メジロノスリ

メジロノスリ( Butastur teesa )は中型のタカで、南アジアで見られるブテオ属の真のノスリとは異なります。成虫は荒々しい尾、独特の白い虹彩、縁取りされた暗色の近心帯を持つ白い喉を持っています。頭は茶色で、上翼の中央の隠れ家は淡いです。本物のノスリに見られる翼の下側に典型的な手根パッチがありませんが、風切羽とは対照的に、翼の裏地全体が暗く見えます。彼らは長時間止まり木に直立して座り、昆虫や小さな脊椎動物の獲物を求めてサーマルに舞い上がります。繁殖期には声が大きく、一斉に舞い上がると数羽の鳥の鳴き声が聞こえることもあります。

このスリムで小さなタカは、白い虹彩と白い喉、暗い近心縞によって簡単に識別できます。頭の後ろに白い斑点が見えることがあります。とまると、翼の先端は尾の先端にほぼ達します。ケレスははっきりと黄色で、頭は暗く、体の下側は暗く禁止されています. 飛行中、細い翼は丸みを帯びており、羽毛の先端は黒く、翼の裏地は黒く見えます。飛行中の上翼は、茶色の上に淡いバーを示しています。騒々しい尾は、より暗いサブターミナルバンドで禁止されています. 若鳥の虹彩は茶色がかっており、額は白っぽく、広い上繊毛が存在する場合があります。[2]唯一の混乱は、ノスリ( Butastur indicus )と重なる場所で発生する可能性があります。)、成体は独特の白い上繊毛を持っています。[3] [4]ヒナは赤褐色で、白い傾向がある他のほとんどの綿毛の猛禽類のヒナとは異なります。[5]

固有名のティーサは、ヒンディー語の名前に由来します。[6]この種は、James Franklin によって収集された標本に基づいて記載され、ハリアーと共にCircus属に分類されました。[7] Butasturという名前は、ブテオノスリとハイタカの古い名前である Astur中間のキャラクターであるように見えることを示すために使用されました。分子系統学的研究は、この属がブテオの姉妹グループであり、ブテオニ亜科内のその親戚であることを示唆しています。[8]

この種は南アジアに広く分布し、平野ではインド全土、ヒマラヤでは 1000 m まで伸びています。イラン、パキスタン、ネパール、バングラデシュ、ミャンマーに居住しています。この種である可能性のある形態は、インドネシアの大スンダで記録されていますが、この個体群は広く分離しており、太ももまたは「ズボン」と通気口に白くて目立たない羽があり、おそらく新しい形態を表しています. [9]スリランカには存在せず、おそらくアンダマンにも存在しない. アフガニスタン北東部の夏の訪問者です。主に平野で見られますが、ヒマラヤ山脈の麓では標高 1200 m まで上がることもあります。[3]

通常の生息地は、乾燥した開けた森や耕作地です。一部の地域では数が多いが、減少している。[3] 1950年代後半の調査では、デリー近郊の約 50,000 km2 の地域に約 5000 羽の鳥が生息していると推定され、密度は 0.1 km2 あたりでした。[10]

この種は通常、単独で上昇しているのが見られます。サーマルまたは静止しています。2~3頭の群れが見られることもあります。鳴き声や落下笛 ( pit-weer [11]と表記) があり、つがいが急上昇しているときに繰り返されます。[3]繁殖期には大声で鳴きます。[12]


大人、中央上部翼の隠れ家の青白い外観に注意してください
若鳥
飛行中は、翼の下面の暗い色と喉の白い部分が特徴的です。
TOP