本当の自分と偽りの自分

真の自己(本当の自己本物の自己元の自己脆弱な自己とも呼ばれる) と偽りの自己(偽の自己理想化された自己表面的な自己疑似自己とも呼ばれる) は、1960 年にドナルド・ウィニコットによって精神分析に最初に導入された心理学的概念です。. [1]ウィニコットは、自然発生的な真の経験に基づく自己感覚と、生きているという感覚、真の自己を持つことを説明するために、真の自己を使用しました。[2]対照的に、ウィニコットは防御的なファサードとして見た偽りの自己、[1]極端な場合、その所有者は自発性を欠き、死んで空虚に感じ、単なる本物のように見える. [1]

ウィニコットは、真の自己とは、幼少期の早い段階から、血液の送り出しや肺呼吸など、生きているという経験に根ざしたものであると考えていました。[3]このことから、赤ちゃんは現実感、人生は生きる価値があるという感覚の経験を生み出します。赤ちゃんの自発的で非言語的なジェスチャーは、その本能的な感覚に由来し[4]、親が反応した場合、真の自己の継続的な発達の基礎となります.

しかし、Winnicott が慎重に説明した、十分に良い子育て(つまり、必ずしも完璧ではない[5] ) が整っていない場合、乳児の自発性は、親の希望/期待に応じる必要性によって侵害される危険にさらされていました。 . [6]ウィニコットにとっての結果は、彼が偽りの自己と呼んだものの作成である可能性があります。そこでは、「他の人々の期待は、自分の存在の根源に関連する自己の本来の感覚を覆ったり、矛盾させたりして、重要性を超えて重要になる可能性があります」 . [7] 彼が見た危険は、「この偽りの自己を通して、乳児は偽りの関係を築き上げ、自己紹介によって本物であることを示すことさえできる」ということでした。実際には、独立しているように見えるファサードの背後に不毛の空虚さを隠しているだけです。[9]

危険は、赤ちゃんが母親/両親に同調しなければならない場合に特に深刻であり、その逆ではなく、個人的かつ自発的なベースではなく、非個人的なオブジェクトの一種の解離的な認識を構築します. [10]しかし、そのような病的な偽りの自己は、生命のない模倣を支持する真の自己の自発的なジェスチャーを抑圧しましたが、ウィニコットはそれにもかかわらず、何か悪いこと、つまり隠された真の自己自体の搾取の全滅的な経験を防ぐ上で非常に重要であると考えました。[3]

精神分析理論には、ウィニコットが彼の偽りの自己の概念を引き出せるものがたくさんありました。Helene Deutschは、「あたかも」の人格を、それらの疑似関係が実際の関係に取って代わるものであると説明しました。[11] Winnicott のアナリストであるJoan Riviereは、ナルシシストの仮面舞踏会の概念を調査しました。[12] 同一化の産物としての自我に関するフロイト自身の最近の理論[13]は、自我を偽りの自己としてのみ見ることに近づきました。[14] Winnicott の true/false の区別は、Michael Balintの「基本的な誤り」とも比較されています。の「妥協した自我」の概念。[15]

エーリッヒ・フロムは、1941 年の著書「自由への恐怖」で、本来の自己と偽りの自己を区別しました。[16]キェルケゴールのような実存主義者はずっと前に、「本当の自分になることを望むことは、絶望の反対である」と主張していた. [17]


TOP