アメリカ合衆国のテレビ

テレビ米国の主要なマスメディアの1つです2011年現在、国内のテレビの世帯所有率は96.7%であり[1]、2013年8月の時点で約114,200,000のアメリカの世帯が少なくとも1台のテレビを所有しています。[2]大多数の世帯は複数のテレビを所有しています。少なくとも1台のテレビを所有している世帯のピーク所有率は1996年から97年のシーズンに発生し、所有率は98.4%でした。[3]

全体として、米国で放送されるテレビネットワークは世界で最大かつ最も配信されており、米国を拠点とするネットワーク用に特別に制作された番組は、国際的に最も広くシンジケートされています。[4] 2000年代から2010年代にかけて絶賛されたテレビシリーズの数と人気が最近急増したため、多くの批評家は、アメリカのテレビは現在、現代の黄金時代を迎えていると述べています。[5] [6]

米国では、テレビ放送(「無線」またはOTAとも呼ばれます)を介して利用できます。これは、アンテナと、チャンネルをピックアップできる装備された内部または外部チューナーを必要とする、テレビ番組を受信する最も初期の方法です。二つの主要な放送バンド上の送信、非常に高い周波数(VHF)及び極超短波(UHF)信号を受信するために-四のマルチチャネル・サブスクリプション・テレビの従来のタイプ:ケーブル暗号化されていない衛星(」自由に空気")、直接放送衛星テレビおよびIPTV(インターネットプロトコルテレビ)。ワールドワイドウェブ上にも競合するビデオサービスがあり、2000年代後半以降、特に前述の従来の形式のテレビコンテンツの視聴の代替または補足として若い視聴者に人気が高まっているテレビ視聴モードになっています。2010年代には、ケーブルテレビや衛星放送用に開発されたチャンネルの「スキニー」層を、より確立された有料テレビ配信方法を利用するプロバイダーと比較して低い基本価格で提供する、いくつかの仮想MVPDサービスが開発されました。

米国の個々の放送テレビ局は、VHFチャネル2〜13またはUHFチャネル14〜36のいずれかで送信します。アナログテレビの時代には、放送局は単一のユニバーサルチャネルで送信しました。ただし、現在のデジタルテレビ規格の技術的な複雑さにより、ほとんどのステーションは、仮想チャネル(または「メジャーチャネル」)にマッピングされたRFチャネル(または「マイナーチャネル」)で物理的に送信するようになりました。通常、物理的な割り当てとは異なり、ステーションの以前のアナログチャネルに対応します。UHF帯域は元々チャネル14から83にまたがっていましたが、連邦通信委員会(FCC)はそれ以来UHFの帯域幅割り当てを3回削減しました。チャネル70から83は、1983年に緊急およびその他の電気通信の目的で切断されました。2009年に、チャネル52から69は、アナログテレビからデジタルテレビへの移行の完了時に委任により削除されました2020年には、2017年のスペクトルオークションの後、電気通信会社が使用する余地を作るために、36を超えるチャネルからの移行が完了しました[7][8]

他の国と同様に、テレビ局は合法的に放送するためのライセンス必要とし(将来の放送局はFCCを通じて申請できます)、特定の要件(公務教育的利益のプログラミング、放送を禁止する規制など)に準拠する必要があります。卑猥なコンテンツ)それを保持するために; FCCの委員会は、有効期限が近づいている既存のステーションライセンスの更新を監視し続けており、規則の遵守に関する意見の不一致やその他の問題に基づいてライセンシーへの更新の許可に反対したい個人またはグループがいます。失効の検討。ただし、無料放送およびサブスクリプションのテレビネットワークは、運用するためのライセンスを申請する必要はありません。

無線および無料放送のテレビでは月々の支払いは必要ありませんが、ケーブル、直接放送衛星(DBS)、IPTV、および仮想MVPDサービスでは、加入者が選択したチャネルの数に応じて月々の支払いが必要です。特定のパッケージで支払います。チャネルは通常、単独で(またはアラカルトベースで)ではなく、グループ(「ティア」と呼ばれる)で販売されますほとんどの従来のサブスクリプションテレビサービスは、限定された基本(または「ライフライン」)層、サービスが配置されているテレビ市場内の放送局のみを含む最小基本パッケージ、および公共、教育、および政府アクセス(PEG)ケーブルチャネルを提供します。多くの小規模な市場では、この層は、1つ以上の主要な放送ネットワークのローカルアフィリエイトがサービスを提供していないエリアのデフォルトのネットワークアフィリエイトとして機能する隣接市場のステーションを提供する場合があります。ただし、2000年代後半のデジタルテレビへの移行以降、これらは、ローカル市場内で特定のネットワークのプログラミングを提供することに同意しデジタルサブチャネルに置き換えられる場合があります。

高度なプログラミング層は通常、拡張された基本パッケージから始まり、幅広い配信を目的としたサブスクリプションチャネルの選択を提供します(主に1970年代から1990年代の間に開始されたもの)。1990年代半ばから後半にかけてデジタルケーブルテレビと衛星テレビの誕生以来、配信が制限された追加のチャンネルが、販売されたチャンネルのプログラミング形式に基づいて一般的に編成された個別の層を通じて、基本パッケージへのアドオンとして提供されています。ティアで。米国のアラカルトサブスクリプションサービスは、主に、マルチチャネルビデオプログラミングディストリビューター(ケーブルとも呼ばれる)の顧客がプログラミングパッケージにアドオンとして提供する有料テレビ(より一般的には「プレミアム」)チャネルに限定されています。または衛星「システム」または「プロバイダー」)は、追加の月額料金でサブスクライブできます。

テレビ放送

米国には、特に放送テレビに関して、「分散型」の市場志向のテレビシステムがあります。国には、公共放送サービス(PBSとして知られる全国的な公共テレビサービスがあります。地元のメディア市場には独自のテレビ局がありテレビネットワーク提携しているかテレビネットワークによって所有および運営されている可能性があります放送局は、番組を放送する地域の権利について、国内ネットワークの1つと提携契約を結ぶことができます。これらの契約は1年から10年まで続くことがありますが、そのような契約は平均して4年から6年続くことがよくあります。民間放送局の数が限られている(通常は5つ未満)非常に小さな市場を除いて、提携契約は通常排他的です。たとえば、放送局がNBCと提携している場合、ABC、CBS、またはその他の従来型の番組は放送されません。放送ネットワークですが、1つまたは複数のサブチャネルのデジタルテレビ信号で伝送されることを目的とした特殊なサービスを伝送する場合があります。

TV Guideは、テレビ番組のリスト情報を提供するアメリカの雑誌です。

テレビ局がその主信号で複数のネットワークを伝送する取り決め(これにより、一部のネットワークプログラムが局によってローカルで放映されないことが多く、その結果、国内の運送が制限され、視聴者は外部に依存する必要があります。 -1940年代から1960年代にかけて、同じネットワークとの提携を通じてローカルで横取りされた番組を放送する地域で受信可能なマーケットステーションがより一般的でしたが、一部の取り決めは2010年まで続きました。今日、プログラミング局が主要な所属を維持しているネットワーク以外のネットワークからは、通常、デジタルサブチャネルを介して伝送されます。これにより、2000年代半ば以降、主要な放送ネットワークの1つが、以前はどちらかであったであろう市場に全国的なカバレッジを拡大できるようになりました。フルパワーのテレビ局(1,000キロワットもの送信電力を維持している)との二次提携に合意する 送信機サイトから80マイル[130km]までの信号を出力するか、信号カバレッジが制限され低電力ステーションとの独占的または一次的な提携(100キロワットを超えない低い送信電力を維持します)。送信機から30〜60マイル[48〜97 km]の領域をカバーする、より制限された信号半径)。

ただし、他の国とは異なり、テレビ放送でのローカルプレゼンスを確保するために、連邦法はローカルステーションが実行できるネットワークプログラミングの量を制限しています。1970年代と1980年代まで、地方局はネットワークプログラミングを、バラエティトーク、音楽、スポーツのプログラミングを含む幅広いコンテンツスペクトルを含む、かなりの量の独自のローカルで制作された番組で補完していましたしかし、今日では、多くの(すべてではありませんが)放送局が地元のニュース番組のみを制作し、場合によっては、広報番組(最も一般的には、ニュースや政治分析の番組の形で)を制作しています。残りのスケジュールは、シンジケートプログラム、または独自に制作され、各ローカル市場の個々のステーションに販売される素材で満たされています。

ネットワークやローカル番組に割り当てられていない時間を埋めるためにシンジケートコンテンツの配信業者を通じて番組を取得するほとんどの民間放送局(少なくとも部分的に収益の広告に依存している放送局)の方法は、ネットワークが初回実行およびシンジケートプログラムのプログラミング。一方、パートナーステーションは、ローカルコンテンツのプログラミングのみを担当します。国際番組モデルは、米国では一部の小規模なネットワークやマルチキャストサービスで使用されています。これらのサービスは、ローカルレベルで放送時間を埋めるために、取得またはローカルで作成された番組をほとんどまたはまったく必要としないため、系列局にとってより費用効果があります。

連邦政府は、個々の所有者が保持できるステーションの数に制限を課しています。最も初期の制限では、制限された所有者は、全国で5つ以上のステーションを保持でき、特定の市場では1つしか保持できません。2017年の時点で、これらの制限は大幅に緩和されています。1999年以降、所有権グループは現在、市場で最大2つの信号を所有することが法的に許可されています(これは、デジタル伝送によってさらに多くの実際のチャネルに達する可能性があります)。1990年代初頭以来、一部の放送局は地元のマーケティング契約によって特定の所有権の制限を回避するためにシェル会社も使用していますグループは、「UHF割引」(2009年のデジタル移行前は信号品質が不安定だったUHFテレビ局に利益をもたらすために1985年に最初に渡された)の下で信号で米国の最大78%をカバーできます。 UHF局の所有権を、局の視聴者リーチの50%で数えます。(「割引」は、2015年にトムウィーラー議長と彼の民主党主導の理事会の下でFCCによって廃止されましたが、ウィーラーの後継者で元理事会の同僚であるアジートパイと彼の仲間の共和党委員によって2017年4月に復活しました。[9]

4つの主要なテレビネットワークはすべて、多くのステーションを直接所有および運営しており、主に最大の大都市圏に集中しています。米国のカバレッジの観点から最大の所有グループはEWスクリップスカンパニーであり、そのステーションは国の65%をカバーしています。Scrippsは、主に5つの主要なネットワークの関連会社を運営しており、そのほとんどが本格的なローカルオペレーションやニュース部門を維持していますが、2021年にIon Media(同名の旗艦ネットワークであるIon Televisionの親会社)を買収したことで、その範囲は大幅に拡大しました。コントラストは完全に集中管理されており、ローカルプログラミングを維持していません。ローカルプログラミングは、そのグループのステーションが主にScrippsのさまざまなマルチキャストネットワークプロパティのパススルーアウトレットとして機能するように取得されています。[10] [11]特にSinclairBroadcastGroupNexstarMedia Groupの2つの所有権グループは、ネットワークプログラミングを作成していません(Sinclairは、ステーション用にオリジナルのプログラムを作成しましたが、配信する4つの マルチキャスト サービス を含むフルタイムネットワークでは作成していません。独自のステーションと、パートナー企業やその他の関連のないグループ所有者が所有するステーションに)が、それぞれが国の8分の3以上をカバーする150を超えるステーションを所有しています。ステーション数では、NexstarとSinclairが1位と2位で、3位はGray Televisionであり、その131のステーションは、人口の10%にしか達しない大部分の大都市圏をカバーしています。[9]

主要な放送ネットワーク

米国の5つの主要な放送テレビネットワークは、National Broadcasting Company(NBC)、Columbia Broadcasting System(CBS)、American Broadcasting Company(ABC)、Fox Broadcasting Company(Fox)、およびCW TelevisionNetworkです。最初と3番目の長老(通称「ビッグスリー」)は無線ネットワークとして始まりました。NBCCBSはそれぞれ1924年と1927年に運用を開始し、ABCは1943年にブルーとしてNBCからエドワードJ.ノーブルスピンオフしました ABCテレビネットワークは1960年代後半まで、NBCやCBSと同等の視聴率と配信数に達することはありませんでしたが、FCCがアメリカのラジオ市場におけるNBCの支配的なシェアを調査している間のネットワークDuMont Television Network(1948–1956)とNTA Film Network(1956–1961)は、「第4のネットワーク」の初期の試みでした部分的にデュモンの残骸の上に建てられたフォックスは、1986年に操業を開始し、1990年代までプログラミングを拡大した比較的新しい企業です。パラマウントのテレビネットワークは、あまり成功した場合には、フォックスと同時に栄えました。

CWは、CBSコーポレーションタイムワーナー1995年1月に立ち上げたユナイテッドパラマウントネットワーク(UPN)とWBのそれぞれのプログラミング資産を統合することを決定した2006年9月に作成されました。また、CWは後者の放送とケーブル資産とスケジューリングモデル[12](WBのオンライン資産は分離されたままでしたが、ストリーミングサービスとして刷新された以前のWebドメインは、2013年12月に閉鎖され、ワーナーブラザーステレビ番組のプロモーションWebサイトに置き換えられました)。全体として、米国の放送業界は、プレーヤーの集合体化に向けて劇的に進化しました。これは、メディア所有権の集中とも呼ばれる効果であり、現代のテレビ放送における競争の狭まりを表しています。

ABC、CBS、NBCの系列局の平日のスケジュールは似ている傾向があり、番組の選択肢は時間帯で並べ替えられています(Foxは、週末に放送されるスポーツ番組と、ごくまれに平日に放送されるスポーツ番組以外のゴールデンタイム以外にネットワーク番組を放送しません)。通常、これらは早朝の全国ニュース放送(ABCのAmerica This Morningなど)で始まり、その後に地元の朝のニュース番組が続きます。これらの後には通常、ニュース、天気、ライフスタイルセグメント、インタビュー、音楽パフォーマンスを組み合わせたネットワークモーニングプログラム(NBCのTodayなど)が続きます。

ネットワークの日中のスケジュールはトークショーメロドラマで構成されていますが、1つのネットワーク(CBS)はまだゲームショーを放送しています(他のいくつかのゲームショーはシンジケートで放送されています)。地元のニュース番組は正午のタイムスロットで放送される場合があります。シンジケートトークショーは午後遅くに表示され、夕方の時間帯に追加のローカルニュースキャストが続きます。ABC、CBS、NBCは毎晩ネットワークニュース番組を提供しており、通常、東部タイムゾーンでは午後6時30分または午後7時(他の地域では午後5時30分または午後6時)に放送されますが、これらは事前に放送される場合があります。イベントがその日の後半に発生するようにスケジュールされているか、設定された時間ブロックを超えて延長されているために、時間枠に重複するスポーツプログラミングによる週末および一部の休日の免除(特にスポーツリーグによって課された規制のため)悪名高い1968「ハイジボウルNBCが中断されている」テレビ放送ナショナル・フットボール・リーグの間(NFL)のゲームニューヨーク・ジェッツオークランド・レイダース空気に作られた-のためのテレビジョンフィルムによる間の通信の障害にそのスケジュールされた時間帯でのネットワークの幹部、ほとんどのテレビ放映されたスポーツイベントは、完了するまで放送する必要があります)。

ローカルニュースキャストまたはシンジケートプログラムは、「プライムアクセス」時間または30分(東部および太平洋時間帯では午後7時から午後8時、その他の地域では午後6時30分から午後7時)を埋め、ネットワークのプライムタイムスケジュール。これは、1日で最も視聴されている3時間のテレビです。従来のプライムタイムスケジュールは、東部および太平洋時間帯では午後8時から午後11時まで、その他の地域では午後7時から午後10時までですが、これはネットワークと曜日によって異なります。4つの主要なネットワークプログラム日曜日の夜の追加の時間(東太平洋の午後7時から午後8時まで、その他の場所では午後6時から午後7時まで)(多くのスペイン語の放送ネットワークもこの追加の時間をプログラムして、7つすべてのプライムタイムのラインナップを開始します週の夜); 対照的に、Fox、CW、およびMyNetworkTVは、午後10時/午後9時の間は番組を放送せず、その時間をアフィリエイトが独自の番組を提供するために残します。

通常、家族向けのコメディ番組はゴールデンタイムの早い時期に主導されましたが、近年では、リアリティテレビ番組(ダンシングウィズザスターズアメリカンアイドルなど)や、より大人向けの脚本番組(コメディとドラマの両方)が主にそれらを置き換えました。夕方遅くに、さまざまなタイプのドラマシリーズ(NCIS法と秩序:特別犠牲者ユニットグレイズアナトミーなど)が放映されます。日曜日はアメリカのテレビで最も視聴されている夜であり、テレビで最も人気のある番組の多くがその夜に放映されています。[13]視聴者数はその後、週を通して減少する傾向があり、金曜日と土曜日の夜に登録された最低の評価で最高潮に達します。ほとんどの放送ネットワークは、2004年までに土曜日に最初のスクリプト料金のプログラミングを放棄し、スポーツ、ニュースマガジン、および他のゴールデンタイムシリーズのバーンオフ再放送支持しましたただし、ネットワークによっては、最初に実行されるスクリプトプログラミングが金曜日に放送され続け、ニュースマガジンやリアリティシリーズと混ざり合っています。ただし、ネットワークは木曜日の夜に特に注意を払っています。木曜日の夜は、週末に購入した車、映画のチケット、ホームビデオのレンタルなどの広告主が、大勢のテレビ視聴者にリーチするための最後の夜です1990年代を通じて、NBCは独自の木曜日の夜のラインナップを「必見のテレビ」と呼びました。その10年間、国内で最も視聴されたテレビ番組のいくつかは、日曜日の再登場前に木曜日の夜に放映されました(そのうちのいくつかはNBCで放映されました)。 2000年代のプライムタイム番組のトップナイトとして。[14]

