This is a good article. Click here for more information.
Page extended-protected

ナチスドイツ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

座標52°31'N13 °24'E / 52.517°N 13.400°E / 52.517; 13.400

ドイツ帝国
(1933–1943)
ドイツ帝国

大ゲルマン帝国(1943–1945)GroßdeutschesReich


1933〜1945
Flag of Nazi Germany

(1935–1945)
Emblem (1935–1945) of Nazi Germany
エンブレム
(1935–1945)
アンセム: 
Das Lied der Deutschen
(「ドイツ人の歌」)

Horst-Wessel-Lied [a]
( "The Horst Wessel Song")
Greater German Reich (1942).svg
その最大のドイツの領土制御時に限り、第二次世界大戦(後半1942):
  •   ドイツ帝国[b]
  •   民間人が管理する占領地
  •   軍事管理された占領地
資本
そして最大の都市
ベルリン52°31'N13 °23'E
 / 52.517°N 13.383°E / 52.517; 13.383
共通言語ドイツ人
宗教
[1]
住民の呼称ドイツ人
政府 全体主義独裁政権下の単一ナチ 一党 ファシスト国家
国家元首 
•1933〜1934
パウル・フォン・ヒンデンブルク[c]
•1934–1945
アドルフ・ヒトラー[d]
•1945年
カール・デーニッツ[c]
首相 
•1933〜1945
アドルフ・ヒトラー
•1945年
ヨーゼフ・ゲッベルス
•1945年
LGSフォンクロシグク
立法府国会議事堂
ライヒ参議院(1934年解散)
歴史的時代戦間期 •第二次世界大戦
1933年1月30日
1933年3月23日
1938年3月12日
1939年9月1日
1945年4月30日
• 降伏
1945年5月8日
1945年5月23日
範囲
1939 [e]633,786 km 2(244,706平方マイル)
1940 [2] [b]823,505 km 2(317,957平方マイル)
人口
•  1939 [3]
79,375,281
•1940 [2] [b]
109,518,183
通貨ライヒスマルク(ℛℳ)
前任者
成功
ワイマール共和国
オーストリア連邦州
東ドイツ
西ドイツ
オーストリア

ナチドイツ[F]公式として知られているドイツ帝国[G] 1943までと大ドイツ帝国[H] 1943年から1945年までであったが、ドイツの状態1933年から1945年の間にヒトラーナチ党は、彼らの国を制御します独裁者に変身。ヒトラーの支配下で、ドイツはすぐに全体主義国家になり、生活のほぼすべての側面が政府によって管理されました。第三帝国[i]はナチスドイツが先に後継者であったことをナチスうぬぼれに言及した「第三のレルム」または「第三帝国」を、意味神聖ローマ帝国(800–1806)とドイツ帝国(1871–1918)。ヒトラーとナチスはと呼ばれる第三帝国、千年帝国[4] [j]はとき、ちょうど12年後の1945年5月に終わった連合国は、ドイツを破ったヨーロッパにおける第二次世界大戦が終了します

1933年1月30日に、ヒトラーが任命されたドイツの首相政府の頭をすることによって、代表取締役社長ワイマール共和国パウル・フォン・ヒンデンブルク国家の頭。その後、ナチ党はすべての政治的反対を排除し、その権力を強化し始めました。ヒンデンブルクは1934年8月2日に亡くなり、ヒトラーは総統官邸と総統官邸の役職と権力を統合することでドイツの独裁者になりました。1934年8月19日に行われた国民投票でヒトラーが唯一の総統であることが確認された(リーダー)ドイツの。すべての権力はヒトラーの人に集中し、彼の言葉は最高の法則になりました。政府は調整された協力機関ではなく、権力とヒトラーの支持を求めて奮闘している派閥の集まりでした。大恐慌の真っ只中に、ナチスは経済の安定を回復し、多額の軍事費と混合経済を使用して大量失業を終わらせました赤字支出を使用して、政権は大規模な秘密の再軍備プログラムアウトバーン(高速道路)の建設を含む大規模な公共事業の建設に着手しました。経済の安定への復帰は政権の人気を後押ししました。

人種差別ナチスの優生学、そして特に反ユダヤ主義は、政権の中心的なイデオロギー的特徴でした。ゲルマン民族があることをナチスによって考えられたマスターレースの最も純粋な枝アーリア人のレースユダヤ人ロマ人の差別と迫害は、権力の掌握後に本格的に始まりました。最初の強制収容所は1933年3月に設立されました。望ましくないと見なされたユダヤ人やその他の人々は投獄され、自由主義者社会主義者共産主義者は殺害、投獄、または追放されました。キリスト教の教会と市民ヒトラーの支配に反対し、抑圧され、多くの指導者が投獄された。教育は、人種生物学、人口政策、および兵役への適合性に焦点を合わせました。女性のキャリアと教育の機会が削減されました。レクリエーションと観光は歓喜力行団プログラムを通じて組織され1936年の夏季オリンピックは国際舞台でドイツを紹介しました。プロパガンダ大臣の ヨーゼフ・ゲッベルスは、映画、大衆集会、ヒトラーの催眠術の演説を効果的に利用して世論に影響を与えました。政府は芸術的表現を管理し、特定の芸術形態を促進し、他者を禁止または落胆させました。

1930年代の後半から、ナチスドイツはますます攻撃的な領土要求を行い、これらが満たされない場合は戦争を脅かしました。ザールランドは、 1935年にドイツ復帰を国民投票で投票し、1936年にヒトラーはに軍隊を送ったラインラント一次世界大戦ドイツが押収された後に非武装されていた、オーストリアアンシュルス1938の、と要求し、受け取ったズデーテン地方のチェコスロバキアの領域にその同じ年に。 1939年3月には、スロバキアの状態が宣言さとなったクライアントの状態ドイツの、そしてドイツボヘミアとモラヴィアの保護領は、占有の残りの部分に設立されましたチェコの土地。その直後、ドイツはリトアニアメメル地方譲歩するよう圧力をかけた。ドイツが署名した不可侵条約をソ連ポーランドを侵略立ち上げ、1939年9月1日にヨーロッパで第二次世界大戦を。 1941年初頭までに、枢軸国のドイツとそのヨーロッパの同盟国はヨーロッパの大部分を支配していました。国家弁務官統治区の拡張事務所がナチス征服地域を支配し、ポーランドの残りの地域にドイツ政府が設立されました。ドイツは、占領地と同盟国の両方の原材料と労働力を利用しました。

ジェノサイド大量殺戮は政権の特徴となった。 1939年以降、精神障害または身体障害を持つ数十万人のドイツ市民が病院や亡命先で殺害されましたアインザッツグルッペン準軍組織の死の部隊は、占領地内のドイツ軍に同行し、数百万人のユダヤ人やその他のホロコーストの犠牲者を大量殺戮しました。 1941年以降、他の何百万人もの人々がナチスの強制収容所絶滅収容所で投獄、死刑、または殺害されました。この大量虐殺はホロコーストとして知られています。

一方でドイツの侵攻1941年にソ連のが最初に成功した、ソ連の復活とのエントリー米国の戦争にはないことを意味国防軍(ドイツ軍)が1943年に東部戦線での主導権を失い、後半に1944年でした1939年以前の国境に押し戻された。ドイツの大規模な空爆は1944年にエスカレートし、枢軸国は東ヨーロッパと南ヨーロッパに追いやられました。連合国がフランス侵攻した、ドイツは東からソビエト連邦と他の連合国に征服されました。ヒトラーが敗北を認めることを拒否したことで、ドイツのインフラが大規模に破壊され、戦争の終わりの数か月で追加の戦争関連の死者が出ました。勝利した連合国は非ナチ化の政策を開始し、生き残ったナチスの指導者の多くをニュルンベルク裁判で戦争犯罪の裁判にかけました

名前

ナチス時代のドイツ国家の一般的な英語の用語は、「ナチスドイツ」と「第三帝国」です。後者は、ナチスのプロパガンダ用語であるDrittes Reichの翻訳であり、Arthur Moeller van denBruckによる1923年の本であるDasDritteReichで最初に使用されましたこの本は、神聖ローマ帝国(962–1806)を最初の帝国としてドイツ帝国(1871–1918)を2番目の帝国として数えました[5]

バックグラウンド

ドイツとして知られていたワイマール共和国だった1933年に年間1919中に共和国との半大統領制。ワイマール共和国は、以下を含む多くの問題、直面したハイパーインフレ、(左右のウイング準軍組織からの暴力を含む)政治的過激主義、との論争の関係連合軍の勝利第一次世界大戦、そして分割政党による連立政権の失敗のシリーズを。[6]第一次世界大戦が終わった後、ドイツ経済への深刻な後退が始まりました。これは、1919年のヴェルサイユ条約の下で必要とされた賠償金の支払いも一因です。。政府は支払いを行い、国の戦争賠償を返済するためにお金を印刷しましたが、結果として生じたハイパーインフレーションは、消費財の価格の高騰、経済の混乱、および食糧暴動につながりました。[7]政府が1923年1月に賠償金の支払いを怠ったとき、フランス軍ルール地方沿いのドイツの工業地帯を占領し、広範囲にわたる市民の不安が続いた。[8]

国家社会主義ドイツ労働者党NationalsozialistischeドイツArbeiterpartei一般ナチ党として知られている)、それは名前を変更したの後継者だった1920年に設立されたドイツ労働者党に形成され1年前(DAP)、およびいくつかの1その後、ドイツで活動する正しい政党。[9]ナチ党プラットフォームはワイマール共和国、ヴェルサイユ条約、ラジカルの用語の拒絶反応の破壊含まユダヤ、および抗ボルシェヴィズムを[10]彼らは強力な中央政府を約束し、生存圏を増やした(「生活空間」)ゲルマン人、人種に基づく国民共同体の形成、市民権と公民権を剥奪されるユダヤ人の積極的な抑圧による人種浄化[11]ナチスは、民族至上主義運動に基づいた国家的および文化的刷新を提案した[12]党、特にその準軍事組織である突撃隊(SA; Storm Detachment)、またはブラウンシャツは、彼らの政治的立場を前進させるために物理的暴力を使用し、ライバル組織の会合を混乱させ、彼らのメンバーと路上でユダヤ人を攻撃した。[13]そのような極右武装グループはバイエルンで一般的でした、そしてグスタフ・リッター・フォン・カールの同情的な極右政府によって容認されました[14]

1929年10月24日に米国の株式市場が暴落したとき、ドイツでの影響は悲惨でした。[15]数百万人が仕事から追い出され、いくつかの主要銀行が崩壊した。ヒトラーとナチスは、彼らの党の支持を得るために緊急事態を利用する準備をしました。彼らは経済を強化し、仕事を提供することを約束しました。[16]多くの有権者は、ナチ党が秩序を回復し、市民の不安を鎮め、ドイツの国際的な評判を向上させることができると判断した。1932年連邦選挙後、党は国会議事堂最大であり、230議席を保持し、人気投票の37.4パーセントを占めました。[17]

歴史

アドルフ・ヒトラー、1934年総統とライヒスカンツラーの称号でドイツの元首になりました

ナチスの権力の掌握

ナチスは1932年の2回の国会議事堂総選挙で人気投票の最大のシェアを獲得しましたが、過半数を獲得していませんでした。したがって、ヒトラーは、ドイツ国家人民党と結成された短命の連立政権を率いた[18]政治家、実業家、経済界からの圧力を受けて、パウル・フォン・ヒンデンブルク大統領は1933年1月30日にヒトラーをドイツ首相に任命した。この出来事はマッハターグレイフン(「権力の掌握」)として知られている[19]

1933年2月27日の夜、国会議事堂が発砲しましたオランダの共産主義者であるマリヌス・ファン・デル・ルベは、炎上を開始した罪で有罪判決を受けました。ヒトラーは、放火が共産主義者の蜂起の始まりを示したと宣言した。ドイツ国会議事堂放火事件令1933年2月28日に課せられたが、アセンブリの権利と報道の自由を含め、ほとんどの市民的自由を取り消し。法令はまた、警察が起訴なしに人々を無期限に拘留することを許可した。法案は、この法案に対する国民の支持につながる宣伝キャンペーンを伴っていた。 SAによる共産党の暴力的な抑圧が全国的に行われ、ドイツ共産党の4,000人のメンバーが逮捕された。[20]

1933年3月ワイマール憲法の改正である全権委任法が444対94の投票で国会議事堂で可決されました。[21]この改正により、ヒットラーとその内閣は、憲法に違反する法律でさえも、大統領または国会議事堂の同意。[22]法案の可決には3分の2の過半数が必要だったため、ナチスは脅迫戦術とドイツ国会議事堂放火令の規定を使用して、社会民主党の議員名が出席しないようにし、共産党員はすでに禁止されていた。[23] [24] 5月10日、政府は社会民主党の資産を押収し、6月22日に禁止された。[25]6月21日、SAは、ドイツ国家人民党(以前の連立パートナー)の事務所を襲撃し、6月29日に解散しました。残りの主要な政党もそれに続いた。 1933年7月14日、ドイツはナチス党をドイツで唯一の合法政党とすることを命じる法律が可決され一党制国家になりました。新しい政党の設立も違法にされ、まだ解散されていない残りのすべての政党は禁止された。[26]全権委任法は、その後、ナチスが確立した独裁政権の法的基盤として機能する。[27] 1933年11月1936年、および1938年のさらなる選挙ナチスの支配下にあり、党員と少数の無所属議員のみが選出された。[28]

ドイツのナジフィケーション

A colour-coded map of Germany in the early 1930s showing the individual German states and independent cities. The largest states of Prussia and Bavaria are coloured in light grey and light blue respectively.
一方で、伝統的なドイツの州が正式に(除く廃止されていなかったリューベックを 1937年)、彼らの憲法上の権利と主権が侵食され、最終的に終了しました。ヒトラーが権力を握ったとき、プロイセンはすでに連邦政府の管理下にあり、プロセスのモデルを提供していました。

ヒトラー内閣は、ドイツ国会議事堂放火令とその後の全権委任法の条件を使用して、生活のあらゆる側面を党の管理下に置く強制的同一化(「調整」)のプロセスを開始しました[29]選出されたナチス政府またはナチス主導の連合によって支配されていない個々の州は、州を中央政府の政策に一致させるために帝国コミッサールの任命に同意することを余儀なくされた。これらのコミッサールには、地方政府、州議会、公務員、および裁判官を任命および解任する権限がありました。このようにして、ドイツは事実上の 単一国家となり、すべての州政府はナチスの下で中央政府によって管理されました。[30] [31]州議会とライヒ参議院(連邦参議院)は1934年1月に廃止され[32]、すべての州の権力が中央政府に移管された。 [31]

農業グループ、ボランティア組織、スポーツクラブを含むすべての民間組織は、彼らのリーダーシップをナチスの支持者または党員に置き換えました。これらの市民組織は、ナチ党と合併するか、解散に直面しました。[33]ナチス政府は、1933年5月の「国民労働の日」を宣言し、多くの労働組合代表をベルリンに祝賀会に招待した。翌日、SA突撃大隊は全国の組合事務所を取り壊した。すべての労働組合は解散を余儀なくされ、その指導者は逮捕された。[34]プロフェッショナル公務員の回復のための法律、4月に可決され、ユダヤ人であるか、党への関与が疑わしいすべての教師、教授、裁判官、治安判事、および政府高官を職から外した。[35]これは、ナチスの支配下にない唯一の非政治的制度が教会であったことを意味した。[36]

ナチス政権は、黒、赤、金の三色旗を含むワイマール共和国のシンボルを廃止し、再加工されたシンボリズムを採用しました。以前の帝国の黒、白、赤のトリコロールは、ドイツの2つの公式旗の1つとして復元されました。 2つ目は、1935年に唯一の国旗となったナチス党の卍旗でした。党国歌「Horst-Wessel-Lied」(「Horst Wessel Song」)は、2番目の国歌になりました。[37]

600万人が失業しており、貿易赤字バランスが厳しかったため、ドイツは依然として悲惨な経済状況にありました[38]赤字支出を使用して、1934年から公共事業プロジェクトが実施され、その年の終わりだけで170万人の新規雇用が創出された。[38]平均賃金は上昇し始めた。[39]

権力の統合

SAの指導部は、より大きな政治的および軍事的権力を求めて圧力をかけ続けた。それに応じて、ヒトラーはシュッツスタッフェル(SS)とゲシュタポ使用してSAのリーダーシップ全体を一掃しました。[40]ヒトラーは、SA突撃隊幕僚(参謀長)のエルンスト・レームと他のSA指導者を標的とし、ヒトラーの多くの政治的敵対者(グレゴール・シュトラッサーや元首相のクルト・フォン・シュライヒャーなど)とともに逮捕され、射殺された。[41] 1934年6月30日から7月2日まで、長いナイフの夜として知られるようになった事件で、最大200人が殺害された[42]

