スペイン語

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

スペイン語
カスティーリャ語
スペイン語
castellano
発音[espaˈɲol]
[kasteˈʎano] [a]
領域スペインヒスパニックアメリカ赤道ギニア
ネイティブスピーカー
合計5億
8600万人のスピーカー4億8900万人のネイティブスピーカー(2020年)[1]
7500万人のL2スピーカーと限られた容量のスピーカー+2200万人の学生[1]
初期の形態
ラテン語スペイン語のアルファベット
スペイン語点字
署名されたスペイン語(メキシコ、スペイン、そしておそらく他の場所)
公式ステータス
の公用語



によって規制されていますスペイン語アカデミー協会
RealAcademiaEspañolaおよび他の22の国立スペイン語アカデミー)
言語コード
ISO 639-1es
ISO 639-2spa
ISO 639-3spa
Glottologstan1288
Linguasphere51-AAA-b
Hispanophone global world map language 2.svg
  公用語としてのスペイン語。
  非公式ですが、人口の25%以上が話しています。
  非公式ですが、人口の10〜20%が話します。
  非公式ですが、人口の5〜9%が話します。
  スペイン語ベースのクレオール言語が話されています。
この記事には、IPA音声記号が含まれています適切なレンダリングサポートがないとUnicode文字の代わりに疑問符、ボックス、またはその他の記号が表示される場合がありますIPA記号の入門ガイドについては、Help:IPAを参照してください

スペイン語españolまたはcastellanolit。'Castilian ')は、ヨーロッパのイベリア半島生まれロマンス諸語です。今日では、主にスペインと南北アメリカで5億人近くのネイティブスピーカーがいるグローバル言語です。これは、マンダリン中国語に次いで世界で2番目に話されている母国語であり[3] [4]英語、マンダリン中国語、ヒンディー語に次いで世界で4番目に話されている言語です。About this sound About this sound 

スペイン語は、5世紀に西ローマ帝国が崩壊後、イベリア俗ラテン語のいくつかの方言から発展しインド・ヨーロッパ語族の言語イベロロマンスグループの一部です。スペイン語の痕跡を含む最も古いラテン語のテキストは、9世紀のイベリア半島北部からのものであり[5]カスティーリャ王国の著名な都市であるトレド13世紀に最初の体系的な書面による使用が行われました。その後、現代スペイン人は1492年からスペイン帝国の副王領に連れて行かれ、特に南北アメリカに連れて行かれました。およびアフリカフィリピンの領土[6]

ロマンス諸語として、スペイン語はラテン語の子孫であり、サルデーニャ語やイタリア語と並んで、ラテン語との差が小さい(約20%)ものの1つです。[7]現代スペイン語の語彙の約75%は、古代ギリシャ語からのラテン語の借用を含め、ラテン語に由来しています。[8] [9]スペイン語に直接的および間接的に組み込まれた古代ギリシャ語(ヘレニズム)の豊富さは、自然科学政治文学哲学、芸術、音楽などの要素分野の語彙に特に影響を与えました[10 ]

その複雑な歴史とグローバル帝国の形成の両方のために、スペイン語は多くの異なる言語からいくつかの影響を受けています:スペイン語の辞書の単語の約8%は、アルアンダルスとの接触中に発達しアラビア語の語彙のルーツを持っています。[11] [12]また、影響されたバスクイベリアCeltiberian及び西ゴート後者は中に特に開発された、西ゴート王国イベリア半島。[13] [12]さらに、それは他の言語のような特に他のロマンス語から語彙を吸収したフランス語イタリア語ポルトガル語ガリシア語カタロニア語モサラベオック語、およびサルデーニャ、などからケチュア語ナワトル語、およびその他の先住民族の言語アメリカ[14]

スペイン語の一つである6つの公用語国連、そしてそれはまた、欧州連合(EU)による公用語として使用されている米州機構南米諸国連合ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体アフリカ連合および他の多くの国際機関[15]英語やフランス語と並んで、世界中で最も教えられている外国語の1つでもあります。[16]話者の数が多いにもかかわらず、スペイン語は科学的記述法や技術で目立つよう取り上げられていません、しかしそれは人文科学と社会科学でよりよく表されます。[17]スペイン語は、インターネットWebサイトで英語とロシア語に次いで3番目に使用されている言語です。[18]

言語と語源の名前[編集]

言語と呼ばれている場所を示す地図Castellanoの(赤)、または日本語Español(青)を

言語名[編集]

スペインおよびスペイン語圏の他の地域では、スペイン語はエスパニョールだけでなく、カスティーリャ王国の言語であるカステラーノ(カスティーリャ)と呼ばれ、ガリシア語バスク語アストゥリアン語など、スペインで話されている他の言語とは対照的です。カタロニア語アラゴネーゼオクシタン

スペイン1978年憲法の用途長期カステラーノ定義するための公式言語とは対照的に、全体のスペイン国家のラスDEMAS lenguasespañolas(「他の点灯スペイン語を」)。記事IIIは次のように読みます:

El castellanoeslalenguaespañolaoficialdelEstado。...LasdemáslenguasespañolasserántambiénoficialesenlasrespectivasComunidadesAutónomas...
カスティーリャは州の公式スペイン語です。...他のスペイン語もそれぞれの自治州で公式になります...

王立スペイン語アカデミースペイン王立アカデミーは)、一方で、現在の用語の使用言語:Españolその出版物を、しかし、1713年から1923年に言語と呼ばれるカステラーノ

Diccionariopanhispánicoデdudas(王立スペイン語アカデミーによって公開された言語ガイド)王立スペイン語アカデミーは、長期的に使用することを好むが、それを述べた日本語Españolスペイン語を参照する際に、その出版物を両方terms-、日本語Españolカステラーノ-areとみなさ同義で同等に有効です。[19]

語源[編集]

長期カステラーノは、ラテン語から来てcastellanus、手段「のかに関係」。[20]

español(スペイン語)という用語には、さまざまな語源が提案されています。スペイン王立アカデミーによると、españolプロヴァンス語のespaignolに由来し、それは俗ラテン語* hispaniolusに由来します。これはイベリア半島の現在の領土を​​含むヒスパニア州のラテン語の名前に由来します。[21]

スペイン王立アカデミーによって提案されたものとは別に、他の仮説があります。スペイン語の言語学者メネンデスPidalは、古典的なことを示唆しhispanusまたはhispanicusはサフィックスかかっ-オンから俗ラテン語、それは他のような言葉で起こったとして、ブルトン(ブルターニュ)またはsajón(サクソン)。* hispanioneという単語は、古いスペイン語の españónに進化し、最終的にはespañolになりました[要出典]

歴史[編集]

ラテン語の後期形式で書かれた西ゴート族の記録文書は、2010年にスペイン王立アカデミーによって、GlosasEmilianensesのものよりも前のカスティーリャ語で書かれた最も初期の単語の記録として宣言されました[22]

スペイン語は、紀元前210年に始まった第二次ポエニ戦争中にローマ人によってイベリア半島にもたらされた俗ラテン語から発展しました。以前は、いくつかのロマンス以前の言語(古ヒスパニック言語とも呼ばれますインド・ヨーロッパ語族を介してラテン語に関連するものと、まったく関連しないもの)がイベリア半島で話されていました。これらの言語は含まバスク(今も話さ)、イベリアCeltiberianGallaecianを

今日、現代スペイン語の先駆者と見なされているものの痕跡を示す最初の文書は、9世紀のものです。中世とに現代の時代、スペイン語辞書上で最も重要な影響は、近隣から来たロマンス語-モサラベアンダルシロマンス)、ナバロ・アラゴンLeoneseカタロニア語ポルトガル語ガリシア語オック語、以降、フランス語イタリア語。スペイン語もアラビア語からかなりの数の単語を借りましたそして部族の移住とイベリア西ゴート族支配の期間を通してのゲルマンゴシック言語からのマイナーな影響。さらに、書記言語と教会の典礼言語の影響により、ラテン語からさらに多くの単語が借用されました。外来語は、当時使用されていたラテン語の形式である古典ラテン語ルネッサンスラテン語の両方から取られました。

理論によるとラモン・メネンデス・ピダル、ローカルsociolects俗ラテン語のは、市の中心エリアで、イベリアの北に、スペインへと進化ブルゴス、この方言は、後の都市にしたトレド標準書かれました、スペイン語は13世紀に最初に開発されました。[23]この形成段階で、スペイン語はその親しいいとこであるレオン語とは大きく異なる変種を開発し、一部の著者によれば、バスク語の強い影響によって区別された(イベロロマンス諸語を参照)。この独特の方言は、レコンキスタの進歩とともにスペイン南部に広がりました、そしてその間アルアンダルスのアラビア語からかなりの語彙の影響を集めましたが、その多くは間接的に、ロマンスモサラベ語方言(約4,000のアラビア語由来の単語、今日の言語の約8%を占めています)を介して行われました。[24]この新しい言語の書面による標準は、13世紀から16世紀トレドの都市と、1570年代のマドリッドの都市で開発されました[23]

俗ラテン語からスペイン語サウンドシステムの開発は、母音間子音の子音弱化(したがってラテン語vīta >スペイン語vidaを含む西ロマンス語に典型的なほとんどの変化を示していますdiphthongizationラテンのは短い強調Eをし、Oで発生した-whichオープン音節フランス語、イタリア語ではなく、次の表に示すように、すべてのカタロニア語やポルトガル語で-され、スペイン語の両方で開閉音節では見つかりません:

ラテン語スペイン語ラディーノアラゴン語アストゥリアス語ガリシア語ポルトガル語カタロニア語ガスコン語/オック語フランス語サルデーニャ語イタリアのルーマニア語英語
ペトラp ie draペドラペドラpèirap ie rreペドラperdap ie traP IA trǎ'結石'
テラt ie rraテラテラterreテラțară'土地'
moriturm ue rem ue rreモレmorモリスm eu rtモリットm uo rem oa re「死ぬ(v。)」
死ぬm ue rte死ぬ死ぬmòrt死ぬ死ぬ、死ぬ死ぬm oa rte'死'
ヨーロッパ南西部の言語進化を示す年表

スペインがでマークされpalatalizationラテン語の二重子音のNNLL(したがって、ラテン>スペイン枚Año、およびラテンanellum >スペイン語anillo)。

ラテン語でuまたはv書かれ、古典ラテン語で[w]と発音された子音は、おそらく俗ラテン語の両唇摩擦音/β/強化」されていました。初期のスペイン語(カタロニア語やポルトガル語ではない)では、b(破裂音と摩擦音の異音を含む両唇音)と書かれた子音と融合しました。現代スペイン語では、カリブスペイン語のいくつかの例外を除いて、正字法のbvの発音に違いはありません[要出典]

スペイン語(および隣接するオック語のガスコーニュ語方言、およびバスク語の基層に起因する)に特有なのは、ラテン語の頭文字fh-に変異した後、その後二音しない母音が続くことでした。H-いくつかのアンダルシア地方とカリブ海の方言で、それがまだいくつかの言葉に吸引されるが、まだスペルに保存さは、言語のほとんどの品種で今沈黙しています。ラテン語と隣接するロマンス諸語からの借用のため、現代スペイン語には多くのf- / h-二重語があります:フェルナンドヘルナンド(両方とも「フェルディナンド」のスペイン語)、フェレロエレーロ(両方とも「スミス」意味するスペイン語)、フィエロヒエロ(両方とも「鉄」を意味するスペイン語)、フォンドホンド(両方とも「深い」を意味するスペイン語ですが、フォンドは「底」を意味しホンドは「深い」を意味します)。hacer(スペイン語で「作る」)はsatisfacer(スペイン語で「満足する」)の語根と同族であり、hecho(「作られた」)は同様にsatisfecho(スペイン語で「満足する」)の語根と同族です。

次の表の例を比較してください。

ラテン語スペイン語ラディーノアラゴン語アストゥリアス語ガリシア語ポルトガル語カタロニア語ガスコン語/オック語フランス語サルデーニャ語イタリアのルーマニア語英語
フィリウム時間ijofijo(またはhijoフィロfíuフィロfilho塗りつぶしfilhh ilhフィルfizu、fìgiu、fillufigliofiu'息子'
facere時間エイサーfazerファーフェーサーfazerファー遠くフェア時間AR(または時間ERフェアfàghere、fàere、fàiri運賃「やること」
フェブレム発熱 (カレンチュラ)発熱fèbrefrèbe時間rèbe(又は
時間erèbe
発熱カレンチュラ発熱febră'熱'
focumフエゴfueufogofocfuòcFOC時間電通大feuフォグfuocofoc'火'