プライムタイムの終わりに、別のローカルニュース番組が放送され、通常は深夜のインタビュー番組スティーブンコルベールとの深夜番組今夜の番組など)が続きます。朝の夜明け前の早い時間にサインオフするのではなく(大きな市場では1970年代初頭まで、小さな市場では1980年代半ばまでの標準的な慣行でした)、テレビ局は現在、シンジケート番組やプライムタイムの再放送で時間を埋めています。時間のテレビ番組または遅いローカルニュース放送(後者は2000年代初頭以来あまり一般的ではなくなった)、またはインフォマーシャルとして知られている30分の広告、そしてCBSとABCの場合は夜通しのネットワークニュース番組。一部の放送局では、放送局が特定の期間にニュースを番組化していないか、ニュース部門を運営していないために、ローカルニュース放送が従来放送されていたタイムスロットをシンジケート番組で埋めることがあります。同様に、深夜のローカルニュース番組は、ゴールデンタイムの最後の時間(東部および太平洋のタイムゾーンでは午後10時、その他すべての時間帯では午後9時)および/または朝の通勤時間帯(7 :00〜9:00または10:00 am(すべてのタイムゾーン)。通常、「ビッグスリー」(ABC、NBC、CBS)の一部として分類されているもの以外のネットワークに所属しているステーション、およびネットワークに所属していないステーション。

土曜日の朝は通常、子供向けのネットワークプログラミングを特徴としています(伝統的に、これらは主にアニメで構成され、場合によっては、実写のライフスタイル、科学、野生生物のプログラムが標準になっていますが、実写のスクリプトシリーズや人口統計を対象としたゲーム番組もあります2009年以降のタイムスロットでは、アニメシリーズは主に非商用および非英語の言語ネットワークに委ねられていますが、日曜日の朝には、日曜日の朝のトークショー(「ウィークイン」を維持する)として知られる広報プログラムの形式が含まれています-主に政治的および社会経済的問題に焦点を当てた「レビュー」形式。特定のプログラムの形式がトピックコンテンツに関してより流動的である場合は、他の主要なニュース記事)。これらは両方とも、教育的な子供向けプログラムを提供するというステーションの法的義務をそれぞれ果たすのに役立ちます(1990年に可決された子供向けテレビ法として知られる法律により、ステーションは、若者の教育的ニーズに役立つコンテンツを備えたプログラムを最低3時間実行する必要があります。毎週)と公共サービスのプログラミング。スポーツとインフォマーシャル(および一部のステーションでは、シンジケートされた長編映画パッケージ)は週末の午後に見られ、その後、同じタイプのゴールデンタイムの番組が平日に放映されます。

その他の無線コマーシャルテレビ

1956年から1986年まで、Big Threeネットワークと提携しておらず、National Educational Televisionと提携しておらず、おそらく(1956年から1961年まで)小規模なNTA Film Networkも、「独立」して放送されていた英語のテレビ局の大部分。毎日のスケジュールを満たすために、シンジケートされた一部のローカルで制作された番組のみ。米国にはまだ多くの独立局が存在し、通常は歴史的にUHF帯で放送されています。しかし、1995年以降、確立された4つの競合他社と競争するために作成された新しい放送ネットワークの形成により、それらの数は大幅に減少しました(特に個々の市場内で)。シンジケート番組、多くの場合、現在制作中または制作中のテレビシリーズの再放送、および最初のシンジケーション放送の3年前にリリースされた映画は、スケジュールの多くを占めます。

しかし、1986年10月、フォックス放送はビッグスリーネットワークへの挑戦として立ち上げられ、ニューズコーポレーション前年に20世紀フォックスを買収)がメトロメディアからその基礎となるチャーターアウトレットとして買収した6つの独立局があります。他の会社が所有する多くの独立者と。主に、シンプソンズビバリーヒルズ、90210X-ファイルなど番組の成功と、1993年12月にナショナルフットボールリーグナショナルフットボールカンファレンス部門からゲームを上映する権利をネットワークが取得したことに感謝します[15]。フォックスは、テレビ放送の主要プレーヤーとしての地位を確立しています。ただし、Foxは、毎日の朝と夜のニュース番組を放送しない、またはネットワークで実行される昼間または平日の深夜のスケジュールを持っているという点で、3つの古いネットワークとは異なります(ただし、深夜の番組は土曜日の夜放送されます。 1986年から1993年までの月曜日から金曜日の夜の深夜番組の試みに失敗しました。その夜間のプライムタイムスケジュールは、月曜日から土曜日に2時間、日曜日に3時間しか実行されません(Foxの立ち上げ時に有効なテレビネットワークのFCC規制を回避するために、ネットワークが意図的に行ったものです)。主の結果として、デジタル移行(VHFの遷移前に放送しかし、いくつかの関連会社、前UHFの所属ディール今は亡き局グループが所有する旧長年のビッグスリーの関連会社と新世界の通信およびSF放送、それはNFLを取得した後に署名したこと権利)。

中小規模のアフィリエイトの多くは、ニュース制作をビッグスリーのアフィリエイトにアウトソーシングしており、独自のニュースキャストを制作しています。ニューヨーク市ロサンゼルスの旗艦局、コールサインにネットワークの名前を含めていません(Foxが所有している代わりに、ニューヨークとロサンゼルスでの操作ステーションは、それぞれのコールサインを使用WNYWKTTV ; WFOX-テレビKFOX-テレビのそれぞれにおけるフォックスの関連会社で使用されている電話をジャクソンビル、フロリダ州テキサス州エルパソ)。Foxの唯一の予定されているニュース番組はFoxNews Sundayで、日曜日の朝に放送されます。ネットワーク上の特別なニュース報道は、姉妹ケーブルネットワークのFox News Channel(1996年10月にアフィリエイトビデオサービスFox NewsEdgeとほぼ同時期に開始)のスタッフからのものですが、すべてのアフィリエイトがFoxNewsの最新ニュースを外部に配信しているわけではありません。プライムタイムの大統領演説、および緊急の国内および国際的なイベントの。Foxのアフィリエイトのほとんどは現在ローカルニュースキャストを持っています(主に大規模な市場に拠点を置き、1990年代半ばより前にニュース番組を放送したアフィリエイトはごく少数です)。主要なネットワークステーション–他のローカルニュースキャストではなく、ネットワークドラマと競合します(ただし、一部のニュース制作Foxステーションは、従来の遅いニュース期間のニュースキャストも配信します)。また、午前中に1〜3時間重複します。 ABC、NBC、CBSの朝のニュース番組で。

イオンテレビのロゴ

1990年代に立ち上げられた3つの新しいネットワーク:1995年1月に互いに6日以内に、WB(元々はTime Warner、Tribune Broadcastingの間のベンチャーとして形成され、独立したステーションの大部分をネットワークの主要なチャーターアフィリエイトにしました)WBの元の最高経営責任者を務めた元フォックスエグゼクティブのジェイミーケルナー[16]UPNクリスクラフトインダストリーズ/ユナイテッドテレビジョンパラマウントテレビジョンの間のプログラミングパートナーシップとして作成され、バイアコムによって前年に買収されました)、ネットワークの立ち上げから5年後にUPNの完全な所有権を取得する)は、主にFoxと競争するために立ち上げられ、ネットワークが10年前半に成功を収めたのと同じ若い人口統計(10代の若者と12〜34歳の若者)をターゲットにしています。 。1998年8月、Paxson Communications(現在のIon Media)は、家族向けのオリジナルおよび後天的なプログラミングに焦点を当てて、4つの大規模ネットワークとWBおよびUPNを裏番組化するPaxTVを立ち上げました。以下のように2005年7月に独立テレビ(広い聴衆に向けた再放送や映画にもっと焦点を当て)と:、その最初の形式で視聴が不採算に、パックスは、私としてリニューアルイオンテレビ2007年9月。

2006年9月18日、TimeWarnerとCBSCorporationは、WBとUPNをシャットダウンして、これらのネットワークの「合併」であるCWを立ち上げました。[12] [17]一方、2週間前の9月5日、News CorporationMyNetworkTVを作成しました。これは、もともと、後者のネットワークと提携しているFoxが所有するステーションでのUPNプログラミングを置き換えることを目的としていました。[18] [19]

CWは、週10時間の番組をゴールデンタイムで放送し、すべて月曜日から金曜日にのみ放送されます(ネットワークは、2006年から2009年までの日曜日に3時間の夕方のラインナップを維持し、その時間は関連会社に引き渡されました。 2018年10月に日曜日のゴールデンタイムの番組を復活させます)、土曜日の朝に5時間(他のローカルでスケジュールされた番組のために、週末の午後の時間に子供向けの番組ブロックが出血する場合があります)。CWは、小規模市場向けに完全にプログラムされた代替フィードを運用する唯一の主要なネットワークであるCW Plus(WBのケーブルのみの関連会社グループの後継であるWB 100+ Station Groupは、ネットワークを提供するために1998年9月に立ち上げられました)さもなければ十分な無線カバレッジを得ることができない市場へのプログラミング)、これは、将来のアフィリエイトステーションでのプログラミング責任を軽減する費用効果の高い方法として、CWネットワークプログラミングによって占有されていない放送時間をシンジケートプログラムで埋めます。インフォマーシャル; CW Plusは、デジタルサブチャネルおよびケーブルのみのアフィリエイトを介して配信されるため、無線で放送しないローカルアフィリエイトを持つ唯一のネットワークの1つでもあります。[20] [21] [22]

MyNetworkTVは元々、主に英語のテレノベラで構成されるフォーマットの従来型ネットワークとして始まりましたしかし、ゴールデンタイム限定のスケジュールで低い評価が続いた後(最初のフォーマットが衰退した後、次の3年間に数回のプログラミングの刷新が行われた後でも)、2009年9月にフォーマットを採用して「放送シンジケーションサービス」に変換されました。月曜日から金曜日まで週10時間、他のネットワークで最初に放映されたシリーズの再放送で構成されています。[23] [24] [25]イオンは24時間年中無休で放送し(ただし、毎日のスケジュールの18時間だけがエンターテインメント番組で構成され、残りのスケジュールはインフォマーシャルと宗教番組で構成されています)。 Ionネットワークは、アフィリエイトの番組を完全に担当する最大の英語の商用テレビネットワークです。Ionは、他の商用ネットワークとは異なり、そのステーションの大部分は、関連会社がほとんどない親会社によって所有および運営されており、ネットワークにローカルステーションがない市場では、ケーブルと衛星を介して独占的に配信されます。イオンは、デジタルマルチキャストを介した配信に拡大した、7つの従来の英語の民間放送ネットワークの最後であり、サブチャネルのみの受け入れを開始した2014年まで、主要な提携を維持できなかった市場でのケーブルおよび衛星配信に完全に依存していました。取引による関係会社テレムンド駅グループおよびメディア全般

デジタルマルチキャストサービス

2009年2月と6月に2つのフェーズで完了したデジタルテレビへの移行により、デジタルマルチキャストの使用により、新規および既存のステーションのこれらの多重化フィードで配信するために作成されたさまざまなネットワークが生まれました。ただし、ほとんどの場合、これらのネットワークのほとんどは、従来の商用および非商用ネットワークの多くと同等の全国的なリーチを得ることができませんでした。これは、多くのステーションがメインで高解像度プログラミングを送信するためです。1080iでのフィード。これは、画質を低下させるリスクを冒すことなく、複数のマルチキャストフィード(通常は標準解像度で送信されますを許可するために、区画化されていないビットレートを必要とします。720pメインフィードを交互に送信するものもあります。これは、一度に3つ以上のサブチャネルの多重化を優先します(ATSC 3.0は、デジタルテレビの技術標準として現在のATSC 1.0を置き換えるために、FCCを考慮して2009年の移行の頃に開発を開始しました。 2016年に発生する予定であり、単一のプログラミングストリームに追加のサブチャネルを収めることができる改良された圧縮技術を利用し、4K解像度形式で高解像度コンテンツを送信できるようにします。

Retro Television Networkは、デジタルテレビ市場向けに特別に作成された最初のネットワークの1つでした。Equity Broadcastingは、2005年にネットワークを作成しました。当初は、ライセンスされた再放送のより広範なライブラリに拡張する前に、主にパブリックドメインシリーズに依存していました。RTNの最初の成功は、所有者の財政破綻と、その後継者である現在の所有者であるLukenCommunicationsに関連するさらなる困難によって打撃を受けました

デジタルサブチャネルを主要な配信形式として使用する最も人気があり、広く配信されているネットワークはMeTVです。これは、シカゴの主要テレビ局の1つであるWFBT-CAで、2005年に放送局の所有者であるWeigelBroadcastingによってプログラミング形式として最初に立ち上げられた古典的なテレビネットワークです。(現在はWWME-CD)、2010年11月に全国ネットワークに発展しました。[26] MeTVは今主要な市場の数のチャンネルの提携がある(WJLPニューヨーク市場では、WDPN-テレビ、フィラデルフィア、デラウェア、中WBBZ-テレビバッファロー)。MeTVとその最も顕著なライバル、NEXSTAR所有の両方アンテナテレビ(もともとによって2011年に設立されトリビューン放送)、[27]それは、アーカイブプログラミングに依存しているマルチキャストのためのフォーマットを普及します。このテレビAllen Media Groupが所有し、WeigelとMetro-Goldwyn-Mayerが共同設立)は、同様の形式を使用し、古い長編映画と比較的最近の長編映画に焦点を当てています。[28]それは、Moviesのような同様の映画指向の放送ネットワークを生み出すのを助けました!(WeigelとFox Television Stationsの合弁事業であり、主に後者の前の姉妹映画スタジオである20世紀スタジオのライブラリからの映画に依存しています)およびGetTV(主に所有者のSony Pictures Entertainmentのライブラリからの映画を放送しています)。[29] [30]

人口統計学的に焦点を合わせたネットワークは2010年代に作成されました。バウンスTVは、2011年9月にマーティンルーサーキングIIIアンドリューヤングによって発売されアフリカ系アメリカ人の成人を対象とした幅広い一般的なエンターテインメント形式を特徴としています。[31] カッツ放送は、バウンスエグゼクティブジョナサン・カッツが所有し、で購入EWスクリップス・カンパニー2017年に、2014年8月には、特定のフォーマットを持つ2つの性別に焦点を当てたネットワークを立ち上げ-グリット(西部およびアクション映画のラインナップが重いの男性を狙っ) and Escape(現在はCourt TV Mystery、女性を対象とし、ミステリーと真の犯罪プログラムを特集)– 2015年4月のジャンルベースのネットワーク、Laff(コメディーの長編映画とホームコメディの組み合わせをフィーチャー)。[32] Luken Communicationsは、サブチャネルネットワークの総数で最大の事業者であり(主に低電力コンセントで伝送されます)、レトロテレビネットワークに加えて、国や地方をテーマにしたハートランド、自動車中心のRev'nが含まれます。、子供向けネットワークPBJおよび最新バージョンのThe FamilyChannel男性用ネットワークTuffTVは、以前はLukenネットワークとして管理されていましたが、現在は独立しています。

他のサブチャネルベースのネットワークには、Buzzr所有者Fremantleのプログラミングライブラリから供給されたゲーム番組に焦点を当てたネットワーク)やCometSinclair BroadcastGroupとMetro-Goldwyn-Mayerが2015年10月に立ち上げたなどのアーカイブされたプログラミングにも依存するネットワークが含まれます。MGMライブラリから供給されたサイエンスフィクションシリーズと映画に焦点を当てています)、およびCourt TV(現在のケーブルネットワークの復活としてKatz / Scrippsによって開発されたネットワーク)のようなアーカイブされたスクリプトプログラミングに完全に依存していないネットワークTruTVは、主に法廷裁判の報道と真の犯罪番組を放送しています)、WeatherNation TV(マルチプラットフォーム配信モデルの一部としてサブチャネルを備えた独立所有の24時間気象ネットワーク)、TheCoolTVThe Country Networkミュージックビデオに依存)。

小さな都市や地方では、主要な放送ネットワークもこれらの地域で見られるデジタルサブチャネルに依存している可能性があります。これは、市場が各ネットワークの財政的に独立した局をサポートするのに十分な人口がない可能性があるためです。そのため、FCC規制はケーブルプロバイダーに適用され、合理的なコストで基本的なサービスを提供する必要があります。(デジタルテレビ機器の登場以来、費用は消費者の責任です。)

英語以外の言語でテレビを放送する

スペイン語

スペイン語の放送(およびケーブル)ネットワークがいくつか存在します。これらは、英語以外のテレビ放送の最も一般的な形式です。これらのネットワークは、英語のネットワークほど無線で広く配布されておらず、主にラテン系およびヒスパニック系の人口が多い市場で利用できますこれらの無線ネットワークのいくつかは、代わりに、ローカルベースの所有および運営またはアフィリエイトステーションの可用性または需要なしに、市場のケーブル、衛星、およびIPTVプロバイダーに直接供給されます。

ユニビジョンの2019ロゴの2Dバージョン。

これらのネットワークの最大のものであるユニビジョンは、1986年にスペイン語国際ネットワーク(1962年9月にデビューし、ロサンゼルスにスペイン語の独立局KMEX-TVサンアントニオにKCOR-TV(現在はKWEX-DT))の後継として立ち上げられました。チャーターステーションとしてのテキサス)。米国で5番目に高い評価のテレビネットワーク(NBC、CBS、ABC、Foxに次ぐ)になり、米国で支配的なスペイン語ネットワークであり、その評価は少なくとも1つを超えるレベルまで上昇しています。 1990年代後半以降の英語の競合他社の ユニビジョンはもともとさまざまな配信業者からの番組コンテンツを特集していましたが、ネットワークは現在、主にメキシコの主要な放送局であるテレビサ(ユニビジョンの親会社の部分的な所有権をその歴史を通じてオンとオフで維持している)から供給された番組と国内で制作された番組に依存していますプログラミング。

テレムンドのロゴ

その主要な競争はテレムンドであり[33]、NBCの姉妹ネットワーク(2001年にテレムンドを買収)も1986年に3つのスペイン語ステーション、WNJU /ニューヨーク市、WBBS-TV /シカゴ、KSCIのコンソーシアムを通じて設立されました。/ロサンゼルス。親会社であるNBCUniversalがニュースやエンターテインメント番組に多額の投資を開始した2000年代後半まで、ユニビジョンにも参加していると見なされていましたUnivisionとは異なり、Telemundoのプログラミングの大部分はネットワーク専用に作成されています。スペイン語の放送局向けの従来のプログラミング形式(通常、テレノベラ、バラエティシリーズ、ニュース、スポーツ、ラテンアメリカ諸国から輸入された映画が組み込まれています)に加えて、アメリカの長編映画のリリースのダビングバージョンも含まれています。