1934年8月2日、ヒンデンブルクは亡くなりました。前日、内閣は「帝国最高国家庁に関する法律」を制定し、ヒンデンブルクの死後、大統領府は廃止され、その権限は首相の権限と統合されると述べた。[43]ヒトラーはこうして国家元首および政府の長になり、正式には総統とライヒスカンツラー(「首相兼首相」)と名付けられたが、最終的にライヒスカンツラー辞任した。[44]ドイツは現在、ヒトラーを先頭にした全体主義国家であった。[45]国家元首として、ヒトラーは軍の最高司令官になった。新しい法律は、軍人に変更された忠誠の誓いを提供しました。最高司令官や国家の役職ではなく、個人的にヒトラーへの忠誠を確認した[46] 8月19日、大統領と首相の合併は、国民投票で有権者の90パーセントによって承認された[47]

A black and white photo of a man wearing a suit and tie. His body is facing to the left while his head is turned towards the right.
ヨーゼフ・ゲッベルス、国民啓蒙宣伝大臣

ほとんどのドイツ人は、ワイマール時代の紛争と街頭戦闘が終わったことに安心しました。彼らは、ヴェルサイユ条約の制約を受けることなく、統一されたマルクス主義のない国ですべての人に平和と豊かさを約束した国民啓蒙大臣とプロパガンダのヨーゼフ・ゲッベルスによって組織されたプロパガンダに殺到しました。[48]ナチ党は、最初の革命活動を通じて、次に法的メカニズムの操作、警察権の使用を通じて、そして州および連邦機関の支配権を握ることによって権力を獲得し、合法化した。[49] [50]当初は政治犯のための最初の主要なナチス強制収容所が1933年ダッハウ開かれた。[51]戦争の終わりまでに、さまざまなサイズと機能の何百ものキャンプが作られました。[52]

1933年4月から、ユダヤ人の地位とその権利を定義する多数の措置が講じられました。[53]これらの措置は、1935年ニュルンベルク法の制定に至り、基本的権利を剥奪した。[54]ナチスはユダヤ人から彼らの富、非ユダヤ人との結婚の権利、そして多くの労働分野(法律、医学、教育など)を占める権利を奪うだろう。最終的に、ナチスはユダヤ人をドイツ市民と社会の中にとどまるのは望ましくないと宣言しました。[55]

軍事力の増強

政権の初期には、ドイツには同盟国がなく、その軍隊はヴェルサイユ条約によって劇的に弱体化されていました。フランス、ポーランド、イタリア、ソビエト連邦はそれぞれ、ヒトラーの権力の座に反対する理由がありました。ポーランドは両国がに従事することをフランスに提案予防戦争マーチ1933年にドイツに対するファシストイタリアはドイツの請求に異議バルカン半島と上オーストリアベニート・ムッソリーニは、影響力のイタリアの球であることを考えました。[56]

ヒトラーは早くも1933年2月に、ベルサイユ条約に違反していたため、最初は秘密裏にではあるが、再軍備を開始しなければならないと発表した。 1933年5月17日、ヒトラーは国会議事堂の前で世界平和への願望を概説する演説を行い、ヨーロッパの他の国々が同じことをしたという条件で、アメリカのフランクリンD.ルーズベルト大統領からの軍縮の申し出を受け入れました[57]他のヨーロッパ諸国がこの申し出を受け入れなかったとき、ヒトラーは10月にドイツを世界軍縮会議国際連盟から撤退させ、軍縮条項がドイツにのみ適用された場合は不公正であると主張した。[58]11月に開催された投票、有権者の95パーセントがドイツの撤退を支持しました。[59]

1934年、ヒトラーは東の戦争が1942年に開始すべきであるという彼の軍幹部に語った[60]ザールラント第一次世界大戦の終わりに15年間、国連の監督のリーグの下に置かれていた、に1935年1月に投票しましたドイツの一部になります。[61] 1935年3月、ヒトラーは空軍の創設を発表し、ヴァイマル共和国軍は55万人に増員されると発表した[62]英国はの署名で海軍の艦隊を構築ドイツに同意したアングロドイツ海軍協定6月18日1935年の[63]

イタリアのエチオピア侵攻がイギリスとフランスの政府による軽度の抗議につながったとき、1936年3月7日、ヒトラーはフランスソビエト相互援助条約を口実として使用し、軍にラインラントの非武装地帯に3,000人の軍隊を進軍させるよう命じました。ヴェルサイユ条約に違反しています。[64]領土はドイツの一部であったため、イギリスとフランスの政府は、条約を執行しようとすることは戦争のリスクに見合う価値があるとは感じていなかった。[65] 3月29日に行われた一党選挙で、ナチスは98.9パーセントの支持を受けた。[65] 1936年、ヒトラーは防共協定に署名した日本との不可侵条約と、間もなく「ローマ-ベルリン枢軸国」に言及していたムッソリーニとの不可侵条約。[66]

ヒトラーは、1936年7月に始まっスペイン内戦フランシスコフランコ将軍の民族主義勢力に軍事物資と支援を送りました。ドイツのコンドル軍団には、さまざまな航空機とその乗組員、および戦車部隊が含まれていました。軍団の航空機は1937年にゲルニカの街を破壊した。[67]ナショナリストは1939年に勝利し、ナチスドイツの非公式の同盟国となった。[68]

オーストリアとチェコスロバキア

(上)ヒトラーが1938年3月15日、ウィーン英雄広場アンシュルス宣言(下)民族ドイツ人がナチス式敬礼使用して、1938年サーズに入るドイツ兵に挨拶する

1938年2月、ヒトラーはオーストリアのクルトシュシュニック首相に、ドイツがそのフロンティアを確保する必要性を強調しました。シュシュニックは3月13日にオーストリアの独立に関する最後通告を予定していましたが、ヒトラーは3月11日に最後通告をシュシュニックに送り、オーストリアのナチ党にすべての権力を譲渡するか、侵略に直面するよう要求しました。翌日、ドイツ軍はオーストリアに入り、大衆から熱狂的に迎えられました。[69]

チェコスロバキア共和国はに主に住んでいたドイツ人のかなりの少数派に家だったズデーテン地方ズデーテンドイツ党内の分離主義者グループからの圧力の下で、チェコスロバキア政府はこの地域に経済的譲歩を提供しました。[70]ヒトラーは、ズデーテン地方を帝国に組み込むだけでなく、チェコスロバキアの国を完全に破壊することを決定した。[71]ナチスは、侵略への支持を生み出すことを試みるために宣伝キャンペーンを行った。[72]ドイツはまだ戦争の準備ができていなかったので、ドイツのトップの軍事指導者は計画に反対した。[73]

危機は、英国、チェコスロバキア、およびフランス(チェコスロバキアの同盟国)による戦争準備につながりました。戦争を回避しようとして、英国のネヴィル・チェンバレン首相は一連の会議を手配し、その結果、1938年9月29日に署名されミュンヘン協定が結ばれました。チェコスロバキア政府は、スーデテンランドのドイツへの併合を受け入れることを余儀なくされました。チェンバレンはロンドンに上陸したとき、合意が「私たちの時代の平和」をもたらしたと言って歓声で迎えられました。[74]ドイツの併合に加えて、ポーランド10月2日にチェシン近くの狭い土地を占領したが、ミュンヘン会談の結果としてハンガリー11月2日の第1回ウィーン裁定で、北の国境に沿って12,000平方キロメートル(4,600平方マイル)を要求し、受け取りました[75]エミール・ハーハ大統領との交渉の後、ヒトラーは1939年3月15日にチェコの残りの半分を占領し、スロバキアの半分でスロバキア共和国宣言された翌日、ボヘミアとモラビアの保護領を創設した[76]また、3月15日、ハンガリーは最近宣言され認識されていないカルパト・ウクライナスロバキアと争われた土地の追加の断片を占領し併合した[77] [78]

オーストリアとチェコの外貨準備はナチスによって押収され、金属などの原材料や武器や航空機などの完成品の備蓄もドイツに出荷されました。ヘルマン・ゲーリング国家工場の工業コングロマリットは、両国の鉄鋼や石炭生産設備の制御を取りました。[79]

ポーランド

A propaganda poster of a large cathedral with sunlight shining on it. Several buildings can be seen around the cathedral while a left-facing eagle clutching a swastika is seen in the upper right corner of the poster. The words "DANZIG IST DEUTSCH" can be seen in the bottom left of the poster.
ナチスのプロパガンダことを宣言ポスターダンツィヒはドイツ語であります

1934年1月、ドイツはポーランドと不可侵条約に署名しました。[80] 1939年3月、ヒトラーは自由都市ダンツィヒポーランド回廊の返還を要求した。これは東プロイセンをドイツの他の地域から隔てていた一帯であった。イギリス軍は、ポーランドが攻撃された場合、ポーランドを支援することを発表しました。ヒトラーはイギリス軍が実際に行動を起こさないと信じて、1939年9月に侵攻計画を準備するよう命じた。[81] 5月23日、ヒトラーはポーランド回廊を占領するだけでなく、ドイツ領を東方に大幅に拡大するという彼の全体的な計画を将軍に説明した。ポーランドを犠牲にして。彼は今度は彼らが無理矢理会うだろうと予想した。[82]

ドイツ人はイタリアとの同盟関係を再確認し、デンマーク、エストニア、ラトビアと不可侵条約に署名し、ルーマニア、ノルウェー、スウェーデンとの貿易関係が正式化されました。[83]外相ヨアヒム・フォン・リッベントロップは、ソ連不可侵条約との交渉に配置され、独ソ不可侵条約8月1939年に署名したが、[84]条約はまた、ポーランドを分割秘密のプロトコルを含んでおり、バルト海をドイツ語に述べてとソビエトの影響範囲。[85]

第二次世界大戦

(上)第二次世界大戦中のヨーロッパでの一連の出来事を示すアニメーションマップ
(下)ドイツとその同盟国、軸の成功の頂点、1942年

外交政策

ドイツの戦時中の外交政策は、ベルリンから直接的または間接的に支配される同盟政府の創設を含んでいた。彼らは、イタリアやハンガリーなどの同盟国から兵士を、ヴィシーフランスなどの同盟国から労働者や食料を調達することを目的としていまし[86]ハンガリーは枢軸国に加わった4番目の国であり、1940年9月27日に三国同盟に署名した。ブルガリアは11月17日に協定に署名した。石油を確保するためのドイツの努力には、11月23日にスロバキア共和国と一緒に協定に署名した彼らの新しい同盟国であるルーマニアからの供給の交渉が含まれていました。[87] [88] [89] 1942年後半までに、東部戦線のルーマニアから24師団、イタリアから10師団、ハンガリーから10師団があった。[90]ドイツは1942年にフランス、1943年にイタリア、1944年にハンガリーで完全な支配権を握った。日本は強力な同盟国であったが、その関係は遠く、調整や協力はほとんどなかった。たとえば、ドイツは戦争の後半まで石炭からの合成油の処方を共有することを拒否しました。[91]

戦争の勃発

ドイツはポーランド侵略し、1939年9月1日に自由都市ダンツィヒを占領し、ヨーロッパで第二次世界大戦を開始しました。[92]条約の義務を尊重し、イギリスとフランスは2日後にドイツに宣戦布告した。[93] 9月17日にソビエト連邦が東から攻撃したため、ポーランドは急速に崩壊した。[94] Sicherheitspolizei(SiPo; Security Police)およびSicherheitsdienst(SD; Security Service)のチーフであるReinhard Heydrichは9月21日に、ポーランド系ユダヤ人を切り上げて、鉄道の接続が良好な都市に集中させるよう命じた。当初の意図は、彼らをさらに東に、あるいはおそらくマダガスカルに強制送還することでした[95]使用事前作成されたリストでは、1939年末までに、ポーランドの国家としてのアイデンティティを破壊しようとして、約65,000人のポーランドの知識人、貴族、聖職者、教師が殺害されました。[96] [97]冬戦争ソビエト軍はフィンランドに進出し、ドイツ軍は海上で行動を起こした。しかし、5月まで他の活動はほとんど起こらなかったので、その期間は「まやかし戦争として知られるようになりました[98]

戦争の開始から、ドイツへの出荷に対するイギリスの封鎖はその経済に影響を及ぼしました。ドイツは特に石油、石炭、穀物の海外供給に依存していた。[99]貿易禁輸と封鎖のおかげで、ドイツへの輸入は80パーセント減少した。[100]スウェーデンのドイツへの鉄鉱石の輸送を保護するために、ヒトラーは4月9日に始まったデンマークとノルウェーの侵攻を命じたデンマークは一日未満後に下落した一方で、ノルウェーのほとんどが続い月末まで。[101] [102] 6月初旬までに、ドイツはノルウェー全土を占領した[103]

ヨーロッパの征服

1940年5月、ヒトラーは多くの上級士官の助言に反して、フランスネーデルラントへの攻撃を命じました[104] [105]彼らはすぐに征服ルクセンブルクオランダとで連合国をoutmaneuveredベルギー避難強制的に多くのイギリスとフランス軍のダンケルクを[106]フランスも同様に陥落し、6月22日にドイツに降伏した[107]フランスでの勝利は、ヒトラーの人気の上昇とドイツでの戦争熱の急上昇をもたらした。[108]

ハーグ条約の規定に違反して、オランダ、フランス、ベルギーの産業会社はドイツのために戦争物資生産するために働かされました。[109]

1940年6月14日、パリの凱旋門近くでドイツ兵が行進

ナチスはフランスの何千もの機関車と車両、武器の備蓄、そして銅、スズ、石油、ニッケルなどの原材料から押収しました。[110]占領費用の支払いは、フランス、ベルギー、ノルウェーに課された。[111]貿易障壁は、買いだめ、闇市場、そして将来についての不確実性につながった[112]食糧供給は不安定でした。ヨーロッパのほとんどで生産が落ちました。[113]飢饉は多くの占領国で経験された。[113]

ヒトラーのウィンストン・チャーチル新首相への和平交渉は1940年7月に却下された。エリック・レーダー大提督は6月にヒトラーに、空中優位性が英国侵攻を成功させるための前提条件であると助言したため、ヒトラーは王立空軍(RAF)の空軍基地とレーダー基地、およびロンドンプリマスコベントリーなどの英国の都市での夜間の空襲。ドイツ空軍はバトルオブブリテンとして知られるようになったイギリス空軍を打ち負かすことができませんでした、そして10月末までに、ヒトラーは制空戦闘機が達成されないことに気づきました。彼は侵略を永久に延期しました。これはドイツ軍の司令官が完全に真剣に受け止めたことのない計画です。[114] [115] [k]アンドリュー・ゴードンを含むいくつかの歴史家は、侵略計画の失敗の主な理由はイギリス空軍の行動ではなく、イギリス海軍の優位性であると信じている。[116]

1941年2月北アフリカ戦線でイタリア人を支援するために、ドイツアフリカ軍団リビア到着しました[117] 4月6日、ドイツはユーゴスラビアギリシャへの侵攻を開始した[118] [119]その後、ユーゴスラビアのすべてとギリシャの一部がドイツ、ハンガリー、イタリア、ブルガリアに分割された。[120] [121]

ソビエト連邦の侵略

1941年6月22日、モロトフ・リッベントロップ協定に違反して、約380万人の枢軸国軍がソビエト連邦を攻撃しました。[122]ヒトラーが述べた生存圏買収の目的に加えて、この大規模な攻撃(コードネームバルバロッサ作戦)は、ソビエト連邦を破壊し、その後の西側諸国への攻撃のためにその天然資源を奪取することを目的としていた。[123]多くの人が戦争がどれだけ長く続くかについて心配したか、ドイツが二正面作戦に勝つことができないと疑ったので、ドイツ人の間の反応は驚きと恐れの1つでした。[124]

スターリングラード攻防戦中の死と破壊、1942年10月

侵略はバルト三国ベラルーシ、西ウクライナを含む広大な地域を征服しました1941年9月のスモレンスクの戦いが成功した後、ヒトラーは中央軍集団センターにモスクワへの前進を停止し、レニングラードキエフの包囲を支援するために一時的にパンツァーグループを迂回させるように命じました[125]この一時停止は、赤軍に新たな予備を動員する機会を提供した。 1941年10月に再開されたモスクワ攻勢は、12月に悲惨な結果をもたらしました[126] 1941年12月7日、日本は真珠湾を攻撃した、ハワイ。4日後、ドイツは米国に宣戦布告しました。[127]

ソビエト連邦とポーランドの征服された地域では、撤退する軍隊が一部の地域で作物を燃やし、残りの多くが帝国に送り返されたため、食糧が不足していました。[128]ドイツでは、1942年に配給が削減され。4年計画の全権大使としての役割でヘルマン・ゲーリングはフランスからの穀物とノルウェーからの魚の出荷を増やすよう要求した。1942年の収穫は良好で、西ヨーロッパでは食糧供給は引き続き十分でした。[129]

ドイツとヨーロッパは全体として、ほぼ完全に外国の石油輸入に依存していた。[130]不足を解決するために、1942年6月、ドイツは白人の油田に対する攻撃であるフォールブラウ(「ケースブルー」)を開始した。[131]赤軍は、11月19日に反撃を開始し、11月23日スターリングラード閉じ込められていた枢軸国軍を取り囲んだ[132]ゲーリングはヒトラーに第6軍が空輸で供給できることを保証したが、これは実行不可能であることが判明した。[133]ヒトラーが撤退を拒否したことで、20万人のドイツ人とルーマニア人の兵士が死亡した。1943年1月31日に市内に降伏した91,000人の男性のうち、戦後にドイツに戻ったのは6,000人の生存者だけでした。[134]

