere Lyon;
  • Web@cademie;
  • CEESO (Centre Européen d'Enseignement Supérieur de l'Ostéopathie);
  • Bellecour, Ecoles D'Arts.
IPSA Lyon Campus

Primary and secondary schools[edit]

There are some international private schools in the Lyon area, including:

  • Cité Scolaire Internationale de Lyon or the Lycée de Gerland;
    • Includes the Section Japonaises (リヨン・ジェルラン補習授業校 Riyon Jeruran Hoshū Jugyō Kō "Lyon Gerland Japanese Supplementary School"), which the Japanese Ministry of Education (MEXT) counts as a part-time Japanese supplementary school[60]
  • Ombrosa;
  • International School of Lyon in nearby Sainte-Foy-lès-Lyon;
  • Montessori School of Lyon.

Supplementary education[edit]

Other Japanese supplementary schools:

  • The Association Pour le Developpement de la Langue et de la Culture Japonaises (ADLCJ; リヨン補習授業校 Riyon Hoshū Jugyō Kō) is held in the Maison Berty Albrecht in Villeurbanne, near Lyon.[60] It was formed in 1987.[61] It serves Japanese expatriate children who wish to continue their Japanese education whilst abroad.

Transport[edit]

Network of highways around Lyon

Lyon–Saint-Exupéry Airport, located east of Lyon, serves as a base for domestic and international flights. It is a key transport facility for the entire Rhône-Alpes region, with coach links to other cities in the area. The in-house train station Gare de Lyon Saint-Exupéry connects the airport to the nationwide TGV network. The Rhônexpress tram monopoly links the airport with the business quarter of La Part Dieu in less than 30 minutes, and offers connections with Underground A & B, Tramway T1, T3 & T4, and bus lines. Lyon public transport Sytral offers a bus service, Route 47, that links the airport to Meyzieu[62] where passengers can change onto Tram T3. The regular price of public transport is €1.90, as opposed to €15 one way for the Rhonexpress. In the suburb of Bron, the smaller Lyon-Bron Airport provides an alternative for domestic aviation.

Lyon has two major railway stations: Lyon Part-Dieu, which was built to accommodate the TGV, and Lyon Perrache, an older station that now provides mostly regional service. Smaller railway stations include Gorge-de-Loup, Vaise, Vénissieux, Saint-Paul and Jean Macé. Lyon was the first city to be connected to Paris by the TGV in 1981. Since that time the TGV train network has expanded and links Lyon directly to Perpignan, Toulouse, Nice, Marseille, Strasbourg, Nantes and Lille. International trains operate directly to Madrid, Barcelona, Milan, Turin, Geneva, Frankfurt, Luxembourg, Brussels and London.

The city is at the heart of a dense road network and is located at the meeting point of several highways: A6 to Paris, A7 Marseille, A42 to Geneva, and A43 to Grenoble. The city is now bypassed by the A46. A double motorway tunnel passes under Fourvière, connecting the A6 and the A7 autoroutes, both forming the "Autoroute du Soleil".

Lyon is served by the Eurolines intercity coach organisation. Its Lyon terminal is located at the city's Perrache railway station, which serves as an intermodal transportation hub for tramways, local and regional trains and buses, the terminus of Metro line A, of the Tramway T2, the bicycle service Vélo'v, and taxis.

Public transport map

The Transports en commun lyonnais (TCL), Lyon's public transit system, consisting of metro, tramways and buses, serves 62 communes of the Lyon metropolis. The metro network has four lines ( A   B   C   D ), 42 stations, and runs with a frequency of up to a train every 2 minutes. There are seven Lyon tram lines ( T1  T2  T3  T4  T5) since April 2009: T1 from Debourg in the south to IUT-Feyssine in the north, Tram T2 from Perrache railway station to Saint-Priest in the south-east, Tram T3 from Part-Dieu to Meyzieu, Tram T4 from 'Hôptial Feyzin Venissieux' to Gaston Berger. Tram T5 from Grange Blanche, in the south-east to Eurexpo in the south-west. Tram T6 from Debourg, in the south to Hôpitaux Est-Pinel in the east. Tram T7 from Vaux-en-Velin la soie, in the north-east to Décines – OL Vallée in the east. The Lyon bus network consists of the Lyon trolleybus system, motorbuses, and coaches for areas outside the centre. There are also two funicular lines from Vieux Lyon to Saint-Just and Fourvière. The ticketing system is relatively simple as the city has only one public transport operator, the SYTRAL.

