プリンストン大学

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

プリンストン大学
Princeton Univ seal.svg
プリンストン大学の盾
ラテン語Universitas Princetoniensis
以前の名前
ニュージャージー大学
(1746–1896)
モットーDei Sub Numine Vigetラテン語[1]
シールVet [us] Nov [um] Testamentum(ラテン語)
英語のモットー
神の力の下で彼女は繁栄します[1]
封印:旧約聖書と新約聖書
タイプ私立 研究大学
設立1746年1月18日; 275年前 (1746-01-18)
学問的所属
AAU
URA
NAICU [2]
シーグラント
スペースグラント
寄付266億ドル(2020年)[3]
大統領クリストファーL.アイスグルバー
プロヴォストデボラ・プレンティス
大学職員
1,289 [4]
管理スタッフ
1,103
学生8,419(2019年秋)[5]
学部生5,422(2019年秋)[5]
大学院生2,997(2019年秋)[5]
ロケーション
プリンストン
ニュージャージー
アメリカ

40°20'43 "N74 °39'22" W / 40.34528°N 74.65611°W / 40.34528; -74.65611座標 40°20'43 " N74°39'22" W  / 40.34528°N 74.65611°W / 40.34528; -74.65611 [6]
キャンパス郊外大学の町500エーカー(2.0 km 2
(プリンストン)[1]
オレンジと黒[7]
   
ニックネームタイガース
スポーツ所属
NCAAディビジョンI
アイビーリーグECACホッケーEARCEIVA
MAISA
ウェブサイトプリンストン.edu

プリンストン大学があるプライベート アイビーリーグの 研究大学プリンストン、ニュージャージー州1746年にエリザベス ニュージャージー大学プリンストン校は、米国で4番目に古い高等教育機関でありアメリカ独立戦争以前に設立された9つの植民地時代の大学の1つです[8] [a]機関は1747年ニューアーク移転し、9年後に現在の場所に移転しました。 1896年にプリンストン大学に改名されました。

プリンストンは人文科学社会科学自然科学、および工学の学部および大学院の指導を提供しています。それはを通じて、プロの学位を提供しています公共・国際問題のプリンストン大学エンジニアリングおよび応用科学科建築科金融のためBendheimセンター。大学はまた、エネルギー省のプリンストンプラズマ物理研究所を管理しています。プリンストンは、米国で学生一人当たりの最大の寄付金を持っています。

2021年5月の時点で、69人のノーベル賞受賞者16人のフィールズ賞受賞者16人のチューリング賞受賞者が、卒業生、教員、または研究者としてプリンストン大学に所属しています。さらに、プリンストンは、21人の国家科学受賞者、5人のアーベル賞受賞者、11人の国家人文科学受賞者、215人のローズ奨学生、139人のゲイツケンブリッジ奨学生、137人のマーシャル奨学生と関係があります。 2人の米国大統領、12人の米国最高裁判所判事(そのうち3人は現在法廷に出廷している)そして多くの生きている億万長者と外国の元首はすべてプリンストンの卒業生の体の中に数えられている。プリンストンはまた、8人の国務長官、3人の国防長官、2人の統合参謀本部議長を含む米国議会米国内閣の多くのメンバーを卒業しました

歴史[編集]

ナッソーホールの200周年を祝う1956年の記念3セント切手

プリンストン大学は、ニュージャージー州の大学として設立され、「の後継者と見なすことができるログ・カレッジ牧師によって設立されました」、ウィリアム・Tennent Neshaminy、PA(近現代ではウォーミンスター、PA 1726程度に)[13 ] New Light Presbyteriansは、1746年にニュージャージー州エリザベスにニュージャージー大学を設立しました。その目的は大臣を訓練することでした。[14]大学はスコットランド長老派アメリカの教育と宗教の首都でした。アメリカ独立戦争中に卒業生が王冠の側に立っていたハーバードとは異なり、プリンストンは当時の宗教的ニーズを満たすために設立され、その卒業生の多くは戦争でアメリカ側になりました。[13] 1754年、ニュージャージー大学の受託者は、ジョナサンベルチャー知事の関心を認めて、研究所をベルチャー大学と名付けるべきであると提案した。ベルチャーは答えた:「それはなんという名前でしょう!」[15] 1756年、大学はキャンパスをニュージャージー州プリンストンに移転した。プリンストンのその家は、オラニエ・ナッソー王家にちなんで名付けられナッソーホールでした。イギリスウィリアム3世の

プリンストンの最初の5人の大統領の早すぎる死後ジョン・ウィザースプーンは1768年に大統領になり、1794年に亡くなるまでその職に留まりました。大統領時代、ウィザースプーンは大学の焦点を大臣の訓練から新世代の世俗的なリーダーシップの準備に移しました。アメリカの国。この目的のために、彼は学業基準を厳しくし、大学への投資を求めました。[16]ウィザースプーンの大統領職は大学の長期の安定を構成し、アメリカ独立戦争、特にプリンストン戦いによって中断されただけであり、その間イギリス兵はナッソーホールを一時的に占領した。ジョージ・ワシントン率いるアメリカ軍建物に砲弾を発射し、建物に侵入し、イギリス軍が降伏した。

ジョン・ウィザースプーン、大学の学長(1768-94)、独立宣言の署名者

1812年、ニュージャージー大学の8番目の学長であるアシュベルグリーン(1812–23)は、隣のプリンストン神学校の設立を支援しました[17]神学的カリキュラムを延長する計画は、「ニュージャージー大学の当局の熱心な承認」で満たされました。[18]今日、プリンストン大学とプリンストン神学校は、相互登録や相互図書館アクセスなどのサービスを含む関係を持つ別々の機関を維持しています。[19] [20]

1803年にスタンホープホールが建設される前は、ナッソーホールは大学の唯一の建物でした。建物の礎石は1754年9月17日に置かれた。[21] 1783年の夏、大陸会議はナッソーホールで会合し、プリンストンを4か月間国の首都にした。[22]何世紀にもわたって、大規模な火災(1802年と1855年)に続く2回の再設計により、ナッソーホールの役割は、オフィス、寮、図書館、教室スペースで構成される多目的ビルから、現在の役割のみに移行しました。大学の行政センター。 1879年のクラスは、ツインライオンの彫刻を寄贈しました同じクラスがトラに取って代わった1911年まで、それは入り口に隣接していました。[23]ナッソーホールのベルは、ホールの建設後に鳴った。しかし、1802年の火事で溶けました。その後、ベルは再鋳造され、1855年の火事で再び溶けました。[23]

1906年のキャンパスの鳥瞰図

ジェームズ・マコッシュは1868年に大学の学長に就任し、南北戦争によってもたらされた低期間から大学を解任しました[24]彼の20年間の奉仕の間に、彼はカリキュラムを見直し、科学への調査の拡大を監督し、キャンパスへの高ビクトリア朝のゴシック様式の多くの建物の追加を監督した[24]マッコッシュホールは彼に敬意を表して名付けられた。[23]

1879年に、哲学博士(Ph.D.)の最初の論文が、1877年のクラスのジェームズF.ウィリアムソンによって提出されました。

1896年に、大学は、それが存在する町を称えるために、正式にニュージャージー大学からプリンストン大学に名前を変更しました[25]今年、大学も大幅に拡張され、正式に大学になりました。 1900年に大学院が設立されました。[26]

1902年、1879年のクラスを卒業したウッドロウウィルソンが大学の第13代学長に選出されました。[26]ウィルソンの下で、プリンストンは1905年に指導システムを導入しました。これは、学生の小グループまたは指導者が相互作用できる、より個人的な形式で教える標準的な講義方法を強化した、当時は米国で独自の概念でした。関心のある分野の単一のインストラクター、または指導者。[27]

1906年、カーネギー湖の貯水池アンドリューカーネギーによって作成されました[26]湖の建設の歴史的写真のコレクションは、プリンストンのキャンパスにあるシーリーG.マッド原稿図書館保管されています。[28] 1913年10月2日、プリンストン大学大学院が献堂された。[26] 1919年に建築学校が設立されました。[26] 1933年、アルバートアインシュタイン高等研究所の生涯会員になりました。プリンストンキャンパスにオフィスがあります。常に大学から独立している間、高等研究所は、1933年の開設から、キャンパスが完成して1939年に開設されるまで、6年間ジョーンズホールの事務所を占有していました。

男女共学[編集]

ファーストレディ ミシェルオバマ、1985年のクラス
最高裁判所 裁判官 ソニアソトマイヨール、1976年のクラス

1887年から、大学は、プリンストンの町のエブリン通りとナッソー通りにある姉妹大学であるエブリン女子大学を維持し、人員を配置しました。約10年の運用後に閉鎖されました。サラローレンス大学との打ち切りの話し合いの後1967年に女子大学をプリンストンに移転して大学と統合するために、政権は女性を受け入れることを決定し、学校の運営と施設を女性に優しいキャンパスに変えるという問題に目を向けました。大学は、入学許可書が郵送されたのと同じように、1969年4月にこれらの計画を終了しました。その5年間の男女共学計画は、1974年までにプリンストンで650人の女性学生を収容し、教育する新しい施設の開発に780万ドルを提供しました。最終的に、100人の新入生と他の年の転校生からなる148人の女性が9月6日にプリンストンに入学しました。 、多くのメディアの注目の中で1969年。プリンストンは、トルコの歴史の博士課程の候補者として、最初の女性大学院生であるSabra FollettMeserveyを登録しました。1961年に少数の学部生の女性が1963年からプリンストンで学び、そこで3年生を過ごして、プリンストンの提供物が自国の教育機関の提供物を上回った「重要な言語」を研究しました。彼らはキャンパスでの1年間の正規の学生と見なされていましたが、プリンストン大学の学位の候補者ではありませんでした。[要出典]

1798年頃に奴隷制に生まれたベッツィーストックトンの肖像画[29]

サリー・フランクによる1979年の訴訟の結果、プリンストンの食堂は、合衆国最高裁判所への上訴が却下された後、1991年に男女共学になることを要求されました。[30] 1987年に、大学は学校の男女共学の学生の体を反映するために「オールドナッソー」の性別の歌詞を変更しました。[31] 2009年から2011年まで、プリンストン大学のナンネルO.ケオハネ教授は、当時のシャーリーM.ティルマン大統領によって任命された大学の学部女性のリーダーシップに関する委員会の議長を務めた[32]

プリンストンと奴隷制[編集]

2017年には、プリンストン大学では、大規模な発表公共の歴史デジタル人文学と歴史的関与の調査奴隷のような高等教育の他の機関によって生成奴隷制の研究以下、ブラウン大学ジョージタウン大学を[33] [34] [35]プリンストン&奴隷制プロジェクトは、歴史学教授のマーサA.サンドワイスが2013年に始めた学部生と大学院生のチームは、プリンストンの初期の大統領と評議員の奴隷制の慣行、18世紀と19世紀のプリンストン学生の大部分の南部の起源、前哨戦期間中のプリンストンの人種的暴力などのトピックの研究を開始しました。[36] [37]

Princeton&Slavery Projectは、2017年11月に、80を超える学術エッセイと数百の一次資料のデジタルアーカイブを含むWebサイトで調査結果をオンラインで公開しました。[33] [34]学術会議、プロジェクトの調査結果に基づいてマッカーター劇場から委託された7つの短編劇の初演、および行われた奴隷販売を記念するアメリカ人アーティスト、タイタス・カファーによるパブリックアートインスタレーションに関連して立ち上げられたウェブサイト1766年に歴史的な大統領官邸で。[38] [39]

2018年4月、大学の評議員は、ジェームズ・コリンズ・ジョンソンとベッツィー・ストックトンの2つの公共スペースに名前を付けることを発表しました[40] [41]このプロジェクトは、プリンストン神学校南部バプテスト神学校での制度的奴隷制研究のモデルとしても役立った[42] [43]

キャンパス[編集]