EstrellaTVロゴ

その他の人気のあるスペイン語の放送ネットワークは、ユニビジョンが所有するUniMásです。これは2002年1月に開始され、若いヒスパニック人口統計を対象としています。アステカ、メキシコのアメリカのバージョンアステカの2001年7月にデビューしたネットワーク、。ヒスパニック系アメリカ人とラテンアメリカ人を対象としたTeleXitosは、1970年代から2000年代までのドラマチックなテレビシリーズと映画を組み合わせて放送し、すべての番組はスペイン語に吹き替えられた番組で構成されています。独立ネットワークEstrellaTV2000年代初頭Liberman Broadcastingのスペイン語独立局でプログラミング形式として始まり、最終的に2009年9月に全国的に開始され、主にLibermanによって制作されたラテン系に焦点を当てたプログラミングの伝統的なラインナップを備えています)およびLATV(これは、2002年にロサンゼルスのKJLAのプログラミング形式として始まり、2007年9月に全国ネットワークになり、主に台本のない音楽、トーク、バラエティプログラムに焦点を当てています。V-me(スペイン語の発音:[ˈbeme]、vemeの駄洒落、 "watch me")は、以前は米国のヒスパニック市場向けに作成された公共テレビ局に関連して運営されていたスペイン語の放送テレビネットワークです。 TVモデル。V-meは、ドラマ、音楽、時事問題、食べ物、ライフスタイル、自然、教育的な就学前のコンテンツを視聴者に提供します。

現在、Hispanic Information and Telecommunications Network、Inc。(HITN)は、米国で最大のスペイン語放送ネットワークです教育番組を全国の4,200万以上の家庭に提供し、米国の家庭の40%以上に到達しています。その配信ネットワークには、Comcast、DirecTVVerizon FiOSDish NetworkAltice USAAT&T U-verseCharter Communications、および多数の小規模なディストリビューターが含まれます。[34]その表明された使命は、「ヒスパニックの教育的、社会的、文化的、および経済的状況を前進させること」である。[35]

他の言語

フランス語のプログラミングは一般的に範囲が限定されており、マイアミ地域(ハイチからの難民にサービスを提供)とルイジアナ地元で生産されたフランス語とクレオールのプログラミングがいくつかあり、人口の多い東海岸沿いのいくつかのロケールもあります。カナダと米国の国境の東部に近いフランコフォン地域は、通常、フランス系カナダ人のネットワーク(IciRadio-CanadaTéléTVAなどからその言語で提示されたテレビ放送を受信します。それらの分野で。

多くの大規模な都市はまたテレビ局を持っている(のような様々なアジア言語での放送番組KTSF、サンフランシスコKYAZヒューストン、特にアジア系移民とアメリカの重い人口と地域でいくつかの小さな駅を許可しているデジタルテレビ移行後)、アジア出身のネイティブは、その大陸の固有の言語の1つに堪能であり、プライマリチャネルまたはサブチャネルの所属などの番組を放送します。フロリダのギリシャ語 WZRAシカゴのポーランド語 WPVN-DT4など、他の外国の放送局のいくつかの珍しい例も存在します。

アメリカ手話で番組を放送し、英語のクローズドキャプションを付けている地方局もいくつかありますクローズドキャプションが開発される前は、一部の公共テレビ番組に画面上の通訳によるASL翻訳が組み込まれていることは珍しくありませんでした。通訳は、放送中の緊急放送(地方自治体による厳しい気象警報などや、クローズドキャプションを伴う地方自治体や州政府の役人によるテレビ放送の記者会見のために、聴覚障害者や難聴者のコミュニティに引き続き利用できます。

非営利テレビ

米国では、公共テレビの役割は他のほとんどの国よりもはるかに小さくなっています。連邦政府は、米国航空宇宙局(NASAを通じて、NASA TV(教育プログラムを含む米国の宇宙プログラムに焦点を当てたサービス)を一般消費者向けに運用していますが、そのサービスは衛星とインターネットを介してのみ配信されており、地上のアウトレット; 米国国防省は(後に改名さペンタゴンチャンネル生産国防総省ニュースチャンネル)、さらに2015年には2004年から運営軍事ニュースのコンセントを、知事のの放送委員会内容は(ほとんどのことはよく知られているアメリカの声を)されています2013年にスミス-ムント法部分的に廃止されて以来、米国の消費者が利用できますVOAとその姉妹局も同様に、短波放送とインターネット放送に制限されています。

Public Broadcasting Serviceは、1970年10月にNational Educational Television(1954年に設立)の後継として発足した、米国最大の公共テレビ放送局です商用ネットワークとは異なり、PBSは独自のプログラミングを公式に作成していません。代わりに、個々のPBS局は、(特に、WNETニューアーク、ニュージャージー/ニューヨーク、WGBH-TVボストンWETA-テレビワシントンD.C.)、局グループと提携生産者がプログラミングを作成し、他の関係会社にPBSを介してこれらの提供します。メンバーステーションに番組の基本スレートを提供しますが(プライムタイムの番組は週に約13時間に制限され、日曜日から金曜日に放送され、木曜日と金曜日の夜には番組が少なくなり、日中の子供向け番組も午前と午後)、PBSは、提供するすべての番組を設定された時間枠でスケジュールするわけではないため、メンバーは選択した時間枠でこれらの番組をスケジュールする余裕があります。6つの大規模な商用英語放送ネットワークと同様に、そのメンバーステーションは、サービスによって提供される番組が放送されない期間の番組の責任を処理します。さまざまなジャンルのシンジケート番組。

ほとんどの(しかし、すべてではありませんが)公共テレビ局はPBSのメンバーであり、セサミストリートNOVAマスターピースシアターなどの番組を共有しています多くのPBS局は個別に運営されていますが、ウィスコンシン州メリーランド州ミネソタ州オクラホマ州サウスカロライナ州などの多くの州には、それぞれの州のすべての公共テレビ局を運営および資金提供する国営の公共放送局があります。アラバマパブリックテレビを構成する9つのステーションのライセンシーであるアラバマ教育テレビ委員会は、1953年にアラバマ州議会によって設立されました。1955年1月、チェハ山のWCIQは、米国で9番目の非商用テレビステーションとして運用を開始しました。4か月後の1955年4月、バーミンガムでWBIQがサインオンしたことでアラバマ州は教育テレビネットワークを備えた国内初の州になりました。アラバマパブリックテレビジョンは、国内の他の州および他の国のテレビ放送局のモデルでした。他の25州は、アラバマ州の運用システムをコピーして、複数のリンクされたテレビ局を通じてサービスを提供し、フルパワーの衛星局と(場合によっては)低電力のトランスレータを使用して、発信局の番組を他の地域に中継しました。同様の州のネットワークも、州の一部または全体にさえネットワークプログラミングを中継するために民間放送局によって作成されました。

Novaロゴ

連邦政府は、公共放送社を通じて非営利の教育テレビ局に助成金を支給しています。政府から受け取った収入は費用を賄うには不十分であり、放送局はその運営と番組制作の資金企業のスポンサーと視聴者の貢献(民間の恩人からのものを含む)に依存しています。さまざまな公共テレビ局は、すべての個別のPBSメンバー、独立した公共放送局、およびPBSメンバーネットワークに同時に存在するわけではありませんが、年に2〜4回の公約ドライブを開催しています。これは、公共および個人的な貢献。

商用ステーションは、このような教育(文化・芸術を含む)として、提供していないことをアメリカの公共テレビ放送局のエアプログラミング広報はプログラミングPBSと独立した公共テレビ局(最も有名なのはAmerican Public Television)の両方の公共放送局を独占的または主に扱っているシンジケーターも多数ありますさらに、WorldFirst Nations Experience(ネイティブアメリカンと先住民のプログラミングに焦点を当てる)、Create(ライフスタイル、旅行、料理、ハウツープログラムに焦点を当てる)など、公共放送局に番組を提供する小規模なネットワークが多数あります。デジタルマルチキャスト; ドイツの公共放送局ドイチェ・ヴェレはまた、米国のさまざまな関連会社に番組のブロックを提供しており、他の全国放送局(ドイチェ・ヴェレのDW-TVを含む)からのフィードは、米国の公共局に属するデジタルサブチャネルを通じてますます配信されています。ニューヨーク市の自治体が所有する放送サービス、NYCメディアは、オリジナル番組を作成し、いくつかの市場で気取っています。地方自治体が所有する主要な駅がある都市はほとんどありません。

多くの宗教的な放送ネットワークと放送局が存在し、視聴者の貢献と番組制作者に貸し出された時間でも生き残っています。最も顕著なの二つはあるトリニティ・ブロードキャスティング・ネットワークによって1973年に設立された、ポールジャン・クラウチ(今UniMásが所有・運営駅KBSAに時間をプログラミングリースパートタイムの奉仕としてKFTR-DT)ロサンゼルスexurbでオンタリオ州、カリフォルニア州、KLXA-TV(今に移動する前にKTBN-テレビで)フォンタナそれはKBSAが売却された後、次の年に上の時間を購入し始めました。それは徐々に世界で最も広く配布されたクリスチャンテレビネットワークになり、20のネットワーク(主にマルチキャスト、The Church Channel、若者向けのJUCETVSmileof a Child TV、およびラテンアメリカ人を通じて利用できる米国の5つを含む)配向TBN Enlace USATBNサルサ)と国際いくつかの関連会社。そしてデイスターテレビネットワークによって1993年に設立、マーカスジョニ・ラム、神フェローシップ省の元Wordは亡きUHFステーションのライセンス購入時KMPXをして(今エストレラテレビが駅に操作を所有・)ダラス、テキサス州彼らの局のほとんどは、テレビ省が直接、または個々の放送会社が所有することを禁じているFCC規制のために、TBNとDaystarが完全に所有できない局を運営するために使用する子会社(それぞれCommunity EducationalTelevisionとWordof God Fellowship)を通じて所有しています。テレビ局は、米国の全テレビ市場の39%以上に到達しています。

他のキリスト教放送局には、スリーエンジェルス放送ネットワークセブンスデーアドベンチストに関連)、コーナーストーンテレビワールドハーベストテレビ(WHT)、ホープチャンネルアメージングファクトテレビワードネットワークワーシップネットワークトータルクリスチャンテレビが含まれます。これらのネットワークは、主に教会の礼拝やその他の宗教教育シリーズからの明白な伝道師に依存していますが、信仰に基づく子供向け番組や、宗教をテーマにした長編映画も組み込まれています。福音主義のキリスト教以外の他の宗教にも、主にローマカトリック志向の永遠の言葉テレビネットワーク(EWTN)、ユダヤ人の生活テレビ(JLTV)、LDS系列のブリガムヤング大学テレビ(byuTV)などのテレビ局があります。いくつかの主に宗教的な放送局は、明白な伝道師に加えて、世俗的な、通常は家族向けの番組を放送しています。byuTVが家族のコメディを実行し、WHTは古典的な西部劇を実行し、キリスト教のテレビネットワークトータルリビングネットワークは世俗的な家、庭や人間の関心のプログラミングと「ライフスタイル」のチャンネルを操作し、JLTVはユダヤ人の芸能人からの古典喜劇の再放送を実行します。

パブリックアクセステレビは、ケーブルテレビの消費者に提供することが法律で義務付けられている非営利形態のテレビであり、一般の人々はケーブルサービスで自由に番組を放送できます。これは、公的、教育的、および政府のアクセスのサブセットです1980年代と1990年代初頭に最も人気があり、インターネットとサブスクリプション衛星テレビ(後者はパブリックアクセステレビサービスを実行する必要はありません)の台頭により、テレビは進化を余儀なくされました。

ケーブルテレビと衛星テレビ

有料テレビシステムは1940年代後半から存在していましたが、1970年代初頭まで、ケーブルテレビは、地方に拠点を置く局がサービスを提供していない地方に、遠隔の無線テレビ局を配信するためにのみ機能していました。この役割は、CATVの頭字語である「コミュニティアンテナTV」の本来の意味に反映されていましたその10年で、ケーブルを介して独占的に送信し、独自の個別のプログラミング形式を維持する全国ネットワークが立ち上げられ始め、ケーブルシステムフランチャイズは無線テレビ局のある主要都市で運用を開始しました。1970年代半ばまでに、何らかの形のケーブルテレビが、すでに無線テレビサービスを提供していたほぼすべての市場で利用可能になりました。今日、ほとんどのアメリカの家庭はケーブルテレビを受信して​​おり、主要な民間放送ネットワークのほとんどの個々の番組はケーブルチャンネルで見られるものよりも比較的高い視聴率を持っていることが多いにもかかわらず、ケーブルネットワークは集合的に放送ネットワークよりも視聴率が高い。

一番下の製品は セットトップボックスです。これは、ケーブル加入者がケーブル信号をテレビに接続するために使用する電子デバイス です。

最も古い既存のケーブル起源のテレビチャンネルと最初に成功したプレミアムケーブル(または「有料ケーブル」)サービスはホームボックスオフィス(HBO)であり、これは地域または全国でのケーブル配信を目的とした最初のテレビネットワークでもありました。基礎。HBOは、1972年11月8日にペンシルベニア州ウィルクスバールで365人のサービスエレクトリックケーブル加入者に向けて発売され、映画、スポーツ、コメディー、音楽のスペシャルを組み合わせました。運用の最初の3年間は、マイクロ波技術を使用してペンシルベニア州ニューヨーク州のCATVおよびMMDSプロバイダーにプログラミングを送信しました1975年9月30日、モハメド・アリジョー・フレージャーのボクシングの試合スリラー・イン・マニラ」のテレビ放送を皮切りに、HBOは通信衛星利用して番組を送信した最初のテレビネットワークとなり、すぐにUAコロンビアケーブルビジョンのフォートに配信を拡大しました。フロリダ州ピアスベロビーチのシステムとミシシッピ州ジャクソンのアメリカンテレビジョンアンドコミュニケーションズコーポレーションシステム[36]

最初の基本的なケーブルネットワークは、ジョージア州アトランタの独立局WTCG(チャネル17)でした。これは、局の所有者であるテッドターナーがメディアエグゼクティブのハワードH.ハバードとケーブルネットワークの設定について合意に達した数か月後の1976年12月17日に衛星にアップリンクされました。衛星送信を介して。ターナーが自分のステーションを配布するという決定(その後、コールサインWTBS(「ターナーブロードキャスティングシステム」の)に変更された)により、衛星を介してWTCGを全国で受信できるようになりました。特に、ローカルの独立局がない市場や、市場外に依存しません。1981年、ターナーブロードキャスティングは、WTBSのアトランタ放送フィードを衛星配信のケーブルフィードから分割し、「自由市場のスーパーステーション」としてケーブルプロバイダーへのチャネルのマ​​ーケティングを開始しました。(放送とケーブルフィード、ターナー・ブロードキャスティング2007年10月まで、一定の例外を除きしかし、同時放送互いに-によって買収されたタイム・ワーナー1996年には-したがって、TBSケーブル専用エンターテインメントネットワーク作り、両方のフィード上でプログラミングを分離することを決定しましたコメディに主に焦点を当て、WPCH-TVコールレターの下でアトランタ信号を再フォーマットします)。

ターナーの動きは先駆者superstationの最も顕著なのは、 -他の独立局の沈殿した概念で、WGN-TVシカゴとWOR-TV(今マイネットワークTV操作所有・駅WWOR-テレビのための衛星への信号をアップリンク-ニューヨーク市での)ステーションの主要カバレッジエリア外のケーブルシステムによる再配布。(その後、FCCによって慣行が制限されましたが、禁止前にスーパーステーションのカバレッジを達成し6つのステーション( WPCHを含む)は、米国とカナダ全体で番組を提供し続けるための既得権条項維持しています。)他の国内スーパーステーションは、WTBSの主導に従って実装しました。1990年1月シンジケーション独占規制が施行された後、地方局が自社を市場の独占キャリアであると宣言した、発信市場で見られる番組の代替番組を組み込んだ別の全国フィード。WGNアメリカ(WGNの以前の全国フィード- 2021年3月にNewsNationとしてニュースチャンネルに変換され始めたTV )は、2014年に従来のケーブルチャンネルに変換されました。米国には国営スーパーステーションは存在せず、残りの6つの地域スーパーステーションはDishNetworkCバンド衛星を介した配信に限定されています。また、ケーブルプロバイダーでの限定的な配布を通じて 米国の関連地域

2番目の基本的なケーブルネットワークは、ケーブル発信のコンセントとして最初に動作し、打ち上げから衛星経由でアップリンクされた最初のネットワークは、1977年4月に伝道師の パットロバートソンがクリスチャン放送のテレビ省として立ち上げたCBN衛星ネットワークでした。ネットワーク1981年にCBNケーブルネットワークとして再フォーマットされるまでに、それは世俗的な家族向けのプログラミングに再び焦点を合わせ、その宗教的なプログラミングと一緒に古典的なテレビシリーズと長編映画の再放送を組み合わせましたネットワークは1988年にCBNファミリーチャンネル名前を変更し(CBNが間接的に関連するインターナショナルファミリーエンターテインメントにスピンオフした後、1990年にファミリーチャンネルに改訂されました)、ファミリーエンターテインメントプログラムに重点を置き、宗教プログラムへの依存を減らしました。このエンターテインメント形式への移行は、Fox Family(1998年にNews Corporationが購入した後)、ABC Family(2001年にABCの親会社であるThe Walt Disney Companyに売却された後)、Freeform(名前が変更された)などの後続の形式でより顕著になりました。 2016年1月は、家族向けのショーの幅広いスケジュールへの移行と、10代および若い成人の視聴者への一連のアピールを意味します)。[37]