The public transit system has been complemented since 2005 by Vélo'v, a bicycle network providing a low-cost service where bicycles can be hired and returned at any of 340 stations throughout the city. Borrowing a bicycle for less than 30 minutes is free. Free rental time can be extended for another 30 minutes at any station. Lyon was the first city in France to introduce this bicycle renting system. In 2011 the Auto'lib car rental service was introduced; it works much the same way as the Velo'v but for cars.

The average amount of time people spend commuting with public transit in Lyon on a weekday is 45 minutes. The average amount of time people wait at a stop or station for public transit is 11 min, while 17% of riders wait for over 20 minutes on average every day. The average distance people usually ride in a single trip with public transit is 4.7 km, while 4% travel for over 12 km in a single direction.[63]

International relations[edit]

Lyon is a pilot city of the Council of Europe and the European Commission "Intercultural cities" program.[64] Lyon is twinned with:[65]

  • Addis Ababa, Ethiopia
  • Bamako, Mali
  • Barcelona, Spain
  • Beersheba, Israel
  • Birmingham, England, United Kingdom
  • Boston, United States
  • Frankfurt, Germany, since 1960
  • Gothenburg, Sweden
  • Guangzhou, China, since 1988
  • Haute Matsiatra, Madagascar
  • Ho Chi Minh City, Vietnam, since 1997
  • Jericho, Palestine
  • Leipzig, Germany, since 1981
  • Łódź, Poland, since 1991
  • Milan, Italy, since 1966
  • Montreal, Canada, since 1979
  • Oran, Algeria
  • Ouagadougou, Burkina Faso
  • Porto-Novo, Benin
  • Rabat, Morocco
  • St. Louis, United States[66]
  • Sétif, Algeria
  • Tinca, Romania
  • Turin, Italy
  • Yerevan, Armenia, since 1992
  • Yokohama, Japan, since 1959
  • Craiova, Romania

See also[edit]

  • Gallia Lugdunensis
  • List of movies set in Lyon
  • List of people from Lyon
  • List of streets and squares in Lyon
  • Mères of France
  • Old maps of Lyon, Historic cities site, The National Library of Israel

Notes[edit]

  1. ^ A war cry from 1269, spelt in modern Franco-Provençal as Avant, Avant, Liyon lo mèlyor.
  2. ^ Quote from a letter of Cicero to Lucius Munatius Plancus, founder of the city.[1]
  3. ^ Traditionally spelled in English Lyons and in this case alternatively pronounced /ˈlaɪənz/.[8][9]

References[edit]