キャンパスへの入り口の1つであるワシントンロードエルムアレーの東側

メインキャンパスは、ニュージャージー州プリンストンの約500エーカー(2.0 km 2)にあります。ジェームズフォレスタルキャンパスは、主に研究と指導の複合施設として設計された小さな場所で、近くのプレインズボロサウスブランズウィックに分かれています。キャンパスは、ニューヨーク市とフィラデルフィアの両方から約1時間の場所にあります大学はまたウェストウィンザータウンシップ[1]44に約500エーカー(2.0 km 2)の不動産を所有しており、プリンストンは「レイクキャンパスノース」として知られる大学院生の集合住宅の建設を計画しています。[44]

キャンパスのメインコンサートホールアレクサンダーホール

キャンパスの最初の建物はナッソーホールで、1756年に完成し、キャンパスの北端にあるナッソーストリートに面しています。[23]キャンパスは、19世紀初頭から中期にかけてナッソーホール周辺で着実に拡大しました。[45] [46] McCoshの大統領(1868年から1888年)は、建物の数の建設見た高いビクトリア朝のゴシック様式ロマネスク様式のリバイバルそれらの多くは、現在残っているいくつかの場所から出て表示されるように残して、なくなっているものの、スタイルを。[47] 19世紀の終わりに、プリンストンの建築の多くは、コープアンドスチュワーソン社(大部分を設計したのと同じ建築家)によって設計されました。セントルイスのワシントン大学ペンシルベニア大学)が生じ大学ゴシック様式の大学は、今日のために知られているスタイル。[48]によって最初に実装ウィリアム・アップルトン・ポッター[48]大学の監督建築家、によって施行以降ラルフ・アダムズ・クラムは[49]大学のゴシック様式が1960年までプリンストンキャンパス上のすべての新しい建物のための標準を維持し、[50] [51] 1960年代の建設プロジェクトの急増により、メインキャンパスの南側に多くの新しい建物が生まれ、その多くはあまり受け入れられていませんでした。[52]フランクゲーリー(ルイス図書館)、[53] IMペイ(スペルマンホール)、[54] デメトリポルフィリオスウィットマンカレッジ、大学ゴシックプロジェクト)、[55] ロバートベンチュリデニスなど、いくつかの著名な建築家が最近の追加に貢献しています。スコットブラウンフリストキャンパスセンターなど)、[56]ラファエルビニョリーカールアイカーン研究所)。[57]

キャンパス全体に散らばっている20世紀の彫刻のグループは、パトナム彫刻コレクションを形成しています。それは作品が含まアレクサンダー・カルダー:1つの空の5枚のディスク、)ジェイコブ・エプスタインアルバート・アインシュタイン)、ヘンリー・ムーアポイント付きオーバル)、イサム・ノグチホワイト日)、そしてパブロ・ピカソ女性の頭を)。[58] リチャード・セラヘッジホッグとフォックスは、プリンストンスタジアムとルイス図書館の隣のペイトンホールとファインホールの間にあります。[59]

キャンパスの南端には、アンドリュー・カーネギーにちなんで名付けられた人工湖であるカーネギー湖があります。カーネギーは、プリンストンの卒業生であった友人の要請により、1906年に湖の建設に資金を提供しました。[60]カーネギーは、ボートを漕ぐ機会がプリンストンの学生にサッカーを見捨てる気にさせることを望んでいたが、それは彼が「紳士的ではない」と考えた。[61]湖の岸にあるシアローイングセンターは、プリンストンローイングの本部として引き続き機能している。[62]

キャノングリーン[編集]

キャノングリーンca. 1909年、イーストパイン、ホイッグ、クリオホール

ナッソーホールの南の芝生の中央の地面に埋められているのは「ビッグキャノン」で、プリンストンの戦いに続いてイギリス軍が逃げたときにプリンストンに残されました。それはニューブランズウィックに連れて行かれた1812年戦争までプリンストンに残った[63] 1836年に大砲はプリンストンに戻され、町の東端に配置された。 1838年にプリンストンの学生によって夜の覆いの下でキャンパスに移され、1840年に現在の場所に埋葬された。[64]

2つ目の「リトルキャノン」は、近くのウィッグホールの前の芝生に埋葬されています。プリンストンの戦いでも捕獲された可能性のあるこの大砲は、1875年ラトガーズ大学の学生によって盗まれました。盗難はラトガース-プリンストン大砲戦争に火をつけました。プリンストンとラトガースの大統領の間の妥協は戦争を終わらせ、リトルキャノンをプリンストンに戻すことを余儀なくされた。[65]突き出た大砲は、伝統的な論争を続けるラトガースの学生によって時折緋色に塗られる。[66] [67] [68]

プリンストンフットボールチームが同じシーズンにハーバード大学イェール大学の両方のチームを打ち負かした年に、プリンストンはキャノングリーンで焚き火で祝います。これは2012年に発生し、5年間の干ばつが終わりました。次の焚き火は2013年11月24日に発生し、インターネット上で生放送されました。[69]

風景[編集]

プリンストンの敷地は、1912年から1943年の間にベアトリクスファーランドによって設計されました。彼女の貢献は、最近、彼女の中庭の名前で認められました。[70]その後の景観の変更は、2000年にQuennell Rothschild&Partnersによって導入されました。2005年に、Michael VanValkenburghがキャンパスの新しいコンサルティング景観アーキテクトとして採用されました。[71] リンデン・B・ミラーは、キャンパス全体に分散している17の庭園に焦点を当て、プリンストンのコンサルティングガーデニングアーキテクトとして彼と一緒に働くよう招待されました。[72]

建物[編集]

ナッソーホール[編集]

1903年の写真のナッソーホール(1756)、キャンパスで最も古い建物、ニュージャージー州議会の元の家、1783年夏のアメリカ合衆国の首都

ナッソーホールは、キャンパス内で最も古い建物です。 1754年に始まり、1756年に完成し[23]、1776年にニュージャージー州議会の最初の議席となり[73]、1777年にプリンストンの戦いに関与し[23]、連合会議の議席となった。(したがって、アメリカ合衆国の州議会議事堂)1783年6月30日から1783年11月4日まで。[74] [75]現在は大学学長の事務所と他の行政事務所を収容しており、キャンパスの象徴的な中心地であり続けている。[76]正面玄関には、1879年のプリンストンクラスからの贈り物である2頭のブロンズタイガーが隣接している。[23]天気の良い日はナッソーホールの前庭で開校します。[77] 1966年、ナッソーホールは国家歴史登録財に追加されました[78]

寄宿制大学[編集]

プリンストンには6つの学部寄宿制大学があり、それぞれに約500人の新入生、2年生、一部のジュニアとシニア、および少数のジュニアとシニアの寄宿制アドバイザーがいます。各大学は、一連の寮、食堂、学習スペース、図書館、パフォーマンススペース、暗室などのさまざまなその他の設備、および管理者と関連する教員の集まりで構成されています。ファーストカレッジフォーブスカレッジ(以前はそれぞれウッドロウウィルソンカレッジとプリンストンインカレッジ)の2つのカレッジは、1970年代にさかのぼります。他の3人、ロックフェラーマシーバトラー大学は、1983年に学部居住生活委員会(CURL)の報告書に続いて作成されました。この報告書は、断片化されたとされるキャンパスの社会生活の解決策として寄宿制大学を設立することを提案しました。大学の6番目の寄宿制大学であるホイットマンカレッジの建設は2007年に完了した。[79]

ロックフェラーとマシーは、キャンパスの北西の角にあります。プリンストンのパンフレットには、多くの場合、大学のゴシック建築が掲載されています。プリンストンのゴシック様式の建物のほとんどと同様に、それらは寄宿制大学のシステムよりも前からあり、個々の寮から大学に形作られました。[80] [81]

キャンパスの中心の南に位置するファーストアンドバトラーは、1960年代に建てられました。最初は、寄宿制大学システムの確立における初期の実験として役立った。バトラーは、ロックフェラーやマシーのように、食堂が追加されて寄宿制大学になる前は、通常の寮のコレクション(「ニューニュークワッド」と呼ばれる)で構成されていました。 「ワッフル天井」を含むエッジの効いたモダニズムデザインが広く嫌われていたバトラークワッドの寮は、2007年に取り壊されました。バトラーは現在、4年制の寄宿制大学として再開され、下級生と上級生の両方が住んでいます。[82]

フォーブスは、プリンストンゴルフコースを見下ろす優雅なホテル、歴史的なプリンストンインの敷地内にあります。もともと1924年に建設されたプリンストンインは、重要なシンポジウムや、大学と近くの高等研究所の両方からの著名な学者の集まりを長年にわたって定期的に開催していました。[83]フォーブスは現在、寮に500人近くの学部生を収容している。[84]

2003年、プリンストンは、1977年にプリンストンを卒業した主なスポンサーであるメグホイットマンちなんで、ウィットマンカレッジという名前の6番目の大学に着手しました。新しい寮は大学ゴシック建築様式で建設され、建築家デメトリポルフィリオスによって設計されました。 2007年に建設が完了し、同じ年にプリンストンの6番目の寄宿制大学としてホイットマンカレッジが発足しました。[85]

アメリカの現在の大学制度の先駆けは、もともと20世紀初頭にウッドロウウィルソン大学学長によって提案されました。しかし、800年以上の間、大学システムはすでに英国のケンブリッジ大学とオックスフォード大学に存在していました。ウィルソンのモデルは、4年制大学を特徴とするイェール大学の現在のシステムにはるかに近いものでした。受託者の支援がなかったため、計画は1968年まで停滞しました。その年、ウィルソン大学は、飲食クラブの一連の代替案を制限するために設立されました。現在の寄宿制大学制度が出現する前に、激しい議論が激化した。計画は最初にエール大学で試みられましたが、政権は当初無関心でした。憤慨した卒業生、エドワード・ハークネス、1920年代にハーバードで大学システムを実装するために最終的に支払われ、大学システムはエール大学からの資金提供を受けてハーバードで実行されたプリンストンのアイデアであるというよく言われる格言につながりました。[86]

プリンストンには、キャンパスの郊外にあるフォーブス大学の向こう側に、単に大学院大学と呼ばれる1つの大学院寄宿制大学があります。 GCの遠く離れた場所は、ウッドロウウィルソンと当時の大学院の学部長アンドリューフレミングウェストの間の争いの台無しでした。ウィルソンは大学の中心的な場所を好みました。 Westは、大学院生をキャンパスからできるだけ遠ざけることを望んでいました。最終的には、西が勝った。[83]大学院大学は、世界クラスのカリヨンも収容している地元のランドマークであるクリーブランドタワーが冠をかぶった大きな大学ゴシックセクションで構成されています。付属のニューグラデュエイトカレッジは、建築様式のモダンなコントラストを提供します。[87]

マッカーターシアター[編集]

マッカーターシアター

トニー賞を受賞した[88] マッカーターシアター、学生のパフォーマンスグループであるプリンストントライアングルクラブによって、クラブの利益とプリンストン大学の卒業生であるトーマスマッカーターからの贈り物を使用して建設されました今日、トライアングルクラブはマッカーターで毎年恒例の新入生のレビュー、秋のショー、そして再会のパフォーマンスを行っています。マッカーターはまた、米国の主要な地域劇場の1つとして認識されています。[要出典]

美術館[編集]

美術館

The Princeton University Art Museum was established in 1882 to give students direct, intimate, and sustained access to original works of art that complement and enrich instruction and research at the university. This continues to be a primary function, along with serving as a community resource and a destination for national and international visitors.[citation needed]

92,000を超えるオブジェクトを数えるコレクションは、古代から現代美術まで多岐にわたり、地理的に地中海地域、西ヨーロッパ、中国、米国、ラテンアメリカに集中してます。アンティオキアの学部発掘調査からの陶器、大理石、青銅、ローマ時代のモザイクなど、ギリシャローマの 古物のコレクションがあります。中世ヨーロッパは、彫刻、金属細工、ステンドグラスで表されます。西ヨーロッパの絵画のコレクションには、ルネサンス初期から19世紀までの例が含まれており、モネの傑作が含まれています[89] [90] [91]セザンヌ、[92]とヴァンゴッホ[93]は、アンディウォーホルのブルーマリリンなどの象徴的な絵画を含む、20世紀と現代美術のコレクションを増やしています。 [94]