放送ネットワークとは異なり、ほとんどのケーブルネットワークは全国で同じ番組を放送しています。上位のケーブルネットワークには、USA Network(一般的なエンターテインメント形式を維持)、ESPNおよびFS1(スポーツプログラミングに焦点を当てる)、MTV(1981年4月に発売されたときにミュージックビデオに焦点を当てていたが、現在は主に音楽関連のオリジナルを備えている)が含まれますスクリプトおよびリアリティテレビ番組)、CNNMSNBCFox News Channel(これらは、意見やその他の機能主導型の番組を含む専用のニュースチャンネルです)、A&E(1984年の芸術と文化指向のチャンネルARTSの合併によって作成されたネットワーク)エンターテインメントチャンネルは現在、ノンフィクションプログラムとリアリティドキュメンタリーに焦点を当てています)、Syfyサイエンスフィクションファンタジープログラミングに焦点を当てています)、ディズニーチャンネルニコロデオンカートゥーンネットワーク(子供向け番組に焦点を当てていますが、後者の2つは夜間に実行されます) 10代と大人の視聴者を対象としたブロック、Nick atNiteAdultSwim)、DiscoveryChannelAnimalPlanet(リアリティ番組とドキュメンタリー番組に焦点を当てています)、AMC(元々は 1984年10月に古典的な映画に焦点を当てた映画チャンネルとして始まり、現在は長編映画とオリジナルシリーズのミックスに焦点を当てています)、ターナークラシック映画(古い劇場の長編映画に焦点を当てています)、E!(元々はエンターテインメント業界に焦点を当てていましたが、現在は主にポップカルチャーショー、映画、リアリティシリーズに焦点を当てています)、ブラボー(1982年に国際映画とアートプログラミングに焦点を当てたプレミアムチャンネルとして始まりましたが、現在は主にリアリティシリーズと主流の映画)、TNTFX(ドラマに焦点を当てた一般的なエンターテインメントネットワーク)、ライフタイム(テレビ映画、オリジナルおよび取得したコメディ、リアリティ、ドラマシリーズを組み合わせた女性視聴者を対象としています)。

プレミアムチャンネル(加入者が受信するためにプロバイダーに追加料金を支払う必要があるケーブルネットワーク)は1970年代に開始され、無線テレビ放送で一般的な時間やコンテンツ編集なしで映画を視聴できるようになったため、当初は人気が高まりました。劇場公開された長編映画の、広告による中断なし。HBOは引き続き劇場映画やスペシャルを特集していますが、このサービスは最終的に、オリジナルのプログラミングに成功した最初のケ​​ーブルチャンネルの1つになりました。1990年代後半までに、HBOは、放送ネットワークで放映されるものよりもエッジの効いた、コンテンツのリスクが高い画期的なファーストランシリーズ(ラリーサンダースショーソプラノスアンドセックスアンドザシティなど)で知られるようになりました1976年9月16日に同様の形式で開始されたShowtimeを含む、HBOの開始後の数年間に開始された他の有料追加ネットワークスターチャンネル(1973年4月に開始され、後に1979年11月に映画チャンネルなりました)やHBOが所有するCinemax(1980年8月1日に開始され、後に深夜で知られるようになったなどの映画指向のサービスソフトコアポルノ映画)。このようなサービスの試みは1950年代にさかのぼりますが、ペイパービューサービス(Viewer'sChoiceRequestTVなど)は1980年代半ばに開始され、加入者は電話; デジタルケーブルの出現により、インタラクティブテクノロジーにより、ペイパービューの選択肢をリモートで購入できるようになりました。

全国の視聴者に配信されるスポーツネットワークに加えて、他の2つのタイプのスポーツ指向のテレビネットワークが存在します。リージョナルスポーツネットワークは、限られた地理的地域と大都市圏をカバーするように設計されたケーブルアウトレットであり、地元の専門家や大学のスポーツチームからのイベント、チーム関連のプログラム、ニュース、雑誌のプログラムを運びます。これらの中で最も有名なのは、Bally SportsNBC Sports Regional NetworksAT&T SportsNetSpectrum Sportsであり、これらは米国のさまざまな地域にサービスを提供する複数のネットワークで構成されています。独立して所有されている地域のスポーツネットワークも、主要なグループの1つがサービスを提供している一部の地域に存在します。一方、市場外のスポーツパッケージは、地域のスポーツネットワークによって運ばれる個々のスポーツのイベントを放送する個々のマルチチャネルパッケージと、個々のチームまたはスポーツリーグの権利を保持する国および地方の放送局で構成されます。市販されていないスポーツパッケージは、月額50ドルから75ドルの範囲の、最も高価なアラカルトテレビサービスです。

トランスミッションとテクノロジー

全国的なケーブルテレビネットワークは、1970年代半ばに、米国本土のどこにいてもケーブル事業者にテレビ番組を経済的に放送できる国内通信衛星の発売によって可能になりました(一部の国内衛星は、アラスカハワイを専用のスポットビームカバーしました。隣接する状態)。それまで、HBOのようなケーブルネットワークは、電話会社(主にAT&Tからリースされた高価な地上マイクロ波リンクを介した配信による地域カバレッジに限定されていました衛星は一般的に国際(すなわち大洋横断)通信にのみ使用されていました。彼らのアンテナは半球全体をカバーし、大きくて高価な受信アンテナを必要とする弱い信号を生成しました。国内初の通信衛星は、Westar 1は、指向性アンテナで米国本土にその信号を集中することで1974年に発売された、Westar 1はTVROに送信することができる(「テレビのみ受信」)、直径料理わずか数メートル、地元のケーブルテレビ事業者の手段の範囲内です。HBOは、1975年9月に衛星を介して番組を送信する最初のケーブルネットワークになりました。

衛星テレビ受信機の皿。

ケーブルシステムのオペレーターは現在、衛星、地上光ファイバー(主に大都市圏に拠点を置くローカルステーションをフランチャイズに中継するために使用される方法であり、放送局の無線信号が影響を受けた場合のシステムオペレーターのバックアップとして機能する方法)によるプログラミングを受信します。停電や、メイントランスミッタ関与する他の技術的な故障)、空気オフ(メソッド、および社内ソースからの遠隔地や衛星プロバイダでケーブルフランチャイズ)に放送局を中継し、加入者宅にそれを中継するために使用しました。通常、地方自治体は、特定の地域でケーブルテレビサービスを提供するために独占権を与えます。法律により、ケーブルシステムは、顧客への提供にローカル放送局を含める必要があります。

進取の気性に富んだ個人はすぐに、ケーブル事業者へのフィードに独自の衛星放送受信アンテナと盗聴器を設置できることに気付きました。信号は、高度な技術や高価な技術を必要としない、スクランブルされていないアナログ FMフィードとして送信されました。これらの同じ衛星はテレビネットワークによって内部的にも使用されていたため、コマーシャルのないアフィリエイトフィードや別のタイムゾーンを対象とした、公共放送を目的としない番組を視聴することもできましたリモートニュースチームからの生の映像。今後のプログラムの事前送信。また、カメラに映っている人がネットワーク外の人に聞こえることに気付かない可能性がある休憩中のライブニュースやトークショー。

暗号化は、人々が有料コンテンツを無料で受け取れないようにするために導入され、ほぼすべての有料チャンネルが1980年代半ばから後半までに暗号化されました。(これは、フロリダの衛星ディーラーが1986年の映画テレビ放送中にHBOの信号を傍受して、フィードを暗号化するというネットワークの決定に反対するカラーバーを介してテキストベースのメッセージを送信する事件など、抗議なしには起こりませんでした。)衛星テレビも、衛星容量を増やしたり、受信アンテナのサイズを小さくしたりするために、無線放送が同じようになるかなり前に、デジタル移行を開始しました。これはまた、個人がこれらの信号を傍受することをより困難にしました。最終的に、業界は2つの方法で衛星テレビを受信し続けたい(そしてそれを支払う意思がある)個人に対応し始めました:ケーブルテレビ事業者への元の衛星フィードのスクランブル解除を承認することと、新しい直接放送独自の衛星を使用した衛星テレビサービス。1990年代半ばに運用を開始したこれらの後者のサービスは、ケーブルテレビと同様の番組を提供します。

DirecTVDishNetworkは、国内の主要なDBSプロバイダーであり、2014年2月の時点でそれぞれ2,000万人と1,400万人の顧客がいます。[38]一方、主要なケーブルテレビプロバイダーは、Comcastが2,200万人、Time Warner Cableが1,100万人、Cox CommunicationsCharter CommunicationsAT&T U-verseVerizonFiOSがそれぞれ500万から600万人です。

ほとんどのネットワークでは、視聴者は番組を受信するために料金を支払う必要がありますが、一部のネットワークは暗号化されていないフィードを使用して放送します。放送テレビがデジタルインフラストラクチャに切り替わった後、暗号化されていない衛星で新しいチャンネルが利用可能になり、アメリカ人により多くの無料テレビを提供しました。これらのいくつかは、地元の放送局がデジタルサブチャネルとして利用できます。この理由は、DVB-S機器のコストが高いためである可能性がありますNASAテレビペンタゴンチャンネル、アンテナテレビ、このテレビ、TheCoolTVと(その関連会社を介して)レトロなテレビネットワークは、例、などの国際ニュースチャンネルであるNHKワールドフランス24i24newsアルジャジーラ英語の打ち上げまで、アルジャジーラアメリカで一般的ですケーブル、DBS、IPTVの可用性が不足しているため、このように視聴しました。

一部のケーブルプロバイダーは、加入者にリースされたセットトップボックスに組み込まれたインタラクティブ機能を使用して、内部ネットワーク内でビデオオンデマンドサービスを配信しています。ネットワークとシステムオペレーターの両方のサブスクリプションテレビサービスの多くのプロバイダーはTV Everywhereサービスも持っています。これは通常、ビデオオンデマンドモデルとライブストリーミング機能(視聴者が無線ネットワークとステーション、およびケーブルチャンネルからの放送を視聴できるようにする)を組み合わせたものです。ほぼリアルタイムで)が、参加している有料テレビプロバイダーによるパスワードとユーザー名の認証が必要です。

インターネットサービス

ストリーミングテレビはケーブルサブスクリプションモデルに似ていますが、専用線を介して情報を受信するセットトップボックスの代わりに、ビデオはパブリックインターネットまたはプライベートインターネットプロトコルベースのネットワークを介してセットトップボックスに、または場合によっては直接送信されます。有効なテレビに。

Netflixのロゴ

OTT、またはオーバーザトップコンテンツは、複数のシステムオペレーターを完全にバイパスし、独立したプロバイダーによってホストされているプログラムの表示を可能にします。Webテレビとしても知られるインターネットテレビは1990年代に始まり、2000年代以降に普及し、コードカッティングの傾向が生じました。ケーブルサブスクリプションがキャンセルされ、消費者が次のいずれかで補足するオンラインコンテンツが優先されます。無線放送、DVDレンタル、または3つの表示方法すべての組み合わせ。

米国のWebテレビプロバイダーには、Netflix(元々は通信販売のDVDレンタルサービスとして構築されていた)、HuluMyTV、およびYouTubeMyspaceNewgroundsBlipCrackleなどの多くの国際的なWebサイトが含まれますさらに、VuduApple TV +Amazon Prime Videoなどのサービスは、映画または映画や番組のコレクションを支払いまたはレンタルで購入できるデジタルサービスです。Disney +HBO MaxPeacockなどのストリーミングサービスを使用すると、カタログ内のすべての番組や映画を毎月または毎年の価格で視聴できます。視聴者はデスクトップコンピュータラップトップタブレットスマートフォン、またはスマートTVのいずれであっても、任意のWebブラウザからこれらのプログラムを視聴できますモバイルテレビサービスには、従来のプログラミングプロバイダーと新しいプログラミングプロバイダーの両方のモバイルアプリも含まれ、通常は小さな画面とモバイル帯域幅の制約に最適化されています。モバイルビデオは、iTunes StoreGoogle PlayAmazon Prime Videoから直接ダウンロードまたはストリーミング(通常は1回限りのダウンロード料金)で利用できます

テレビをインターネットテレビおよび/またはオンラインビデオサービスに接続するインターネットに接続されたビデオゲームコンソールおよび専用のスマートテレビボックスが利用可能です。これらのデバイスは、コンピュータをフルサイズのテレビに接続したり、Webブラウザを使用してコンテンツを表示したりするのに問題がある消費者にとってより便利なものとして販売されています。一部のテレビには機能が組み込まれています。専用のボックスには、AndroidのテレビApple TVはRokuのアマゾン火テレビNetgearのデジタルエンターテイナーAmkette EvoTVと以前ネクサスQGoogleのテレビをPCとテレビを必要とするデバイスには、Windows Media Center ExtenderHP MediaSmart ConnectBoxeeHauppaugeMediaMVPなどがあります。

Aereoは、無線放送用のクラウドベースのデジタルビデオレコーダーサービスを提供し、それもストリーミングしました。それと同様に構造化されたFilmOnは、著作権を侵害して放送テレビ局から番組を送信するサービスを非難した放送局との法的な問題に遭遇しましたが。AereoとFilmOnはどちらも、個々のユーザーに番組を送信するために「ミニチュア」アンテナを使用することは合法であると述べましたが、合法または著作権の侵害を宣言した巡回裁判所によるさまざまな決定を受けて、米国最高裁判所は2014年7月に次のように裁定しました。 Aereoのビジネスモデルは「ケーブル会社に圧倒的に似ている」ものであり、ローカルステーションの信号の送信は、著作権規則に違反する不正な公演を構成し、AereoとFilmOnはいくつかの市場からのローカルステーションの送信を停止しました。[39] Aereoは最終的に操業を停止し、その年の11月に破産申請し、後にその資産と技術を競売にかけることを選択した。FilmOnは引き続き運用されており、独自の専用チャンネルに加えて他の無料放送の米国ベースのネットワークを提供していますが、最高裁判所の判決後、米国の放送局を一時的にストリーミングし続けたとして、2014年7月にニューヨーク地方裁判所によって軽蔑されました。 。[40] [41] [42]

ケーブルおよびTVEverywhereサービスを反映したオーバーザトップサブスクリプションサービスは、2010年代半ばに登場し始めました。2015年、DishNetworkとSonyはそれぞれSlingTVPlayStationVueを開始しました。これは、従来の有料テレビシステム事業者が提供するパッケージよりも月額料金が安いケーブルスタイルのオンラインおよびモバイルストリーミングサービスです。それぞれに、比較的限られた数のネットワーク所有者からのケーブルおよび衛星発信ネットワークのスリム化された層が含まれています。Sling TVは、プログラミングコストを抑えるために、地元の放送局や地域のスポーツネットワークを含んでいません。逆に、PlayStation Vueは、サービスを利用できる一部の都市でABC、NBC、CBS、およびFox系列の放送局を放送しています。[43] [44] [45] PlayStationVueは2020年1月30日にシャットダウンしました。YouTubeTVPhiloはOTTサービスの他の例です。

従来の放送およびケーブルネットワークも、2014年と2015年にOTTサービスを開始し、主にコードカッターに到達しました。そのほとんどは、特に大学時代の若い成人であり、オンラインでの著作権侵害と戦っています。これらのネットワークには、CBS(2014年10月にCBS All Accessを開始し、ネットワークの所有および運営するステーションとアフィリエイトのオンデマンドコンテンツとライブストリームの両方を提供)、[46] [47] HBO(2015年4月、HBO Nowを開始)が含まれます。、TVEverywhereサービスHBOGoに類似したスタンドアロンのインターネットのみのサブスクリプションサービス)、[48] [49]、およびShowtime(2015年5月に同名のVOD /ライブストリーミングサービスを開始)。[50] [51]

これらのサービスのほとんどは、当初はサブスクリプションベースでした。無料、などの広告でサポートされているストリーミングサービス冥王星テレビTUBIテレビもご利用いただけます。これらのサービスは通常、ケーブル、衛星、またはサブスクリプションビデオサービスで利用できる注目度の高いオリジナルコンテンツのほとんどを提供せず、代わりに再放送やその他のアーカイブプログラミングをオンライン専用チャンネルやその他の限定コンテンツにパッケージ化します。[52]

Huluのロゴ

以下のようなライセンスと配布会社ファニメーションVIZメディアアメリカのアニプレックスDiscotekメディアNISアメリカメディアブラスターイレブンアーツアニメイゴ戦隊FilmworksGKIDSCrunchyroll北米狂人エンターテイメントマンガエンターテイメントアニメ・リミテッドビジュアルサイレンオーストラリアイギリスのHanabee Entertanment、そしてNetflixHuluのような主流のストリーミングサービスでさえアニメマンガJ-Popコンサートレコーディング、アジアのドラマなどの外国メディアとのストリーミングサービス内にセクション、ストリーミングサービス、コンテンツがありますそれらのいくつかはまたあなたが彼らのウェブサイトでブランド商品買うことができるデジタル店を含んでいます

米国財務省債を販売するフレイジャーの主人公

無線(OTA)の民間放送局とネットワークは、広告から収益の大部分を生み出しています。2001年の調査によると、放送局は1時間あたり16〜21分の番組時間をコマーシャルに割り当てました。ほとんどのケーブルネットワークは広告からも収入を生み出しますが、ほとんどの基本的なケーブルネットワークは、ケーブル事業者のもう1つの主要な収入源であるサブスクリプション料金も受け取ります。ただし、プレミアムケーブルネットワーク(HBOなど)はコマーシャルを放送しません。代わりに、ケーブルテレビの加入者は、このタイプの有料テレビサービスを受けるために追加料金を支払う必要があります。

ネットワークは従来、番組中のコマーシャル時間の一部(放送される番組の長さにもよりますが、通常は1時間あたり合計5分から6分半、スポーツイベント中はそれより短い場合もあります)を地元の関連会社に割り当てます。収益。同様に、ケーブルテレビプロバイダーは、サブスクリプション料金に加えて、広告主がサポートするケーブルネットワークごとに現地の商用時間を販売することで収益の一部を生み出します(通常は1時間あたり約4分を割り当てます)。ただし、この時間の多くは地方および全国の広告主に販売されますが、割り当てられたコマーシャル時間の一部は、社内広告用にネットワークアフィリエイトおよびケーブルプロバイダーによって予約されます(ケーブルプロバイダーは、この時間の一部を使用して、サービスのコマーシャルを運びます。ビジネスソリューション、住宅用電話、ブロードバンドインターネットサービスも含まれる場合があります。ネットワークアフィリエイトは、他の民間放送局と同様に、この予約時間を使用して、プログラミングやステーションイメージングのプロモーションを実施します。

ケーブル会社は、1992年のケーブルテレビ消費者保護および競争法により再送信の同意について交渉することを義務付けられており、通常、放送局に信号を伝送する権利を支払っています。この規定は、有料テレビプロバイダーとサブスクリプションテレビサービスを所有する会社、および無線テレビ局を所有および/または運営する会社との間で問題を引き起こしました。特定のチャネルを運ぶために更新し、(時折)新しい契約を結ぶ。キャリッジ紛争これらの違いのため発生し、通常のプロバイダが再送信同意料はの形式であるため、(あまりにも高価であると考えていることが多い、時間の長期化期間、キャリッジの手数料増加に伴う引っ張られている放送局やケーブルチャンネルにつながります加入者料金、プロバイダーが負担する料金の増加は加入者に渡されます。プロバイダーは、プログラムパッケージの料金が上がるために加入者の離反につながる可能性があることを懸念して、加入者に躊躇します。

