小売協同組合

小売協同組合は、小売業者メンバーに代わって規模の経済を利用する一種の協同組合です。[1]小売業者の協同組合は、購買力を利用してメーカーから値引きを受け、多くの場合、マーケティング費用を分担します。小売協同組合は、基本的に、通常は中央購買組織を設立することにより、リソースをプールして大量に購入し、共同のプロモーション活動に従事する独立所有の企業のグループです。[2]地元の食料品店金物店、および薬局が小売協同組合に参加する。

小売協同組合と呼ばれることもある消費者協同組合は、小売協同組合と区別する必要があります。

小売業者の協同組合は民主的なメンバー管理によって管理されており、これは通常、メンバーごとに 1 票を意味します。E. Leclercなどの一部の企業は、この方法で意思決定を行うことができ、各メンバー企業は 1 票しか得られません。[1] しかし、多くの小売協同組合にとって、民主的な基準を達成することは困難です。[3]メンバーは個人ではなく企業であるため、メンバーごとに 1 票を提供すると、大規模なメンバー企業が過小評価されることになります。投票数がビジネスの規模に基づいている場合、協同組合内のすべての小規模なビジネスが大企業によって投票されるリスクがあります。多くの小売業者の協同組合が採用している民主的な解決策は、ビジネスの規模に応じて票を増やすことです。たとえば、5 票または 10 票など、一定のポイントまで上げます。このように、メンバー企業にはさまざまな程度の代表者がいますが、1 人のメンバーが過度にコントロールすることはできません。[3]

コストを削減するために、小売業者の協同組合は中央の購入場所を確立し、まとめて購入する機会を提供します。小売協同組合は、グループの広告とプロモーション、均一な在庫販売、およびプライベート ブランディングにも取り組んでいます。[2] これにより、ACE Hardware などのブランドが消費者に認知されるようになり、独立した店舗の自律性と自由を備えたフランチャイズの利点が店舗にもたらされます。

協同組合の目的は、この場合は小売業者であるメンバーの購入条件を改善することです。協同組合にとどまるインセンティブは、組合員が得る利益によるところが大きい。一般に、余剰分は、元の入力に従ってメンバーによって共有されます。[1]


TOP