  1. ^ "Cicero". Epistulae ad familiares, X.3. Retrieved 2 January 2020.
  2. ^ "Populations légales 2018". INSEE. 28 December 2020.
  3. ^ "Unité urbaine 2010 de Lyon (00758)". INSEE. Retrieved 24 September 2020.
  4. ^ a b "Aire urbaine 2010 de Lyon (002)". INSEE. Retrieved 24 September 2020.
  5. ^ Wells, John C. (2008). Longman Pronunciation Dictionary (3rd ed.). Longman. ISBN 978-1-4058-8118-0.
  6. ^ "Lyons". Oxford Dictionaries UK Dictionary. Oxford University Press. Retrieved 19 August 2014.
  7. ^ Jones, Daniel (2011). Roach, Peter; Setter, Jane; Esling, John (eds.). Cambridge English Pronouncing Dictionary (18th ed.). Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-15255-6.
  8. ^ a b "Lyon". Merriam-Webster Dictionary. Retrieved 8 August 2018.
  9. ^ "Lyons". Collins English Dictionary. HarperCollins. Retrieved 8 August 2018.
  10. ^ a b Téléchargement du fichier d'ensemble des populations légales en 2017, INSEE
  11. ^ a b "Intercommunalité-Métropole de Métropole de Lyon (200046977)". INSEE. Retrieved 13 October 2020.
  12. ^ "Lyon entrepreneurship, Lyon company, Invest Lyon – Greater Lyon". Business.greaterlyon.com. Archived from the original on 8 March 2010. Retrieved 3 April 2011.
  13. ^ "GaWC - The World According to GaWC 2018". www.lboro.ac.uk.
  14. ^ "Quality of Living City Ranking | Mercer". mobilityexchange.mercer.com.
  15. ^ Cassius Dio, Roman History, Book 46: Lepidus and Lucius Plancus [...] founded the town called Lugudunum, now known as Lugdunum
  16. ^ Louis, Jaucourt de chevalier (1765). Lyon. hdl:2027/spo.did2222.0000.159.
  17. ^ Lugduno – desiderato monte: dunum enim montem Lugduno: "mountain of yearning"; dunum of course is mountain. www.maryjones.us/ctexts/endlicher_glossary.html
  18. ^ Patrick Boucheron, et al., eds. France in the World: A New Global History (2019) pp 63-68.
  19. ^ "Saint Irenaeus". Sanctoral.com. Magnificat.
  20. ^ "2847-Primat des Gaules". France-catholique.fr. 13 September 2002.
  21. ^ Braudel 1984 p. 327
  22. ^ Pierre Edmond DESVIGNES. "Quartier renaissance Lyon : Vieux Lyon, quartier ancien et secteur sauvegarde Lyon". Vieux-lyon.org. Retrieved 3 April 2011.
  23. ^ "CHRD Lyon". Chrd.lyon.fr. 2017.
  24. ^ Cosgrove, Michael (4 June 2009). "Lyon: The Resistance and Deportation Museum". Digitaljournal.com.
  25. ^ (in French) Georges Duby (ed), Histoire de la France : Dynasties et révolutions, de 1348 à 1852 (vol. 2), Larousse, 1999 p. 53 ISBN 2-03-505047-2
  26. ^ "Lyon, France: Local Transport". Lonely Planet. Retrieved 2 February 2017.
  27. ^ a b "Historic Site of Lyon". unesco.org. UNESCO World Heritage Centre. Retrieved 31 July 2015.
  28. ^ Gregory, Stanley. “Climatic Classification and Climatic Change (Klimaklassifikation Und Klimaänderung).” Erdkunde, vol. 8, no. 4, 1954, pp. 246–252. JSTOR.
  29. ^ "Données climatiques de la station de Lyon: Relevés de 2016 – Lyon" (in French). Meteo France. Retrieved 2 October 2016.
  30. ^ "Climatological Information for Lille, France". Meteo France. 14 February 2019.
  31. ^ "Lyon-Bron (69)" (PDF). Fiche Climatologique: Statistiques 1981–2010 et records (in French). Meteo France. Retrieved 14 February 2019.
  32. ^ "Lyon–Bron (07480) - WMO Weather Station". NOAA. Retrieved 8 February 2019. Archived February 8, 2019, at the Wayback Machine
  33. ^ "Normes et records 1961–1990: Lyon-Bron (69) – altitude 198m" (in French). Infoclimat. Archived from the original on 3 March 2016. Retrieved 8 February 2019.
  34. ^ "St-Irénée – France". sacred-destinations.com.
  35. ^ "Discover the Musée Miniature et Cinéma in Lyon | Unique in Europe". Musée Miniature et Cinéma.
  36. ^ www.lyon-business.org. "Chiffres-clés Lyon & sa région" (PDF) (in French). Archived from the original (PDF) on 18 November 2017. Retrieved 18 May 2010.
  37. ^ "Le laboratoire P4, ménagerie virale". Le Monde. France. Archived from the original on 6 June 2009. Retrieved 8 July 2009.
  38. ^ "Official site of Lyon". Grandlyon.com. Archived from the original on 24 April 2010. Retrieved 3 April 2011.