美術館の最大の特徴の1つは、ブロンズ、墓の置物、絵画、書道などの重要な所蔵品を所蔵する中国美術のコレクションですコロンブス以前の芸術のコレクションにはマヤの芸術の例が含まれており、ラテンアメリカ以外のコロンブス以前の芸術の最も重要なコレクションであると一般に考えられています。博物館には、古いマスタープリントやドローイングのコレクションと、27,000枚を超えるオリジナル写真の包括的なコレクションがあります。アフリカの芸術と北西海岸のインドの芸術も表されます。博物館はまた、屋外のパトナム彫刻コレクションを監督しています。[要出典]

大学礼拝堂[編集]

The Princeton University Chapel, built between 1924 and 1928

The Princeton University Chapel is located on the north side of campus, near Nassau Street. It was built between 1924 and 1928, at a cost of $2.3 million,[95] approximately $34.2 million in 2020 dollars. Ralph Adams Cram, the University's supervising architect, designed the chapel, which he viewed as the crown jewel for the Collegiate Gothic motif he had championed for the campus.[96] At the time of its construction, it was the second largest university chapel in the world, after King's College Chapel, Cambridge.[97] It underwent a two-year, $10 million restoration campaign between 2000 and 2002.[98]

外側で測定すると、礼拝堂の長さは277フィート(84 m)、翼廊の幅は76フィート(23 m)、高さは121フィート(37 m)です。[99]外装はペンシルベニア 砂岩、トリムにはインディアナ 石灰岩が使用されています。[100]内部は主に石灰岩とアクイアクリーク砂岩です。デザインは中世の英国の教会を連想させます。[101]ステンドグラス、石細工、木彫りの広範な図像は、宗教と学問を結びつけるという共通のテーマを持っています。[96]

チャペルは約2,000席あります。[102] [103]毎週の公会議[104]毎日のローマカトリックミサ[105] [106]、そしていくつかの年次特別イベントを主催しています。

マレー-ダッジホール[編集]

マレー-ダッジホール

Murray-Dodge Hall houses the Office of Religious Life (ORL),[107] the Murray Dodge Theater, the Murray-Dodge Café,[108] the Muslim Prayer Room and the Interfaith Prayer Room.[109] The ORL houses the office of the Dean of Religious Life, Alison Boden,[110] and a number of university chaplains, including the country's first Hindu chaplain, Vineet Chander; and one of the country's first Muslim chaplains, Sohaib Sultan.[111]

Apartment facilities[edit]

プリンストン大学には、大学院生とその扶養家族のためのアパート施設がいくつかあります。レイクサイドアパート、ローレンスアパート、スタンワースアパートです。[112]

持続可能性[編集]

2008年に発表されたプリンストンの持続可能性計画は、大学の持続可能性オフィスの3つの優先分野に焦点を当てています。資源の保護;研究、教育、市民参加。[113]プリンストンは、2020年までに二酸化炭素排出量を1990年レベルに削減することを約束しました。[114]オフセットを購入しないエネルギー[115]大学は、2009年11月に最初のサステナビリティ進捗レポートを発表しました。[116]大学は、紙製品、建設資材、電球、家具、および電子機器に焦点を当てたグリーン購入方針とリサイクルプログラムを採用しました。[より良い情報源が必要][114]購入[117]食堂は、2015年までに75%の持続可能な食品を購入するという目標を設定しました。[114]食品学生組織「GreeningPrinceton」は、大学の行政が環境に配慮することを奨励しようとしています。キャンパスの友好的な方針。[118]

交通機関[編集]

Tiger Transit is the bus system of the university, mostly open to the public and linking University campuses and areas around Princeton. NJ Transit provides bus and rail service in the form of the 600, 609 and 606 and the Dinky. Coach USA, using their subsidiary Suburban Transit, provides bus service to New York City on the 100 and 600 routes.

Organization[edit]

The Trustees of Princeton University, a 40-member board, is responsible for the overall direction of the University. It approves the operating and capital budgets, supervises the investment of the University's endowment and oversees campus real estate and long-range physical planning. The trustees also exercise prior review and approval concerning changes in major policies, such as those in instructional programs and admission, as well as tuition and fees and the hiring of faculty members.

With an endowment of $26.1 billion, Princeton University is among the wealthiest universities in the world.[119] Ranked in 2010 as the third largest endowment in the United States, the university had the greatest per-student endowment in the world (over $2 million for undergraduates) in 2011.[120] Such a significant endowment is sustained through the continued donations of its alumni and is maintained by investment advisers.[121] Some of Princeton's wealth is invested in its art museum, which features works by Claude Monet, Vincent van Gogh, Jackson Pollock, and Andy Warhol among other prominent artists.

学者[編集]

人文科学のいくつかの部門の本拠地であるイーストパインホール、1903年の写真で大学図書館を務めていたとき

学部生は、一般的な教育要件を満たし、さまざまな選択科目から選択し、部門の集中と学際的な証明書プログラムを追求します。必要な独立した仕事は、プリンストンの学部教育の特徴です。学生は、文学士(AB)または工学士(BSE)のいずれかで卒業します。

The graduate school offers advanced degrees spanning the humanities, social sciences, natural sciences, and engineering. Doctoral education is available in most disciplines.[122] It emphasizes original and independent scholarship whereas master's degree programs in architecture, engineering, finance, and public affairs and public policy prepare candidates for careers in public life and professional practice.

大学はとの関係がある高等研究所プリンストン神学校ウェストミンスター合唱団・カレッジライダー大学[要出典] [b]

学部[編集]

キャンパス最大の講堂、マッコッシュ50

人文科学の学部課程は、伝統的に、週に2、3回開催されるセミナーまたは講義であり、「教訓」と呼ばれる追加のディスカッションセミナーがあります。卒業するには、すべてのAB候補者が上級論文を完成させる必要があり、ほとんどの学部では、「ジュニアペーパー」として知られる1つまたは2つの広範な独立した研究を完了する必要があります。建築やクリエイティブアートを含むいくつかの部門のジュニアは、書かれた研究論文とは異なる独立したプロジェクトを完了します。 ABの候補者は、3学期または4学期の外国語の要件と配布の要件(たとえば、倫理、文学、芸術、歴史分析のクラスを含む)を合計31のクラスで満たす必要があります。 BSE候補者は、厳格な科学と数学のカリキュラム、コンピュータサイエンスの要件、およびオプションの上級論文を含む独立した研究の少なくとも2学期に重点を置いた並行トラックに従います。すべてのBSE学生は、少なくとも36のクラスを完了する必要があります。 AB候補者は通常、必要なクラスの数が少ないため、BSE候補者よりもコース選択の自由度が高くなります。それにもかかわらず、の精神でリベラルアーツ教育はどちらも、自己構造化されたカリキュラムを作成する上で比較的高い自由度を享受しています。

学部生は、1893年に制定された倫理規定と呼ばれる学術的完全性ポリシーを順守することに同意します。倫理規定の下では、教員は試験を監督しません。代わりに、学生は互いに監督し、違反の疑いがある場合は、学部生で構成される名誉委員会に報告する必要があります。委員会は報告された違反を調査し、正当な理由がある場合はヒアリングを行います。そのような聴聞会での無罪判決は、聴聞会のすべての記録の破壊をもたらします。有罪判決は、学生の停学または退学につながります。[123]倫理規定で要求される署名された誓約は、学生の学業経験に不可欠であるため、プリンストントライアングルクラブは毎年秋にそれについて歌を歌います。[124] [125]クラス外の演習​​は、懲戒に関する教職員委員会の管轄下にあります。[126]学部生は、彼らが作品を盗用していないことを確認する彼らの書面による作品に誓約書に署名することが期待されています。[127]

入学と学資援助[編集]

入学統計
2019年に登録した最初の年については、2014年と比較して[128] [129]
入学率5.8% Positive decrease −1.6)
歩留まり率70.4% Increase +4.2)
テストスコアは50%中
SAT EBRW710〜770
SAT数学750〜800 Increase 中央値+20)
ACTコンポジット33〜35 Increase 中央値+1.5)
高校GPA
平均3.91 Steady 変更なし)

プリンストンの学部プログラムは非常に選択的であり、2019年から2020年の入学サイクル(2024年のクラス)で学部志願者の5.8%を受け入れます。[5] SATスコアの中央の50%の範囲は1470〜1560であり、ACT複合スコアの中央の50%の範囲は33〜35でした。[5]

モリソンホール、以前はウェストカレッジとして知られていた、学部入学事務局の本拠地

In September 2006, the university announced that all applicants for the Class of 2012 would be considered in a single pool, effectively ending the school's early decision program.[130] In February 2011, following decisions by the University of Virginia and Harvard University to reinstate their early admissions programs, Princeton announced it would institute an early action program, starting with applicants for the Class of 2016.[131] In 2011, The Business Journal rated Princeton as the most selective college in the Eastern United States.[132]

2001年に、以前の改革を拡大して、プリンストン財政援助でのローンの使用を廃止し、それらを助成金に置き換えた最初の大学になりました[133]さらに、すべての入院は必要盲検である[134] 2016年のKiplinger誌は、プリンストンを私立大学の中で最高の価値としてランク付けし、平均卒業債務は8,557ドルであると指摘しました。[135]

グレードデフレ政策[編集]

302号室は、アルバートアインシュタインが教えたときの状態に復元されたフリストキャンパスセンターの講堂です。

2004年、大学の学部長であるナンシーワイスマルキエルは、学部生が受け取るAレンジの成績の数を抑えるために成績デフレ政策を実施しました。[136]マルキエルの主張は、学生の体の大部分がそれらを受け取ったので、Aはその意味を失い始めていたというものでした。[136]政策の下でAの数は確かに減少しているが、多くの人は、プリンストンの学生が仕事や大学院に応募するときにこれが傷ついていると主張している。[136]マルキエルは、プリンストンの学生を平等に考えるように、教育機関に方針を知らせるためにパンフレットを送ったと述べた[136]。しかし、学生たちは、プリンストンの卒業生はそれについて何も知らない他の教育機関に申し込むことができると主張しています。彼らはさらに、他の学校が意図的に成績を上げるにつれて[137]プリンストンの学生のGPAは比較すると低く見えるだろうと主張している。さらに、研究によれば、雇用主は膨らんだ場合でも高学年を好むことが示されています。[138]マルキエルが2010年から2011年の学期の終わりに辞任した後も、この方針は維持された。ポリシーは、以前のレベルと比較してのみグレードを下げます。実際、2009年の時点、またはポリシーが制定されてから5年後の時点で、平均卒業GPAは3.46から3.39にわずかに減少しました。[139]

2014年8月、Valerie Smith大学の学部長が成績デフレの有効性を検討する任務を負った教員委員会は、35%の目標がハードクォータとして誤解され、部門間で一貫して適用されなかっただけでなく、成績が始まったことも発見しました。政策が実施される前の年である2003年に減少する。[140] [141]委員会は、2003年以降に観察された低学年は、デフレ目標自体ではなく、デフレ政策の実施中および実施以降の議論と意識の高まりの結果であると結論付けたため、個人に請求する際に数値目標を削除することを推奨した採点のための一貫した基準を開発している部門。[142] In October 2014, following a faculty vote, the numerical targets were removed as recommended by the committee.[143]

Graduate[edit]

Robertson Hall, the home of the Princeton School of Public and International Affairs

The Graduate School has about 2,600 students in 42 academic departments and programs in social sciences, engineering, natural sciences, and humanities. These departments include the Department of Psychology, Department of History, and Department of Economics.