次の表の例に示すように、ラテン語のいくつかの子音クラスターも、これらの言語で特徴的に異なる結果を生成しました。

ラテン語スペイン語ラディーノアラゴン語アストゥリアス語ガリシア語ポルトガル語カタロニア語ガスコン語/オック語フランス語サルデーニャ語イタリアのルーマニア語英語
CL āvemll ave claveクラーベクラウll aveチャブチャブクラウクレgiae、crae、 craiチアベcheie'キー'
FLアンマll ama flamaFL AMAチャマチャマフラマフラマフラマfiammaフラマ'火炎'
PL ENUMll eno plenoプレノプレンll enuチェオcheioplenopleプレンプレインプレヌピエノプリン「たっぷり、いっぱい」
O CT ōo ch ogüeitoo ch ooitoオイトoitooi t ovuithuitUE CHUO CHuèithuitotoオットーオプト'8'
mu lt ummu ch o
mu y
mu nch o
mu y
muito
mu i
mu nch u
mu i
moito
mo i
ムイト脱皮脱皮 (アーチ)トレス、

beaucoup

メダモルトマルチ「非常に、
非常に、
多く」
アントニオ・デ・ネブリジャ、著者のGramática・デ・ラ・lenguaカステラーナ、モダンなヨーロッパ言語の最初の文法。[25]

15世紀と16世紀に、スペイン語は歯擦音の子音の発音に劇的な変化を遂げました。これはスペイン語ではreajuste de las sibilantesとして知られており、その結果、文字⟨j⟩の独特の軟口蓋[x]の発音が生まれました。スペイン語の大部分—文字⟨z⟩(および⟨​​e⟩または⟨i⟩の前の⟨c⟩)の特徴的な歯間[θ](「th-sound」)。詳細については、スペイン語の歴史(古いスペインの歯擦音の現代的な発展)を参照してください。

Gramática・デ・ラ・lenguaカステラーナ、で書かれたサラマンカで1492年にエリオ・アントニオ・デ・ネブリジャは、モダンなヨーロッパ言語のために書かれた最初の文法でした。[26]人気の逸話によると、ネブリハがイサベル1世にそれを提示したとき、彼女は彼にそのような作品の用途は何かと尋ね、彼は言語が帝国の道具であると答えた。[27] 1492年8月18日付けの文法の紹介で、ネブリハは「...言語は常に帝国の伴侶であった」と書いた。[28]

16世紀以降、この言語はスペインの植民地化をて、スペインで発見されたアメリカスペイン領東インドに伝わりましたドン・キホーテの作者であるミゲル・デ・セルバンテスはスペイン語がしばしばラ・レングア・デ・セルバンテス(「セルバンテスの言語」)と呼ばれるほど、世界でよく知られている参考文献です。[29]

二十世紀に、スペインはに導入された赤道ギニア西サハラ、そのように、スペイン帝国の一部となっていなかった米国の領域にスペインのハーレムニューヨーク借用した単語やその他のスペイン語への外部の影響の詳細については、スペイン語への影響を参照してください

地理的分布[編集]

スペイン語の地理的分布
  公用語または共同公用語
  1,000,000以上
  100,000以上
  20,000以上
スペイン語のアクティブラーニング。[30]

スペイン語は世界20カ国の第一言語です。2020年の時点で、約4億6,300万人がスペイン語を母国語として話していると推定されており、母国語を話す人の数で2番目に話されている言語となっていますさらに7,500万人がスペイン語を第二言語または外国語として話し、英語、中国語、ヒンディー語に次いで世界で4番目に話されている言語であり、合計で5億3,800万人が話しています。[31]スペイン語は、英語とロシア語に次いで、インターネット上3番目に使用されている言語でもあります[32]

ヨーロッパ[編集]

伝えられるところによると、会話をするのに十分なスペイン語を知っている人の割合、EU、2005年
  母国
  8.99%以上
  4%から8.99%の間
  1%から3.99%の間
  1%未満

では、ヨーロッパ、スペイン語が公用語であるスペイン、それが命名された後、国、それが起源です。ジブラルタルアンドラでも広く話されています。[33]

スペイン語は、イギリスフランスイタリアドイツなどの他のヨーロッパ諸国の移民コミュニティでも話されています。[34]スペイン語は欧州連合の公用語です

アメリカ大陸[編集]

イスパノアメリカ[編集]

ほとんどのスペイン語話者はイスパノアメリカにいます。スペイン語を話す人が過半数を占めるすべての国のうち南北アメリカ以外にいるのはスペイン赤道ギニアだけです。全国的に、スペイン語が公用語-のいずれかであるデファクトデジュール-ofアルゼンチンボリビア(との共同公式ケチュア語アイマラ語グアラニー、および34の他の言語)、チリコロンビアコスタリカキューバドミニカ共和国エクアドルはエルサルバドルグアテマラホンジュラスメキシコ(63の先住民言語との共同公式)、ニカラグアパナマパラグアイグアラニーとの共同公式)、[35] ペルーケチュアアイマラ、および「その他の先住民言語との共同公式」 " [36])、プエルトリコ(英語との共同公式)、[37] ウルグアイ、およびベネズエラ。スペイン人はベリーズのイギリス植民地公式に認められていません;ただし、2000年の国勢調査によると、人口の43%が話しています。[38] [39]主に、17世紀からこの地域に住んでいるヒスパニックの子孫によって話されています。ただし、英語が公用語です。[40]

スペイン語圏の国々に近いため、トリニダード・トバゴブラジルはスペイン語教育を教育システムに導入しています。トリニダード政府が立ち上げた最初の外国語としてスペイン語を2005年3月に(SAFFL)構想[41] 2005年に、ブラジルの国民議会はによって法律に署名法案、承認された社長が、それが必須のために作り、学校はスペイン語などを提供しますブラジルの公立および私立中等学校の両方での代替外国語コース。[42] 2016年9月、この法律はミシェル・テメルによって取り消された。ジルマ・ルセフの弾劾[43]パラグアイとウルグアイに沿った多くの国境の町や村でポルトニョールとして知られる混合言語が話されています。[44]

アメリカ合衆国[編集]

米国とプエルトリコで話されているスペイン語。緑の濃い色は、スペイン語を話す人の割合が高いことを示します。

2006年の国勢調査データによると、米国の人口の4430万人は、起源によってヒスパニックまたはヒスパニック系アメリカ人でした。[45] 3830万人、5歳以上の人口の13パーセントが自宅でスペイン語を話します。[46]スペイン語に起因する早期のスペイン語と、後で、領土を超えるメキシコの投与が、今の形成に、米国での存在の長い歴史を持っている南西部の状態をも、ルイジアナ州は、 1762年から1802年にスペインに支配さだけでなく、フロリダ、どの1821年まではスペインの領土であり、1898年まではスペインのプエルトリコでした。

スペイン語は米国で群を抜いて最も一般的な第二言語であり、非母国語または第二言語の話者が含まれている場合、合計で5,000万人を超える話者がいます。[47]英語は国の事実上の国語ですが、スペイン語は連邦および州レベルの公共サービスや通知でよく使用されます。スペイン語はニューメキシコ州の行政でも使用されています。[48]この言語は、ロサンゼルスマイアミサンアントニオニューヨークサンフランシスコダラスフェニックスなどの主要な大都市圏でも強い影響力を持っています。最近だけでなく、シカゴラスベガスボストンデンバーヒューストンインディアナポリスフィラデルフィアクリーブランドソルトレイクシティアトランタナッシュビルオーランドタンパローリーボルチモア-ワシントンDC、20世紀と21世紀の移民による。

アフリカ[編集]

赤道ギニアの首都マラボにあるスペイン語の看板

では、アフリカ、スペインは公式である赤道ギニアながら、それが優勢な言語である(フランス語、ポルトガル語と並んで)、牙は、ネイティブスピーカーの数によって、ほとんど話し言葉です。[49] [50]これはアフリカ連合の公用語でもあります。

スペイン語はセウタメリリャの都市アフリカ本土の北西海岸から約100 km(62マイル)離れカナリア諸島プラサスデソベラニアとして知られる小さな前哨基地など、北アフリカのスペイン不可欠な地域でも話されています。。北部ではモロッコ、かつてのスペインの保護領アラビア語であるが、約2万人は、第二言語としてスペイン語を話すデジュール公用語とフランス語が第二行政言語です。冷戦の影響を受けたキューバ人のため、スペイン語はアンゴラの非常に小さなコミュニティで話されていますそして南スーダンでは、スーダン戦争中にキューバに移住し、自国の独立のために戻ってきた南スーダンの先住民の間で。[51]

西サハラ、かつてスペインサハラ、スペインは公式後半19世紀と20世紀の間に話されました。今日、サハラ・アラブ民主共和国はスペイン語がアラビア語と並んで存在していますが、この組織は国際的に限られた認識しか受けておらず、スペイン語を話す人の数は不明です。[52] [53]

アジア[編集]

ラ・連帯の新聞とフアン・ルナ(フィリピンIlustrado)。

スペイン語は、1565年のスペイン政権の始まりから1973年の憲法改正までフィリピンの公用語でした。スペインの植民地化(1565〜1898)の間、スペイン語は政府、貿易​​、教育の言語であり、最初の言語として話されました。スペイン語と教育を受けたフィリピン人による言語。19世紀半ば、植民地政府はスペイン語を教授言語とする無料の公教育システムを設立しました。これにより、島全体でスペイン語の使用が増加し、Ilustradosと呼ばれるスペイン語を話す知識人のクラスが形成されました。、都市部またはスペイン語で重要な存在感のある場所に住む人々だけが、この言語を日常的に使用するか、第2または第3の言語として学習しました。 1898年のスペイン統治の終わりまでに、人口の約10%だけがスペイン語の知識を持っていました。そのほとんどは、スペイン系またはエリートの地位の人々でした。[54]

西戦争でスペインが敗北した後のフィリピンのアメリカ政権にもかかわらず、スペイン語はアメリカ政権の初期の間にフィリピン文学と報道で使用され続けました。しかし、徐々に、アメリカ政府はスペイン語を犠牲にして英語の使用を促進し始め、それを過去の悪影響として特徴づけました。最終的に、1920年代までに、英語は管理と教育の第一言語になりました。[55]それにもかかわらず、影響力と話者が大幅に減少したにもかかわらず、スペイン語は、タガログ語の標準化されたバージョンである英語とフィリピン語とともに、1946年の独立後もフィリピンの公用語であり続けた

フィリピン革命家の初期の旗(「フィリピン共和国は長生きする!!!」)。最初の2つの憲法はスペイン語で書かれました。

スペイン語は簡単にの管理の下、1973年に公式の地位から削除されたフェルディナンド・マルコス1973年3月に、しかし、大統領令第155号の下で2ヶ月後に公式の地位を取り戻し、15日付け[56]それはの批准で、1987年まで公用語に残りました現在の憲法では、自主的かつ任意の補助言語として再指定されています。[57] 2010年、グロリア・マカパガル・アロヨ大統領は、フィリピンの教育制度におけるスペイン語教育の再導入を奨励した。[58]しかし、このイニシアチブは、言語が義務教育であるか、選択科目として提供される中等学校の数が非常に限られているため、牽引力を得ることができませんでした。[59]今日、最も楽観的な見積もりでは、フィリピンのスペイン語話者の数は約180万人とされていますが、この言語への関心は高まっており、毎年約20,000人の学生がこの言語を勉強しています。[60]

標準スペイン語の他に、チャバカノ語と呼ばれるスペイン語ベースのクレオール言語がフィリピン南部で開発されました。ただし、スペイン語と相互理解可能ではありません。[61]チャバカノ語を話す人の数は1996年に120万人と推定された。[62]フィリピンの現地もスペイン語の影響を強く受けており、多くの言葉はメキシコのスペイン語に由来している。1821年までのニュースペイン、その後マドリッドから1898年までの直接統治まで。[63] [64]

オセアニア[編集]

イースター島でのスペイン語での発表、ラパヌイ国立公園への訪問者を歓迎

スペイン語は、地理的にオセアニアポリネシアの一部であり、政治的にチリの一部であるイースター島公式かつ最も話されている言語です。ただし、イースター島の伝統的な言語は東ポリネシア語のラパヌイです。

スペイン領東インドを構成する遺産として、スペイン語の外来語は、グアム北マリアナ諸島パラオマーシャル諸島ミクロネシアの現地語で存在します。[65] [66]

文法[編集]

スペイン文学の最も偉大な作家であり、ドン・キホーテの作家でもあるミゲル・デ・セルバンテスはヨーロッパで最初の現代小説と広く見なされています。

スペイン語の文法的および類型的特徴のほとんどは、他のロマンス諸語と共有されています。スペイン語は屈折語です。名詞形容詞のシステムは、二つの展示性別と2つの数字を。また、記事やいくつかの代名詞詞は、その単数形で中性の性別を持っています。動詞ごとに約50の共役があり、過去形、現在形、未来形の3つの時制があります。過去の2つの側面完全不完全; 4つの気分:直説法、接続法、条件付き、命令法; 3人:1人目、2人目、3人目; 2つの数字:単数形、複数形; 3つの動名詞形:不定詞、動名詞、過去分詞。直説法マークされていないものですが、接続法は不確実性または不確定性を表し、一般に条件法と対になっています。条件法は「だろう」を表すために使用されるムードです(「食べ物があれば食べる」など)。命令法は、コマンドを表現するムードであり、通常は「¡Di!」、「Talk!」という1つの単語のフレーズです。

動詞は、正式な住所と非公式な住所に異なる人物を使用することで、テレビの区別を表します。(動詞の詳細な概要については、スペイン語の動詞スペイン語の不規則動詞を参照してください。)