ターニングポイントと崩壊

スターリングラード後も損失は拡大し続け、ナチ党の人気が急激に低下し、士気が低下した。[135]ソビエト軍は、1943年夏のクルスク戦いでドイツ軍の攻勢が失敗した後も西に向かって前進し続けた。1943年の終わりまでに、ドイツ軍は東部領土の利益のほとんどを失った。[136]元帥でエジプト、エルヴィン・ロンメルアフリカ軍団が元帥の下でイギリス軍に敗れたバーナード・モントゴメリー10月1942年には、[137]連合軍は9月に1943年7月にイタリアでシチリア島に上陸しました。[138]その間、イギリスに拠点を置くアメリカとイギリスの爆撃機艦隊が始まったドイツに対する作戦。多くの出撃は、ドイツの士気を破壊するために意図的に民間の標的を与えられました。[139]と同様に航空機工場の爆撃ペーネミュンデ陸軍兵器実験場V-1およびV-2ロケットは、開発及び生産されていたが、また、特に重要とみなされました。[140] [141]ドイツの航空機生産は損失に追いつくことができず、空気の覆いがなければ連合国の爆撃作戦はさらに壊滅的なものになった。石油精製所と工場を標的にすることによって、彼らは1944年後半までにドイツの戦争努力を無力化した。[142]

1944年6月6日、アメリカ軍、イギリス軍、カナダ軍がフランスに前線を築き、ノルマンディーにD-Day上陸しまし[143]1944年7月20日、ヒトラーは暗殺未遂を生き延びました。[144]彼は残忍な報復を命じ、7,000人の逮捕と4,900人以上の処刑をもたらした。[145]失敗したアルデンヌ攻勢(1944年12月16日-1945年1月25日)は西部戦線での最後の主要なドイツ攻勢であり、ソビエト軍は1月27日にドイツに侵入した。[146]ヒトラーが敗北を認めることを拒否し、戦争は最後の男と戦うという彼の主張は、戦争の終わりの数ヶ月で不必要な死と破壊をもたらした。[147]ヒトラーは、オットー・ゲオルグ・ティエラック法務大臣を通じて、戦う準備ができていない者は軍法会議にかけられるべきであり、何千人もの人々が死刑に処せられるよう命じた。[148]多くの地域で、地元の指導者に戦い続けるように勧められたにもかかわらず、人々は接近してくる連合国に降伏した。ヒトラーは、輸送、橋、産業、その他のインフラストラクチャーの破壊(焦土作戦)を命じましたが、アルベルトシュペーア国防相は、この命令が完全に実行されるのを阻止しました。[147]

1945年7月のベルリン中心部での破壊の米陸軍空軍映画

ベルリン戦い(1945年4月16日-1945年5月2日)の間、ヒトラーと彼のスタッフは、赤軍が接近している間、地下のフューラーバンカーに住んでいました[149] 4月30日、ソビエト軍が総統官邸から2ブロック以内にいたとき、ヒトラーはガールフレンドと一緒に、そしてその時までに妻のエヴァブラウン が自殺した[150] 5月2日、ヘルムート・ヴァイドリング将軍は無条件降伏してベルリンをソビエトのワシーリー・チュイコフ将軍に降伏させた[151]ヒトラーは、帝国大統領としてカール・デーニッツ大提督に、帝国首相としてゲッベルスに引き継がれた[152]ゲッベルスと彼の妻マグダは6人の子供を殺害した翌日自殺した[153] 1945年5月4日から8日の間に、残りのドイツ軍のほとんどは無条件降伏した。降伏のドイツのインストゥルメントは、ナチス政権の終わりとマーキング、5月8日に調印された欧州では、第二次世界大戦の終わりに[154]

戦争が終結するにつれ、ヒトラーに対する一般的な支持はほぼ完全に消えた。[155]ドイツの自殺率は、特に赤軍が前進していた地域で増加した。兵士や党員の間では、自殺は降伏に代わる名誉ある英雄的な選択肢と見なされることがよくありました。前進するソビエト軍の未開の行動についての直接の説明と宣伝は、レイプされることを恐れた東部戦線の民間人、特に女性の間でパニックを引き起こした。[156] 1945年5月1日頃に第2白ロシア戦線65軍としてデミン1000人以上(約16,000人の人口のうち)が自殺した。最初に蒸留所に侵入し、次に町を暴れ回り、集団レイプを犯し、民間人を恣意的に処刑し、建物に火を放った。自殺の高い数字を含め、他の多くの場所で開催されたノイブランデンブルク(600死んだ)、PommernでStolp(千死んだ)、[157]少なくとも7057人が1945年に自殺し、ベルリン、[158]

ドイツの死傷者

1945年2月19日クレーヴェ近郊のベートブルクにいるドイツ人難民

ドイツの総戦死者数は550万人から690万人と推定されています。[159]ドイツの歴史家RüdigerOvermansによる研究では、ドイツ軍の死者と行方不明者の数は530万人であり、その中には1937年のドイツ国境の外から徴兵された90万人の男性が含まれている。[160] リチャード・オーバリーは2014年に、連合軍の空襲で約353,000人の民間人が殺害されたと推定した。[161]他の民間人の死には、ナチスの政治的、人種的、宗教的迫害の犠牲者であった30万人のドイツ人(ユダヤ人を含む)[162]と、ナチスの安楽死プログラムで殺害された20万人が含まれる[163]特別裁判所と呼ばれる政治裁判所ドイツ人のに対する抵抗の約12,000人のメンバーに判決を下し、民事裁判所はさらに40,000人のドイツ人に判決を下しました。[164] ドイツ人女性の集団レイプも行われた。[165]

地理

領土の変更

1944年にナチス党によって設定された行政区画を含む大ゲルマン帝国の地図

第一次世界大戦での敗北とその結果としてのヴェルサイユ条約の結果、ドイツはアルザスロレーヌ北シュレスヴィヒメメルを失いました。ザールラント州は、後に住民投票によってどの国に参加するかを住民が決定するという条件の下でフランスの保護区になり、ポーランドは別の国になり、プロイセンを他の国から分離するポーランド回廊の創設によって海へのアクセスが与えられました。ダンジグは自由都市にされたが、ドイツの。[166]

ドイツは1935年に行われた国民投票を通じてザールラントの支配権を取り戻し、1938年のアンシュルスオーストリアを併合した。[167] 1938年のミュンヘン協定はドイツにスデテンランドの支配権を与え、6か月後にチェコスロバキアの残りを占領した。[74] 海からの侵略の脅威下で、リトアニアは1939年3月にメメル地区を降伏した。[168]

1939年から1941年の間に、ドイツ軍はポーランドデンマークノルウェーフランスルクセンブルグオランダベルギーユーゴスラビアギリシャソビエト連邦に侵攻しました[107]ドイツ北部ユーゴスラビアの一部を併合し、1941年4月に[120] [121]ムッソリーニが譲渡ながらトリエステ南チロル、及びイストラを1943年にドイツに[169]

占領地

1942年、ドイツ占領下のポーランド、マゾフシェ県ラドム近郊)のロシュキで54人のポーランド人が公開処刑されました。

征服された領土のいくつかは、大ゲルマン帝国を創設するというヒトラーの長期目標の一部としてドイツに組み込まれました。アルザスロレーヌなどのいくつかの地域は、隣接するガウ(地域地区)の管轄下に置かれましたReichskommissariate(ライヒCommissariats)、準植民地体制は、一部の占領国で設立されました。ドイツの管理下に置かれた地域には、ボヘミアとモラビアの保護領ライヒスコムミサリアトオストランド(バルト三国とベラルーシを含む)、およびライヒスコムミサリアットウクライナが含まれていました。ベルギーとフランスの征服された地域は、ベルギーと北フランスの軍事政権[170] 1919年までドイツの一部であったベルギーのEupen-Malmedyが併合された。ポーランドの一部が帝国に編入され、占領下の中央ポーランドに総督府が設立されました。[171]デンマーク、ノルウェー(Reichskommissariat Norwegen)、およびオランダ(Reichskommissariat Niederlandeの政府は、主に原住民が配置された文民行政の下に置かれた。[170] [l]ヒトラーは、最終的にこれらの領域の多くを帝国に組み込むことを意図していた。[172]ドイツはアルバニアのイタリア保護領を占領したそして1943年にモンテネグロイタリア知事[173]、1941年占領下のセルビア傀儡政権を設置し[174]。

政治

イデオロギー

ナチスは極右たファシスト第一次世界大戦の終了後に発生、社会と金融動乱の際に生じた政党[175]、1928年に連邦政府の投票の2.6%を受け、党が小さいままで取り残さ前に1929年の大恐慌の始まり。[176] 1930年までに、党は連邦投票の18.3%を獲得し、ライヒスタッグで2番目に大きな政党となった。[177]ヒトラーは、1923年にミュンヘン一揆失敗した後の刑務所にいる間に、ドイツ社会を人種に基づいた社会に変える計画を示した我が闘争を書いた[178]ナチスのイデオロギーは、反ユダヤ主義の要素をまとめた。人種衛生学優生学、そしてそれらを汎ゲルマン主義と領土拡大主義と組み合わせて、ゲルマン人のためにより多くの生存圏獲得することを目標としました。[179]政権は、ポーランドとソ連を攻撃するユダヤ人を国外追放または殺害しようとするとすることで、この新しい領域を得ようとスラヴ人はアーリア人より劣っていると見た人は、そこに住んでいるマスターレースとの一部のユダヤ人ボルシェビキの陰謀。[180] [181]ナチス政権は、ドイツだけがボルシェビズムの勢力を打ち負かし、国際ユダヤ人による世界支配から人類を救うことができると信じていた[182]ナチスによって生きるに値しないと見なされた他の人々には、精神的および身体的障害者、ロマ人同性愛者エホバの証人、および社会的不適合が含まれていました。 [183] [184]

民族至上主義運動の影響を受けて、政権は文化的モダニズムに反対し、主知主義を犠牲にして大規模な軍隊の発展を支援しました。[12] [185]創造性と芸術は、宣伝メディアとして役立つことができる場合を除いて、抑制された。[186]党は、血の旗のようなシンボルナチ党の集会のような儀式を使用して、団結を促進し、政権の人気を強化した。[187]

政府

ヒトラー、ゲーリング、ゲッベルスやルドルフ・ヘス1933年に軍事パレード中

ヒトラーは、すべての部下による絶対服従を要求するFührerprinzip(「リーダー原則」)を主張することによって、ドイツを自主的に支配しました。彼は政府の構造をピラミッドと見なし、彼自身(間違いのないリーダー)が頂点に立った。党の階級は選挙によって決定されておらず、上位の者による任命によって地位が埋められた。[188]党はプロパガンダを使用して、ヒトラーの周りに個性の崇拝を発展させた[189]カーショーのような歴史家は、雄弁家としてのヒトラーのスキルの心理的影響を強調している。[190]ロジャー・ギルは次のように述べている。「彼の感動的な演説は、膨大な数のドイツ人の心と心を捉えた。彼は事実上聴衆に催眠術をかけた」。[191]

最高幹部はヒトラーに報告し、彼の方針に従ったが、彼らはかなりの自治権を持っていた。[192]彼は、当局者が「総統に向かって働く」ことを期待した–日々の意思決定に関与することなく、党の目標とヒトラーの希望に沿った政策と行動を促進するイニシアチブを取ること。[193]政府は、権力を蓄積し、総統の支持を得るのに苦労した党エリートが率いる派閥のまとまりのないコレクションであった。[194]ヒトラーのリーダーシップのスタイルは、部下に矛盾した命令を与え、彼らの義務と責任が重なる位置に彼らを配置することでした。[195]このようにして、彼は自分の力を強化し最大化するために部下の間で不信、競争、そして争いを助長しました。[196]

歴代Reichsstatthalterの1933年から1935年の間に政令は、既存の廃止の州構成状態ドイツの)をして、新しいとそれらを交換し、管理部門Gaueナチスの指導者(によって支配、大管区指導者)。[197]ランダーは依然として教育などの一部の政府部門の行政区画として使用されていたため、変更が完全に実施されることはありませんでした。これは、ナチス政権の行政スタイルに典型的な重複する管轄権と責任の官僚的なもつれにつながりました。[198]

ユダヤ人の公務員は、第一次世界大戦で兵役を見た人を除いて、1933年に職を失いました。党のメンバーまたは党の支持者が彼らの代わりに任命されました。[199]強制的同一化の過程の一環として、1935年のライヒ地方政府法は地方選挙を廃止し、市長は内務省によって任命された。[200]

法律

ナチスドイツの人種政策で使用されている疑似科学的な人種区分を示すグラフ

1934年8月、公務員と軍隊のメンバーは、ヒトラーへの無条件の服従の誓いを誓うことを要求されました。これらの法律は、ヒトラーの言葉が既存のすべての法律を覆すという概念であるFührerprinzipの基礎となりました[201]ヒトラーによって認可された行為は、殺人でさえも、こうして合法になった。[202]閣僚によって提案されたすべての立法は、最高の公務員の任命を拒否することもできる総統副官 ルドルフ・ヘスの事務所によって承認されなければならなかった[203]

ワイマール共和国の司法制度と法典のほとんどは、非政治的犯罪に対処するためにそのまま残っていました。[204]裁判所は、ナチスが権力を握る前よりもはるかに多くの死刑判決を下し、実行した。[204] 3つ以上の犯罪で有罪判決を受けた人々は、たとえ軽微なものであっても、常習的な犯罪者と見なされ、無期限に投獄される可能性があります。[205]売春婦やスリなどの人々は、本質的に犯罪であり、地域社会への脅威であると判断された。数千人が逮捕され、裁判なしで無期限に監禁された。[206]

ドイツの法制度にナチスのイデオロギーを課した4人の法学者の会議(左から右へ:Roland FreislerFranz SchlegelbergerOtto Georg ThierackCurt Rothenberger

新しいタイプの裁判所であるVolksgerichtshof(「人民法廷」)は、政治事件に対処するために1934年に設立されました。[207]この裁判所は、1945年に解散するまで、5,000件を超える死刑判決を言い渡した。[208]共産主義者であること、扇動的なチラシを印刷すること、ヒトラーや他の役人について冗談を言うことなどの犯罪に対して死刑が科される可能性がある。[209]ゲシュタポは、ナチスのイデオロギーを実施するための捜査警察を担当し、政治犯罪者、ユダヤ人、およびその他の望ましくないと見なされた人々を見つけて閉じ込めた。[210]刑務所から釈放された政治犯罪者は、しばしばゲシュタポによって即座に再逮捕され、強制収容所に閉じ込められた。[211]

ナチスはプロパガンダを使用して、人種恥辱(「人種の汚損」)の概念を公布し、人種法の必要性を正当化しました。[212] 1935年9月、ニュルンベルク法が制定された。これらの法律は当初、アーリア人とユダヤ人の間の性的関係と結婚を禁止していましたが、後に「ジプシー、ニグロ、またはその野郎の子孫」を含むように拡張されました。[213]法律はまた、45歳未満のドイツ人女性をユダヤ人家庭の家事使用人として雇用することを禁じている。[214]帝国市民権法は、「ドイツ人または関連する血」の人だけが市民になることができると述べた。[215]したがって、ユダヤ人と他の非アーリア人は彼らのドイツ市民権を剥奪されました。法律はまた、ナチスが政権を十分に支持していなかった人の市民権を否定することを許可した。[215] 11月に発行された補足法令は、3人のユダヤ人の祖父母、またはユダヤ人の信仰に従った場合は2人の祖父母を持つユダヤ人と定義された。[216]

軍事および準軍事組織

ドイツ国防軍

戦車やその他の装甲車両の列Panzerwaffe近くスターリングラード、1942

1935年から1945年までのドイツの統一軍は、ドイツ国防(国防軍)と呼ばれていました。これには、Heer(陸軍)、Kriegsmarine(海軍)、およびLuftwaffe(空軍)が含まれていました。 1934年8月2日から、軍隊のメンバーはヒトラーに個人的に無条件の服従の誓いを誓うことを要求されました。国の憲法とその合法的な施設への忠誠を要求した以前の宣誓とは対照的に、この新しい宣誓は、たとえ違法なことをするように命じられたとしても、軍隊のメンバーがヒトラーに従うことを要求した。[217]ヒトラーは、軍がアインザッツグルッペンを容認し、後方支援さえも提供しなければならないと布告した。—東ヨーロッパで数百万人の死者を出した移動式死の部隊—戦術的にそうすることが可能だったとき。[218] ドイツ国防軍はまた、反パルチザン作戦を装って民間人を射殺したり大量虐殺を行ったりして、ホロコーストに直接参加した[219]党の方針は、ユダヤ人が党派闘争の扇動者であり、したがって排除される必要があるというものでした。[220] 1941年7月8日、ハイドリヒは東部の征服された領土のすべてのユダヤ人を党派と見なし、15歳から45歳までのすべての男性ユダヤ人を射殺するよう命じたと発表した。[221] 8月までに、これはユダヤ人の全人口を含むように拡大された。[222]