アメリカのテレビは非常に成功した番組を持っており、世界中のテレビネットワークに同様のタイプの番組を開発するよう促しました。これらの番組のいくつかはまだ放送中であり、いくつかはシンジケーションでまともな実行を維持しています。逆に、米国のテレビ向けに制作された多くの番組は、他の国の放送局にも定期的に配信されており、人気のあるアメリカの番組の多くは、他の国、特にオランダイギリスカナダで発信された番組に基づいています

ニュース

主要なネットワーク(Foxを除く)はすべて、CBSのCBS This Morning、NBCのToday、ABCのGood Morning Americaを標準の担い手として朝のニュースプログラムを提供しています。また、ネットワークのニュース部門の事実上の顔に固定された夕方のニュースキャストも提供しています。などのウォルター・クロンカイトダン・ラザーCBSのために、NBCのチェット・ハントリーデイヴィッド・ブリンクリートム・ブロコウそしてピーター・ジェニングスABCため。成功したニュースマガジンには、ゴールデンタイムの60 Minutes20/20Dateline NBC日曜日の朝のMeet the PressFace the Nation今週が含まれています。

地元のニュース番組は多くのテレビ局で放映されており、個々の市場は、市場に住む利用可能な視聴者の数に応じて、わずか2つから最大8つのテレビニュース操作をサポートしています。ほとんどの放送局は当初、1970年代まで、または一部の放送局では1980年代半ばまで、夕方の時間帯(通常は現地時間の午後6時と10時または午後11時)にのみ地元で制作されたニュース放送を放送していました。その期間中、放送局は正午と午後5時の時間帯にローカルニュース番組を開始し、1980年代には朝のニュース放送が一般的になり始めました(最初は平日で、週末の朝のニュース放送は1990年代初頭から多くの都市で開始されました)。

で二つのテレビ局ペンシルベニア州フィラデルフィアKYW-テレビWPVI-TVは、テレビのニュース、現代のプレゼンテーション形の2つの人気ニュース形式のそれぞれの前駆た目撃者のニュース記者を持っていた、彼らの物語を提示代わりに持つアンカーをそれらを読みます、1968年にニューヨーク市のWABC-TVフォーマットが拡大された後、人気を博しました。また、幅広いストーリーをカバーするために、プログラム中に提示されるストーリーパッケージに時間制限を設けたアクションニュースもありました。WPVI自体は大きく影響を受けたセンセーショナルなアプローチWKBW-テレビバッファロー、ニューヨークの下アーバ・ウェインスタイン2局の親企業が1972年に合併した後、WSVNも1989年にローカルニュースのパイオニア、駅を務めマイアミで(CBSによるWCIXの購入とNBCによる長年のCBS系列のWTVJの購入に起因する3者間スワップの結果として、WCIX(現在のWFOR-TVからFoxとの提携を引き継いだ後、その年の1月にフォーマットを採用しました) 「ニュース集約型」プログラミング形式。これは、その典型的な構造では、特にネットワークによるNFLの権利の取得に続いて署名された提携契約の結果として、Fox系列局、およびいずれかと提携している他の特定の局で一般的になっています。ビッグスリー以外のネットワーク、または近年独立した放送局として運営されている–従来の期間のニュース放送と非伝統的な期間のニュース放送を混合します(最も一般的には、主要なネットワークが 全国の朝と夕方のニュース番組またはゴールデンタイムの番組でll)。このフォーマットは、2000年代から2010年代にかけて、変更された形式でビッグスリーのアフィリエイトに広まりました。

ケーブルニュースチャンネルは、伝統的に、朝と午後の時間帯に、より一般的なニュース報道のブロックを運びます。政治(日曜日の朝のトークショーと形式が似ている)とドキュメンタリー焦点を当てたプログラムは、通常、ゴールデンタイムと深夜にこれらのチャンネルで放映されます。その間の一般的なニュース報道は、通常、ニュース速報イベントの時折の報道に限定されます。

ゲームショー

長期にわたるクイズ番組「ジェパディ!」のゲームボードレイアウト

ゲームショーは、アメリカのテレビの歴史の中で最も長いランニングのいずれかの形式となっています。CBSテレビクイズが1941年に定期放送を開始して以来、ゲーム番組は定期的に放送されています。

ゲーム番組は通常、いくつかの形式の1つに従っており、その一部は重複しています。クイズ番組は態度がより深刻になる傾向があり、雑学クイズに基づいており、その魅力は競技者の知性としばしば高額の賞金の支払いから引き出されます。彼らはしばしば、空気中のプライムタイムフリンジ時間大手た流行の前に1950年代に幅広いスキャンダルは(のような時代のクイズ番組の最もさらさトゥエンティワン$ 64,000個の質問Dottoビッグサプライズをどちらかの装備として)または完全に作り上げられ、主要な改革を引き起こした。スキャンダルからのフォールアウトは、20世紀の残りの間続いたゲームショーの賞品のより厳しい制限につながりました。ハイステークスのクイズ番組は、1990年代後半に復活しました。特に、アメリカ人が「フー・ウォンツ・トゥ・ミリオネア」を採用したことで復活しましたそして、長期にわたる回答と質問のクイズJeopardyへの関心の高まりホストのAlexTrebekの

パネルゲームは、出場者と対話する有名人やニュースパーソナリティのパネルを特色としました。マーク・グッドソンビル・トッドマンは、What's My Line?などのより博学的なインタビュープログラムに及ぶパネルゲームで特によく知られていましたそして、するためには、本当のことを言うようなコメディ主導ショーにマッチゲーム視聴者参加ゲームは、トゥルースオアコンシークエンシィデニスジェームズオーケー、マザーなどの初期の例で最初からアメリカのテレビに出演していましたが、1960年代後半から1970年代にかけてLet's Make a Deal(ホストおよび共同制作)で人気を博しました。カナダのモンティホールによる)と、1972年のThe Price Is Rightの復活は、ボブバーカーと(シンジケーションの最初の5年間)デニスジェームズによってホストされました彼らは、彼らの雰囲気がほとんどのパネルゲームやクイズショーよりも騒々しいという点で、ゲームショーの性質を変えました。[53]単語推測ゲームは、特にボブ・スチュワート関連する形式であり、そのゲームには、謎の単語を推測するために民間人に手がかりを与える有名人(またはその逆)が含まれていました。例には、パスワードピラミッドが含まれます。出場者が投票の結果を推測しようとする調査ゲームは、Family FeudAmerica SaysCard Sharks(カードゲーム要素も組み込まれています)、Power of10などのショーの形で見ることができますパズルゲームには、絞首刑執行人Wheel of Fortune)、三目並べHollywood SquaresTic-Tac-Dough)、クロスワードパズル(The Cross-WitsMerv Griffin's Crosswords)、ビデオゲームスターケードニックアーケード); Heatter-Quigley Productionsは、多数のパズルゲームを制作しました。物理的なスタントを伴うゲームは、次のような子供たちのショーなどがダブルあえてそのように大人のショー犬は犬を食べる恐怖ファクターいくつかのゲーム番組は、これらの説明のいずれにもうまく適合しません。そのような例の1つは、ホストのDavidRuprechtの下で1990年代にケーブルテレビでカルトヒットとなった食料品の買い物コンテストであるSupermarketSweepです。

説明に大まかに合うのはデート番組です。チャック・バリスはこのフォーマットで有名でした。のTheDating GameThe Newlywed Game、そして(悪名高い)3's a Crowdは、Bzzzを含む他のエントリーとともに、このフォーマットを開拓しましたブラインドデートシングルアウトラブコネクション手荷物

ゲーム番組は、歴史的に米国のデイタイムテレビに関連付けられてきましたクイズ番組は通常ゴールデンタイムに放映されていますが、ABCは、2010年代半ばから「ファン&ゲーム」形式でプライムタイムに非クイズゲームの出力を増やし、大きな成功を収めました。

ソープオペラ

2010 Daytime EmmyAwards のTheBold and theBeautifulのキャストとクルー

ドラマのジャンルは、女性の職場への継続的な移住により1980年代から徐々に衰退し、2003年から2011年の間にNBC、CBS、ABCによって6つのソープがキャンセルされました(そのうちの1つ、PassionsはDirecTVに移動しました)出資ネットワーク101ながら、2009年にNBCによってその解除後つの追加のシーズンに向けて、すべての私の子供たちライブにワンライフはABC放送の発信の間の紛争から生じるものシリーズ第二キャンセルと2013年に一つの追加のシーズンに向けてのHuluに復活させましたそして、それらを買収した制作会社、プロスペクトパーク、さまざまな問題について)。

ソープオペラもプライムタイムで一般的になりました。これは、従来のウィークリー形式を利用し、他の夜間ネットワークシリーズの伝統的な視覚スタイルを維持しているため、昼間の対応とは異なります(特に、夜間のソープはシングルカメラセットアップフィルムに記録されます)。一方、昼間のソープは、ビデオテープに番組を録画する複数のカメラ撮影されます)。注目のプライムタイムのソープにはペイトンプレイスダラスダイナスティノットランディングファルコンクレストビバリーヒルズ、90210メルローズプレイスリベンジスキャンダルが含まれています。

コメディーとドラマ

アメリカのテレビでのコメディ番組はI Love LucyThe HoneymoonersAndy Griffith ShowDick Van Dyke ShowMary Tyler Moore ShowAll in the FamilyHappy DaysFamily TiesCheersなどのシチュエーションコメディで注目されています。コスビーショーとなりのサインフェルド友人フレイジャー誰もがレイモンド愛するクイーンズの王はどのように私メットあなたのお母さんビッグバン理論現代の家族ただし、ゴールデンタイムには、テキサコスターシアターキャロルバーネットショーローワンアンドマーティンズラフインなどのスケッチコメディー/バラエティシリーズも存在します。最も有名で最も長く続いているスケッチコメディープログラムは、1975年11月にNBCでデビューし、多くの人気コメディー俳優(Chevy ChaseEddie Murphyなど)のキャリアを生み出した深夜のシリーズであるSaturday NightLiveですデニスミラーウィルフェレル)。

サタデーナイトライブは、アメリカの深夜のテレビ スケッチコメディーバラエティ番組です。

過去30年間で、コメディーアダルトアニメーションは大幅に成長しました。などの人気番組シンプソンズビーバスとバット・ヘッドファミリーガイサウスパークフューチュラマアメリカのお父さんリックとモーティーボブのバーガーロボットチキン丘の王ダリアアクア・ティーン・ハンガー・フォースダンカン、そしてよりこの期間中に出てきました。その他には、同様ハーツ祝福クローンハイをより飼いならされたテーマを持っているが、それでも子供たちのためのものではありません。ほとんどのアダルトアニメは、アダルトスイムコメディセントラルFOXTBSMTVWBNBCスパイクTVFXXで放映されます。

劇的なシリーズは、何年にもわたって多くの形をとってきました。ガンスモーク(1955年から1975年に放映された、米国のテレビ史上最長のゴールデンタイムの脚本ドラマシリーズ)やボナンザなどの西部は、1950年代と1960年代に最も人気がありました。以下のような医療ドラママーカスウェルビー、MDセント他の場所でERハウス灰色の解剖学は、成功を耐えてきました。以下のようなだけでなく、家族のドラマザ・わが家は11人大草原の小さな家及び第七天国ドラッグネットハワイファイブオーヒルストリートブルースマイアミバイスLAロー21ジャンプストリートロー&オーダーJAGCSI:科学捜査班NCISなどの犯罪ドラマ

コメディーとドラマの要素を組み合わせたテレビシリーズの用語であるDramedyは、M * A * S * HAlly McBealUgly BettyDesperate HousewivesPsychGleeDeviousなどの番組のおかげで、視聴者の間で人気が高まっています。メイドジェーン・ザ・ヴァージンクレイジー・エックス・ガールフレンド

ファンタジーサイエンスフィクションをフィーチャーしたテレビシリーズは、コメディ、ドラマ、冒険、またはこれらすべての組み合わせの要素を取り入れているため、アメリカの視聴者にも人気があります。このジャンルで最も注目すべきファンタジーシリーズの中で含ま天使が触れる天国へのハイウェイ(両方の個人的な危機の時代に人間を支援する天使を中心に)、奥さまは魔女(Aホームコメディが死を免れ男性との結婚生活に調整魔女を中心に)、ファンタジーアイランド(人々がファンタジーを生き抜くリゾートに設定されていますが、価格が高い)、トワイライトゾーンツイストエンディングで知られるアンソロジーシリーズ)、ドロップデッドディーバ(死んだモデルの体に生息するモデルに焦点を当てています)弁護士)と昔々(呪いの制定後の現在に閉じ込められているおとぎ話のキャラクターを中心に)。サイエンスフィクションシリーズはもともと子供向けで、当時の連続映画フラッシュゴードンキャプテンビデオ、彼のビデオレンジャーなどからヒントを得ています。スタートレックは、1960年代後半の3年間の実行中に成人向けのサイエンスフィクションを開拓し、 7つのスピンオフシリーズを生み出しました。2つはシンジケーション(次世代ディープスペースナイン)、3つはネットワークテレビ(アニメーションシリーズボイジャーEnterprise)とインターネット上で独占的にストリーミングされている2つ(DiscoveryPicard)。映画シリーズのスターウォーズは、スターウォーズホリデースペシャルからマンダロリアンに至るまで、その存在の過程で多くのテレビ作品を生み出してきました

リアリティテレビ

リアリティテレビは長く、米国に存在していた(ような笑いのために遊んだの両方率直カメラ一般市民)と(のようなドラマとしてCOPS実世界)。新しい変種–普通の人を異常な状況やタレントコンテストに配置し、通常は週に少なくとも1人の参加者を排除するコンペティションシリーズは、ミレニアムの変わり目に人気が爆発しました(SurvivorBig BrotherThe Amazing RaceAmerican Idolなどの番組で)アメリカの次のトップモデルダンシングウィズザスターズ学士号とそのスピンオフ学士号だからあなたはあなたが踊ることができる思う)。

トークショー

1962年の大晦日、(LR)スキッチ・ヘンダーソン、ジョニー・カーソン、エド・マクマホン。

最も成功したトークショー、特に3番目のホストであるジョニーカーソンの30年間の実行中に、ザトゥナイトショーでした。今夜は、アメリカの深夜番組で1つのネットワーク(NBC)による数十年の支配の到来を告げ、Merv GriffinShowLateNight with David Lettermanなど、コメディと有名人のインタビューを組み合わせた多くの同様の番組への道を開きましたフォックスによる1980年代後半の最初の失敗した試み、および1989年から始まる最初の5年間のシンジケーションのアルセニオホールショーの成功にもかかわらず、深夜トークショーのジャンルは1990年代までより競争力のある分野にはなりませんでした、CBSがデイビッドレターマンとのレイトショーでフィールドで主要な足場を獲得したとき; 2000年代と2010年代に、ホストのジョン・スチュワートのでのパロディーニュース番組「デイリーショーや、コルベアレポージミーキンメルライブなどの新しい番組台頭により、ケーブルネットワークがこのジャンルに参入したため、このジャンルの競争はさらに激化しました、およびコナン

昼間のトークショーのヒットが含まれているケリーとライアンとのライブ(ととの前回の反復レジス・フィルビン共同ホストとして)、ジェニー・ジョーンズショーオプラ・ウィンフリー・ショーレイチェル・レイ博士フィルリッキー・レイク(TVシリーズ)エレンの部屋ショー、そしてハリーは、話題性と形式で真面目なものから気楽なものまでの範囲を実行します。1990年代にピークを迎えたジェリースプリンガーショーなどのいわゆる「トラッシュTV」トークショーのサブセットも、搾取と刺激に傾倒しました。ほとんどの日中のトークプログラムはシンジケートで放映され、さまざまな試みがネットワークテレビで放映され、さまざまな結果が得られます(より注目すべきネットワークの取り組みの中には、女性主導のパネルトークショーであるThe ViewThe TalkThe RealGet It Girl on LATVがあります)。

子供向け番組

子供向けのテレビ番組も非常に人気があります。1950年代の子供向けテレビへの初期の冒険は、ハウディドゥーディキャプテンカンガルーウィザード氏ミッキーマウスクラブなどの番組で平日に放映されました[54]しかしながら、子供向け番組は、1960年代後半から1990年代初頭までの土曜日の朝に最大の成功を収めたこれらの期間に表示されたプログラムは、主に古典的な漫画(Looney TunesTom and JerryWoody Woodpeckerなど)、プライムタイムのアニメ化されたシットコム(TheFlintstonesTheJetsonsなど)、海外での買収(Astroなど)を含むアニメ番組で構成されていましたBoyKimba the White LionSpeed Racer)、映画やテレビシリーズのアニメ化(Back to the FutureGhostbustersBatmanALFStar Trekなど)、オリジナルプログラム(The Rocky and Bullwinkle ShowScoobyなど) -DooFat Albert and the Cosby KidsThe SmurfsAlvin and the ChipmunksGarfield and Friends and Teenage Mutant Ninja Turtles)。

地元で制作された子供向け番組の中には、漫画、特別ゲスト、視聴者参加型ゲームが混在することが多いものもあり、放送された地元の市場でも人気がありました。最も人気のあるものの1つは、1978年10月WGN-TVがスーパーステーションになったときに全国的に放送され始めた、シカゴバージョンで最もよく知られるようになっBozo theClownフランチャイズでした

しかし、1990年に、親の擁護団体による子供向け番組のコマーシャル広告と相互宣伝に関する懸念により、連邦通信委員会は子供向けテレビ法を可決しました。これは、他の規定の中でも、すべての放送テレビネットワークと放送局に少なくとも3つの放送を義務付ける法律です。毎週何時間もの教育的な子供向け番組。これにより、放送局が子供向け番組から利益を得るのが以前よりもはるかに困難になり、最終的に主要な放送ネットワークは、要件を満たすためにより一般的な視聴者にアピールする形式の非スクリプト教育シリーズを支持して、従来のスクリプトプログラムを放棄するようになりました。 ; 特にPBSキッズは、教育コンテンツとエンターテインメントコンテンツを組み合わせたE / I準拠の子供向けプログラム(セサミストリートミスターロジャースネイバーフッドきかんしゃトーマスアーサーなど)の提供に長い間優れているため、非営利ネットワークはこの新しい標準の例外です。