スペイン語の構文右分岐と見なされます。つまり、従属構成要素または変更 構成要素は、見出し語の後に配置される傾向があります。この言語は前置詞を使用し(格の場合は名詞の後置詞や語尾変化ではなく)、他のほとんどのロマンス諸語同様に、通常(常にではありませんが)形容詞名詞の後に配置します。

スペイン語は主語-動詞-目的として分類されます。ただし、ほとんどのロマンス諸語と同様に、構成要素の順序は非常に可変であり、構文ではなく、主に話題化焦点によって支配されます。これは「プロドロップ」または「ヌルサブジェクト」言語です。つまり、実用的に不要な場合にサブジェクト代名詞を削除できます。スペイン語は「動詞フレーム」言語として説明されます。つまり、動き方向は動詞で表現され、移動モードは副詞的に表現されます(例:subircorriendoまたはsalirvolando; これらの例に相当する英語のそれぞれ(「駆け上がる」と「飛び出す」)は、対照的に、英語が「衛星フレーム」であり、移動モードが動詞で表現され、方向が副詞修飾子で表現されていることを示しています。

質問では主語/動詞の反転は必要ありません。したがって、宣言型または質問型の認識は、イントネーションに完全に依存する場合があります。

音韻論[編集]

スペインで話されているスペイン語

スペイン語の音素システムは、もともと俗ラテン語の音素システムから派生しています。その発展は、隣接する方言、特にレオンアラゴン語に共通するいくつかの特徴と、スペイン語に特有の他の特徴を示しています。スペイン語はラテン語の初期の吸引と最終的な損失に隣国間で一意である/ F /音(例えば出演。harina対レオン。そしてARAG。ファリーナ)。[67]ラテン語子音シーケンスがPL- CL-、およびFL-スペイン語で一般的になってLL- 元々発音[ʎ])、アラゴン語ではほとんどの方言で保存されており、レオン語では[tʃ][ʃ][ʎ]などのさまざまな結果が得られます。ラテン語が母音の前に-li-(例:filius)または末尾の-iculus-icula(例:auricula)を持っていた場合、古いスペイン語は[ʒ]を生成し、現代スペイン語ではそれがvelar fricative [x]hijooreja、where隣接する言語には口蓋側面[ʎ]があります(例:ポルトガル語filhoorelha ;カタロニア語フィルorella)。

分節音韻論[編集]

Ladefoged&Johnsonによるスペイン語の母音チャート(2010:227)

スペイン語の音素目録は、5つの母音音素(/ a // e // i // o // u /)と17〜19の子音音素(正確な数は方言によって異なります[68])で構成されています。母音間の主な異音の変化は、高母音/ i // u /、ストレスがなく、別の母音に隣接している場合に、それぞれ[j][w]のグライドに減少することです。語彙的に決定された中央母音/ e /および/ o /のいくつかのインスタンスは、二重母音/ je /および/ we /は、ストレスがかかったときに、音韻論だけでは予測できないため、音韻論ではなく形態音韻論としてより適切に説明されるプロセスでそれぞれ使用します。

スペイン語の子音システムは、(1)3つの音素と1つまたは2つの(方言に応じて)外側音素によって特徴付けられます。これらは音節の最後の位置でコントラスト失い、次の子音同化されます。 (2)は、3つの無音の 停止破擦音 /tʃ/ (3)3つまたは4つ(方言に応じて)無声歯茎 摩擦音; (4)有声硬口蓋炎のセット/ b // d //ɡ/、場合によっては/ʝ/近似環境に応じて破裂異音; (5)「タップ」と「トリル」のr音の音素の区別(正書法ではシングル⟨r⟩とダブル⟨rr⟩)。

次の子音音素の表では、/ʎ/にアスタリスク(*)が付いており、一部の方言でのみ保存されていることを示しています。ほとんどの方言ではyeísmoと呼ばれる合併で/ʝ/と合併されています。同様に、/θ/にもアスタリスクが付いており、ほとんどの方言で/ s /と区別されていないことを示していますセセオを参照)。ただし、これは真の合併ではなく、スペイン南部での歯擦音の異なる進化の結果です。

音素/ʃ/は括弧()内にあり、外来語でのみ表示されることを示します有声の不明瞭な音素/ b // d //ʝ/、および/ɡ/はそれぞれ、無声音素のペア右側に表示されます。これは、無声音素が破裂音(または破裂音)間の音素コントラストを維持していることを示しています。)と摩擦音で、有声音は破裂音と近似音の間で異音的に(つまり音素のコントラストなしで)交互になります

子音音素[69]
陰唇歯科歯茎口蓋ヴェラール
mnɲ
やめるpbtdʝkɡ
継続fθ *sʃバツ
側面lʎ *
フラップɾ
トリルr

韻律[編集]

スペイン語は、そのリズムによって音節タイミング言語として分類されます。各音節の長さは、ストレスに関係なくほぼ同じです。[70] [71]

スペイン語のイントネーションは方言によって大きく異なりますが、一般に、宣言文とwh質問(誰が、何を、なぜなど)の場合は下降音のパターンに、はい/いいえの質問の場合は上昇音のパターンに準拠します。[72] [73]質問とステートメントを区別する構文マーカーがないため、宣言型または質問型の認識は完全にイントネーションに依存します。

ストレスは、単語の最後の3つの音節のいずれかで最も頻繁に発生しますが、最後から4番目またはそれ以前の音節ではまれな例外があります。ストレスは次のように発生する傾向があります:[74] [より良いソースが必要]

  • 最後から2番目の音節でモノフトンで終わる単語で
  • 単語が二重母音終わるとき、最後の音節で。
  • 子音で終わる単語では、最後の音節で、2つの文法的な終わりを除いて:-n、複数形の動詞、および-s、複数の名詞と形容詞、または2番目の人-単数動詞の。終わる名詞と形容詞のかなりの数にもかかわらず、しかし、-nはまたpenult(上強調されているJOVEN聖母mitin)、で終わる名詞と形容詞の大多数-nは、彼らの最後の音節(上強調されているキャピタンalmacénjardíncorazón)。
  • Preantepenultimateストレス(第四ツー最後の音節にストレス)のみと動詞で、まれにしか発生しない接語(例えば添付の代名詞guardándoselos「彼/彼女/彼ら/あなたのためにそれらを保存」)。

これらの傾向に対する多くの例外に加えて、sábana(「シート」)やsabana(「サバンナ」)など、ストレスのみを対比する最小限のペアが多数あります。límite(「境界」)、limite(「彼/彼女は制限する」)およびlimité(「私は制限する」); líquido( '液体')、liquido( '私は売却')とliquidó( '彼/彼女が売却')。

正書法システムは、強勢が発生する場所を明確に反映します。アクセント記号がない場合、最後の文字が⟨n⟩、⟨s⟩、または母音でない限り、強勢は最後の音節にかかります。最後から2番目の(最後から2番目の)音節。これらの規則の例外は、強調された音節の母音の上にアキュートアクセント記号で示されます。スペイン語正書法を参照してください。)

話者人口[編集]

スペイン語は、南北アメリカスペイン赤道ギニアの18か国と1つの地域の公用語または国語です。人口が4億1000万人を超えるスペイン語圏アメリカは、スペイン語を話す人々の大多数を占めており、その中メキシコはスペイン語を話す国の中で最も人口の多い国です。で、欧州連合(EU) スペイン語がある母国追加の7%が第二言語としてそれを話すと、人口の8%。[75]さらに、スペイン語は米国で2番目に話されている言語であり学生の間で群を抜いて最も人気のある外国語です。[76]2015年には、5,000万人を超えるアメリカ人がスペイン語を話し、そのうち約4,100万人がネイティブスピーカーであると推定されました。[77]移民が続き、公共圏やメディアで国内での言語の使用が増加しているため、米国のスペイン語話者の数は今後数十年にわたって増加し続けると予想されます。[78]

国別のスペイン語話者[編集]

次の表は、約79か国のスペイン語話者の数を示しています。

世界的なスペイン語の流暢さ(灰色および*は公用語を意味します)
人口[79]母国語話者としてのスペイン語[80]第二言語としてのネイティブスピーカーと熟練したスピーカー[81]スペイン語話者の総数(限られた能力の話者を含む)[81] [82] [83]
 メキシコ*128,972,439 [84]119,557,451(92.7%)[85]124,845,321(96,8%)[1]127,037,852(98.5%)[83]
 アメリカ328,239,523 [86]41,757,391 [87](13.5%)[88]41757391 [89] [90] 米国のヒスパニックの82%)が2011年の調査によると(非常によくスペイン語を話す。[91]は、米国で6050万ヒスパニックは2019年のようがある[92] + 2.8ミル。非ヒスパニック系スペイン語話者[93]56,657,391 [1] (第一言語として4,180万人、第二言語として1,490万人。二重計算を避けるため、この数には800万人のスペイン人学生と、国勢調査で説明されていない840万人の文書化されていないヒスパニックの一部は含まれていません。
 コロンビア*51,049,498 [94]50,199,498(98.9%)50,641,102(99.2%)[1]
 スペイン*47,332,614 [95]43,496,253(91.9%)[1]46,383,381(98%)[96]
 アルゼンチン*45,808,747 [97] [99]44,297,059(96.7%)[100]44 938 381(98,1%)[1]45,533,895(99.4%)[83]
 ベネズエラ*32,605,423 [101]31,507,179 (他の母国語で1,098,244)[102]31,725,077(97.3%)[1]32,214,158(98.8%)[83]
 ペルー*33,149,016 [103]27,480,534(82.9%)[104] [105]29,834,114(86.6%)[1]
 チリ*19,678,363 [106]18,871,550 (他の母国語で281,600)[107]18,871,550(95.9%)[1]19,540,614(99.3%)[83]
 エクアドル*17,424,000 [108]16204320(93%)[109]16,692,192(95.8%)[1]16,845,732(98.1%)[83]
 グアテマラ*18,055,025 [110]12,620,462(69.9%)[111]14,137,085(78.3%)[1]15,599,542(86.4%)[83]
 キューバ*11,209,628 [112]11187209(99.8%)[1]11,187,209(99.8%)[1]
 ドミニカ共和国*10,448,499 [113]10 197 735(97.6%)[1]10 197 735(97.6%)[1]10,302,220(99.6%)[83]
 ボリビア*11,584,000 [114]7,031,488(60.7%)[115]9,614,720(83%)[1]10,182,336(87.9%)[83]
 ホンジュラス*9,251,313 [116]9 039 287 (他の母国語で207,750)[117]9,039,287(98.7%)[1]
 エルサルバドル*6,765,753 [118]6 745 456 [119]6,745,456(99.7%)[1]
 フランス65,635,000 [120]477,564 47,756,439 [122]の1%[121 ]1,910,258 47,756,439 [122]の4%[96 ]6,685,901 47,756,439 [122]の14%[123 ]
 ニカラグア*6,218,321 [118] [79]6,037,990(97.1%)(他の母国語で490,124)[118] [124]6,218,321 (180,331の限られた習熟度)[118]
 ブラジル211,671,000 [125]460,018 [1]460,0186,056,018 (460,018人のネイティブスピーカー+96,000人の限られた習熟度+5,500,000人が会話を行うことができます)[126]
 イタリア60,795,612 [127]255,459 [128]1,037,248 51,862,391 [122]の2%[96 ]5,704,863 51,862,391 [122]の11%[123 ]
 コスタリカ*4,890,379 [129]4,806,069 (他の母国語で84,310)[130]4,851,256(99.2%)[83]
 パラグアイ*7,252,672 [131]4,460,393(61.5%)[132]4,946,322(68,2%)[1]
 パナマ*3,764,166 [133]3,263,123 (他の母国語で501,043)[134]3,504,439(93.1%)[83]
 ウルグアイ*3,480,222 [135]3,330,022 (他の母国語で150,200)[136]3,441,940(98.9%)[83]
 プエルトリコ*3,474,182 [137]3,303,947(95.1%)[138]3,432,492(98.8%)[83]
 イギリス64,105,700 [139]120,000 [140]518,480 51,848,010 [122]の1%[96 ]3,110,880 51,848,010 [122]の6%[123 ]
 フィリピン*101,562,305 [141]438,882 [142]3,016,773 [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149]
 ドイツ81,292,400 [150]644,091 64,409,146 [122]の1%[96 ]2,576,366 64,409,146 [122]の4%[123 ]
 モロッコ34,378,000 [151]6,586 [152]6,5861,664,823 [1] [153](10%)[154]
 赤道ギニア*1,622,000 [155]1,683 [156]918,000 [83](90.5%)[83] [157]
 ルーマニア21,355,849 [158]182,467 18,246,731 [122]の1%[96 ]912,337 18,246,731 [122]の5%[123 ]
 ポルトガル10,636,888 [159]323,237 8,080,915 [122]の4%[96 ]808,091 8,080,915 [122]の10%[123 ]
 カナダ34,605,346 [160]553,495 [161]643,800 740,000 [163]の87%[162 ][164]736,653 [82]
 オランダ16,665,900 [165]133,719 13,371,980 [122]の1%[96 ]668,599 13,371,980 [122]の5%[123 ]
 スウェーデン9,555,893 [166]77,912 7,791,240 [122]の1%[121 ]77,912 7,791,240の1%)467,474 7,791,240 [122]の6%[123 ]
 オーストラリア21,507,717 [167]111,400 [168]111,400447,175 [169]
 ベルギー10,918,405 [170]89,395 8,939,546 [122]の1%[96 ]446,977 8,939,546 [122]の5%[123 ]
 ベナン10,008,749 [171]412,515(学生)[82]
 コートジボワール21,359,000 [172]341,073(学生)[82]
 ポーランド38,092,000324,137 32,413,735 [122]の1%[96 ]324,137 32,413,735の1%)
 オーストリア8,205,53370,098 7,009,827 [122]の1%[96 ]280,393 7,009,827 [122]の4%[123 ]
 アルジェリア33,769,669223,422 [152]
 ベリーズ333,200 [173]173,597 [152]173,597 [152]195,597 [152](62.8%)[174]
 セネガル12,853,259205,000人(学生)[82]
 デンマーク5,484,72345,613 4,561,264 [122]の1%[96 ]182,450 4,561,264 [122]の4%[123 ]
 イスラエル7,112,359130,000 [152]175,231 [175]
 日本127,288,419100,229 [176]100,229167,514人(60,000人の学生)[82]
 ガボン1,545,255 [177]167,410人(学生)[82]
  スイス7,581,520150,782(2,24%)[178] [179]150,782165,202人(14,420人の学生)[180]
 アイルランド4,581,269 [181]35220 (1%[96] 3522000の[122]140,880 3,522,000 [122]の4%[123 ]
 フィンランド5,244,749133,200 4,440,004 [122]の3%[123 ]
 ブルガリア7,262,675130,750 6,537,510 [122]の2%[96 ]130,750 6,537,510 [122]の2%[123 ]
 ボネールキュラソー 223,65210,699 [152]10,699 [152]125,534 [152]
 ノルウェー5,165,80021,187 [182]103,309 [82]
 チェコ共和国10,513,209 [183]90,124 9,012,443 [122]の1%[123 ]
 ハンガリー9,957,731 [184]83,206 8,320,614 [122]の1%[123 ]
 アルバ101,484 [185]6,800 [152]6,800 [152]75,402 [152]
 トリニダード・トバゴ1,317,714 [186]4,100 [152]4,100 [152]65,886 [152](5%)[187]
 カメルーン21,599,100 [188]63,560人(学生)[82]
 アンドラ84,48433,305 [152]33,305 [152]54,909 [152]
 スロベニア35,194 1,759,701 [122]の2%[96 ]52,791 1,759,701 [122]の3%[123 ]
 ニュージーランド21,645 [189]21,64547,322人(25,677人の学生)[82]
 スロバキア5,455,40745,500 4,549,955 [122]の1%[123 ]
 中国1,339,724,852 [190]30,000人(学生)[191]
 ジブラルタル29,441 [192]22,758(77.3%[193]
 リトアニア2,972,949 [194]28,297 2,829,740 [122]の1%[123 ]
 ルクセンブルク524,8534,049 404,907 [122]の1%[121 ]8,098 404,907 [122]の2%[96 ]24,294 404,907 [122]の6%[123 ]
 ロシア143,400,000 [195]3,320 [152]3,320 [152]23,320 [152]
 西サハラ*513,000 [196]na [197]22,000 [152]
 グアム19,092 [198]
United States Virgin Islands アメリカ領バージン諸島16,788 [199]16,788 [152]16,788 [152]
 ラトビア2,209,000 [200]13,943 1,447,866 [122]の1%[123 ]
 七面鳥73,722,988 [201]1,134 [152]1,134 [152]13,480 [152] [202]
 キプロス660,400 [122]の2%[123 ]
 インド1,210,193,422 [203]9,750人(学生)[204]
 エストニア9,457 945,733 [122]の1%[123 ]
 ジャマイカ2,711,476 [205]8,000 [206]8,000 [206]8,000 [206]
 ナミビア3,870 [207]
 エジプト3,500 [208]
 マルタ3,354 335,476 [122]の1%[123 ]
 欧州連合(スペインを除く)*460,624,488 [209]2,397,000(934,984はすでにカウントされています)[210]
合計7,626,000,000(世界の総人口)[211]479,607,963 [212] [164](6.2%)[213]501,870,034 [164](6.5%)555,428,616 [212] [1] [214](7.2%)[215]