  39. ^ Jean-Baptiste Onofrio : Essai d'un glossaire des patois de Lyonnais, Forez et Beaujolais, Lyon 1864
  40. ^ "Pierre Alain Muet Archives 2008". Pa-muet.com. 17 June 2008. Archived from the original on 24 January 2010. Retrieved 25 January 2010.
  41. ^ "Bottazzi fait le mur". Brefonline.Com. Archived from the original on 25 November 2007. Retrieved 5 February 2009.
  42. ^ "The African Museum of Lyon Website". Musee-africain-lyon.org. Archived from the original on 19 February 2009. Retrieved 5 February 2009.
  43. ^ UNESCO World Heritage Site Archived 18 July 2011 at the Wayback Machine. City of Lyon official website. Retrieved 26 November 2009.
  44. ^ Perret, Aurelie. "Les traboules de Lyon". histoire-pour-tous.fr. SF Webmedia. Retrieved 31 July 2015.
  45. ^ Curnonsky, Marcel E. Grancher (1935). Lyon, capitale mondiale de la gastronomie. Editions Lugdunum. Retrieved 30 July 2015.
  46. ^ Buford, Bill (12 February 2011). "Why Lyon is food capital of the world". The Guardian. Retrieved 11 December 2014.
  47. ^ "Priay Il y a 80 ans " La mère Bourgeois " obtenait 3 étoiles". leprogres.fr. Le Progres. Retrieved 30 July 2015.
  48. ^ "Histoire de la gastronomie 2/4". franceculture.fr. Radio France. Archived from the original on 5 June 2012. Retrieved 30 July 2015.
  49. ^ Gaudry, François-Régis. "Paul Bocuse: derniers secrets du "pape" de la gastronomie française". lexpress.fr. Groupe Express-Roularta. Retrieved 30 July 2015.
  50. ^ "Cuisine et boissons Lyon et ses environs". routard.com. Cyberterre / Hachette tourisme. Retrieved 30 July 2015.
  51. ^ "Avant d'être une compétition, le Trophée des champions est une vitrine pour la Ligue 1". webfootballclub.fr. Web Football Club. Archived from the original on 31 July 2015. Retrieved 31 July 2015.
  52. ^ Joly, Maxime. "Le Grand Stade de Lyon pourrait rapporter 70 millions d'euros par an à l'OL". lefigaro.fr. Le Figaro. Retrieved 31 July 2015.
  53. ^ "Lyon 2e : 60 ans de sport de glace". leprogres.fr. Le Progres. Retrieved 31 July 2015.
  54. ^ "Birdy Kids – cultural ambassador of Lyon". lyon.fr. Archived from the original on 5 March 2016.
  55. ^ "Le nouveau profil de la population active immigrée". Institut national de la statistique et des études économiques.
  56. ^ a b "La population de Lyon à travers un quart de siècle de recensements douteux (1911-1936)". Revue de géographie de Lyon. p. 80. Retrieved 16 October 2020.
  57. ^ Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui: Commune data sheet Lyon, EHESS. (in French)
  58. ^ Population en historique depuis 1968, INSEE
  59. ^ "insee.fr › Statistiques Résultats Web Étrangers - Immigrés en 2015 − Unité urbaine 2010 de Lyon (00758)".
  60. ^ a b "欧州の補習授業校一覧(平成25年4月15日現在)" (Archive). Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). Retrieved on 10 May 2014. Cite Scolaire: "Cité Scolaire Internationale, 2 place de Montréal,69361 LYON CEDEX 07 FRANCE" and Lyon: "Maison Berty Albrecht 14, Place Grandclement, 69100 Viueurbanne, FRANCE"
  61. ^ Home page. Association Pour le Developpement de la Langue et de la Culture Japonaises. Retrieved on 12 May 2006.
  62. ^ "Bus 47 - Meyzieu ZI - Aéroport St Exupéry - St-Laurent de Maréchal Juin | TCL". www.tcl.fr. Retrieved 10 March 2020.
  63. ^ "Lyon Public Transportation Statistics". Global Public Transit Index by Moovit. Retrieved 19 June 2017. Material was copied from this source, which is available under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
  64. ^ Council of Europe (2011). "Intercultural city: Lyon, France". coe.int. Retrieved 22 May 2011.
  65. ^ "Jumelage". economie.grandlyon.com (in French). Grand Lyon économie. Retrieved 14 November 2019.
  66. ^ "World Trade Center Saint Louis". worldtradecenter-stl.com. World Trade Center Saint Louis. Retrieved 18 May 2020.

External links[edit]

  • Official website(in French)
  • Visit Lyon, the official website for tourism in France
  • Lyon Tourist Office and Convention Bureau
  • Lyon’s English Language News and Information