国を軍事的に準備する努力にもかかわらず、経済は長い消耗戦争に耐えることができませんでした。戦略は、電撃戦(「稲妻戦争」)の戦術に基づいて開発されました。これには、敵の長所を回避する迅速な協調攻撃の使用が含まれていました。攻撃は砲撃から始まり、爆撃と機銃掃射が続きました。次に戦車が攻撃し、最後に歩兵が移動して占領地域を確保しました。[223]勝利は1940年半ばまで続いたが、イギリスを破ることの失敗は戦争の最初の主要なターニングポイントであった。ソビエト連邦を攻撃するという決定とスターリングラードでの決定的な敗北は、ド​​イツ軍の撤退と最終的な戦争の敗北につながりました。[224]1935年から1945年までドイツ国防軍に勤務した兵士の総数は約1,820万人で、そのうち530万人が亡くなりました。[160]

SAとSS

(上)SAメンバーがユダヤ人店のボイコットを実施、1933年4月1日
(下)ベルリンでのライプスタンダールSSアドルフヒトラーの軍隊検査、1938年

突撃隊(SA;ストーム剥離)1921年に設立され、又はBrownshirtsは、ナチ党の最初の準軍事翼でした。彼らの最初の任務は、集会や集会でナチスの指導者を保護することでした。[225]彼らはまた、ライバル政党の勢力との街頭戦闘やユダヤ人などに対する暴力行為にも参加した。[226]の下エルンスト・レームのリーダーシップSAは、万人を超える会員-4.5百万埋蔵-の正規軍がまだベルサイユ条約10万人の男性に限られた時間を含むに1934増加しました。[227]

ロームは軍の指揮を執り、それをSAの仲間入りに吸収することを望んでいた。[228]ヒンデンブルクとヴェルナー・フォン・ブロムベルグ国防相は、SAの活動が縮小されない場合、戒厳令を課すと脅迫した。[229]したがって、権力を掌握してから1年半も経たないうちに、ヒトラーはロームを含むSA指導部の死を命じた。 1934年のパージ後、SAはもはや主要な部隊ではありませんでした。[42]

当初はSAの後援による小さなボディーガード部隊でしたが、シュッツスタッフェル(SS;保護隊)はナチスドイツで最大かつ最も強力なグループの1つに成長しました。[230]率いる親衛隊全国指導者1929からハインリヒ・ヒムラー、SSは1938年で25万人の会員を超える持っていた[231]ヒムラーは、最初は警備員のエリートグループ、防衛のヒトラーの最後の行であるとしてSSを想定。[232]武装SS、SSの軍種は、第二軍へと進化します。それは重火器と装備を正規軍に依存しており、ほとんどの部隊は国防軍最高司令部(OKW)の戦術的管理下にあった[233][234] 1942年の終わりまでに、当初実施されていた厳格な選択と人種的要件はもはや守られていなかった。拡大のみに基づく徴兵と徴兵により、1943年までに武装親衛隊はもはやエリート戦闘部隊であると主張することができなくなった。 [235]

SSフォーメーションは、民間人および同盟軍人に対して多くの戦争犯罪を犯しました。[236] 1935年以降、SSは、ゲットーと強制収容所に切り上げられたユダヤ人への迫害の先頭に立った。[237]第二次世界大戦の勃発とともに、SSアインザッツグルッペン部隊は軍隊を追ってポーランドとソビエト連邦に入り、1941年から1945年にかけて130万人のユダヤ人を含む200万人以上を殺害した。[238]アインザッツグルッペンのメンバーの3分の1は武装親衛隊の職員から採用された。[239] [240]親衛隊髑髏部隊(死のヘッドユニットは)強制収容所と走った絶滅収容所を、さらに数百万人が殺された。[241] [242]最大60,000人の武装親衛隊の男性が収容所で奉仕した。[243]

1931年、ヒムラーはSS諜報機関を組織し、副官のハイドリヒの下でSicherheitsdienst(SD;セキュリティサービス)として知られるようになりました[244]この組織は、共産主義者や他の政敵を見つけて逮捕する任務を負っていた。[245] [246]ヒムラーは、SS経済管理本部の後援の下で並行経済の始まりを確立した。この持ち株会社は、住宅会社、工場、出版社を所有していました。[247] [248]

経済

帝国経済学

ブーナ工場(1941年)で建設中のIGファルベン合成油プラント。この植物は、アウシュビッツ強制収容所の複合施設の一部でした

ナチスが最初に直面した最も差し迫った経済問題は、30パーセントの全国失業率でした。[249]エコノミスト博士ヒャルマル・シャハト、大統領ライヒスバンクと経済大臣は、1933年資本プロジェクトが呼び出さ約束手形の発行をするために支払われた月に赤字財政のためのスキームを作成しメフォ手形を。ノートが支払いのために提示されたとき、ドイツ帝国銀行はお金を印刷しました。ヒトラーと彼の経済チームは、今後の領土拡大が急増する国債を返済する手段を提供することを期待していました。[250]シャハト政権は、大恐慌の間、どの国でも最大の失業率の急速な低下を達成した。[249]経済回復は不均一であり、労働時間の短縮と必需品の不安定な入手可能性により、1934年には早くも政権の幻滅につながった。[251]

1933年10月、Junkers AircraftWorksは没収されました。他の航空機メーカーと協力し、ゲーリング航空大臣の指揮の下、生産が増加しました。1932年に年間100ユニットを生産する3,200人の労働力から、業界は10年も経たないうちに年間10,000機以上の技術的に進歩した航空機を製造する25万人の労働者を雇用するようになりました。[252]

ドイツ市場での外国との競争を排除し、国際収支を改善することを目的として、原材料と完成品の輸入を規制するために精巧な官僚機構が創設されました。ナチスは、石油や繊維などの材料の合成代替品の開発を奨励しました。[253]市場が過剰になり、石油の価格が低かったため、1933年にナチス政府はIGファルベンと利益分配協定を結びロイナの合成油工場に投資された資本の5%の利益を保証した。その金額を超える利益は、帝国に引き渡されます。 1936年までに、Farbenは取引を行ったことを後悔しました。それまでに、超過利益が発生していたからです。[254]戦時中の石油の適切な供給を確保するための別の試みで、ドイツはルーマニア脅迫して1939年3月に貿易協定に署名させた。 [255]

アウトバーン、1930年代後半

赤字支出で賄われた主要な公共事業プロジェクトには、オートバーネンのネットワークの構築と、住宅と農業の改善のために前政府によって開始されたプログラムへの資金提供が含まれていました[256]建設業界を刺激するために、民間企業にクレジットが提供され、住宅の購入と修理のために補助金が利用可能になりました。[257]妻が労働力を離れることを条件として、結婚を意図したアーリア人の子孫の若いカップルが最大1,000ライヒスマルクのローンにアクセスでき、返済しなければならない金額はそれぞれ25パーセント削減された。生まれた子供。[258]女性が家の外で失業し続けなければならないという警告は、熟練した労働者の不足のために1937年までに取り下げられました。[259]

新しいドイツの一環として広く車の所有権を想定し、ヒトラーは、デザイナーのために配置されたフェルディナント・ポルシェのための計画立案するためにKDF-ワーゲンジョイを通じて強度車)を、誰もが余裕ができることを自動車であることを意図しました。プロトタイプは1939年2月17日にベルリンで開催された国際モーターショーに展示されました。第二次世界大戦の勃発に伴い、工場は軍用車両を生産するように改造されました。戦後、車両がフォルクスワーゲン(人の車)に改名されるまで、何も販売されませんでした[260]

(左から)ヒトラー;ロバート・レイドイツ労働戦線の責任;フェルディナントポルシェ、兵器メーカー。そして、ヘルマン・ゲーリングの頭部四年計画(1942年)

ナチスが1933年に政権を握ったとき、600万人が失業しており、1937年までに100万人未満でした。[261]これは、部分的には女性が労働力から排除されたことによるものであった。[262]実質賃金は1933年から1938年の間で25%低下した[249] 1933年5月における労働組合の解散後、自分の資金を押収し、そのリーダーシップが逮捕された、[263]と協働するように試みた者を含みますナチス。[34]新しい組織、ドイツ労働戦線が創設され、ナチ党の機能的ロベルト・ライの下に置かれた[263] 1933年の平均労働時間は43時間であった。1939年までにこれは47時間に増加しました。[264]

1934年初頭までに、焦点は再軍備に移りました。 1935年までに、軍事費は政府による商品やサービスの購入の73%を占めました。[265] 1936年10月18日、ヒトラーは再軍備を加速することを目的として、ゲーリングを4年計画の全権大使指名した。[266]製鉄所、合成ゴム工場、およびその他の工場の迅速な建設を要求することに加えて、ゲーリングは賃金および価格統制制定し株式配当の発行を制限した[249]赤字が拡大しているにもかかわらず、再軍備に多額の支出が行われた。[267]1938年後半に発表された海軍と空軍の大幅な増員計画は、計画された部隊を建設するための資金と物的資源、およびそれらを運用し続けるために必要な燃料が不足していたため、実現できませんでした。[268] 1935年の兵役義務の導入により、ヴェルサイユ条約の条件により10万人に制限されていヴァイマル共和国軍は、第二次世界大戦の開始時に現役で750,000人に拡大し、さらに100万人が兵役に就いた。予備。[269] 1939年1月までに、失業率は301,800に減少し、9月までに77,500に減少した。[270]

戦時経済と強制労働

アウシュビッツのIGファルベン工場で東方労働者のバッジを持つ女性

ナチスの戦時経済は、自由市場と中央計画を組み合わせた混合経済でした歴史家のリチャード・オーバリーは、それをソビエト連邦の計画経済と米国の資本主義システムの間のどこかにあると説明しています。[271]

1942年、フリッツ・トート国防相の死後、ヒトラーはアルベルト・シュペーアを後任に任命しました。[272]戦時中の消費財の配給は個人貯蓄の増加につながり、その資金は戦争努力を支援するために政府に貸与された。[273] 1944年までに、戦争はドイツの国内総生産の75%を消費していましたが、ソビエト連邦では60%、イギリスでは55%でした。[274] Speerは、計画と管理を一元化し、消費財の生産を減らし、強制労働と奴隷制を使用することにより、生産を改善しました[275] [276]戦時経済は結局、奴隷労働の大規模な雇用に大きく依存していました。ドイツは、ヨーロッパの20か国から約1200万人を輸入して奴隷にし、工場や農場で働いていました。約75パーセントは東ヨーロッパ人でした。[277]彼らは不十分な空襲保護を受けたので、多くは連合国の爆撃の犠牲者でした。劣悪な生活条件は、高率の病気、怪我、死、ならびに妨害行為や犯罪活動につながりました。[278]戦時経済もまた、大規模な強盗に依存していた。最初は国家がユダヤ人の財産を奪い、後に占領地の資源を略奪した。[279]

ドイツに持ち込まれた外国人労働者は、ゲスト労働者、軍の抑留者、民間人労働者、東部労働者の4つの分類に分類されました。各グループは異なる規制の対象でした。ナチスはドイツ人と外国人労働者の間の性的関係を禁止した。[280] [281]

1944年までに、50万人以上の女性がドイツ軍の補助役を務めました。[282]有給雇用の女性の数は、1939年から1944年にかけて271,000(1.8%)しか増加しなかった。[283]消費財の生産が削減されたため、女性は戦時経済での雇用のためにこれらの産業を去った。彼らはまた、特に農場や家族経営の店で、以前は男性が行っていた仕事を引き受けました。[284]

連合国による非常に大規模な戦略爆撃は、合成油とガソリンを生産する製油所およびドイツの輸送システム、特に車両基地と運河を標的にしました[285]兵器産業は、1944年9月までに崩壊し始めた。11月までに、燃料炭はもはや目的地に到達せず、新しい兵器の生産はもはや不可能であった。[286]オーバーリーは、爆撃がドイツの戦争経済に負担をかけ、その人員と産業の最大4分の1を対空資源に転用することを余儀なくされ、それが戦争を短縮した可能性が非常に高いと主張している。[287]

征服された領土の金銭的搾取

バイエルン州シュロスキルヒェエリンゲン保管されていたドイツの戦利品(1945年4月)

戦争の過程で、ナチスは占領下のヨーロッパからかなりの略奪引き出しました。歴史家で従軍記者のウィリアム・L・シャイラーは次のように書いています。「[ナチス]の略奪品の総量は決してわかりません。正確に計算する人間の能力を超えていることが証明されています。」[288] 金準備およびその他の外国の保有物は、占領国の国立銀行から押収されたが、通常、多額の「占領費用」が課された。戦争の終わりまでに、占領費用はナチスによって600億ライヒスマルクと計算され、フランスだけで315億を支払った。フランスの銀行はドイツに「クレジット」で45億ライヒスマルクを提供することを余儀なくされ、さらに50万ライヒスマルクが「手数料」やその他の雑費の形でナチスによってヴィシーフランスに対して査定されました。ナチスは同様の方法で他の征服された国を搾取しました。戦後、米国の戦略的爆撃調査は、ドイツが占領下のヨーロッパから占領費用およびその他の富の移転の形で1,040億ライヒスマルクを獲得したと結論付けました。これには、ベルギーとオランダの国内総生産の3分の2が含まれます。[288]

ナチスの略奪には、私的および公的な芸術コレクション、遺物、貴金属、本、および私物が含まれていました。ヒトラーとゲーリング特定に占めるヨーロッパからの略奪美術品の獲得に興味を持っていた、[289]計画のギャラリー埋めるために盗まれたアートを使用するには、元の計画Führermuseum(リーダーの博物館)、[290]彼の個人的なコレクションのために、後者。ドイツの侵略から6か月以内に、占領下のポーランドのほぼすべての芸術作品を剥奪したゲーリングは、最終的に5,000万ライヒスマルク以上の価値のあるコレクションを増やしました。[289] 1940年、ライヒスライターローゼンバーグタスクフォースヨーロッパ中の公的および私的なコレクション、図書館、美術館からアートワークや文化資料を略奪するために設立されました。フランスはナチスの略奪の最大の範囲を見ました。美術品、家具、その他の略奪品の約26,000両の鉄道車両が、フランスからドイツに送られました。[291] 1941年1月までに、ローゼンバーグはフランスから略奪された財宝が10億ライヒスマルク以上と評価されると推定した。[292]さらに、兵士は、農産物や衣類などの商品(ドイツでは入手が困難になっている商品)を略奪または購入して、帰国させた。[293]

商品や原材料も取りました。フランスでは、オーツ麦の75%を含む、推定9,000,000トン(8,900,000ロングトン、9,900,000ショートトン)の穀物が戦争中に押収されました。さらに、国の石油の80パーセントと鉄鋼生産の74パーセントが奪われました。この戦利品の評価額は1,845億フランと推定されています。ポーランドでは、ドイツの侵略が終わる前から、ナチスによる原材料の略奪が始まりました。[294]

バルバロッサ作戦に続いて、ソビエト連邦も略奪された。1943年だけでも、9,000,000トンの穀物、2,000,000トン(2,000,000ロングトン、220万ショートトン)の飼料、3,000,000トン(3,000,000ロングトン、3,300,000ショートトン)のジャガイモ、662,000トン(652,000ロングトン、730,000ショートトン)の肉はドイツに送り返されました。ドイツの占領の過程で、約1200万頭の豚と1300万頭の羊が捕獲されました。この略奪の価値は40億ライヒスマルクと推定されています。西ヨーロッパの占領国と比較してこの比較的少ない数は、東部戦線での壊滅的な戦いに起因する可能性があります。[295]

人種政策と優生学

人種差別と反ユダヤ主義

人種差別と反ユダヤ主義は、ナチ党とナチ政権の基本的な信条でした。ナチスドイツの人種政策は、優れた支配民族の存在に対する彼らの信念に基づいていましたナチスは、アーリアンの支配民族と劣った人種、特に社会に浸透し、アーリアン人種の搾取と抑圧に責任を負った混血と見なされていたユダヤ人との間に人種紛争が存在すると仮定しました[296]

ユダヤ人に対する迫害

ナチスによるユダヤ人事業のボイコット、 1933年4月。ポスターには「ドイツ人!身を守る!ユダヤ人から買わないで!」と書かれています。

ユダヤ人に対する差別は、権力の掌握の直後に始まりました。 SAのメンバーによるユダヤ人事業とシナゴーグに対する1か月にわたる一連の攻撃の後、1933年4月1日、ヒトラーはユダヤ人事業の全国的なボイコットを宣言しました[297]専門公務員の回復のための法律が4月7日に渡された法律専門家や公務員から引退するすべての非アーリア人の公務員を余儀なくされました。[298]同様の法律はすぐに他のユダヤ人専門家から練習する権利を奪い、4月11日に、ユダヤ人の親または祖父母が1人でもいる人は非アーリア人と見なされると述べた法令が公布された。[299]ユダヤ人の影響を文化的生活から取り除くための取り組みの一環として、ナチ学生同盟のメンバーは、ドイツ語以外と見なされる本を図書館から削除し、5月10日に全国的な焚書が開催されました。[300]