方言のバリエーション[編集]

スペイン語の主な方言を特定しようとする世界地図。

スペインのさまざまな地域の話されているスペイン語と南北アメリカのスペイン語を話す地域全体に重要なバリエーション(音韻論的文法的、および語彙的)があります。

話者が最も多いのはメキシコのスペイン語です。それは世界のスペイン語話者の20パーセント以上によって話されています(上の表によると、5億人以上の合計のうち1億1,200万人以上)。その主な特徴の1つは、主に音/ s /と接触しているときに、ストレスのない母音減少または失われることです。[216] [217]

スペインでは、北方言は標準に近いと一般に考えられていますが、南方言に対する前向きな姿勢は過去50年間で大幅に増加しています。それでも、イェイスモやs-aspirationなどの典型的な南部の特徴を備えたマドリッドのスピーチは、ラジオやテレビで使用される標準的な種類です。[218] [219] [220] [221]しかし、メディアで使用されている多様性は、マドリッドの教育を受けた階級の多様性であり、労働者階級のマドリードが話している多様性とは対照的に、南部の特徴はあまり明白ではありません。普及して。マドリッドの教育を受けた多様性は、スペイン語の書面による基準に最も影響を与えたものとして多くの人に示されています。[222]

音韻論[編集]

4つの主な音韻部門は、(1)のそれぞれに基づいて音素/θ/(「シータ」)、(2)非口腔音化音節最終の/ S /、(3)綴ら⟨s⟩の音、(4 )と音素/ʎ/( "turned y ")、[223]

  • 音素/θ/ 綴らCの前にEまたはIおよび他の場所⟨z⟩綴ら)、無声歯摩擦音英語のように目のINGは、特に国の北部と中央部では、スペインの人口の大多数によって維持されています。他の地域(スペイン南部、カナリア諸島、南北アメリカの一部)では、/θ/は存在せず、代わりに/ s /が発生します。音素のコントラストの維持はスペイン語でdistinciónと呼ばれますが、合併は一般にセセオと呼ばれます(合併された音素の通常の実現に関連して[s])または、場合によってはceceoスペイン南部の一部の地域での歯間音[θ]を参照)。ほとんどのイスパノアメリカでは、⟨e⟩または⟨i⟩の前にあるスペルの⟨c⟩、およびスペルの⟨z⟩は常に無声歯擦音として発音されます
  • 音節の最後の/ s /の非バッカル化([h]としての発音、または喪失)は、スペインの南半分と低地のアメリカ大陸に関連しています:中央アメリカ(中央コスタリカとグアテマラを除く)、カリブ海、メキシコ南部の沿岸地域、およびアンデス高地を除く南アメリカ。非口腔音化は、しばしば英語で「誤嚥」と呼ばれ、aspiraciónスペイン語で。非口腔音化がない場合、音節の最後の/ s /、次の段落と同じように、無声の「舌尖」の歯擦音または無声の歯擦音として発音されます。
  • ⟨s⟩の文字に対応する音は、スペイン北部と中央部で無声の「 アピコアルベオラー」歯擦音[ś](音響的には「」、明瞭に「収縮」とも呼ばれる)として発音され、弱い「静けさ」があります。 「レトロフレックスの歯擦音を彷彿とさせるサウンド。でアンダルシアカナリア諸島と(を除いてヒスパニック系アメリカの最もパイサ領域コロンビアの)それは次のように発音される無声歯科歯擦音 [S]、英語の/ s /の最も頻繁な発音によく似ています。 / s /はスペイン語で最も頻繁に使用される音素の1つであるため、発音の違いは、スペイン語を話す人がスペイン語をアメリカ大陸のスペイン語を話す人と区別するために最初に気づいたものの1つです。[要出典]
  • 音素/ʎ/綴ら⟨ll⟩、口蓋横時々英語の⟨lli⟩の音に音に比べ子音万人は、スペイン北部の少ない都市部でかつ内に維持される傾向にある南米の高地。一方、他のほとんどのスペイン語話者のスピーチの中で、それがと併合される/ʝ/(「カーリーテールのJ時には英語に比べて、非横、通常表明し、通常摩擦音、硬口蓋音、」)/ J /ヨード)のようにYアハトスペイン語で⟨y⟩と綴られています。世界の言語にまたがる他の形式の異音と同様に、スペルの⟨ll⟩とスペルの⟨y⟩のわずかな違いは、通常、異なる音素として生成しない人には認識されません(違いは聞こえません)。このような音素の合併は、スペイン語でyeísmoと呼ばれます。でRioplatenseスペイン語、マージされた音素は一般postalveolar摩擦音のように発音される、有声のいずれか[ʒ] 英語のような尺度又はフランス語⟨j⟩)方言領域(中央および西部でzheísmo)、または無声[ʃ ](フランス語の⟨ch⟩またはポルトガル語の⟨x⟩のように)ブエノスアイレスとモンテビデオ(sheísmoとその周辺[224]

形態学[編集]

形態素スペイン語の方言間の変動は、代名詞の異なる用途、特に第二のそれらの関与と、より少ない程度に、オブジェクト代名詞第三の

ボセオ[編集]

ヒスパニックアメリカにおけるボセオ機能の優位性とストレスの調査。スペイン語アカデミー協会によって示されているように生成されたデータエリアが暗いほど、その優位性は強くなります。

事実上、スペインのすべての方言を作る区別正式とおなじみの間のレジスタ二人の 単数ので、二つの異なる持っ代名詞:「あなた」を意味usted正式のいずれかにまたはVOSおなじみの(およびこれらの各3にします代名詞には関連する動詞形式があります)、またはvosの選択は方言ごとに異なります。使用VOS(および/またはその動詞が)と呼ばれているボセオ。いくつかの方言では、3つの代名詞すべてが使用され、usted、およびvosは、それぞれ形式、親しみやすさ、親密さを表しています。[225]

ではボセオVOSがある対象フォーム(VOSdecís、「あなたが言う」)とのオブジェクトの形前置詞VOYコンVOS、「私はあなたと一緒つもりです」)、直接的および間接的ながら、オブジェクトの形、および所有格はtúに関連付けられているものと同じです:Vossabésquetusamigos te respetan(「あなたはあなたの友人があなたを尊重していることを知っています」)。

動詞形一般ボセオを一緒に使用したものと同じである本除い時制指標及び必須)動詞。フォームVOS一般のものに由来することができるvosotros(伝統的な二人馴染み複数削除することにより)グライドを [I] または/ D /それが終了に表示され、:vosotrospensá I S > VOSpensásvosotrosvolvé I S > VOSvolvéspensa Dvosotros)> pensá!vos)、volve dvosotros)> volvé!vos)。

一般的なボセオリバープレートスペイン語
指標接続法命令
プレゼント過去形不完全な過去未来条件付きプレゼント過去
ペンサスペンセートペンサバスペンサラスペンサリアスpiensesペンサラスペンサー
ペンサ
volvésvolvistevolvíasvolverásvolveríasvuelvasvolvieras
volvieses
volvé
ドルミスドルミステドルミアスドルミラスドルミリアスデュエルマdurmieras
durmieses
ドルミ
太字の形は標準のtú-活用と一致します。

一方、チリのボセオでは、ほとんどすべての動詞形式が標準の形式とは異なります。

チリのボセオ
指標接続法命令
プレゼント過去形不完全な過去未来条件付きプレゼント過去
ペンサイスペンセートペンサバイペンサラスpensaríaisペンシスペンサライペン
サーゼ
ピエンサ
volvísvolvistevolvíaisvolverásvolveríaisvolváisvolvierais
volvieses
vuelve
ドルミスドルミステdormíaisドルミラスdormiríaisdurmáisdurmieras
durmieses
デュエルメ
太字の形は標準のtú-活用と一致します。

代名詞の使用VOSの動詞とTúは、VOS piensas)「代名詞と呼ばれるボセオ」。逆に、動詞の形の使用VOS代名詞と火pensásまたはTúpensáiは)「口頭と呼ばれるボセオ」。
たとえばチリでは、口頭のボセオは、代名詞vosの実際の使用よりもはるかに一般的です。これは通常、非常に非公式な状況のために予約されています。

そして、中央アメリカのボセオでは、さらに区別がつきます。

中央アメリカのボセオ
指標接続法命令
プレゼント過去形不完全な過去未来条件付きプレゼント過去
ペンサスペンセートペンサバスペンサラスペンサリアスペンセペンサラスペンサー
ペンサ
volvésvolvistevolvíasvolverásvolveríasvolvásvolvieras
volvieses
volvé
ドルミスドルミステドルミアスドルミラスドルミリアスdurmásdurmieras
durmieses
ドルミ
太字の形は標準のtú-活用と一致します。
南北アメリカのスペイン語圏での分布[編集]