2017年から2018年にかけて、約11,000件の入学申し込みがあり、約1,000件の応募がありました。[144]大学はまた319博士号を授与した。学位と170の最終修士号。プリンストンには、医学部法科大学院ビジネススクール教育学部はありません。 (1852年に折りたたまれた短命のプリンストンロースクール。)1930年にパブリックスクールとして設立されプリンストンパブリックアンドインターナショナルスクールを通じて最後の、建築、エンジニアリング、金融、公共政策の専門大学院の学位を提供しています。国際問題、1948年に大学の学長(および米国の学長)ウッドローウィルソンにちなんで改名、そして最近では2020年に名前が変更されました。

ライブラリ[編集]

プリンストンの最大の図書館であるファイアストーン図書館

プリンストン大学図書館の1100万保有を超えるシステムハウス[145] 700万バウンドボリュームを含みます。[146]約400万冊を収容する主要な大学図書館であるFirestoneLibraryは、世界最大の大学図書館の1つです。[147]さらに、これは存在する最大の「オープンスタック」ライブラリーの1つです。そのコレクションには、F。スコットフィッツジェラルドグレートギャツビージョージF.ケナン長文電報のサイン入り原稿が含まれていますファイアストーン図書館に加えて、建築、芸術と考古学、東アジア研究、工学、音楽、公的および国際問題、公共政策と大学のアーカイブ、および科学のための専門図書館が存在します。アクセスを拡大するために、これらの図書館は何千もの電子リソースにも登録しています。[要出典]

ランキング[編集]

大学ランキング
ナショナル
ARWU [148]5
フォーブス[149]5
THE / WSJ [150]5
US News&World Report [151]1
ワシントンマンスリー[152]8
グローバル
ARWU [153]6
QS [154]12
THE [155]9
US News&World Report [156]8

USNWR全国大学院ランキング[157]

生物科学6
化学9
コンピュータサイエンス8
地球科学10
経済1
英語3
エンジニアリング22
歴史2
数学1
物理3
政治学2
心理学8
広報9
社会学2

2001年から2021年まで、プリンストン大学はUS News&World Reportによって国立大学の中で第1位または第2位にランクされ、21年間のうち19年間でトップの座を維持しました[158] [159](唯一の#1は14回、ハーバード大学と提携#1 5回)。プリンストンは、2021年のUSニュースランキングで1位にランクされました[159]プリンストンはまた、2015年、2016年、2017年、2018年、2019年、および2020年のランキングで「最高の学部教育」で第1位にランクされました。[160]世界で最も偉大な大学の2021年のタイムズ・ハイアー・エデュケーションの評価では、プリンストンは9位にランクされた。[161] 2021年のQS世界大学ランキング、世界で総合12位にランクインしました。[162]

2015年のUSNews&World Report「GraduateSchoolRankings」では、評価されたプリンストンの博士課程の13のプログラムすべてが、それぞれのトップ20にランク付けされ、そのうち8つがトップ5に、4つがトップの座にランクされました(経済学、歴史、数学、社会学)。[160]

プリンストン大学には、Orangenaと呼ばれるIBM BlueGeneLスーパーコンピューターがあります。これは2005年に世界で89番目に速いコンピューターとしてランク付けされました(他の米国の大学の12250および米国部門に属するトップランクのスーパーコンピューターの280600と比較して4713のLINPACKパフォーマンスエネルギー省)。[163] [更新が必要]

研究所[編集]

ハイメドウズ環境研究所

ハイメドウズ環境研究所は、大学の「環境研究、教育、アウトリーチの学際的センター」です。[164] [165] [166]研究所は1994年に設立された。[164] [166]プリンストン大学の約90人の教員が所属している。[167]

ハイメドウズ環境研究所には、以下の研究センターがあります。[168]

  • Carbon Mitigation Initiative (CMI): This is a 15-year-long partnership between PEI and British Petroleum with the goal of finding solutions to problems related to climate change.[168][169] The Stabilization Wedge Game has been created as part of this initiative.[170]
  • Center for BioComplexity (CBC)[168][171]
  • Cooperative Institute for Climate Science (CICS): This is a collaboration with the National Oceanographic and Atmospheric Administration's Geophysical Fluid Dynamics Laboratory.[168][172]
  • Energy Systems Analysis Group[168][173]
  • Grand Challenges[168][174]

Princeton Plasma Physics Laboratory[edit]

The Princeton Plasma Physics Laboratory, PPPL, was founded in 1951 as Project Matterhorn, a top secret cold war project aimed at achieving controlled nuclear fusion. Princeton astrophysics professor Lyman Spitzer became the first director of the project and remained director until the lab's declassification in 1961 when it received its current name.[175]

PPPLは現在、大学院の天体物理学部門であるプリンストンプラズマ物理学プログラムの約半分を収容しています。ラボには、ハロルドP.ファースプラズマ物理学ライブラリもあります。ライブラリには、ライマンスピッツァーによるステラレーターの最初のデザインスケッチを含む、機密解除されたすべてのProjectMatterhornドキュメントが含まれています。[176] 2018–19学年度では、大学は研究費の約30%または総予算の5%(1億ドル以上)をPPPLに割り当てました。[177]

プリンストンは、米国エネルギー省国立研究所を所有および運営している5つの米国の大学の1つです

学生の生活と文化[編集]

The Princeton University Band lobstering next to James FitzGerald's Fountain of Freedom sculpture at the Princeton School of Public and International Affairs

University housing is guaranteed to all undergraduates for all four years. More than 98% of students live on campus in dormitories.[178] Freshmen and sophomores must live in residential colleges、ジュニアとシニアは通常、指定された上級寮に住んでいます。実際の寮は同等ですが、寄宿制大学だけが食堂を持っています。それでも、学部生は食事プランを購入して、寄宿制大学の食堂で食事をすることができます。最近、上級生は4年間すべて大学に留まるという選択肢が与えられました。ジュニアとシニアもキャンパス外に住むオプションがありますが、プリンストン地域の高い家賃はほとんどすべての学生が大学の住宅に住むことを奨励しています。学部の社会生活は、寄宿制大学と多くの男女共学の食事クラブを中心に展開しています、学生は2年生の春に参加することを選択できます。大学と正式に提携していない食堂は、会員の食堂や共同スペースとして機能し、学年度を通じて社交行事を主催しています。[179]

プリンストンの6つの寄宿制大学は、さまざまな社交イベントや活動、ゲストスピーカー、旅行を主催しています。寄宿制大学はまた、学部生がバレエ、オペラ、ブロードウェイショー、スポーツイベント、その他の活動を見るためにニューヨークへの旅行を後援しています。プロスペクトアベニューにあるイーティングクラブは、上級者向けの共同組織です。ほとんどの上級生は、11の飲食クラブの1つで食事をします。さらに、クラブは会員とゲストのための夜と週末の社交の場として機能します。[180] 11のクラブは、キャノン、キャップアンドガウン、チャーター、回廊、コロニアル、コテージ、アイビー、クワドラングル、テラス、タイガー、タワーです。[181]

プリンストンは2つの模擬国連会議を主催しています。高校生向けの秋にはPMUNC [182]大学生向けには春にPDI [183]です。また、毎年11月末にプリンストン招待スピーチとディベートトーナメントを開催しています。プリンストンはまた、11月中旬に年に1回開催されるイベントであるプリンストンモデルコングレスを運営しています。 4日間の会議には、全国から高校生が参加しています。[184]

学校の入学方針は盲目的ですが、プリンストンは、ペル・グラントを受け取る学生の割合に基づいて、US News& WorldReportによってランク付けされたすべての国立大学の中で経済的多様性がほとんどない学校としてランク付けされました[185]ペルの数字は、特定のキャンパスの低所得の学部生の数の尺度として広く使用されていますが、ランキングの記事では、「ペル・グラントの学生の割合は、経済を達成するための教育機関の取り組みの完全な尺度ではありません。多様性」と述べていますが、「それでも、多くの専門家は、ペルの数字は、特定のキャンパスにいる低所得の学部生の数を測る最良の指標であると言っています」と続けています。[186]

TigerTrendsは、大学を拠点とする学生が運営するファッション、アート、ライフスタイルの雑誌です。[187]

人口統計[編集]

プリンストンは、近年、学生の多様性を拡大する上で大きな進歩を遂げました。2019年の新入生クラスは、学校の歴史の中で最も多様なクラスの1つであり、61%の生徒が色の生徒であると認識しています[188]学部生と修士課程の学生は、2018〜19年度の男性が51%、女性が49%でした。[189]

プリンストン大学の学生の収入の中央値は186,100ドルで、学生の57%が上位10%の高収入の家族から、14%が下位60%から来ています。[190]

In 1999, 10% of the student body was Jewish, a percentage lower than those at other Ivy League schools. Sixteen percent of the student body was Jewish in 1985; the number decreased by 40% from 1985 to 1999. This decline prompted The Daily Princetonian to write a series of articles on the decline and its reasons. Caroline C. Pam of The New York Observer wrote that Princeton was "long dogged by a reputation for anti-Semitism" and that this history as well as Princeton's elite status caused the university and its community to feel sensitivity towards the decrease of Jewish students.[191] At the time many Jewish students at Princeton dated Jewish students at the University of Pennsylvaniaフィラデルフィア、彼らはロマンチックな展望を見出すことは困難であった環境としてプリンストン知覚からです。パムは、交際の問題がユダヤ人学生の衰退の原因であるという理論があったと述べました。[191]

1981年、プリンストン大学のアフリカ系アメリカ人の人口は10%未満でした。ブルース・M・ライトは1936年に最初のアフリカ系アメリカ人として大学に入学しましたが、入学は間違いであり、キャンパスに着いたときに退学を求められました。3年後、ライトは彼の解雇についての説明を学部長に求め、学部長はプリンストン大学で「あなたの種族のメンバーは非常に孤独を感じるかもしれない」と彼に提案した[192]

Traditions[edit]

Princeton enjoys a wide variety of campus traditions, some of which, like the Clapper Theft and Nude Olympics, have faded into history:[193]

FitzRandolph Gates, which by tradition undergraduates do not exit until graduation
The P-Rade in the 1970s, showing marchers from the class of 1913 including Donald B. Fullerton on the right
  • Arch SingsPrinceton NassoonsPrinceton TigertonesPrinceton Footnotes、Princeton Roaring 20、The PrincetonWildcatsなどのプリンストン大学のアカペラグループの1つまたは複数をフィーチャーした深夜のコンサート無料のコンサートは、キャンパス内の大きなアーチの1つで行われます。ほとんどはブレアアーチまたは1879アーチのクラスで開催されます。
  • 焚き火–ナッソーホールの後ろのキャノングリーンで行われる儀式用の焚き火。プリンストンが同じシーズンにハーバード大学イェール大学の両方フットボール破った場合にのみ開催されます。最新の焚き火は2018年11月18日に点火されました。[194]
  • ビッカー–選択的摂食クラブで採用されている新会員の選考プロセス。会員候補者、またはビッカーリーは、現在の会員の要請に応じてさまざまな活動を行う必要があります。[195]
  • プリンストンの杖まくる、1877年
    Cane Spree –秋に開催される新入生と2年生の間の運動競技。イベントは、1年生と2年生が杖のコントロールに取り組む杖レスリングを中心にしています。これは、1870年代に、派手な杖で身をかがめた新入生に腹を立てた2年生が、新入生からすべての杖を盗み、その過程で自分の杖で殴った時期を記念しています。[196]
  • The Clapper or Clapper Theft – The act of climbing to the top of Nassau Hall to steal the bell clapper, which rings to signal the start of classes on the first day of the school year. For safety reasons, the clapper has been removed permanently.
  • Class Jackets (Beer Jackets) – Each graduating class designs a Class Jacket that features its class year. The artwork is almost invariably dominated by the school colors and tiger motifs.
  • Communiversity – An annual street fair with performances, arts and crafts, and other activities that attempts to foster interaction between the university community and the residents of Princeton.
  • 学部長の日付–すべての書面による作業の期日である各学期の終わりの火曜日。この日は、読書期間の終わりと最終試験の始まりを示します。伝統的に、学部生は午後5時の締め切り前にマッコッシュホールの外に集まり、最後の最後まで仕事を辞めた仲間の学生を応援します。[197]
  • FitzRandolph Gates –プリンストンの卒業式の終わりに、新卒者は大学を卒業するという事実の象徴として、大学の正門を通り抜けます。伝統によれば、自分の卒業日より前にフィッツランドルフゲートを通ってキャンパスを出る人は誰でも卒業しません。[198] [199]
  • ホルダーハウル–ディーンデートの前夜、ホルダーホールなどの学生がホルダーの中庭に集まり、1分間の共同プライマルスクリームに参加して、即興の深夜の騒音で勉強することへの欲求不満を解消します。[200]
  • Houseparties –春学期の終わりにすべての飲食クラブによって同時に開催される正式なパーティー。
  • アイビーストーン-キャンパス周辺の大学の建物の外壁に配置されたクラスの記念石。
  • ローンパーティー–クラスの開始時と学年度の終わりにすべての飲食クラブによって同時に開催されるライブバンドをフィーチャーしたパーティー。
  • プリンストン機関車– 1890年代から使用されている伝統的な歓声。卒業生と現在の学生が新入生クラスを歓迎し、春のプリンストンレユニオンズでのP-radeとして、秋のオープニングエクササイズでよく耳にします。歓声はゆっくりと始まり、スピードを上げ、花火ショーで聞こえる音が含まれています:[201]
ヒップ!ヒップ!
ラー、ラー、ラー、
タイガー、タイガー、タイガー、
Sis、Sis、Sis、
ブーム、ブーム、ブーム、ああ!
プリンストン!プリンストン!プリンストン![202]
または、クラスが祝われる場合、最後の行は3回繰り返されるクラス年で構成されます(例:「88!88!88!」)。[203]
  • ニューマンの日–学生は4月24日の24時間に24本のビールを飲もうとします。ニューヨークタイムズ紙によると、「この日は、ポールニューマンに起因する外典の引用からその名前が付けられました。偶然?私はそうは思わない。」 [204]しかし、ニューマンは伝統に反対して発言した。[205]
  • ヌードオリンピック–冬の最初の雪の間に行われるホルダーコートヤードでの毎年恒例のヌードと部分的にヌードの戯れ。1970年代初頭に始まったヌードオリンピックは、1979年に男女共学になり、アメリカのマスコミから多くの悪評を得ました。安全上の理由から、政権は2000年のオリンピックを学生の悔しさのために禁止した。[206] [207]
  • 展望11–一晩で11の飲食クラブすべてでビールを飲む行為
  • P-rade –卒業生とその家族の伝統的なパレード。彼らは再会の間にクラス年ごとにキャンパスを処理します[208]
  • 再会–卒業前の週末に開催された大規模な卒業生の年次集会。