政権は、ユダヤ人が自発的に国を離れることを奨励するために暴力と経済的圧力を利用しました。[301]ユダヤ人企業は市場へのアクセスを拒否され、宣伝を禁じられ、政府との契約へのアクセスを奪われた。市民は嫌がらせを受け、暴力的な攻撃を受けました。[302]多くの町は、ユダヤ人の入国を禁止する標識を掲示した。[303]

1938年11月7日、若いユダヤ人のヘルシェル・グリュンシュパンがパリのドイツ大使館の公務員であるエルンスト・フォム・ラスを射殺し、ドイツでの家族の扱いに抗議しました。この事件は、2日後にナチスがユダヤ人に対して扇動しポグロムの口実を提供しました。 SAのメンバーは、ドイツ全土のシナゴーグとユダヤ人の財産を損傷または破壊しました。少なくとも91人のドイツ系ユダヤ人がこのポグロムの間に殺されました。後に水晶の夜と呼ばれる水晶の夜と呼ばれます。[304] [305]今後数か月間、ユダヤ人にはさらなる制限が課せられました。ユダヤ人は、事業を所有したり、小売店で働いたり、車を運転したり、映画館に行ったり、図書館を訪れたり、武器を所有したりすることを禁じられ、ユダヤ人の生徒は学校から除かれました。ユダヤ人コミュニティは、水晶の夜によって引き起こされた損害を支払うために10億マルクの罰金を科され、保険の和解は没収されると述べました。[306] 1939年までに、ドイツの437,000人のユダヤ人のうち約250,000人が米国、アルゼンチン、イギリス、パレスチナ、およびその他の国に移住した。[307] [308]多くの人がヨーロッパ大陸に滞在することを選びました。パレスチナへの移民は、ハーヴァラ協定の条件の下でパレスチナに財産を譲渡することが許可されましたしかし、他の国に移住する人々は事実上すべての財産を置き去りにしなければならず、それは政府によって押収されました。[308]

ローマの迫害

ユダヤ人のように、ロマの人々は政権の初期から迫害を受けました。ロマニはドイツ人の抽出者と結婚することを禁じられていました。それらは1935年から強制収容所に送られ、多くが殺されました。[183] [184]ポーランド侵攻後、2,500人のロマとシンティの人々がドイツから一般政府に強制送還され、そこで労働収容所に投獄された。生存者はそうで絶滅たベルゼクソビボル、またはトレブリンカ。さらに5,000人のシンティとオーストリアのラレリの人々がウッチゲットーに強制送還されました1941年後半、半分が死亡したと推定されました。ゲットーのロマ人の生存者はその後、1942年初頭にヘウムノ強制収容所移された[309]

ナチスはすべてのロマ人をドイツから強制送還することを意図し、この目的のために彼らをジゲウネルラーガー(ジプシー収容所)に閉じ込めました。ヒムラーは1942年12月にドイツからの強制送還を命じましたが、いくつかの例外がありました。合計23,000人のロマニがアウシュビッツ強制収容所に強制送還され、そのうち19,000人が死亡した。ドイツ国外では、ロマ人は定期的に強制労働に使われていましたが、多くの人が殺されました。バルト三国とソビエト連邦では、3万人のロマ人がSS、ドイツ軍、アインザッツグルッペンによって殺害されました。中には、セルビアを占領し、ほぼすべての25,000マーニはに住んでいる間千ロマーニ12000には、殺された、クロアチア独立国殺されました。終戦時の推定では、総死者数は約22万人であり、これはヨーロッパのロマ人人口の約25パーセントに相当します。[309]

他の迫害されたグループ

ナチ党の人種政策局からのポスター:「60 000 RMは、この遺伝性疾患の人が生涯にわたって地域社会に負担をかけるものです。市民の仲間、それもあなたのお金です。」

アクションT4は、主に1939年から1941年にかけて行われ、終戦まで続いた精神病院の身体的および精神的障害者と患者の体系的な殺人のプログラムでした。当初、犠牲者はアインザッツグルッペンなどに撃たれましたガス室ガスバン用いて一酸化炭素を早期1940によって使用された[310] [311]の下予防遺伝的病変の子孫に関する法律は、1933年7月14日に施行され、40万人が受け断種を[312]半数以上が精神的に欠陥があると考えられた人々であり、知能テストでスコアが低かった人々だけでなく、倹約、性行動、清潔さに関して期待される行動基準から逸脱した人々も含まれていました。犠牲者のほとんどは、売春婦、貧しい人々、ホームレス、犯罪者などの不利な立場にあるグループから来ました。[313]迫害され殺害された他のグループには、エホバの証人、同性愛者、社会的不適合、および政治的および宗教的反対派のメンバーが含まれていた[184] [314]

東部総合計画

東部でのドイツの戦争は、ユダヤ人がドイツ国民の最大の敵であり、ドイツの拡大には生存圏が必要であるというヒトラーの長年の見解に基づいていました。ヒトラーは、ポーランドとソビエト連邦を征服することを目指して、東ヨーロッパに注意を向けました。[180] [181] 1939年にポーランドが占領された後、一般政府に住むすべてのユダヤ人はゲットー閉じ込められ、身体的に健康な人は強制労働を行う必要がありました。[315] 1941年、ヒトラーはポーランド国民を完全に破壊することを決定した。 15年から20年以内に、総督府はポーランド人排除し、ドイツの入植者によって再定住することになっていました。[316]約380万から400万人のポーランド人が奴隷として残り、[317]ナチスが征服された国の市民を使って作ることを意図した1400万人の奴隷労働力の一部でした。[181] [318]

東部総合計画奴隷労働または殺害するとして使用するために、シベリアに占有東欧とソ連の人口を追放を呼びかけ(「東のための一般的な計画」)。[319]誰を殺すべきかを決定するために、ヒムラーはフォルクスリステを作成した。これはドイツの血であるとみなされる人々の分類システムである。[320]彼は、民族ドイツ人として分類されることを拒否したゲルマン系の人々は、強制収容所に強制送還されるか、子供たちを連れ去られるか、強制労働に割り当てられるべきであると命じた。[321] [322]計画には、アーリアン-北欧とみなされる子供たち誘拐も含まれていた。ドイツ系であると推定された形質。[323]目標はソビエト連邦の征服後に東部総合計画を実施することでしたが、侵略が失敗したとき、ヒトラーは他の選択肢を検討しなければなりませんでした。[319] [324] 1つの提案は、ポーランド、パレスチナ、またはマダガスカルへのユダヤ人の大量強制送還でした。[315]

ナチスはユダヤ人を排除することに加えて、飢餓計画と呼ばれる行動で飢餓によって征服された領土の人口を3000万人減らすことを計画しました。食糧供給はドイツ軍とドイツの民間人に転用されるでしょう。都市は破壊され、土地はドイツの入植者によって森林に戻るか、再定住することが許可されました。[325]一緒に、飢餓計画と東部総合計画はソビエト連邦の8000万人の飢餓につながったでしょう。[326]これらの部分的に実行された計画は、ソ連全体およびヨーロッパの他の場所で推定1,930万人の民間人および捕虜(POW)民衆殺戮死をもたらした[327]戦争の過程で、ソビエト連邦は合計2700万人を失いましたこれらのうち900万人未満が戦闘による死亡でした。[328]ソビエト人口の4人に1人が殺されたか負傷した。[329]

ホロコーストと最終解決策

1945年に米軍によって解放されたブーヘンヴァルト強制収容所の火葬場の外に死体が山積みされたワゴン

1941年12月にモスクワに対する攻撃が失敗した頃、ヒトラーはヨーロッパのユダヤ人を直ちに絶滅させることを決議しました。[330]ポーランドとソビエト連邦の占領地でユダヤ人民間人の殺害が進行中であったが、1942年1月20日ヴァンゼー会議でヨーロッパのユダヤ人人口(1100万人)を完全に根絶する計画が公式化されたユダヤ人の質問に対する最終的な解決策の実施において、一部は死ぬまで働き、残りは殺されるでしょう[331]最初に犠牲者はアインザッツグルッペンの銃殺隊によって殺され、次に静止したガス室によって殺された。またはガス車によって、しかしこれらの方法はこの規模の操作のために非現実的であることがわかりました。[332] [333] 1942年までに、ガス室を備えた絶滅収容所がアウシュヴィッツヘウムノ、ソビボル、トレブリンカなどに設立された。[334]殺害されたユダヤ人の総数は550万から600万人と推定されており[242]、100万人以上の子供を含む。[335]

連合国は、主にポーランド地下国家からの情報に基づいて、ポーランド亡命政府とワルシャワのポーランド指導部から殺人に関する情報を受け取りました[336] [337]占領地から戻ってきた兵士が自分たちが見たことやしたことを報告したため、ドイツ市民は何が起こっているかについての情報にアクセスできた。[338]歴史家のリチャード・J・エバンスは、ほとんどのドイツ市民が大量虐殺を認めなかったと述べている。[339] [m]

ポーランド人の抑圧

ナチスはポーランド人を非アーリア人と見なし、ドイツによるポーランド占領中に270万人のポーランド人が殺害されました。[340]ポーランドの民間人は、ドイツの産業における強制労働、抑留ドイツの入植者のために道を譲るための大規模な追放、および大量死刑の対象となった。ドイツ当局は、ポーランドの文化と国民のアイデンティティを破壊するための体系的な取り組みに従事しました。動作中AB-Aktion、多くの大学教授やポーランドのインテリシアのメンバーが逮捕されたり、強制収容所に移送されたり、処刑されたりしました。戦争中、ポーランドは医師と歯科医の推定39〜45%、弁護士の26〜57%、教師の15〜30%、科学者と大学教授の30〜40%、18〜28%を失いました。その聖職者の。[341]

ソビエト捕虜の虐待

マウトハウゼン強制収容所のソビエト捕虜

ナチスは、他のすべての連合国を合わせたものよりも多く、575万人のソビエト捕虜を捕らえました。これらのうち、推定330万人が殺され[342]、1941年6月から1942年1月の間に280万人が殺された。[343]多くの捕虜は、アウシュヴィッツと他の場所。[344]

1942年以降、ソビエト捕虜は強制労働の源泉と見なされ、彼らが働くことができるようにより良い治療を受けました。[345] 1944年12月までに、ドイツ軍の兵器工場(ハーグおよびジュネーブ条約に違反)、鉱山、農場を含め、750,000人のソビエト捕虜が働いていた。[346]

社会

教育

1933年に可決された反ユダヤ法は、すべてのユダヤ人の教師、教授、および役人を教育システムから排除することにつながりました。ほとんどの教師はに属している必要があったNationalsozialistischer Lehrerbund(NSLB、国家社会主義教師連盟)と大学教授参加するために必要とされた国家社会主義ドイツ語講師を[347] [348]教師はヒトラーへの忠誠と従順の誓いを立てなければならず、党の理想に十分に適合しなかった人々はしばしば学生または仲間の教師から報告され、解雇された。[349] [350]給与のための資金不足により、多くの教師が職業を辞めました。結果として教師が不足したため、平均クラスサイズは1927年の37人から1938年には43人に増加しました。[351]

ヴィルヘルム・フリック内務大臣帝国科学教育文化省のベルンハルト・ラスト、およびその他の機関によって、小中学校で使用するための授業の内容と受け入れ可能な教科書に関して、頻繁に、そしてしばしば矛盾する指令が出されました[352]政権に受け入れられないと思われる本は、学校の図書館から削除された。[353]ナチスのイデオロギーの教化は1934年1月に義務化された。[353]党エリートの将来のメンバーとして選ばれた学生は、初等教育のためのアドルフヒトラー学校国立政治教育研究所で12歳から教化された。中等教育のため。エリート軍の階級の将来の保有者の詳細な教化は、オーダーキャッスルで行われました[354]

学校でのナチス式敬礼(1934年):子供たちは幼い頃に教化されました。

初等中等教育は、人種生物学、人口政策、文化、地理、および体力に焦点を当てています。[355]生物学、地理、さらには算数を含むほとんどの科目のカリキュラムは、人種への焦点を変えるために変更されました。[356]軍事教育は体育の中心的要素となり、物理学の教育は弾道学や空気力学などの軍事用途の科目に向けられていた。[357] [358]学生は、国民啓蒙宣伝省の学校部門によって作成されたすべての映画を見る必要がありました[353]

大学では、トップポストへの任命は、教育省、大学理事会、およびナチ学生同盟の間の権力闘争の対象でした。[359]リーグやさまざまな政府省庁からの圧力にもかかわらず、ほとんどの大学教授はナチス時代に講義やシラバスに変更を加えなかった。[360]これは、主にカトリック地域にある大学に特に当てはまりました。[361]ドイツの大学への入学者数は、1931年の104,000人から1939年には41,000人に減少したが、ユダヤ人医師が専門職を辞めることを余儀なくされたため、医学部への入学者数は急増した。[362]1934年以降、大学生はSAが実施する頻繁で時間のかかる軍事訓練セッションに参加する必要がありました。[363] 1年生はまた、国家労働奉仕団の労働収容所で6か月間奉仕しなければならなかった2年生にはさらに10週間のサービスが必要でした。[364]

女性と家族の役割

女性はナチスの社会政策の基礎でした。ナチスはフェミニスト運動に反対し、それはユダヤ人の知識人の創造であると主張し、代わりにドイツ人女性が彼女の「世界は彼女の夫、彼女の家族、彼女の子供、そして彼女の家」であると認識する家父長制社会を提唱した[262]フェミニストグループは閉鎖されるか、国家社会主義女性同盟組み込まれ、母性と家庭活動を促進するために全国のグループを調整した。子育て、裁縫、料理のコースが提供されました。含む著名なフェミニスト、アニータ・オーグスプルリダ・グスタバ・ヘイマン、そしてヘレン・ストッカーは、亡命生活を余儀なくさを感じました。[365]リーグは、ナチスドイツで唯一のナチス承認の女性誌であるNS-Frauen-Warteを発行しました。[366]いくつかの宣伝の側面にもかかわらず、それは主に普通の女性の雑誌でした。[367]

女性は労働力を離れることを奨励され、人種的に適した女性による大家族の創設は宣伝キャンペーンを通じて促進された。女性は、4人の子供、6人が銀、8人以上が金を出産したことでEhrenkreuz der Deutschen Mutter(Cross of Honor of the German Mother)として知られる銅賞を受賞しました[365]大家族は費用を援助するために助成金を受け取った。対策は出生率の増加につながりましたが、4人以上の子供を持つ家族の数は1935年から1940年の間に5パーセント減少しました。[368]女性はほとんどの場合、家事使用人、織工、または飲食業界で雇用されていたため、女性を労働力から排除しても、男性の仕事を解放するという意図された効果はありませんでした。[369]ナチスの哲学は、戦争に備えて軍需工場で働くために多くの女性を雇うことを妨げたので、外国人労働者が連れてこられた。戦争が始まった後、奴隷労働者は広く使われた。[370] 1943年1月、ヒトラーは50歳未満のすべての女性に戦争努力を助けるための仕事の割り当てについて報告することを要求する法令に署名した。[371]その後、女性は農業と産業の仕事に注ぎ込まれ、1944年9月までに1490万人の女性が軍需品の生産に従事していました。[372]

ナチスの指導者たちは、合理的かつ理論的な仕事は女性の性質とは無関係であり、そのため女性が高等教育を求めることを思いとどまらせたという考えを支持しました。[373] 1933年4月に可決された法律は、大学に入学する女性の数を男性の出席者の数の10パーセントに制限した。[374]これにより、中等学校への女性の入学者数は1926年の437,000人から1937年には205,000人に減少した。高等学校に入学した女性の数は1933年の128,000人から1938年には51,000人に減少した。戦争中の軍隊への入国では、女性は1944年までに高等教育制度への入学者の半分を占めていた。[375]

1941年に体操を練習している外灘ドイツ女子同盟の若い女性

女性は強く、健康で、活力があることが期待されていました。[376]土地働き、強い子供を産んだ丈夫な農民の女性は理想的であると考えられ、女性は運動能力があり、屋外で働くことから日焼けしたことで賞賛された。[377]組織はナチスの価値観を教え込むために作られた。1939年3月25日から、ヒトラーユーゲントの会員資格が10歳以上のすべての子供に義務付けられました。[378] Jungmädelbundヒトラー青年の(少女リーグ)セクションでは、女の子の年齢10〜14とするためであった灘ドイチャーMädel(BDM;ドイツ女子同盟)は14歳から18歳の若い女性を対象としていました。BDMの活動は体育に焦点を当てており、ランニング、走り幅跳び、宙返り、綱渡り、行進、水泳などの活動がありました。[379]

ナチス政権は、性的問題に関する自由な行動規範を推進し、嫡出から子供を産んだ女性に同情的でした。[380]戦争が進むにつれて乱交が増加し、未婚の兵士が同時に数人の女性と親密に関わることが多かった。兵士の妻はしばしば婚外関係に関与していました。外国人労働者からより良い仕事を得るために、商品としてセックスが使われることもありました。[381]パンフレットは、ドイツ人女性に、外国人労働者との性的関係を彼らの血への危険として避けるように命じた。[382]

