インディアナの印章

インディアナ州の印章は、インディアナ州知事が米国インディアナ州の公式文書を証明するために使用します。この地域が北西部領土の一部であったため、印章はいくつかの改訂を経てきました現在のものと同様の元のシールは、インディアナ準州の管理中にウィリアム・ヘンリー・ハリソンによって作成された可能性があります。シールの現在のデザインは、1963年 にインディアナ州議会によって標準化されました。

州の印章はインディアナ州知事によって維持されています。これは、公式の州文書の信憑性を証明するために使用されます。印鑑は部門の報告書に貼られ、知事が法に署名することを請求し、知事から他の高官への公式の連絡があります。シールは、委員会の権限の証拠として、州によって付与されたすべての委員会でも使用されます。[1]

米国議会1792年5月8日に法案を可決し、米国国務長官に「当該地域のいくつかの公的機関に適切な封印を提供する」よう指示しました。インディアナ州は当時北西部領土の一部であり、米国国務省によってその領土の公式文書に使用されるシールが作成されました。元の封印はアーサーセントクレア知事によって維持され、最初に記録された使用は1788年7月26日に行われた布告でした。[2]

1800年5月10日、インディアナ準州は議会制定法によって創設されましたが、公式の印章の規定は法案に含まれていませんでした。インディアナ準州の封印の最初の記録された使用は、 1801年1月にウィリアムヘンリーハリソン知事 によって署名された法廷文書にありました。彼が使用した封印は、北西部領土のために作成された元の封印の改作でした。その起源は定かではありませんが、変更を加えたのはハリソンであった可能性があります。[3]

1816年の憲法には、州知事が州の印章を維持し、それを公式のコミュニケーションに使用する必要があると述べた条項が含まれていました。シールのデザインは、 1816年のインディアナ州議会の最初の会議で最初に提案されました。 [4] 1816年11月22日、ハリソン郡の代表デイビス・フロイド、彼が「A」と呼んだデザインのシールの採用を提案しました。森と森の人が木を伐採し、水牛が森を離れて平野を通って遠くの森に逃げ、西にインディアナという言葉で太陽が降り注ぐ。」法案は、総会の両院と資金の合同会議を通過し、そこでシールを作成するためのプリンターを購入することに投票しました。[4]

1819年、州の封印は州の危機の一部でした。クリストファー・ハリソン副知事は、 ジョナサン・ジェニングス知事がインディアナ州北部の先住民族との交渉を行っていたときに、副知事になりました。ジェニングスが戻ったとき、ハリソンはジェニングスの行動が彼の知事を無効にしたと主張して、知事として辞任することを拒否した。ハリソンは州の印章を押収し、彼自身の知事室を設立しました。州議会での数週間の討論の後、ハリソンは封印をジェニングスに返還し、知事の職を辞めることを余儀なくされた。[4]


インディアナ州の歴史的な紋章(図解、1876年)
TOP