陸上競技[編集]

プリンストンのマスコットは虎です。

Princeton supports organized athletics at three levels: varsity intercollegiate, club intercollegiate, and intramural. It also provides "a variety of physical education and recreational programs" for members of the Princeton community. According to the athletics program's mission statement, Princeton aims for its students who participate in athletics to be "'student athletes' in the fullest sense of the phrase."[209] Most undergraduates participate in athletics at some level.[210]

Princeton's colors are orange and black. The school's athletes are known as Tigers, and the mascot is a tiger. The Princeton administration considered naming the mascot in 2007, but the effort was dropped in the face of alumni opposition.[211]

多様性[編集]

プリンストン対リーハイフットボール、2007年9月

プリンストンはNCAAディビジョンIの学校です。その運動会議はアイビーリーグです。プリンストンは38の男性と女性の多様性スポーツを主催しています。[210]最大の代表チームのスポーツはボート漕ぎで、150人近くのアスリートがいます。[62]

Princeton's football team has a long and storied history. Princeton played against Rutgers University in the first intercollegiate football game in the U.S. on Nov 6, 1869. By a score of 6–4, Rutgers won the game, which was played by rules similar to modern rugby.[212] Today Princeton is a member of the Football Championship Subdivision of NCAA Division I.[213] As of the end of the 2010 season, Princeton had won 26 national football championships, more than any other school.[214]

Bill Bradley, Hall of Fame basketball player, Rhodes scholar, and three-term U.S. Senator

The men's basketball program is noted for its success under Pete Carril, the head coach from 1967 to 1996. During this time, Princeton won 13 Ivy League titles and made 11 NCAA tournament appearances.[215] Carril introduced the Princeton offense, an offensive strategy that has since been adopted by a number of college and professional basketball teams.[216] Carril's final victory at Princeton came when the Tigers beat UCLA, the defending national champion, in the opening round of the 1996 NCAA tournament,[216] in what is considered one of the greatest upsets in the history of the tournament.[217] Recently Princeton tied the record for the fewest points in a Division I game since the institution of the three-point line in 1986–87, when the Tigers scored 21 points in a loss against Monmouth University on Dec 14, 2005.[218]

プリンストン女子サッカーチームは、2004年にNCAAディビジョンI女子サッカー選手権準決勝に進出しました。これは、64チームのトーナメントで唯一のアイビーリーグチームです。[219]シーズンは、元米国代表チームのメンバーであるエスメラルダネグロンオリンピックメダリストのカナダ代表チームのメンバーであるダイアナマセソン、そしてコーチのジュリーシャックフォードが主導した。[220]タイガースの男子サッカーチームは、プリンストンの卒業生と将来の米国の男子代表チームマネージャーのボブブラッドリーによって長年指導されていた

男子水球チームは現在、大学水球協会の支配的な勢力であり、過去3年間のうち2年間でファイナルフォー到達しています。同様に、男子ラクロスプログラムは、1992年から2001年にかけて優勢な時期を迎え、その間に6回の全国選手権で優勝しました。[221]

クラブと壁内[編集]

1893年に1年生と2年生の雪合戦を終えたプリンストン大学の学生

代表チームのスポーツに加えて、プリンストンは約35のクラブスポーツチームを主催しています。[210] プリンストンのラグビーチームは現在クラブスポーツとして組織されているが、もともとは1870年代半ばから1880年代にかけて、ラグビーユニオンのコードを使用してハーバード、ペン、コロンビアに対して大学間スポーツを行った最初の大学主催チームの1つであった[222]

プリンストンラグビーチーム1932年頃

プリンストンのセーリングチームもクラブスポーツですが、大学間セーリング協会のMAISA会議で多様性レベルで競います。[223]

Each year, nearly 300 teams participate in intramural sports at Princeton.[224] Intramurals are open to members of Princeton's faculty, staff, and students, though a team representing a residential college or eating club must consist only of members of that college or club. Several leagues with differing levels of competitiveness are available.[225]

Songs[edit]

Notable among a number of songs commonly played and sung at various events such as commencement, convocation, and athletic games is Princeton Cannon Song, the Princeton University fight song.

Bob Dylan wrote "Day of The Locusts" (for his 1970 album New Morning) about his experience of receiving an honorary doctorate from the University. It is a reference to the negative experience he had and it mentions the Brood X cicada infestation Princeton experienced that June 1970.

"Old Nassau"[edit]

"Old Nassau" has been Princeton University's anthem since 1859. Its words were written that year by a freshman, Harlan Page Peck, and published in the March issue of the Nassau Literary Review (the oldest student publication at Princeton and also the second oldest undergraduate literary magazine in the country). The words and music appeared together for the first time in Songs of Old Nassau, published in April 1859. Before the Langlotz tune was written, the song was sung to Auld Lang Syne's melody, which also fits.[226]

However, Old Nassau does not only refer to the university's anthem. It can also refer to Nassau Hall, the building that was built in 1756 and named after William III of the House of Orange-Nassau. When built, it was the largest college building in North America. It served briefly as the capitol of the United States when the Continental Congress convened there in the summer of 1783. By metonymy, the term can refer to the university as a whole. Finally, it can also refer to a chemical reaction that is dubbed "Old Nassau reaction" because the solution turns orange and then black.[227]

Notable people[edit]

同窓生[編集]

ウッドロウウィルソンマーロンピットニーダニエルバリンガーチャールズタルコットを含む1879年のプリンストン大学のクラス

U.S. Presidents James Madison and Woodrow Wilson and Vice President Aaron Burr graduated from Princeton (son of Aaron Burr, Sr., who was the second president of Princeton College),[13] as did Michelle Obama, the former First Lady of the United States. Former Chief Justice of the United States Oliver Ellsworth was an alumnus, as are current U.S. Supreme Court Associate Justices Samuel Alito, Elena Kagan, and Sonia Sotomayor. Alumnus Jerome Powell was appointed as Chair of the U.S. Federal Reserve Board in 2018.

Princeton graduates played a major role in the American Revolution, including the first and last Colonels on the Patriot side Philip Johnston and Nathaniel Scudder, as well as the highest ranking civilian leader on the British side David Mathews.

Notable graduates of Princeton's School of Engineering and Applied Science include Apollo astronaut and commander of Apollo 12 Pete Conrad, Amazon CEO and founder Jeff Bezos, former Chairman of Alphabet Inc. Eric Schmidt, and Lisa P. Jackson, former Administrator of the Environmental Protection Agency.

俳優のジミー・スチュワートウェントワース・ミラーホセ・フェラーデイヴィッド・ドゥカヴニーブルック・シールズグラハム・フィリップスは、作曲家でピアニストのリチャード・アエーカー・トライトールと同様にプリンストンを卒業しました。サッカー選手の卒業生であるダイアナマセソンは2012年にカナダでオリンピックの銅メダルを獲得したゲームで勝利したゴールを決めました

作家のブースターキントンF。スコットフィッツジェラルドユージンオニールが出席しましたが、卒業しませんでした。セルデン・エドワーズウィル・スタントンは英語の学位を取得して卒業しました。アメリカの小説家ジョディ・ピコーは1987年に卒業しました。ノーベル文学賞を受賞したマリオ・バルガス・リョサは2015年に名誉学位を取得し、スペイン語学部の客員講師を務めています。

チェロキー国家の首席長であり、チェロキー支持者の創立編集者であるウィリアムP.ロスは1844年に卒業しました。

Notable graduate alumni include Pedro Pablo Kuczynski, Richard Feynman, Lee Iacocca, John Nash, Alonzo Church, Alan Turing, Terence Tao, Wei Ho, Edward Witten, John Milnor, John Bardeen, Steven Weinberg, John Tate, and David Petraeus. Royals such as Prince Ghazi bin Muhammad, Prince Moulay Hicham of Morocco, Prince Turki bin Faisal Al Saud, and Queen Noor of Jordan also have attended Princeton.

学部[編集]

Notable faculty members include P. Adams Sitney, Angus Deaton, Daniel Kahneman, Joyce Carol Oates, Cornel West, Robert Keohane, Anthony Grafton, Peter Singer, Jhumpa Lahiri, Michael Mullen, Robert P. George, and Andrew Wiles. Notable former faculty members include John Witherspoon, Walter Kaufmann, John von Neumann, Ben Bernanke, Paul Krugman, Joseph Henry, トニ・モリソンジョン・P・ルイス、そして1902年から1910年に大学の学長務めた卒業生のウッドロウ・ウィルソン

アルバート・アインシュタインはプリンストンではなく高等研究所の教員でしたが、頻繁な講義やキャンパスへの訪問を通じて大学と関係を持つようになりました。

[編集]も参照してください

  • ニュージャージーの高等教育
  • 大衆文化のプリンストン大学
  • ビッグスリー(大学)
  • プリンストン大学サマージャーナリズムプログラム
  • プリンストン大学物理学部

注意事項[編集]