が、VOSはスペインで使用されていない、それが社会配慮差の大きい、二人の特異おなじみの代名詞の主要口語形としてアメリカの多くのスペイン語圏の地域で発生しました。[226] [より良い情報源が必要]一般的に、次の地域にトゥテオの独占使用トゥの使用)のゾーンがあると言えます:メキシコのほぼすべて、西インド諸島、パナマコロンビアのほとんどペルーベネズエラと沿岸エクアドル

培養形態としてのTuteoは、ボリビア、ペルーの北と南、アンデスエクアドル、ベネズエラアンデスの小地帯(特にベネズエラのスリア)で人気のある、または地方の形態としてのボセオ交互になっています。コロンビアの大部分。一部の研究者は、キューバ東部の一部ボセオが聞こえると主張し、他の研究者は、ボセオが島に存在しないと主張しています。[227]

Tuteoチリスリアのベネズエラ州コロンビアのカリブ海沿岸、パナマアスエロ半島、メキシコのチアパス州で、より馴染みのあるボセオと並んで、中程度の形式の二人称使用として存在します。とグアテマラの一部で。

一般のエリアボセオは含まアルゼンチンニカラグア、東部ボリビアエルサルバドルグアテマラホンジュラスコスタリカパラグアイウルグアイとのコロンビア部門アンティオキアカルダスリサラルダキンディオバジェ・デル・カウカを[225]

Ustedes [編集]

Ustedesは、スペイン語圏のすべての地域カナリア諸島、およびアンダルシアの一部の地域を含む、スペイン語圏の90%以上で、複数形の公式および非公式の2人称として機能します。セビリアウェルバカディス、および西部の他の部分アンダルシア、なじみの形態のように構成されているustedes vais動詞の伝統的な二人複数形を使用して、。スペインのほとんどは、それぞれustedesvosotrosとの正式な/なじみのある区別維持しています。

使用済み[編集]

Ustedは、正式な文脈では通常の2人称単数代名詞ですが、動詞の3人称単数声と一緒に使用されます。これは、より古い世代またはより高い権威を持つ人(「あなた、サー」/「あなた、奥様」)への敬意を伝えるために使用されます。また、コロンビアとコスタリカ、およびエクアドルとパナマの一部で、またはvosを除いて、多くの講演者がおなじみの文脈で使用してます。この使用法は、スペイン語でustedeoと呼ばれることもあります。

中央アメリカ、特にホンジュラスでは、ロマンチックなカップルのメンバー間の敬意を伝えるためにustedが正式な代名詞としてよく使用されます。Ustedは、エクアドル、コロンビア、ベネズエラのアンデス地域の親子の間でもそのように使用されています。

三人称目的格代名詞[編集]

ほとんどのスピーカーは使用(およびスペイン王立アカデミーは好む)代名詞LOのための直接のオブジェクト(それぞれ男性と女性、かかわらずの有生、「彼」、「彼女」を意味し、または「それ」)、そしてのための間接的なオブジェクト性別有生性に関係なく、「彼に」、「彼女に」、または「それに」を意味します。これらの直接的および間接的オブジェクトの代名詞が継続しているとしての使用は、時々の、それぞれ、「語源」と呼ばれ対格与格ラテン語、スペイン語の祖先の言語の代名詞。

この規範からの逸脱(南北アメリカよりもスペインでより一般的)は、「leísmo」、「loísmo」、または「laísmoと呼ばれ、それぞれの代名詞、lelo、またはlaは、語源の使用法(le直接目的語として、または間接目的語としてloまたはla)。

語彙[編集]

一部の単語は、スペイン語圏の国によって大きく異なる場合があります。ほとんどのスペイン語話者は、一般的に使用されていない場所でも他のスペイン語の形式を認識できますが、スペイン人は通常、特にアメリカの使用法を認識しません。たとえば、スペイン語のmantequillaaguacatealbaricoque(それぞれ、「バター」、「アボカド」、「アプリコット」)は、アルゼンチン、チリのマンテカスペイン半島ラード使用される単語)、パルタダマスコにそれぞれ対応します(ただし、manteca)、パラグアイ、ペルー(mantecadamascoを除く)、およびウルグアイ。

他の言語との関係[編集]

スペイン語は密接な関係にされた西イベロ・ロマンス語を含め、アストゥリアスアラゴンガリシア語ラディノLeoneseミランダポルトガル語

ポルトガル語とスペイン語を話す人は、さまざまな程度の相互理解性を持って、書面でコミュニケーションできることが一般的に認められています。[228] [229] [230] [231] 相互理解可能性書かれたスペイン語、ポルトガル語が著しく高く、発話形式の問題は、より音韻論上の文法と語彙の相違よりも基づいています。エスノローグ、正確なパーセンテージの観点から、関連する言語間語彙の類似度の推定値を提供します。スペイン語とポルトガル語の場合、その数字は89%です。一方、イタリア語の音韻論はスペイン語に似ていますが、語彙の類似度は82%と低くなっています。スペイン語と語彙の類似度がそれぞれ75%と71%であることを考えると、フランス語またはスペイン語とルーマニア語のはさらに低くなります。[232] [233]そして、言語を勉強していないフランス語話者によるスペイン語の理解ははるかに低く、推定45%です。一般に、ロマンス諸語の書記体系の共通の特徴のおかげで、書かれた単語の言語間理解は、口頭でのコミュニケーションよりも優れています。

次の表は、いくつかのロマンス諸語のいくつかの一般的な単語の形式を比較しています。

ラテン語スペイン語ガリシア語ポルトガル語アストゥリアス語-レオネーゼアラゴン語カタロニア語フランス語イタリアのルーマニア語英語
nōs(alterōs) 1,2
「私たち(その他)」
nosotrosNOS 3NOS 3nósnosotrosヌサトロスnosaltres
(アーチ。NOS
ヌース4noi、noialtri 5ノイ'我々'
frātre(m)germānu(m)
「真の兄弟」
エルマノirmánirmãoヘルマナスキルマンゲルマ
(アーチ。フレア6
フレールフラテッロフレート'兄'
die(m)mārtis  ( Classical
"day of Mars" tertia(m)fēria(m)後期ラテン語"third(holi)day"

マルテスマルテス、テルザフェイラ火曜日マルテスマルテスdimartsマルディmartedìmarți'火曜日'
cantiōne(m) canticu(m)
canción 7
(アーチ。cançón
canción、cançom 8cançãocanción
(またcanciu
カンタcançóシャンソンカンツォーネカンテック「歌」
マジスの プラス
飾るmás
(アーチ。プラス
トウモロコシmais
arch。chusまたはplus
másmás
(またmés
més
(アーチ。またはプラス
プラスpiùマイ'もっと'
manu(m)sinistra(m)真野izquierda 9
(アーチ。 真野siniestra
男エスケルダ9MAO esquerda 9
(アーチ。  MAOsẽestra
manu izquierda 9
(または esquierda ;
またmanzorga
男クチャMAはesquerra 9
(アーチ。  Màシニストラ
メインゴーシュマノシニストラmânastângă'左手'
rēs、rĕm  "thing" nūlla(m)remnāta(m) "no bornthing " mīca(m)  " crumb "



(またrenres

NECAnula RES
いくつかの表現では、アーチレム

(またun res
コサ解像度リエン、ヌルniente、nulla
マイカ(負の粒子)
nimic、nul「何もない」
cāseu(m)fōrmāticu(m)
「フォームチーズ」
quesoqueixoqueijoquesuquesoformatgeフロマージュフォルマッジョ/カチョ10'チーズ'

1.ロマンス語源では、ほとんどの形式がこの場合から派生しているため、ラテン語の用語は対格で示されます。
2.「私たち自身」のように、強調した表現。
3.また、アウトロNOS近世ポルトガル語(例えばLusiads)、およびnosoutrosをガリシア語。
4.あるいはフランス語のヌースオートル5.多くの南イタリアの方言と言語のnoialtri6.中世のカタロニア語(例:Llibre dels fets)。7.学習した接尾辞-ciónで変更しました8.使用される書面による規範に応じて(再統合主義を参照)



)。
9.バスク esku、 "手" + ERDI、 "半分、不完全"。この否定的な意味はラテン語のsinistra(m)にも当てはまることに注意してください(「暗い、不幸」)。
10.ルーマニア語caș(ラテン語cāsevsから)はチーズの一種を意味します。ルーマニア語でのチーズの一般的な用語はbrânzăです(語源は不明です)。[234]

ラディーノ語-スペイン語[編集]

らしスクリプトは、もともとJudaeo -スペイン語を印刷するために使用します。
1832年に書かれたハケティアのオリジナルの手紙。

また、ラディノとして知られているJudaeo-スペイン語、[235]は、中世スペイン語とポルトガル語の多くの機能を維持するとの子孫によって話されるスペインの品種ですセファルディム15世紀にスペインから追放します[235]逆に、ポルトガルでは、ポルトガル系ユダヤ人の大多数が改宗し、「新キリスト教徒」となった。したがって、スペイン語との関係は、イディッシュ語ドイツ語の関係に匹敵します。今日のラディーノ語話者は、ほとんどがセファルディユダヤ人であり、家族のルーツはトルコ、ギリシャ、またはバルカン半島にあり、主にイスラエル、トルコ、および米国に住んでおり、ヒスパニック系アメリカにいくつかのコミュニティがあります。[235] Judaeo-Spanishは、スペイン植民地時代標準スペイン語によって習得されネイティブアメリカンの語彙欠いており、標準スペイン語では失われていた多くの古語の特徴を保持しています。ただし、ヘブライ語、フランス語、ギリシャ語、トルコ語の語彙や、セファルディムが定住した場所で話されている他の言語など、標準スペイン語にはない他の語彙が含まれています

今日の多くのネイティブスピーカーは、子供や孫に言語を伝えていない高齢者や高齢者のオリムイスラエルへの移民)であるため、ジュデオ-スペイン語は絶滅の危機に瀕しています。しかし、特に音楽において、セファルディコミュニティの間でマイナーな復活を経験しています。ラテンアメリカのコミュニティの場合、絶滅の危険性は、現代のカスティーリャ人による同化のリスクによるものでもあります。

関連する方言は、モロッコ北部のラディーノ語であるハケティア語です。これもまた、スペインがこの地域を占領している間、現代のスペイン人と同化する傾向がありました。

書記体系[編集]

スペイン語で書かれているラテン文字の文字⟨を加えて、ñ(⟩エン音素表現、/ ɲ /タイポグラフィと⟨n⟩から構成されるが、⟨n⟩は異なる、文字をチルダ)。以前は、二重字⟨ch⟩(che、音素/t͡ʃ/を表す)と⟨ll⟩(elle、音素/ ʎ /または/ʝ/を表す)も単一文字と見なされていました。ただし、有向グラフ⟨rr⟩(erre fuerte、 'strong r'、erre doble、 'double r'、または単にerre)は、別個の音素/ r /も表しますが、同様に1文字とは見なされませんでした。1994年以降、⟨ch⟩と⟨ll⟩は照合の目的で文字のペアとして扱われてきましたが、2010年までアルファベットの一部でした。⟨ch⟩の単語は、⟨cg⟩と⟨ci⟩の単語の間でアルファベット順に並べ替えられます。以前のように⟨cz⟩に従う代わりに。⟨ll⟩も同様です。[236] [237]

したがって、スペイン語のアルファベットには次の27文字が含まれます。

A、B、C、D、E、F、G、H、I、J、K、L、M、N、Ñ、O、P、Q、R、S、T、U、V、W、X、 Y、Z。

2010年以降、どの有向グラフ(ch、ll、rr、gu、qu)もスペイン王立アカデミーからの手紙とは見なされていません[238]

文字kwは、外国語(キロ、フォークロア、ウイスキー、キウイなど)に由来する単語と名前でのみ使用されます

メキシコメキシコの地名を参照)などのごく少数の地域用語除いて、発音はスペルから完全に決定できます。正書法の慣習では、典型的なスペイン語の単語は、母音(⟨y⟩を含まない)または母音の後に⟨n⟩または⟨s⟩が続く場合、最後音節の前に強調されます。それ以外の場合は、最後の音節で強調されます。この規則の例外は、強調された母音にアキュートアクセント付けることによって示されます。

さらに、鋭いアクセントは、特定のホモフォンを区別するために使用されます。特に、一方が強調された単語で、もう一方が語である場合は、el(「the」、男性の単数定冠詞)とél(「he」)を比較します。または 'it')、またはte( 'you'、目的格代名詞)withté( 'tea')、de(preposition'of ')vsdé(' give '[formal imperative / third-person present subjunctive])、およびse(再帰代名詞)と(「私は知っている」または命令型の「be」)。

疑問詞の代名詞(quécuáldóndequiénなど)も、直接または間接の質問でアクセントを受け取ります。一部の指示詞éseésteaquélなど)は、代名詞として使用するとアクセントを付けることができます。大文字のアクセント記号は省略されていました(タイプライターの時代や、アクセント付きの小文字の母音しか使用できなかったコンピューターの初期の頃に広く行われていました)が、RealAcademiaEspañolaはこれに反対し、学校で教えられている正書法の慣習が施行されていますアクセントの使用。

ugと前舌母音eまたはiの間に書かれている場合、それは「ハードg」の発音を示します分音符号の Uは、それが正常であるように、それはサイレントでないことを示す(例えば、cigüeña、「コウノトリ」、顕著である[θiɣweɲa] ; *それが書かれた場合cigueña、それが顕著*であろう[θiɣeɲa] )。