2000年代半ば以降、ニコロデオンディズニーチャンネルカートゥーンネットワークなど、人口統計を対象とし、自主的にのみ教育コンテンツを提供するケーブルネットワーク向けに人気の子供向けプログラムが作成されています。この場合、主に就学前の子供を対象としています。そして、旧上述した2つのネットワークのスピンオフの場合と同様に、チャネルのフォーマットの一部としてフルタイムで組み込まれていない限り、朝の時間に追いやらニック・ジュニアディズニージュニアは、彼らが子供のテレビ法ので拘束されていないとして-ガイドライン。ニコロデオンとカートゥーンネットワークには、夜遅くに放映されるブロック(アダルトスイムニックアットナイト)もあり、主にホームコメディ、オリジナルのシンジケートアニメーション、マチ、性的状況、冒とく的な表現などのアダルトテーマの日本のアニメが表示されます。

教育用テレビ

いくつかのニッチな番組(農業をテーマにしたAg PhDなど)を除いて、成人向けの教育用テレビは通常、非営利テレビの州でした。絵画の喜びホストの存続期間中に、ボブ・ロスロスが死んだ後、若い視聴者が教育のロスの種類と静かなスタイルに感謝するようになったなどの公共テレビで見られたが、数年前から人気が爆発油絵をショーを再導入するために彼の財産を促し、さまざまなオンラインメディアを経由して。[55] [56] [57]解説聖書の朗読の形で、教育テレビは宗教放送の定番です。教育テレビの一般的な形式は、両方の非商業的(のようなフレンチシェフジュリア・チャイルドマーティン・ヤンヤン・缶・クック(など)や市販氏食品ポーラ・ディーン)、である、調理ショーホストが実証しています、ホームビューアーが自分で準備できるさまざまなレシピ。

プロレス

ハルク・ホーガンは1980年代にWWFの顔でした。このため、この10年はハルカマニア時代としても知られています。

プロレスはその初期の頃に地元のテレビで放映され、1950年代に全国のテレビで放映され始めました。これは、受けた1980年代に復活ようビンス・マクマホン世界レスリング連盟テッド・ターナー世界選手権レスリング(WCW)各建て匹敵する全国レスリング帝国を。1990年代マンデーナイトウォーズの、WWFとWCWはテレビで放映された激しいライバル関係を維持しました。ブームは最終的にミレニアムの変わり目に崩壊し、マクマホンは2001年にWCWと新興のハードコアプロモーションであるポールヘイマンエクストリームチャンピオンシップレスリング(ECW)を購入し、それらをWWFに統合して現代のWWEを形成しました。WWEはプロレスで支配的な存在感を維持しています。2020年の時点での最大のライバルはオールエリートレスリングです。他のライバルとなるインパクトレスリング(旧TNA)とリングオブオナー(ROH)も、アメリカのテレビで存在感を示しています(後者は主にテレビ局の所有者であるシンクレアブロードキャストグループによる2011年の買収の結果です)。

地域のプロレスサーキットは、シンジケーションを通じて全国的な露出を見る可能性があります。ハリウッドのチャンピオンシップレスリングオハイオバレーレスリングには国営車両があります。LuchaUndergroundNewJapan Pro-Wrestlingなどの外国のレスリングプロモーションでは、2010年代に露出が増加しています。

スポーツ

スポーツイベント放送は、アメリカの商業テレビ業界の主要な構成要素です。スポーツは、広告や購読料から多額の収入を得ることができる大勢の裕福な聴衆を引き付ける傾向があります。

テレビ黎明期には、スポーツはすぐにアメリカの放送テレビの定番になりました。ボクシングは当初からほぼすべてのテレビ局とネットワークで行われていました。エミール・グリフィス 1962年のコンテストで全国テレビ対戦相手を殺害した後、このスポーツは否定的な評判を得ました。その後、1年後の別のテレビコンテストで、間接的なリング内の怪我デビー・ムーアが死亡しました。1964年までに、ボクシングは全国テレビから外れました。ペイパービューチャンネルとプレミアムチャンネルの台頭により、最も注目を集めた試合のほとんどが、サブスクリプションテレビを介して放送に戻ってきました。それはまだアメリカの放送テレビで限られた(そしてプレミアボクシングチャンピオンズの努力のおかげで上昇している)存在を維持しているが、ボクシングは1990年代以来、より広範な格闘技である総合格闘技で人気が低下し、場所。

観客からのステージ。 スーパーボウルハーフタイムショーの画面の「いつでも、どこでも」の シャキーラ

主要なプロスポーツリーグは、 1950年代に、通常のテレビ放送を開始しました。ナショナル・フットボールリーグ(NFL)のテレビ放送の抱擁媒体の早期発症では、スポーツとしての人気を高める助け、そして1960年代によって、NFLとの複合成功アメリカンフットボールリーグ(AFL)のテレビ放送は、プロサッカーを獲得助けました主要なテレビネットワークの主力としての地位。アメリカのテレビは、テレビの権利を維持するために毎年NFLに数十億ドルを支払います。スーパーボウルは、見返りに、できる(リーグのレギュラーシーズンとプレーオフのゲームに権利を保持するブロードキャストネットワークの間で毎年回転させて)与えられた年で権利を保持している放送局として気取っそれをネットワークのための現金棚ぼたです広告販売だけで何億ドルもの収入を得るメジャーリーグベースボール(MLB)は、メディアの開始以来、米国のテレビで放映されてきました。特に、1954年以来、土曜日にさまざまな放送局で放映されている「今週のゲーム」によって放映されています。

ナショナルホッケーリーグ(NHL)は、対照的に、フォックスの権利を取得した後、それは広い基づいて全国のイベントを放送し始めるでしょうが、原因カナダのテレビでその当初は、地域の自然と大きな信頼に、テレビを包含するくらい遅かったですリーグのゲームは1995年に放送されましたNHLは、ほとんどの時間、テレビで競争力のある評価を獲得するのに苦労してきました。

大学のスポーツもアメリカのテレビの特徴です。全米大学体育協会(NCAA)はのテレビ放送制限大学フットボール後者の年では1984年まで、1950年代初頭から、だけでなく、大学バスケットボールを、最高裁は違反としてNCAAの総合テレビの契約を打た独占禁止法、大学のスポーツテレビの販売を規制解除し、個々のチームや運動会が放送やケーブルネットワークとの独自の取引を交渉できるようにします。

カー・オブ・トゥモローのデザインを使用した、2011年のロードアメリカでの全国(現在のXfinity)シリーズ。

米国のテレビで定期的に存在感を維持している他のスポーツには、オートレース特に、NASCARは1990年代にテレビの人気が急速に高まりました。IndyCarシリーズも存在感があり、特にその代表的なイベントであるインディアナポリス500)、プロゴルフなどがあります。(全米プロゴルフ協会[PGA]、全米女子プロゴルフ協会[LPGA]、全米ゴルフ協会[USGA]を通じて目立つように)、サラブレッドレース(特にトリプルクラウンブリーダーズカップ)、10ピンボウリングテレビ放映されたポーカーは、アスレチックスポーツではありませんが、一種のスポーツとして扱われ、2003年から2011年にかけてポーカー放送がブームになり、その後、連邦政府の圧力により、放送のスポンサーのほとんどが遮断されました。他のスポーツはABCのワイドワールドオブスポーツ(同じネットワークが2011年にドキュメンタリーベースのアンソロジー、ESPN Sports Tuesdayを開始する)、CBS Sports SpectacularNBC SportsWorldなどのアンソロジーシリーズを通じて、時にはイベントとの時間購入の取り決めを通じて放映されています。主催者。

スポーツ放送は、多くのテレビメディアを通じて放送されています。すべてのNFLレギュラーシーズンやほとんどのプレーオフゲームなど、主要なスポーツのほとんどは民間放送テレビである程度の存在感を示しています。1979年にESPN始まり1990年代から徐々に開始された後の姉妹チャンネルとともに)、後にNBCSNFox Sports 1などの競合他社が参加する全国ケーブルネットワークは、さまざまな主要なプロスポーツや大学スポーツのパッケージを運びます。MLB、NHL、およびNational Basketball Association(NBA)のゲームの大部分は、地域のスポーツネットワークを通じて行われていますが、NFLは、シーズン前のゲームをRSNで限定的に放映することのみを許可しています(リーグでは、通常のシーズンおよびプレーオフゲームの放映を禁止しています。地域のスポーツネットワークですが、全国のケーブルネットワークがそれらを放送する権利を取得することを許可しています); リーグ(およびNFL)は、地域ネットワークでのスポーツの放送を特定の地域に制限し、それらの地域外の人は、お気に入りのチームのゲームの大部分を視聴するために、市場外のスポーツパッケージ購入する必要があります地域のスポーツネットワークは、マイナーリーグのスポーツがイベントを放送するためのアウトレットを提供することもできます。他のいくつかの国とは異なり、公共テレビはスポーツの権利を所有しておらず、スポーツテレビの主要な要素でもありません。

インポートされたプログラミング

カルメン・ミランダエド・サリバン町のトースト、1953。

アメリカのテレビで放送される番組の大部分は国内で制作されていますが、シンジケート、公共テレビ、またはケーブルで放送される番組の一部は、他の国から、最も一般的には主に英語圏の国であるカナダイギリスから輸入されています。特にPBS、一般的にイギリスのコメディのその放送のために知られている(例えば空飛ぶモンティ・パイソンフォルティ・タワーズ外観をアップ維持し、あなたが提供されていますか?)、そのスケジューリングではあるが、週末の夜にそのメンバーステーション上のどの典型的には空気(これらのプログラムは主に外部のディストリビューターに代わってシンジケートされるため、ステーションの裁量で。PBSはまた、ヒット期間のドラマであるダウントンアビーを米国に持ち込み、国内で長期にわたるサイエンスフィクションシリーズのドクターフーを最初に普及させました(後者の番組は現在、BBCアメリカ最初のエピソードを放送しています。1998年は、BBC番組を米国に直接配信するように特別に設計されましたが、チャンネルドリフトを通じて、現在は主に米国の番組を放送しています。ドクターフーは引き続き公共テレビ局にシンジケートされ、再放送では、次のような商用デジタルマルチキャストネットワークにもシンジケートされます。レトロテレビネットワークとして)。

一般米英語標準カナダ英語のアクセントのわずかな違いにより、カナダは主要な文化的障壁なしに、ショーを米国に、またはその逆にエクスポートすることができますカナダから輸入したプログラムの多くは、もともとのようなチャンネルで放映された子供たちのプログラムでありYTVファミリー・チャンネル(のような暗いのあなたは怖い?あなたは行うことができないことではテレビ当然のことながら、セイディライフwithデレク)。ただし、成人またはより一般的な視聴者を対象とした他のカナダのシリーズも米国でシンジケートされています。1つのネットワークであるIonLife(Ion Televisionのスピンオフ)は、スケジュールの多くが、廃止されたカナダのライフスタイルシリーズの再放送で構成されています。アメリカの視聴者の間でより有名なカナダのテレビシリーズの中には、Degrassi Highフランチャイズ(カナダでCBC Televisionで放映され、後の化身であるDegrassi:The Next GenerationCTV放映され、現在はMuchMusicで放映されています)、Rookie BlueSCTVNetworkなどがあります。レッドグリーンショーオーストラリアのテレビ番組はアメリカのテレビに時折登場しますが、これらは歴史的に子供向けシリーズ(パジャマのバナナウィグルスなど)とティーン向けドラマShip to ShoreH2O:Just Add Waterなど)に限定されていました

日本の番組はアメリカのテレビでニッチ市場にあり、1960年代からいくつかのアニメ番組(一般的に英語に吹き替えられている)がアメリカのテレビで見られました。このようなアニメを放送するチャンネルには、Adult SwimDisney XDNicktoonsTOKUNeon AlleyAnime NetworkAnimaxAniplusなどがありますパワーレンジャーのシリーズ重く、日本の実写から編集された特撮、シリーズスーパー戦隊アメリカの俳優を含む、新たに撮影ブリッジング配列と、(アクションシーケンスが完全にフルコスチュームで行われたとして、それらのシーンは吹き替えされなければなりませんでした)。パワーレンジャーの成功は、1990年代半ばに特撮の適応の波をもたらしましたが、2年を超えて生き残ったものはありませんでした。さらに最近では、日本の実写シリーズは、ネットフリックスで国に示されていることを始め、例としては、アトリエスパーク:Hibanaサムライグルメ今際の国のアリスを[58]

ヨーロッパのテレビシリーズも、主にストリーミングサービスの台頭後、米国でそのような番組の主な出展者であるNetflixとともに、国内で上映され始めました例としては、ノルウェーのシリーズOccupiedRagnarokNobelなどがあります。アイスランド人シリーズTheValhalla Murders ; デンマークシリーズリタイタリアのシリーズSuburra:Blood on Rome ; ドイツのシリーズバビロンベルリンダークアンドアンオーソドックス; フランスのシリーズCallMy Agent!浸透ラマンテ非常に秘密のサービス; スペインのシリーズMoneyHeistCable GirlsElite[59]フランスはまた、21世紀にアメリカのテレビに多くのコンピューターアニメシリーズを寄稿してきました。その中には、ラビッツインベージョンガーフィールドショーグリジーとレミングスなどがあります。

アメリカのスペイン語ネットワークも、プログラミングの多くをインポートしています。たとえば、ユニビジョンはその番組の多く、特にネットワーク上で放送されるテレノベラをメキシコの放送局Televisaからインポートし、MundoMaxはコロンビアの放送局でネットワーク所有者のRCNTelevisionから番組を配信しています。ラテンアメリカのテレビシリーズは、無料放送のテレビで放映されるだけでなく、ストリーミングサービスでも放映されます。例としては、アルゼンチンのシリーズEl Marginal、メキシコのシリーズLa Casa de las Flores、ブラジルのシリーズ3%などがあります。

米国のテレビ番組のライフサイクル

アイ・ラブ・ルーシー(LR)のキャスト デジ・アーナズルシル・ボールヴィヴィアン・ヴァンスウィリアム・フローリイアイ・ラブ・ルーシーは、1957年に終了してから、60年以上にわたって再放送に携わってきました。

テレビ制作会社テレビパイロットテレビ番組委託するか、スペックスクリプトを購入します。これらのスクリプトのいくつかは、提案されたテレビ番組のパイロットになります。制作会社は、テレビネットワーク、または初回シンジケーションのテレビ配信業者に商業的に実行可能であると考えるものを販売します(たとえば、CBSテレビジョンディストリビューションは、番組がシンジケートされているため、フィル博士を初回シンジケーションで配信します特定のネットワーク)。テレビネットワークが番組の注文を決定する際に考慮しているいくつかのことは、番組自体がネットワークのターゲットオーディエンスと互換性があるかどうか、制作費、そして番組がネットワークエグゼクティブの間で好まれているかどうか、そして多くの場合、オーディエンスをテストします。

ネットワークは、他のネットワークがパイロットを制御できないようにするためにパイロットを先制的に購入することがあります。パイロットの購入は、ネットワークが追加のエピソードを注文することを保証するものではありません。その他の場合、ネットワークは、パイロットが作成されない場合に罰金を負担することを回避するために、パイロットに委託することを余儀なくされる場合があります。プロデューサーは、パイロットに取り組むためにディレクターと他の乗組員を雇います(場合によっては、既存のシリーズで雇用されているスタッフを使用します)。場合によっては、脚本が起草される前に提案された番組のために執筆しないプロデューサーによってパイロットのコンセプトが提案された場合、脚本を書くように作家が割り当てられ、シリーズの作成者としてクレジットが与えられます。「ピックアップ」されたパイロットは、シーズン全体または一部の順序を取得します(7〜13エピソードの初期順序から開始します。これは、エピソードの初期の実行中にプログラムの視聴率が高い場合に延長される可能性があります)。ショーは制作に入り、通常は恒久的なセットで確立されます。作家、追加の監督、そして何人かのフルタイムの乗組員が雇われ、仕事が始まります–通常、秋のシーズンシリーズのプレミアの前の春の終わりと夏の間に(ショーはミッドシーズンの代替としても機能します。つまり、穴を埋めるために特別に注文されます)秋に初演された番組の失敗とキャンセルによって作成されたネットワークスケジュールで;バフィーヴァンパイアスレイヤーオフィスは成功したミッドシーズンの交換の例です)。スクリプト化されていないシリーズは、プログラムが一般的にコンセプトとしてのみ提案され、パイロットが注文されたり、すでに作成されていないことが多いため、開発の段階が異なります。

米国の標準的なテレビ放送シーズンは22のエピソードで構成されています(通常、番組のシーズン開始日に応じて、9月から5月までの9か月間で放送されます)が、1970年代以前は1つのエピソードでした。毎週のテレビ番組のシーズンは40話ものエピソードで構成され、番組の放送スケジュールの中断はほとんどありませんでした。シットコムは24以上あるかもしれません。アニメ番組には、より多くの(またはより少ない)エピソードがある場合があります(一部は2つの11分の短編に分割され、多くの場合、個別の自己完結型のストーリーがあり、1つの30分エピソードに折りたたまれます)。オリジナルの番組を使用するケーブルネットワークは、例外はありますが(特に、子供向け番組に特化したケーブルネットワークでは、合計のネットワークテレビモデルを利用します)、英国のテレビ番組とほぼ一致して、シーズンあたり約10〜13エピソードに落ち着いたようです。シーズンエピソードは重要ですが、エピソードを1暦年に分散させます)。

アメリカのメロドラマは、午後に週5日放送され、年間を通じてテーピングと放送のスケジュールに大きな中断はありません。これは、これらの連載が年間約260エピソードを放送し、キャストとクルーのメンバーがショービジネスで最も忙しいことを意味します。これらの番組が繰り返されることはめったにありません(ネットワークが特定の主要な休日に新しいエピソードを放送しないことを選択しない限り)。テレビネットワークがオンラインを採用しているにもかかわらず、視聴者がエピソードを見逃したときに「追いつく」ことは困難です。 2000年代後半のストリーミングにより、視聴者は特定の石鹸の最近のエピソードを簡単に視聴できるようになりました。ケーブルチャンネルSoapNetは、2013年12月にシャットダウンするまで、一部の放送で毎週リピートを提供しました。その後、TVGN(現在はPopであり、以前はPrevue Channelを含むいくつかの名前で知られていたテレビ番組表サービス)が、一部のネットワークソープの同日リピートを放送し始めました。 。