ヒトラーの承認を得て、ヒムラーは、ナチス政権の新しい社会が、特に人種の純粋さについて精査されたSSのメンバーによって父親となった子供たちの非嫡出出生を非難するべきであると意図しました。[383]彼の希望は、各SS家族に4人から6人の子供がいることでした。[383]はレーベンスボルン1935年にヒムラーによって設立された(生命の泉)関連は、自分の妊娠中にシングルマザーに対応するために、出産の家のシリーズを作成しました。[384]両方の親は、受け入れられる前に人種的適合性について調べられた。[384]結果として生じた子供たちはしばしばSS家族に養子縁組された。[384]家はSSとナチ党のメンバーの妻にも利用可能になりました。彼らはすぐに利用可能な場所の半分以上を埋めました。[385]

医学的理由を除いて中絶を禁止する既存の法律は、ナチス政権によって厳格に施行されました。中絶の数は、1930年代の初めの年間35,000から10年の終わりには年間2,000未満に減少しましたが、1935年に優生学上の理由で中絶を許可する法律が可決されました。[386]

健康

理想的な体を表す彫像は、1936年の夏季オリンピックのためにベルリンの通りに建てられました

1939年のフランツH.ミュラーによる先駆的な研究が喫煙と肺がんの因果関係を示したように、ナチスドイツは強力な反タバコ運動をしました。[387]帝国保健局は、講義やパンフレットの作成など、喫煙を制限するための措置を講じた。[388]喫煙は、多くの職場、電車内、および軍の当番のメンバーの間で禁止された。[389]政府機関は、アスベストや農薬などの他の発がん性物質の管理にも取り組んだ。[390]一般的な公衆衛生キャンペーンの一環として、水供給が浄化され、鉛と水銀が消費者製品から除去され、女性は乳がんの定期的なスクリーニングを受けるように促された。[391]

政府が運営する医療保険プランが利用可能でしたが、1933年以降、ユダヤ人は補償を拒否されました。その同じ年、ユダヤ人の医師は政府が保険をかけた患者を治療することを禁じられました。 1937年に、ユダヤ人の医師は非ユダヤ人の患者を治療することを禁じられ、1938年に彼らの医療を実践する権利は完全に削除されました。[392]

医学実験は、その多くが疑似科学的であり、1941年から強制収容所の収容者に対して行われた。[393]医学実験を行う最も悪名高い医師は、アウシュヴィッツの収容所医師であるSS-ハウプトシュトゥルムフューラー博士ヨーゼフメンゲレであった。[394]彼の犠牲者の多くは死んだか、故意に殺された。[395]強制収容所の収容者は、製薬会社が薬物検査やその他の実験のために購入できるようにした。[396]

環境保護主義

ナチス社会には動物の権利を支持する要素があり、多くの人々が動物園や野生生物を好みました。[397]政府は、動物と環境の保護を確保するためにいくつかの措置を講じた。 1933年、ナチスは医学研究に許可されたものに影響を与える厳格な動物保護法を制定しました。[398]法律は緩く施行されただけであり、生体解剖の禁止にもかかわらず、内務省は動物実験の許可を容易に配った。[399]

ゲーリングの下の帝国森林局は、野生生物に適した生息地を確保するために森林管理者にさまざまな樹木を植えることを要求する規制を施行し、新しい帝国動物保護法が1933年に法律になりました。[400]政権は1935年に帝国自然保護法を制定しました。自然景観を過度の経済発展から保護します。それは私有地の収用が自然保護区を作ることを可能にし、長期計画を支援しました。[401]大気汚染を抑制するために機能的な努力がなされたが、戦争が始まると、既存の法律の施行はほとんど行われなかった。[402]

教会の抑圧

1933年にナチスが権力を掌握したとき、ドイツの人口の約67%がプロテスタントであり、33%がローマカトリック教徒でしたがユダヤ人は1%未満でした。[403] [404] 1939年の国勢調査によると、54%がプロテスタント、40%がローマカトリック、3.5%がGottgläubig(神を信じる;ナチスの宗教運動)、1.5%が非宗教的であると考えていました[1]

下に強制的同一化のプロセス、ヒトラーは、作成しようとした統一 プロテスタント教会帝国のドイツの28の既存のプロテスタントから状態の教会[405]ドイツの教会の根絶の究極の目標で。[406]ナチスのルートヴィヒミュラーは帝国司教として設置され、親ナチスの圧力団体であるジャーマンクリスチャンが新しい教会の支配権を獲得した。[407]彼らはそのユダヤ人の起源のために旧約聖書に反対し、改宗したユダヤ人が彼らの教会から締め出されることを要求した。[408]マルティン・ニーメラー牧師告白教会の設立に応じて、そこから一部の牧師がナチス政権に反対しました。[409] 1935年に告白教会会議がナチスの宗教政策に抗議したとき、700人の牧師が逮捕された。[410]ミュラーは辞任し、ヒトラーはハンス・ケルルを教会問題の大臣に任命し、プロテスタントを統制する努力を続けた。[411] 1936年、告白教会の使節は、宗教的迫害と人権侵害に対してヒトラーに抗議した。[410]さらに数百人の牧師が逮捕された。[411]教会は抵抗し続け、1937年初頭までにヒトラーはプロテスタント教会を統一するという彼の希望を放棄した。[410]ニーメラーは1937年7月1日に逮捕され、次の7年間のほとんどをザクセンハウゼン強制収容所とダッハウで過ごしました。[412]神学大学は閉鎖され、他のプロテスタント宗派の牧師や神学者も逮捕された。[410]

ナチスが1940年に政権の聖職者の反対者のために専用の聖職者兵舎設立したダッハウ強制収容所の囚人兵舎[413]

ドイツカトリック教会の迫害は、ナチスの乗っ取りに続きました。[414]ヒトラーは政治的カトリックを排除するために迅速に動き、カトリックに同調したバイエルン人民党カトリックセンター党の機能をまとめた。これらは他のすべての非ナチ政党とともに7月までに存在しなくなった。[415]バチカンとライヒスコンコルダート(ライヒスコンコルダート)条約は、ドイツの教会への嫌がらせが続く中、1933年に調印された。[312]条約は、カトリック機関の独立を尊重することを政権に要求し、聖職者が政治に関与することを禁じた。[416]ヒトラーは日常的にコンコルダートを無視し、その機能が厳密に宗教的ではなかったすべてのカトリック機関を閉鎖した。[417]聖職者、尼僧、信徒の指導者が標的にされ、その後の数年間に数千人が逮捕され、しばしば通貨の密輸や不道徳の容疑で逮捕された。[418] 1934年の長いナイフの夜の暗殺で、数人のカトリック指導者が標的にされた。[419] [420]ほとんどのカトリック青年グループは解散を拒否し、ヒトラーユーゲントの指導者バルドゥールフォンシラハはメンバーに路上でカトリックの少年を攻撃するように勧めた。[421]プロパガンダキャンペーンは、教会が腐敗していると主張し、公開集会に制限が課され、カトリックの出版物は検閲に直面した。カトリック学校は宗教教育を減らすことを要求され、十字架は州の建物から取り除かれました。[422]

教皇ピオ十一世は、1937年の情熱の日曜日にドイツに回勅でミットブレネンダーソルジ(「燃える懸念を持って」)を密輸し、教会に対する政権の組織的な敵意を非難したときにすべての説教壇から読みました。[418] [423]それに応じて、ゲッベルスは政権の弾圧とカトリック教徒に対する宣伝を更新した。教派の学校への入学者数は急激に減少し、1939年までにそのような学校はすべて解散または公共施設に転換されました。[424]その後のカトリックの抗議には、1942年3月22日のドイツ司教による「キリスト教と教会との闘い」に関する牧歌的な手紙が含まれていた。[425]カトリックの司祭の約30%は、ナチス時代に警察によって懲戒処分を受けました。[426] [427]聖職者と司祭の活動をスパイした広大なセキュリティネットワークは、頻繁に非難され、逮捕され、強制収容所に送られました。その多くはダッハウの聖職者の兵舎に送られました。[428] 1939年併合されたポーランド地域では、ナチスはカトリック教会の残忍な抑圧と体系的な解体を扇動した[429] [430]

ナチス党外務局長であり、ヒトラーがナチスドイツの文化的および教育的指導者に任命したアルフレッド・ローゼンベルクはカトリックがナチスの最大の敵であると考えた。彼は「ドイツに輸入された外国のキリスト教信仰の根絶」を計画し、聖書キリスト教の十字架をすべての教会、大聖堂、礼拝堂で我が闘争と卍のコピーに置き換えることを計画しました。キリスト教の他の宗派も標的にされ、1941年にナチ党の副 総統官房長官マルティン・ボルマンが「国家社会主義とキリスト教は和解できない」と公に宣言した。[406]シャーラーは、党指導部内のキリスト教への反対が非常に明白であったと書いている。「ナチス政権は、可能であれば、最終的にドイツのキリスト教を破壊し、初期の部族ドイツの神々の古い異教とナチ過激派の新しい異教を置き換えることを意図した。 「」[406]

政権への抵抗

ナチス政権に反対する統一されたレジスタンス運動は存在しなかったが、妨害行為や労働力の減速などの反抗行為が行われ、政権を転覆したりヒトラーを暗殺したりしようとした。[431]禁止された共産党と社会民主党は、1930年代半ばに抵抗ネットワークを設立した。これらのネットワークは、不安を助長し、短期間のストライキを開始する以上のことはほとんど達成しませんでした。[432] 最初にヒトラーを支持したカール・フリードリッヒ・ゲルデラーは、1936年に考えを変え、後に7月20日事件の参加者となった[433] [434]レッドオーケストラスパイリングは、ナチスの戦争犯罪に関する情報を連合国に提供し、ドイツからの脱出を組織化するのを助け、リーフレットを配布しました。このグループはゲシュタポによって発見され、1942年に50人以上のメンバーが裁判にかけられ処刑された。[435]共産党と社会民主党のレジスタンスグループは1942年後半に活動を再開したが、リーフレットの配布以上のことは達成できなかった。 2つのグループは、戦後のドイツにおける潜在的なライバル政党と見なし、ほとんどの場合、彼らの活動を調整しませんでした。[436]ホワイトローズの抵抗グループは1942年から1943年に主に活躍した、とそのメンバーの多くは、最終的な逮捕は1944年に行わで、逮捕されたり処刑された[437]別の民間人の抵抗群、クライザウサークルは、軍の共謀者と何らかの関係があり、7月20日の陰謀が失敗した後、そのメンバーの多くが逮捕されました。[438]

民間の努力は世論に影響を与えたが、軍は政府を転覆させる能力を持つ唯一の組織であった。[439] [440]軍の上層部の男性による主要な陰謀は、1938年に始まった。彼らは、イギリスがヒトラーの計画されたチェコスロバキア侵攻をめぐって戦争に行き、ドイツが敗北すると信じていた。計画はヒトラーを倒すか、おそらく彼を暗殺することでした。参加者は含まGeneraloberst ルートヴィヒ・ベック、Generaloberstヴァルター・フォン・ブラウヒッチュ、Generaloberstフランツ・ハルダー提督 ヴィルヘルム・カナリス、およびGeneralleutnant エルヴィン・フォン・ヴィッツレーベン参加し、陰謀率いるをOberstleutnant ハンス・オスターと主要ヘルムートGroscurthアプヴェーア。 1938年9月のミュンヘン会談の調印後、計画されたクーデターは取り消された。[441] 1940年に計画されたクーデターには同じ人々の多くが関与したが、参加者は再び考えを変え、一部には戦争の初期の勝利の後の政権。[442] [443]ヒトラー暗殺の試みは、ヘニング・フォン・トレスコウと共に1943年に本格的に再開された。オスターのグループに加わり、1943年にヒトラーの飛行機を爆破しようとしました。1944年7月20日の陰謀が失敗する前に、さらにいくつかの試みが続きました。[444] [445]プロットの一部ヴァルキューレ作戦、関与クラウス・フォン・シュタウフェンベルクの植栽の会議室での爆弾ヴォルフスシャンツェRastenburg。わずかに生き残ったヒトラーは、後に野蛮な報復を命じ、4,900人以上が処刑されました。[446]

1940年頃、司祭ハインリヒマイヤーの周りに抵抗グループが結成されましたこのグループは、1943年後半以降V-2ロケットタイガー戦車、航空機の生産施設の場所を連合国に譲渡しました。連合国の爆撃機はこの情報を使用して空襲を実行しました。Maierグループは、非常に早い段階でユダヤ人の大量殺戮に関する情報を提供しました。これらの報告は当初連合国によって信じられていませんでした。レジスタンスグループは発見され、そのメンバーのほとんどは投獄、拷問、または殺害されました。[447] [448]

文化

第三帝国の経験が私たちに何かを教えてくれるなら、それは素晴らしい音楽、素晴らしい芸術、そして素晴らしい文学への愛が人々に暴力、残虐行為、独裁への従順に対するいかなる種類の道徳的または政治的予防接種も提供しないということです。

リチャード・J・エヴァンス第三帝国の到来(2003)

政権は、の概念推進民族共同体、国家のドイツ民族のコミュニティを。目標は、人種の純粋さと、戦争、征服、マルクス主義との闘いに備える必要性の認識に基づいて、階級のない社会を構築することでした。[449] [450]ドイツ労働戦線は、1933年にクラフトダーチフロイト(KdF;歓喜力行団)組織を設立しました。数万の個人経営のレクリエーションクラブを管理するだけでなく、次のような高度に管理された休暇や娯楽を提供しました。クルーズ、休暇の目的地、コンサート。[451] [452]

帝国文化院(文化の帝国商工会議所)は、サブチャンバは、フィルム、ラジオ、新聞、美術、音楽、演劇、文学などの文化的な生活の制御側面に設置された9月1933年に宣伝省の管理下に組織されました。これらの職業のメンバーは、それぞれの組織に参加する必要がありました。政治的に信頼できないと考えられているユダヤ人や人々は、芸術で働くことを妨げられ、多くが移住しました。書籍や脚本は、出版前に宣伝省の承認が必要でした。政権が文化的アウトレットをプロパガンダメディアとして独占的に使用しようとしたため、基準は悪化した。[453]

ラジオは1930年代にドイツで人気を博しました。1939年までに70%以上の世帯が受信機を所有し、他のどの国よりも多くなりました。1933年7月までに、ラジオ局のスタッフは左翼やその他の望ましくないと見なされた人々から追放されました。[454]プロパガンダとスピーチは、権力の掌握直後の典型的なラジオの運賃でしたが、時間が経つにつれて、ゲッベルスは、リスナーが娯楽のために外国の放送局に頼らないように、より多くの音楽を演奏することを主張しました。[455]

1933年5月10日にベルリンで燃えているナチスの本。ユダヤ人と左翼の作家による本が燃やされている[456]。

検閲

新聞は、他のメディアと同様に、州によって管理されていました。 Reich Press Chamberは、新聞や出版社を閉鎖または購入しました。 1939年までに、新聞と雑誌の3分の2以上がプロパガンダ省によって直接所有されていました。[457]ナチ党の日刊紙、フェルキッシャー・ベオバッハター(「民族オブザーバー」)は、北方の優位性を支持する人種理論の本である「20世紀の神話」も書いたローゼンバーグによって編集された。[458]ゲッベルスは通信社を管理し、ドイツのすべての新聞は政権に有利なコンテンツのみを発行すると主張した。ゲッベルスの下で、宣伝省は毎週20の指令を発行し、正確にどのニュースを公開し、どの角度を使用するかについて発表しました。典型的な新聞は、特に何を省略するかに関して、指示に厳密に従った。[459]新聞の読者数は、コンテンツの質の低下とラジオの人気の急上昇のために急落した。[460]人々が公式の経路の外で情報を得ることができたので、プロパガンダは戦争の終わりに向かって効果が少なくなった。[461]

本の著者は大勢で国を去り、亡命中に政権に批判的な資料を書いた人もいました。ゲッベルスは、残りの著者がゲルマン神話と血と土の概念をテーマにした本に集中することを勧めました。 1933年の終わりまでに、1,000冊を超える本(そのほとんどはユダヤ人の作家によるもの、またはユダヤ人の登場人物を特集したもの)がナチス政権によって禁止されました。[462] ナチスの焚書が行われた。そのような19のイベントが1933年5月10日の夜に開催された。[456]アルバート・アインシュタインジークムント・フロイトヘレン・ケラーアルフレッド・カーマルセル・プルーストを含む数十人の人物からの数万冊の本エーリヒ・マリア・レマルクアプトン・シンクレアヤコブ・ワッサーマンHGウェルズエミール・ゾラが公に焼かれました。平和主義者の作品、自由民主主義の価値観を支持する文学、そしてワイマール共和国を支持する著作やユダヤ人の作家によって書かれたものはすべて破壊の対象となりました。[463]

建築と芸術

ベルリンの計画では、フォルクスホール(人民ホール)と凱旋門を広い大通りの両端に建設することが求められていました。

ヒトラーは建築に個人的な興味を持ち、州の建築家パウル・トローストアルベルト・シュペーア緊密に協力してローマ建築に基づい新古典主義様式の公共建築物を作成しました[464] [465] Speerは、ニュルンベルクのナチ党集会所ベルリンの新しい総統官邸などの印象的な建造物を建設しました。[466]ベルリンを再建するヒトラーの計画には、ローマパンテオン基づく巨大なドームと凱旋門の2倍以上の高さの凱旋門が含まれていました。パリで。どちらの構造も構築されていません。[467]