質問句と感嘆句は、逆の質問と感嘆符それぞれ¿¡)で導入されます。

組織[編集]

ロイヤルスペインのアカデミー本部マドリードスペイン

スペイン王立アカデミー[編集]

スペイン王立アカデミーの武器

1713年に設立されたスペイン王立アカデミー(スペイン語RealAcademiaEspañola[239]は、他の21の国立アカデミースペイン語アカデミー協会を参照)とともに、辞書の発行と広く尊敬されている文法とスタイルを通じて標準化の影響力を行使しています。ガイド。[240]影響力およびその他の社会歴史的理由により、標準化された形式の言語(標準スペイン語)は、文学、学術的文脈、およびメディアでの使用が広く認められています。

スペイン語アカデミー協会[編集]

ASALEの国のメンバー。[241]

スペイン語アカデミー協会(AsociacióndeAcademiasdelaLenguaEspañola、またはASALE)は、スペイン語を規制する団体です。これは1951年にメキシコで作成され、スペイン語圏のすべての個別のアカデミーの連合を表しています。これは、23か国のアカデミーで構成され、アカデミーの設立日順に並べられています。スペイン(1713)、[242] コロンビア(1871)、[243] エクアドル(1874)、[244] メキシコ(1875)、[245] エルサルバドール( 1876)、[246] ベネズエラ(1883)、[247] チリ(1885)、[248] ペルー(1887)、[249] グアテマラ(1887)、[250] コスタリカ(1923)、[251] フィリピン(1924)、[252] パナマ(1926)、[253] キューバ(1926)、[254]パラグア( 1927)、[255] ドミニカ共和国(1927)、[256] ボリビア(1927)、[257] ニカラグア(1928)、[258] アルゼンチン(1931)、[259] ウルグアイ(1943)、[260] ホンジュラス(1949) )、[261] プエルトリコ(1955)、[262] アメリカ合衆国(1973)[263]および赤道ギニア(2016)。[264]

セルバンテス文化センター[編集]

セルバンテス文化センター(セルバンテス協会)は75のセンターはスペイン語とヒスパニック系アメリカ人の文化とスペイン語に専念して、この組織は、20カ国以上に分岐しており、1991年にスペイン政府が作成した世界的な非営利団体です。インスティテュートの最終的な目標は、スペイン語の教育、研究、第二言語としての使用を普遍的に促進し、スペイン語教育のプロセスを支援する方法と活動を支援し、スペイン語の進歩に貢献することです。スペイン語を話さない国々のヒスパニック系アメリカ人の文化。研究所の2015年のレポート「Elespañol、una lengua viva」(スペイン語、生きている言語)は、世界中に5億5900万人のスペイン語話者がいると推定しました。その最新の年次報告書 "Elespañolenelmundo2018 "(Spanish in the world 2018)は、世界中で5億7700万人のスペイン語話者を数えます。レポートに引用されている情報源の中には、米国国勢調査局があり、米国は2050年までに1億3800万人のスペイン語話者を抱えると推定しています。地球上で最大のスペイン語圏の国であり、スペイン語は国民のほぼ3分の1の母国語です。[265]

国際機関による公式使用[編集]

スペインはの公用語の一つであり、国連欧州連合世界貿易機関米州機構イベロ米州機構アフリカ連合南米諸国連合南極条約事務局ラテン連合カリコム北米自由貿易協定米国間開発銀行、および他の多くの国際機関。

[編集]も参照してください

Notes[edit]

  1. ^ In yeísmo dialects, castellano is pronounced [kasteˈʝano].