  1. ^ プリンストンは、争われていないように思われる日付に基づいて、大学のチャーターを取得したり、クラスを実施したり、学位を授与したりする4番目の高等教育機関です。プリンストンとペンシルベニア大学はどちらも4番目に古い設立日を主張し、ペンシルベニア大学はかつて1749を設立日として主張し、5番目に古いものにしましたが、1899年にその受託者は1740を設立日として主張する決議を採択しました。 [9] [10]設立日の比較をさらに複雑にするために、ログカレッジペンシルベニア州バックスカウンティーの長老派教会の牧師であるウィリアムギルバートテネントによって運営されていました。、1726年から1746年まで、かつてはニュージャージー大学との正式な関係を主張するのが一般的でした。これは、プリンストンが設立日を1726年に戻すことを正当化するものです。事実はそのような解釈を「保証しない」。[11] コロンビア大学はチャーターされ、1754年に大学の授業を開始しました。コロンビアは、1754年のチャーター日と1755年のペンのチャーター日に基づいて、米国で5番目の高等教育機関であると考えています。[12]
  2. ^ Princeton TheologicalSeminaryとWestminsterChoir Collegeは、大学との相互登録プログラムを維持しています。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Princeton Profile (PDF)(2015-16 ed。)プリンストン。2015年12月24日にオリジナル (PDF)からアーカイブされまし2015年10月12日取得
  2. ^ 「メンバーディレクトリ」NAICU。P(機関別リスト)。2015年11月9日にオリジナルからアーカイブされまし2015年10月12日取得
  3. ^ 2020年10月30日現在 、アニケットのムケルジ(2020年10月30日)。「プリンストン基金は266億ドルに成長し、前年度よりも低い収益率を獲得しています」プリンストニアン2021年3月28日取得
  4. ^ 「事実と数字」プリンストン大学2019年12月25日取得
  5. ^ a b c d e 「共通データセット2019-2020」(PDF)プリンストン大学2021年5月1日取得
  6. ^ 「プリンストン大学」地名情報システム米国地質調査所
  7. ^ プリンストン大学のグラフィックアイデンティティのガイド(PDF)プリンストン大学の商標ライセンス。2010年12月15日。2015年12月22日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2017年3月14日取得
  8. ^ 「アメリカ独立戦争のプリンストン」プリンストン大学、コミュニケーションオフィス。2007年6月14日にオリジナルからアーカイブされまし2007年5月7日取得...イギリス領北アメリカに設立される4番目の大学。
  9. ^ 「ペンのブランドの構築」ガゼットペンシルベニア大学
  10. ^ 「プリンストンvs.ペン:どちらが古い機関ですか?」(よくある質問)。プリンストン。2003年2月5日。2003年3月19日のオリジナルからアーカイブ
  11. ^ 「ログカレッジ」プリンストン。1978年。2005年11月17日のオリジナルからアーカイブ
  12. ^ 歴史、コロンビア
  13. ^ a b c Holland、JG(1877年11月– 1877年4月)。「プリンストン大学」。スクリブナーズマンスリーXIII:626 –実際の本を介して。
  14. ^ 「プリンストン大学250周年記念コレクション」図書館検索支援プリンストン大学2012年11月11日取得
  15. ^ プリンストン同窓会ウィークリー1933.p。487。
  16. ^ モリソン、ジェフリーH(2005)、ジョンウィザースプーンとアメリカ共和国の創設
  17. ^ プリンストン大学。「アシュベルグリーン–プリンストン大学の学長」2015年6月29日取得
  18. ^ 「プリンストン神学校」2015年5月19日にオリジナルからアーカイブされまし2015年6月29日取得
  19. ^ 「FAQプリンストン神学校」シーリーG.マッド原稿ライブラリープリンストン。2012年4月24日。2015年5月19日のオリジナルからアーカイブ2015年10月13日取得
  20. ^ 「パートナーシップ、交換、および相互登録」プリンストン大学大学院プリンストン。2014年4月15日。2014年6月7日のオリジナルからアーカイブ
  21. ^ Oberdorfer、Don(1995)。プリンストン大学:最初の250年(初版)。プリンストン大学の評議員。p。24. ISBN 978-0-691-01122-6
  22. ^ 「米国上院:米国の9つの首都」
  23. ^ a b c d e f g Leitch、Alexander(1979)。「プリンストンコンパニオン:ナッソーホール」プリンストン大学出版局。2012年5月30日にオリジナルからアーカイブされまし2011年6月2日取得
  24. ^ a b Leitch、Alexander(1978)。マッコッシュ、ジェームズプリンストンコンパニオンニュージャージー州プリンストン:プリンストン大学出版局。ISBN 9780691046549OCLC  41934332015年8月9日にオリジナルからアーカイブされまし2015年10月15日取得
  25. ^ アームストロング、4月(2015年7月8日)。「ニュージャージー大学がプリンストン大学に変わったのはいつですか?」マッドマニュスクリプトライブラリブログプリンストン大学2016年7月6日取得
  26. ^ a b c d e Oberdorfer、Don(1995)。「プリンストン年表」。プリンストン大学:最初の250年(初版)。プリンストン大学の評議員。pp。268–269。ISBN 978-0-691-01122-6
  27. ^ グリフィン、ナサニエル(1910年4月)。「プリンストンプリセプトリアルシステム」。Sewaneeレビュー18(2):169–176。JSTOR 27532370 
  28. ^ 「歴史的な写真のコレクション、カーネギー湖の建設写真、1905年から1907年頃」援助を見つけるプリンストン。2012年7月9日にオリジナルからアーカイブされまし2012年2月19日取得
  29. ^ 「受託者はベッツィーストックトンの庭、ジミージョンソンのアーチ」プリンストン大学2020年1月12日取得
  30. ^ 「プリンストン食べるクラブは女性の禁止を続けるために入札を失う」、ロサンゼルスタイムズ、AP通信、p。A4、1991年1月23日
  31. ^ 「プリンストンの歌はcoedになります」ニューヨークタイムズ、1987年3月1日
  32. ^ 「プリンストン大学-大統領委員会は学生のリーダーシップを強化するための勧告を行います」2015年6月29日取得
  33. ^ a b Slavery、Princeton&(2019年2月22日)。「プリンストン&奴隷制」プリンストン&奴隷制2019年2月22日取得
  34. ^ a b Schuessler、Jennifer(2017年11月6日)。「プリンストンは、その人種の歴史を深く掘り下げますニューヨークタイムズISSN 0362から4331まで2019年2月22日取得 
  35. ^ コイ、アレックス(2018年2月7日)。「奴隷制とアメリカン大学」ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス2019年2月22日取得
  36. ^ 奴隷制、プリンストン&(2019年2月22日)。「プリンストン&奴隷制」プリンストン&奴隷制2019年2月22日取得
  37. ^ サンドワイス、マーサA。; ホランダー、クレイグ。「プリンストンと奴隷制:センターを保持する」プリンストン&奴隷制プロジェクト2019年2月22日取得
  38. ^ Schuessler、Jennifer(2017年11月6日)。「プリンストンの人種的過去の幽霊を舞台に置く」ニューヨークタイムズISSN 0362から4331まで2019年2月22日取得 
  39. ^ Urist、Jacoba(2017年11月9日)。「現代アーティストはプリンストンがその醜い過去に立ち向かうのを助けています」大西洋2019年2月22日取得
  40. ^ Schuessler、Jennifer(2018年4月17日)。「奴隷に敬意を表して2つのキャンパススペースに名前を付けるプリンストン」ニューヨークタイムズISSN 0362から4331まで2019年2月22日取得 
  41. ^ 「受託者はベッツィーストックトンの庭、ジミージョンソンのアーチ」プリンストン大学2019年2月22日取得
  42. ^ 「プリンストン神学校および奴隷制」プリンストン神学校と奴隷制2019年2月22日取得
  43. ^ 「南部バプテスト神学校の歴史における奴隷制と人種差別に関する報告」SBTS 2019年2月22日取得
  44. ^ Muchhal、Siddharth(2019年4月16日)。「プリンストン大学がウェストウィンザーのレイクキャンパスの開発に向けて準備を進めている」コミュニティニュース2021年5月6日取得
  45. ^ 「プリンストン大学:インタラクティブなキャンパスの歴史。第II章:大学の拡張:1802–1846」プリンストン大学。2012年6月23日にオリジナルからアーカイブされまし2011年6月2日取得
  46. ^ 「プリンストン大学:インタラクティブなキャンパスの歴史。第III章:ミッドセンチュリーのプリンストン、1846年-1868年」プリンストン大学。2012年6月23日にオリジナルからアーカイブされまし2011年6月2日取得
  47. ^ 「プリンストン大学:インタラクティブなキャンパスの歴史。第IV章:マッコッシュ大統領、1868年-1888年」プリンストン大学。2012年6月23日にオリジナルからアーカイブされまし2011年6月2日取得
  48. ^ a b 「プリンストン大学:インタラクティブなキャンパスの歴史。第V章:大学ゴシックの台頭」プリンストン大学。2012年6月23日にオリジナルからアーカイブされまし2011年6月2日取得
  49. ^ 「プリンストン大学:インタラクティブなキャンパスの歴史。第6章:尖塔とガーゴイル、プリンストンキャンパス1900–1917」プリンストン大学。2012年6月23日にオリジナルからアーカイブされまし2011年6月2日取得
  50. ^ 「プリンストン大学:インタラクティブなキャンパスの歴史。第7章:戦争の間のプリンストン、1919年から1939年」プリンストン大学。2012年6月23日にオリジナルからアーカイブされまし2011年6月2日取得
  51. ^ 「プリンストン大学:インタラクティブなキャンパスの歴史。第8章:ミッドセンチュリーのプリンストン:キャンパスアーキテクチャ、1933–1960」プリンストン大学。2012年6月23日にオリジナルからアーカイブされまし2011年6月2日取得
  52. ^ "Princeton University: An Interactive Campus History. Chapter IX: The Sixties". Princeton University. Archived from the original on June 23, 2012. Retrieved June 2, 2011.
  53. ^ Lack, Kelly (September 11, 2008). "Lewis Library makes a grand debut". The Daily Princetonian. Archived from the original on October 17, 2015. Retrieved October 16, 2015.
  54. ^ Leitch, Alexander (1978). "A Princeton Companion: Spelman Halls". Princeton University Press. Archived from the original on June 23, 2012. Retrieved June 2, 2011.
  55. ^ "Old is new at Princeton". World Architecture News. December 19, 2007. Archived from the original on January 20, 2012. Retrieved June 2, 2011.
  56. ^ "Frist Campus Center Iconography". Princeton University. Retrieved June 2, 2011.
  57. ^ Pearson, Clifford A. (November 2003). "Carl Icahn Laboratory". Architectural Record. Retrieved June 2, 2011.
  58. ^ Leitch, Alexander. "A Princeton Companion: Putnam Collection of Sculpture". Archived from the original on June 23, 2012. Retrieved June 2, 2011.
  59. ^ Peterson, Megan. "Princeton sculpture enriches beauty and character of campus". Princeton University website. Retrieved November 30, 2011.
  60. ^ Leitch, Alexander (1978). "A Princeton Companion: Carnegie Lake". Archived from the original on June 23, 2012. Retrieved June 2, 2011.
  61. ^ "The Richest Man in the World: Andrew Carnegie. Philanthropy 101: Scourge of the Campus". PBS American Experience. Retrieved June 2, 2011.
  62. ^ a b "Princeton University Rowing: Recruiting Information". Princeton University. Archived from the original on July 20, 2011. Retrieved June 2, 2011.
  63. ^ Hageman, John Frelinghuysen (1879). History of Princeton and Its Institutions. 1 (2nd ed.). Philadelphia: J. B. Lippincott & Co. p. 139.
  64. ^ Hageman, John Frelinghuysen (1879). History of Princeton and Its Institutions. 2 (2nd ed.). Philadelphia: J. B. Lippincott & Co. pp. 317–8.
  65. ^ Hageman, John Frelinghuysen (1879). History of Princeton and Its Institutions. 2 (2nd ed.). Philadelphia: J. B. Lippincott & Co. pp. 318–9.
  66. ^ Carroll, Kate (October 5, 2006). "Vandals spraypaint campus Rutgers red". The Daily Princetonian. Archived from the original on December 22, 2015. Retrieved October 16, 2015.
  67. ^ "Official Athletic Site". scarletknights.com. CBS Interactive. The Cannon War. Archived from the original on October 2, 2015. Retrieved October 16, 2015.
  68. ^ "Dear Mr. Mudd: Whose Cannon Is It?". Mudd Manuscript Library Blog. November 11, 2015. Retrieved December 21, 2015.
  69. ^ "Bonfire - Office of the Dean of Undergraduate Students - Bonfire". Princeton.edu. November 26, 2013. Archived from the original on February 21, 2014. Retrieved February 16, 2014.
  70. ^ Emily Aronson (February 5, 2019). "University to name courtyard for influential landscape architect Beatrix Farrand". Princeton University. Retrieved January 18, 2019.
  71. ^ "PRINCETON UNIVERSITY MASTER PLAN Princeton, NJ (2005–2008)". Michael Van Valkenburgh Associates. Retrieved January 18, 2020.
  72. ^ Mark F. Bernstein (June 11, 2008). "Growing Campus". Princeton Alumni Weekly. Retrieved January 18, 2020.
  73. ^ Bradner, Ryan (July 14, 2003). "Nassau Hall: National history, center of campus". The Daily Princetonian. In the beginning. Archived from the original on December 22, 2015. Retrieved October 16, 2015.
  74. ^ "Buildings of the Department of State: Nassau Hall, Princeton, NJ". US State Department. Retrieved June 3, 2011.
  75. ^ "A Brief History of the Architecture of Nassau Hall". Mudd Manuscript Library Blog. June 17, 2015. Retrieved December 21, 2015.
  76. ^ Wilentz, Sean (May 16, 2001). "Nassau Hall, Princeton, New Jersey". Princeton Alumni Weekly. Retrieved June 3, 2011.
  77. ^ "Commencement Information – Overview". Office of the Vice President & Secretary, Princeton University. Retrieved June 3, 2011.
  78. ^ "New Jersey – Mercer County". National Register of Historic Places. Retrieved June 3, 2011.
  79. ^ "About". Whitman College. Princeton University Office of the Dean of the College. Retrieved March 14, 2020.
  80. ^ "Rockefeller College". hres.princeton.edu. Retrieved March 29, 2020.
  81. ^ "Mathey College". hres.princeton.edu. Retrieved March 29, 2020.
  82. ^ "Butler College". hres.princeton.edu. Retrieved March 29, 2020.
  83. ^ a b Leitch, Alexander (1978). "West, Andrew Fleming". A Princeton Companion. Princeton, New Jersey: Princeton University Press. ISBN 9780691046549. OCLC 4193433. Archived from the original on March 11, 2016. Retrieved October 17, 2015.
  84. ^ "Forbes College". hres.princeton.edu. Retrieved March 29, 2020.
  85. ^ "About | Whitman College". whitmancollege.princeton.edu. Retrieved January 12, 2020.
  86. ^ Sacks, Benjamin (June 2011). "Harvard's "Constructed Utopia" and the Culture of Deception: The Expansion toward the Charles River, 1902-1932". The New England Quarterly. 84 (2): 286–317. doi:10.1162/TNEQ_a_00090. S2CID 57564446.
  87. ^ "New Graduate College". hres.princeton.edu. Retrieved March 29, 2020.
  88. ^ "The American Theatre Wing's Tony Awards – Official Website by IBM". Tony awards. May 1, 2000. Archived from the original on December 7, 2008. Retrieved February 19, 2012.
  89. ^ "The Houses of Parliament, Seagulls (y1979-54)". artmuseum.princeton.edu. Retrieved April 1, 2020.
  90. ^ "Meadow at Giverny (y1954-78)". artmuseum.princeton.edu. Retrieved April 1, 2020.
  91. ^ "Water Lilies and Japanese Bridge (y1972-15)". artmuseum.princeton.edu. Retrieved April 1, 2020.
  92. ^ "Search the Collection | Princeton University Art Museum". artmuseum.princeton.edu. Retrieved April 1, 2020.
  93. ^ "Tarascon Stagecoach (L.1988.62.11)". artmuseum.princeton.edu. Retrieved April 1, 2020.
  94. ^ "Blue Marilyn (y1978-46)". artmuseum.princeton.edu. Retrieved April 1, 2020.
  95. ^ Bush, Sara. "The University Chapel". Princeton University. Archived from the original on March 14, 2012. Retrieved June 6, 2011.
  96. ^ a b Milliner, Matthew J. (Spring 2009). "Primus inter pares: Albert M. Friend and the argument of the Princeton University Chapel". The Princeton University Library Chronicle. 70 (3). pp. 470–517.
  97. ^ "Religion: Princeton's chapel". Time. June 11, 1928. Retrieved June 6, 2011.
  98. ^ Greenwood, Kathryn Federici (March 13, 2002). "Features: Chapel gets facelift and a new dean". Princeton Alumni Weekly. Archived from the original on March 4, 2016. Retrieved March 26, 2016.
  99. ^ Stillwell, Richard (1971). The Chapel of Princeton University. Princeton, NJ: Princeton University Press. p. 11.
  100. ^ Stinnard, Michelle (February 10, 2006). "Restoration secures chapel at Ivy League campus". Stone World. Retrieved June 7, 2011.
  101. ^ Stillwell 1971, pp. 7–9.
  102. ^ "Open Facilities – A Princeton Profile". Princeton University. Retrieved June 10, 2011.[dead link]
  103. ^ "Chapel Architecture and Features". Orange Key Virtual Tour. Princeton. Retrieved October 16, 2015.
  104. ^ "University Chapel". Princeton University Office of Religious Life. Retrieved June 7, 2011.
  105. ^ The Aquinas Institute. "Schedule and Events". The Aquinas Institute: Princeton University's Catholic Chaplaincy (blog). Blogger. Holy Mass Schedule. Archived from the original on August 30, 2011. Retrieved June 7, 2011.
  106. ^ "Prayer". Princeton University's Catholic Campus Ministry. The Aquinas Institute. Sacraments. Retrieved October 17, 2015.
  107. ^ "Murray-Dodge Hall". Religious LIfe. Princeton. Retrieved October 17, 2015. Beginning August 24, 2015, the Office of Religious Life is moving temporarily to Green Hall...while Murray-Dodge Hall is renovated.
  108. ^ "Office of Religious Life Café". Religious Life. Princeton University. Retrieved October 17, 2015.
  109. ^ "Places of Peace". Religious Life. Princeton University. Retrieved October 17, 2015.
  110. ^ "Deans of Religious Life". Religious LIfe. Princeton. Retrieved October 17, 2015.
  111. ^ "Hindu and Muslim life coordinators named". Princeton University News. Archived from the original on November 4, 2013. Retrieved February 15, 2013.
  112. ^ Apartment housing, Princeton University, archived from the original on May 1, 2012, retrieved February 10, 2012
  113. ^ "Princeton University adopts its Sustainability Plan in February 2008". Sustainability at Princeton. Princeton University. Archived from the original on November 15, 2008. Retrieved June 8, 2009.
  114. ^ a b c "All Goals and Key Progress". Sustainability at Princeton. Princeton University. Retrieved October 17, 2015.
  115. ^ "Greenhouse Gas Emissions Reductions". Princeton University. Archived from the original on December 5, 2008. Retrieved June 8, 2009.
  116. ^ "Report on Sustainability 2009". Princeton University Reports. Princeton University. October 27, 2010. Retrieved April 15, 2010.
  117. ^ "Green Purchasing at Princeton". Princeton University. Archived from the original on December 24, 2009. Retrieved June 8, 2009.
  118. ^ Osellame, Julia (March 29, 2007). "Green is the new orange: Princeton conserves". The Daily Princetonian. Archived from the original on January 1, 2016. Retrieved October 18, 2015.