抽象ダダイスト表現主義現代美術は退廃的であるというヒトラーの信念が政策の基礎となった。[468]多くの美術館の館長は、1933年に職を失い、党員に取って代わられた。[469]約6,500の現代美術作品が美術館から削除され、ナチスの陪審員によって選ばれた作品に置き換えられた。[470]「DecadenceinArt」などのタイトルで拒否された作品の展覧会は、1935年までに16の異なる都市で開始されました。Goebbelsが主催するDegenerate Art Exhibitionは、1937年7月から11月までミュンヘンで開催されました。人気があり、200万人以上の訪問者を魅了しています。[471]

作曲リヒャルト・シュトラウスが社長に任命された帝国音楽院月1933年創業の(ライヒの音楽室)[472]としては、他の芸術形式の場合と同様、ナチスは、人種的に許容できないとみなされたミュージシャンを追放し、ほとんどの部分のための音楽の不承認それはあまりにも現代的または無音でした。[473] ジャズは特に不適切であると考えられ、外国のジャズミュージシャンは国を去るか、追放された。[474]ヒトラーはリヒャルト・ワーグナーの音楽、特にゲルマン神話と英雄的な物語に基づいた作品を好み、1933年から1942年まで毎年バイロイト音楽祭に出席した[475]

1936年の夏季オリンピックでのレニリーフェンシュタール(カメラマンの後ろ)

映画

映画は1930年代と1940年代にドイツで人気があり、1942年、1943年、1944年には10億人以上が入場しました。[476] [477] 1934年までに、通貨の輸出を制限するドイツの規制により、米国の映画製作者は利益を得ることができなくなりました。アメリカに戻ったので、主要な映画スタジオはドイツの支店を閉鎖しました。ドイツ映画の輸出は、その反ユダヤ主義的な内容が他の国で上映することを不可能にしたため、急落しました。2つの最大の映画会社、Universum FilmAGTobisは、1939年までにほとんどのドイツ映画を制作していたプロパガンダ省によって購入されました。作品は必ずしもあからさまに宣伝的であるとは限りませんでしたが、一般的に政治的なサブテキストがあり、テーマとコンテンツに関して党の方針に従いました。スクリプトは事前に検閲されました。[478]

レニリーフェンシュタール意志勝利(1935年)(1934年のナチ党大会を記録)とオリンピア(1938年)(1936年の夏のオリンピックをカバー)は、後の映画に影響を与えたカメラの動きと編集の先駆的な技術です。望遠レンズやトラックに搭載されたカメラなどの新しい技術が採用されました。彼らの美的メリットはナチスの理想の宣伝と切り離せないものであるため、どちらの映画も物議を醸しています。[479] [480]

レガシー

Defendants in the dock at the Nuremberg trials

The Allied powers organised war crimes trials, beginning with the Nuremberg trials, held from November 1945 to October 1946, of 23 top Nazi officials. They were charged with four counts—conspiracy to commit crimes, crimes against peace, war crimes and crimes against humanity—in violation of international laws governing warfare.[481] All but three of the defendants were found guilty and twelve were sentenced to death.[482] Twelve Subsequent Nuremberg trials of 184 defendants were held between 1946 and 1949.[481] Between 1946 and 1949, the Allies investigated 3,887 cases, of which 489 were brought to trial. The result was convictions of 1,426 people; 297 of these were sentenced to death and 279 to life in prison, with the remainder receiving lesser sentences. About 65 percent of the death sentences were carried out.[483] Poland was more active than other nations in investigating war crimes, for example prosecuting 673 of the total 789 Auschwitz staff brought to trial.[484]

The political programme espoused by Hitler and the Nazis brought about a world war, leaving behind a devastated and impoverished Europe. Germany itself suffered wholesale destruction, characterised as Stunde Null (Zero Hour).[485] The number of civilians killed during the Second World War was unprecedented in the history of warfare.[486] As a result, Nazi ideology and the actions taken by the regime are almost universally regarded as gravely immoral.[487] Historians, philosophers, and politicians often use the word "evil" to describe Hitler and the Nazi regime.[488] Interest in Nazi Germany continues in the media and the academic world. While Evans remarks that the era "exerts an almost universal appeal because its murderous racism stands as a warning to the whole of humanity",[489] young neo-Nazis enjoy the shock value that Nazi symbols or slogans provide.[490] The display or use of Nazi symbolism such as flags, swastikas, or greetings is illegal in Germany and Austria.[491]

Nazi Germany was succeeded by three states: West Germany (the Federal Republic of Germany or "FRG"), East Germany (the German Democratic Republic or "GRD"), and Austria.[492]The process of denazification, which was initiated by the Allies as a way to remove Nazi Party members was only partially successful, as the need for experts in such fields as medicine and engineering was too great. However, expression of Nazi views was frowned upon, and those who expressed such views were frequently dismissed from their jobs.[493] From the immediate post-war period through the 1950s, people avoided talking about the Nazi regime or their own wartime experiences. While virtually every family suffered losses during the war has a story to tell, Germans kept quiet about their experiences and felt a sense of communal guilt, even if they were not directly involved in war crimes.[494]

The trial of Adolf Eichmann in 1961 and the broadcast of the television miniseries Holocaust in 1979 brought the process of Vergangenheitsbewältigung (coping with the past) to the forefront for many Germans.[490][494] Once study of Nazi Germany was introduced into the school curriculum starting in the 1970s, people began researching the experiences of their family members. Study of the era and a willingness to critically examine its mistakes has led to the development of a strong democracy in Germany, but with lingering undercurrents of antisemitism and neo-Nazi thought.[494]

In 2017 a Körber Foundation survey found that 40 percent of 14-year-olds in Germany did not know what Auschwitz was.[495] The journalist Alan Posener attributed the country's "growing historical amnesia" in part to a failure by the German film and television industry to reflect the country's history accurately.[496]

See also

References

Explanatory notes

  1. ^ On 12 July 1933, Reichsinnenminister Wilhelm Frick, the Interior Minister, ordered that the Horst-Wessel-Lied be played right after the standing national anthem Das Lied der Deutschen, better known as Deutschland Über Alles.Tümmler 2010, p. 63.
  2. ^ a b Including the Protectorate of Bohemia and Moravia and the General Government
  3. ^ a b as President
  4. ^ as Führer und Reichskanzler
  5. ^ In 1939, before Germany acquired control of the last two regions which had been in its control before the Versailles Treaty—Alsace-Lorraine, Danzig and the Polish Corridor—its area was 633,786 square kilometres (244,706 sq mi). See Statistisches Jahrbuch 2006.
  6. ^ German: Nationalsozialistischer Staat (lit. "National Socialist State"), NS-Staat (lit. "Nazi State") for short; also Nationalsozialistisches Deutschland (lit. "National Socialist Germany")
  7. ^ German: Deutsches Reich.
  8. ^ German: Großdeutsches Reich.
  9. ^ German: Drittes Reich
  10. ^ German: Tausendjähriges Reich
  11. ^ According to Raeder, "Our Air Force could not be counted on to guard our transports from the British Fleets, because their operations would depend on the weather, if for no other reason. It could not be expected that even for a brief period our Air Force could make up for our lack of naval supremacy." Raeder 2001, pp. 324–325. Grand Admiral Karl Dönitz believed air superiority was not enough and admitted, "We possessed neither control of the air or the sea; nor were we in any position to gain it." Dönitz 2012, p. 114.
  12. ^ More such districts, such as the Reichskommissariat Moskowien (Moscow), Reichskommissariat Kaukasus (Caucasus) and Reichskommissariat Turkestan (Turkestan) were proposed in the event that these areas were brought under German rule.
  13. ^ "Nevertheless, the available evidence suggests that, on the whole, ordinary Germans did not approve. Goebbel's propaganda campaigns carried out in the second half of 1941 and again in 1943 had failed to convert them". Evans 2008, p. 561.