ネットワークは、ショー中に実行されるコマーシャルからの利益を生産会社に支払い、生産会社はキャストとクルーに支払い、利益の一部を維持します(ネットワークは、垂直的理由により、生産会社とディストリビューターの両方として機能する場合があります) 1990年代以降、ネットワークと主要メディア企業が統合され、放送ネットワークによって運営されている制作部門は、親会社の既存の制作部門に大きく吸収されてきました。広告料金はオーディエンスのサイズに基づいているため、ネットワークを見ている人の数を測定することは非常に重要です。この測定値は、ショーまたはネットワークの評価として知られています。スイープ月(11月、2月、5月、および程度は少ないが7月)は、テレビシーズンの重要なランドマークです。これらの期間中に獲得した評価によって、次のスイープ期間までの広告率が決まります。したがって、番組は多くの場合、最もエキサイティングなプロットの展開があります。スイープ中に発生します。

視聴者と広告主で成功した番組は、プロットラインが終了するまで(スクリプト番組の場合のみ)、または契約が期限切れになるまで、制作を継続するための承認をネットワークから受け取ります。成功しなかった人は、「キャンセルとして知られているネットワークによる生産を中止するようにすぐに言われることがよくあります最初は低評価の番組がキャンセルを乗り越え、後に人気が高まる例がありますが、これらはまれです。ほとんどの場合、すぐにまたは適度に成功しなかったショーは、11月末のスイープまでにキャンセルされます。通常、ショーがキャンセルされた場合、特にキャンセルされたのと同じネットワーク上で、ショーが再び戻ってくる可能性はほとんどありません。同じネットワークでのキャンセルから戻ってきた米国での唯一の番組はファミリーガイです(これは2002年にフォックスによってキャンセルされ、ケーブルとDVDのリリースでの再放送を通じてシリーズの人気が高まったため、2005年にネットワークによって復活しました)。ただし、ScrubsSouthlandMediumWonder Womanなどのキャンセルされた番組は、他のネットワークによって取り上げられており、これはますます一般的になっています。同様に、2010年代には、Arrested DevelopmentCommunityThe Mindy Projectなど従来のテレビネットワークによってキャンセルされた一部のプログラムが、インターネットテレビストリーミングサービスによって取り上げられたり、復活したりしています。これらのエピソードがテレビで放映されることは決してない場合でも、シリーズがDVDセットを完成させる目的で制作を継続することもやや一般的です(これらのエピソードは、過去数年で、あまり目立たない時間に放映されることによって燃え尽きる」でしょう。スロット)。

テレビシリーズが約88〜100エピソードのしきい値に達すると、オフネットワークシンジケーションで再放送を開始する候補になります。再放送はテレビプロデューサーにとって儲かるビジネスであり、「中古」シリーズの権利を制作費なしで販売できます(ただし、組合契約によっては、影響を受ける当事者にロイヤルティを支払う必要がある場合があります)。インターネット、米国外のテレビ局、従来のオフネットワークシンジケーションなど、以前に放映された番組を他のアウトレットに販売することは、2017年の時点で、個々の番組の収益ストリームの最大半分を占め、残りの半分は初回からのものです。広告。[60]

シットコムは伝統的に最も広くシンジケートされた再放送であり、通常は週5日のストリップで放映されます(通常は2つのエピソードの「実行」、通常は異なる季節からの特定のプログラムのエピソードの個別のセットで、ステーション用にパッケージ化されています。連続して、または異なるタイムスロットで放送します)、ほとんどの場合、2つ(場合によっては4つ)の追加エピソードで構成される追加の週末の実行があります。わずかに実行される番組は、放送シンジケーションで3〜5年未満続く傾向があり、ケーブルチャネルに移動することもあります(ただし、一部のシリーズの再実行パッケージは、放送シンジケーションとケーブルの両方に同時に販売され、場合によっては複数のケーブルネットワークに販売されます)。 -シンジケーションの実行が終了した後、バーターシンジケーションを実行します(プログラム交換などを介して)。一方、より広く成功したシリーズは、数十年にわたって実行できるシンジケーションでの生活を送ることができます(I Love Lucy、再実行するように設計された最初のシリーズは残っています1951年のデビューから60年以上にわたってシンジケーションで人気があります)。

ケーブルおよびデジタル放送ネットワークは、シンジケーションの実行可能性を超えているか、シンジケーションに必要なエピソードの数が不足しているか、またはさまざまな理由でそもそもシンジケーションの候補ではなかったプログラミングのアウトレットを提供しています。たとえば、人気のあるドラマには、いくつかの基本的なケーブルチャンネルに恒久的な家があり、多くの場合、マラソンで放送されます(複数のエピソードが数時間連続して放送されます)。また、ゲーム番組専用のケーブルチャンネルもあります(ゲームショーネットワークバザー)。 、メロドラマ(現在は廃止されたSoapNet)、土曜日の朝の漫画Boomerang)、さらにはスポーツ放送(ESPN Classic)。2010年代初頭から人気を博している古典的なテレビ番組に特化したデジタル放送ネットワークは、数十年にわたってシンジケートされていない、または再放送されたことのない多くの古いシリーズの短期または長期のホームとしても機能しています。ほとんどのリアリティ番組は、再放送でのパフォーマンスが低く、結果として、フィラープログラミングとして放送される同じネットワーク(ほとんどの場合ケーブルコンセント)で、まだ制作中のシリーズの再放送を除いて、めったに見られません。

米連邦通信委員会は、米国のテレビの規制管理機関です。

放送テレビは、連邦通信委員会によって規制されています。FCCは、地方局へライセンスの更新を授与および監督します。これは、教育および公益番組への局の取り組みを規定しています。商用テレビの初期の頃、FCCは、1つの会社が全国で最大5つのテレビ局を所有することを許可していました(後に1984年に7局、1992年に12局に引き上げられました)が、1960年代まで、主要な放送ネットワークは複数の局を所有していました。1999年にメディア所有権規則が変更され、テレビ局の所有権の最大値がポートフォリオで許可される局の数ではなく国内市場の割合でカウントされたため、FCC規則では、任意の会社が所有するテレビ局の総数が義務付けられています。米国の全市場の最大39%にしか到達できません。2016年まで、「割引」により、放送局は米国の最大78%をUHF信号でカバーすることができました。この抜け穴は2016年に閉鎖されましたが、39%のしきい値を超える既存の企業は適用除外条項の対象となり、それ以上のステーションの取得は許可されませんが、既存のポートフォリオの売却を強制されることもありません。

現在、ほとんどの民間放送局は、グループ所有者(独立企業またはネットワーク所有の子会社グループ)によるアウトソーシング契約を通じて所有および運営または管理されており、5つ以下の市場で放送局を所有している企業は比較的限られています。2011年(シンクレア・ブロードキャスト・グループがフォー・ポイント・メディア・グループを買収したとき)以降に発生した一連の放送局の購入は、放送局と加入テレビ局との間の競争の激化の結果として、放送局の所有者の数をさらに集中させました。また、再送信の同意を得るためのケーブルおよび衛星プロバイダーとの交渉におけるレバレッジを高めること(2000年代初頭以来、放送ネットワークの主要な収益形態になりつつあり、その関連会社は有料で受け取った収益の一部を共有する必要がありました)運用収入の追加ソースとしてのテレビプロバイダー)。

1957年1月6日、最も有名で、今日の見方では奇妙な、テレビの歴史における「検閲」の行為の1つ。 エルビスプレスリーは、意図的に腰から上だけを撮影しました。

アウトソーシング契約(主にローカルマーケティング契約[LMA]、シェアードサービス契約[SSA]、または共同販売契約[JSA]で知られていますが、構造にほとんど違いはありません)により、一部の放送会社は他の方法では可能であった放送局を運営できます。市場での所有権規制により、合法的に完全に所有していない。これらの取り決めは、シンクレア・ブロードキャスト・グループがピッツバーグWPTT(現在はWPNTを運営するための取り決めを締結した1991年に最初に始まりました。その後、ステーションをマネージャーのエドウィン・エドワーズに売却してFox系列のWPGH-TVを買収しましたただし、シンクレアやネックススターメディアグループなどの企業は、独立した(特に少数派の)所有権を犠牲にして所有権規制の抜け穴としてアウトソーシングを使用しているため、FCCは放送局による使用を制限しようとし、2014年4月に規則を可決しました。これは、ある会社が別の放送局の広告の15%を販売するすべてのJSAを禁止し、既存のすべてのJSAを5年以内に巻き戻すことを要求しました(全米放送事業者協会は、2015年11月の議会予算法案の一部として可決された条項を支持しました。既存のJSAを10年に巻き戻す期限)。

また、FCCは以前、衛星放送局(親局からの番組を市場内の十分にカバーされていない地域に中継するフルパワー局)として運用されていない限り、単一の市場内で複数のテレビ局を所有することを禁止していました。すべてメイン信号による)または低電力ステーション(独自のプログラミングを維持するか、トランスレータとして動作するステーション)。ただし、最終的には、公共テレビ局の運営者が、親の信号を繰り返さない2番目の局にサインオンまたは取得することを許可しました(その一部は元々商用の販売店として認可されていました)。1999年8月、FCCは、複占と呼ばれる2つの民間放送局の共有を合法化しました。これは、そのうちの1つが市場で最も評価の高い4つの放送局に含まれておらず、それぞれが全発電所を所有している企業が少なくとも8社ある場合です。市場。NBC、ABC、CBS、Foxの親会社は、2番目の放送ネットワークを所有することを禁じられていませんが(ABCを除くすべてが1つと共有されています)、「デュアルネットワークルール」として知られるFCC法です。 「1つの会社が2つ以上の主要なネットワークを所有することを禁止します。[61]これは、ABCの親会社がFoxの資産のほとんどを購入したが、Foxを別所有のネットワークとして残す必要があった2019年に始まりました

FCCはまた、午前6時から午後10時までの「下品な」素材の無線放送も禁止しています。放送局は、彼らが望むほとんどすべてのものを合法的に放送することができます–そしてケーブルネットワークはいつでも。ただし、アメリカのテレビではヌード冒とく的表現はまれです。FCCは、指定された流域期間内に「下品な」素材を含む番組を放映する余裕を与えていますが、放送局は、そのような素材を放映すると広告主が疎外され、連邦政府がテレビコンテンツの規制を強化することを懸念して、これを行うことを躊躇しています。プレミアムケーブルネットワークは例外であり、夜間に非常に際どい番組を放送することがよくありますが、プレミアムチャンネルでは、日中の時間帯に、冒とく的な表現、暴力、ヌードが強い番組コンテンツを放送することがよくあります。このようなコンテンツは、FCCの規制や広告主からの圧力を受けず、視聴するためにサブスクリプションが必要になることが多いため、有料テレビサービスでは一般的です。一部のネットワーク(Playboy TVなど)は「アダルト」コンテンツ、特にポルノ素材専念しているため、視聴者はそのようなチャンネルでシミュレートされた、またはグラフィックの性交やヌードのシーンを見つける可能があります。

ケーブルテレビは、完全ではありませんが、大部分が規制されていません。ケーブルプロバイダーは、各システムのサービスにローカルの無線ステーションを含め(ステーションは、必須のオプションを探すことでキャリッジを取得することを選択できます)、ステーションが何らかの補償を要求することを決定しない限り、チャネル番号を低くする必要があります(再送信の同意を通じて)。このシステムは、国内の他の地域からの放送ネットワーク系列局を運ぶことはできません(この規制は、近年、運送紛争中にほとんど無視されています)が、主要な局の1つと提携しているローカル局がない場合、ケーブルシステムは近くの市場から局を運ぶことができますネットワーク(これは、特に2006年以降、メインチャネルで1つのネットワークアフィリエーションを伝送し、デジタルサブチャネルで別のネットワークとのアフィリエーションを伝送する無線ステーションへのシフトに伴い、はるかに一般的ではなくなっています。したがって、これらのネットワークアフィリエイトデジタルが可能になります。少なくともデジタルケーブルを介して伝送されるサブチャネル)。

ケーブルシステムは、スーパーステーション(現在、全国に5つしかない)として知られる、米国の他の地域から発信された衛星中継放送局を放送することもできます。スーパーステーションは、ほとんどの場合、地方で放送され、ネットワークを省略している場合があります。その局のネットワーク系列からのプログラミング。すべてsuperstationsは、現在放送テレビネットワークと提携していますWPIXニューヨークで、KWGN-テレビデンバーKTLAロサンゼルスでは、すべてのCW、とと提携しているWWOR-テレビセコーカス、ニュージャージー州WSBK-TVボストンMyNetworkTVと提携しています。これらのスーパーステーションのいくつかはかつて全国的に配信され、ローカルエリアフィードとは異なる番組を放送する別のフィードを運び、SyndExプルーフであるローカルフィード(言い換えれば、スーパーステーションは全国的に放送するための完全な信号権を取得しています); これらの全国的に分散されたステーションの2つの最も顕著なものは、TBSとWGN-TVでした。以前の親アトランタ局WTCG(現在はWPCH-TV)が1976年12月に衛星にアップリンクされた最初の「基本ケーブル」ネットワークになったTBSは、2007年10月に国内フィードを従来のケーブルチャンネルに変換しました。[62]シカゴのWGN-TVは1978年10月にアップリンクされた。その全国的なフィードであるWGNAmericaも、2014年12月に、残りのすべてのWGN-TV番組を削除したときに、従来のケーブルチャンネルに変換されました。[63] WWOR-TVはかつて全国フィードを運用していましたが、1997年1月に運用を停止しました[64]。その数か月後、ステーションはニューヨーク市のフィードを通じて衛星専用サービスとして全国スーパーステーションのステータスを取り戻しました。

FCCは、ケーブルで独占的に放送される番組の内容については事実上管轄権を持っていません。その結果、誰でもFCCに相談することなく、任意の数のチャネルまたは任意の種類のプログラミングを自由に作成できます。唯一の制限は、ケーブルまたは衛星の運送を保護する機能(または、インターネットテレビでストリーミングすることによってそれができない場合)と、プログラミングの権利を保護する機能です。この制限がないため、チャネルドリフト(チャネルのプログラミング形式が元々維持されていたものからシフトすること)は、他の国よりも米国ではるかに一般的です。

米国は1976年まで著作権の保護期間が比較的弱かったため、古いテレビシリーズの大部分がパブリックドメインになり、どのような形でも自由に再配布できます。

テレビを見ているアメリカ人の家族、1958年。

テレビは、1928年5月10日に、ニューヨーク州スケネクタディにあるゼネラルエレクトリックが所有および運営するWGYニューヨーク州ロックポートにあるノートンラボラトリーズのWMAKの合弁事業であるオリジナルのWGYテレビを立ち上げて米国でデビューしました(ノートンはその後まもなくベンチャーから脱退し、AMの割り当てをめぐるFCCとの論争の中で、1932年に最終的に折りたたまれました。ニューヨーク西部は1948年にWBEN-TVが開始されるまでフルタイムのテレビ局を取得しませんでした。)これらの初期のテレビ番組は運用されました低帯域幅(および低忠実度)の機械式テレビプロセスを使用します。フルタイムの放送は1930年代初頭、特にニューヨーク市で始まりましたこれらはほとんど専らスタジオベースのショーであり、その中には殺人ミステリーのテレビゴーストピアノのレッスン、原始的なバラエティ番組が含まれていましたこれらの番組と放送は1933年に終了しました。これは、大恐慌によって引き起こされた技術の制限と経済的制限のせいもあります

On April 30, 1939, RCA through its NBC division, introduced the first, regularly scheduled, 441-line electronic television service in the United States over New York City's W2XBS (today's WNBC) from a transmitter atop The Empire State Building as well as placing RCA television receivers on sale in the New York City vicinity. Television receivers were also sold by General Electric, DuMont Laboratories and other manufacturers during his period. NBC rival CBS established their own electronic television station in New York at the time, W2XAB (today's WCBS-TV) as well as the DuMont Laboratories establishing their station W2XWV (today's WNYW). Although television sets were available for sale during this period (1939-1941) and three channels were operating in New York City, sales were slow, primarily due to a lack of compelling programming, limited broadcast schedules and the high price of the sets. In 1941, The National Television Systems Committee (NTSC) standardized on a 525-line system, and authorized the official start of advertising-based, commercial television. This would provide the basis for television across the country through the end of the century. On July 1, 1941, W2XBS became commercial WNBT (now WNBC) and broadcast the first paid advertisement for the Bulova Watch Company. On the same day, the CBS station became commercial WCBW (now WCBS-TV).

Television development halted with the onset of World War II, but a few pioneer stations remained on the air throughout the war, primarily WNBT, WCBW and WABD (the former W2XWV, which became commercially licensed in 1944, owned by the DuMont Television Network, now WNYW) in New York City, WRGB in Schenectady, New York (owned by General Electric), WPTZ (now KYW-TV) in Philadelphia (owned by Philco), W9XBK (now WBBM-TV) in Chicago, as well as W6XAO (now KCBS-TV) and W6XYZ (now KTLA) in Los Angeles. When that conflict ended, these stations expanded their broadcast schedules and many other organizations applied for television station licenses.

After a flood of television license applications, the FCC froze the application process for new applicants in 1948, due to concerns over station interference. There were barely more than 100 stations operating at the end of the freeze as of 1952, concentrated in many (but not all) major cities.[65] After four years of deliberation, the FCC ended the license freeze. It reorganized the UHF band for television, then began handing out broadcasting licenses on both the UHF and VHF bands, with the highest concentration of license grants and station sign-ons occurring between 1953 and 1956. Many successful VHF stations launched. By comparison, UHF television reception at this time required either purchasing a more expensive television with a UHF tuner in it – as UHF tuners were not mandated by law in sets – or buying a conversion kit that added the band to VHF televisions. Both of these prevented consumer adoption of UHF in the mid-1950s, and most UHF channels which went to air during this time period did not survive.

A brief dispute over the system to use for color broadcasts occurred at this time, but was soon settled. Half of all U.S. households had television sets by 1955,[66] though color was a premium feature for many years (most households able to purchase television sets could only afford black-and-white models, and few programs were broadcast in color until the mid-1960s).