References[edit]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w El español: una lengua viva – Informe 2020 (PDF) (Report). Instituto Cervantes. 2020. Archived (PDF) from the original on 18 February 2020. Retrieved 14 December 2020.
  2. ^ Eberhard et al. (2020)
  3. ^ "Summary by language size". Ethnologue. Archived from the original on 6 August 2019. Retrieved 30 March 2015.
  4. ^ Según la revista Ethnology en su edición de octubre de 2009 (eldia.es Archived 23 March 2010 at the Wayback Machine)
  5. ^ La RAE avala que Burgos acoge las primeras palabras escritas en castellano (in Spanish), ES: El Mundo, 7 November 2010, archived from the original on 24 November 2010, retrieved 24 November 2010
  6. ^ "Spanish languages "Becoming the language for trade" in Spain and". sejours-linguistiques-en-espagne.com. Archived from the original on 18 January 2013. Retrieved 11 May 2010.
  7. ^ Pei, Mario (1949). Story of Language. ISBN 03-9700-400-1.
  8. ^ Robles, Heriberto Camacho Becerra, Juan José Comparán Rizo, Felipe Castillo (1998). Manual de etimologías grecolatinas (3. ed.). México: Limusa. p. 19. ISBN 968-18-5542-6.
  9. ^ Comparán Rizo, Juan José. Raices Griegas y latinas (in Spanish). Ediciones Umbral. p. 17. ISBN 978-968-5430-01-2. Archived from the original on 23 April 2017. Retrieved 22 August 2017.
  10. ^ Bergua Cavero, J., Los helenismos del español, Madrid (Gredos) 2004
  11. ^ Versteegh, Kees (2003). The Arabic language (Repr. ed.). Edinburgh: Edinburgh University Press. p. 228. ISBN 0-7486-1436-2. Archived from the original on 26 June 2014. Retrieved 23 October 2016., Lapesa, Raphael (1960). Historia de la lengua española. Madrid. p. 97. ISBN 978-0-520-05469-1. Archived from the original on 23 December 2016. Retrieved 23 October 2016., Quintana, Lucía; Mora, Juan Pablo (2002). "Enseñanza del acervo léxico árabe de la lengua española" (PDF). ASELE. Actas XIII: 705. Archived (PDF) from the original on 28 May 2016. Retrieved 23 October 2016.: "El léxico español de procedencia árabe es muy abundante: se ha señalado que constituye, aproximadamente, un 8% del vocabulario total"
  12. ^ a b Dworkin, Steven N. (2012). A History of the Spanish Lexicon: A Linguistic Perspective. Oxford: Oxford University Press. p. 83. ISBN 978-0-19-954114-0. Archived from the original on 15 September 2015. Retrieved 17 June 2015.,Macpherson, I. R. (1980). Spanish phonology. Manchester: Manchester University Press. p. 93. ISBN 0-7190-0788-7. Archived from the original on 23 December 2016. Retrieved 23 October 2016.,Martínez Egido, José Joaquín (2007). Constitución del léxico español. p. 15. ISBN 978-84-9822-653-9. Archived from the original on 26 June 2014. Retrieved 23 October 2016.
  13. ^ Cervantes, Biblioteca Virtual Miguel de. "La época visigoda / Susana Rodríguez Rosique | Biblioteca Virtual Miguel de Cervantes". www.cervantesvirtual.com (in Spanish). Archived from the original on 8 February 2017. Retrieved 7 February 2017.
  14. ^ Penny (1991:224–236)
  15. ^ "Official Languages | United Nations". www.un.org. Archived from the original on 17 October 2015. Retrieved 19 November 2015.
  16. ^ Spanish in the World, Language Magazine, 18 November 2019.
  17. ^ "El español se atasca como lengua científica". Servicio de Información y Noticias Científicas (in Spanish). 5 March 2014. Archived from the original on 22 February 2019. Retrieved 29 January 2019.
  18. ^ "This diagram shows the percentages of websites using various content languages. See technologies overview for explanations on the methodologies used in the surveys. Our reports are updated daily".
  19. ^ Diccionario panhispánico de dudas, 2005, p. 271–272.
  20. ^ http://latinlexicon.org/definition.php?p1=1002184
  21. ^ http://dle.rae.es/?id=GUSX1EQ
  22. ^ "cartularioshistoria". www.euskonews.com. Archived from the original on 2 April 2016. Retrieved 22 September 2016.
  23. ^ a b Penny, Ralph (2002). A History Of The Spanish Language (2 ed.). Cambridge University Press. pp. 20–21.
  24. ^ "Concise Oxford Companion to the English Language". Oxford University Press. Archived from the original on 25 September 2008. Retrieved 24 July 2008.
  25. ^ "Harold Bloom on Don Quixote, the first modern novel | Books | The Guardian". London: Books.guardian.co.uk. 12 December 2003. Archived from the original on 14 June 2008. Retrieved 18 July 2009.
  26. ^ "Spanish Language Facts". Encyclopedia.com. Archived from the original on 22 May 2011. Retrieved 6 November 2010.
  27. ^ Crow, John A. (2005). Spain: the root and the flower. University of California Press. p. 151. ISBN 978-0-520-24496-2.
  28. ^ Thomas, Hugh (2005). Rivers of Gold: the rise of the Spanish empire, from Columbus to Magellan. Random House Inc. p. 78. ISBN 978-0-8129-7055-5.
  29. ^ "La lengua de Cervantes" (PDF) (in Spanish). Ministerio de la Presidencia de España. Archived from the original (PDF) on 3 October 2008. Retrieved 24 August 2008. Cite journal requires |journal= (help)
  30. ^ "Instituto Cervantes 06-07" (PDF). Archived (PDF) from the original on 6 January 2012. Retrieved 21 April 2010.
  31. ^ "Summary by language size". Ethnologue. Retrieved 14 November 2020.
  32. ^ "Internet World Users by Language". Miniwatts Marketing Group. 2008. Archived from the original on 26 April 2012. Retrieved 20 November 2007.
  33. ^ "Background Note: Andorra". U.S. Department of State: Bureau of European and Eurasian Affairs. January 2007. Archived from the original on 22 January 2017. Retrieved 20 August 2007.
  34. ^ "BBC Education — Languages Across Europe — Spanish". Bbc.co.uk. Archived from the original on 29 September 2012. Retrieved 20 August 2012.
  35. ^ Constitución de la República del Paraguay Archived 8 September 2014 at the Wayback Machine, Article 140
  36. ^ Constitución Política del Perú Archived 17 May 2014 at the Wayback Machine, Article 48
  37. ^ "Puerto Rico Elevates English". the New York Times. 29 January 1993. Archived from the original on 22 January 2008. Retrieved 6 October 2007.
  38. ^ "Population Census, Major Findings" (PDF). Belize: Central Statistical Office, Ministry of Budget Management. 2000. Archived from the original (PDF) on 21 June 2007. Retrieved 20 December 2007.
  39. ^ "Belize Population and Housing Census 2000". CR: UCR. Archived from the original on 17 April 2010. Retrieved 21 April 2010.
  40. ^ "Belize". World Factbook. CIA. Retrieved 5 February 2011.
  41. ^ "FAQ". The Secretariat for The Implementation of Spanish. Trinidad and Tobago: Government of the Republic. Archived from the original on 3 November 2010. Retrieved 10 January 2012.
  42. ^ "Brazilian Law 11.161". Presidência da República. 5 August 2005. Archived from the original on 31 October 2013. Retrieved 31 March 2014.
  43. ^ "Novo ensino médio terá currículo flexível e mais horas de aula". O Globo. 23 September 2016. Archived from the original on 23 September 2016. Retrieved 23 September 2016.
  44. ^ Lipski, John M (2006). Face, Timothy L; Klee, Carol A (eds.). "Too close for comfort? the genesis of "portuñol/portunhol"" (PDF). Selected Proceedings of the 8th Hispanic Linguistics Symposium. Somerville, MA: Cascadilla Proceedings Project: 1–22. Archived (PDF) from the original on 16 December 2008. Retrieved 29 December 2008.
  45. ^ U.S. Census Bureau Hispanic or Latino by specific origin.
  46. ^ U.S. Census Bureau (2007). "United States. S1601. Language Spoken at Home". 2005–2007 American Community Survey 3-Year Estimates. Archived from the original on 12 February 2020. Retrieved 3 September 2009.
  47. ^ "Más 'speak spanish' que en España". Archived from the original on 20 May 2011. Retrieved 6 October 2007. (in Spanish)
  48. ^ Crawford, John (1992). Language loyalties: a source book on the official English controversy. Chicago: University of Chicago Press. p. 62.
  49. ^ "Equatorial Guinea (2000)". Ethnologue. Archived from the original on 25 December 2008. Retrieved 21 April 2010.
  50. ^ "CIA World Factbook – Equatorial Guinea". CIA. 20 September 2007. Retrieved 5 February 2011.
  51. ^ Los cubanos, la élite de Sudán del Sur (in Spanish), FR: Radio France International, 6 July 2011, archived from the original on 12 January 2012, retrieved 20 December 2011
  52. ^ "Como saharauis queremos conservar el español" (in Spanish). 3 March 2008. Archived from the original on 9 March 2016. Retrieved 15 March 2015.
  53. ^ "Historia de un país" (in Spanish). Archived from the original on 2 April 2015. Retrieved 15 March 2015.
  54. ^ "Por qué Filipinas no es un país hispanoparlante si fue una colonia de España durante 300 años (y qué huellas quedan de la lengua de Cervantes)" (in Spanish). 30 January 2021. Retrieved 31 January 2021.
  55. ^ Ocampo, Ambeth (4 December 2007). "The loss of Spanish". Makati City, Philippines: Philippine Daily Inquirer (INQUIRER.net). Opinion. Archived from the original on 11 March 2012. Retrieved 26 July 2010.
  56. ^ "Presidential Decree No. 155 : PHILIPPINE LAWS, STATUTES and CODES : CHAN ROBLES VIRTUAL LAW LIBRARY". Chanrobles.com. Archived from the original on 3 October 2013. Retrieved 24 March 2014.
  57. ^ Article XIV, Sec 7: "For purposes of communication and instruction, the official languages of the Philippines are Filipino and, until otherwise provided by law, English. The regional languages are the auxiliary official languages in the regions and shall serve as auxiliary media of instruction therein. Spanish and Arabic shall be promoted on a voluntary and optional basis."
  58. ^ Rodríguez-Ponga, Rafael. "New Prospects for the Spanish Language in the Philippines". Archived from the original on 2 April 2015. Retrieved 1 March 2015.
  59. ^ Legaspi, Amita O. (3 July 2012). "PNoy (President Benigno Aquino III) and Spain's Queen Sofia welcome return of Spanish language in Philippine schools". GMA News.
  60. ^ Galván, Javier (26 February 2020). "El Boom del Español en Filipinas" [The Boom of Spanish in the Philippines]. RedibInforma (in Spanish). Ibero-American Network for Innovation and Scientific Knowledge. Retrieved 4 April 2021.
  61. ^ Spanish creole: Quilis, Antonio (1996), La lengua española en Filipinas (PDF), Cervantes virtual, p. 54 and 55, archived (PDF) from the original on 6 August 2009, retrieved 1 December 2009
  62. ^ Rubino (2008:279)
  63. ^ 1973 Constitution of the Republic of the Philippines, The corpus juris, Article XV, Section 3(3), archived from the original on 17 April 2008, retrieved 6 April 2008
  64. ^ "Spanish Influence on Language, Culture, and Philippine History". Archived from the original on 5 March 2015. Retrieved 15 March 2015.
  65. ^ Engelberg, Stefan. "The Influence of German on the Lexicon of Palauan and Kosraean (Dissertation)" (PDF). Archived (PDF) from the original on 21 December 2012. Retrieved 23 August 2012.
  66. ^ "Spanish language in Philippines". Archived from the original on 18 March 2015. Retrieved 1 March 2015.
  67. ^ Zamora Vicente (1967:117 and 222)
  68. ^ Hualde (2014:39)
  69. ^ Martínez-Celdrán, Fernández-Planas & Carrera-Sabaté (2003:255)
  70. ^ Cressey (1978:152)
  71. ^ Abercrombie (1967:98)
  72. ^ John B. Dabor, Spanish Pronunciation: Theory and Practice (3rd ed.: Holt, Rinehart and Winston, 1997), Ch. 7
  73. ^ "John B. Dalbor's Voice Files to Accompany Spanish Pronunciation". Auburn.edu. Archived from the original on 8 March 2012. Retrieved 20 August 2012.
  74. ^ Eddington (2000:96)
  75. ^ "Europeans and their Languages" (PDF). Archived from the original (PDF) on 6 January 2016. Retrieved 2 January 2013.
  76. ^ "Most Studied Foreign Languages in the U.S". Infoplease.com. Archived from the original on 14 August 2012. Retrieved 20 August 2012.
  77. ^ "US now has more Spanish speakers than Spain – only Mexico has more". The Guardian. Retrieved 24 January 2021.
  78. ^ Bureau, US Census. "Language Projections: 2010 to 2020". The United States Census Bureau. Archived from the original on 19 August 2019. Retrieved 19 August 2019.
  79. ^ a b "UN 2011 to 2100 estimate" (MS Excel PDF). UN Population data. Retrieved 7 February 25. Check date values in: |access-date= (help)CS1 maint: others (link)
  80. ^ Ethnologue, 18th Ed.: es:Anexo:Hablantes de español según Ethnologue (edición 18).
  81. ^ a b
    • World Population Prospects, EU, archived from the original on 10 May 2015
    • Eurobarometer (PDF), 2012, archived (PDF) from the original on 29 April 2013, retrieved 12 April 2013, Page TS2: Population older than 15 years old of each country. page T74: Speakers who speak Spanish very well. Page T46: Speakers who speak well enough in order to be able to have a conversation.
  82. ^ a b c d e f g h i j "Cifras" (PDF), El español: una lengua viva (in Spanish), ES: Instituto Cervantes, p. 10, archived (PDF) from the original on 24 February 2016, retrieved 14 February 2016 Students across the World.
  83. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Demografía de la lengua española (PDF) (in Spanish), ES, p. 10, archived (PDF) from the original on 23 September 2010, retrieved 23 February 2010, to countries with official Spanish status.
  84. ^ 2021 population estimate (in Spanish), MX: CONAPO estimate, archived from the original on 2021, retrieved 30 January 2018
  85. ^ "MX", The World Factbook, USA: CIA, retrieved 1 May 2011: Spanish only 92.7%
  86. ^ (1 July, 2019), US: Census Bureau
  87. ^ Spanish speakers older than 5 years old (Table, US: Census Bureau, 2019)
  88. ^ Data Access and Dissemination Systems (DADS). "American FactFinder – Results". census.gov. Archived from the original on 14 February 2020. Retrieved 21 October 2018.
  89. ^ Romero, Simon (23 August 2017). "Spanish Thrives in the U.S. Despite an English-Only Drive". Archived from the original on 4 January 2020. Retrieved 26 December 2019 – via NYTimes.com.
  90. ^ "15 datos sobre el peso del español en EEUU que Donald Trump debería ver". La Información. Archived from the original on 26 December 2019. Retrieved 26 December 2019.
  91. ^ Taylor, Paul. "(2011)". pewhispanic.org. Archived from the original on 9 April 2014. Retrieved 24 March 2014.
  92. ^ "Census Bureau (01/July/2019)". Census.gov.
  93. ^ Gonzalez, Ana (13 August 2013). "(2011)". pewresearch.org. Archived from the original on 27 March 2014. Retrieved 24 March 2014.
  94. ^ "PROYECCIONES DE POBLACIÓN" (in Spanish). CO: DANE. 2021. Archived from the original on 22 March 2019. Retrieved 2021. Check date values in: |access-date= (help)
  95. ^ "Datos básicos" (PDF) (in Spanish). ES: INE. 1 January 2020. Archived (PDF) from the original on 28 December 2019. Retrieved 3 January 2020.
  96. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Eurobarometr 2012 Archived 29 April 2013 at the Wayback Machine (page T74): Non native people who speak Spanish very well.
  97. ^ "Argentinian census INDEC estimate for 2021". Archived from the original on 26 February 2014. Retrieved 2021. Check date values in: |access-date= (help)
  98. ^ a b Estimaciones y proyecciones de población 2010–2040: Total del país, INDEC, 2013, archived from the original on 1 October 2018, retrieved 22 February 2015
  99. ^ 40,872,286 people is the census population result for 2010[98]
  100. ^ According to Ethnologue (see "Argentina". Ethnologue), there were 40,3 million speakers Spanish as mother tongue in 2013. The Argentinian population in 2013 was projected to be 42,2 million.[98]
  101. ^ "Proyecciones de Población". ine.gov.ve. Archived from the original on 13 November 2015. Retrieved 12 October 2014. (2020)
  102. ^ "Languages", VE, Ethnologue, There are 1,098,244 people who speak other language as their mother tongue (main languages: Chinese 400,000, Portuguese 254,000, Wayuu 199,000, Arabic 110,000)
  103. ^ Quispe Fernández, Ezio (2021). "Cifras" [Numbers] (PDF) (in Spanish). PE: INEI. Archived from the original (PDF) on 2021.
  104. ^ "Census", The World factbook, US: CIA, 2007, retrieved 4 October 2011, Spanish (official) 84.1%, Quechua (official) 13%, Aymara 1.7%, Ashaninka 0.3%, other native languages (includes a large number of minor Amazonian languages) 0.7%, other 0.2%
  105. ^ "PE", Country, Ethnologue, There are 5,782,260 people who speak other language as mother tongue (main languages: Quechua (among 32 Quechua's varieties) 4,773,900, Aymara (2 varieties) 661 000, Chinese 100,000).