Citations

  1. ^ a b Ericksen & Heschel 1999, p. 10.
  2. ^ Soldaten-Atlas 1941, p. 8.
  3. ^ 1939 Census.
  4. ^ Shirer 1960, p. 5.
  5. ^ Lauryssens 1999, p. 102.
  6. ^ Childers 2017, pp. 22–23, 35, 48, 124–130, 152, 168–169, 203–204, 225–226.
  7. ^ Evans 2003, pp. 103–108.
  8. ^ Evans 2003, pp. 186–187.
  9. ^ Evans 2003, pp. 170–171.
  10. ^ Goldhagen 1996, p. 85.
  11. ^ Evans 2003, pp. 179–180.
  12. ^ a b Kershaw 2008, p. 81.
  13. ^ Evans 2003, pp. 180–181.
  14. ^ Evans 2003, pp. 181, 189.
  15. ^ Childers 2017, p. 103.
  16. ^ Shirer 1960, pp. 136–137.
  17. ^ Goldhagen 1996, p. 87.
  18. ^ Evans 2003, pp. 293, 302.
  19. ^ Shirer 1960, pp. 183–184.
  20. ^ Evans 2003, pp. 329–334.
  21. ^ Evans 2003, p. 354.
  22. ^ Evans 2003, p. 351.
  23. ^ Shirer 1960, p. 196.
  24. ^ Evans 2003, p. 336.
  25. ^ Evans 2003, pp. 358–359.
  26. ^ Shirer 1960, p. 201.
  27. ^ Shirer 1960, p. 199.
  28. ^ Evans 2005, pp. 109, 637.
  29. ^ McNab 2009, p. 14.
  30. ^ Bracher 1970, pp. 281–87.
  31. ^ a b Shirer 1960, p. 200.
  32. ^ Evans 2005, p. 109.
  33. ^ Koonz 2003, p. 73.
  34. ^ a b Shirer 1960, p. 202.
  35. ^ Shirer 1960, p. 268.
  36. ^ Evans 2005, p. 14.
  37. ^ Cuomo 1995, p. 231.
  38. ^ a b McNab 2009, p. 54.
  39. ^ McNab 2009, p. 56.
  40. ^ Kershaw 2008, pp. 309–314.
  41. ^ Evans 2005, pp. 31–34.
  42. ^ a b Kershaw 2008, pp. 306–313.
  43. ^ Overy 2005, p. 63.
  44. ^ Evans 2005, p. 44.
  45. ^ Shirer 1960, pp. 226–227.
  46. ^ Kershaw 2008, p. 317.
  47. ^ Shirer 1960, p. 230.
  48. ^ Kershaw 2001, pp. 50–59.
  49. ^ Hildebrand 1984, pp. 20–21.
  50. ^ Childers 2017, p. 248.
  51. ^ Evans 2003, p. 344.
  52. ^ Evans 2008, map, p. 366.
  53. ^ Walk 1996, pp. 1–128.
  54. ^ Friedländer 2009, pp. 44–53.
  55. ^ Childers 2017, pp. 351–356.
  56. ^ Shirer 1960, p. 209.
  57. ^ Shirer 1960, pp. 209–210.
  58. ^ Evans 2005, p. 618.
  59. ^ Shirer 1960, pp. 210–212.
  60. ^ Evans 2005, pp. 338–339.
  61. ^ Evans 2005, p. 623.
  62. ^ Kitchen 2006, p. 271.
  63. ^ Evans 2005, p. 629.
  64. ^ Evans 2005, p. 633.
  65. ^ a b Evans 2005, pp. 632–637.
  66. ^ Evans 2005, p. 641.
  67. ^ Shirer 1960, p. 297.
  68. ^ Steiner 2011, pp. 181–251.
  69. ^ Evans 2005, pp. 646–652.
  70. ^ Evans 2005, p. 667.
  71. ^ Kershaw 2008, p. 417.
  72. ^ Kershaw 2008, p. 419.
  73. ^ Evans 2005, pp. 668–669.
  74. ^ a b Evans 2005, pp. 671–674.
  75. ^ Evans 2005, pp. 679–680.
  76. ^ Evans 2005, pp. 682–683.
  77. ^ Kirschbaum 1995, p. 190.
  78. ^ Evans 2005, p. 687.
  79. ^ Mazower 2008, pp. 264–265.
  80. ^ Weinberg 2010, p. 60.
  81. ^ Evans 2005, pp. 689–690.
  82. ^ Kershaw 2008, p. 486.
  83. ^ Evans 2005, p. 691.
  84. ^ Kershaw 2008, p. 496.
  85. ^ Snyder 2010, p. 116.
  86. ^ Mazower 2008, chapter 9.
  87. ^ Evans 2008, p. 151.
  88. ^ Kershaw 2008, p. 584.
  89. ^ Shirer 1960, p. 803.
  90. ^ Weinberg 2005, p. 414.
  91. ^ Martin 2005, pp. 279–80.
  92. ^ Evans 2005, pp. 699–701.
  93. ^ Beevor 2012, pp. 22, 27–28.
  94. ^ Beevor 2012, p. 32.
  95. ^ Longerich 2010, pp. 148–149.
  96. ^ Longerich 2010, p. 144.
  97. ^ Evans 2008, p. 15.
  98. ^ Beevor 2012, p. 40.
  99. ^ Mazower 2008, p. 260.
  100. ^ Tooze 2006, p. 332.
  101. ^ Beevor 2012, pp. 73–76.
  102. ^ Evans 2005, p. 120.
  103. ^ Shirer 1960, p. 709.
  104. ^ Beevor 2012, pp. 70–71, 79.
  105. ^ Shirer 1960, pp. 715–719.
  106. ^ Shirer 1960, pp. 731–738.
  107. ^ a b Shirer 1960, pp. 696–730.
  108. ^ Kershaw 2008, p. 562.
  109. ^ Mazower 2008, p. 265.
  110. ^ Evans 2008, pp. 333–334.
  111. ^ Mazower 2008, p. 271.
  112. ^ Mazower 2008, pp. 272, 279.
  113. ^ a b Mazower 2008, p. 262.
  114. ^ Shirer 1960, pp. 753, 774–782.
  115. ^ Kershaw 2000b, pp. 301–303, 309–310.
  116. ^ Harding 2006.
  117. ^ Evans 2008, p. 149.
  118. ^ Evans 2008, p. 153.
  119. ^ Shirer 1960, pp. 815–816.
  120. ^ a b Tomasevich 1975, pp. 52–53.
  121. ^ a b Richter 1998, p. 616.
  122. ^ Clark 2012, p. 73.
  123. ^ Evans 2008, pp. 160–161.
  124. ^ Evans 2008, pp. 189–190.
  125. ^ Stolfi 1982, pp. 32–34, 36–38.
  126. ^ Stolfi 1982, pp. 45–46.
  127. ^ Shirer 1960, pp. 900–901.
  128. ^ Evans 2008, p. 43.
  129. ^ Mazower 2008, pp. 284–287.
  130. ^ Mazower 2008, p. 290.
  131. ^ Glantz 1995, pp. 108–110.
  132. ^ Melvin 2010, pp. 282, 285.
  133. ^ Evans 2008, pp. 413, 416–417.
  134. ^ Evans 2008, pp. 419–420.
  135. ^ Kershaw 2011, p. 208.
  136. ^ Shirer 1960, p. 1007.
  137. ^ Evans 2008, p. 467.
  138. ^ Evans 2008, p. 471.
  139. ^ Evans 2008, pp. 438–441.
  140. ^ Reisner 2015.
  141. ^ Strüber 2018.
  142. ^ Evans 2008, p. 461.
  143. ^ Beevor 2012, pp. 576–578.
  144. ^ Beevor 2012, pp. 604–605.
  145. ^ Shirer 1960, p. 1072.
  146. ^ Shirer 1960, pp. 1090–1097.
  147. ^ a b Kershaw 2008, pp. 910–912.
  148. ^ Kershaw 2011, pp. 224–225.
  149. ^ Shirer 1960, p. 1108.
  150. ^ Kershaw 2008, pp. 954–955.
  151. ^ Beevor 2002, p. 386.
  152. ^ Shirer 1960, p. 1126.
  153. ^ Beevor 2002, p. 381.
  154. ^ Beevor 2002, pp. 400–403.
  155. ^ Evans 2008, p. 714.
  156. ^ Kershaw 2011, pp. 355–357.
  157. ^ Lakotta 2005, pp. 218–221.
  158. ^ Goeschel 2009, p. 165.
  159. ^ Hubert 1998, p. 272.
  160. ^ a b Overmans 2000, p. Bd. 46.
  161. ^ Overy 2014, pp. 306–307.
  162. ^ Germany Reports 1961, p. 62.
  163. ^ Bundesarchiv, "Euthanasie" im Nationalsozialismus.
  164. ^ Hoffmann 1996, p. xiii.
  165. ^ Beevor 2002, pp. 31–32, 409–412.
  166. ^ Evans 2003, p. 62.
  167. ^ Evans 2005, pp. 623, 646–652.
  168. ^ Shirer 1960, pp. 461–462.
  169. ^ Shirer 1960, p. 1005.
  170. ^ a b Evans 2008, p. 373.
  171. ^ Longerich 2010, p. 147.
  172. ^ Umbreit 2003, p. 26.
  173. ^ Shirer 1960, p. 1006.
  174. ^ Shirer 1960, pp. 824, 841.
  175. ^ Spielvogel 2016, p. 1.
  176. ^ Evans 2005, pp. 6–9.
  177. ^ Kershaw 2008, p. 204.
  178. ^ Kershaw 2008, pp. 146–147.
  179. ^ Evans 2008, p. 7.
  180. ^ a b Bendersky 2007, p. 161.
  181. ^ a b c Gellately 1996, pp. 270–274.
  182. ^ Bytwerk 1998.
  183. ^ a b Longerich 2010, p. 49.
  184. ^ a b c Evans 2008, p. 759.
  185. ^ Evans 2005, pp. 7, 443.
  186. ^ Evans 2005, pp. 210–211.
  187. ^ Evans 2005, pp. 121–122.
  188. ^ Kershaw 2008, pp. 170, 172, 181.
  189. ^ Evans 2005, p. 400.
  190. ^ Kershaw 2008, pp. 105–106.
  191. ^ Gill 2006, p. 259.
  192. ^ Kershaw 2001, p. 253.
  193. ^ Kershaw 2008, pp. 320–321.
  194. ^ McElligott, Kirk & Kershaw 2003, p. 6.
  195. ^ Speer 1971, p. 281.
  196. ^ Manvell & Fraenkel 2007, p. 29.
  197. ^ Evans 2005, pp. 48–49.
  198. ^ Freeman 1995, p. 6.
  199. ^ Evans 2005, pp. 14–15, 49.
  200. ^ Evans 2005, p. 49.
  201. ^ Evans 2005, pp. 43–44.
  202. ^ Evans 2005, p. 45.
  203. ^ Evans 2005, p. 46.
  204. ^ a b Evans 2005, p. 75.
  205. ^ Evans 2005, p. 76.
  206. ^ Evans 2005, pp. 79–80.
  207. ^ Evans 2005, pp. 68, 70.
  208. ^ Evans 2008, p. 514.
  209. ^ Evans 2005, p. 72.
  210. ^ Weale 2012, p. 154.
  211. ^ Evans 2005, p. 73.
  212. ^ Evans 2005, pp. 539, 551.
  213. ^ Gellately 2001, p. 216.
  214. ^ Kershaw 2008, p. 346.
  215. ^ a b Evans 2005, p. 544.
  216. ^ Kershaw 2008, p. 347.
  217. ^ Evans 2005, pp. 43–45.
  218. ^ Longerich 2010, p. 146.
  219. ^ Longerich 2010, pp. 242–247.
  220. ^ Kershaw 2000b, p. 467.
  221. ^ Longerich 2010, p. 198.
  222. ^ Longerich 2010, p. 207.
  223. ^ Constable 1988, pp. 139, 154.
  224. ^ Evans 2008, pp. 760–761.
  225. ^ Weale 2012, pp. 15–16.
  226. ^ Weale 2012, pp. 70, 166.
  227. ^ Weale 2012, p. 88.
  228. ^ Kershaw 2008, p. 306.
  229. ^ Tooze 2006, p. 67.
  230. ^ Weale 2012, pp. 1, 26–29.
  231. ^ Longerich 2012, pp. 113, 255.
  232. ^ Longerich 2012, pp. 122–123.
  233. ^ Stein 2002, pp. 18, 23, 287.
  234. ^ Weale 2012, p. 195.
  235. ^ Wegner 1990, pp. 307, 313, 325, 327–331.
  236. ^ Stein 2002, pp. 75–76, 276–280.
  237. ^ Longerich 2012, p. 215.
  238. ^ Kershaw 2008, pp. 518–519.
  239. ^ Bartrop & Jacobs 2014, p. 1424.
  240. ^ Rhodes 2002, p. 257.
  241. ^ Weale 2012, p. 116.
  242. ^ a b Evans 2008, p. 318.
  243. ^ Wiederschein 2015.
  244. ^ Longerich 2012, p. 125.
  245. ^ Longerich 2012, pp. 212–213.
  246. ^ Weale 2012, p. 411.
  247. ^ Sereny 1996, pp. 323, 329.
  248. ^ Evans 2008, p. 343.
  249. ^ a b c d DeLong 1997.
  250. ^ Evans 2005, p. 345.
  251. ^ Tooze 2006, p. 97.
  252. ^ Tooze 2006, pp. 125–127.
  253. ^ Tooze 2006, p. 131.
  254. ^ Tooze 2006, pp. 106, 117–118.
  255. ^ Tooze 2006, pp. 308–309.
  256. ^ Evans 2005, pp. 322–326, 329.
  257. ^ Evans 2005, p. 320.
  258. ^ Evans 2005, pp. 330–331.
  259. ^ Evans 2005, p. 166.
  260. ^ Evans 2005, pp. 327–328, 338.
  261. ^ Evans 2005, pp. 328, 333.
  262. ^ a b Evans 2005, p. 331.
  263. ^ a b Kershaw 2008, p. 289.
  264. ^ McNab 2009, pp. 54, 71.
  265. ^ Tooze 2006, pp. 61–62.
  266. ^ Evans 2005, pp. 357–360.
  267. ^ Evans 2005, p. 360.
  268. ^ Tooze 2006, p. 294.
  269. ^ Evans 2005, pp. 141–142.
  270. ^ McNab 2009, p. 59.
  271. ^ Overy 2006, p. 252.
  272. ^ Speer 1971, pp. 263–264.
  273. ^ Tooze 2006, pp. 354–356.
  274. ^ Evans 2008, p. 333.
  275. ^ Speer 1971, p. 337.
  276. ^ Fest 1999, pp. 142–44, 146–50.
  277. ^ Beyer & Schneider.
  278. ^ Panayi 2005, pp. 490, 495.
  279. ^ Hamblet 2008, pp. 267–268.
  280. ^ Nazi forced labour 1942.
  281. ^ Special treatment 1942.
  282. ^ USHMM, Women in the Third Reich.
  283. ^ Evans 2008, p. 361.
  284. ^ Evans 2008, pp. 358–359.
  285. ^ Davis 1995.
  286. ^ Speer 1971, pp. 524–527.
  287. ^ Overy 2006, pp. 128–130.
  288. ^ a b Shirer 1960, p. 943.
  289. ^ a b Shirer 1960, p. 945.
  290. ^ Spotts 2002, pp. 377–378.
  291. ^ Manvell 2011, pp. 283–285.
  292. ^ Shirer 1960, p. 946.
  293. ^ Evans 2008, p. 334.
  294. ^ Shirer 1960, p. 944.
  295. ^ Shirer 1960, pp. 943–944.
  296. ^ Longerich 2010, pp. 30–32.
  297. ^ Shirer 1960, p. 203.
  298. ^ Majer 2003, p. 92.
  299. ^ Majer 2003, p. 60.
  300. ^ Longerich 2010, pp. 38–39.
  301. ^ Longerich 2010, pp. 67–69.
  302. ^ Longerich 2010, p. 41.
  303. ^ Shirer 1960, p. 233.
  304. ^ Kitchen 2006, p. 273.
  305. ^ Longerich 2010, pp. 112–113.
  306. ^ Longerich 2010, p. 117.
  307. ^ Longerich 2010, p. 127.
  308. ^ a b Evans 2005, pp. 555–558.
  309. ^ a b USHMM, Genocide of European Roma.
  310. ^ Longerich 2010, pp. 138–141.
  311. ^ Evans 2008, pp. 75–76.
  312. ^ a b Kershaw 2008, p. 295.
  313. ^ Longerich 2010, pp. 47–48.
  314. ^ Niewyk & Nicosia 2000, p. 45.
  315. ^ a b Kershaw 2000a, p. 111.
  316. ^ Berghahn 1999, p. 32.
  317. ^ Powszechna PWN 2004, p. 267.
  318. ^ Heinemann et al. 2006.
  319. ^ a b Snyder 2010, p. 416.
  320. ^ Overy 2005, p. 544.
  321. ^ Nicholas 2006, p. 247.
  322. ^ Lukas 2001, p. 113.
  323. ^ Sereny 1999.
  324. ^ Kershaw 2008, p. 683.
  325. ^ Snyder 2010, pp. 162–163, 416.
  326. ^ Dorland 2009, p. 6.
  327. ^ Rummel 1994, table, p. 112.
  328. ^ Hosking 2006, p. 242.
  329. ^ Smith 1994, p. 204.
  330. ^ Longerich, Chapter 17 2003.
  331. ^ Longerich 2012, pp. 555–556.
  332. ^ Evans 2008, pp. 256–257.
  333. ^ Browning 2005, pp. 188–190.
  334. ^ Longerich 2010, pp. 279–280.
  335. ^ USHMM, Children during the Holocaust.
  336. ^ Fleming 2014, pp. 31–32, 35–36.
  337. ^ Evans 2008, pp. 559–560.
  338. ^ Evans 2008, pp. 555–556, 560.
  339. ^ Evans 2008, pp. 560–561.
  340. ^ Materski & Szarota 2009, p. 9.
  341. ^ Wrobel 1999.
  342. ^ Shirer 1960, p. 952.
  343. ^ Goldhagen 1996, p. 290.
  344. ^ Evans 2008, pp. 295–296.
  345. ^ Shirer 1960, p. 954.
  346. ^ Shirer 1960, pp. 951, 954.
  347. ^ Nakosteen 1965, p. 386.
  348. ^ Pine 2011, pp. 14–15, 27.
  349. ^ Shirer 1960, p. 249.
  350. ^ Evans 2005, p. 270.
  351. ^ Evans 2005, p. 269.
  352. ^ Evans 2005, pp. 263–264, 270.
  353. ^ a b c Evans 2005, p. 264.
  354. ^ Shirer 1960, p. 255.
  355. ^ Pine 2011, pp. 13–40.
  356. ^ Evans 2005, pp. 263–265.
  357. ^ Farago 1972, p. 65.
  358. ^ Evans 2005, p. 265.
  359. ^ Evans 2005, p. 292.
  360. ^ Evans 2005, pp. 302–303.
  361. ^ Evans 2005, p. 305.
  362. ^ Evans 2005, pp. 295–297.
  363. ^ Evans 2005, p. 293.
  364. ^ Evans 2005, p. 299.
  365. ^ a b Evans 2005, pp. 516–517.
  366. ^ Heidelberg University Library.
  367. ^ Rupp 1978, p. 45.
  368. ^ Evans 2005, pp. 518–519.
  369. ^ Evans 2005, pp. 332–333.
  370. ^ Evans 2005, p. 369.
  371. ^ Kershaw 2008, p. 749.
  372. ^ McNab 2009, p. 164.
  373. ^ Stephenson 2001, p. 70.
  374. ^ Evans 2005, p. 297.
  375. ^ Pauley 2003, pp. 119–137.
  376. ^ Overy 2005, p. 248.
  377. ^ Rupp 1978, pp. 45–46.
  378. ^ Evans 2005, p. 272.
  379. ^ Grunberger 1971, p. 278.
  380. ^ Biddiscombe 2001, pp. 612, 633.
  381. ^ Biddiscombe 2001, p. 612.
  382. ^ Rupp 1978, pp. 124–125.
  383. ^ a b Longerich 2012, p. 370.
  384. ^ a b c Longerich 2012, p. 371.
  385. ^ Evans 2005, p. 521.
  386. ^ Evans 2005, p. 515.
  387. ^ Proctor 1999, p. 196.
  388. ^ Proctor 1999, p. 198.
  389. ^ Proctor 1999, p. 203.
  390. ^ Evans 2005, p. 319.
  391. ^ Proctor 1999, p. 40.
  392. ^ Busse & Riesberg 2004, p. 20.
  393. ^ Evans 2008, p. 611.
  394. ^ Evans 2008, p. 608.
  395. ^ Evans 2008, pp. 609–661.
  396. ^ Evans 2008, p. 612.
  397. ^ DeGregori 2002, p. 153.
  398. ^ Hanauske-Abel 1996, p. 10.
  399. ^ Uekötter 2006, p. 56.
  400. ^ Closmann 2005, pp. 30–32.
  401. ^ Closmann 2005, pp. 18, 30.
  402. ^ Uekötter 2005, pp. 113, 118.
  403. ^ Evans 2005, p. 222.
  404. ^ USHMM, The German Churches and the Nazi State.
  405. ^ Shirer 1960, p. 237.
  406. ^ a b c Shirer 1960, p. 240.
  407. ^ Shirer 1960, pp. 234–238.
  408. ^ Evans 2005, pp. 220–230.
  409. ^ Kershaw 2008, pp. 295–297.
  410. ^ a b c d Berben 1975, p. 140.
  411. ^ a b Shirer 1960, pp. 238–239.
  412. ^ Shirer 1960, p. 239.
  413. ^ Berben 1975, pp. 276–277.
  414. ^ Kershaw 2008, p. 332.
  415. ^ Kershaw 2008, p. 290.
  416. ^ Evans 2005, pp. 234–235.
  417. ^ Gill 1994, p. 57.
  418. ^ a b Shirer 1960, pp. 234–235.
  419. ^ Kershaw 2008, p. 315.
  420. ^ Conway 2001, p. 92.
  421. ^ Evans 2005, pp. 226, 237.
  422. ^ Evans 2005, pp. 239–240.
  423. ^ Evans 2005, pp. 241–243.
  424. ^ Evans 2005, pp. 245–246.
  425. ^ Fest 1996, p. 377.
  426. ^ Evans 2005, p. 244.
  427. ^ USHMM, Dachau.
  428. ^ Berben 1975, pp. 141–142.
  429. ^ Libionka, The Catholic Church in Poland.
  430. ^ Davies 2003, pp. 86, 92.
  431. ^ Klemperer 1992, pp. 4–5.
  432. ^ Cox 2009, pp. 33–36.
  433. ^ Shirer 1960, p. 372.
  434. ^ Hoffmann 1988, p. 2.
  435. ^ Evans 2008, pp. 626–627.
  436. ^ Evans 2008, pp. 625–626.
  437. ^ Evans 2008, pp. 626–269.
  438. ^ Evans 2008, pp. 634, 643.
  439. ^ Gill 1994, p. 2.
  440. ^ Evans 2008, p. 630.
  441. ^ Evans 2005, pp. 669–671.
  442. ^ Shirer 1960, p. 659.
  443. ^ Evans 2008, p. 631.
  444. ^ Evans 2008, p. 635.
  445. ^ Kershaw 2008, pp. 816–818.
  446. ^ Shirer 1960, pp. 1048–1072.
  447. ^ Boeckl-Klamper, Mang & Neugebauer 2018, pp. 299–305.
  448. ^ Schafranek 2017, pp. 161–248.
  449. ^ Grunberger 1971, p. 18.
  450. ^ Kershaw 2008, pp. 182, 203, 272.
  451. ^ Evans 2005, pp. 465–467.
  452. ^ Shirer 1960, p. 265.
  453. ^ Shirer 1960, pp. 241–242.
  454. ^ Evans 2005, pp. 133–135.
  455. ^ Evans 2005, p. 136.
  456. ^ a b Evans 2005, p. 16.
  457. ^ Evans 2005, pp. 143–144.
  458. ^ Shirer 1960, p. 149.
  459. ^ Dussel 2010, pp. 545, 555–557.
  460. ^ Evans 2005, pp. 146–147.
  461. ^ Dussel 2010, pp. 561.
  462. ^ Evans 2005, pp. 152–159.
  463. ^ Shirer 1960, p. 241.
  464. ^ Scobie 1990, p. 92.
  465. ^ Evans 2005, p. 181.
  466. ^ Speer 1971, pp. 92, 150–151.
  467. ^ Speer 1971, pp. 115–116, 190.
  468. ^ Evans 2005, p. 168.
  469. ^ Evans 2005, p. 169.
  470. ^ Shirer 1960, pp. 243–244.
  471. ^ Evans 2005, pp. 171, 173.
  472. ^ Evans 2005, p. 187.
  473. ^ Evans 2005, p. 199.
  474. ^ Evans 2005, p. 204.
  475. ^ Evans 2005, pp. 199–200.
  476. ^ Evans 2005, p. 130.
  477. ^ SPIO, Department of Statistics.
  478. ^ Evans 2005, pp. 130–132.
  479. ^ The Daily Telegraph, 2003.
  480. ^ Evans 2005, pp. 125–126.
  481. ^ a b Evans 2008, p. 741.
  482. ^ Shirer 1960, p. 1143.
  483. ^ Marcuse 2001, p. 98.
  484. ^ Rees 2005, pp. 295–96.
  485. ^ Fischer 1995, p. 569.
  486. ^ Murray & Millett 2001, p. 554.
  487. ^ Kershaw 2000a, pp. 1–6.
  488. ^ Welch 2001, p. 2.
  489. ^ Evans 2009, p. 56.
  490. ^ a b The Economist 2015.
  491. ^ Strafgesetzbuch, section 86a.
  492. ^ Wüstenberg & Art 2008, pp. 74–80.
  493. ^ Evans 2008, pp. 748–749.
  494. ^ a b c Sontheimer 2005.
  495. ^ Goebel 2017.
  496. ^ Posener 2018.

Bibliography

External links