Many of the earliest television programs were modified versions of well-established radio shows. Barn dances and opries were regular staples of early television, as were the first variety shows. Reruns of film shorts (such as Looney Tunes, Our Gang and The Three Stooges) were also staples of early television and to a certain extent remain popular today, well after those film shorts mostly stopped being produced in the 1960s. The 1950s saw the first flowering of the genres that would distinguish television from movies and radio: talk shows like The Jack Paar Show and sitcoms like I Love Lucy. Although sitcoms were a radio fixture since the late 1930s (many 1940s radio sitcoms jumped directly to television), television allowed far greater use of physical comedy, an advantage that early television sitcoms used to its full potential.

Other popular genres in early television were westerns, police procedurals, suspense thrillers and soap operas, all of which were adapted from the radio medium. Anthology and wheel series thrived in the so-called "Golden Age of Television," but eventually faded in popularity by the 1970s. The big band remote, for the most part, did not survive (a victim of the concurrent start of the rock era), with two exceptions: The Lawrence Welk Show, a big band-driven musical variety show, ran from 1951 until Welk's retirement in 1982 and in reruns from then onward (which eventually moved from commercial to public television syndication), and Guy Lombardo's annual New Year's Eve big-band remotes ran until 1979, two years after Lombardo's death. Game shows were also a major part of the early part of television, aided by massive prizes unheard of in the radio era; however, the pressure to keep the programs entertaining led to the quiz show scandals, in which it was revealed many of the popular high-stakes games were rigged or outright scripted. The Saturday morning cartoons, animated productions made specifically for television (and, accordingly, with much tighter budgets and more limited animation), also debuted in the late 1950s.[67]

Broadcast television stations in the United States were primarily transmitted on the VHF band (channels 2-13) through the mid-1960s. It was not until the All-Channel Receiver Act of 1964 that UHF broadcasting became a feasible medium.

John F. Kennedy and Richard Nixon participated in the first televised presidential debate in Washington, D.C. in 1960.

Over the course of the 1960s and 1970s, concurrent with the development of color television, the evolution of television led to an event colloquially known as the rural purge; genres such as the panel game show, western, variety show, barn dance and rural-oriented sitcom all met their demise in favor of newer, more modern series targeted at wealthier suburban and urban viewers. Around the same time, videotape became a more affordable alternative to film for recording programs.

Stations across the country also produced their own local programs. Usually carried live, they ranged from simple advertisements to game shows and children's shows that often featured clowns and other offbeat characters. Local programs could often be popular and profitable, but concerns about product promotion led them to almost completely disappear by the mid-1970s. The last remaining locally originated shows on American television as of 2016 are local newscasts, public affairs shows and some brokered programming (such as talk-lifestyle shows) paid for by advertisers.

Subscription television networks emerged in the late 1970s, first as over-the-air encrypted enterprises such as OnTV and SelecTV. Subscription television largely migrated to cable television through the early 1980s, as providers began to offer dedicated channels alongside local and out-of-market broadcast stations and cable service gradually expanded to more metropolitan areas. Analog television receive-only had a brief uptick in popularity during the mid-1980s, but never achieved competitive parity with cable providers of the time. Direct-broadcast satellite television experienced its breakout in the mid-1990s, with the emergence of digital (DSS) transmission; it has been growing in significance since then – spurring the emergence of multinational conglomerates such as Fox. As the number of outlets for potential new television channels increased, this also introduced the threat of audience fracturing, in that it would become more difficult to attain a critical mass of viewers in this highly competitive market.

Infomercials were legalized in 1984, approximately the same time that cable television became widespread. Over the course of the 1980s and 1990s, stations began airing infomercials – as well as news and entertainment programs – throughout the night instead of signing off; infomercials also began to overtake other less-watched dayparts (such as weekends and during the daytime), which forced series that would otherwise be syndicated onto cable networks or off the air entirely. Cable networks have also begun selling infomercial space, usually in multiple-hour blocks in the early morning hours, while some dedicated channels devoted to infomercials have also launched since the early 1990s. Infomercials have earned a reputation as a medium for advertising scams and products of dubious quality, although by the same token, they have proven to be a successful method of selling products.

As ratings declined on daytime over-the-air network broadcast television, game shows and soap operas that were the staples of the 1980s began to disappear, with both genres almost completely gone by 2020. They were gradually replaced by much cheaper and more lowbrow tabloid talk shows, locally produced news, and even infomercials. Binding arbitration court shows became popular in these timeslots beginning in the late 1990s.

In the late 1990s, the U.S. began to deploy digital television, transitioning it into being the standard transmission method for over-the-air broadcasts. The major broadcast networks began transitioning to recording their programs in high definition (HD); prime time programs were the first to convert to the format, with daytime shows eventually being converted to HD beginning in the mid-2000s; the upgrade to full high-definition network schedules, at least among the conventional English language broadcast networks, was fully completed by September 2014 when the last standard-definition programs upgraded to HD. A law passed by Congress in 2006 required over-the-air stations to cease analog broadcasts in 2009, with the end of analog television arriving on June 12 of that year (originally set for February 17, before Congress delayed it due to concerns about national household penetration of digital television by viewers reliant on antennas for receive programming in advance the transition).[68] Low-power television stations originally had until September 2015 to terminate analog broadcasts, a deadline that was later postponed and currently is slated to take effect in April 2021; most have already transitioned to digital as of 2014, with the exception of the "87.7 FM" outlets, which operate primarily as radio stations by using the audio of analog channel 6 to broadcast to FM radios. There was an uptick in the number of "87.7" stations after the full-power transition, as low-power stations above channel 51 (UHF channels 52 to 69 were removed from the television spectrum as part of the transition) were required to choose a new channel allocation; many chose channel 6, as it allowed for the usage of the 87.7 audio channel to reach a wider audience. The 87.7 outlets will be shut down in July 2021. The 2016 United States wireless spectrum auction further compressed the UHF band, eliminating channels 38 through 51, and was completed in 2020.

The late 1990s also saw the invention of digital video recorders. While the ability to record a television program for home viewing was possible with the earlier VCRs, that medium was a bulky mechanical tape medium that was far less convenient than the all-digital technology that DVRs use (DVD recorders also began to be sold around this time, though this is also less convenient than the DVR technology since DVD discs are somewhat more fragile than videotapes, although both mediums allow to some extent for longer-term viewing than most DVRs). DVR technology allowed wide-scale time shifting of programming, which had a negative impact on programming in time slots outside of prime time by allowing viewers to watch their favorite programs on demand. It also put pressure on advertisers, since DVRs make it relatively easy to skip over commercials (satellite provider Dish Network's Hopper technology, which eliminates commercials entirely, was even the subject of lawsuits by the major networks during the early and mid-2010s due to fears over diluted advertising revenue).[69][70]

During the 2000s, the major development in U.S. television programming was the growth of reality television, which proved to be an inexpensive and entertaining alternative to scripted prime time programming. The process of nonlinear video editing and digital recording allowed for much easier and less expensive editing of mass amounts of video, making reality television more viable than it had been in previous decades. All four major broadcast networks carry at least one long-running reality franchise in their lineup at any given time of the year.

  1. ^ "Ownership of TV Sets Falls in U.S." The New York Times. May 3, 2011.
  2. ^ Robert Seidman (August 23, 2013). "List of How Many Homes Each Cable Networks Is In – Cable Network Coverage Estimates As of August 2013". TV by the Numbers. Zap2it (Tribune Digital Ventures). Archived from the original on August 25, 2013. Retrieved September 7, 2013.
  3. ^ "U.S. Television Households by Season". TV by the Numbers. August 28, 2007. Archived from the original on June 13, 2013.
  4. ^ "FCC V-Chip Fact Sheet". Federal Communications Commission. July 1, 1999.
  5. ^ "Barely Keeping Up in TV's New Golden Age". The New York Times. March 10, 2014. Retrieved July 9, 2014.
  6. ^ "Welcome to TV's Second Golden Age". CBS News. CBS Interactive. Retrieved July 9, 2014.
  7. ^ "600 MHz spectrum - Spectrum Gateway". www.spectrumgateway.com. Retrieved July 19, 2020.
  8. ^ "600 MHz Band". Federal Communications Commission. April 10, 2019. Retrieved July 19, 2020.
  9. ^ a b Harry A. Jessell (April 20, 2017). "FCC Takes Lid Off National Station Ownership". TVNewsCheck. Retrieved October 13, 2017.
  10. ^ "Scripps creates national television networks business with acquisition of ION Media" (Press release). E. W. Scripps Company. September 24, 2020.
  11. ^ Jon Lafayette (January 7, 2021). "E.W. Scripps Completes Acquisition of Ion Media". Broadcasting & Cable. Future plc.
  12. ^ a b Jessica Seid (January 24, 2006). "'Gilmore Girls' meet 'Smackdown'; CW Network to combine WB, UPN in CBS-Warner venture beginning in September". CNNMoney.com. Time Warner.
  13. ^ Dave Itzkoff (January 12, 2014). "For TV Fans, Cramming in Sunday's Best". The New York Times. Retrieved July 19, 2014.
  14. ^ Melanie McFarland (September 20, 2006). "On TV: Thursday night throwdown". Seattle Post-Intelligencer. Hearst Corporation. Retrieved July 19, 2014.
  15. ^ "CBS, NBC Battle for AFC Rights // Fox Steals NFC Package". Chicago Sun-Times. Adler & Shaykin. December 18, 1993. Archived from the original on November 5, 2012 – via HighBeam Research.
  16. ^ "Time Warner TV Network to Cover 40% of Nation". The Buffalo News. BH Media. November 2, 1993. Archived from the original on June 10, 2014. Retrieved January 5, 2016 – via HighBeam Research.
  17. ^ Bill Carter (January 24, 2006). "UPN and WB to Combine, Forming New TV Network". The New York Times.
  18. ^ "News Corp. to launch new mini-network for UPN stations". USA Today. Gannett Company. February 22, 2006. Retrieved January 21, 2013.
  19. ^ John Eggerton (February 22, 2006). "News Corp. Unveils MyNetworkTV". Broadcasting & Cable.
  20. ^ Allison Romano (February 24, 2006). "CW Creates Small-Market Service". Broadcasting & Cable. Reed Business Information. Retrieved January 5, 2016.
  21. ^ Linda Moss (September 23, 1996). "WB will pitch the WeB to cable ops". Multichannel News. Cahners Business Information. Archived from the original on September 24, 2015. Retrieved January 5, 2016 – via HighBeam Research.
  22. ^ "A Salute to The WB 100+ Station Group on its Fifth Anniversary" (PDF). TelevisionWeek. September 22, 2003. Archived from the original (PDF) on March 4, 2016. Retrieved January 5, 2016 – via RussellMyerson.com.
  23. ^ Michael Malone (February 9, 2009). "MyNetworkTV Shifts From Network to Programming Service". Broadcasting & Cable. Retrieved January 5, 2016.
  24. ^ James Hibberd (February 9, 2009). "MyNetworkTV Changing Business Model". The Hollywood Reporter. Associated Press. Archived from the original (PDF) on September 24, 2015. Alt URL
  25. ^ Paige Albiniak (February 16, 2009). "MyNetworkTV Shakeup Music to Syndicators Ears". Broadcasting & Cable. Reed Business Information. Retrieved January 5, 2016.
  26. ^ Phil Rosenthal (November 22, 2010). "Weigel Broadcasting Taking Me-TV National". Chicago Tribune (Tower Ticker). Retrieved February 6, 2015.
  27. ^ Phil Rosenthal (August 30, 2010). "Tribune Company Launching Digital Subchannel Antenna TV Network". Chicago Tribune.
  28. ^ "MGM Launches This TV Channel, Strong on Kids' Shows, Movies". MediaPost. July 29, 2008. Retrieved March 27, 2020.
  29. ^ Duane Dudek (May 23, 2013). "Weigel Introducing New Movies! Channel Monday". Milwaukee Journal Sentinel (The Dudek Abides). Retrieved February 6, 2015.
  30. ^ "Sony's GetTV Jumps into Multicasting Fray". TVNewsCheck. February 3, 2014. Retrieved February 6, 2015.
  31. ^ Harry A. Jessell (May 10, 2011). "Bounce Set To Jump into the Multicast Game". TVNewsCheck. Retrieved February 6, 2015.
  32. ^ "Grit, Escape Diginets To Launch Aug. 18". TVNewsCheck. August 11, 2014. Retrieved February 6, 2015.
  33. ^ Guillermo Gibens (2009). "Univision and Telemundo". In Alan Albarran (ed.). Handbook of Spanish Language Media. Routledge. pp. 237+. ISBN 9781135854300.
  34. ^ "NiLP Guest Commentary: HITN's Tu Momento 2016 Presidential Election Program". myemail.constantcontact.com.
  35. ^ "Listings" (PDF). www.guidestar.org. 2011.
  36. ^ Patrick Parsons (2003). "The Evolution of the Cable-Satellite Distribution System" (PDF). Journal of Broadcasting & Electronic Media. Broadcast Education Association. 47 (1): 1–17. doi:10.1207/s15506878jobem4701_1. Archived from the original (PDF) on November 2, 2014. Retrieved October 19, 2014.
  37. ^ Mullen, Megan (2003). The Rise of Cable Programming in the United States: Revolution or Evolution?. Austin, Texas: University of Texas Press.
  38. ^ "Consumers wary of Comcast, Time Warner Cable merger". USA Today. Gannett Company. February 13, 2014.
  39. ^ Adam Liptak; Emily Steel (June 25, 2014). "Aereo Loses at Supreme Court, in Victory for TV Broadcasters". The New York Times. Retrieved February 6, 2015.
  40. ^ Emily Steel (November 21, 2014). "Aereo Concedes Defeat and Files for Bankruptcy". The New York Times. Retrieved February 6, 2015.
  41. ^ "The Daily Docket: Aereo Approved to Auction TV Streaming Technology". The Wall Street Journal. News Corp. December 29, 2014. Retrieved February 6, 2015.
  42. ^ John Eggerton (July 25, 2014). "Court Finds FilmOn in Contempt". Broadcasting & Cable. Retrieved February 6, 2015.
  43. ^ Chris Welch (January 5, 2015). "This is Dish's Sling TV: an internet TV service that lets you stream ESPN for $20". The Verge. Vox Media.
  44. ^ Elyse Betters (January 9, 2015). "Dish Sling TV: What is it, and why is everyone talking about it?". Pocket-lint.
  45. ^ Andrew Webster (November 12, 2015). "PlayStation Vue expands to Amazon Fire TV". The Verge. Vox Media.
  46. ^ Don Kaplan (October 16, 2014). "CBS, like HBO, takes on Netflix with a service to deliver TV shows via broadband". New York Daily News. Retrieved July 17, 2015.
  47. ^ Emily Steel (October 16, 2014). "Cord-Cutters Rejoice: CBS Joins Web Stream". The New York Times. Retrieved July 17, 2015.
  48. ^ Jeff Baumgartner (April 7, 2015). "'HBO Now' Goes Live". Multichannel News.
  49. ^ "HBO Now coming in April for $14.99 per month, Apple TV price cut to $69". The Verge. Vox Media. March 9, 2015.
  50. ^ Cynthia Littleton (June 3, 2015). "Leslie Moonves Divulges Details on Showtime's New Online Streaming Service". Variety. Retrieved July 11, 2015.
  51. ^ Yvonne Villarreal (July 7, 2015). "Showtime's stand-alone streaming service launches on Apple, Hulu and elsewhere". Los Angeles Times. Retrieved July 11, 2015.
  52. ^ Spangler, Todd (April 29, 2019). "Viacom Launching 14 Free Channels on Pluto TV, Sets Broad Digital Originals Slate". Variety. Retrieved April 30, 2019.
  53. ^ Hoerschelmann, Olaf. "Quiz and Game Shows". Museum of Broadcast Communications. Archived from the original on May 13, 2007. Retrieved May 25, 2007.
  54. ^ Holz, Jo (2017). Kids' TV Grows Up: The Path from Howdy Doody to SpongeBob. Jefferson, NC: McFarland. ISBN 978-1-4766-6874-1.
  55. ^ "All 31 seasons of Bob Ross' 'The Joy Of Painting' have been made free online". Happy Mag. April 11, 2020. Retrieved August 19, 2020.
  56. ^ Cuccinello, Hayley (June 2, 2016). "You Can Relax Now, Because Netflix Is Streaming Bob Ross". The Huffington Post.
  57. ^ Perez, Sarah. "After Pulling In 5.6M Viewers, Twitch Is Keeping Bob Ross On The Air". TechCrunch. Retrieved November 1, 2016.
  58. ^ https://www.thrillist.com/entertainment/nation/best-foreign-tv-shows-on-netflix
  59. ^ https://www.highsnobiety.com/p/best-foreign-shows-netflix/
  60. ^ "Networks may be struggling, but the new shows keep coming". Buffalonews.com. May 19, 2017. Retrieved October 13, 2017.
  61. ^ "Amendment of Section 73.658(g) of The Commission's Rules: The Dual Network Rule". Federal Communications Commission. Washington, D.C. Retrieved February 6, 2015.
  62. ^ "WTBS to become Peachtree TV". Atlanta Business Chronicle. American City Business Journals. June 27, 2007. Retrieved January 11, 2008.
  63. ^ Kent Gibbons (December 16, 2014). "WGN America Converts to Cable in Five Markets". Broadcasting & Cable. Retrieved January 11, 2015.
  64. ^ Jim McConville (January 6, 1997). "N.Y.'s WWOR loses super status; satellite distributor discontinues service contract with television station". Broadcasting & Cable. Archived from the original on November 5, 2012. Retrieved February 24, 2011 – via HighBeam Research.
  65. ^ Kirt Blattenberger RF Cafe. "U.S. Television Stations and Network Links Map, May 1952 Radio and Television News". Retrieved October 11, 2020.
  66. ^ Stevens, Mitchell. "History of Television". New York University.
  67. ^ Holz, Jo (2017). Kids' TV Grows Up: The Path from Howdy Doody to SpongeBob. Jefferson, NC: McFarland. pp. 53–96. ISBN 978-1-4766-6874-1.
  68. ^ Tobias Steiner. "Under the Macroscope: Convergence in the US Television Market between 2000 and 2014". academia.edu. Retrieved August 4, 2015.
  69. ^ Don Jeffrey (June 5, 2012). "Dish's Ad-Skip Tool May Benefit From Cablevision DVR Case". Bloomberg. Retrieved February 6, 2015.
  70. ^ John Eggerton (July 14, 2014). "Ninth Circuit Won't Block Hopper Either". Multichannel News. Retrieved February 6, 2015.

TOP