  106. ^ "Informes" [Reports] (PDF). Proyecciones (in Spanish). CL: INE. 2017. p. 36. Archived (PDF) from the original on 30 December 2009. Retrieved 21 April 2010.
  107. ^ "CL", Country, Ethnologue, There are 281,600 people who speak another language, mainly Mapudungun (250.000)
  108. ^ "Estimate", Pop. clock (SWF), EC: INEC, archived from the original on 5 December 2015, retrieved 5 January 2016
  109. ^ CIA Factbook (19 February 1999). "(2019)". CIA Factbook. Retrieved 24 March 2014.
  110. ^ www.oj.gob.gt Archived 23 July 2018 at the Wayback Machine Estmation for 2020
  111. ^ "GT", The World factbook, CIA, Spanish (official) 69.9%, Amerindian languages 40%
  112. ^ http://www.onei.gob.cu/ Archived 14 March 2020 at the Wayback Machine ONEI (31 December 2018 estimation)
  113. ^ https://www.one.gob.do/demograficas/proyecciones-de-poblacion/poblacion-estimada-y-proyectada Archived 14 November 2019 at the Wayback Machine ONE estimate"
  114. ^ "Population clock". INE. Archived from the original on 11 October 2010. Retrieved 21 April 2010.
  115. ^ "South America :: Bolivia — The World Factbook – Central Intelligence Agency". www.cia.gov. Retrieved 13 March 2020.
  116. ^ "INE (Pop clock)". Archived from the original on 19 May 2011. Retrieved 5 February 2011.
  117. ^ There are 207,750 people who speak another language, mainly Garifuna (98,000).: Ethnologue Archived 13 October 2011 at the Wayback Machine
  118. ^ a b c d Informe 2017 (PDF), ES: Instituto Cervantes, 2017, p. 7, archived (PDF) from the original on 21 July 2017, retrieved 20 July 2017
  119. ^ There are 14,100 people who speak other language as their mother tongue (main language, Kekchí with 12,300 speakers): Ethnologue Archived 7 February 2016 at the Wayback Machine.
  120. ^ "INSEE estimate to 1/11/2012". Insee.fr. Archived from the original on 5 November 2016. Retrieved 20 August 2012.
  121. ^ a b c Eurobarometr 2012 Archived 29 April 2013 at the Wayback Machine (page T40): Native speakers.
  122. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap Eurobarometr 2012 Archived 29 April 2013 at the Wayback Machine (page TS2): Population older than 15. (age scale used for the Eurobarometer survey)
  123. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x Eurobarometr 2012 Archived 29 April 2013 at the Wayback Machine (page T64): Non native people who speak Spanish well enough in order to be able to have a conversation.
  124. ^ There are 490,124 people who speak another language, mainly Mískito (154,000).: Ethnologue Archived 15 January 2013 at the Wayback Machine
  125. ^ IBGE population estimation [IBGE publishes the populational estimates for municipalities in 2 011] (in Portuguese), BR, 2016, archived from the original on 16 November 2015, retrieved 7 January 2016
  126. ^ El español: una lengua viva – Informe 2019 (PDF) (Report). Instituto Cervantes. 2019. pp. 9–10. Archived (PDF) from the original on 18 February 2020. Retrieved 26 December 2019.
  127. ^ "Eurostat 2015 estimation". Istat.it. Archived from the original on 7 August 2015. Retrieved 24 March 2014.
  128. ^ Languages of Italy
  129. ^ "ENEC estimation to 2016". INEC. Archived from the original on 27 March 2012. Retrieved 5 February 2011.
  130. ^ "Costa Rica". Ethnologue. Archived from the original on 25 March 2015. Retrieved 1 March 2015.
  131. ^ "www.dgeec.gov.py" (PDF). Archived (PDF) from the original on 22 April 2020. Retrieved 18 March 2020.
  132. ^ "South America :: Paraguay — The World Factbook – Central Intelligence Agency". www.cia.gov. Retrieved 18 March 2020.
  133. ^ Census INE estimate for 2013 Archived 7 October 2011 at the Wayback Machine (véase "Proyección de Población por municipio 2008–2020")
  134. ^ There are 501,043 people who speak another language as mother tongue: PA, Ethnologue, archived from the original on 21 October 2011, retrieved 17 October 2011
  135. ^ "2016 INE estimation". 2016. Archived from the original on 22 March 2019.
  136. ^ There are 150,200 people who speak another language as mother tongue, UY, Ethnologue, archived from the original on 16 November 2011, retrieved 17 October 2011
  137. ^ "2015 US. census Bureau". Archived from the original (PDF) on 23 December 2015.
  138. ^ 95.10% of the population speaks Spanish (US. Census Bureau Archived 24 September 2015 at the Wayback Machine)
  139. ^ "Annual Mid year Population Estimates: 2013". U.K. Gov. Census. 2014. Archived from the original on 15 May 2016. Retrieved 20 April 2016.
  140. ^ Languages of the United Kingdom
  141. ^ Medium projection, PH: National Statistics Office, 2015, archived from the original on 3 April 2019, retrieved 8 June 2013
  142. ^ "native knowledge speakers" (in Spanish). Realinstitutoelcano.org. 18 February 2009. Archived from the original on 9 February 2014. Retrieved 24 March 2014.
  143. ^ 1,816,773 Spanish + 1,200,000 Spanish creole: Quilis, Antonio (1996), La lengua española en Filipinas (PDF), Cervantes virtual, p. 54 and 55, archived (PDF) from the original on 6 August 2009, retrieved 1 December 2009
  144. ^ Ten Reasons (PDF), ES: Mepsyd, p. 23, archived from the original (PDF) on 25 May 2017
  145. ^ Philippines, Spanish differences, archived from the original on 21 December 2012
  146. ^ Spanish in the world 2012 (Instituto Cervantes): 3,017,265 Spanish speakers. 439,000 with native knowledge, 2,557,773 with limited knowledge (page 6), and 20,492 Spanish students (page 10).
  147. ^ Nestor Diaz: More than 2 million Spanish speakers and around 3 million with Chavacano speakers (24 April 2010). "FILIPINAS / Vigoroso regreso del español". Aresprensa.com. Archived from the original on 23 December 2008. Retrieved 20 August 2012.
  148. ^ The figure of 2 900 000 Spanish speakers is in Thompson, RW, Pluricentric languages: differing norms in different nations, p. 45
  149. ^ World wide Spanish language, Sispain, archived from the original on 4 March 2016, retrieved 11 October 2012
  150. ^ German census, DE: Destatis, 31 March 2015, archived from the original on 28 June 2016, retrieved 7 January 2016
  151. ^ "World Population Prospects: The 2015 Revi sion, Key Findings and Advance Tables". United Nations Department of Economic and Social Affairs/Population Division. p. 15. Archived from the original (PDF) on 20 March 2014. Retrieved 10 January 2016.
  152. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa El español en el mundo [Spanish in the world] (PDF), ES: Instituto Cervantes, 2012, p. 6, archived from the original (PDF) on 17 October 2012
  153. ^ El español en el contexto Sociolingüístico marroquí: Evolución y perspectivas (page 39): Between 4 and 7 million people have Spanish knowledge (M. Ammadi, 2002) Archived 6 November 2013 at the Wayback Machine
  154. ^ "Euromonitor, 2012" (PDF). exteriores.gob.es. p. 32. Archived (PDF) from the original on 25 April 2015. Retrieved 19 April 2015.
  155. ^ "Equatorial Guinea census". Population statistics. 2010. Archived from the original on 6 August 2010. Retrieved 21 April 2010.
  156. ^ Spanish according to INE 2011
  157. ^ 14% of the population speaks Spanish natively and other 74% as a second language: "Anuario", CVC (PDF) (in Spanish), ES: Cervantes, 2007, archived (PDF) from the original on 26 October 2012, retrieved 7 February 2010
  158. ^ "Eurostat (1/1/2012 estimate)". Epp.eurostat.ec.europa.eu. 17 October 2013. Archived from the original on 20 July 2011. Retrieved 24 March 2014.
  159. ^ Eurostat 1 January 2010
  160. ^ Statcan, CA: GC, archived from the original on 4 July 2016, retrieved 7 August 2012
  161. ^ "An increasingly diverse linguistic profile: Corrected data from the 2016 Census". Statistics Canada. Archived from the original on 4 May 2018. Retrieved 10 September 2019.
  162. ^ 87% of the Hispanics, speak Spanish. mequieroir.com Archived 1 April 2016 at the Wayback Machine
  163. ^ There are 740,000 Hispanics in Canada in 2015, according to "Hispanovation: La creciente influencia hispánica en Canadá" (Social Media Week in Toronto): www.univision.com Archived 21 April 2016 at the Wayback Machine, www.abc.es Archived 31 May 2016 at the Wayback Machine.
  164. ^ a b c Cervantes.es Archived 21 July 2017 at the Wayback MachineInstituto Cervantes (2017)
  165. ^ "Netherland Census ClockPop". Cbs.nl. Archived from the original on 17 June 2009. Retrieved 20 August 2012.
  166. ^ 2012 censusArchived 5 November 2013 at the Wayback Machine
  167. ^ "2011 Census". Censusdata.abs.gov.au. Archived from the original on 3 April 2014. Retrieved 24 March 2014.
  168. ^ "2071.0 – Reflecting a Nation: Stories from the 2011 Census, 2012–2013". Abs.gov.au. Archived from the original on 1 July 2016. Retrieved 14 June 2013.
  169. ^ Page 32 of the "Demografía de la lengua española" Archived 23 September 2010 at the Wayback Machine
  170. ^ "Eurostat estimate to 1/1/2011". Epp.eurostat.ec.europa.eu. 2 April 2012. Archived from the original on 20 July 2011. Retrieved 20 August 2012.
  171. ^ "Accueil – INSAE". www.insae-bj.org. Archived from the original on 17 December 2015. Retrieved 20 April 2016.
  172. ^ "ins.ci Census, 2009". Archived from the original on 13 January 2012. Retrieved 20 April 2016.
  173. ^ "Belize Airports Analysis | Statistical Institute of Belize" (PDF). www.statisticsbelize.org.bz. Archived from the original (PDF) on 9 December 2013.
  174. ^ Page 32 of Demografía de la lengua española Archived 23 September 2010 at the Wayback Machine (52,1% native speakers + 11,7% with some Spanish knowledge))
  175. ^ Pages 34, 35 of the "Demografía de la lengua española", page 35 Archived 23 September 2010 at the Wayback Machine.
  176. ^ "Migration data" (PDF). iom.int. 2012. Archived (PDF) from the original on 9 February 2014. Retrieved 12 April 2016.
  177. ^ www.state.gov Archived 4 June 2019 at the Wayback Machine. 2015 estimate
  178. ^ Statistik, Bundesamt für. "Bevölkerung". www.bfs.admin.ch. Archived from the original on 14 January 2016.
  179. ^ 111,942 Spaniards in 2016 (INE Archived 18 February 2020 at the Wayback Machine) + 17,113 Peruvians in 2012 ([1] Archived 9 February 2014 at the Wayback Machine) + 5706 Argentines in 2012 ([2] Archived 4 July 2014 at the Wayback Machine) + 2864 Chileans in 2012
  180. ^ "cvc.cervantes.es (annuary 2006–07)" (PDF). Archived (PDF) from the original on 6 January 2012. Retrieved 25 September 2009.
  181. ^ [3] Archived 30 November 2011 at the Wayback Machine
  182. ^ "cvc.cervantes.es". cvc.cervantes.es. Archived from the original on 14 November 2016. Retrieved 24 March 2014.
  183. ^ "czso.cz" (in Czech). czso.cz. 31 December 2013. Archived from the original on 31 March 2014. Retrieved 24 March 2014.
  184. ^ "(2012)". ksh.hu. Archived from the original on 16 November 2013. Retrieved 24 March 2014.
  185. ^ "Resultado 2010 – Persona". Censo2010.aw. 6 October 2010. Archived from the original on 17 January 2012. Retrieved 20 August 2012.
  186. ^ [4] Archived 7 January 2012 at the Wayback Machine
  187. ^ "Data" (PDF). cvc.cervantes.es. Archived (PDF) from the original on 9 August 2018. Retrieved 14 March 2018.
  188. ^ Evolution de la population par sexe de 1976 à 2012 Archived 15 January 2013 at the Wayback Machine en: Annuaire Statistique du Cameroun 2010. Consultado el 23 August 2012.
  189. ^ "New Zealand census (2006)". Stats.govt.nz. 13 February 2009. Archived from the original on 4 June 2010. Retrieved 24 March 2014.
  190. ^ "Press Release on Major Figures of the 2010 National Population Census". Stats.gov.cn. Archived from the original on 18 April 2012. Retrieved 20 August 2012.
  191. ^ 25,000 Spanish students in the university + 5,000 in the "Instituto Cervantes"cervantes.es (page 4) Archived 10 November 2013 at the Wayback Machine
  192. ^ "Statistics – FAQ's". Gibraltar.gov.gi. 12 November 2012. Archived from the original on 5 January 2014. Retrieved 24 March 2014.
  193. ^ www.um.es Archived 26 June 2014 at the Wayback Machine (5.2. Datos descriptivos de los usos de español e inglés, Gráfico 2). 77.3% of the Gibraltar population speak Spanish with their mother more, or equal than English.
  194. ^ "(2013)". db1.stat.gov.lt. Archived from the original on 19 August 2010. Retrieved 24 March 2014.
  195. ^ "Демография". Gks.ru. 27 December 2011. Archived from the original on 26 March 2014. Retrieved 24 March 2014.
  196. ^ "2009 estimate" (PDF). UN. 2008. Archived (PDF) from the original on 18 March 2009. Retrieved 21 April 2010.
  197. ^ The Spanish 1970 census claims 16.648 Spanish speakers in Western Sahara ([5] Archived 17 September 2009 at the Wayback Machine) but probably most of them were people born in Spain who left after the Moroccan annexation
  198. ^ Page 34 of the Demografía de la Lengua Española Archived 23 September 2010 at the Wayback Machine
  199. ^ "2010 Census". Census.gov. Archived from the original on 6 December 2013. Retrieved 14 June 2013.
  200. ^ "Population – Key Indicators | Latvijas statistika". Csb.gov.lv. Archived from the original on 28 June 2013. Retrieved 14 June 2013.
  201. ^ "::Welcome to Turkish Statistical Institute(TurkStat)'s Web Pages::". TurkStat. Archived from the original on 1 October 2018. Retrieved 20 August 2012.
  202. ^ 8,000 (Page 37 of the Demografía de la lengua española Archived 23 September 2010 at the Wayback Machine) + 4,346 Spanish Students (according to the Instituto Cervantes)
  203. ^ "Census of India : Provisional Population Totals : India :Census 2011". Censusindia.gov.in. Archived from the original on 15 May 2011. Retrieved 24 March 2014.
  204. ^ "cervantes.es (page 6)" (PDF). Archived (PDF) from the original on 20 June 2014. Retrieved 24 March 2014.
  205. ^ "Jamaican Population". Statinja.gov.jm. Archived from the original on 6 October 2014. Retrieved 24 March 2014.
  206. ^ a b c Languages of Jamaica Archived 22 October 2012 at the Wayback Machine,
  207. ^ El español en Namibia, 2005. Archived 2 March 2013 at the Wayback Machine Instituto Cervantes.
  208. ^ "cvc.cervantes.es" (PDF). Archived (PDF) from the original on 6 January 2012. Retrieved 24 March 2014.
  209. ^ "Eurostat – Tables, Graphs and Maps Interface (TGM) table". Epp.eurostat.ec.europa.eu. 17 October 2013. Archived from the original on 20 July 2011. Retrieved 24 March 2014.
  210. ^ Demografía de la lengua española, page 37 Archived 23 September 2010 at the Wayback Machine (2,397,000 people speak Spanish as a native language in the E.U. excluded Spain, but It is already counted population who speak Spanish as a native language in France (477,564), Italy (255,459), U.K. (120,000) Sweden (77,912) and Luxemburg (4,049)).
  211. ^ "International Programs – People and Households – U.S. Census Bureau". Census.gov. 5 January 2016. Archived from the original on 19 August 2012. Retrieved 20 August 2012.
  212. ^ a b Spanish at Ethnologue (18th ed., 2015)
  213. ^ 426,515,910 speakers L1 in 2012 (ethnologue Archived 28 October 2013 at the Wayback Machine) of 7,097,500,000 people in the World in 2012 ([6]): 6%.
  214. ^ "The 30 Most Spoken Languages in the World". KryssTal. Archived from the original on 7 September 2015. Retrieved 16 January 2013.
  215. ^ 517,824,310 speakers L1 and L2 in 2012 (ethnologue Archived 28 October 2013 at the Wayback Machine) of 7,097,500,000 people in the World in 2012 ([7]): 7.3%.
  216. ^ Eleanor Greet Cotton, John M. Sharp (1988) Spanish in the Americas, Volume 2, pp.154–155, URL Archived 15 September 2015 at the Wayback Machine
  217. ^ Lope Blanch, Juan M. (1972) En torno a las vocales caedizas del español mexicano, pp.53 a 73, Estudios sobre el español de México, editorial Universidad Nacional Autónoma de México, México URL Archived 5 February 2011 at the Wayback Machine.
  218. ^ Random House Unabridged Dictionary. Random House Inc. 2006.
  219. ^ The American Heritage Dictionary of the English Language (4th ed.). Houghton Mifflin Company. 2006.
  220. ^ Webster's Revised Unabridged Dictionary. MICRA, Inc. 1998.
  221. ^ Encarta World English Dictionary. Bloomsbury Publishing Plc. 2007. Archived from the original on 31 August 2009. Retrieved 5 August 2008.
  222. ^ Penny, Ralph (2000). Variation and Change in Spanish. Cambridge University Press. p. 199.