  119. ^ As of June 30, 2019. "U.S. and Canadian Institutions Listed by Fiscal Year (FY) 2019 Endowment Market Value and Change in Endowment Market Value from FY 2018 to FY 2019". National Association of College and University Business Officers and TIAA. Retrieved January 30, 2020.
  120. ^ "Colleges with the Biggest Endowment Per Student". CNBC.com. Praefcke, Andreas (photo credit). 2011. Archived from the original on May 31, 2013.CS1 maint: others (link)
  121. ^ Epstein, Jennifer (October 27, 2006). "Endowment Climbs Past $13 Billion". The Daily Princetonian. Archived from the original on December 22, 2015. Retrieved October 18, 2015.
  122. ^ "Departments & Programs". Princeton University. October 1, 2015. Retrieved October 19, 2015.
  123. ^ "About Us". Honor Committee. Princeton University. May 19, 2015. Role of Honor Committee. Retrieved October 19, 2015.
  124. ^ "Honor Code". The Student Guide to Princeton. Princeton University. Archived from the original on June 15, 2010. Retrieved June 1, 2011.
  125. ^ Honor Code (YouTube video). music and lyrics by Peter Mills. 2008. Retrieved October 23, 2015.CS1 maint: others in cite AV media (notes) (link)
  126. ^ "Committee on Discipline". ODUS: Office of the Dean of Undergraduate Students. Princeton University. August 25, 2015. Archived from the original on November 3, 2015. Retrieved October 23, 2015.
  127. ^ "Acknowledging Your Sources". Academic Integrity. Princeton University. August 2011. Retrieved October 23, 2015.
  128. ^ "Common Data Set 2019-2020" (PDF). Princeton University. Retrieved May 1, 2021.
  129. ^ "Common Data Set 2014-2015" (PDF). Princeton University. Retrieved May 1, 2021.
  130. ^ Staff (September 18, 2006). "Princeton to end early admission". Princeton University. Retrieved October 25, 2015.
  131. ^ Staff (February 24, 2011). "Princeton to reinstate early admission program". Princeton University. Retrieved October 25, 2015.
  132. ^ Thomas, G. Scott (December 12, 2011). "Princeton is the most selective college in the Eastern US". The Business Journal. Retrieved October 25, 2015.
  133. ^ Clark, Jane Bennett (November 9, 2010). "Private Colleges". MSN Money. Archived from the original on December 27, 2009. Retrieved June 1, 2011.
  134. ^ "Questions and Answers". Princeton in Brieif. Princeton University. April 28, 2009. International Students. Archived from the original on April 27, 2010.
  135. ^ "Kiplinger's Best College Values: Private Universities". Kiplinger. December 2016.
  136. ^ a b c d "On grade deflation". The Daily Princetonian. 2009. Archived from the original on January 13, 2010. Retrieved June 24, 2010.
  137. ^ Rampell, Catherine (June 21, 2010). "In Law Schools, Grades Go Up, Just Like That". The New York Times. Retrieved June 24, 2010.
  138. ^ "Does Obvious Grade Inflation Hurt Students". Barking up the wrong tree. 2010. Retrieved June 24, 2010.
  139. ^ Foderaro, Lisa (January 29, 2010). "At Princeton University, Grumbling About Grade Deflation". The New York Times. Retrieved January 28, 2011.
  140. ^ Mulvaney, Nicole (August 7, 2014). "No more A quotas: Faculty committee recommends Princeton University change its grading policy". nj.com. Retrieved June 5, 2015.
  141. ^ "Princeton University - Valerie Smith appointed president of Swarthmore College". www.princeton.edu. Archived from the original on March 16, 2017. Retrieved April 29, 2017.
  142. ^ "Report from the Ad Hoc Committee to Review Policies Regarding Assessment and Grading" (PDF). August 5, 2014. Retrieved June 5, 2015.
  143. ^ Windemuth, Anna (October 6, 2014). "After faculty vote, grade deflation policy officially dead". The Daily Princetonian. Archived from the original on May 26, 2015. Retrieved June 5, 2015.
  144. ^ "Admission Statistics". Princeton University. Retrieved May 17, 2018.
  145. ^ "Firestone Library". Princeton University. Retrieved July 30, 2006.
  146. ^ "The Nation's Largest Libraries: A Listing By Volumes Held – ALA Library Fact Sheet Number 22". American Library Association. May 2009. Archived from the original on April 13, 2009. Retrieved August 12, 2009.
  147. ^ "Libraries". Princeton.edu. October 27, 2010. Archived from the original on January 10, 2008. Retrieved February 19, 2012.
  148. ^ "Academic Ranking of World Universities 2020: National/Regional Rank". Shanghai Ranking Consultancy. Retrieved August 15, 2020.
  149. ^ "America's Top Colleges 2019". Forbes. Retrieved August 15, 2019.
  150. ^ "Wall Street Journal/Times Higher Education College Rankings 2021". Wall Street Journal/Times Higher Education. Retrieved October 20, 2020.
  151. ^ "2021 Best National University Rankings". U.S. News & World Report. Retrieved September 24, 2020.
  152. ^ "2020 National University Rankings". Washington Monthly. Retrieved August 31, 2020.
  153. ^ "Academic Ranking of World Universities 2020". Shanghai Ranking Consultancy. 2020. Retrieved August 15, 2020.
  154. ^ "QS World University Rankings® 2021". Quacquarelli Symonds Limited. 2020. Retrieved June 10, 2020.
  155. ^ "World University Rankings 2021". THE Education Ltd. Retrieved September 2, 2020.
  156. ^ "2021 Best Global Universities Rankings". U.S. News & World Report LP. Retrieved October 20, 2020.
  157. ^ "Princeton University - U.S. News Best Grad School Rankings". U.S. News & World Report. Retrieved September 11, 2019.
  158. ^ The Daily Princetonian, August 16, 2010. Archived August 20, 2010, at the Wayback Machine
  159. ^ a b Moody, Josh (September 14, 2021). "Princeton, Williams Top 2021 Best Colleges Rankings". U.S. News and World Report. Retrieved January 2, 2021.
  160. ^ a b "U.S. News Best Colleges Rankings". U.S. News & World Report. Retrieved January 2, 2021.
  161. ^ "World University Rankings 2021". World University Rankings. Times Higher Education. Retrieved September 2, 2020.
  162. ^ "QS World University Rankings 2021". Top Universities. May 28, 2020. Retrieved January 2, 2021.
  163. ^ "TOP500 Supercomputing Sites". Archived from the original on June 14, 2006. Retrieved June 25, 2006.
  164. ^ a b "About the Princeton Environmental Institute". Princeton Environmental Institute, Princeton University. Retrieved May 25, 2014.
  165. ^ "Princeton Environmental Institute is now the High Meadows Environmental Institute". Princeton University. Retrieved November 22, 2020.
  166. ^ a b "Princeton Environmental Institute (PEI)". Think Tank Map. Archived from the original on May 25, 2014. Retrieved May 25, 2014.
  167. ^ "Directory". Princeton Environmental Institute. Archived from the original on May 25, 2014. Retrieved May 25, 2014.
  168. ^ a b c d e f "Research Centers". Princeton Environmental Institute. Retrieved May 25, 2014.
  169. ^ "Carbon Mitigation Initiative". Retrieved May 25, 2014.
  170. ^ "Stabilization Wedges". Princeton Environmental Institute. Archived from the original on July 23, 2014. Retrieved May 25, 2014.
  171. ^ "Center for BioComplexity". Archived from the original on May 29, 2009. Retrieved May 25, 2014.
  172. ^ "Cooperative Institute for Climate Science". Retrieved May 25, 2014.
  173. ^ "Energy Systems Action Group". Retrieved May 25, 2014.
  174. ^ "Grand Challenges". Retrieved May 25, 2014.
  175. ^ Tanner, Earl C. (1977) Project Matterhorn: an informal history Princeton University Plasma Physics Laboratory, Princeton, New Jersey, p. 77, OCLC 80717532
  176. ^ "Plasma Physics Library". Prince University Library. The Trustees of Princeton University. Retrieved August 7, 2020.
  177. ^ "Finances". The Trustees of Princeton University. Retrieved August 7, 2020.
  178. ^ "Housing and Dining". Princeton University. Archived from the original on October 17, 2008. Retrieved June 20, 2011.
  179. ^ "Eating Clubs". Princeton University Undergraduate Admission. Princeton University. Retrieved March 14, 2020.
  180. ^ Editors, Vault (March 23, 2006). The College Buzz Book. Vault Inc. ISBN 978-1-58131-399-4.CS1 maint: extra text: authors list (link)[permanent dead link]
  181. ^ "Explore the Eating Clubs". Princeton Eating Clubs. Retrieved March 29, 2020.
  182. ^ "Princeton Model United Nations Conference (PMUNC)". Archived from the original on March 21, 2005. Retrieved June 25, 2006.
  183. ^ "Princeton Interactive Crisis Simulation (PICSIM)". Archived from the original on August 20, 2008. Retrieved June 25, 2006.
  184. ^ "Overview". Princeton Model Congress. Retrieved March 14, 2020.
  185. ^ "Economic Diversity Among All National Universities". Archived from the original on August 26, 2009. Retrieved October 30, 2008.
  186. ^ "Economic Diversity Among the Top 25". US News & World Report. Retrieved January 7, 2020.
  187. ^ "ABOUT TIGERTRENDS". TigerTrends. Retrieved August 8, 2020.
  188. ^ https://www.princeton.edu/news/2020/03/26/princeton-pleased-offer-admission-1823-students-class-2024#:~:text=Princeton%20University%20has%20offered%20admission,including%20biracial%20and%20multiracial%20students.
  189. ^ "Enrollment Statistics". Princeton University Graduate School. Retrieved January 7, 2020.
  190. ^ Aisch, Gregor; Buchanan, Larry; Cox, Amanda; Quealy, Kevin (January 18, 2017). "Economic diversity and student outcomes at Princeton". The New York Times. Retrieved August 9, 2020.
  191. ^ a b Pam, Caroline C. (May 31, 1999). "Enrollment of Jews at Princeton Drops by 40 Percent in 15 Years". The New York Observer. Retrieved August 31, 2018.
  192. ^ Mundy, Liza (2008). Michelle. New York, New York: Simon & Schuster paperbacks. pp. 68, 69. ISBN 9781416599432.
  193. ^ "Traditions". Princetoniana. Princeton University. Retrieved September 7, 2020.
  194. ^ "U. community gathers, chants, 'yeets' during first bonfire since 2013". The Daily Princetonian. Retrieved December 5, 2018.
  195. ^ "Eating Clubs and "The Street"". Mudd Manuscript Library Blog. April 29, 2015. Retrieved June 12, 2015.
  196. ^ "Cane-Spree the history". Clockwork Orange. Princeton University. Archived from the original on April 22, 2008.
  197. ^ "Dean's Date". Virtual tour. Princeton. Archived from the original on August 19, 2007. Retrieved July 5, 2008.
  198. ^ "Can Nathaniel FitzRandolph's Descendants Attend Princeton University for Free?". June 10, 2015. Retrieved June 12, 2015.
  199. ^ "Can Nathaniel FitzRandolph's Descendants Attend Princeton University for Free?". Mudd Manuscript Library Blog. June 10, 2015. Retrieved December 21, 2015.
  200. ^ "Poler's Recess". Ptoniana. Princeton. Retrieved July 5, 2008.
  201. ^ "Reunions History". Alumni Association of Princeton University. Alumni Association of Princeton University. Retrieved September 7, 2020.
  202. ^ Reunions Schedule of Events (PDF). Alumni Association of Princeton University. May 2018. p. 49. Archived from the original (PDF) on June 16, 2018.
  203. ^ "Cheers". Princetoniana. Princeton University. Retrieved September 7, 2020.
  204. ^ Cheng, Jonathan (April 22, 2004). "Film Legend Bothered by Use of Name in Stunt at Princeton". The New York Times.
  205. ^ "Paul Newman urges Princeton to stop tradition of alcohol abuse in honour of his name". News Medical. April 24, 2004. Retrieved February 19, 2012.
  206. ^ "Nude", Ptoniana, eAlumni, archived from the original on July 30, 2012
  207. ^ "Streaking and the Nude Olympics". Mudd Manuscript Library Blog. October 14, 2015. Retrieved December 21, 2015.
  208. ^ "Reunions and the P-Rade". Mudd Manuscript Library Blog. May 13, 2015. Retrieved June 12, 2015.
  209. ^ Princeton Athletic Communications. "Princeton University Mission Statement". Archived from the original on December 23, 2011. Retrieved June 1, 2011.
  210. ^ a b c "Athletics & Fitness". Princeton University. Retrieved June 1, 2011.
  211. ^ Breger, Esther (September 11, 2007). "Mascot revamped but still 'The Tiger'". The Daily Princetonian. Archived from the original on May 16, 2011. Retrieved June 1, 2011.
  212. ^ "The First Intercollegiate Game – November 6, 1869". Rutgers University Scarlet Knights. Archived from the original on November 28, 2006. Retrieved June 2, 2011.
  213. ^ "Princeton Tigers, Princeton Stadium". Football Championship Subdivision. Retrieved June 1, 2011.
  214. ^ "Recognized National Championships by Team". College Football Data Warehouse. Archived from the original on September 20, 2010. Retrieved June 1, 2011.
  215. ^ "Pete Carril". NBA. Archived from the original on December 20, 2013. Retrieved June 1, 2011.
  216. ^ a b Branch, John (March 30, 2007). "Carril Is Yoda to Notion of Perpetual Motion". The New York Times. Retrieved June 1, 2011.
  217. ^ "When underdogs dance". ESPN. Retrieved June 1, 2011.
  218. ^ "Princeton loses lowest-scoring D-I game since 3-point line". ESPN. Associated Press. December 15, 2005. Retrieved June 1, 2011.
  219. ^ "For Princeton and Ivy League, Final Four at Last". Retrieved June 17, 2015.
  220. ^ Bernstein, Viv. "Princeton's Steep Climb Finally Ends". The New York Times. Retrieved June 17, 2015.
  221. ^ "The NCAA Men's Lacrosse Championship, formerly known as the Wingate Memorial Champion". US Intercollegiate Lacrosse Association. Archived from the original on September 30, 2011. Retrieved June 1, 2011.
  222. ^ Laguna, Ben (April 3, 2008). "One of Princeton's oldest clubs flourishes". The Daily Princetonian. Archived from the original on June 6, 2012. Retrieved June 1, 2011.
  223. ^ "Princeton Sailing Homepage". Princeton Sailing. Princeton Club Sports. January 1, 2021. Retrieved January 1, 2021.
  224. ^ "The Student Guide to Princeton: Intramurals". Princeton University. Archived from the original on December 22, 2007.
  225. ^ "General Information". Princeton University Campus Recreation. Archived from the original on March 1, 2011. Retrieved June 1, 2011.
  226. ^ "History of Old Nassau". Princeton. Retrieved July 5, 2008.
  227. ^ Alyea, Hubert N. (1977). "The Old Nassau reaction". Journal of Chemical Education. 54 (3): 167. Bibcode:1977JChEd..54..167A. doi:10.1021/ed054p167.2.

Further reading[edit]

  • Axtell, James. The Making of Princeton University: From Woodrow Wilson to the Present (2006), 710 pp; highly detailed scholarly history.
  • Bradley, Stefan M., "The Southern-Most Ivy: Princeton University from Jim Crow Admissions to Anti-Apartheid Protests, 1794–1969," American Studies 51 (Fall–Winter 2010), 109–30.
  • Bragdon, Henry. Woodrow Wilson: The Academic Years (1967).
  • Kemeny, P. C. Princeton in the Nation's Service: Religious Ideals and Educational Practice, 1868–1928 (1998). 353 pp.
  • Noll, Mark A. Princeton and the Republic, 1768–1822: The Search for a Christian Enlightenment in the Era of Samuel Stanhope Smith (1989). 340 pp.
  • Rhinehart, Raymond (2000), Princeton University: The Campus Guide (guide to architecture), 188 pp.
  • Smith, Richard D (2005), Princeton University, 128 pp.
  • Synnott, Marcia Graham (1979), The Half-Opened Door: Discrimination and Admissions at Harvard, Yale, and Princeton, 1900–1970. 310 pp.
  • Wilson, Woodrow (1972–76), Link, Arthur S; et al. (eds.), The Papers of Woodrow Wilson, 14–21.
  • McLachlan, James (1976), Princetonians, 1748–1768: A Biographical Dictionary. 706 pp.
    • Harrison, Richard A (1981), Princetonians, 1776–1783: A Biographical Dictionary, 2. 585 pp.
    • ——— (1981), Princetonians, 1776–1783: A Biographical Dictionary, 3. 498 pp.
    • Woodward, Ruth L; Craven, Wesley Frank (1991), Princetonians, 1784–1790: A Biographical Dictionary. 618 pp.
    • Looney, J Jefferson; Woodward, Ruth L (1991), Princetonians, 1791–1794: A Biographical Dictionary. 677 pp.

External links[edit]

  • Official website
  • Princeton Athletics website
  • Works written on the topic Princeton University at Wikisource